UNIT

こんばんは。

本日のご紹介はアイテム的にはド定番、ハイゲージのクルーネックとカーディガンです。UNITにお越しの皆さんには周知いただいてるかもしれませんね、













vitterのROUND NECKとCARDIGANです。
ウールとアクリル半々の素材でご家庭での洗濯が可能なウォッシャブルウール、”MACHINE WASH”と書いているので通常の洗濯で大丈夫。ですがボクはマージン取っておしゃれ着洗いで洗ってます、全く問題なし。UNITにある商品は基本的に洗えるモノを選ぶようにしています、その方がビクビクして着なくて良いですもんね。あとよく言われるのが「Kちゃん、本当に臭い付くの嫌がるよね」って、、はい、その通り笑、なので選ぶご飯屋さんも比較的そうなります笑
しかしながら冬は全体に臭いをまとい易い環境、Tシャツだけ着て更に乾き易い夏に比べて、乾きにくいし着るモノ多いし。なので洗えて乾き易いウールっていうのは大助かり。









クルーネック、リブ使い・シルエットも王道。









カーディガン、Vネックのカーディガンでこれまた王道。ですがボタンを増やして少し視覚的ボリュームをもたせてます。

スタイルもプレーンでしょ?






ロンT感覚でも良いですし、B.Dシャツの上にも良いし、もちろんJKTの中に着るもの良し。






カーディガンも同様ですね。

プレーンで扱いやすくて、さらにリーズナブル。こういう1着あれば良いなあってアイテムがフレンドリーなのはとても素晴らしいことだと思います。

是非ワードローブの一員に加えてくださいませ。






vitter ROUND NECK¥8,500+tax / CARDIGAN¥10,000+tax
RPUND NECK 通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)
CARDIGAN 通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






昨日のエボシさんのオーダー会にお越しいただいた皆様、有難うございました!
ゆっくりフィッティングしていただけて良かったです、自分の頭に合う帽子は嬉しいですよね。個性的な帽子を頼んでらっしゃった方もいらっしゃまいましてボクも仕上がりを楽しみにしてます。






今回お越しになれなかった方も是非エボシさんの工房へ行ってみてくださいませ、週末営業です。宜しくお願い申し上げます!

エボシevo-seeさん facebook ページ
エボシevo-seeさん Instagram


来月はですね、UNITでも人気が安定してきているブランドさんにお願いしての企画をご用意しております、乞うご期待です!

それでは引き続き宜しくお願い申し上げます!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

明日はかねてよりお伝えしておりました、






“エボシevo-see POP UP SHOP”です、営業時間中はデザイナーの加藤さんが常駐してくれます、採寸していただけますので是非お越しくださいませ!

そして最後の情報、サイクルキャップのサンプルが上がりました。








サイクルキャップ ¥18,000+tax
サイクリングやハイキング系のコーディネイトにも合わせやすいタイトなシルエット、こちらには「あご紐」を縫い付けづに取り付け可能です。

素材
表地:ワックスコットン(カーキ・ミッドブルー・ブルー・オレンジ・ベージュ・オフホワイト・ブラウン)
裏地:綿ストライプ(カーキ・ブルー) 綿ギンガム(ブラック・ブルー)

女性がかぶるのも可愛くて良さそう、トラッドなカジュアルにも馴染んでくれそうですね。

ということで、






フィールドハット ¥20,000+tax






イヤーマフ ¥5,000+tax

前もってご紹介しておりますこれらと合わせて全部で3型、宜しくお願い申し上げます。

いや〜、楽しみ!


そしてそうこう言ってる間にクリスマスです、今年は日の回りも良いですし皆さんのご予定は楽しい感じ担ってらっしゃるのではないでしょうか?、UNITのおじさんは関係なくお店におりますので覗いてくださいね笑

クリスマスだからと言ってUNITは店内をクリスマスにシフトすることはほとんど無く今まできたのですが、、、プレゼントをお買い上げいただいてもそんな感じなのはちょっと意固地かもなあと、ふと思いまして。。。ラッピングくらいはクリスマス仕様にしようということで、






いつものイメージカラーのラッピング以外に、






クリスマスカラーバージョンもご用意します、って、、リボンとハンコの色だけですが(見えにくいかもしれませんがハンコがグリーンです)笑

ぜひぜひお申し付けくださいね。

そういえば、、これのためにいつもの店舗用の事務用品店にグリーンのスタンプ台を買いに行ったのですが売ってなくて、仕方ないので密林さんで注文したのですが、、、






小さすぎた、、使いにくい笑
ちゃんと確認しなかったボクも悪いのですが、写真のサンプルは普通サイズで大きさは選択だったのですね。 やはりサイズは大切、お店に行くのは需要ですね(と、UNITへのご来店をそれとなく推してみました笑)


ということで、明日はサイズ合わせてもらえるので安心ですよ笑

それでは明日お待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






御池通も良い雰囲気になってます、今年は紅葉見られるかな〜京都じゃないところで見たい(もちろん京都に紅葉狩りにおこしくださいね笑)

本日はカーディガン、UNITでワードローブを揃えていただいている方には日々のコーディネイトのワンクッションになりそうな、すこ〜しだけ、モードのニュアンスを1滴垂らしたようなニュアンスの1着。






vitter long cardigan
とはいえベーシックというか、ヨーロピアンカジュアルというか、、そういう雰囲気ですよね。






ナローに見えますが比較的ゆとりのある身幅、程々の肉厚なので安心感もあったり。






トリム代わりに裏地との2トーンになってます、落ち着いた中にメリハリを少しプラス。






袖はリブやフライスをつけずに、クリーンな印象に一役買ってます。






襟周りは少し立ち上がって首にラインを沿わせる感じ、タートルとの相性の良さを伺わせます。






なので本日はタートルを引っ張り出してきました(今期はUNITでの取り扱いがなくてすみません。。) タートルも良いですが、シャツやクルーも相性良し、ヘンリーネックでちょっと男っぽく味付けしても良さそう。






完全モノトーンですのでストールもそのままチャコールとかブラックで正解なのですが、良いグレーの具合なのでグリーンやワインの差し色っていうのも大人だからなせる技、若い男の子よりもあざとさがないでしょ。






vitterはイタリア・フィレンツェにて1968年に小さな家族経営の会社として創業したニットメーカー、創業当初は大規模な小売店やチェーン店向けの生産を行っていましたが、80年代以来に品質と技術向上の投資を行い独自のコレクションも開始。
製品の原料調達から生産まですべてイタリアでされており、Balenciaga、Burberry、flavio castellaniなどのOEMも請け負った実績があり優れた品質からヨーロッパ内にとどまらず世界各国に商品を提供しています。
工場の電力は100%自社のソーラー発電によるものでまかなわれており環境にも配慮しています。






この素材はルナウール80%とポリエステル20%、ルナウールはウールに化繊を混ぜ合わせ耐久性を向上させた素材で質感はそのまま。日常着として優秀な毛糸なのです。

そういう薀蓄や背景も大切ですが、、純粋にかっこいいでしょ??ベーシックやコンサバな商品が多い当店ですので、こういう息抜きも悪くないかと。ショートコート以上の丈があれば合わせられますので是非。






vitter long cardigan ¥14,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

明後日23日(木)は祝日ですので終日営業です、お待ちしております!!!

こんばんは。

日に日に寒さが加速中、ボクの冬スタイルも本格化1歩手前まできました。京都の嫌らしい底冷えが年明けに待ち構えてますので、年内に本気を出し過ぎると痛い目を見ます笑

そんな先週からの寒さの中、ARANさんから素敵なアウターが到着。インスタグラムでちょいちょい掲載してましたところ、反響がよろしくてですね、、、こういうのは心苦しいのですがウェブストアの掲載やお電話でのお取り置きなどは控えさせていただきます、店頭での早い者勝ちでお願いします。

まあ、、、かっこいいのですよコレ、








ARAN SWD PARKA
スウェーデン軍のアーミーパーカをモデファイしたこのコート、たっぷりしたデザインながらスッキリもしているなんともかっこいい大人のミリタリーコートです。






デザインもさることながら素材の風合いが印象を作り上げていると思います。60/40のコットンナイロングログランなのですが塩縮加工を施したことによって、目が詰まって・光沢が少し抜け・生地にアタリが出ている、なのでサープラス的な匂いが増してます。さらに防風性も向上している様な気もします。






大振りのフード、前立てにも余裕がありますのでマフラーを巻きやすかったりも。






フードの形状が納まりの良いハギを多くとったデザイン、かぶる時もそうじゃない時も良い形。






スウェーデン軍パーカの特徴的なフロントポケットはそのままのイメージで、上部はハンドウォーマー仕様ですのでポケットが2段階になっており便利。






カフスもしっかり、グローブを着けたままでも使いやすいサイズ。






もちろんダブルジップ、引きの軽いナイロンジッパーなのでロング丈でも使い心地が損なわれませんね。






裏地は身頃に耐久性の高いコットンナイロンのムラ糸オックス、袖はすべりの良いキュプラ、安心です。






内ポケは1つ、十分ですよね。ウェストにはドローコードが仕込まれてますので保温性を上げたい時はキュッと。






襟裏にループがあるのでお出掛け先で脱いだ時も便利です。






たっぷり目のシルエット、






だけどスッキリ。

中にかなり着込める感じ、そして防風性も高いので冬本番は大活躍ですよ。






Pt.Alfredのベーシックストレートチノ(ゆったりめのほう)とBACHのGATEWAY、それにレザーブーツ。UNITの軸のアウトフィットのイメージ通りの組み合わせです。

うん、かっこいい。

ということで、早い者勝ちでお願いします!






ARAN SWD PARKA ¥39,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はニットのご紹介(昨日アウターって言っちゃいましたが、、明日に延期笑)です。今から2、3月の中間着として大活躍な大定番、






Jamieson’s stand collar cardigan
伝統的なフェアアイルが思いつきやすいジャミーソンですが無地もモチロンお得意、シャットランドニットを代表するメーカーの1つです。
このスタンドカラーのカーディガンは個人的にも長い付き合いで自信のひと品、シャツはもちろんのこと・タートルネックのカットソーで上品なカジュアル・クルーネックだってラフにならず・ヘンリーネックのカットソーだったらちょっとフォークロアなニュアンスも。かなりの守備範囲です。







上質なシェットランドウールは適度に油分を含みしなやかで保温性も高く、レザーのくるみボタンが上品なフォーク調を表現。






どこから見ても不可分のない、飽きのこない、嫌みのない、いい意味で無い無い尽くしのカーディガン。ボク(40代)等以上の世代の方だと、お手持ちのシャツなんかでいくらでもあわせられますよね。






すっきりシルエットでしょ、今日はゆったりめのパンツですがモチロン細身のパンツもバッチリ合います。個人的にはカーゴパンツと合わせるのが好きです、さらっとジーパンでもイイなあ、、、。

ボク自身長〜く付き合ってるカーディガンです、ワードローブの安心感をどうぞ。






Jamieson’s stand collar cardigan ¥26,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






ARANから格好良いコートが到着しております、明日商品紹介いたしますのでお楽しみにです。

それでは昨日に引き続きエボシevo-seeさんのPOP UPのご紹介です。






イヤーマフ ¥5,000+tax
こちらは女性にはもちろんなのですが男性でもしっかり使えるサイズ感です、むしろエボシさんはメンズ向けの商品が多いのでそりゃあそうなのですが笑
このイヤーマフラーは耳全体を包み込む様に仕立てられてますのでヘッドフォンを装着している様なフィット感、高さ調整気候や生地のセレクトにより老若男女問わず着用していただけます。 髪型を崩したくないのでニットキャップを被れないとか、耳だけ保温するのが程よいとか、それぞれの用途で使えますよね。奥様や彼女さんへのプレゼントにも良いかも。






お選びいただけるカラーは
表地:柄・無地合わせて20種類以上
耳側のファー:オフホワイト・グレー・ブラウン・ミッドブルー・ベージュ

かわいいのもモチロンですが男らしいイヤーマフってないでしょ、僕もそういうの作ってみようかな。。。

ますます楽しみです、宜しくお願いします!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

ぐずついたお天気の中お越しいただいた皆様、本日も有難うございました!

日中はまだ「。。。さ、寒い、、、」という感じではないのですが、晩は寒いですよねホント。






Guernsey Woollens GUERNSEY CARDIGAN ¥24,800+tax
ミドルゲージのカーディガンがまさにジャストシーズン、インナーとしてもモサモサせずしっかり暖かい。本日お買い上げいただいたお客様も中綿の入ったアウターの中に着てもすっきりしてらっしゃいました。着るほどに自分の体に馴染むニットです、是非ご試着にお越しくださいませね。






BEAVER OF BOLTON BOADER ¥36,000+tax
昨日ご紹介しましたキルティングのフィールドコート、ガンジーカーディガンをこのインナーにっていうのはバッチリなんじゃないでしょうか?昨日は細めでくるぶしの出るパンツの写真でしたので本日はゆったりめのニットとパンツ、イイ感じです。見た目以上の軽さですので、こちらも是非お店でおためしください。


そして次、タイトルの”エボシevo-see POP UP SHOP”の経過情報です。






8日後の26日(日)、デザイナーの加藤さんとお待ちしておりますので是非お越しくださいませ!
お時間のない中でサンプルをお願いしてるのでホントに申し訳ないです、、、、。

ということで、オーダー受注予定の3型中2型の画像をいただきましたのでご紹介です。






フィールドハット ¥20,000+tax
王道のハットですね、だからこそ作りの良し悪しが分かりやすいところをキッチリ作ってらっしゃる雰囲気プンプンです。ワックスコットン仕様なので雨にも強いですよ。前日お話してた時に「ブリム(ぐるりのつば)の幅って変えられます?」ってうかがいましたところ可能だそうですので、ちょっとした雰囲気の差別化も可能。嬉しいですね。






そして後部についているフラップベルト。意匠的な意味合いもモチロンなのですが、脱いだ時にカラビナやカバンのどこかに引っ掛けられたりも出来ますし、オプションで”あご紐”をつけられますので使わない時にコレを使って束ねておけたりもします、嬉しい心遣いです。

お選びいただけるカラーは
表地:ワックスコットン カーキ・ミッドブルー・ブルー・オレンジ・ベージュ・オフホワイト・ブラウン
裏地:ストライプ(カーキ・ブルー)・ギンガムチェック(ブラック・ブルー)
となっております、全てコットンです。

楽しみでしょ?想像を膨らませておいてくださいませ!

ということでジワジワ報告していきますのでお楽しみにです笑


宜しくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






水曜に大阪のメーカーさんへちょこっとお邪魔した後に先輩のお供をして難波方面へ、パークスはキラキラでした。言ってる間にルミナリエも始まりますし、UNITもBGMくらいはクリスマス構成にしようかな笑

さて本日はBEAVER OF BOLTONから2型ご紹介です。






名前の通りボルトンにあるファクトリーで有名ブランドのキルティングのJKTなんかを作ってるブランド、なので比較的コストパフォーマンスも高く上質なアウターを提供してくれています。






丈夫なナイロンツイルなので引っ掛けにも強くキルティングなので軽くて温か、冬の我々の強い味方です。
英国ブランドなのでカジュアルに仕上げてもどこかトラッドな香りがするのも安心感があって良いのです。

では本日はコートを2型ご紹介です。






BEAVER OF BOLTON BOADER
フィールドコートのロングバージョンといった雰囲気、バランスのとれたシルエットです。








襟を立ててチンストラップを使えばまた違った雰囲気に、男のロマンです笑





ハンドウォーマー。






マチ付きのフラップポケット、ここのボリュームがあるので全体のアクセントになって良いです。






ダブルジップなのでロング丈でもバッチリ、キルティングでロングだとかなり保温性が向上しますのでホカホカですね。






綺麗なシルエットでしょ?ウールのパンツをはいてもっとトラッドにも・スニーカーとジーパンでも・ワイドパンツだって、、大人の余裕なカジュアルを組み立てられそうです。ディティール的には少し重厚さのあるものなのですがキルティングと混ざることによって軽快になってます、そこがこのコートの強みかもしれません。

絶妙です。


次はもっと軽快なニュアンスの






BEAVER OF BOLTON NO COLLAR SHORT COAT
カラーレスにすることによって自由度の高くなるショートコート、ボリュームのある巻きモノを使いやすくなるので逆に暖かなコーディネイトができそうですね。






コーディロイのトリミングが利いてて良い雰囲気、ボタンダウンのシャツやタートルとの相性も良さそうです。





ポケットはシンプルにパッチポケットで、しっかりスクエアなのでカラーレスの甘さを相殺してくれてます。






リブで軽快さをプラス、全体のアクセントにもなってますね。






これくらいのサイズ感です、レザーシューズの良いのですがもうちょっと太めのパンツにスニーカーっていうのもより良さそうです。そんな下半身の日に再アップしますね。

ということでビーバーのキルティングコート、軽量で保温性も高く落ち着きもありつつでイイトコ取りなひと品だと思います。流行りに左右されない安定感も強みの1つですね。ボク自身のアパレル生活でもかなり長い付き合いになるアイテムですが、毎年楽しみだし飽きないし。

寒くなってきた11月中、来る年末に備えてくださいませ。






BEAVER OF BOLTON BOADER ¥36,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)






BEAVER OF BOLTON NO COLLAR SHORT COAT ¥24,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

寒いです、、来ました、極寒UNITの季節が。本日は暖房ケチってアウター着込んで作業しておりました笑

本日はそんな冬の強い味方であるARANの2型をご紹介、実際ボク自身コレで冬を乗り切っております。正直言いまして「これ1枚でポカポカ!」とかそういうパワフルな横綱相撲を自信満々で言える訳ではないです。しかしながら中に着込むモノを調節して最終的に冬対応にまとめ上げる技巧派的なアプローチなので汎用性の高さが利点、Tシャツだけでも良いしインナーダウンを着たって良い。

そしてこれは個人的意見なのですが、ボクはコレ洗っちゃいます。






60/40コットンナイロングログランは文字通りコットンとナイロンのハイブリッドな素材。今でこそゴアテックスに代表される防水素材が機能的だと言われますが、50年前の60/40は同様のポジションにいました。「昔の方がよかったのよ〜」とかってノスタルジーのお仕着せではなく、そのスペックが現代の街使いにおいては適していると言えるのです。
前出の”洗える”、これはゴアテックスなどの場合薬液で加工した素材なのでちょっと腰が引けたり。。しかしこちらは普通に気にせずに洗えちゃいます。「あれ?洗えるって事は雨に弱いの?機能素材だったのでしょ??」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、この素材は”濡れるけど浸透しない”というのが特徴。確かに濡れます、しかし染み込まない。それは濡れて膨張した綿がナイロンの隙間を埋めるから、そのナイロンが浸透を避けてくれるのです。素材の特製のみで薬液等を使っていないのでメンテしやすいという事です。

洗えると、、冬場の焼肉やお好み焼きやけむけむの居酒屋さんの後にポイっと洗えて良いですよね。

そして化学繊維100%に比べて熱に強い、熱を受けて溶解しないので火のそばでも安心。今でもハードキャンパーがゴアを着ずにオイル引きのJKTを着るのはそこに理由があるわけです。

そしてもちろんの防風性、なので中にヌクヌクなのを着込んでおけばバッチリ。ミドルゲージのニットなんかとはバッチリ相性良しなのです、しっかりオシャレ出来て良いでしょ?


ということで60/40のご説明はここまで、詳細いきます。








ARAN TSURING JKT






ミリタリーとアウトドアの良いところを抽出してシンプルにまとめたJKT、本当に万能です。これ見よがしなオシャレではなく、何の気無しに着てるけど気が利いてる洒落感、そんな風に思います。実際この5年ほどのボクの冬はコレの登場回数が過半数なような気がします。








ラグランスリーブでバランスの良いルックス、そして襟の中にフードが仕込まれていてボリューム感が良いです。急な雨の時にも安心です。






もちろんのダブルジップ。










そしてボクの好きなポイントがこのポケット。上のスリットにはすぐ出したいけど落としやすい手袋や携帯を安心して突っ込めます・ハンドウォーマーも必須ですし・フラップポケットは持ち出しがしっかりですので確実に収納出来ます。






裏地はキュプラでインナーの滑りもキープ。








こんな感じです、やはり良い雰囲気です。カントリーブーツ等のオーセンティックな靴にもバッチリ、マウンテンパーカよりも落ち着きがあるのでトラッド寄りに振ったコーディネイトもしやすいのです。もちろんスニーカーでよりカジュアルにする場合も馴染みます、軽さの出過ぎないスポーティさを生んでくれます。

次は






ARAN HOODED COAT
こちらはひとことで言うと”大人のモッズコート”という表現になるでしょうか、モッズコートの良い部分を残しつつしっかりシックにまとめたコートです。








レザーのブタ鼻が本当に絶妙で、しっかりドローコードを留めてくれます。樹脂のタイコ型のよりも雰囲気あって良いですよね。








ベンチレーションのハトメやジッパー類もアルミ、このミリタリー要素はくすぐられますね。アルミのジッパーの道具感って男の人は好きでしょ?






そしてカフスの処理が秀逸。ベルトを中に通してますのでスッキリ、かつ程々のギミック感も残っててさらに良し。






内ポケットはここだけ、だけというよりもこれで十分、ちょうど良い。






裏地は身頃に耐久性の高い物を、袖裏にはすべりの良い物を。






良いですよね、本当飽きのこないコートです。そしてこのコートの利点は、、、






JKTを着てもバランスが崩れない事。軽快ではあるのですが子供っぽくは決してない、これまた絶妙なバランスなのです。実はARANをUNITで始めた当初は取り扱わなかったのです、しかしデザイナーのMさんが着てるのがかっこよくて「あ、来年はやらないとマズい。。。」と思ったのは懐かしい話(ボクの心の中だけで笑)

もう1つ、UNITはバックパックの多いお店なのでそれが似合うコートというのも重要ポイント。

さあ皆さん、どっちにします?
用途に合わせてももちろん、どっちも必要ってのもウェルカムです笑

一緒に悩みましょう、お待ちしております!!


あ、それから、、、序盤ゴアテックスを否定しているような話方でしたが全くそうではないです。ボク自身大量に保有しております笑
山の中ではもちろんそちらに軍配が上がりますし、機能や格好良さも無論です。ベーシックなカジュアルから街の生活の見地に立ってのお話ですので、宜しくお願いします!って、誰に向けての言い訳なんでしょね笑






ARAN TSURING JKT ¥32,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)







ARAN HOODED COAT ¥36,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×