UNIT

こんにちは。

先日自宅内でお気に入りのメガネを失い、落ち込んでおりますUNITです笑
先輩友人諸兄は皆口を揃えて「酔っ払ってATMにでも置いてきたのだろう」というのですが、ぼくはコンビニATMをほぼ使いませんし、使う時にメガネなしでは不可能笑、さらにマンション2階の階段を登って部屋に入り小さなデジタル時計を確認してからソファで転寝した記憶があります。メガネ無しではありえない記憶。。。部屋、変なのかな??、2ヶ月ほど止まっていたクオーツの掛け時計も一昨日急に動き出したし。

一昨日は銀行のATMに携帯を置き忘れ、危うくバスに乗る20秒前に気づき・・一応セーフ笑。そのあとパン屋で460円分買い、1060円出したらお姉さんが「丁度いただきます」と言い放ち、ん?って顔したら、は?って顔をされ、、お釣りもらえないんですか?って聞いたら、へ?って感じで。。笑、600円くれたのですが、最後まで謝ってくれませんでした(別に求めてるわけではないのだけれど)笑

ちょっと、、ぼくの帯びてる空気のバランスがくずれてるのでしょうかね笑



そんなおじさんのさえない話はこの辺でやめにして、本日は何の日でしょう?

はい、今年の中秋の名月です。

ということで本日の枝葉末節、名月にちなみまして、






The SUNDAYS static&silence です。
静止と静寂、、静かすぎます。タイトル通り穏やかな曲のオンパレード、しかしながら心が動かされるものばかり。個人的にサンデーズがリリースした3枚のアルバムは全て間違いないと思っているのですが、中でも特にこのアルバムは捨て曲が見当たらない。
1997年の作品で、ボクら世代の音楽好きな人は耳に残っているはずです。同い年のMARINEDAY H氏も好きだったはず。

彼らは1990年にデビューしたイギリスフォークをベースにしたバンド、THE SMITHS’S childrenなんて言われてました、この頃のバンドはスミスの影響を少なからず受けていたでしょうね。ラフトレードというレーベルに在籍していたのですが、経営難でEMIに移籍、この辺りの頃は米国だとエレクトラからEMIに移籍するパターンも多く、結構中堅レーベルが頑張って良いものを作ろうとして挫折してたのですよね、、、若い頃は単純にその儚さをカッコイイなんて思ってましたが、おじさんになると胸が痛い。。。笑

とはいえ彼らもこのアルバムを最後に解散、続いてたらどうなっていたのでしょうね。

しかしながら楽曲は色褪せない。

このアルバム、夜にぼんやり聴きたくなります。春夏秋冬どの夜に聴いてもそれぞれにスッと溶け込んでくれるような、でも、、やはり夏の終わりか初秋がジャストシーズンなのかなあ。。晩夏のキャンプの肌寒い夜に火を焚きながらとか、最高なんだけどな〜、キャンプ行きたい。。

ということで、イントロ後の歌い出しで鷲掴みされる、もっとも好きな曲が






“GONE”これ、ボーナストラックなのですが。






ゆったり聴けるのが”LEAVE THIS CITY”






じんわり、だけど心揺さぶられるのが”CRY”

ボクの好みで行くとこの3曲をチョイス、他のレヴューだと違いますが笑

もちろん他の曲も素晴らしい。ボク、いつも好きになる曲って大体アルバム前半に多いのですが、このアルバムは後半で盛り上がる少ないパターンの1つ。他のそのパターンを思い浮かべると、、、なんだか自分の傾向がわかるような、今気づきました笑

ということで、ぜひ秋の夜長のお供にお聴きくださいませ、ジワ〜っと満たされますよ。

さあ、今日も大阪で展示会に行ってきます。電車で聴こ〜笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はweac.さんから2つ。






まずは KURUMICHAN SHIRT です各シーズン毎にリリースされているこのモデル、楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。ボタンを共地にすることで全体の統一感が出てググッと引き締まります。






小ぶりな襟もすっきり感を追加してますね、インナーにするにもこの感じは本当に使いやすい。






後見頃のセンターでハギをとってますので、縫い目分の自由度がアップしますので、すっきりシルエットなのに動きやすいのです。






こんな感じです、シックにもアメカジライクにも着られそうな雰囲気。冬の着こなしの助けになるシャツです。

次は同じネルでも起毛して雰囲気ももっと緩やかなシャツ、






BIG MAN です。
ビッグシルエットのシャツはふわりと羽織るだけで雰囲気が出る、パンツの太さも意外に選ばない。
見た目よりもしっかり打ち込まれたネル地なので着た時の安心感も良いのです。






ノーカラーで自由度の高いコーディネイトができます、シャツより短い丈のアウターも無論ですし、同じくらいのを上から重ねてドレープ感が出ても良いし。






裾は後ろが長め、シンプルなラウンドヘムです。
途中までの前立ては1940年代あたりのワークシャツに見られるディティール、今のように出して着ることがなかった時代、途中までの方がズボンの中ゴワゴワしなかったのでしょうね。でもワークシャツだから体を動かす時にあわせの部分が破れたりしないように前立てを付けて。






ゆる〜い空気が素敵でしょ?個人的にはもっと太いパンツをあわせたくなります。冬はこの上にミドルゲージ以上のカーディガンを着て、シンプルなハーフコートとかを合わせたい、そんな気分です。

という感じで、着るとクセになりそうな2つです、是非お試しくださいませ!!






weac. KURUMICHAN SHIRT ¥12,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)






weac. BIG MAN ¥15,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

丸1日、きっちり雨でしたね、、しかしながらお越しいただいた皆様有難うございました!
ブログをご覧になってとか・出張前にとか、有難うございます。そういえば、、、昨日ふらりとお見えの白髪の紳士が奥様のことをワイフとおっしゃってたのが良かったな〜、憧れちゃいます笑

こんな雨の日はうちの環境的に写真がとりづらいので、今朝は少し模様替えを








秋冬度がアップしてますよ。
それをしながら「あ、これ今日にちょうど良いぞ。。」と思ったのが、






FRENCH MILITARY TRAINER でした。






これ、コーデュラナイロン製なのです。それにテフロン加工を施してますので撥水性が高いのです、自ずと汚れにも強い。






シンプルな中にも主張のあるなんとも言えないデザイン、シンプルにかっこいいです。








はき心地も軽快、テープも黒で真っ黒だけどソールは飴色というのもポイントが高いです。






足首は程よくパッドが入ってます、デザイン的にも良いですよね。

冬のコーディネイトをグッと引き締めてくれそうなスニーカーです、お早めに!






FRENCH MILITARY TRAINER ¥12,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はMARINEDAYを3つアップしています。

良いですよ、今回の素材は






クロコのエンボスレザーです。
落ち着いた雰囲気が良いでしょ?、エンボスなので気軽さも伴っててそれも良い感じ。






MARINEDAY FFL ¥28,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

MARINEDAY定番のスタイルをクロコで、エイジング後が楽しみです。使い込んで自分の形に柔らかくなったらかっこよくなりそうです。







MARINEDAY FLAT CROCO ¥8,600+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

UNITには欠かせない商品FLAT4のクロコバージョン、いつもと少し違う雰囲気です。加工皮革なのにお値段据え置き、素晴らしい。






MARINEDAY AGE CROCO ¥5,900+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

同じく定番のカードケースとしても使える小型の財布、長財布と揃えたくなりますね。

という感じで3つアップしております、是非是非店頭・通販ページでご覧くださいませ。

宜しくお願い申し上げます!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






今週もパラパラと展示会へ。来春の準備ですが、店頭は冬に向かって進んでおります。









UNIT-オンラインショップ(クレジット決済可)
とりあえず、本日ニューアイテムを13品ほどアップしてます、詳細まだ書き込めてないものが多いので、ブログでのご説明と共に進めていきますね。
こんな感じで入荷してます、明日明後日ゆっくりお越しくださいませ。

お待ちしております!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

ここ2日ほどは暑いですね。冷えて〜、寒くなれ〜!!(笑)






現在のウインドウ、東田バージョンです。






こ予約もお受けしてますので是非、宜しくお願いします。

“東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto”
日時:2017.10.20(fri)
会場:studio37 京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448-17 TEL 075-256-4037
出演:東田トモヒロ
FOOD:森林食堂(カレー)
時間:open19:00 / start20:00
料金: ¥2,000+1drink
お問い合わせ:UNIT TEL 075-241-2832 / MEIL unit.kyoto@gmail.com


そして本日商談がありまして、、






こんな素敵なポストカードがやってきます、イギリス好きには楽しい絵ばかり。
どんな方が描いてるのかをお知りになりたい方は、このインスタグラムをご覧くださいませ。楽しみ。

そして本日アップした商品はこちら。






Kepani Long Sleeve T ¥7,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)






Kepani Sunset-Ⅱ ¥17,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)






ARAN BELT PANTS ¥17,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

因みに本日のボクも、






以前バージョンのベルトパンツです、すっきりはけて主張もある、本当に素敵なパンツです。

ということで、存外に盛りだくさんな内容の本日でした。

宜しくお願い申し上げます

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はマリーンデイさんから2型、






撥水加工コットンナイロンのツイルを使った、ミリタリー調のバッグです。ジッパーもウォータープルーフを使ってて、使い勝手と共に見た目のスッキリ感も狙っている、というわけです。
フライトジャケットやバッグ類、元々ナイロンツイルは米海軍のパイロットには多様されている素材。それを街で使うのにもう少し力を抜いて上品にした感じ、コットン68%・ナイロン32%の混率です。

まずはズバリな感じの、






MARINEDAY FLIHGT
ヘルメットバッグですね、ガチガチの”らしさ”を取り去り、少し柔らかい雰囲気に。






これはひっくり返した写真です。
内張りは11号帆布、安心ですね。両脇にポケットが付いておりまして、






珍しい配置、しかしながらなかなか使いやすそうですよ。持った時に体にあたるところを干渉しないので結構合理的。








男臭くもなく・アメカジ的でもない、ちょっとヨーロッパな匂いもしなくはない。
あっさり目のミリタリーって良いですね。

もう一つ。同様のアプローチの、








MARINEDAY SLOWRIDE
トートバッグ。ダッフルバッグと言っても良いかも知れません。
上のFLIGHTと基本的なディティールはおなじですが、







こちらの場合はレザーのグリップがあしらわれてます。








メインもポケットも単純明快、中の使い方は自分次第。このサイズならばその方が良いですよね。
このサイズってどのサイズ?、とお思いですよね。








こんな特大サイズ。
しかし全体のクリーンなイメージのおかげでうっとおしくない、素材も柔らかいので圧迫感なく使えます。

車で荷物が多い時とかにも良さそうですね、旅行もありかな〜。
本日の読者にスタイリストのかたがいらっしゃったら特におすすめです(笑)


この2つ、個人的にもかなりグッときてます。大きい鞄ってかっこいいのよな〜、どうしよっかな〜、、、、笑

皆様もお早めにです。






MARINEDAY FLIGHT ¥8,900+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)





MARINEDAY SLOWSIDE ¥12,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は久々に定点観測。
じわじわと入荷も続いております、ニット類もぼちぼち到着しております。
さらに今季はバッグ類もいつも以上に充実です、是非ご覧くださいませ。






ウインドウはこんな感じ。ミリタリーを都会的に、そんなイメージでしょうか。






次第に冬に近づいていきますね、MARINEDAYのバッグも豊富ですよ。






センターのテーブルはほぼブラック・グレー・ホワイト、シンプルで良いです。






alk phenix、じわじわ人気上昇中。






NUNCも補充出来てます、是非ご覧ください。





定番チノコーナーもしっかりストックしております。そういえば定番チノトラウザーと合わせてスーツに出来るPt.Alfred SUPER-CHINO 3B JKT、今季の金土日はほぼコレを着用しております。






せっかくなので、その毎日のちょっとした違いなどを毎回instagramにアップするようにしております。因みに今日はコレ、ニットキャップとチーフをグレーで揃えたりしてます。ぜひご覧くださいね。
スーツ以外のコーディネイトもアップするようにしてます。ボクの場合、それ程バチバチのオシャレさんな服装をしませんので、参考にして頂きやすいかもしれません(笑)

諸々、よろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は終日しっとりと降っておりました、こういう雨は久しぶりかも。

ゆったりかと思いきや意外にパタパタしておりました。そんな中、






FREDRIK PACKERSの補充も到着、






新作も順次ご紹介しますので、乞うご期待でございます。


そして本日は告知を2つ、まずは、








“東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto”
日時:2017.10.20(fri)
会場:studio37 京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448-17 TEL 075-256-4037
出演:東田トモヒロ
FOOD:森林食堂(カレー)
時間:open19:00 / start20:00
料金: ¥2,000+1drink
お問い合わせ:UNIT TEL 075-241-2832 / MEIL unit.kyoto@gmail.com


久々の京都です、ボクがライブを預かるのは2年ぶり、楽しみです。ご予約も承っておりますので是非ご連絡くださいませ!
良い時間になると思います、良い音楽と美味しいお酒とカレー、間違いないですね。






去年リリースの”FREEDOM”、






今年リリースの”ひだまり”、なんだか良い雰囲気なのでこの動画をお借りしました。


そしてその前に、ボクは松阪に出張ります。






Marter Autumn Tour 2017
10/11(水)の松阪 Hanky Doryさんのライブで出張出店です。
詳しくはコチラをご覧くださいませ。

松阪の皆様、よろしくお願い申し上げます!先輩のお店で好きなマーテルのライブに、、良いロケーションです。


MARTER
山内将輝 (アーティスト名 Yamauchi / Marter )
作詞・作曲、アレンジ、プロデュース、ヴォーカル、演奏全てを自身で手がけるアーティスト。
東京生まれ。
13歳からL.Aに移住。高校時代にベースの虜になり音楽の道に進むことを決心する。
高校卒業後、バークリー音楽大学に進学。主にベース、作曲インプロビゼーションを学び数々のバンドで実演経験を積む。
大学卒業後ロンドンに渡り、数々のバンドから加入のオファーを受けるも
日本に帰国。帰国後はジャムバンドPOSHを結成し先鋭ミュージシャンの間で話題になる。
POSH解散後、CUBASEによる自宅録音で2002年に『樹海』『月の出汐』をリリース。
メディア/国内外のミュージシャンから絶賛される。
また2001年remix誌ベストニューカマーの一人に選ばれ【sonarsound tokyo2002】にライブ出演する。
日本人離れしたソウルフルなヴォーカル、生で演奏されるグルーヴ感のあるライブは評判が高い。
2005年6月に待望の2ndアルバム『Preferable Reality』を完成させ、ロンドン/ベルリンを拠点にヨーロッパツアーへ。

世界最大のエレクトロニックミュージックフェスティヴァル
【sonar 2005】(スペイン・バルセロナ)に正式招待されライブを敢行。
mixmaster morris, rei harakamiをはじめとする国内外のアーティストから高い評価を得る。

また、音楽を始めると同じ頃に、目に見えないが存在する力に興味を持ち始め
ヨガ・太極拳・右脳開発法を学び始める。
音楽演奏を通して “zone”に入る神秘体験をする。
『重要なことは自分の直感を信じて自分の中から真実を探すこと。』
音楽を通して、新しい時代に向けてスピリチュアルメッセージを発信し続ける

↑HPからお借りしました。
彼の良さ、聴けば良さがわかります、まずは







“Won’t You Come Back” 最新作ですね。






ファンの間でおそらくもっとも人気なのがこの”When I’m with you”

モチロン京都から参戦も期待してますので、是非お越しくださいね!

以上、宜しくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんにちは。






昨日も大阪行脚でした、これは合同展のエントランス。ちなみにこのカフェエデニコの浜さん、カッコイイのです。
先週は空き時間にバベルの塔展にフラリでしたが、そんな感じで水曜に大阪行くと夜に先輩友人と合流して色々話しながら食事して、というのが結構良いリフレッシュになるのです。転じて昨日は京都で所用のとんぼ返り。最近、休みの日に京都にいないなあ、、いつもの日中は店の中だし・・・結構京都を体感してないのかも(笑)

そんなこともまあ枝葉末節なことなのですが、本日の枝葉末節。これを始めてから最初の音楽話です。






これですね。まず奥のアルバムが今月発表のNEIL YOUNGの新作、ん?新作??、新作は新作なのですが1976年当時の未発表音源のリマスターです、ボクが2歳の頃です。ニールヤングに出会うにはここから10数年かかるのですが、今となっては欠かせない存在です。もちろん存知の方が多いわけですが、、この人の説明って難しいくないです?無茶苦茶ですもんね。。。ジャンルはニールヤング、そういう風にしか言えないような、その時代・そのタイミングで内容バラバラですし。でもやはりアコギをかき鳴らしてハーモニカ吹いてる姿が印象的、というか彼の説明なんてボクが今更する必要もないですよね。敢えて彼の代表作を挙げるとなると、






この2枚と言えば概ねファンの皆さんも納得なのではと思います。
ボクも定期的に聴きたくなる、本当に色褪せない曲ばかりだと思います。しかし個人的にはコレが好きなニールヤングの感じ↓




厳密にはソロ名義ではなく”クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング”時代のリリースですが、この曲を奏でているときの彼がしっくり来ます、理由はありませんが、なんとなく。

といいつつここからが本題。
ニールヤング師匠を前フリに使うのは忍びないのですが(笑)、、2つ目の写真、手前のアルバムはk.d.langがカナダ人の曲をカバーしたアルバムです。この中にニールヤングのある意味幻の名曲”Helpless”が入ってるのですが、、ボク、ニールさんのより彼女が歌ってる方が好きなんです。





もちろんニールさんのも当たり前に良いのですが、彼女が歌うと曲がさらに豊かな表情になるんですよね。この動画もよいのですが、大きめの音で部屋で一人でアルバムを聞くと、、染み込んでくるのです。
この曲はニールヤングが少年時代に過ごした故郷に思いを募らせ、色んなモノが自分を通り過ぎて行くことに無力感を覚える、そんな内容。それをk.d.langが歌うことによって柔らかく深みが増すような気がします、ずっと同性愛で苦しんでいた彼女だからこその表現力なのかもしれません。
ウイスキーを飲んだ一口目、舌の傍から喉を越え、胃にたどり着くときに両脇までじわっと温まる、、それに似た染み渡り方をするのです。

なんだそれ(笑)

しかし、、カナダは素敵なミュージシャンが多い。ボクの好みにしっくりくるだけのことなのかもですが、、国や人の環境がそうなのかもしれませんね。マウンテンバイクのメッカでもありますし、、行きたいなあ、、。

ということで枝葉末節らしく落ちも〆もないまま、本日はこれまで(笑)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×