UNIT

JIBコーナーです。

こんばんは。






桜が良い時期を迎えつつあります、後10日間ほどが見頃でしょうか。






賀茂川の出雲路橋あたり、平日の午前中ながらたくさんの人がブルーシートを広げてました。でもブルーシートって、どうも味気ないですよね笑、洒落たマットであの大きさだと重いし高価になりそうですので、同じ素材でもベージュとか目に優しい色のを発売したら結構需要ありそうなのに。

そしてお花見から野外活動も増える季節が始まりますよね。
そんなタイミングですので、ちょっとご提案を。






明日から約1ヶ月、JIBさんのコーナーを設置です。

・JIB concept
私たちはヨットのセイルクロスを主な材料としたバッグ等をデザイン・製造・販売をしていますが、それはあくまでも手段なのです。
私たちは「遊びのメッセンジャー」。自然の素晴らしさや厳しさと触れあい、人として生まれた喜びを大いに楽しむ、・・・そんな、充実感に満ちた時間と楽しさを、モノづくりを通して提案し続けます。
・夢と憧れの象徴
JIB(ジブ)は2枚(以上)帆のヨットの、前にある補助セイルの名前。「ジブセイル」といいます。ヨットで帆走中、メインセイルだけで 走ることがあります。ジブセイルをするすると下に下ろしてデッキの先端にたたんでおきます。それは昼寝をするのにちょうどいい感じの枕になるんです。
ヨットマンであった若き日のMr.JIBは、その枕に ごろんところがって世界へ色々な夢を見ていました。そんな思いが、今もJIBのカンパニー理念と製品の中に息づいています。
・ルーツはピノキオ
JIB のロゴのクジラのマークは、ブランドを代表するアイデンティティ。デザインの元になったのはマッコウクジラ。 “ピノキオ”や”老人と海”など、昔から物語りに登場するクジラのほとんどが、優しいマッコウクジラだから。
JIB Sailと同じように、 クジラの居るような遠い遠い海の世界への憧れの思いと、大きな夢がこめられています。


というのがジブさんのブランドストーリーです。40歳オーバーの方なら”懐かしい〜”ってお思いではないでしょうか、若い方なら新鮮でしょう。シンプルな構造で軽量、セイルクロスなので耐久性ももちろん折紙付。ジャブジャブ洗えるのも嬉しいです(防水ではありません)、経年変化も楽しめる素材ですので長く付き合えますね。レジャーバッグやサブバッグ・スポーツ用・ジム用、色んなシーンでお使いください。

ざっとこんな感じで。










バケツトートsizeM ¥3,800+tax
シンプルイズベストですね、同色のテープで落ち着いた雰囲気。15Lなのでしっかり入って大きすぎない、丁度良いサイズ感。






ボクが持ってこれくらいの感じ。






ポーチ ¥3,600+tax
カバンの中で見つけやすそうなデザイン、収納力があって軽量なポーチは毎日使うことを考えると有難いです。意外と汚れやすいモノですので丸洗いできるのも嬉しいですよね。

このほかにもダッフルやお財布も各種取り揃えております、文字入れのサービスも承りますので是非ご覧くださいませ!!

今週末も、お花見がてらお越しくださいね。

宜しくお願い申し上げます!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×