UNIT

NUNC フルラインナップ到着です、先ずは旗艦モデルから。

こんばんは。

いや〜、ちょっと興奮気味です。約半年ぶりのご対面なのですが、、やはりUNITの目に狂いはございませんでした。






ということで本日より”NUNC POP-UP SOTRE”のスタートです、月内はこの体制をキープしたいのですが、既に売り切れの可能性が見えてきてますのでお早めにお越しくださいませ。

本日長いブログになります、心してご覧あそばせです(笑)
ブランドのコンセプトはコチラをご覧くださいませ。

先ずはフルラインナップのご紹介です。






Traveler’s Backpack ¥28,000+tax






Rectangle Backpack ¥25,000+tax






Daily Backpack ¥22,000+tax






Off Tote Bag ¥12,000+tax






Musette Shoulder ¥6,200+tax






Document Case ¥8,000+tax






Pouch L ¥3,200+tax / Pouch S ¥2,600+tax

旅行用〜ポーチまで、ぐっと絞り込んだ内容ながら取りこぼしのないラインナップです。

ようやく詳細解禁です、本日はおそらくこの中でもフラッグシップモデルだと言えるであろう、






Rectangle packをご紹介です、コレで大凡のNUNCの姿勢がお分かりいただけるかと。ではどこよりも早い、世界最速の詳細紹介です(笑)






このバッグが以前よりリークしておりましたこの展開写真の型です、コの字のフレームを軸に3気室の構造。






先ずはフロントパネルを開きます、オーガナイザーの配置はこの通り、必要な物がしっかり、






蓋側はメッシュのポケットが2つとその奥に全面のポケットが。この部分はフロントパネルの”折り紙”的デザインにフォローされておりまして、






内容量に応じて膨らんでくれます。
頻繁に出し入れするモノはこの部屋に入れておきましょう。







次は真ん中のスッタッフバッグ状の荷室。内容量に応じて固定出来るコンプレッションストラップもついておりますので中身が偏らなくて嬉しいですね。






軽量なリップストップの袋は中央でフルオープン、フロントパネルの中身を出し入れする際、着替えなど衆目に晒したくないモノはココに入れられます。こういう何層構造なんてギミック感は男心をグイグイ刺激するでしょ?






そして3番目の背面側、ここをフルオープンするとPC用のスリーブが出現します。






それとともにスリットのポケットとメッシュポケットの3段構え、細やかな心配りを感じます。


そして両サイド、






背負って右側はフラップ付きのミニポケット、ここも折り紙の匂いですね、アクセスしやすく落下も防げる嬉しいギミック。






左側のポケット、このジッパーを下げるとエクステンションのネットが登場しまして、





ボトルや折り畳み傘をストン。使わない時にネットがフワフワしてる感じを解消、アウトドアよりのデザインならそれも良い雰囲気なのですが、アーバンよりの場合はスッキリさせた方がスタイリッシュですよね。






ショルダーハーネスももちろん手抜かりはございません、エルゴノミックな形状でチェストストラップも当たり前。しっかりバッドも入ってるのですが、降ろした時にストンと下がる程度のボリューム。電車や街中でのスムーズな動きを考えると、ショルダーハーネスがゴリゴリ立った様なしっかりしすぎる物は扱い辛い。ちょうど良い塩梅のボリュームなのです。






上部のハンドルも使いやすいボリュームです。






背負うとこんな感じです、スッキリしつつ存在感もある素敵なデザインワークです。






提げても良い雰囲気です、やっぱりイイ。

そうそう、素材はいわゆるバリスティックナイロンと認識されてるオックスフォードのナイロンです、






ボトム・トリミングには太番手をメインには中厚の生地を、この一体感も素敵です。



そしてあと3点、個人的にグッと心を掴まれたポイントをご紹介です。






先ずはショルダーハーネスの長さ調整の部分、余ったストラップをぶらぶらさせないためのエンドの処理がゴムとクリップの2段構えなのです。どちらかだとすぐ外れたり結局ベロンとなったり、、ですが両方だと強固ですし自由度もある、嬉しい着想だと思います。






次はベルクロのお仕事、展示会場でまずグッときたのはココでした。このバッグ類を使うロケーションでガッチリとロックをかける必要はないと思うのですが(大きい方のトラベラーズパックも機内持ち込みサイズですし)、ちょっと予防線は張っておきたい。






ジッパーのプルタブをベルクロにして端っこで固定できます、わざわざ感も皆無。






リフレクター、あると嬉しいけどいつもピッカピカだとちょっと、、、、






ってそれ、隠せるんです。ね?イイでしょ??

そして最後、朝にお買い上げ頂いたお客様(世界初お買い上げありがとうございました笑)もチラッとおっしゃってたのですが「スッキリしてて良いのだけれどすぐ出したい物が。。。」、はい、そうなんです。財布とかわざわざガバッと開けるのは億劫ですよね。






ということで背面のパッドの間にポケットがひっそり、






しかもパッドの厚さ分くらいのマチもあるんです、この伸縮性がとても重要だと思います。






おかげで直ぐに改札通れます。
という最後のダメ押しでした。


ということで、、、いかがでしょうか?ボクの気合がお分りいただけたかと思います。背広組〜普段着組まで幅広く対応可ですし、かゆいところに手は届いてるし。そしてココまでやってもコストがかなり落ち着いてます。自社工場をしっかり運営してらっしゃるバッグメーカーの本気を感じます。

いや、脱帽。


バッグが得意な服屋UNITにまたバッグが増えました(笑)

末長く宜しくお願い申し上げます!!






NUNC Rectangle Backpack ¥25,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×