UNIT

こんばんは。

自転車通勤あるあるだと思うのですが、信号の具合で選ぶルートが変わったりしますよね。






今朝は本当に久々の御所。外周は毎日のように通過してるのですが、中は久々だな〜。
幕末が好きな他府県の人に「オレ、毎日蛤御門の前通って出勤してるんだぜ〜」とか言うと、羨ましがられるのでしょうか笑
京都市民は皆”御所”と言ってるのですが、正確には御所は天皇のおわしましたところを指し、我々が公園として使ってるスペースは”京都御苑”が正式名称。まあ・・御所でいいのですが笑

そんな御所、今出川通・烏丸通・丸太町通と大きな道に三方を囲まれて、外側は結構煩雑。東の寺町通が比較的ゆっくりなのですが、それでも車がバンバン通ります。






でもよく見ると、こんな感じで側道があるのです。丁度清和院門から寺町御門の間なのですが、この小径がぼんやりしてて心地よい。なので日のあるうちに寺町側を通る時はこっちを選んでちょっとゆっくり進みます。車は全く通れないサイズだし、なんで舗装までしてるんでしょね、ちょっと調べてみよ。

とまあ、梅雨が終わるのはまだ先ですが、午前中に自転車で流すのが気持ちの良い季節。
ということで半ズボンのご紹介、無理やりですね笑








ARAN MCP SHORTS
本日はコレです、先日のBETTERのショーツに続いてコーディロイです。






コーディロイって冬のイメージが強いと思うのですが、実は夏もイイのです。実際昔の西海岸の若者はコーディロイのリーバイスが定番でした、通気性が良くてドライタッチなので本当は夏向き。のっぺりしがちな夏のコーディネイトに生地のボリューム感が追加されるので、そういう意味でも有用なのです。








しっかりミリタリーのデザイン、コーディロイの生地感と相まって存在感があります。






前後のポケットのバランスがイイですね。






前は2枚仕立て、丁度良いボリュームになるように立ちすぎないマチがついてます。後ろはスッキリ。








ジッパーはユニバーサルのオートマチック、タタキのドットボタン、ちょっとしたことですがこういうところもミリタリー感が。






ショーツに相性の良いBETTER S/S CREW NECK T-SHIRTと、身幅がちょっとゆとり有りなのでバランスがイイのです。MCPショーツもコーディロイのおかげでミリタリーのアクが柔らかくなってますので、上品な面持ち。シャツを合わせるのも良さそうです。長袖や7分のTシャツもイイなあ。。。






そしてコーディロイはこんな感じでパッカリングがバチっと出るのも素敵です、細かいところですが全体のイメージに影響するところ。

やはりアランさんの洋服はイイなあと、ぼんやり思います。ぼんやり思いつくということは逆に確かなことだったり。

UNITのおすすめブランドのおすすめショーツです。






ARAN MCP SHORTS ¥16,000+tax
通販ページはコチラ


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






6/23(日)開催のFit Insoleさんの受注会、ご質問くだいました皆様、ありがとうございます。 気に入って買ったのに履きづらくて仕舞いっぱなしになってるとか・我慢してはいてるとか、悲しいですよね。そしてランニングをもっと快適に、そういう方ももちろんいらっしゃることだと思います。ぼくの場合は、、、登山靴の疲れを減らしたいとか、下の負担を減らしたいとか、そういう感じですね。

1セット作って、何足か入れ替えたりも出来ることでしょうし、ぜひこの機会に!

ということで23日までまだ少々アイドリング期間がありますので、こんな感じですよ〜というサンプルを持ってきてもらいました。






とりあえず5サイズあります、ちょっとお試しでも何でも、お気軽にお声がけください。






こんな感じで計測しますというサンプルも。






ご案内もご用意しております。

実際自分でオーダーソールを使ってみて、楽になったり・距離が伸びたり・速くなったり、インソールって重要なのだなあと改めて思いました。

是非是非お待ちしておりますね!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はしっとり雨な1日ですね。
オープンしてすぐ、久々来店の友人が「これかけて〜」と






入ってすぐのトコに並べてるレアちゃんのアルバムを手に取ったので、それから今日はずっと流してるのですが、雨の日もイイです。その時の気分でしっとり聴こえたり、さらっと風が吹くようだったり、ナチュラルな歌声の弾き語りって趣深いです。レアちゃんもまさにそれ、これから来る蒸し暑い真夏のオアシスにも良いですよ。彼女のHPから動画サンプル音源も視聴可能です、お気に召しましたらUNITでお買い上げくださいませ。ダウンロードしかないものはアレですが、やはりアナログでもCDでも、それを機材に乗せるというのは気分がスイッチして良いものです。

気分がスウィッチすると言えば、、、あ、スイッチかスウィッチか、カタカナ表記は難しいですね・・・と言えば笑、洋服もそうです。前回は”オールラウンダーだよ〜!”ということを言ってましたが、、ある意味今日もそうなのですが、守備範囲が広くて気分も切り替えられるコレ。






Pt.Alfred CHINO CLOTH SUITS
ラフにも使えますが、やはりJKTを羽織るとある程度姿勢を美しく保てるのでスッとした気分にスイッチできます。今くらいなら、外を歩く時は脱いで・室内や夜に着て、という感じですかね。
前回の1stARMY同様、気になる方がシーズン関係なく続く商品。ぼくも本日着用です、スニーカーの時は白いTシャツ・革靴系の時はグレーのTシャツが多いかもです。

という感じでPt.Alfredさんのスーパーチノシリーズは、基本的には春夏秋冬使える通年アイテム。






CHINO CLOTH 3B JKTももちろんそういうスタンスではありますが、やはり夏は厳しいですよね。なので3シーズンアイテムのようはな立ち位置。そうなると夏でも着られるモノがあればと思うところですよね。それがこちら、






VENTILE 3B JKTです。こちらの場合はチノとは逆、春から秋の3シーズンアイテムという方向性で使えます。

根本的なデザインは共通なのですが、チノは3パッチ・ベンタイルは2パッチのポケットなので、胸ポケットの形状がそれぞれ変わります(分かりづらければ拡大してみてください笑)。チノはアウトポケット・ベンタイルは箱ポケット、ベンタイルの方が少〜しだけドレス寄りな雰囲気。確かに、生地が薄くなるのでその方が相性いいなあと思います。






色目も変わります、ベンタイルの方がワントーン軽くてつや消しのような発色。






もちろんパンツもあります、ノープリーツの細い方(写真はこちら)と太い方の両方でご用意できます。

この立ち位置のコットンスーツというのは本当に有難い、実際年中お問い合わせのある商品です。


ボクの私物含め、一通りお店に常駐しておりますので、是非是非ご相談くださいませ。

やはり基本は大切だな、、、という2連続でした!






Pt.Alfred CHINO CLOTH & VENTILE 3BJKT ¥37,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分


6/23sunはFit Insoleさんの受注会です、皆様お誘い合わせの上是非是非お越しくださいませ!!

こんばんは。
梅雨の気配が着々と、という感じに。皆様いかがお過ごしでしょうか?、夜は冷え込みますよね、体調崩しやすい時分ですのでお気をつけくださいませ。

先週の木曜日、閉店後に急いで大阪へ。






ビルボードライブ大阪で高野寛さんの30周年ライブツアーの最終日がありました、ビルボードは遅めスタートで2ステージありますので、21時スタートの2ndステージだと京都からでもちょい遅れくらいですべりこめるので助かります。
高校の頃から好きな高野さんの30周年を見られるのは感慨深いモノがありました、セットリストを見て、これが今の高野さん的ベストなのかな〜とか思ったり笑
さらに今回は高野さんがよくセッションしているミュージシャンがたっぷり、おおはたくんを始め畠山美由紀さん・坂本美雨ちゃんがそれぞれの曲を高野さんと、もちろんメインは高野さんの曲を皆で、なんというか・・・いつも通りでスペシャルなライブでした。楽しかったな〜笑

高野さんとおおはたくんは、ボクの日常に欠かせない存在。そしてUNITでも音源をお預かりしてる東田くんレアちゃんと、カナダや英米・ブラジルの好きな人達の音楽がボクの日常のベーシック。結構飾りっ気のない人達が多いかなあ〜と思います。

そうやって考えると・・・UNITの基本中の基本って、ちょっと近いかも(と勝手に寄せてみる笑)。 飾り気がない分飽きがこなくて、上質で安定感があるので心地よくって、それだけでも満足だし他と合わせるにもちゃんと機能してくれる。

その2トップといえば、、、






BETTER MID WEIGHT CREW NECK S/S T-SHIRTPt.Alfred 1st ARMY PANTS、今はお休み中ですがこの写真のような黒のフルブローグをはいて(もちろん黒スニーカーとかも)。ボクは困った時にココに逃げます、誰も不快に思わないであろう駆け込み寺的コーデ笑。シャツでもコートでも・はたまたフードパーカーでも、これに追加すればOKだと思ってます。

BETTERのミッドウェイトは半袖〜長袖で、Pt.Alfredも皆様ご存知の通り通年定番。Tシャツが今売れるのは無論なのですが、このところPt.Alfredのチノの中でも1st ARMYがよく出ています。ボクの布教の賜物なのか、、いや、お師匠の人気か笑
この品番は、UNITのラインナップ的にはいわゆる”太い方”と言ってる型です。このチノは絶妙なオンスと素材感で年中バッチリ使えます。特に太い方は夏でもぴったりしない分快適なので、ショートパンツやGパン、イージー系よりも崩れないコーディネイトを求められる時にも良いのです。






腰回りにしっかりボリュームがあり、裾にかけて素直にテーパード。トップスの強弱を問いませんし、シャツや靴との相性も全体通して卒なくこなせます。ゆるめのシルエットは単純にはきやすいですよね。






このスーパーチノは本当に素晴らしい、弾力のある織りなのでストレスが少ない。









ディティールも丁度良い。非常にシンプルなのですが、次第に表情豊かになるパッカリング・素材のの経年変化も楽しみですし・ステッチワークもシンプルで壊れにくい。







ネイビー・ベージュ・チャコール・オリーブ、安心の4色です。ボクはとくにチャコールをはくことが多いかもしれません、はいてると結構褒められます笑。色・素材・形のバランスが、ありそうに見えて実は他にあまり無いのかも知れません。

シーズン最盛期に、こういう基本のアイテムが動くのは嬉しいです。

やはり飽きないというのは正義だ笑

皆様も是非。






Pt.Alfred 1st ARMY PANTS ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。


一昨日の定休日は久々に丸一日お休みでしたので、友人と晩御飯の前に京都国立博物館の”国宝一遍聖絵と時宗の名宝”へ。平日お休みの利点ですね、ゆったり展示を見られるのは。
色々と本物を見られて楽しかったです、中世をメインとする大きな展示ってそれ程多くはないのでとても興味深いモノでした。この時代あたりから男性も仮名を使い始めたり、そんな感じの知識として分かってたコトを本物で再認識できるのは、グッときますね。
教科書に載っている”洛中洛外図屏風”もありました、一見の価値ありですね。

明後日8日(日)までですので、ご興味湧いた方がいらっしゃいましたら是非。

ボク、博物館や美術館とかに行く時は結構革靴やそれに準ずるモノをはいてます、同じ姿勢で立つ事が多いじゃないですか、スニーカーよりも硬さがある分安定して楽なのですよね。そんなレザーシューズの中でもイギリス靴のようにハードなモノはそのままでも良かったりするのですが、ラバーソールを使用したモノなどはちょっと柔らかめ。スニーカー的なはき心地なのが利点でもあるのですが、もう少しカチッと固めて欲しい、、、ということで、






そんな系統のこの靴はインソールを変更しております。

このインソール、






型をとってもらって、








あーでもないこーでもないを聞いてもらって、






バッチリ仕上がったものなのです。

歳をとる毎にやはり足の筋肉も劣化してきておりまして笑、元々扁平足なのがよりひどくなりアーチが減ってきてまして、、、そうなるとインソールで強制?矯正??して楽な方向に誘ってもらうととても快適。
そんなダメ足のボクの場合、登山靴もインソールの変更は必須なので、もちろん歩くための靴はほとんどそうしております。

そんな感じで、ランニングシューズ・普段履き・革靴・登山靴、、、皆様お悩みの方も多いのではないだろうか??ということで、6/23(日)、FIT INSOLEさんの受注会を開催いたします。






気づけばかれこれ10年来の自転車仲間の健太くん、素晴らしい健脚も持ち主でもあります。元々スポーツ選手でもありますので足(脚?)の大切さもよく知る人。
安心してお任せくださいませ、好きな靴が更にお気に入りになる事だと思います。

ぼくも追加しようかな、、、。

開催まで2週間ほどありますので、何かご質問等があればお気軽にお問い合わせくださいませ! サンプル的なモノもそれまでにご用意して頂けるかもしれませんので。

皆様お誘い合わせの上、是非是非お越しくださいませ。心よりお待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日くらいからようやく夜中に目が覚めず寝られるようになりました。
例の肉離れ、患部はもちろんまだ治っていないのですが普通に歩く分には突っ張るくらいでもう問題無し、運動はまだ先ですが。しかし鬱血が下垂して痛がゆかったり、周囲が疲労したりで、睡眠に入るとだるくて寝付けなくて途中で目が覚めたり。足ツボマッサージを踏んでスッキリするとまた寝られるという感じが続いてたのですが、ようやくそれもマシになりました。
たまに怪我すると色々わかりますね、学生の頃はこんなことにはならなかった、やはりこういうキッカケがあるとおっさんを自覚できます笑

そんなことより本日の商品です。








BETTER HEAVY OZ SHORTS
シンプルなデザインのショートパンツです、シーズン通して飽きずにはけるショーツはやはりこういう感じ。そんなシンプルなショーツ、ペラペラな素材だと少し物足りない気がしなくもないのですが、






ヘビーオンスのムラ糸チノと






コーディロイ。しっかりしたボリュームなので頼りなさがありません。










膝丈で程々の太さ、トップス・履物を選びませんね。ショートパンツはトップスとのボリューム感のつながり方が大切ですので、ぴたぴたよりもゆとりがある方がバランスがイイ。






シンプルに斜めポケット、






右側にコインポケット。






後ろは片玉縁のポケット、右はドットボタン付き。






ウエストはドローコードとゴムです、しっかりしてるので紐は使わなくても良いくらいの安定感。






先日ご紹介しましたFOB H/S PULLOVER SHIRTとチノを合わせてみました。良い組み合わせ、ゆるい空気感ですが素材のハリコシが見えて清潔感があると思います。






グリーンのコーディロイを定番BETTER MID WEIGHT CREW NECK S/S T-SHIRTと。同じブランドなので無論合うのですが、シンプル+シンプルでもそんなに油断のない仕上がり、Tシャツの質感とコーディロイの相性もよろしいです。


これが本格的に大活躍する頃には、ボクのふくらはぎも治ってるはず笑

夏が待ちどしいですね。






BETTER HEAVY OZ SHORTS ¥14,800+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日も今週の定休日で神戸に居た話をしておりましたが、仕事と共にもう1つ目的がありまして。元町の本屋さんに伺いたくて。
“1003”というお名前のインディペンデント系の古本屋さん、ビールやコーヒーも提供していただける(人見知りなので頼めませんでしたが笑)2階の小さなお店、UNITと同じくらいの広さでしょうか。
そちらで予めお願いしてた本がコレ↓



襟巻編集室”よむ処方箋01 失恋”
失恋は水辺が似合います笑
コレを入手するのが今回の目的でした。愛媛の襟巻編集室から春に出版されたリトルプレス、友人が装丁のデザインをしたこともあって早く入手したかったのですが、2ヶ月経てようやく。

“わたしを空腹にしないほうがいい”のくどうれいんさんを皮切りにDJミズモトアキラさんの失恋ソング選曲まで、”失恋”ときくと湿度が高いように思われそうですが笑、風通し良くさらりと楽しめます。ボクもかなりiお気に入り。

失恋って、、どうなんでしょね、皆に経験のあることなのでしょうか。ボクの友人の中に高校時代からお付き合いをして結婚というパターンも何組かありますが、ある意味失恋を経験していないかも知れませんよね、端から”失恋”というモノに失恋していると言えなくもない笑。

意中の男女に対してでなくても、憧れのミュージシャンや選手・お店や旅先の街にも失恋したり。
この世にもういない人の日記を見て恋をする、なんて小説もあったような。
あの失恋があったからこそ今がある・思い返すとあれは失恋だったと気づく、そんなことも。

大人になって「この歳でしつれんなんて・・」と思う方も、過去のそれを思い返して何か気づくこともあったり。失恋という心の電気信号は中々侮れないモノがありますよ笑

折角なのでUNITでもお取り扱いさせていただきました。長野の栞日さんや東京の本屋B&Bさんなど、全国の素敵な本屋さんで並んでます。


夜の窓辺は過ごしやすい季節です、好きなお酒やコーヒーを片手にいかがでしょ。


失恋か〜、どんなのだったっけ笑






襟巻編集室”よむ処方箋01 失恋” ¥1,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんはんは。


水曜日は神戸に出向いておりまして、少し余裕があったので久々にメリケンパークにいってコーヒー買ってボーっと。
京都の川も良いですが、すぐそばに海があるのは羨ましいです。瀬戸内海で穏やかですし、神戸も横浜も海のある都会というのがカッコイイ、ボクが子供の頃から知ってる海岸は東シナ海の島だったので結構ダイナミックな波と漁船オンリー笑。
海は音楽や小説や映画なんかの舞台になりやすいわけですし、やはり人の心をいろんな形で包み込んでくれるんでしょうね。生活的には山の方が近しいのですが、山だと内容が絞られるような、、死と隣り合わせかハイキングヤッホーみないな笑

さて本日はシャツのご紹介、シャツなのですがTシャツ的な感覚で着られる軽快さと着心地です。






FOB FACTORY H/S PULLOVER SHIRTです。
涼しげでイイでしょ??、ふわっとしたシルエットですのでエアリーな感じです。






こうやって置き撮りするとゆったりしたカタチだとお分かり頂けると思います。






襟ぐりも余裕をもって、トップボタンまで閉めても窮屈さはありません。






ボタンは小ぶりなウッドボタン、手になじみもよく自然な風合いが生地に合ってます。






その生地も着やすさの理由です。もちろん薄い素材なのですがそれほど透け感もなく安心、何よりストレッチなので着心地も柔らかい。そういう意味でもTシャツっぽく着られるわけです。コットンにポリウレタンが3%混ざってるのですが、見た目は全く化繊を感じさせません、そういう意味でも本当に優秀な生地。






オフショルダーです、このギミックはそっとやってて匂いを感じられますので、これ見よがしじゃ無いものが好きなUNITとしては大歓迎。夏のシセレクトには毎年入ってるかもしれません。






裾はスリット入り、この辺りは全体のバランスを考えると必須なデザインかもですね。






こんな感じです。
先日ご紹介しましたARAN M-49 CARGO PANTSと合わせてみました、太いパンツとの相性は抜群、コレのようにストンとしたものでも・テパードが効いたものでも合うと思います。そしてショーツもばっちりです、個人的には・・・今年なぜかジーパンをはきたい気分ですので、要らないことはせず色落ちした緩めのジーパンと合わせたいような。。あ、太いベージのチノをロールアップしてローファーとかも良さそう。。

ちゃんと主張もありつつシンプルですので、コーディネイトの助けになると思います、ついつい着てしまうのではないでしょうか。

大活躍しそうです。






FOB FACTORY H/S PULLOVERSHIRT ¥14,000+tax 通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨日、お店の大家さんの菜園で出来たえんどう豆をいただいたので豆ご飯、美味しいですね。さやを外した状態だったので急いで全部豆ご飯、今日は3食豆ご飯笑。
久しぶりに炊き込み御飯よりのものを作りました。特に豆ご飯は簡単ですが、他のも下ごしらえの後は炊飯器に入れたら良いだけですし、結構楽ですよね。ちょっとハマりそうです。

ということで雨の朝からおにぎりを握ってたのですが笑、まだ梅雨入りでは無いようですね、明日も快晴予報だし。

本日の商品、多分雨の日の出勤はコレだと楽だろな〜というモノ。






HENRY&HENRY 180
元々はシャワーサンダルとしてデザインされました、しかしながら耐久性の高い素材ですので日常履きとしてもバッチリ。なのでオリジナルサンダルのベースデザインとして採用しているビッグメゾンも多くあります。






HENRY&HENRYはそういうブランドさんの商品を製造する工場のファクトリーブランドです、商品のクオリティは折紙付、しかしコストパフォーマンスが高い。






アッパーもソールもPVCですので水濡れや汚れにも強い、デザインのバランスも良いですよね。






しっかり歩けるようになってます。






ツルッといかないようにもなってますし。

夏の日常履きの準備を考えてる方は是非。






定番のHENRY&HENRY FLIPPERもストックしておりますので、こちらも合わせてお選びくださいませ。






HENRY&HENRY 180 ¥3,600+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。


今朝お店に着いてカバンを取り出そうとして気づきました、もっと前から開き始めてたのでしょうね笑
この投稿の日付が2013年11月なので、この辺りから使ってるとしてかれこれ5年半くらい、ずっと雨風日光にさらされてますので、、、まあそりゃそうですね。現在ゴムのりで補修中、帰る頃にはくっついてるかなあ。

その補修も、ボクのことなのでまあ適当・・・のりがたっぷりはみ出してます笑
でも道具ですので使えることが肝要だし・修理して使うことも大切。”エイジング”とか”リペア”とかの感覚でいえば、まあそれもアジといえばそうだし。そういう使い手の気配を受け止めてくれる道具というのは良いモノ、しっかりしているからこそ長く付き合えますよね。

UNITの洋服はそういう観点からセレクトしているモノが殆ど。格好良い・洒落てる、そういう男の洋服は道具と言っても過言ではない。

ハズ笑

ちょっと偉そうに言う時はいつも最後にフザケてしまうのですが笑、でもそう思ってることはいつもココでお話ししてますよね。本日のパンツもそういうスタンスで長く付き合えるものです。






ARAN M-49
フランス軍のM47フィールドパンツをモチーフにして、アランさんのエスプリ(仏軍ですから仏語笑)を利かせた1本。 カーゴパンツはまさに道具としてのユニフォームからファッションアイテムに昇華した代表格ですよね、なので色あせてきたり・ちょっと汚れがついたり・破れたところを補修したり、そういうのも込みで付き合えるパンツです。






ムラ糸のサージ、耐久性の高い素材ですのでそういう長い付き合いも可能。硫化染料をつかってますので退色の雰囲気もバッチリ。

そういうスペックよりのことばかりを言ってしまいましたが、もちろんカッコヨクなかったら元も子もないわけですが、






もちろん素敵。
M47のデザインは良い意味で野暮ったい、その土臭い感じが流行りに左右されない格好良さにつながります。いつも言ってることですが、アランさんの差し引き丁度なギミック感はベストバランスで飽きがこない。






一見普通のナナメポケットですが、玉縁ナナメになってます。






後ろは大きめのフラップポケット、適度な存在感。






イイでしょ?






大ぶりのカーゴポケットも、






イイでしょ?






ダブルニー、アクセントになってますね。






裾のストラップ。やはり太いカーゴには裾のギミックは必須です、これまた自然な姿が素敵です。







文句無しにカッコイイ、この言い方は個人的な思い入れも含めてますよね笑
Tシャツはcomm.arch. DOUBLE LAYERED S/S TEE、いいでしょ?。黒いスニーカーも良いですが、GERMAN TRAINERで色を軽くしつつレザースニーカーのシックさを足すのも良さそう、今日履いてきたらよかった・・・笑






裾を絞って。雰囲気が変わってイイですね、トップスとのボリュームの相性によって変化をつけても良さそうです。自転車乗るのにも都合が良いです、助かります。

このパンツ、トップスがシンプルな場合も・多少凝ったモノでも自然とまとまりのある仕上がりになると思います。ということは、夏場のTシャツ一枚の時も(UNITは極力シンプルにしますよね)、秋冬のボリューム増の時もバッチリなのです。そうですね、素材が夏専用ではなく通年見越してはけるというのも強み。

パパッとはくだけで自然な格好良さを提供してくれるカーゴです。

長いお付き合いを是非。






ARAN M-49 ¥23,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×