UNIT

millican導入です!

こんばんは。








相変わらずいろいろと入荷し続けております、週末のご来店お待ちしております。

今日のブログ、そもそも”本日もこんなの来てますよ〜”パターンの、洋服中心でご紹介のつもりでしたが、洋服と共にバックパックの新しい取扱ブランドが到着しましたので、そちらの自己紹介的なお知らせに絞ろうと思います、UNITにとってバッグはとても大切なコンテンツですしね。

ということで今季からUNITに仲間入りしたブランドです、






millican”ミリカン”です。

millican(ミリカン)はJorritとNickyが世界中を旅した経験と、様々な職業の仲間が旅や日常生活の中での使い勝手を反映させたバッグを提案するイギリスのブランド。
旅する人たちのよき相棒として様々な場所に連れ出し、長く付き合えるガーメンツであることをコンセプトにデザイン。
バッグの機能性や使い勝手はもちろん、長く愛用できるガーメンツとしてエイジングを楽しめるファブリックやパーツで構成し、樹脂パーツは一切採用しない徹底ぶりです。







旅人・カメラマン・登山家・サイクリスト、そんな人達の生活からインスパイアされたザック達なのです。






そしてその特徴、なによりもこの生地とパーツ類にあります。BIONIC® Canvasと名付けられた、ペットボトルから再生されたリサイクルポリエステルを芯に、それをコットンで螺旋状に巻いた糸から織られる素材なのです。表面にはパラフィンと耐久撥水加工(C6-環境対応DWR)を施しています。

アウトドアウェアをチェックしている方ならよく耳にする”DWR”加工、強度の高い撥水加工の名称の1つで”デュラブルウォーターレジスタンス”の頭文字をとってます。フッ素加工で撥水性を保たせる加工で、永くC8レベルの加工が一般的でしたが環境へのダメージが大きいとされ、現在はC6レベルの環境負荷の低い加工が施されていることが多い、ミリカンもC6ですね。しかし伝統的なワックスコーティングとの相乗効果で、強力な撥水性がしっかりキープされています。
そしてその他のパーツもレザーやクロームのパーツを使い、ナイロン系の樹脂は使ってません。

要するに、、、素晴らしく長持ちするということです、長々説明しましたけど、、これでも端折りましたけど笑

コットン系のザック、実は個人的に思い入れがありまして。
皆さんも経験があると思うのですが、ナイロン系のバッグって、使わずに置いてあるとネバネバでちょっと臭くなってたり。コレは生地の薬剤が湿気で溶けたりナイロンの加水分解で起こる現象。大事にしてたのに残念ですよね、、、(ちなみに乾燥剤を入れておくと少し寿命を長引かせることも可能ですが)。もちろんボクもしょっちゅう経験してまして、、山登り用の大型ザックなんて使用頻度も低いし・値段も高いしで、初めて臭〜くなった時はとてもショックッでした。そこで行き着いたのがニュージーランドの某メーカー、コットンベースの素材でほぼそういう悩みはありません。ニュージランドは南極手前でオゾン層に近いのでナイロンが耐えられない、日本は湿度が高いので加水分解してしまう、求める着地点が一致しているということですね。実際20年前のザックが使えます、それ以来登山用はそのメーカーばかり使うようになりました(低山とMTBと街は例外です笑)。

また長くなってしまいましたが笑、そんな自分の経験からもこのミリカンには大きな期待を寄せています。

そして今季メインでセレクトしたモデル2型、結構考えて選びました。








Smith the Roll Pack 15L ¥22,000+tax
通販ページその2はコチラ








OLI the Zip Pack 15L ¥18,000+tax
通販ページその2はコチラ

いつもなら片方は25Lくらいの中型をチョイスするところですが、今回は2デザインともに15L、欲張りませんでした。というもの、、恐らく日常使いをする方にお買い求め頂くと思いますし、そのシチュエーションではこのサイズ感がちょうど良いのです(むしろ15Lも入るので十分)。
ジップパックの方はきっちりシンプルに使いたい方にはバッチリだと思います、小柄な女性も持ちやすいサイズだと思います。
そしてロールトップの方、この仕様は拡張性が高いので実感としては22,3Lくらいの感覚で使えます。






例えばトップのウェビングベルトと本体を使って上着を固定出来ますし、そういうパーツの組み合わせで便利に使えます。中身が少ないガバガバのロールトップ型は使い勝手も見た目も悪い、デイリーユースにはこのサイズだというUNITの気持ちです。

このサイズをしっかり使い切れば、結局いわゆる中型ザックくらいの感覚で持てます。

ザックと頭は使いよう。

・・・・・・、なんだそれ、、、ボクが言えた義理ではないですね笑






そして何よりも作りがイイ、所有欲も満たしてくれます。使い込んだのちの表情も楽しみです、これもナイロン系ザックには無い楽しみ。






ということでmillican、よろしくお願い申し上げます。

週末是非試しにご来店くださいませ!!

詳細紹介、またしつこめの内容になると思いますので、これまたお楽しみにです笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×