UNIT

こんばんは。

本日はweac.から2点ご紹介します。

まずはシャツ、






weac. GOZILLA SHIRT
デザインソースはスウェーデン軍のM55、ヨーロッパの軍モノはデイリーファッションと相性が良いです。






無地のネルは素材の表情が豊かでシンプルな使い方も出来ます、プルオーバーとも相性が良いのでまとまりあるシャツに仕上がってます。








全体にゆったりしたシルエット、丈を少し短めにしてありスッキリ着られます。






ボタンを開けたり留めたりで表情も変りますね。






元ネタのM55には無いラウンドのスラッシュポケット、ミリタリーに少しワークテイストを追加。








ヨーク内とポケット裏をそれぞれ配色に、ちょっとした遊び心。






先日ご紹介したARAN EG PTZDA CLIMBERを合わせてみました、この下半身は色んなトップスに寄り添ってくれます、個人的にもお気に入りです。
もちろんこのシャツにも、チャコールや黒のモノトーンの場合ベタッとしちゃいそうですがネルのお陰で温かみのある表情。デニムや軍パンにも良さそうですし、アウトドアっぽいコーディネイトにもバッチリですよ。



次はパンツ、






weac. cook pants
古いフランスのコックパンツがモチーフです、ワークパンツですがどこかドレッシーな雰囲気も持ち合わせていますね。






全体にゆったりしたシルエット、テーパードの具合も程よい感じです。結構な太さですがパターンがしっかりしてますので自然なバランス、必要以上のゆるさは感じません。縫製をシンプルにしてますので、実はコストパフォーマンスも高い1本だったりします。






10OZ程度の軽いデニムです。個人的にはこの素材のボトムは大好き、元々ワークパンツによく使われた素材で丈夫さと動きやすさを兼ね備えてます。自ずと太いシルエットとの相性が良いのでこのパンツとも無論です。太いパンツは真冬でもスパッツを仕込みやすかったりで使い勝手も良いですしね。








腰回りはこんな感じです。
2プリーツで落ち着いた雰囲気、フランスのワークパンツは後ろにゴムが入ったものが多いのですが、このパンツはベルトループに。バップスタイルもシンプルです。






こちらもゴジラシャツとモノトーンで。
このまま冬のアウターを羽織る姿は想像に難く無いですよね、ゆったりしたトップスをそのままゆったりのニュアンスをキープしつつキレイにまとめてくれるかんじです。今はストック状態ですが、何度か洗って全体のハリが取れるともっと自然な感じになるかと。色落ちさせるのも楽しみです、その方がさらにカッコヨクなりそう。


本日ご紹介の2アイテム、どちらもミリタリー・ワークをスパイスにしてシンプルでベーシックな仕上がりに。

weac.らしさとちょっとしたヒネリを、ワードローブにぜひ。






weac. GOZILLA SHIRT ¥15,500+tax






weac. COOK PANTS ¥15,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






エアコンのリモコンがうんともすんとも言わなくなりました、、、10月に入ってたら慌てませんが、流石に8月末日はマズイ(笑)、まだ暑いですものね。

店頭はもちろん秋めいているわけですが、実生活ではまだまだ半ズボンだよ〜って方も多いかと。そんな時期ですので、ショーツにも合わせやすいしこの先に大活躍を見越せるロンTをご紹介です。






weac. SIDE POCKET TEE
ゆったりしたシルエットのカットソーです、全体的にはシンプルなのですがサイドポケットが印象的。






素材は肉感のしっかりした度詰め天竺、着込んで洗いを重ねるごとにサクッとした表情に変わりそうで楽しみです、ヘタらなさそう。






ゆったりですのでショートパンツにも合わせやすいですし、太いボトムにユルっと来ていただければと。Tシャツ以上スウェット未満な使い方ができそうなのでアウターとの相性も良さそうです。






しっかりしたクルーネック、ラフに扱ってもヨレヨレしないですね。








何と言ってもこのサイドポケットがアイコンですね、色を切り替えているのも印象的ですが、実際使うにしても蓋がついてるのでポケットとしてもしっかり機能します。






UNITはモノトーン好きですので迷わずベージュのボトムを。ちなみにこれはPt.Alfredのグルカパンツ、2プリーツで腰回りのボリューム感がしっかりありますので相性抜群、トラッドな使い方以外にもこんな感じのTシャツとも協業出来るのです。

個人的な妄想としましては、、、このままネイビーのアウターを着て、脇からチラッとポケットが見え隠れするなんて雰囲気、足元は白いスニーカーで。
オリーブ系のボトムに黒靴なんてもの良さそうだし、意外と可愛くならずに男っぽいコーディネイトが出来るような。

ひとひねり、いかがですか??
と言いつつ意外にもヒネリではなくヘビロテになりそうな気がしますよ。






weac. SIDE POKET TEE ¥12,800+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






賀茂川の川べりはず〜っとこんな感じで野草に花がついております。眺めながら自転車を走らせ、思わず「恋〜はやさし〜、野辺〜の花よ〜。」という詞が口をついて出ました。”恋はやさし野辺の花よ”、今も学校で教わったりするのかな?、というかボクの頃も歌ってないかも笑。実はこれ、訳詞とオリジナルが結構違うのです。どちらも同じく花をテーマにしていることに変わりはないのですが、日本の詞は”花はすぐに散るもの、だけど夏も冬も咲き続ける私の恋心は誰にもおかせないのです”という一途な恋の表現。対してオリジナルは”愛は花の蕾のよう、ずっと見ていないと咲かないし枯れるのよ。真心なんてどっちでもいいからずっと私を見て!”という、、、バックボーンやら育ち方なんかも違いそうな女性の心・・・笑
元はボッカチオというオペレッタの1幕、ベアトリーチェ(だったかな、間違ってたらすみません)のアリアの引用で、日本語訳オペラでも恋は〜の詞で歌わない、、そりゃ話おかしくなりますんもんね。同じしなのに表情が変わる、、どの詩を乗せてもその世界観になるというのは素晴らしいメロディだということですね。
ちなみに作曲はオーストリアのスッペ、ウィンナオペレッタの父と呼ばれた人。彼の曲は素晴らしく耳馴染みの良いものが多いので、あれってそうなんだ〜ってのがあったります、ご興味あればユーのチューブで笑

件の唄は子供の頃に故藤山一郎氏が歌っていた印象が強く、どんなんだったかなと思ってボクもさっき覗いてみたら・・・スッペで調べたのでクラシック寄りの傾向で検索されたのか、京都ご出身のカウンターテナーの方が母校現堀川高校で開催されたらしいリサイタルの動画でした、素敵でびっくり。珍しい歌い手さんの中でもまれみる実力なのでは、、ちょっと追っかけてみよう。。見てるとオッフェンバッハとか聴きたくなってきた、最近引きこもりなのですが・・・こういうことやってるとそれが加速するんですよね笑



前置きが長くなりました笑、本日はちょっとだけ華やかなトップスをご紹介。








weac. CAVANI-NEO
クルーネックのプルオーバーシャツです。ベーシックに一途なUNITとしてはちょっと気分転換にどうぞといったシャツ、でもいつものボトムに取り入れやすい遊び心なので安心感もありますよ。






素材はクールマックス、これからの季節に最適。






ゆったりシルエットのバスクシャツ風味、細いパンツに合わせるのも良さそうですよね。






中央にハギをとってアクセントに、ゆったりしたシルエットですのでアクセントがついて引き締め効果。ポケットもいいですよね。






裾はサイドスリット、後ろ身頃が長くなってます。








ということでパネルでツートーンになってます。






ごく普通に、ファティーグと黒靴。








横と後ろ。
ちょっとモード的なアプローチに見えますが、実際は結構ベーシックなので普通のボトムにしっかり合います。というか、むしろそう合わせる方が大人ですよね。はき古したデニムにも良さそうですし、カーゴパンツにも合いそう。ショーツにスニーカーは無論ですよね、サンダルとなると・・・個人的にはしっかりめのソックスを履いて合わせるのがいいかなあと思います。

風通しもよくて速乾、見た目もさることながら着心地も快適なのです。

ベーシックに少しだけ遊び心を、いかがでしょうか??






weac. CAVANI-NEO ¥13,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

更新時間が遅くなりました。。サッと、現状UNITにあります半袖シャツをピックアップしてお知らせしますね。

まずはアランさん、








ARAN FM SHIRT ¥17,000+tax
ぼくにとっても夏の定番です、しっかりミリタリーですが少し力を抜いた感じ。いろんな着こなしが出来ますよ。






weac. CAVANI ¥13,500+tax
シンプルなバスク風シャツ、コレも幅広い着こなしが期待できます。








weac. CAVANI NEO ¥13,000+tax
上のバスクシャツの進化系、素材も快適なのです。








Manual Alphabet BASIC BD SHIRT ¥9,000+tax
王道ベーシックシャツ、もはや説明不要と言ったところでしょうか。






Manual Alphabet BASIC BD SHIRT ¥9,000+tax
そのマドラスチェックバージョン、爽やかで男性らしい夏です。

と言った具合、その他もコツコツ入荷しております。
明日からまた詳細ご説明しますね!

よろしくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

座ってるとふと思うのですが、、






カーゴパンツの座ってるときの雰囲気を上から見るとなんだか嬉しくなります。ポケットとシワ感とオリーブの陰影がなんとも言えない、白いスニーカーの時はなおさら思います。






座ってるときの服の表情って、立ってるときとはまた違う言い分があってイイ、顔は自信ないのでスミマセン(笑)
しかし、オリーブの軍パンとしろスニーカーってほんと素敵な組み合わせです。このスニーカーはオープン最初にお店に置いた”BIKE Keds”です、写真では誤魔化せてますがかなりボロボロで補修しながら履いてます。あと1年半で10年の付き合い、もうちょい頑張れ(笑)

今年は個人的にもお気に入りの商品が多い、特にARANさんのパンツはちょっと依怙贔屓してしまいます。それも込みで、4月最後の日なのでザバ〜っとおさらい。






CLUB DE MER Berton shirt ¥8,900+tax
掲載日のブログ






ROMA BELT MESH ERA ¥8,800+tax
掲載日のブログ






ARAN BR-T ARAN BR-T ¥9,800+tax
掲載日のブログ






GERMAN TRAINER ¥19,800+tax
掲載日のブログ






weac. JODY ¥15,500+tax
掲載日のブログ






weac. OHANA ¥14,000+tax
掲載日のブログ






ARAN EG PT ¥22,000+tax
掲載日のブログ






BETTER LT.FLEECE RAGLAN PULL-OVER ¥9,800+tax
掲載日のブログ






ARAN CZ PT ¥21,000+tax
掲載日のブログ






MARINEDAY SAILING ¥8,400+tax
掲載日のブログ






MARINEDAY PORTE ¥7,400+tax
掲載日のブログ






BETTER MID WEIGHT 3/4SLEEVE PANEL T-SHIRT ¥8,800+tax
掲載日のブログ






ARAN OVER PT ¥22,000+tax
掲載日のブログ

うん、良いものばかりで自画自賛(笑)、GWの空き時間にクリックでお買い物でも・もちろん店頭でブログ未掲載の最新入荷をチェックでも、なんでもお待ちしております。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






水曜日は例によって大阪をテクテク、






木曜は午前中にお山に行って帰宅途中の賀茂川でコーヒーを1杯、西賀茂の川沿いはヌケ感イイのです。まあ快晴ったらありゃしない、雲一つないというヤツでしたね。帰宅して風呂入ってお店で少々仕事だったのですが、コレで山行けてなかったら拗ねるところです(笑)
ゴールデンウィークの前後って本当に良い気候です、今年のボクは花粉症が過去最高に楽なのでそれも素敵。


本日はそんな快適気候に最適なアイテムです、シャツのようなカットソーのような、いや、シャツだな。






weac.のJODYです。






クルーネックのプルオーバーシャツ、全体的にユル〜いシルエットです。ロンT以上シャツ未満といった感じでしょうか、ユルめ無造作でシンプルですが品の良いスタイルです。






素材はリネン100%(リブ以外)です、その上質感も手伝ってくれているように思います。






どちらかといえば詰まったクルーにポケット、このバランスもラフになり過ぎないニュアンス。






リブ自体は緩いのでシルエットと合わせて着心地自体は開放的、リネンの風通も快適な着心地を与えてくれます。ポケットもあります。






太いパンツを合わせるのが定石なのかもしれませんが、あえて太く無いもので2ポーズ。個人的に最近クロ×チャの配色がお気に入りなので、それでコレ(笑)。そしてオリーブに色落ちデニムと白スニーカー、爽やかだけど落ち着きのあるカラーリングです。

ショートパンツを合わせるのも良さそうですよね、半端丈もモチロン。
着るだけで洒落感の出るシャツです、着心地が本当に軽いので軽いアウターとの相性も良い。

一見ユルい、しかしながら実はシックにまとまるシャツです。






weac. JODY ¥15,500+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






今朝はお仕事的な内容で八坂周辺に、在住のボクらは日中には中々足の向かないところなので新鮮でした。沢山の海外旅行者さんの舞妓ちゃん姿や、おそらく香港のおばちゃんの衝撃的な髪型等々(笑)

そしてそうやって歩いてますと、また日中の暖かさが戻ってきているのがわかります。本日はこの時期のジャストシーズンなシャツをご紹介です、ショートパンツの季節にも合わせて欲しいなあという感じでもあります。






weac. OHANA
プルオーバーのシンプルなシャツ、しかしながら気の利いた襟元のデザインが印象的でもあります。






素材はスーピマコットンのタイプライター、上質なコットンで軽やかな着心地。上品です、そして風合いの変化も楽しみ。








逆三角形の比翼がオーセンティックな雰囲気と今の空気を丁度良い具合にマリアージュです、バンドネックなので上に羽織るJKT類も選びませんね。






20世紀前半のワークシャツにも散見されるダーツをとったプルオーバーのスタイル、かえってドレッシーさも持ってるような気がします。






背中のプリーツも内側なのでサラッとした印象に、あくまでも上品なカジュアルシャツです。






ブルーだと少しキリッとしたイメージも、






ホワイトはあくまでも爽やかに。

これ、個人的にはビッグヒットなデザイン。
ショートパンツにスリッポンなんてものよさそうです。太いワークパンツに昨日のジャーマントレーナーの組み合わせは王道ベーシックカジュアル、軽〜いスプリングコートと洗いざらしのデニムなんていうのも。

いや本当、UNITとしては大好物です。






weac. OHANA ¥14,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分












weac. SPEAKLE ¥24,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はweac.さんから2つ。






まずは KURUMICHAN SHIRT です各シーズン毎にリリースされているこのモデル、楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。ボタンを共地にすることで全体の統一感が出てググッと引き締まります。






小ぶりな襟もすっきり感を追加してますね、インナーにするにもこの感じは本当に使いやすい。






後見頃のセンターでハギをとってますので、縫い目分の自由度がアップしますので、すっきりシルエットなのに動きやすいのです。






こんな感じです、シックにもアメカジライクにも着られそうな雰囲気。冬の着こなしの助けになるシャツです。

次は同じネルでも起毛して雰囲気ももっと緩やかなシャツ、






BIG MAN です。
ビッグシルエットのシャツはふわりと羽織るだけで雰囲気が出る、パンツの太さも意外に選ばない。
見た目よりもしっかり打ち込まれたネル地なので着た時の安心感も良いのです。






ノーカラーで自由度の高いコーディネイトができます、シャツより短い丈のアウターも無論ですし、同じくらいのを上から重ねてドレープ感が出ても良いし。






裾は後ろが長め、シンプルなラウンドヘムです。
途中までの前立ては1940年代あたりのワークシャツに見られるディティール、今のように出して着ることがなかった時代、途中までの方がズボンの中ゴワゴワしなかったのでしょうね。でもワークシャツだから体を動かす時にあわせの部分が破れたりしないように前立てを付けて。






ゆる〜い空気が素敵でしょ?個人的にはもっと太いパンツをあわせたくなります。冬はこの上にミドルゲージ以上のカーディガンを着て、シンプルなハーフコートとかを合わせたい、そんな気分です。

という感じで、着るとクセになりそうな2つです、是非お試しくださいませ!!






weac. KURUMICHAN SHIRT ¥12,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)






weac. BIG MAN ¥15,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はGジャンです。
Gジャンといえば、ボクもそうですが皆さんも最初に思い浮かぶのは多分リーバイスの3rdと呼ばれる






このタイプですよね、バランスよく普遍性の高いモデルです。一般的にも人気の高いデザインなのですが、、個人的には少し意を唱えたいと言いますか、別の選択肢もあるよ?と言いますか。。
上の写真は私物なのでもちろんボクも好きなデザインなのですが、ちょっと逆三角形な印象になりがちなのです。これを女性が着るとマニッシュになってかっこかわいいのですが、男性だと少々古臭く見えなくもない。。。






weac. BLUE JEANS MEMORY
そこでこのラングラータイプ、ナローなイメージのデザインですのでボトムのボリュームなんかも気にせずに着られます。Gジャンというよりはデニムブルゾンという気分かも。
もともとこれは当時ラングラーを中心にその兄弟ブランドのマーベリックの他、シアーズのローバックやヘラクレス、ペニーズの展開していたJCペニーなどのストア系ブランド(当時の百貨店のオリジナル)で散見するデザインでした。この辺りの話がわかる方は40〜50台がメインでしょうかね笑






そんなラングラータイプに今のエッセンスを取り入れて。
コンパクトな襟・脇下も程よく絞ってます。ポケットなどのデザインは元ネタを踏襲してますがステッチを同色にする・タックボタンも落ち着いたモノに、など街着としてのスッキリ感を出しています。






逆に内側はイエローとオレンジでステッチワーク。






セルビッヂデニムの証はここに。






無駄のないスッキリしたシルエットでしょ?もっと太いパンツもイイですし、もう少し細いパンツも。


これ、着るとハマりそうですよ。






weac. BLUE JEANS MEMORY ¥23,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×