UNIT

VALCANIZER MOCK TOE WORK BOOTS

こんばんは。

こってり雨ですね、こんなに降るとは思ってなかったです。このところ何故かブラジル音楽リバイバルがボクの中で発生しておりまして、先日ブラジルからの旅行者さんがお店で流してたMOSKAの曲を聴いてとても喜んでくれました、日本のイメージアップに一役買いました(笑)。コレ、夜に部屋でチビチビ飲みながら聴くと気持ち良いのです、最近引きこもりなのでそういうシチュエーションで聴きやすいブラジル音楽を選んでるのかも。ということで雨の日に合うブラジル音楽といえば、、






やはりコレ、Nara LeaoのDez Anos Depois。ボサノバの女神ナラ・レオンが歌う名曲集、日本人の耳に馴染んでいるスタンダードも多く入ってます。ジャケットそのまんまで雨をゆったり楽しめる1枚、素敵な写真でしょ。雨といえばジョビンのChovendo Na Roseira、そのまんまのタイトルでバラに降る雨、ブラジル音楽の金字塔ですね。

そしてそんな雨の日、なんとなくご紹介したくなったのがハイカットのスニーカー、というかブーツと言う方が良いのかも。






VALCANIZER MOCK TOE WORK BOOTS、春夏にバッチリのハイカットスニーカーです。






素材が麻、通気性が良いのでハイカットにも相性が良い。






スッキリとしたモックトゥの8ホール、ワークブーツのディティールを踏襲したデザインです。






アイレットがスニーカーっぽくてシューレースはブーツ的、質感が良いです。






天然ゴムのソールをヴァルカナイズで成形、ソールも粘度が高く削れにくいですしサイドテープも剥がれにくい。耐久性の高い仕上がりです。






こんな感じです。
ボク、個人的には春夏によくハイカットを履きます。まあ、、秋冬と同じなのですがロールアップによく合います、くるぶし丈のパンツも表情も作りやすい。






このようなドローコードで絞るタイプのパンツとも親和性が高い、太いハンパ丈のパンツも足首の始末を悩まず楽にこなせます(コレはまた後日に)。

春夏になるとどうしても足元を軽くしていく方向に行きがちなのですが、しっかり目のモノを持ってくると全体のイメージがしっかりしますので結構便利なのです。それが革のブーツなんかだと暑苦しいですがスニーカーだとちょうど良いですよね。Tシャツ1枚の軽いスタイルの引き締めにもなります。全身白系のコーディネイトにこのスニーカーなんてのはとてもカッコ良さそう。






ちなみに同型の素材違いも健在です。
こっちのご紹介の時のブログ記事でも触れましたが、このスタイルは元々半世紀前のL.L.Beanで作っていた由緒正しいスニーカー、というかブーツ。。。どっちだろ(笑)

本当にオススメです、ぜひご試着くださいませ。






VALCANIZER MOCK TOE WORK BOOTS ¥12,800+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×