UNIT

こんばんは。

雨続きますね、も〜ほんと、雨でも大丈夫な靴とかズボンばっかりはいてて飽きてきます。。






水曜はいつも通り展示会回りをしておりまして、久々に日中のアメリカ村。夜に通り過ぎたりライブハウスに行ったりするのはたまにあるのですが、日中に行くのはいつ以来だろ。。昼過ぎの平日に居る若者たちを見ていると自分がオッサンになったなあと再確認します(笑)

この日は晴れたたしバルコニーでの展示だったし、気持ちよかったなあ。

そして本日の商品。
ちょっとだけ全天候型のニュアンスもあり、今の羽織りモノ・この先インナーでも使えるタイプ、








MANUAL ALPHABET WAX WEATHER SHT CARDIGAN
シャツをベースデザインにノーカラーにしたカーディガン的な仕上がりです。






素材はワックスコーティングのウェザー、今日のような降ったり止んだりのお天気の時にはノンストレスな素材。ワックスということはロウ引きということなので、着込むごとにチョークマークがついて風合いがますこと間違いなしです。チャコール(ほぼ黒)とオリーブの2色。






ちょっとゆとりのあるシルエット、ダブっとし過ぎず清潔感のあるユルさ。ライダースJKT的であり少しだけコックシャツのニュアンスも感じられるような、上品なワークウェアといった面持ちですね。






トップボタンのみダブルで深めの打合せが良い雰囲気、スナップボタンでミニマルに仕上げているのも好感度が高いですね。






大振りのポケットが左右に付いてカフスのない筒袖、シンプルイズベストです。






ふわっと羽織って雰囲気バッチリでしょ?
今日は細めの部類に入るパンツですが、ワイドシルエットのパンツに合いそうなのはお分りいただけるかと。インナーに襟付きの物を持ってきても良さそうです、シャツやタートルなんか。






トップをしめて、全部開きで。表情の変化も楽しめます。

これ、ピンとくる方多いのでは?と思います。

汎用性が高くて洒落感もバッチリ。

お早めにどうぞです。






MANUAL ALPHABET WAX WEATHER SHT CARDIGAN ¥14,800+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)






そしてMARINEDAY TRUNK SHOWの2ndステージも明日からの三連休で開催です!! こちらも是非是非よろしくお願い申し上げます!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はweac.から2点ご紹介します。

まずはシャツ、






weac. GOZILLA SHIRT
デザインソースはスウェーデン軍のM55、ヨーロッパの軍モノはデイリーファッションと相性が良いです。






無地のネルは素材の表情が豊かでシンプルな使い方も出来ます、プルオーバーとも相性が良いのでまとまりあるシャツに仕上がってます。








全体にゆったりしたシルエット、丈を少し短めにしてありスッキリ着られます。






ボタンを開けたり留めたりで表情も変りますね。






元ネタのM55には無いラウンドのスラッシュポケット、ミリタリーに少しワークテイストを追加。








ヨーク内とポケット裏をそれぞれ配色に、ちょっとした遊び心。






先日ご紹介したARAN EG PTZDA CLIMBERを合わせてみました、この下半身は色んなトップスに寄り添ってくれます、個人的にもお気に入りです。
もちろんこのシャツにも、チャコールや黒のモノトーンの場合ベタッとしちゃいそうですがネルのお陰で温かみのある表情。デニムや軍パンにも良さそうですし、アウトドアっぽいコーディネイトにもバッチリですよ。



次はパンツ、






weac. cook pants
古いフランスのコックパンツがモチーフです、ワークパンツですがどこかドレッシーな雰囲気も持ち合わせていますね。






全体にゆったりしたシルエット、テーパードの具合も程よい感じです。結構な太さですがパターンがしっかりしてますので自然なバランス、必要以上のゆるさは感じません。縫製をシンプルにしてますので、実はコストパフォーマンスも高い1本だったりします。






10OZ程度の軽いデニムです。個人的にはこの素材のボトムは大好き、元々ワークパンツによく使われた素材で丈夫さと動きやすさを兼ね備えてます。自ずと太いシルエットとの相性が良いのでこのパンツとも無論です。太いパンツは真冬でもスパッツを仕込みやすかったりで使い勝手も良いですしね。








腰回りはこんな感じです。
2プリーツで落ち着いた雰囲気、フランスのワークパンツは後ろにゴムが入ったものが多いのですが、このパンツはベルトループに。バップスタイルもシンプルです。






こちらもゴジラシャツとモノトーンで。
このまま冬のアウターを羽織る姿は想像に難く無いですよね、ゆったりしたトップスをそのままゆったりのニュアンスをキープしつつキレイにまとめてくれるかんじです。今はストック状態ですが、何度か洗って全体のハリが取れるともっと自然な感じになるかと。色落ちさせるのも楽しみです、その方がさらにカッコヨクなりそう。


本日ご紹介の2アイテム、どちらもミリタリー・ワークをスパイスにしてシンプルでベーシックな仕上がりに。

weac.らしさとちょっとしたヒネリを、ワードローブにぜひ。






weac. GOZILLA SHIRT ¥15,500+tax






weac. COOK PANTS ¥15,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






賀茂川の川べりはず〜っとこんな感じで野草に花がついております。眺めながら自転車を走らせ、思わず「恋〜はやさし〜、野辺〜の花よ〜。」という詞が口をついて出ました。”恋はやさし野辺の花よ”、今も学校で教わったりするのかな?、というかボクの頃も歌ってないかも笑。実はこれ、訳詞とオリジナルが結構違うのです。どちらも同じく花をテーマにしていることに変わりはないのですが、日本の詞は”花はすぐに散るもの、だけど夏も冬も咲き続ける私の恋心は誰にもおかせないのです”という一途な恋の表現。対してオリジナルは”愛は花の蕾のよう、ずっと見ていないと咲かないし枯れるのよ。真心なんてどっちでもいいからずっと私を見て!”という、、、バックボーンやら育ち方なんかも違いそうな女性の心・・・笑
元はボッカチオというオペレッタの1幕、ベアトリーチェ(だったかな、間違ってたらすみません)のアリアの引用で、日本語訳オペラでも恋は〜の詞で歌わない、、そりゃ話おかしくなりますんもんね。同じしなのに表情が変わる、、どの詩を乗せてもその世界観になるというのは素晴らしいメロディだということですね。
ちなみに作曲はオーストリアのスッペ、ウィンナオペレッタの父と呼ばれた人。彼の曲は素晴らしく耳馴染みの良いものが多いので、あれってそうなんだ〜ってのがあったります、ご興味あればユーのチューブで笑

件の唄は子供の頃に故藤山一郎氏が歌っていた印象が強く、どんなんだったかなと思ってボクもさっき覗いてみたら・・・スッペで調べたのでクラシック寄りの傾向で検索されたのか、京都ご出身のカウンターテナーの方が母校現堀川高校で開催されたらしいリサイタルの動画でした、素敵でびっくり。珍しい歌い手さんの中でもまれみる実力なのでは、、ちょっと追っかけてみよう。。見てるとオッフェンバッハとか聴きたくなってきた、最近引きこもりなのですが・・・こういうことやってるとそれが加速するんですよね笑



前置きが長くなりました笑、本日はちょっとだけ華やかなトップスをご紹介。








weac. CAVANI-NEO
クルーネックのプルオーバーシャツです。ベーシックに一途なUNITとしてはちょっと気分転換にどうぞといったシャツ、でもいつものボトムに取り入れやすい遊び心なので安心感もありますよ。






素材はクールマックス、これからの季節に最適。






ゆったりシルエットのバスクシャツ風味、細いパンツに合わせるのも良さそうですよね。






中央にハギをとってアクセントに、ゆったりしたシルエットですのでアクセントがついて引き締め効果。ポケットもいいですよね。






裾はサイドスリット、後ろ身頃が長くなってます。








ということでパネルでツートーンになってます。






ごく普通に、ファティーグと黒靴。








横と後ろ。
ちょっとモード的なアプローチに見えますが、実際は結構ベーシックなので普通のボトムにしっかり合います。というか、むしろそう合わせる方が大人ですよね。はき古したデニムにも良さそうですし、カーゴパンツにも合いそう。ショーツにスニーカーは無論ですよね、サンダルとなると・・・個人的にはしっかりめのソックスを履いて合わせるのがいいかなあと思います。

風通しもよくて速乾、見た目もさることながら着心地も快適なのです。

ベーシックに少しだけ遊び心を、いかがでしょうか??






weac. CAVANI-NEO ¥13,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は過ごしやすい1日でしたね、久々に良い天気でした。皆様もお仕事でしょうが、週末までのお天気楽しみましょう。

本日はARANさんのシャツをご紹介です、ボク自身よく着る1枚、なのでもちろんのオススメです。








ARAN FM SHIRT






素材はコットン85%・リネン15%のウェザー、ドライタッチな着心地で快適さもありつつシャキッとした生地が清潔感もキープ。






全体にはオーソドックスなフィット具合、程よいミリタリーの味付けです。






ノーカラーは着るだけで雰囲気を作ることができます。






ポケットのサイズ感・ディティールが絶妙です、アピール度の高いポケットですがさらっとしてます。






ハーフスリーブ、ニュアンスが出やすくて良いですね。






全体的にあっさり見えるのはボタンのサイズかもしれません、小ぶりでカラーレスの襟元と合わせて印象が柔らかくなります。






こんな感じです、ショートパンツをシックな雰囲気に持ち上げてくれます。






ロングパンツと。男っぽさがありながら肩の力の抜けた雰囲気でしょ?






上の写真もそうですが、ロールアップで半袖風に。ボクはいつもこうやってます、ちょっとしたワンポイントになってポケットのボリュームとバランスが取れて良いですよ。

カラーレスのシャツはベテランすぎるイメージになりがちですが、ミリタリーの味付けと素材の軽快さで逆に爽やかな印象に仕上がってます。

これ、ほんと優秀ですよ。






ARAN FM SHIRT ¥16,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






梅雨入りだそうで。
高瀬川の紫陽花も曇り空の中そぼ濡れて、季節らしさを漂わせてます。なんだかiPhoneのカメラが限界っぽいけど笑

ということで、紫陽花的な色のシャツを、






Manual Alphabet S/S BASIC BD SHIRTのチェックバージョンを。






涼しげで爽やかなマドラスチェック、それでいてシックな配色なので扱いやすいと思います。






前回ご紹介しましたシャツと同じデザイン、シンプルでベーシックなスタイルです。






このところコンパクトな襟が支持されていますが、コレはある程度しっかりしたサイズ。かといってそそり立っているわけではなくサラッとしてますので、大人の矜持を保ちつつラフさも取り入れて。






オリジナルのボタンもモチロン、しっかり貝ボタンです。






はい、そりゃ良い感じになりますよね。
本日は同色系のモノトーンな感じの上下ですが、同色でもデニムだとまた印象も変わりますしショートパンツでもそうですね。軍パンで白いスニーカー・チノにスリッポン・イージーパンツをロールアップでハイカットスニーカー、ベーシックでシンプルなシャツになじみの良いチェックですから応用力高め。

コレからの季節、どうしても襟なしのヘロっとしたコーディネイトになりがちなのですが、襟があることだけで少し上質なコーディネイトになります。

夏の大人のカジュアルって襟の使い方(もちろんクルーネックも)や足首の処理の仕方の気遣いが大切だったりして、一緒に考えますよ、なんでもご相談くださいませね。






Manual Alphabet S/S BASIC BD SHIRT CHECK ¥11,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

なんだかちょっと風邪気味らしく、、ふくらはぎがダルいです。。。ほとんど直帰だし、寝るのも早いし、、、引く要素が思い当たらないのですが。疲れが抜けなくなってるのか、、寄る年波というヤツですね(笑)

そんなことより本日の商品、








Manual Alphabet BASIC S/S BD SHIRT







定番オックスフォードのボタンダウンシャツの半袖仕様、程よいフィット感のあるシルエットでボトムを選ばずに着用できます。ラフにも・タイドアップでも・ロングパンツも・ショートパンツにも、真面目な作りです。






シャキッとしながら柔らかさも垣間見られる上質なオックスフォード、リムの低い貝ボタンで上品なイメージに仕上がってます。






ファティーグと合わせて。レザーシューズと合わせれば落ち着いた雰囲気、スニーカーなら上品で軽快に。

まあ、、説明要らずですよね。ワードローブに1枚あると必ず使えますね。






Manual Alphabet BASIC S/S BD SHIRT ¥9,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

更新時間が遅くなりました。。サッと、現状UNITにあります半袖シャツをピックアップしてお知らせしますね。

まずはアランさん、








ARAN FM SHIRT ¥17,000+tax
ぼくにとっても夏の定番です、しっかりミリタリーですが少し力を抜いた感じ。いろんな着こなしが出来ますよ。






weac. CAVANI ¥13,500+tax
シンプルなバスク風シャツ、コレも幅広い着こなしが期待できます。








weac. CAVANI NEO ¥13,000+tax
上のバスクシャツの進化系、素材も快適なのです。








Manual Alphabet BASIC BD SHIRT ¥9,000+tax
王道ベーシックシャツ、もはや説明不要と言ったところでしょうか。






Manual Alphabet BASIC BD SHIRT ¥9,000+tax
そのマドラスチェックバージョン、爽やかで男性らしい夏です。

と言った具合、その他もコツコツ入荷しております。
明日からまた詳細ご説明しますね!

よろしくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。
昨日とは打って変わって心地の良い晴天ですね。最近6時前に目がさめるのですよね、、、、老化?。起きてしまって「なんや、、8時くらいになってるのかと思った、、、。」となり、布団出る前に時計見ろよって自分に言ってます。しかしながら今日のような昨日雨で洗い流されたキレイな空気を感じるのは非常に気持ちが良い、ベランダの窓を開けてぼーっとバナナ食べてました(笑)

本日は今すぐ使える夏のアウターをご紹介です、今日のお天気にもバッチリ合いそう。






Re made in tokyo japan Cool Max Seer Sucker Cardigan






クールマックスのシアサッカーです、透湿・速乾に優れたクールマックスに夏のイメージにフィットするシアサッカー、ベストマッチな組み合わせですね。






カーディガンにカバーオールのエッセンスを掛け合わせたイメージ、色んなボトムに合わせられそうですよ。






襟の開き具合は少し狭め、ブルゾン的なニュアンスです。






脇に巻いたポケット、この位置が見た目に大きく作用します。前身頃にベタっと貼るよりもスッキリ見えますし脇がしまって見えます、下にボリュームきますからね。






後身頃はセンターシーム。見た目のアクセントにも効果アリですし、伸縮性にも少し影響アリなので大事なディティール。






袖はゆるい筒袖、






ということでたくし上げて着るとかっこいい。
カッコイイでしょ?、ショートパンツやアウトドア系のパンツにも似合いそうです。カーディガンらしくインナーでも使えそうだし、中にシャツを着るのも良さそうだし、、着回しの幅が広いブルゾンです。


最初のイメージよりもイイ、自分も欲しくなってきました。。。

ということでお早めに(笑)






Re made in tokyo japan Cool Max Seer Sucker Cardigan ¥13,800+tax

追記:昨日のブログ、下書きで保存してしまってました、、、このまま合わせて下に進んでご覧くださいませ。
すみません、、、、(笑)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は入荷の状況をザーッといきます。






ARAN POBD OX SHIRT ¥17,000+tax
オックスフォードのコンパクトな襟のプルオーバー、ベーシックかつ雰囲気のあるシャツです。






BETTER RUFFY PIQUE TRUCK HENLEY NECK ¥9,800+tax
中厚地のカノコを使用したカットソー。ヘンリーネックのダーツ付きのプルオーバー、こちらもベーシックながら他では見かけないデザインです。






Re made in tokyo japan Cool Max Seer Sucker Cardigan ¥13,800+tax
速乾素材の夏のアウター仕様、カバーオールっぽいデザインで着やすくスッキリした印象。






Re made in tokyo japan Relax Seer Sucker T-Shirt ¥7,000+tax
同じ素材のポケットTシャツタイプ、キレイ目のパンツとも相性が良さそうです。






Re made in tokyo japan French Linen T-shirt ¥7,8000+tax
こちらは同デザインで素材違いのリネンです、ゆったりした雰囲気で夏らしいTシャツです。






Re made in tokyo japan Heavy Oz Cotton Henley Neck ¥7,800+tax
肉厚でルーズシルエットのヘンリーT、ショートパンツと合わせるとバッチリです。カーゴパンツなんかも良さそうですね。








MANUAL ALPHABET LOOSE FIT REGULAR COLLAR S/S SHIRT ¥9,000+tax
タイプライタークロスの柔らかいシルエットのシャツ、プレーンなデザインで汎用性の高い1枚です。






MANUAL ALPHABET LINEN HALF SLEEVE PULL OVER ¥12,000+tax
リネンのワークテイストなプルオーバー、さらっとデニムと・半端丈のパンツでリゾートチックにも。






quotidien カノコ5分袖カットソー ¥8,800+tax
ルーズシルエットのTシャツです。コレは万能、ヘビーローテションになりそうですよ。






ARAN FATIGUE VENTILE ¥16,000+tax
アラン定番のファティーグパンツの9分丈バージョン、今年は素材をベンタイルにしてます。個人的にも春夏で最も出番の多いパンツ、有能です。






FOB chambry short pants ¥11,000+tax
シンプルなシャンブレーのショートパンツ、デザインが落ち着いてますのでキレイ目なコーディネイトにも・もちろんカジュアルにも。


という具合に着々と入荷が続いております。

暖かくなってきてますし益々楽しみです、GW明けもお待ちしております!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






今朝はちょっと早めに出て鴨川で少し呆けていたのですが、2日前の雨で鴨川も適度に潤い、水も滔々と流れ、草花も今を盛りに芽吹いております。実に目に豊かな季節。


な〜んて思ってたら、昼を過ぎるとパラパラ雨がちらつくし、結構寒いし・・・・。昨夜は上着をもうちょっと厚いモノも持ってきたらと帰宅前に後悔しましたが、本日はもっとそうかも。。女心と秋の空なんて言いますが、春の気温も赤ちゃんのご機嫌くらい読めないかも。

そんなタイミングで本日のご紹介商品はちょうど良いかもしれません。






ネイビーのコットン7:リネン3のツイルを使ったシャツです。






ARANのFLシャツ、長袖袖付きバージョンです(ノーカラーは後日ご紹介)。
素材とデザインのバランスが絶妙、日常生活にバッチリ溶け込むミリタリー感です。ミリタリー由来のシャツとなるとその香りが前面に押し出されがちなのですが、コレは程良い、風に乗ってフッと過ぎ去るくらいのミリタリーフレグランス。ちょっと何言ってんのかワカンナイですね(笑)
それくらいニュートラルな男臭さということです、オトコ要素があるけど押し付けがましく無い感じ。






台襟のないエリということもそれを手伝ってるのかもしれません。お店は別として個人的にはこの手の襟はあまり好まないのですが、、コレはちょっと違う気がして依怙贔屓です。






ツイル素材とヒダ付きのフラップポケットの関係性がそのミリタリー感を担っているワケです、コレもしっかりだけどあっさりな味付け。






サラっとしている理由はボタンにあるのかも、同色で小ぶりな樹脂ボタン。






ということで、カーゴパンツにミリタリーシャツというのは本来全くオススメできないのですが、、、コレは別腹です。
良いコーディネイトだと思います、チノはくよりかえってアッサリ見えるかもしれません。デニムももちろん良さそうだしドレス系のパンツでさらりとスニーカーなんていうのも。スウェットパンツや半端丈も良さそうです。


気づくと何年コレ着てるのかなあ、、なんてなりそうなシャツだと思います。

分かる人に是非お買い上げ頂きたい、そんなシャツです。






ARAN FL LS/C SHIRT ¥17,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)



商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×