UNIT

vitter long cardigan

こんばんは。






御池通も良い雰囲気になってます、今年は紅葉見られるかな〜京都じゃないところで見たい(もちろん京都に紅葉狩りにおこしくださいね笑)

本日はカーディガン、UNITでワードローブを揃えていただいている方には日々のコーディネイトのワンクッションになりそうな、すこ〜しだけ、モードのニュアンスを1滴垂らしたようなニュアンスの1着。






vitter long cardigan
とはいえベーシックというか、ヨーロピアンカジュアルというか、、そういう雰囲気ですよね。






ナローに見えますが比較的ゆとりのある身幅、程々の肉厚なので安心感もあったり。






トリム代わりに裏地との2トーンになってます、落ち着いた中にメリハリを少しプラス。






袖はリブやフライスをつけずに、クリーンな印象に一役買ってます。






襟周りは少し立ち上がって首にラインを沿わせる感じ、タートルとの相性の良さを伺わせます。






なので本日はタートルを引っ張り出してきました(今期はUNITでの取り扱いがなくてすみません。。) タートルも良いですが、シャツやクルーも相性良し、ヘンリーネックでちょっと男っぽく味付けしても良さそう。






完全モノトーンですのでストールもそのままチャコールとかブラックで正解なのですが、良いグレーの具合なのでグリーンやワインの差し色っていうのも大人だからなせる技、若い男の子よりもあざとさがないでしょ。






vitterはイタリア・フィレンツェにて1968年に小さな家族経営の会社として創業したニットメーカー、創業当初は大規模な小売店やチェーン店向けの生産を行っていましたが、80年代以来に品質と技術向上の投資を行い独自のコレクションも開始。
製品の原料調達から生産まですべてイタリアでされており、Balenciaga、Burberry、flavio castellaniなどのOEMも請け負った実績があり優れた品質からヨーロッパ内にとどまらず世界各国に商品を提供しています。
工場の電力は100%自社のソーラー発電によるものでまかなわれており環境にも配慮しています。






この素材はルナウール80%とポリエステル20%、ルナウールはウールに化繊を混ぜ合わせ耐久性を向上させた素材で質感はそのまま。日常着として優秀な毛糸なのです。

そういう薀蓄や背景も大切ですが、、純粋にかっこいいでしょ??ベーシックやコンサバな商品が多い当店ですので、こういう息抜きも悪くないかと。ショートコート以上の丈があれば合わせられますので是非。






vitter long cardigan ¥14,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×