UNIT

こんばんは。
今週の定休日は普通に休めましたので、久々に山でMTBに乗ろうかなあと思ったのですが、先月の肉離れの違和感がどうも未だとれない。。






ということで、そういえば来月までだと思い出した、仁和寺観音堂の特別拝観へ。








いつもは友人と休みを合わせられないので淋しいなあと思う平日休みも、こういう時は良かった〜って思います笑。日中に国宝のお寺で無人の写真なんて取れないですもんね、週末だと。
今は正面の仁王門が改修中なのですが、その正面の門の入るところに駐輪場があります、品格の高いお寺なのにそのユルさの太っ腹具合がなんだかイイなあといつも思います笑
観音堂でゆっくり和上さんのお話を拝聴し、のんびり壁画を眺めてきました。秘仏というのは凄みがありますね、来月15日までですので、ご興味ある方は散策の候補に如何でしょうか。

そんな感じで境内全体を2時間ほどかけて堪能すると、やはり懸念通り、、ふくらはぎがキーンと。山行かなくて良かった。。。。笑
脱ぎ履きが多いだろうしと思って柔らかいスニーカーを履いて行ったのも影響してたのでしょうね。

やはりインソールは大切。

そいうことで御察しの通り笑






Fit Insoleさんの受注会が明日となりました。はき心地や体の疲れに対してダイレクトに好影響ですよ、ぜひぜひお越しくださいませ。

Fit Insoleさんの在廊時間は13時〜18時となります、予めご了承くださいませ。

自分の足を補填してくれるソールって、実際使うと何故もっと早く作らなかったのかなあと思います。

明日、お待ちしております!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分


6/23sunはFit Insoleさんの受注会です、皆様お誘い合わせの上是非是非お越しくださいませ!!

こんばんは。
梅雨の気配が着々と、という感じに。皆様いかがお過ごしでしょうか?、夜は冷え込みますよね、体調崩しやすい時分ですのでお気をつけくださいませ。

先週の木曜日、閉店後に急いで大阪へ。






ビルボードライブ大阪で高野寛さんの30周年ライブツアーの最終日がありました、ビルボードは遅めスタートで2ステージありますので、21時スタートの2ndステージだと京都からでもちょい遅れくらいですべりこめるので助かります。
高校の頃から好きな高野さんの30周年を見られるのは感慨深いモノがありました、セットリストを見て、これが今の高野さん的ベストなのかな〜とか思ったり笑
さらに今回は高野さんがよくセッションしているミュージシャンがたっぷり、おおはたくんを始め畠山美由紀さん・坂本美雨ちゃんがそれぞれの曲を高野さんと、もちろんメインは高野さんの曲を皆で、なんというか・・・いつも通りでスペシャルなライブでした。楽しかったな〜笑

高野さんとおおはたくんは、ボクの日常に欠かせない存在。そしてUNITでも音源をお預かりしてる東田くんレアちゃんと、カナダや英米・ブラジルの好きな人達の音楽がボクの日常のベーシック。結構飾りっ気のない人達が多いかなあ〜と思います。

そうやって考えると・・・UNITの基本中の基本って、ちょっと近いかも(と勝手に寄せてみる笑)。 飾り気がない分飽きがこなくて、上質で安定感があるので心地よくって、それだけでも満足だし他と合わせるにもちゃんと機能してくれる。

その2トップといえば、、、






BETTER MID WEIGHT CREW NECK S/S T-SHIRTPt.Alfred 1st ARMY PANTS、今はお休み中ですがこの写真のような黒のフルブローグをはいて(もちろん黒スニーカーとかも)。ボクは困った時にココに逃げます、誰も不快に思わないであろう駆け込み寺的コーデ笑。シャツでもコートでも・はたまたフードパーカーでも、これに追加すればOKだと思ってます。

BETTERのミッドウェイトは半袖〜長袖で、Pt.Alfredも皆様ご存知の通り通年定番。Tシャツが今売れるのは無論なのですが、このところPt.Alfredのチノの中でも1st ARMYがよく出ています。ボクの布教の賜物なのか、、いや、お師匠の人気か笑
この品番は、UNITのラインナップ的にはいわゆる”太い方”と言ってる型です。このチノは絶妙なオンスと素材感で年中バッチリ使えます。特に太い方は夏でもぴったりしない分快適なので、ショートパンツやGパン、イージー系よりも崩れないコーディネイトを求められる時にも良いのです。






腰回りにしっかりボリュームがあり、裾にかけて素直にテーパード。トップスの強弱を問いませんし、シャツや靴との相性も全体通して卒なくこなせます。ゆるめのシルエットは単純にはきやすいですよね。






このスーパーチノは本当に素晴らしい、弾力のある織りなのでストレスが少ない。









ディティールも丁度良い。非常にシンプルなのですが、次第に表情豊かになるパッカリング・素材のの経年変化も楽しみですし・ステッチワークもシンプルで壊れにくい。







ネイビー・ベージュ・チャコール・オリーブ、安心の4色です。ボクはとくにチャコールをはくことが多いかもしれません、はいてると結構褒められます笑。色・素材・形のバランスが、ありそうに見えて実は他にあまり無いのかも知れません。

シーズン最盛期に、こういう基本のアイテムが動くのは嬉しいです。

やはり飽きないというのは正義だ笑

皆様も是非。






Pt.Alfred 1st ARMY PANTS ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日も今週の定休日で神戸に居た話をしておりましたが、仕事と共にもう1つ目的がありまして。元町の本屋さんに伺いたくて。
“1003”というお名前のインディペンデント系の古本屋さん、ビールやコーヒーも提供していただける(人見知りなので頼めませんでしたが笑)2階の小さなお店、UNITと同じくらいの広さでしょうか。
そちらで予めお願いしてた本がコレ↓



襟巻編集室”よむ処方箋01 失恋”
失恋は水辺が似合います笑
コレを入手するのが今回の目的でした。愛媛の襟巻編集室から春に出版されたリトルプレス、友人が装丁のデザインをしたこともあって早く入手したかったのですが、2ヶ月経てようやく。

“わたしを空腹にしないほうがいい”のくどうれいんさんを皮切りにDJミズモトアキラさんの失恋ソング選曲まで、”失恋”ときくと湿度が高いように思われそうですが笑、風通し良くさらりと楽しめます。ボクもかなりiお気に入り。

失恋って、、どうなんでしょね、皆に経験のあることなのでしょうか。ボクの友人の中に高校時代からお付き合いをして結婚というパターンも何組かありますが、ある意味失恋を経験していないかも知れませんよね、端から”失恋”というモノに失恋していると言えなくもない笑。

意中の男女に対してでなくても、憧れのミュージシャンや選手・お店や旅先の街にも失恋したり。
この世にもういない人の日記を見て恋をする、なんて小説もあったような。
あの失恋があったからこそ今がある・思い返すとあれは失恋だったと気づく、そんなことも。

大人になって「この歳でしつれんなんて・・」と思う方も、過去のそれを思い返して何か気づくこともあったり。失恋という心の電気信号は中々侮れないモノがありますよ笑

折角なのでUNITでもお取り扱いさせていただきました。長野の栞日さんや東京の本屋B&Bさんなど、全国の素敵な本屋さんで並んでます。


夜の窓辺は過ごしやすい季節です、好きなお酒やコーヒーを片手にいかがでしょ。


失恋か〜、どんなのだったっけ笑






襟巻編集室”よむ処方箋01 失恋” ¥1,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日もご来店有難うございました!!
お花見も今日でひと段落ですかね、葉桜になって参りましたし、明日は雨予報。。旅行で京都にお越しの皆様も、去年よりかはたっぷり桜を味わえたのではないでしょうか。
UNITにふらりとお越しの海外からのお客様もキョウトノサクラハキレイダとおっしゃってました笑






そんな外国の人が来ると、よくこんな感じに笑
“お、ヤマハの古いヤツじゃん、さわっていい??”といって、お連れさん待ちで楽しそうに弾いてくれます、ギター好きに国境はないということでしょうね。この人はスペインからの方でしたので、やはりそれらしいコード進行でポロポロしてました。






ミュージシャンが来た時も、まあ、、そうなりますよね。左は東田トモヒロとジャズギタリスト小沼ようすけくん、洋服選ぶ合間に何故か新曲の打ち合わせ。右のおおはた雄一氏もシャツを選ぶ合間なのか、ギターを引く合間にシャツなのか、、タイミング良ければお得な時間が過ごせますよ笑。

自分のギターをプロが弾いた時にいつも思うのが、”へー、ボクのギターってこんな音するのね”という。。。まあ、当たり前なのですが笑
そうやって考えると、ボクが同じように皆様に提供できる技術といえば、一応ミシンなのかな。。

ということで、最近あった”こんなの出来ますよ!”というパターン。

例えば、、ウォッシュ加工のデニムを買った・自分より背の高い人からユーズドのジーパンをもらった・単純にユーズドを買った、そんな時に悔しいのが裾上げ。せっかくアタリが出てるのに、ちょん切って裾上げしてノッペリ。

残念ですよね。

ということで、状況によっては移植可能です。






先ず裾を切って保護します。





必要な場合はリペア。






そして適善な丈に切った部分を挟み込んで移植、雰囲気を変えずに短くできます。






凝視すればわかりますが、それほど遜色ないですよね。

という感じでそのままのルックスで丈上げ出来ます、悪くないでしょ??
切る分量や状況によって出来無い場合もあるかと思いますが、もしお悩みでしたらご相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

自分のは、、めんどくさくて切りっぱなしにしてしまいますが・・・・・笑

もちろんそのほか通常のデニム修理もお受けしておりますので、そちらも遠慮なくご相談ください。
他のこともしたいし、いっちょミシン増やすか〜、どうしよかな〜笑


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

明けましておめでとうございます、本年も何卒よろしくお願い申し上げます!

お正月休みはいかがお過ごしでらっしゃいましたか??
今回の日合わせだと9~10連休の方もいらっしゃる様子ですし、明日からお仕事という方が多い多いですよね。ボクはと言いますと、大晦日の営業後に友人夫婦宅でご飯を食べてお酒を飲みつつ年を越し、1,2日は一歩も外出せず、






3日に自宅から徒歩15日の今宮神社に初詣、






あぶり餅でも買って帰ろうかと思ったのですが、二軒共に長蛇の列で即却下笑

そのまま帰宅して、今朝の出勤までまた一歩も家を出ず…過去にもない引きこもり具合でした笑
自宅の居心地が良いのかなあ。。。
そのお陰といいますか何といいますか、映画を16本見ました。自宅は割と良い音の鳴る環境にしておりネットで映画観賞も悪くない、どうせならどっぷり見ようと腹を括ってそんな5日間でした。一昨日は重いのを沢山見ましたので、昨日は仕事に向かうのに支障をきたさない軽めや感動出来そうなのを選び、本日無事出勤笑






とはいえ、おみくじが一番大吉でした。いつ以来だろう、、、以前に大吉引いたのがいつなのか思い出せません。 しかし、筒からクシを出して”一(イチ)”と書いてるのが見えると、「あ〜、大吉出たなコレ」という出オチ感もありますよね笑

なんてついついクサしてしまうのがボクの悪いところ笑、幸先の良いスタートですので頑張っていきます!
今年も皆様にたくさんご利用いただけるよう精進いたします、じわじわ春物も入荷してくる事ですし、昨年以上に色々とお勧めできればと思っております。

それでは改めて、本年もよろしくお願い申し上げます!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






いよいよあと1週間になりました、12/8(土)は東田トモヒロACOUSTIC LIVE INKYOTOです。今回はどんなライブになるのかなあ〜、とても楽しみです、是非是非お越しくださいませね。






本日はIさんがスーツをピックアップに、ビシッとです。「ぴったりしてるのに座って脚上げても腰回りが窮屈じゃない。」そうなんです、それがオーダースーツの良いところ。お喜びいただけて嬉しいです!

そして本日はちょっと開店が遅れまして申し訳ございませんでした、、、、。

一応・・・寝坊とかではなく、お勉強といいますか、UNITにも大切なことで。






12時の開場に合わせて鴨川を南下し向かったのは、京阪清水五条から徒歩7,8分の所にありますギャラリーの”AA”さん。目的は明日まで開催されてます”多鹿の会”。






ご覧の通りのハサミのオンパレード、壮観ですね。実に90種類近くのハサミの展示会。
兵庫県小野で四代続くTAjiKA~多鹿治夫鋏製作所~さん、日常使いのハサミからキッチンバサミ・裁縫・園芸など沢山のハサミを製造してらっしゃいます。ほんとかっこいい。。。四代目からご連絡をいただいたのでしっかり拝見してまいりました。
ボクも仕事でハサミを使う者の末席には名を連ねているかとは思いますので、少しくらいはプロ目線笑
やはりこういう本物を使いたいですね、触っているとあっという間に時間が過ぎます。






園芸用のハサミの試用、






小バサミと裁ちハサミの試用も、素敵なディスプレイで楽しくなります。






ボクが気に入ったのはコレ、”銀紙”と名付けられた着鋼の8寸。にぎりがシルバーグレーというのもカッコイイ、見た目もさることながら使い心地がほんとによい、良いということはスパッと切れるということです。切り終わりのしっとり感がいまだに忘れられない。。。
道具がピンキリなのは賢明なUNITブログ読者の皆さんなら云うに及ばないことだとは思うのですが、、、良いモノは良い。
世の中に流通している裁断用の鋏は大体3種類。安価なモノがステンレス製で樹脂パーツを合わせたもの、安くて錆びづらいのですがすぐに切れなくなる。次は全鋼のハサミ、大体高くて1万中盤くらいまでで切れ味も良いのですがモロさもあったり。そして最も高次元でバランス良いのが着鋼、ステンレスと鋼を鍛造した高剛性で切れ味の良いモノが出来ます。日本刀と同じ作り方ですね、地金に何層も鋼を巻きつけて焼いて冷却を繰り返して鍛える。そう云う意味で現代の和鋏は日本の伝統と今のハイブリッド、素晴らしいですよね。






こんなキッチンバサミも、コレなんかはまさにそんな代表格。水の濡れた状態になることが多いので、分解して保管できると接合部も安心、ワンアクションだし楽々。






型を抜いた後の屑鉄まで素敵に見えます、というか欲しくなる笑






四代目の多鹿くんは軽快に情熱的な話をするので、お話を聞いてて本当に楽しい。
ボク、たまに言うのですが、手作業で既製品を作るということがとても素晴らしいと思うのです。何千何万を同じ形に作り上げる、すごい精度の仕事だと思います。シンプルなものほど技術や思いが凝縮され、その結果機能美が生まれる。それを伝える仕事って格好良いなあと、素直に憧れてしまいます。






ボクの裁ちバサミ、実はアパレルの仕事をする前から連れ添った30年来の相棒。最近切れなくなってきたなあと、ちょうど思っていたところで。コレだってメンテすればまだまだ現役、相談しよ。
でも前出の銀紙号欲しいなあ。。。誰か買ってくれたら何でも言うこと聞いちゃいますよ、任せとけって言ってくれる奇特なお方、いらっしゃいませんか??笑

なんて軽口を言ってはおりますが、何処かのタイミングでUNITでもお見せできる機会を作れたらな〜なんてのも頭の片隅にあったり。UNITの考える洋服は道具である一面もあります、そう言う意味でも同志(というか憧れ)であるプロダクトはオススメしたくなりますからね。

皆さんも頭の片隅に置いておいてくださいませ。


それではまた次回。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日もご来店・お問い合わせ等、皆さま有難うございました!

今日は箸休めネタ、昨日はようやくお休みらしい1日を過ごせましたので、そのお話笑

自治体の名簿からランダムに選ばれて回答するという、国民性調査の訪問員の方を午前中にお迎えした後、






北の自宅からピューっと南下して蓮華王院三十三間堂まで。途中祇園花見小路を通過したのですが、秋の京都らしい風景。






去年1001体の千手観音像の改修が終わり、今年の春に新国宝に指定された三十三間堂。中の仏像が見どころなのもさることながら、お堂自体も面白いのです。これは昭和初めまであった大屋根を支える柱の台座。






そして昨日行った本当の理由が、、、読書笑
子供の頃、小学生の頃ですね、時代小説をよく読んでました、感覚的にはヒーローもの笑。藤沢周平・海音寺潮五郎・津本陽・南條範夫あたりが好きでした、史実に法って書かれているモノも架空のモノもワクワクしながら読んでましたね。そして今回の1冊は柴田錬三郎の短編集、主人公が全員嫌われ者で性格に難があって根暗という、、、笑。それが何故か魅力的で、、柴練の文章は飾り気が無さすぎて子供心になんとなくつまんなく感じていたのですが、この短編集だけはなんだか好きで何度も読み返してました。しかし今読むと、柴練の文章が不思議と沁みます笑
そのはみ出し者5人中、もっとも気になったのが三十三間堂で行われていた”通し矢”という競技に人生を捧げた人物の話でした。
それを先日何故か思い出し、せっかくなのでロケ地で読もうと思いまして向かった次第です。アニメの聖地巡礼のような感覚なのかな笑、しかしながら実際行われていた場所でそれを読むのは中々悪くないのですよ。小説ってそういう一人遊びができるのも楽しい要素だと思います、みんなしないのかな?笑。






そしてその三十三間堂の裏側には、その名残がそのまま残っているのです。






矢が刺さって柱が壊れないようにと着けられた鉄板や、弓弦の交換の際に弓を固定する弓筈の跡、何故か1本だけ刺さったままになってる当時の矢。お堂の中にも主人公の奉納した絵馬が展示されていたりします。千手観音を見に行くことがありましたら、ちょっと思い出してみてください・・・興味ないですかね笑。

そしてそこから北に移動して、平安神宮前の国立近代美術館で






藤田嗣治展へ。






人気の画家ですので、まあボクが色々言う必要もないですよね。やはり肉筆を見られるのは良いです、でもね、いっつも残念なのが、ボクが気に入ってる作品ってグッズにならない。額装できそうなリトグラフとかを1つお土産に、なんてもうのですが、、ほとんどの展覧会で無理。なので自ずと図録を買うことになるのです、コスパ悪い。。。笑
買わずに帰って後悔することもしばしばですので、今回も購入、やらずに後悔するよりやって後悔、、ちょっと違うか笑






そして仲良くしてもらってるカフェでダラ〜っとして(特大ボカディージョ)、






夜の花見小路をもう一度通過し、






知恩院さんのライトアップに。










後1年で10年の大改修が終わる知恩院、改修中の為見るスポットが10年前よりも少ない分違うところを開放してたりするのです。特に国宝の三門、お釈迦さんと十六羅漢と中の伽藍は見応えアリですよ、京都盆地も一望です。






そして若手のお坊さんがインスタグラムなどで新しい試みをしていたり、良い雰囲気でした。顔ハメ前にもお手伝いするお坊さんが1人、なかなか微笑ましい光景でしょ笑

という感じで鴨東満喫の休日でした。


明日からの3連休、京都の名所は見頃だと思います、是非遊びにいらしゃってくださいませ。

そしてUNITにも必ずお越しくださいませ笑


それではまた明日からもよろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ここ数日Macに悩まされておりました。。。

昨日は通販でご利用くださってた福井のお客様や、初めてお越しで盛り上がった方、他にもたくさん来て頂き嬉しい1日だったのですが、PCの書類も心配で、なんだか両極端な気分で。。。笑

なぜかUNIT、いつも月曜日が忙しいのですよね。

そして今日もPCと格闘しておりまして、、色んな対処法を試すのにうんともすんとも。。ちゃんと定石通りにやってるのに、、もしかして。。と思ったことを確かめたくて、アップルのホットラインに。そうすると、、、、やっぱコレか〜ということで、寺町のエディオンに走り有線のマウスを購入して(トラックパッドが一因でもあったので)ソフトの再インストールに至りました。。。






疲れた。。。大切な書類は更新後毎回別のメディアにコピーすることを誓います笑

アナログ、大切ですね。

ということで、ご紹介したいのが沢山あるのに遅れてることにもモヤモヤしながらこの時間を迎えてしまいました。

次回ビシッと更新します、よろしくお願いします笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はボクにとってちょっと一息つくような感じの1日でした。

来シーズンのオーダーやら一昨日のオーダー会、トビラの本格導入等で、ちょっとだけ気持ちが慌ただしい感じで。そういうちょうど良いタイミングで昨夜はゆったりとしたお呼ばれに預かりました。






鹿ヶ谷の安楽寺さん、哲学の道の東側、法然院さんの近くの古刹です。
先日の投稿でお知らせしましたLea Thomasのライブにお邪魔してきました。流石に東山の高いところはこの時期になるととても寒い、その分空気が澄んで闇の美しさに輪郭を描くような。灯りのない山門を潜り、うっすら見える石畳を探り足で進み庫裏の方へ。






フルムーンの下でのライブですので、そのままのタイトル。






本当に心地の良い声をもつレアちゃん、しっとり染み入る歌声で山寺の空気感にス〜っとフィットするライブでした。新曲は音数を絞り込み、よりレアちゃんの本質に近づいた、寄り添ってくれるような曲に仕上がってました。 パートナーのジョンは映画音楽も手がけるドラマーで、すごいマニア。色んなサンプリングを取り込み、これまたシチュエーションにピタリの音を奏でていました。

癒されました。






何よりレアちゃんの笑顔と会話に癒された、というのが本当かもしれませんが(笑)。






そして新作EP”Part Of This Place“のUNIT販売分も預かってきました、リンクから少し試聴可能なので耳を傾けて見てください。ボクも一昨日からず〜っと聴いてます、寝入り端も聴きつつです、どハマり。

秋の夜長、素敵な歌声をどうぞ。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日までのMARINEDAY TRUNK SHOW、ご覧くださって有難うございました!カバンが沢山旅立って行きました、嬉しい限り。

その連れて帰ってくれたうちの1人、友人で映像のプロのM氏と、ボクが出勤前ロケハン的に久しぶり立ち寄った御所で何気なく撮った写真を見ながら、






「素人が撮ったら、デジイチよりも最近のiPhoneの方が綺麗じゃない?」なんて話をしておりました。プロ目線からしてもやはりそのようですね、そういう話をネットやそこらで散見するので、そうなの?って思っておりまして。前にもちらっと言いましたが7月までiPhone6だったのでそれよりデジイチの方が良かったのですが、、変えると実感しました。






そして上の写真よりも更にこの1枚を撮った時に気づきました、両方で比べたら一目瞭然でした、、やはり道具というのは使いこなしてこそですね。それを時代の技術が補ってくれるのであれば、デジイチよりもスマホを使う方が素直かもしれませんね。
という事で今日からUNITの写真はiPhoneです、早速いつものセルフィー用のリモコンとマウントを用意しました(笑)

とりあえず暫定的にHP用に撮った写真で思い返した、”洋服・鞄・自転車”というUNITの3本柱。ボクが日々の生活を送る上でハズせない3つ、まあこれに音楽とお酒と読書が加わるのですがそれは別の話で(笑)

これまた数日前に先輩と話していたのですが、






昨日もご紹介しましたPt.Alfredのチノスーツ、毎日しつこい様ですが・・・笑、これはUNIT的”道具な洋服”の代表格だなあという。このスーツはいわゆる”アメトラ”的な解釈を元にデザインされ、”チノーズ”というWWⅡに於いて米軍で使われ発展した素材で製作された洋服。合理的な発想と荒い仕様に耐えうる素材、まさに道具然としてますよね、ユニフォームっぽいと言う方が伝わりやすいかも知れない。
例えば、その他のジャンルのスーツと比べた場合、タイドアップは当たり前に全てのスーツに似合うわけですが、クルーネックのTシャツをインナーにするとしましょう。クラシコイタリア系のスーツの場合、かなり色っぽく仕上がりますよね。英国トラッドの場合だと、、あれ?シャツ汚れたから脱いだの??と言う雰囲気になってしまう恐れも。それがこのアメリカントラッドなコットンスーツの場合はストンと落ち着く、それに合わせる足元がスニーカーでも革靴でも過分なテクニックが要らない。
汚れたら洗えば良い(実際ボク、昨日ベージュを汚しちゃいました笑)、洗い晒しになっていったとしてもそれも格好良い。先輩は「ポケットにガンガン物を入れて膨らんでもこのスーツなら様になる」とも言ってました、その通り。 と言いますか、、ボク自身はどちらかと言うと英国トラッド寄りの発想で育ったのでこのスーツを着て実感した部分も大きいです。
そして他の洋服も、上品でありながら道具として長く付き合えるかという目線を必須でセレクトしてます。
既出の”制服”というのもキーワードかも知れません、ワークもミリタリーもトラッドも殆どの男性の洋服にエッセンスは込められてますよね、そういう意味でも道具。

そしてバッグ。






FREDRIK PACKERS・MARINRDAY・NUNC、UNITのバッグの3本柱。
ファッショアイテムでありながら多角的に性能を吟味される存在、ファッショナブルでも使いにくければダメだし、使いやすくてもカッコ悪かったら持ちたくない。そして何よりも機能美が存在しやすいファッションアイテムだと思います。この3者の中で最も機能性に遠い存在だと思われるであろうマリーンデイでも、実際のところはトートだったりペーパーバッグだったりと、長年道具として培われてきたデザインです。そして欠かせないのがお財布のFLAT4、シンプルに作った恩恵で使いやすくて壊れにくい。まさに道具としても合格だし色んなスタイリングの邪魔もしない、両方を兼ね備えた存在です。
そしてUNITスタートと共にあり続けるパッカーズの存在感は言わずもがな、テクニカルで緻密に考えられたヌンクがブランドスタートの時に先行でUNITを選んでくれたのも、バッグに対してUNITが洋服以上に真面目に向き合ってきたのを理解してくれたからだと自負してます。

最後に自転車。
UNITの洋服、特に真冬のアウターを考える際に最もきにするのが自転車に乗る時に”不自由ない”かどうか。ココ結構大事で、”自転車に乗る為”ではなく”乗るのに不自由ない”ということ、例えば前の打ち合わせがシングルでボタンのみだと風入って寒いですよね。そういうものは必ずジッパーがついてるモノ、そうじゃない場合はダブルでストールと合わせると外気を遮られるようなモノを。意外と真面目に考えてるでしょ?(笑)
そしてUNITのパートナーシップなブランドであるE.B.Sと2ndレーベルのtobira、普段の生活に根ざした自転車ですのでレース機材ではなく、上質で長く使える道具なのです。例えば写真に出ているボクの普段乗ってる自転車にはパニアバッグがついてます、ここにカバンを入れちゃえばメッセンジャーやバックパック以外のカバンを選択できますので逆に洋服も限定されません、スーツでも格好良く出勤できます。仕事帰りにトイレットペーパーやお米だって運べてしまうし、休日に小さなカバンで出かけても買い物したものはポイっと持って帰ることも。
懐古主義の自転車ではなく伝統的な手法で今の自転車を作ってますので、スポーティなスタイル〜革靴を履くようなコーディネイトまで違和感なく寄り添ってくれますし。
そういう道具を毎日のパートナーとして考えると、やはりしっかりしたモノでなければ、高級ではなく上質。極めてシンプルにも・ボリュームアップしても乗る事が出来るtobiraとE.B.Sは、道具としてとても優秀なのです。






例えばこないだ納車が済んだtobira model-T、OSGちゃんも気に入ってくれてイイ笑顔です。160cm無い女性ですがホリゾンタルフレームに乗れる喜び、シブめのカラーに女性が乗るのも素敵ですよね。これで彼女は京都の街の宣伝部長ですので、見かけたら声をかけてください(笑)






こちらはtobira model-O’、model-Oの廉価版です。先輩の娘さんが春からの高校通学に買ってくれたのですが、半年経って益々大切に乗ってくれているそうです、おじさん嬉しいです(笑)


こんな感じで着々とリリース中、しっかりした乗り味を試しにお越しくださいませ、乗ればわかります。






余談というか、その脇にというか、本来こっちが先というか、、そもそもボクの自転車ライフはMTBからスタートしてます。ピストが流行った時でも・ロードが主流の最近もMTBでした。専用ウェアで行くこともあれば写真のようにいつものTシャツGパンでも、夏以外はほとんどGパンだな。元々山が好きで、普段着で遊べるMTBだったから続いてるのかも知れません。






さらに余談なのですが、昨夜自宅で片付けしてて、ホントにたまたま見つけた12年前のメンズクラブのボク、、、。
今とほとんど内容変わって無いでしょ?ブレない男なので安心してボクのこの提案に乗ってくださいませね(笑)

という事で少々脱線しましたが、ボクの毎日をフィルターにして快く過ごせる”道具”をUNITに集めたらこの3つが軸になったというわけです。


洋服・バッグ・自転車、同じ線上にある道具のご提案の中から、皆さんのリビングスタイルに合ったモノを抽出していただければと思います。

それ以外のボクの必需品の話はまた枝葉末節回で、最近かけてないですが(笑)

今日は雨でしたね、、明日は久々に全休ですので山に行きたかったのですが、、行けるかな。


それではまた明後日です。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×