UNIT

こんばんは。

まずは臨時休業のお知らせ。先月にもお知らせしましたが、来週11日(火)は臨時休業とさせて頂きます。なので火・水・木と3連休になります、宜しくお願い申し上げます。

せっかく桜が咲き始めたのに、雨ですね。。せめて日曜は晴れてほしいなあ〜。

なんだかじめ〜っとした空気なので本日はとてもボクの個人的に好みのシャツをご紹介して気晴らし。






ARAN WESTARAN です。注意して読んでくださいね、ウエスタンじゃないんです笑
ウエスタンシャツをそのままバンドカラーに焼き直したデニムシャツ、なんだか良いですよね。ボリューム感があるようなスッキリなような・・不思議とまとまりの良いバランス。






4.5ozデニムをバイオウォッシュに、デニムのトップスは色が薄いと使いやすいですよね、そして加工すると着心地も柔らかくなります。






根本的にはとてもオーソドックスなデザインです、基本と基本を掛け合わせてるのに独自の存在感。






すこし柔らかい表情にも見えます。






裾の処理はウエスタンっぽくロックで処理。






イイでしょ?
これが意外に色んなスタイリングに溶け込むのです。






こういう普通の組み合わせをしてもなんだか洒落感が醸し出されます。


立ち襟じゃないことで重ね着もしやすいですしデニムシャツの普遍性もあります、そして普通のバンドカラーのシャツよりも個性が追加されてる。

コーディネイトの助けになると思います、個人的にはかなりオススメ。






ARAN WESTARAN BIO FADE 17,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

相変わらずワセリンのお陰で花粉症対策は万全!なのですが、本日は少しモヤモヤする感じ。相当キツイ日なのでしょうね、向かいのスペイン料理屋のマスターがキツそうでした。

ということはそろそろ桜の写真を撮れそうかな?という季節ですのでね、爽やかなロンTをご紹介してみようと思います。






CULB DE MER
2015年に英国でスタートしたブランド、18世紀ブルターニュ地方の漁師が着ていたシャツをモチーフにバスクシャツを中心にリリースしてます。生産国はポルトガルで、そのグループの維持・運営管理にとどまらずCSRにも深く貢献しようと努力しているそうです。CSRとはご存知の方も沢山だとは思いますが、、、サステナビリティ(Sustainability)ですね、広く環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方、ある意味最先端。
そういうことも大切ですし、ブランドタグや






パッケージのイラストがオイルサーディンの缶詰風、そういうキャッチーな部分もイイ。。。って、ここにも意味がありそうなのですがね。

ということで、






Berton Shirt
3色でご用意しました、ベーシックでしょ?






ボートネックではなくクルーネックです、襟周りがモサモサしません。全体的にジャストフィットなニュアンス、流行りに関係のないスタイルです。オーバーサイズで着るなら女性でも十分きられますね。






しっかりした質感がうかがえる画像ですが、しっかりしつつ印象よりも軽い生地感の天竺です。夏でも長袖を着る方には打って付けです、またはインナー使いもしやすいです。






こんな感じ。
無駄のないクリーンなルックスです、重宝しそうでしょ?


ボーダー、一頃のUNITはボーダー天国でしたが(笑)、最近はかなり厳選してます。

ということはかなり出来がイイということです、いうまでもなく超オススメです。






CULB DE MER Berton Shirt ¥7,800+tax
通販ページはコチラ)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日から鴨川もシートを開いてお花見に挑む人々が、我慢できないってところでしょうかね(笑)。来週ぐらいから沢山いらっしゃるような気がします。

そんな時節ですので、UNITも今年初めての半袖をご紹介しようと思います。






15jyugo butaさん
そろそろインナーで半袖を使える頃が近づいてますので、こういうプリントTもそろそろかと。あまりプリントTを推さないUNITですがこれは大好きなパターン。






何か言いたそうでしょ?、何故か着たくなるでしょ?






何だかイイでしょ?(鏡越しなので逆さま)






着心地もいいですよ、きっちり手抜かり無しで15jyugoのオリジナルボディです、程々にしっかりした肉厚の天竺です。






アウターの間から・・・・目が合う。。。。笑


ちなみに、このシリーズはもう1パターン、蛙がありましたがUNITのセレクトにはハマりませんでした。その苦手生物のプリントが店内に毎日あるとボクの体調がおかしくなるので却下です、、、、もし興味のある方がいらっしゃいましたら絵型をお見せしますので。

気を持ち直しまして・・・笑

ということで、シンプルコーディネイトのスパイスに是非、大人の冗談なTシャツです。






15jyugo butaさん   ¥4,900+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はしっかり降りましたね、桜の咲く前で良かったです。
そして雨の中お越しくださった皆様もありがとうございます、ちらっと覗いてくれた友人と「京都は雨降ったらな〜んもでけへんね。。」なんて話してたのでいつもより殊勝な態度に(笑)

殊勝ついでに、本日の商品はプレゼントなんかにも向いてるのと、プレゼントにしか出来ない(ボクらは)モノを2つ。br>
先ずは、






MARINEDAY CHOLE
小型のポーチです。






半月型でなんだ気になるルックスでしょ?






ソフトレザーと真鍮ジッパーも相性良しです。






中は8号帆布、メインの部屋とポケットとカードホルダーを。






家計のおサイフや自営の方の経費用サイフなんかにもちょうど良かったりして。
個人的には、そうですね、、名刺入れをよく無くすのでここに名刺を忍ばせて、ハンドクリームや手回りの日常の細かいモノを入れてカバンの中に放り込んでおく用にいいなあと。

次は同じソフトレザーで作った






MARINEDAY PONNI
シュシュですね、これは男性陣使わないでしょ?ボクがロン毛の時(10年以上前にそんな頃も、笑)にはインディアン系のレザーとビーズと・・みたいなのは点けたりしてましたが、シュシュはさすがに使わないですよね(笑)
これは「軽い値段のモノでちょっと気が利いてて重くない」という、プレゼントが見つからない時用にメンズセレクトのUNITでも置いてます。






ホワイトデーに間に合わなかったのはご愛敬でご勘弁を(笑)
もちろんご自分用に女性の皆さんにもお買い上げいただいてます、隠れた人気商品。

MARINEDAYさんの小物、なんだかくすぐるでしょ?
ご自宅用にもプレゼントにも、こういう「ちょっと気の利いた」ってポイントは嬉しいですよね。自信を持ってオススメいたします。






MARINEDAY CHLOE¥4,800+tax / PONNI¥1,500+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

花粉症の皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
ボクね、今年に入ってSNSなんかでちょこちょこ見る「これでウチの娘が花粉症から解放されて、もう感激!」という種類の記事、まあ理に適ってるし安上がりだしと思いましてここ1週間程これを試しているワケですが↓






スゴイです、マスクなしで過ごせてます。鼻の中・周辺・目の下に塗布するだけ、花粉を体の中に入れずにキャッチしてくれるワケですね、ワセリンなので健康上も問題なさそうですし。見た目がちょっとツヤツヤしちゃいますが(笑)。こ存じない方でこれはいいかも!とお思いでしたら是非、ボクは過去に無い開放感を味わっております。


この1週間の花粉の飛散量が少ないというオチならどうしよ。。。。笑


という情報も大切ですが、商品案内も毎日大切なコト。

本日はweac.さんのシャツ、この品番は人気者です、






 
KURUMICHAN SHIRT です。今回は、






タイプライターのネイビーチェックとインディゴのOXフォード。






コンパクトな襟と共地のくるみボタンが無駄を省いたスッキリイメージを作り出してくれてます。






センターバックです、カジュアルアイコンであると共に動きやすさにもつながってます。






クリーンなシルエットでしょ?上品さを損なわずにラフなスタイルにも合わせられますし・しっかり目のスタイリングにも気楽さを足してくれます。


頼れる1枚です、油断すると無くなるのでお早めに。






weac. KURUMICHAN SHIRT INDIGO OX ¥13,500+tax
NAVY CHECK ¥12,600+tax
通販ページはコチラ

追記:FOB work JKTも通販ページに追加しました

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は、「そろそろ足首をしっかり目に出しましょうかね、もう1ヶ月もすればそうなってますもんね」と思いましたので、






ARANのファティーグパンツの春夏用9分丈バージョンをご紹介です。






素材はコットンウェザー、定番のバックサテンより軽快な生地感です。








基本的には同じディティールですが、








こちらはコインポケットの位置に隠しポケット的なのが追加されてます、それぞれみなさんの秘密の何かを隠してください(笑)






なんというか、緩すぎない程良い軽さ、春夏の万能選手だろうなあと予想出来ますね。フルレングスは裾までストンとワイドなストレートですが、9分丈はは元々のボリューム感を損なわないスッキリさで緩やかにテーパードしてます。
サンダル・スニーカーももちろん良いのですが是非黒の短靴を合わせていただきたいです、それに何てことはない白いTシャツとかあわせて。


2,3回ロールアップすれば7分にもなりますし、こういうのは夏場に「ショートパンツはマズイかな、、でもロングはしんどいし・・」というような時にも重宝します。

無くなってきてますのでお早めにどうぞ。

ちなみに本家本元、定番ファティーグパンツももちろんストックしてますのでこちらもどうぞ、このパンツを無造作にぐるぐるってロールアップで、こらからの季節はそんな気分です。




ARAN FATIGUE-46LW ¥15,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

「こんばんは」と毎回始めてますが5割の確率で「こbなは。」と叩いてしまってやり直してます、ちょっと告白しとこうと思いまして(笑)
もちろん本日もやってしまいましたが(ちなみに「もちろん」も「もりとん」とやることも結構多いです)、この定点観測も気付くとよくやってますね。自分で言うのもアレなのですが、毎日 1or2点を丁寧にご紹介してますので、たまにダイジェストで状況を早めにお伝えしとかなければという強迫観念(笑)

ということで、






あ、先に今週のウインドウ、これも定番化しようかな。
なんとなく気に入ってるこの普通感、昨日ご紹介したTinkersのJKTと15jyugoのshizuku-Tと同じく15jyugoのshirasu denim、それにventunoのテニスシューズ、恐ろしく普通なのですが、この純度の高さはカッコイイ。それに合わせてMARINEDAYをどうぞという感じ。上質に気を抜いていただければ・・そんな感じの1週間でいこうと思います。

では入荷状況を。






まずインポート、良いボーダーが入りました、これはかなりオススメなのでじっくりご紹介予定。






weac.からも安定感抜群のシャツが到着です。毎回人気ですのでお早めに。






mature.haもそろそろご紹介のタイミングですね、今年の夏も活躍でしょう。






MARINEDAYのポシェットも気付くといなくなってますからね、お気をつけください。






RYUの爽やかなシアサッカーの上下、パンツが秀逸です。クルーネックのシャツはヘビロテ間違いなし。






同じくRYUのガーゼのカットソー、これはえこひいきしそうです。着るとクセになります、中毒性のたかそうなひと品です。


という感じで注目アイテムをご紹介です、春本番・・というか春夏全開が待ち遠しいでしょ?

是非お試しくださいませ、お待ちしております!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はスポット参戦なブランド、






TinkersさんのJKTをご紹介。
ベテランデザイナーさんがシャツをメインに展開するブランドです。






今回はこのジャケットを、今UNITのウインドウはこれなのですが赤茶のワークJKTに白のインナーっていうのがなんとも素敵で、こういう感じイイなあと思いながら眺めてます。






ということでフレンチスタイルのワークジャケットです。






伝統的なオレンジダック、しっかり洗いがかかってて見た目よりも柔らかな質感。






裏地とのコントラストも素敵です。






ハンティングJKTをベースにワーク要素を足してそこからスッキリさせた感じ。






襟もアメリカンワークではなくヨーロッパスタイル、






ハンドウォーマー付き、好印象ですよね。






個人的には袖口が好み、内巻きのアジャスターがカッコイイ、こういう意匠を丁寧にするのは大切だなあと思います。






ちゃんとワーク、だけどシック。大人が着るためのカバーオールという匂いがしません?



これ、、、かめばかむほどですよ、ジワジワ気に入り度が上がるタイプです。着込んでヤレてきた頃がかなりカッコ良くなりそうです。

力の抜けた大人スタイルをお求めの方、是非どうぞ。間違いなくオススメです。






Tinkers cotton duck hunting work jkt ¥21,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は「実戦に強い」そんな表現が良さそうな2点をFOBからご紹介です。






先ずは RELAX SWEAT PANTS です。
打ち込みのしっかりしたスウェットはボトムに持ってくるには抜群、膝抜けしないので花見の季節にピッタリです。






オーソドックスなシルエットです、9分丈くらいかな。








前立てをつけたデザインですのでそんなにユルいイメージになりません、後ろは貼り付けのポケットでのっぺり感を回避。






裾はリブ風のデザインですが共地なのでスポーツしすぎない程良さ。






小股にガゼットがついてますので股関節も楽々、この辺りの見えない心遣いはスウェットパンツらしさをキープです。






なんというか、絶妙なところでラフになり過ぎないようにセーブ出来てるでしょ?

合わせるトップスや靴によって色んなコーディネイトに柔軟な対応をしてくれると思います、シャツと革靴でもという想像も難くないですよね。



そしてコレもオーソドックスで懐の広い雰囲気、






後染めOXのWORKJKTです。






後染めなのでブラックでもどこかしら軽やかな発色、これからの季節のコーディネイトをシックで軽やかにまとめてくれそうです。








オーソドックスな襟とシンプルなラウンドポケット、単純明快です。






背中もシンプルに、しかしミツ巻きのセンターシームがワークらしさを語りつつパッカリングの凹凸感で表情を豊かに。






さっきの写真の上着を脱いでそのまま着ました。この上下も悪くないですよね、って・・そりゃ同じブランドですもんね(笑)
色落ちしたジーンズをロールアップしてスニーカーを、、なんて普通な感じで力を抜いても良いですし、クセがない分クセのあるモノとも合わせやすいとも言えます。


この2点、縁の下の力持ち度がかなりのモノだとUNITは思います。
パンツに関しては他のカラーもあるのですが、まずはど真ん中の王道カラーを。評判次第では他の色も追加しようかなあと思っております。


是非ご試着くださいませ。






FOB FACTORY RELAX SWEAT PANTS ¥12,000+tax






FOB FACTORY WORK JKT ¥12,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

皆様3連休はいかがでした?天気も保ちましたし楽しい3日間だったのではと思われます。

ご好評いただいております、






LUNGE Adajio フェア、残り約2週間弱ありますので引き続き宜しくお願いします、ホントに良い靴です。

そして今日の自らの出で立ちを鏡越しに見て、「ここ数年でこのパターン増えたよな〜」って思った、






ネイビーボトムとその他黒の2トーン(少し白を差してますが)。
自分が服を着る場合基本的には3トーン以内になる癖がついてまして、いつもまあまあ地味(笑)。
そしてよくやってそうでやってなかったのがこの黒と紺のコーディネイト、皆さんにはオススメしてたのですが自分ではあまりしてませんでした、どちらもよく選ぶ色なのですがそれをベースに違う色と合わせるパターンが多くて。でも元々すきなパターンだったんですよね、例えば・・・・街で見かける女の子がチャコールのメルトンコートに同色のタートルネックのニット・ネイビーのボックスプリーツの膝丈スカートに黒のブーツ、、なんてコーディネイトの時はついつい見とれてしまいます、それで髪がボブならめちゃ好み(笑)、レディースやってた頃もそういうアウトフィットを組むことが多かったです。

何故自分で合わせなかったのかが最早謎なのですが(笑)、この2年ほどはそれで落ち着いてます。冬もモチロンですが夏も黒いTシャツにネイビーのボトムで白のスリッポン、なんてパターンが基本。その時々の気候にあわせて間の色をどこに使うかを楽しむと、この「黒×紺」というのは結構楽しい。






ライトグレーを1箇所に絞って、でも面積は大きめ。






王道な感じでしょ?夏場の基本になりそう。誰も嫌な気のしない好感度の高いコーディネイトだと思います。






個人的に最近好きなのがこの「オリーブ×白のトップス+ネイビーのボトム×黒靴」というパターン。白い靴を履く時は白のインナーをグレーに変えてバランスとったりしてます。茶靴を履く時はネイビーの濃さに応じて白とグレーを考える、、そんな遊び方。

自分ルールみたいなのが出来ると、この黒×紺を軸にしたコーディネイトはホントに有用です。皆さんも自分の心地よいポイントを探してみてください。


あ。






一昨日にミッドナイト念仏in御忌のフライヤーを持ってきた総本山のお坊さんも黒紺でした(笑)



冬も服を着るのが楽しい季節ですが、春の楽しさは開放感がありますよね。

楽しみましょう、お手伝いしますよ。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×