UNIT

Pt.Alfred 1st ARMY PANTS

こんばんは。

次の元号が発表されましたね、皆様の感想は如何でしょうか。
“令”は初めて、”和”で馴染みがあるのは昭和以外だと和銅・仁和あたりでしょうかね。そして初の国書からの引用だということで、まあ・・漢書と国書のどちらでもよろしいかとは思うのですが、万葉集というのはロマンティック。引用元の梅の花の歌は国文学的にも結構重要ポイントで、のちの連歌の元となった構成だそうです。うろ覚えですが、、大伴家持のお父さんである旅人主催の歌会で、筑紫から薩摩に派遣された貴族が集まった際の回し詠み。旅人さんは、梅の宴の漢詩バージョンも懐風藻に収められていますね。う〜ん、、実家に帰った時に専門家の父に講義してもらいます笑
この造語のフィーリングとか字義のバランスとか、、その他思う処は、、、ここで言うのも何だかアレなので・・・こういうのお好きな方はUNITでお話ししましょ笑

あと1ヶ月で去りゆく平成、イチロー氏の28年間の選手生活が平成の象徴とするならば、こちらも同じキャリアでありつつ、これからも益々それを積み重ねてゆくでありましょう、






Pt.Alfred 1st ARMY PANTS
UNITの定番ボトムといえば、もちろんPtアルフレッド。その中でも個人的に最も能くはくのがこの1stアーミー、色バリ所有数もいちばんだと思います。お客様に”どれが細いの?太いの?”とご下問いただいた際に”コレが太い方!”と口をついて出てしまいがちなのですが、太いと言うよりも緩やかという表現の方が的然かもしれません。






腰回りにしっかりボリュームがあり、裾にかけて素直にテーパード。トップスの強弱を問いませんし、アウターや靴との相性も全体通して卒なくこなせます。ゆるめのシルエットは単純にはきやすいですよね。夏の着用で張り付いてストレスが・・なんてのも感じにくいですし、冬にスパッツを仕込むにしても窮屈にならない。そう言う意味でも快適。






このスーパーチノは本当に素晴らしいのです。








ディティールも丁度良い。








ネイビー・ベージュ・チャコール・オリーブ、安心の4色です。






最近気になるオリーブをはいてみました、持ってないし欲しくなってきた笑






通販ページに掲載してる過去の着用写真ですが、個人的には春にこのパターンが多いかも。

なんと言いますか、、何着よう?何はこう?と困った時に、なんとかしてくれるパンツです笑

それって頼りがいあるでしょ??、ジーパン同様に不可欠なパンツ。

皆様も是非。






Pt.Alfred 1st ARMY PANTS ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×