UNIT

こんばんは。






昨日も多くのお客様にお越しいただきました、ありがとうございます!。皆様楽しく選んでくださったようで、出来上がりが楽しみです。






evo-seeさんのオーダー会は明日まで開催ですので、ゆっくり選びにお越しくださいませね、お待ちしております。

そして本日は冬支度のご案内。







SUBU winter sandalです。
あったかそうでしょ??あったかいんです(笑)






アッパーはナイロンの中にポリエステルの綿をたっぷり詰め込んでます、






インナーはベロアでフワフワ。
説明不要ですよね、見たまんま暖かいのです。






そして、見た方には”ルームシューズ??”とかって言われるのですが、ソールはしっかりしたものがあしらわれてますので、もちろんの外履き。






スポーツ系と思われがちですが、結構普通のスタイリングに溶け込みます。ウールのパンツなんか似合わせてもらっても大丈夫。もこもこしたソックスと合わせるととても良い感じ。また写真追加しますね。

ちょっとそこまで用でも良いですし、寒い事務所にお勤めの方・脱ぎ履きの多い仕事の方・キャンプサイトで・車の中にポイっと・冬のサンダルスタイルにも、、、色んな用途にお使いくださいませ。ちょっとしたプレゼントにも喜ばれるかと思います。






袋付きなので携帯しやすいですね、嬉しい心配り。

そしてコストパフォーマンスもこのサンダルの強み、とりあえず1足持っておくと便利ですよ。






SUBU winter sandal ¥3,400+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨日お知らせしましたPt.Alfred&tobira custom order meeting、じわじわご予約で埋まってきております。皆さま有難うございます、お考えの方はお早めにご予約お願い申し上げます!!






そして本日は定番チノスーツをカジュアルなタイドアップで、最近茶靴をはく回数が減っててこんな感じはなんだか新鮮(笑)

そしてそして本日も新入荷の速報を。

まずはJackmanです。






Sweat Crewneck ¥14,000+tax
ベーシックな前Vのスウェット、この価格でこの作り込みは凄すぎです。素材感が良いので王道アメカジながらウールパンツなんかと合わせて上品にも着られます。






Sweat Trousers ¥15,000+tax
同様にベーシックなスウェットパンツ。シルエットが綺麗なのでこれは幅広く使えそうです、個人的にはJKTと合わせたりしたいなあと。






Sweat Midneck ¥14,000+tax
モックネックのスウェット。単純にカッコイイ、秋冬のコーディネイトのベースに使いやすいポジションだと思います。






Sweat Highneck ¥15,000+tax
同じ素材ですが、タートルで裾をスリットつきにすることでより洒落感が増しますね。中綿ベストとか合わせると良さそう。。






Knit Cap ¥4,000+tax
打ち込みのしっかりしたリブなのでニットキャップに使うのにもうってつけなのです、形もベーシックで、深く折って浅くかぶる・浅く折って深くかぶる、どちらもバッチリ。個人的にはマストです。






次はARAN WESTARAN ¥17,000+tax
軽いコーデュロイをノーカラーのウエスタンで。デザインとしても説得力もありますし、襟なしなのでストールも巻きやすい。カーディガンやアウターからチラリと襟元が見えると素敵そうです。






そしてストール、STELLA ROSA MAILA ¥6,800+tax
上質でスムースな肌触りのアクリルを使った大判ストール、これは色バリ揃えても良い価格でしょ?ボクももちろんそうします、ストール見ると冬が楽しみになります。






SUBU ¥3,400+tax
中綿入りで内がボアのウインターサンダル、フィット感もよくソールも安定してますのでしっかり使えますよ。早速2色買いの方も。


という感じで、どんどこ入荷しております。
さ〜楽しくなってきた!!(笑)

明日もお待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨日の日中はサラッとした風を感じ、夜半は少し冷えるくらいでしたが、本日はいわゆる残暑という感じ。
SNSをのぞいたら皆さん夏の終盤を楽しんでいるような写真が沢山、天気も良さそうですしね。

それでは本日はちょこちょこ話題の端に出てきておりました






この奥の新作スニーカーのご紹介です。






ZDA
1950年代~1980年代、まだチェコスロバキアだった時代のパルチザンスケという小さな町で生産されていたシューズブランドのZDA。当時のソールや型、そして製造していた機械が現存していたことが今回の復活の大きなきっかけとなりました。そのファクトリーに協力を仰ぎZDAは2016SSシーズンより復活することができました。当時の機械を用いて、ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで生産されています。


というブランド、ウレタンのスニーカーも良いですが、伝統的なヴァルカナイズのスニーカーは安心感がいいです。そのZDAから、






CLIMBERをセレクトです。






確認したわけではありませんが、この辺りの時代に意識したデザインなのでは?と思います。アメリカを中心に東欧でも採用されていたデザイン。UNITに長くお付き合いいただいてる方にはちょっと懐かしいかもしれません。






上の50年代の広告にアウトドア向きだよ〜って書いてますが本商品も”クライマー”というモデル名ですので、デザインソースとしてはその雰囲気。そしてアッパーのデザイン自体は後世に引き継がれたハイカットスニーカーのそれですので、我々から見るとある意味ハイブリッドな感覚も。






アッパーはスエード、ソールは天然ゴム。スエードのスニーカーは存在感も良いですし、エイジングも楽しみ。ゴムの質量もしっかりなので長年使えそうな安心感があります。






ボリュームがありながらスッキリはけそうなフォルムです。ハイカットの部類ではほんの少し浅めの雰囲気、靴下で遊ぶもの良さそうですね。








個人的に気に入っている部分がアウトソール、黒とツートーンでちょっとヒトヒネリが嬉しいところ。ビブラムっぽいソールパターンでアウトドア由来の空気を漂わせています。そしてコレ、実際はきやすいのです。






実はボク、半年以上前からはいております、皆さんにオススメする前にちょっと試しておこうと思いまして。この写真は3月の投稿、あまりにもひっそりした前フリ、、、、(笑)

実際はいた感想としましては、思った以上に長時間はいていても疲れません。ヒールが上がっていることと適度な厚みなので、よくあるこの手のスニーカーよりも楽です、適度な重みがあるのもその理由ですね、登山靴もそうでしょ。

パンツとの相性も良いのですよ。

ということで何パターンが写真でご紹介。






まずはファーティーグ、まとまりの良いボリューム感です。






ロールアップすると活発な雰囲気に。






裾に表情のあるパンツはもちろん相性抜群。






例えばこんな感じの丈の短めで太いパンツ、綺麗にまとめてくれます。ボリュームがありすぎるとコロンコロンしますし・華奢だと物足りない、、その両方を補ってくれます。






逆にスッキリめのアウトドアよりのパンツ、トップスにマウンテンパーカとかを合わせやすいバランスです。






ロールアップ、この場合靴のボリュームがしっかり出ますので、トップスをルーズにしたりというコーディネイトをしやすくなります。






デニム、こんな感じの裾1つ折りが気分なんじゃないでしょうか。






同色で太いパンツ、いうまでもなくバッチリです。全身黒もモノトーンに白のテープが映えそうでしょ。このパンツはまたご紹介です、って・・最近一人数珠繋ぎっぽい(笑)

今回は下半身に絞って掲載しましたが、今後コーディネイト写真でも登場回数が多いと思います。



冬のコーディネイトにバッチリ付き合ってくれそうなスニーカーです、是非お試しくださいませ。






ZDA CLIMBER ¥19,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

そうなんです、やはりジャーマントレーナーは良いのです。






前々回に”良いのが入った”って申しておりましたのが奥に見えますが、それはまたゆ〜っりとご紹介予定。その前に大定番の補充もできましたので、これを本日は。








UNITでお取り扱いしておりますのが、REPRODUCTION OF FOUND がリリースするジャーマントレーナー。こちらは通常の合皮ではなく天然皮革のソフトレザー、このおかげでフィット感が向上してはき心地が良くなりました。更に厚みも抑えられますのでスッキリしたフォルムに仕上がってます。






インナーもピッグスキン仕様で、高級感とはき心地もさることながら通気性も良くなってます。なのでこの残暑の時期にはいても快適、年中無休です。






生産はもちろんスロバキアです、軍用スニーカーを作っていた地域でヴァルカナイズのクオリティもお墨付き。

この1年ほど、ボク自身もジャーマンを再認識した気分でよく出動させてます。ショートパンツのコーディネイトには引き締め効果がありますし、ロングパンツとの相性は言うまでもありませんよね。そしてコレはボクが細かいところを機にするからかもしれませんが、、、クロップドパンツやロールアップではく場合、合皮の方だと少しボリュームが出過ぎるような気分がしてあまり合わせたくないなあと思っていたのですが、この本革タイプの出現でその心配がなくなりました。多分・・・秋の店頭のボクはPt.Alfredのチノスーツをロールアップにしてコレをはいてる状態ばかりになると思われます。。。(笑)

と言うことで過去の投稿写真を少しピックアップ↓












うん、文句なし。

皆様もサイズが揃っているうちに。今回は38も入荷してますので、女性で合う方もいらっしゃるかと。

秋冬を見越した、ベーシックのためのベーシックをどうぞ。






REPRODUCTION OF FOUND GERMAN TRAINER ¥21,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

またまた週末にかけてグズつくお天気の顔色ですが、皆様いかががお過ごしでしょうか。

とはいえ梅雨が明ければカリッカリに暑い夏がやって来ます、その前に今年も夏の足元のご準備をどうぞ。






HENRY&HENRY FLIPPER








デザインの安定感・耐久性・コストパフォーマンスの3拍子が揃った定番サンダル、イタリアでも愛される存在です。






ベーシックなデザインで薄めなのでちょっとキレイなコーディネイトの時にも馴染んでくれます、さすがイタリア製。






履いている人は口を揃えて言うのですが、本当に減りません。とても耐久性の高いラバーを使用してます。








今年はゴールド・ホワイト・ブラックの3色でご用意しました。ブラックは当たり前に使いやすいですし、白もスニーカーのコーディネイト感覚で使えます。やはりゴールドがピックアップの色でしょうか、ケバケバしくないマットな発色なので使いやすいですよ、軍パンなんて合いそうです。

普段はもちろんビーチでも、夏の雨の日にも。価格的にも玄関と車の中に1つずつ常備しておいても良いかもしれませんね。

ボク、真っ黒が欲しくて毎年買おうと思うのですが、、、かなり前に買った黒×グレーが壊れてくれないのです、、、それくらい丈夫であるということなのですが(笑)


夏の定番ですよ。






HENRY& HENRY FLIPPER ¥2,200+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

こってり雨ですね、こんなに降るとは思ってなかったです。このところ何故かブラジル音楽リバイバルがボクの中で発生しておりまして、先日ブラジルからの旅行者さんがお店で流してたMOSKAの曲を聴いてとても喜んでくれました、日本のイメージアップに一役買いました(笑)。コレ、夜に部屋でチビチビ飲みながら聴くと気持ち良いのです、最近引きこもりなのでそういうシチュエーションで聴きやすいブラジル音楽を選んでるのかも。ということで雨の日に合うブラジル音楽といえば、、






やはりコレ、Nara LeaoのDez Anos Depois。ボサノバの女神ナラ・レオンが歌う名曲集、日本人の耳に馴染んでいるスタンダードも多く入ってます。ジャケットそのまんまで雨をゆったり楽しめる1枚、素敵な写真でしょ。雨といえばジョビンのChovendo Na Roseira、そのまんまのタイトルでバラに降る雨、ブラジル音楽の金字塔ですね。

そしてそんな雨の日、なんとなくご紹介したくなったのがハイカットのスニーカー、というかブーツと言う方が良いのかも。






VALCANIZER MOCK TOE WORK BOOTS、春夏にバッチリのハイカットスニーカーです。






素材が麻、通気性が良いのでハイカットにも相性が良い。






スッキリとしたモックトゥの8ホール、ワークブーツのディティールを踏襲したデザインです。






アイレットがスニーカーっぽくてシューレースはブーツ的、質感が良いです。






天然ゴムのソールをヴァルカナイズで成形、ソールも粘度が高く削れにくいですしサイドテープも剥がれにくい。耐久性の高い仕上がりです。






こんな感じです。
ボク、個人的には春夏によくハイカットを履きます。まあ、、秋冬と同じなのですがロールアップによく合います、くるぶし丈のパンツも表情も作りやすい。






このようなドローコードで絞るタイプのパンツとも親和性が高い、太いハンパ丈のパンツも足首の始末を悩まず楽にこなせます(コレはまた後日に)。

春夏になるとどうしても足元を軽くしていく方向に行きがちなのですが、しっかり目のモノを持ってくると全体のイメージがしっかりしますので結構便利なのです。それが革のブーツなんかだと暑苦しいですがスニーカーだとちょうど良いですよね。Tシャツ1枚の軽いスタイルの引き締めにもなります。全身白系のコーディネイトにこのスニーカーなんてのはとてもカッコ良さそう。






ちなみに同型の素材違いも健在です。
こっちのご紹介の時のブログ記事でも触れましたが、このスタイルは元々半世紀前のL.L.Beanで作っていた由緒正しいスニーカー、というかブーツ。。。どっちだろ(笑)

本当にオススメです、ぜひご試着くださいませ。






VALCANIZER MOCK TOE WORK BOOTS ¥12,800+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

座ってるとふと思うのですが、、






カーゴパンツの座ってるときの雰囲気を上から見るとなんだか嬉しくなります。ポケットとシワ感とオリーブの陰影がなんとも言えない、白いスニーカーの時はなおさら思います。






座ってるときの服の表情って、立ってるときとはまた違う言い分があってイイ、顔は自信ないのでスミマセン(笑)
しかし、オリーブの軍パンとしろスニーカーってほんと素敵な組み合わせです。このスニーカーはオープン最初にお店に置いた”BIKE Keds”です、写真では誤魔化せてますがかなりボロボロで補修しながら履いてます。あと1年半で10年の付き合い、もうちょい頑張れ(笑)

今年は個人的にもお気に入りの商品が多い、特にARANさんのパンツはちょっと依怙贔屓してしまいます。それも込みで、4月最後の日なのでザバ〜っとおさらい。






CLUB DE MER Berton shirt ¥8,900+tax
掲載日のブログ






ROMA BELT MESH ERA ¥8,800+tax
掲載日のブログ






ARAN BR-T ARAN BR-T ¥9,800+tax
掲載日のブログ






GERMAN TRAINER ¥19,800+tax
掲載日のブログ






weac. JODY ¥15,500+tax
掲載日のブログ






weac. OHANA ¥14,000+tax
掲載日のブログ






ARAN EG PT ¥22,000+tax
掲載日のブログ






BETTER LT.FLEECE RAGLAN PULL-OVER ¥9,800+tax
掲載日のブログ






ARAN CZ PT ¥21,000+tax
掲載日のブログ






MARINEDAY SAILING ¥8,400+tax
掲載日のブログ






MARINEDAY PORTE ¥7,400+tax
掲載日のブログ






BETTER MID WEIGHT 3/4SLEEVE PANEL T-SHIRT ¥8,800+tax
掲載日のブログ






ARAN OVER PT ¥22,000+tax
掲載日のブログ

うん、良いものばかりで自画自賛(笑)、GWの空き時間にクリックでお買い物でも・もちろん店頭でブログ未掲載の最新入荷をチェックでも、なんでもお待ちしております。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ここ数日寒いですよね、油断してちょっと危なかったですがお店に置きっぱなしの服を無理やり着込んでなんとか耐えました、オシャレ感ゼロ(笑)

逆に言えばこれで春がきっちりスタートです、嬉しい限り。

本日は世の中の大定番、UNITでもしっかりベースを守ってくれている






ジャーマントレーナーのご紹介。
このジャーマン、実は前から知られているモノとは一味違うのです。






そにが違うかと言えば素材、既存モデルは合皮でしたがREPRODUCTION OF FOUNDのリリースしているジャーマンは牛皮のソフトレザーです。このおかげでフィット感が向上してはき心地が良くなりました。更に厚みも抑えられますのでスッキリしたフォルムに仕上がってます。






インナーもピッグスキン仕様で、高級感とはき心地の向上を。








生産はもちろんスロバキアです、軍用スニーカーを作っていた地域でヴァルカナイズのクオリティもお墨付き。






大人なら必須の定番スニーカーです。

必ず、一家に一足(笑)






GERMAN TRAINER by RERODUCTION OF FOUND ¥19,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は以前に軽くお知らせしたスニーカーを。






REPRODUCTION OF FOUNDのUS NAVY MILITARY TRAINERです。
コロンとした表情の、どこか懐かしさもあるシルエットのスニーカーです。






生産はルーマニア、東欧が旧体制の頃の製靴技術の伝統を引き継いだ工場が多く残る国です。ですのでミリタリーのトレーニングシューズを作らせると、やはりここでしか出来ない空気感が生まれます。








アッパーの素材はテフロン加工済みのコーデュラナイロン、撥水性と強度を兼ね備えた素材。スニーカー自体の表情も他にない独特の雰囲気に仕上がってます。








そして天然ゴムで作られたソール。粘り強い耐久性と自然な柔らかさ、ウレタン系にはない安心感のある履き心地。








サープラス、なんて言葉を使いたくなる質感です。












コロンとしてるのですがすっきりした印象もあります、ショートパンツの季節もボリュームが出過ぎず物足りなくもない。






オリーブ同士で合わせるとやはり一体感がしっかり、良い雰囲気。





r> ロールアップしてソックスでワンクッション、ニュアンスが出てこれまた良いです。






頑張りすぎてない、余裕のある感じが良いでしょ?春のコートをふわりと羽織ればもう出来上がりです。






ちなみに仲間的な存在、FRENCH MILITARY TRAINERもスタンバイしてますので、こちらも宜しければ。

いや、正直なところ自分は履かなくても他ので代用できるし良いかな〜なんて思ってましたが、、、写真とってるとムクムクと購買欲が。。。。笑

全体のトーンの引き締めにもなりそうな色あいですし、春だからこそ落ち着きカラーのスニーカーを。

一度履きにおいでくださいませ。






REPRODUCTION OF FOUND US NAVY MILITARY TRAINER ¥11,800+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

いや〜、本日は嬉しい始まりでした。






このメガネ、2ヶ月前に無くなってたのです。お酒を頂いてフワフワ帰宅、ソファで寝転んで2時間ほどでベッドに移り朝目が覚めると、、、無い。ん?、、、どこかに忘れた??、いや、それなら見えないので帰れない。なのでそこらじゅう探したのですが・・・・無い、本当に無い。
先輩は「コンビニのATMに置き忘れたんじゃない?」なんておっしゃってましたが、行ってないし先輩方のような老眼まではまだ少し間があるら外すこともない笑
そして一旦諦め、それでも時折思い立って自宅内を探したのですが、無いものは無い。仕方ないし代わりをそのうち買いに行こうと思っておりました。

それがですね、今朝目が覚めてちょっとお仕事のことを考えてて「去年の今頃何着てたっけ?」と思い、携帯内の写真を遡ってたらそのメガネをかけてる頃の写真が出てくるわけです。やっぱこのメガネ好きだな〜と思いつつ、あそこも探したしなあ・・・と反芻しつつ、外す場合のボクの動きをシュミレートしてたのです。それで数パターン思いついたところで、、、ん?もしかして!?と探してみると・・・・あっさり出てきました笑

それが場所的には何回も何回も見たところだったのです。。。






それがココ。探さ無い方がおかしいと思うでしょ?その通り、10回は見ました。

しかしその探した”つもり”が盲点。

ソファの裏は低い本棚になってまして、その上に板を渡して小物ケース等を置いてるのですが、絵の上部の下空間があり、木箱を置いてポスターのケースや使って無い革の生地などを丸めて立てておりまして、その奥に滑り込んでたのです。それを






こちら側から探してました。しっかり見てたつもりなのですが見えてなかったのですね。んで今朝考えてて、いつもソファの左袖(最初の絵の上側ですね)に頭を置いて寝転ぶのですが、外してテーブルに置かず左手で外してポロリしたんじゃないの?ってことは、、、ひょっとしたらいつも探してた反対側(ソファの背中側)から見るともしかしたら!!!






で、こっちから見たら木箱の奥底に滑り込んでました笑
そして朝というのが良かった、ボク目が弱いので部屋の照明が暗め、夜に探してて見つからなかったという側面もあるかと。

いや〜嬉しい、本当に気に入ってたメガネなので。

モノを見る角度を変えるのは大事なことであるというのが身に沁みて分かりました、勉強になりました笑


はい、嬉しくて無駄話に気合を入れすぎました笑

では本日のお話、まずは定点観測的なのを。








毛糸モノの本格的な時期になりました、STELLA ROSSAのストールも好評、必ず連れて帰ってくださいませ。そしてGuernsey WoollensのGUERNSEY CARDIGANもここから主役になりますし、前回お知らせしたFISHERMANのCREW NECK KNITも大活躍間違いなし。






vitterのハイゲージのクルーとカーディガン、これも色んなコーディネイトに滑り込みですのでバッチリ。








そしてBEAVER OF BOLTONのアウターも揃いました、今年はいつもに増して秀逸かも。。。追い追いご紹介しますね。

そしてここから前回の補完をお話します。






FISHERMAN CREW NECK KNITですね、風合いも良くシンプル、だけどしっかり意思表示もある。汎用性の高さも魅力ですので、本日は4パターンの味付けをお知らせしてみようと思います。






まずは最も”らしい”コーディネイト。
ARAN FATIGUE PANTSVALCANIZER MOCK TOE WORK BOOTSでオーセンティックなアウトドアニュアンスなパターン、オイル引きのアウターやキルティングJKT・ゴアテックスのマウンテンパーカやアメカジ的なアプローチにも。






ベーシックな落ち着いたカジュアル。
FOBのONOF PANTSとGERMAN TRAINERで王道ベーシックを、この場合全てのアウターにマッチングすると言い切って大丈夫だと思います。これ以上説明の必要も無い笑、中にシャツを着て上品さをアップさせるのもイイ。






ということでさらに上品なイメージにしてみました。
Pt.Alfredのノープリーツレギュラーストレートとフルブローグのドレスシューズ、ベースのイメージは粗野なニットなのですがシングルソールのドレスシューズとも相性が良い、ダッフルコートなんかを着たくなりますね。もちろんダブルソールのカントリシューズは更に相性良しです。






いやいや、スポーティに合わせられなくては!という方ももちろん。
alk phenix crank pants /karu stretchFRENCH MILITARY TRAINERで、ダウンベストを合わせたりナイロン系のコートを合わせたり。新素材のコーディネイトをグッと引き戻して落ち着けるにはちょうど良い存在、風合いシッカリですがプレーンなスタイルなのでそれをしても嫌味になら無いのです。

ということでしたが、、、いかがでしょう?
本日は登場しておりませんがスウェットパンツもイイし・コーデュロイももちろんだし・デニムだって言わずもがな、本当に有用でクセになるニットです。前出のストール同様ワードローブに必須です。

そして番外編といいますか、ちょっとお節介というところかもなのですが、、、、前回「Mなら女性も着られる」と言ってたのを覚えてます?
ということは少しサイズ取りが小さめ(と感じる人もいる)かも知れません。ということで、ボク定休日の間に裏ワザを試みてきました。










という具合にちょっとサイズアップ。
これは洗濯と干し方で可能なのです、あくまでも裏ワザでネット上で大声でいうのはアレなので、知りたい方には直接お伝えします。

ニットってこういうのが可能なので便利、永く存在し続ける素材っていうのは懐が深いです。

本日長いブログになっちゃいました(前半無駄でしたね笑)、しかしながら情報濃いと思います。

それでは週末のご来店お待ちしております!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×