UNIT

こんばんは。






堀川では恒例の「京の七夕」が開催中です、晴明神社もナイター営業中です・・・って、台風直撃の本日は大変でしょうね。東山五条でも陶器市が本日からですし。UNITも商品の写真を撮ろうと朝から張り切って出てきたのですが暗くてまともなのが撮れずで、、、(笑) 二条木屋町も歩いてる人が皆無。

そして本日もまずはこの話題、8/18(金)からのNUNC POP-UP、皆様じわじわご興味湧いてきてると嬉しいのですが・・いかがでしょう?






本日も少しお話ししようと思います。
昨日お伝えしましたバックパック3型以外にもショルダーバッグなんかもラインナップしてるのですが(メーカーサイトはコチラ)、UNITとしましてはその中でも






この右下、Document caseが特にオススメなのです。昨日もポロリしたのですが、、本日も、、まあ、、メーカーサイトにも上がってますし良いと思うので(笑)






バッグと同じデザインソースを引き継いでます、内部もゴチャゴチャせずにすっきりスマート、しかもストレスのない使い心地なのです。タブレットと筆記具を併用する方はとても嬉しい内容だと思います、って・・最近の皆さんはこのパターンが多いですよね。

NUNC、益々自信満々の乞うご期待です。


次の話題、秋物の入荷がスタートしております。






シックな色合いが増えると秋感が増して嬉しく思います、個人的には秋は洋服を楽しむ一番好きな季節、春も良いのですが花粉が飛ばない分秋に軍配が上がります(笑)






立ち上がりなのでシャツの勢力が強め、逆に言えばこの時期のシャツは豊富だとも言えます。






万能コートも入荷しております。






香りチームもしっかり在庫してます。

MARINEDAYのバッグもコツコツ入荷中・素敵な靴下もご紹介予定・スニーカーも楽しみ。
そして明日は本日ご紹介出来なかったalkphenixを予定、アルクフェニックスは益々進化してます。

セールも引き続き開催中です、マークダウンもしますので是非ご利用くださいませ!

それではまた明日です、宜しくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

ということで本日もNUNC(メーカーHPはコチラ)について。

ヌンクの主力になってるのはバックパックです、バックパックが好きなUNITとしてはとても嬉しいブランド。






旅行用に作られた NUNC Traveler’s Backpack






ビジネス対応可の NUNC Rectangle Backpack






最もカジュアルに使える NUNC Daily Backpack
この3型となっております。
フロントパネルは共通デザインですが旅行用モデルのみ収納できる、大容量な設計。最もカジュアルなDailyがバックパックらしい立ち姿、UNITとしましては最も本命は真ん中のRectangleなのかなあと予想しております。

そしてなによりも共通デザインである、






この構造。左手前はすぐに出す物をメインに収納させるデザイン、オーガナイザーも細かく配置されています。真ん中の荷室は内袋になっておりまして、あまり見せたくない物(着替えなど)を保護できたり・パッキングを安定させてくれたりという意味合いも。どちらもそれぞれを使う際に独力でフルオープンしますのでとても使い勝手が良い。そして背面側のショルダーハーネスの合間にPC用のスリーブが、これもフルオープン。 全てのモノがアクセスしやすいデザインなのです、画期的・・というかよく考えたなあと思います。






そして先週もこの写真を掲載してますが、ベルクロ遣いがとても秀逸、メーカーサイトではまだ細かなところまで言及しておりませんので多くは語れないのですが、






こっそり、展示会でボクが撮ったこの写真だけ。。。

そしてプライスもまだ未発表ですので暫時お待ちくださいませ、なのですが・・・細部までギミックを投入して作られているのにかなりもコストパフォーマンスだと思います、バリスティックを使った都会型のバッグをリリースする競合他者の商品と比べると、圧倒的に親切な価格設定です。NUNCさんの母体は大手バッグメーカーなのですが、「本気出したらここまでできるのね、怖いなあ・・・」なんて思ってしまいます。

いや〜、もっと全開で色々ご説明したいです、モヤモヤする〜(笑)
ボクもますます早く見たくなってきてます。

NUNC、乞うご期待です!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

夏真っ盛り、そんな気候になってきましたね。






数日前に通った伏見のお稲荷さん、夜に人の気配を感じるのが夏っぽくて。こういう神社の夏の空気がそこらじゅうにあるのも京都らしさですね。







まだまだ夏ですのでセールも引き続き継続しております、是非ご利用くださいませ。






それと共に晩夏・秋物が少しずつ到着しております、こちらもアップしてゆきますので乞うご期待です。






そして本日、MONT LIVREさんからシルバーと石系のアクセサリーがたっぷり到着しました。
日曜まではポップアップとして店頭に全て置いております、夏の襟元・手首・足首を彩ってくださいませ。¥6,800~¥39,800で程々に手に取りやすい価格設定だと思います、是非お試しにお越しください。

〜MONT LIVRE Jewels〜
西部開拓時代のイメージに代表されるアメリカンインディアン、70年代にアメリカンインディアン運動が起きた頃にはヒッピー文化にも影響を与え、80年代ではラルフローンブームを筆頭に復刻されたカウボーイやワーク系のウェアとワイルドウエストのカルチャー的グッズなどが流行、90年代にもそれは続きました。
そんな”TRU-WEST, GO-WEST, WILD WEST, SOUTH-WEST” のデザインをもっと気軽に…すぐに手の取れるところにある、もっともっとみじかで楽しい “WILD-WEST” を MONT LIVRE は復刻・表現します。
その中からVintage Indian Jewelry, OLD PAWN Jewelry, と呼ばれているインディアンジュエリーの礎となるデザインに、ひと手間工夫したレプリカジュエリーです。











ざっとこんな感じです、石のネックレスは2重巻き・3重巻きにすればブレスレットやアンクレットにも出来ます、ラピスもターコイズも綺麗ですね、シンプルなモノからサザレのボリュームのあるものまで。

ボクも欲しくなってきました(笑)

よろしくお願い申し上げます!





MONT LIVRE Jewels pop-up 日曜まで


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

先日も少しお知らせしそうになっておりましたが、

新ブランド “NUNC (ヌンク)” のポップアップストアを8/18(金)からスタートします。期間中はすべてのラインナップをお買い求めいただけます、是非是非足をお運びくださいませ。(メーカーサイトはコチラ

ということで本日から数日、NUNCの魅力をお伝えできればと思っております。






CONCEPT
nunc とはラテン語で「今」を意味します。
バッグの歴史を紐解くと、中世16 世紀から17 世紀末にかけては、男女ともに、硬貨や書類を運ぶための小さなバッグやベルトに取り付けられる財布やポーチを使っていました。また、バックパックの原型は、動物を狩るハンターが考えだしたものであるといわれています。両手が荷物でふさがらず、肩を痛めたりしないよう、背負うことのできるバッグとして開発されました。

このように、バッグとは必要性から生まれ、必要性によって順応し形を変えてきました。私たちはその「必要性から生まれた」という部分、つまりは「起源」に着目をし、自らのものづくりに反映させることを主として活動しています。

ラテン語は様々な言語の「起源」といわれています。
私たちの普段日常的に使う言葉の中には、実はラテン語由来のものも多くあり、学名、企業名などにも幅広く使われています。 ブランド名は、そんな言葉の「起源」であるラテン語から、「今必要とされるもの」をキーワードに「nunc」としました。


NUNCさんのHPからお借りしました、コンセプトはこんな感じ。そして商品のアイコンになるフロントパネルのデザインモチーフに






折り紙を採用しており、






それが全商品に反映されてます。






そして何よりも考えつくされたギミックが素晴らしいのです。それぞれのパートがしっかり独立して考えられ、それがとても合理的にデザインされてます。手に取るときっとご納得いただけると思います、欲しくなること必定です。





新ブランド “NUNC (ヌンク)” 18日(金)にお披露目です、よろしくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

祇園祭も昨日の神事済奉告祭で終わり、7月が終わるな〜って感じです。来月半ばの五山の送り火までは京都がグッと京都感を増す時期、ふらり京都へとお考えの方もくいらっしゃるかと思います。
それにつられてというわけではないのですが、、、近頃の出勤時は京都再確認という気分でルートを選びつつ、汗かかない速度でフラフラと散歩気分で自転車をこいでます(笑)。ボクの住んでるとこからだとすぐそこの加茂川に出てひたすら南下すると店の横なのでかなり楽に出勤できるのですが、朝の時間を利用してちょっと道草食いながらショートトリップ気分。
ここ数日のお気に入りは抹茶コース(勝手にいってるだけですよ笑)、






紫式部のお墓を過ぎ、紫明通りから小川通りを南下すると







表裏の千家の村状態の路地が出てきます、千利休の不審庵や千家の色々・本阿弥家や長谷川等伯の本性寺。このまま少し南下すると






報恩寺、豊臣秀吉が寝られなかった鳴虎があるお寺。そのまま今出川通りをこえると






珍しいお名前の眼科、この北西に百々橋というところがあって、応仁の乱のクライマックスだったところ。ゆかりのあるお名前なんでしょうかね。この先にあっても無くても良いようなクランクがあって、その先の角に






変体仮名で「う登ん楚者”(うどんそば)」と書かれたお店が見えます、そこが武者小路に入る角で右に入ると






武者小路千家がすぐ現れます、この細い通りの突き当たりに






福長神社、昔はもっと立派だったそうなのですが場所を何度も遷されるうちに小さくなったらしいです。

ってな具合でほんの3,4分ほけ〜っと自転車漕いでる間に色んなモノが。
紫式部に始まり室町期や江戸期・太宰だって題材の小説を書いてるわけですし、900年程の諸々が凝縮されてます。紫式部も武者小路家も藤原北家の一員、地域性もバッチリ色が残ってたり。なんだか歴史オタクみたいな言い様ですね…笑
こういうのって京都のそこらじゅうに転がってるコトでいちいち気に留めてなくて正解なのですが、いちいち見直すとそれなりに昔と今が繋がってる様子を感じられロマンチシズムを覚えます。後に有名になる人なんかもこれから出てきたりすると、100年後に同じような思いが更新されるのだろうな〜、なんてのも想像してみたり。

こういう散策やお店めぐりやお寺めぐりも、自転車だと結構気楽に多く回れます。バスに乗ってもどうせ人だらけで暑いし、電車とか乗り継ぎも分かりにくいし、良いですよ、自転車。

ということで、UNITのパートナーシップな自転車屋さんにはレンタルできる自転車もあります。






UNITからまっすぐ徒歩3分のCRAZY SHEEP FARMさんのシェアサイクルは1日1,000円、しっかり作られたシティサイクルは快適ですよ。






京都駅寄りだと堀川五条のvelo stand kyotoさんはE.B.Sのミニベロが1日2,000円、ちょっと割高ですが良い自転車をたっぷり味わえます。購入検討で乗りつつ京都遊びという感じでお使いいただくのが良いかもですね。


という感じで、夏休みのちょっと空いた時間に京都を自転車で遊んでみてはいかがでしょ?かき氷が美味しく食べられそうですね(笑)

それではまた明日。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

出勤すると緩衝材入りの封筒がポストに、フムフムなんだろ?と取り出しますと、、、






トモにいからでした、東田トモヒロの最新ミニアルバム「ひだまり」が。






今回の装丁はこんな感じ、東田くんの後ろに歌詞が載ってます。
リード曲「ひだまり」の動画はコチラ、ゆったり王道ロックですね。計5曲、海や山でも気持ち良さそうですし・リビングで聴いてもホッとします、是非どうぞ。

そしてまた改めて告知しますが、






10月20日(金)、[東田トモヒロ ACOUSTIC LIVE @京都]が決まりました。是非是非予定しておいてくださいませ、耳に美味しい時間です、その他も何か出来たら良いなあとかも考えてますので。

よろしくお願いします、それではまた明日です〜!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はこれ、






weac. RE-SPECKTED KNIT CAP ¥4,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)






コットン100%のニットキャップですのでオールシーズン着用可能、実用感に溢れるひと品です。おデコが痒くなりやすい人にもオススメです。製糸段階でロスとなる落ちわたを使ったリサイクルコットンにスペック染めを施した素材、スペック染めとは新潟で始められた染色で化学染料を使用してインディゴ染めのようなムラ・かすれを表現する方法で、経年変化も楽しめます。リサイクル+スペック染め+お世話になってるコットンにリスペクトの気持ちを込めて”re-speckted”です。






プレーンなデザインです、どんなスタイリングにも・男女問わず・シーズン問わずお使いいただけます。

さら〜っとご説明してますが存在としてはとてもUNIT的、シンプル・使いやすい・ベーシック。
是非是非よろしくお願いします。


そしてセールも今週末まで22時閉店で営業しております、お待ちしております!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






FREDRIK PACKERSから久々に新作のご案内です、70D DAYPACK LIGHT。






70デニールのリップストップナイロンを使用した、シックな立ち姿の超軽量バックパックです。
同じ生地を裏地に使い強度を高めておりますので、軽量ながら頼りなさを感じさせません、この素材は軽度の撥水性もありますので雨にも強い。






すべての開閉部分にはUSA製の UCAN ZIPPER を採用。薄手の70D リップストップナイロン生地にも馴染みが良いファスナーで、マットなシルバーカラーが見た目にもクールなイメージです。






ショルダーハーネスには7mmのパッドを、ちょうど良いボリューム感。






メインの荷室は見た目以上の容量、インナーポケットも装備。






フロントパネルのポケットも大きな容量、すぐ使う手回りのモノはここにまとめられます。






落ち着いた大人のルックスは多くのスタイルに溶け込みます、もちろんユニセックス。毎日のへビーロテーション間違い無しです。

今までのラインナップよりもグッとシックになったでしょ?、









小さいピスネームと背面の刺繍ロゴの共に抑えた雰囲気、こういうアプローチが出来るのも既存モデルの実績があればこそ。

既存のモデルと共に宜しくお願い申し上げます。






FREDRIK PACKERS 70D DAYPACK LIGHT ¥11,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


UNIT- WEB STORE
UNIT-オンラインショップ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






本日の京都は祇園祭の後祭、還幸祭も終わって次のドカンとしたイベントは五山の送り火というところですね。









京都在住人に根強い人気なのが御手洗祭、ボクも毎年行っております。今年は6歳〜43歳の男4人で行ってきました、水に触れるお祭りはイイですね。

UNITも本日からじんわりとイベント、






本日よりSALEスタートです。






夏物色々お買い得です、






値付けしてたら、以外に50%offが多かったです、ボクの雰囲気です(笑)

お待ちしております、宜しくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分


ということで、明後日24(月)より夏のSALEをさせていただきます、告知しましたのでお尋ね頂いたらSALE価格に揃えますので安心して明日もお越しくださいませね(笑) 期間中は夜10時までオープンしてみます、お仕事帰りにでもお越しくださいませ。ビール持参もウェルカムですよ(笑)

売り切りモノ・掘り出しモノ各種お楽しみいただけるように頑張ります、様子を見てSALE自体は8月1週目も継続するかもしれませんが、なる早でお越しいただくことをオススメします。

同時に、晩夏モノ〜秋モノも入荷中です、こちらも合わせてご覧くださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×