UNIT

こんばんは。

久々にしっかり雨降りましたね、乾き気味の空気も少し潤ったような。ボクは体調が停滞気味(今日もあくまでも風邪とは言い切らない笑)で体力温存の電車通勤なので、タイミング良くちょっと得した気分。

本日のお話、事前情報といいますか、お知らせが1つ。

春も視野に入る頃ですし、最近お問い合わせやご試着が増えてます






Pt.Alfred CHINO CLOTH SUITS
ボク自身この冬も変わらず沢山着ました。普段着るときにはカットソーやクルーネックのハイゲージにさらっとスニーカーで、






仕事終わりにちょっとお呼ばれがある時にはタイドアップでレザーシューズ、本当に万能なセットアップです。シーズンをボーダレスに股にかけられるチノですので、夏季の暑い頃以外はフル稼働です。そんなチノクロススーツ、やはり春や秋のシーズン初めにご用意する方が多く、最近よくお話しております。

そんなチノスーツですが、今季から若干の変更がございます。チノスーツと言いますか、スーパーチノ全般なのですが。
初めてお買い上げいただく方は全く影響がなのですが、例えば”パンツの替えが欲しい”なんてお思いの方はご注意を。






ネイビーの色が少し変更になります、微妙に濃くなります。ほんの少し、言われるとわかるくらい。単品で見るとそれほど差がないのですが、並べると”あ〜なるほど”となりますので、セットアップで着るとなりますとズレが生じます。

ということですので、チノJKTの組下に使える#54220 REGULAR ST (普通の太さ)と#58118 BASIC ST (ゆったり目)のネイビーのストックがご入用の方は今のうちにお買い上げくださいませ。サイズ欠けも始まっておりますのでお気をつけください。JKTは現在ストック無しですので、新色入荷待ちとなっております。






ベージュは今まで通りです、現時点での在庫もございます!
ネイビー以外のカラーは全てそのままですので、その点につきましてはご安心を。
個人的には、昨年の着用率はベージュの方が高かったかも。。。

因みにJKTは今月末、パンツは来月末の入荷予定となります。去年の本の発売以来お師匠人気が上昇してますので、スーツでご入用の方は、上下の入荷が揃ってからというよりもJKTの入荷時点でのキープをオススメしておきます。





着てる時もいいのですが、掛けてる時の道具感もいいのですよね〜、本当にイイ男の服。

以上宜しくお願い申し上げます!






2/1fri~11mon Tools UNIT開催です、宜しくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






今朝、鴨川で友人家族に遭遇。このまま鴨川飛んで行けたらいいのにね笑、寒くなりましたが子供達は元気です。






お母さんも元気。子供乗せにクランプ式のバッグを固定する改造、斬新。。。ちょっとカッコ良かったです笑

グッと冷え込んできた本日、良い天気で眩しい日差しが冬の色合いです。ここからの京都は3月くらいまで冬が続くわけですが、今のUNIT的基本中の基本コーディネイトをご紹介しておこうと思います。






ニット:vitter ROUND NECK KNIT ¥8,500+tax
カットソー:BETTER HONEYCOMB CREW NECK L/S T-SHIRT ¥7,800+tax
パンツ:Pt.Alfred GRUKHA PANTS ¥18,000+tax
シューズ:GERMAN TRAINER ¥21,800+tax

とてもベーシックなパターンです。いつもならばボトムをPt.Alfredの1stアーミーにするところなのですが、それよりゆとりのあるグルカが今の気分です。ウェストのデザインが特徴的なグルカですが、それに頼らずともシルエットの良さでも勝負できます。2プリーツで腰回りが自然なゆとり感と裾もちょうど良いワイド感。 ハイゲージにハニカムで保温性の高いニット、1枚モノのアウターならばベストなんかを挟めるボリュームですし・中綿入りのアウターならばそのまま。
そしてある意味伝家の宝刀的に、ジャーマントレーナーはどのコーディネイトにも合わせられます。






ということで、ARAN SWD PARKA ¥42,000+taxと、このボリューム感いいのですよ。アウターもボトムもゆったりなので、靴はスッキリめが良いと思います。






次はショート丈でRe made in tokyo japan Thinsulate Stand Collar Coatを。個人的にはこの感じのあっさり感がかなり好みです。

ワイドパンツにシンプルニット、この感じのベースコーディネイトは本当に便利。迷いのないバランスで着られると思います。”太いパンツばっかりススメる〜”とかって言われそうですが、、、笑、太いパンツを軸にすると万能なのです。

大人の余裕。。。だと思います笑

是非お店でクルクル着替えて試してみてくださいませ。


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

12/8sat 東田トモヒロ ACOUSTIC LIVE IN KYOTO @studio37、ぜひお越しください!

こんばんは。

11月最後の日ですね、そんな本日のUNITは先月開催しましたPt.Alfredのスーツオーダー会でご注文いただきましたスーツが完納(Sくん明日出しますね)。最初に取りに来て頂いたOさんが早速報告においでくださいまして、






やはりスッと馴染んでます。自分の体に合わせて作った洋服というのは良いものです、個人的に物全般に既製品が好きなのですが、やはりスーツは別腹です。
お師匠夫妻と相談して次回開催も予定しますね、前回逃した方も・おかわりの方も是非是非よろしくお願い申し上げます。

そういえば、スーツの時にどうるする?という話によく上がる財布問題。仕事の時はまあカバンに入れるでしょうけれど、、お出かけでスーツスタイルの時にお尻に入れるとモコっとしたり、内ポケットに入れるとモワッとしたり重かったり。
個人的には使い分けたりしてます。使い分けるのはもちろん






MARINEDAY FLAT4と、






MARINEDAY AGE3ですね。
普段はFLAT4はそのまんま財布で、AGE3は名刺入れとして使っております。そして手ぶらで出かけるときは必要最低限のモノをAGE3に入れ替えてという感じ。






なんども言っておりますが、一目瞭然の構造は本当につかいやすい。そしてシンプルな作りなので壊れるパーツも少ない。はたまた財布の価格は縫製の手間賃が大半ですので、この構造だと自ずとコストパフォーマンスに反映されて有り難い。






近頃はキャッシュレスとまではいかなくてもその方向に近づいてますので、若年層の財布はどんどん小さくなっていってるとか。少なく持つという方もこっちですよね。






もちろんこの時期にご紹介したというのはプレゼントにも人気の商品だから、特にAGE3はその実績が高いのです。
それも考慮しましてちょこっと補充しております、今期分が終わってしまったAGE CHROCOのブラウン以外は今の所ございます。

お早めにです。

ホントに。






MARINEDAY FLAT4/FLAT CHROCO ¥8,500+tax
MARINEDAY AGE3/AGE CHROCO ¥5,900;tax
通販ページその2はこちらまで(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

Pt.Alfred&tobira custom order meeting、ご来店くださいました皆様、有難うございました!!






もちろんボクもPt.Alfredのチノクロススーツです。






生地・裏地・ボタンのセレクト、悩ましいけど楽しい作業です。奥様のT子さんが丁寧に採寸、綺麗なラインを表現するのに大切で細やかな作業が。






お師匠が全体のバランスを見ながらアドバイス、安心感たっぷりの風景です。

ボクも作ろうかな〜、途中考えながら仕事しようかな〜、何て考えてたのですが、、、まあそんな余裕もなくすっかり忘れてました(笑)
でもみなさん楽しみにしていただけてる様子で、ホッと一安心。プレーンなスーツからダブルのカッコイイの、3ピースもベストをダブルにしたり、色々お好みの形や着方をお選びいただけました。UNITはとても嬉しいです。
今回見送った方、次回は是非!本当に丁寧に作っていただけますので大切な1着が仕上がると思います。愛着わきますよ。
そして本江さんご夫妻、1日中フル回転で作業していただき有難うございました!!また甘えますのでよろしくお願いします!!(笑)

そして




tobiraのカラーオーダーフェアは日曜までお受けできます、こちらも是非。






店頭に並んでおりますサンプルの車体は定番のブラックと先日チラッと言いましたカッコイイ色。






ホリゾンタルフレームのmodel-T、正統派でかっこいいですよね。






安定の発色、やはりシンプルな黒はイイ。






グロスブラックとレザーサドルって、なぜこんなにも相性が良いのでしょう。






そしてスタッガードフレーム(トップチューブが下がってるタイプ)のmodel-O、大量生産では出せない上質さというか色気というか、、女性に優しいフレームですが男性だってカッコよく乗れちゃうと思います。






セイジグリーンとグレーの中間といいう感じ、カッコイイです。道具然とした雰囲気と大人っぽさもある良い色です。






明るめの茶色と相性バッチリです、スキンサイドのタイヤもビシッと決まります。

ボクのも本当にこの色にしようかなあ。。。この配色、パーツがシルバーだから決まるんですよね。ボクのは全て黒なのでちょっと地味すぎる感じになりそうだし、、でも何年後かにヤレてきた頃の色のトーンがカッコ良さそうだし、、、う〜ん。。。

なんて悩みながら色を考えるのが楽しいわけです、スーツの生地選びに近いものがあるかも。






一緒に悩みますよ、カラーチャートもご用意しております。
今回ご注文しない方でも、ぜひご相談くださいね。この2台はバリッと試乗可能なので、ぜひ鴨川や平安神宮を眺めにお散歩して見てくださいませ。






本日はご注文頂いた廉価版のmodel-O’が到着、アパレル業界歴25年の熟練した洋服屋が組み立てます(笑) なんて冗談言ってますが、しっかり組み付けしますのでご安心を。






八分組で届きますのでパパッと30分ほどで出来上がり、廉価版とはいえ美しい後ろ姿。毎日の足として大活躍してくれるでしょう、大切にしてもらうんですよ。






ということで、tobiraのラインナップは自信を持って皆様にお勧めできるものばかり。
是非是非試乗やご相談にお越しくださいませ、お待ち申し上げております!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

11/1((木))~4(金)に開催の、






evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
少しずつご質問も増え、ワクワクしております。






今朝打ち合わせで堀川五条のvelo stand kyotoに行っておりましたので、






ちょっとE.B.Sのボスに被せて見ました、良い感じ。ベレーは面長・丸顔・老若男女問わず被りやすいデザイン。

もう一度おさらいです。








今回用にデザインを卸してもらったのがこのベレー、フェルトの形成で作る1枚モノのベレーとは違い、8枚ハギなのでステッチワークが利いて道具感もあったり、カバンにポンと突っ込んでも型崩れしづらかったり。






後ろのストラップを使って、カバンやベルトループにぶら下げることも。
ボクもこのところずっと被ってるのですが、自転車でビュンと走っても飛ばされないし・トラッド〜スポーツまでハマりますし、やはりチョイスが間違ってなかったと再確認出来ております。皆様も是非お試しください。

そしてもちろん他のスタイルもご用意しております。










ハット・ワークキャップ・ベレー・キャスケット等々…頭のサイズはもちろん、ブリム(ツバ)の幅や結構細かい仕様まで聞いてくれますよ。生地もお好みのをお選び頂けるかと思います。

いやはや楽しみ。ボク、自分の分をもう作ってもらってしまってるのですが、、追加しちゃおうかなあ。。。笑






1つ1つ、自分の為に作って貰えるのって嬉しいですよね、エボシさんよろしくお願いします!!






女性サイズのサンプルを被ってくれたTちゃんも、コレ被れと言ってます(笑)

よろしくお願い申し上げます!

そして明日はPt.Alfredのオーダースーツの日。








準備完了。
“今回オーダーを見送ったけど、実は気になってたりして…”なんて思ってる方はぜひ雰囲気を見にお越しください。オーダー以外にもPt.Alfredのオリジナルシャツやタイや小物もお持ち頂いてます、普通にお買い上げいただけますので是非お越しくださいませ!!






そしてtobiraのオーダーも週末までお受けしております。
今朝スタンドに行った時に、「かんちゃんこの色良くない?」とボスに見せてもらった色がかなり良かったです、ボクの入院中のもあの色にしてもらおうかな、、、悩む・・・写真撮ってきたら良かった。。。

それでは諸々よろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






これはちょっと前にあげた写真ですが、買い出しの時はこんな感じで御池通をフワフワ走ってまして。今日の午前中も足らないものが出たのをボケーっと買いに行ったのですが、、上の自転車が入院中で今乗ってるのはカバン付いてないということをすっかり失念しておりまして、左手疲れました笑(手放し運転はダメですよ)






んで店に戻ると友人のお店でお願いしてたパーツが差し入れ、ではなく刺し入れられてました。これですっきり山ライド、ありがとう。
こうやって改めて見ると、自転車部品のパッケージって結構凝ったものだったりします。洋服って、生身で店頭に並べるのがデフォルトなのでパッケージってほとんどと言って良いほど存在しません。レコードやCDだったらビニール袋で売ってる状態かもですよね、この辺りの切り口って再発見かも。。。

近頃本格的にtobiraを店頭に並べ始めましたので自転車周辺をよく話すようになったのですが、雑談ネタが増えて助かります(笑)






そんな本日はこんな感じ、なんだか自転車も国防色だし、ミリタリーオタクが小マシになったみたいな、、、(笑) ピックアップは足元のZDA CLIMBERと頭のベレー。このスニーカーのはいた感じの安定感は本当に良い、変わらずオススメです。帽子は、明日くらいにしっかりご説明いたします。





そして来週開催のPt.Alfred&tobira custom order meeting、スーツのオーダーのご予約はもうちょっとだけ隙間ありますので、悩んでらっしゃるかたはお早めにです。tobiraのカラーオーダーフェアは週末の28日(日)まで開催ですので、こちらは無制限でお待ちしております。早速「こんなハンドルとかどう〜?」なんてお話もしてくれたり。楽しみです。


そして最近の投稿分も通販ページに反映しました。






Jackman GG Sweat Crewneck ¥ 14,000+tax







Jackman GG Sweat Highneck ¥ 15,000+tax






Jackman GG Sweat Midneck ¥ 14,000+tax






Jackman GG Sweat Offneck ¥ 15,000+tax






ARAN DENIM TROUSER-1 ¥ 22,000+tax


そして上の写真でも背負っている、






NUNC Holiday BackPack ¥ 17,000+tax
も補充完了です。

是非是非ご利用くださいませ!!


それではまた明日、よろしくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日暑かったですね。今日もちょっとバタバタしましたが、、ムシムシの湿度がすごい中ご来店くださいました皆さま、有難うございました!






夕方に来てくれたS氏のE.B.S FROAT451S、本日velo stand kyotoで納車、逆スローピング(トップチューブが前下がり)がカッコイイ。ボクもミニベロ欲しいなあ、というかフォールディング、出張の時楽だしなあ。。S氏はこの連休中にたくさん乗るのでしょうかね、残り2日、天気が保てば良いですね。

そして本日は昨夜ご報告しましたPt.Alfredのオーダー会の詳細をご案内です。






こんなタイトルにしてみました、同時にtobiraの受注会も開催しようと思います。
いやー、楽しみです!ちょっと前にも少し匂わせた記事を載せたりしておりましたが、日にちがはっきりしなかったので明記できませんでした、ようやく初回を迎えられます。
ではカスタムオーダーの流れをご説明します。

ご予約頂いた時間にUNITへご来店

生地を選択、ワクワクドキドキ。

サンプルになるスーツを着用していただき、それぞれ皆様の体型に合わせて細かいサイズを測定。

各パーツや付属を指定。例えば、、ラペルの幅・ゴージ位置・袖を本切羽・ボタンの種類・ポケットの位置・ポケットの形・ボタンの数・センターベントかサイドベンツか・裾はダブルかシングルか・ナローかピークドラペルか、、、その他諸々お好みを選んでください、これまた楽しい作業。

完成を楽しみに待つ(笑)

ザッとこんな感じです。
価格は最もベーシックなスタイルで¥72,000+tax〜¥112,000+taxで設定しております、それにアレンジは其々追加で料金を頂きます。ベストや組下のパンツを2本作る等もお受けいたします、3ピースも良さそうだなあ。

大凡1時間はかかる作業となりますので、アポイント制とさせて頂きます。つきましては、店頭若しくはこの記事の末尾に記載のお電話・メールにてお問い合わせくださいませ。
すでにご予約が入り始めておりますので、、、なるべくお早めにお願い申し上げます。時間が埋まり次第ご予約を打ち切ることもあります、改めてご了承くださいませ。

そしてもう一つ、






tobiraのカスタムオーダー、こちらは22日(火)〜28日(日)まで開催予定です。
各モデル詳細はこちらをご覧くださいませ。今回はカラーオーダーを通常¥15,000+taxのところを¥7,500+taxでお受けいたします。レザーサドルやその他のアップグレードももちろん承ります、






例えばこんな感じです。






以前よりご紹介しております限定生産のmodel-t26も在庫がある限り、カスタムカラーも承ります。

良いモノを自分に合わせて作る、その中でもUNITのマスターピースである2ブランドでの開催。
ぜひ多くの皆様にお運びいただければと思います。

楽しみです、ボクが一番楽しみかも(笑)
自分のスーツも新調しようかなあ。。。

ご予約お待ちしております、よろしくお願い申し上げます!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日今日と、なんだかバタバタしてブログを全く触れずにこの時間に、、、、申し訳ないです。。

そして明日改めて詳細のお知らせをいたしますが、取り急ぎ耳寄り情報を。






UNITの定番ブランド、Pt.Alfredの本江さんにお越しいただきまして、






スーツ・JKTのカスタムオーダー会を10/23水曜に行います(予備日で翌日の早い時間も考慮しております)。


ということで本当に取り急ぎではございますが、まずは速報を。

お師匠、写真勝手に使ってすみません。。。笑


では明日改めてご説明致します、よろしくお願い申し上げます!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日までのMARINEDAY TRUNK SHOW、ご覧くださって有難うございました!カバンが沢山旅立って行きました、嬉しい限り。

その連れて帰ってくれたうちの1人、友人で映像のプロのM氏と、ボクが出勤前ロケハン的に久しぶり立ち寄った御所で何気なく撮った写真を見ながら、






「素人が撮ったら、デジイチよりも最近のiPhoneの方が綺麗じゃない?」なんて話をしておりました。プロ目線からしてもやはりそのようですね、そういう話をネットやそこらで散見するので、そうなの?って思っておりまして。前にもちらっと言いましたが7月までiPhone6だったのでそれよりデジイチの方が良かったのですが、、変えると実感しました。






そして上の写真よりも更にこの1枚を撮った時に気づきました、両方で比べたら一目瞭然でした、、やはり道具というのは使いこなしてこそですね。それを時代の技術が補ってくれるのであれば、デジイチよりもスマホを使う方が素直かもしれませんね。
という事で今日からUNITの写真はiPhoneです、早速いつものセルフィー用のリモコンとマウントを用意しました(笑)

とりあえず暫定的にHP用に撮った写真で思い返した、”洋服・鞄・自転車”というUNITの3本柱。ボクが日々の生活を送る上でハズせない3つ、まあこれに音楽とお酒と読書が加わるのですがそれは別の話で(笑)

これまた数日前に先輩と話していたのですが、






昨日もご紹介しましたPt.Alfredのチノスーツ、毎日しつこい様ですが・・・笑、これはUNIT的”道具な洋服”の代表格だなあという。このスーツはいわゆる”アメトラ”的な解釈を元にデザインされ、”チノーズ”というWWⅡに於いて米軍で使われ発展した素材で製作された洋服。合理的な発想と荒い仕様に耐えうる素材、まさに道具然としてますよね、ユニフォームっぽいと言う方が伝わりやすいかも知れない。
例えば、その他のジャンルのスーツと比べた場合、タイドアップは当たり前に全てのスーツに似合うわけですが、クルーネックのTシャツをインナーにするとしましょう。クラシコイタリア系のスーツの場合、かなり色っぽく仕上がりますよね。英国トラッドの場合だと、、あれ?シャツ汚れたから脱いだの??と言う雰囲気になってしまう恐れも。それがこのアメリカントラッドなコットンスーツの場合はストンと落ち着く、それに合わせる足元がスニーカーでも革靴でも過分なテクニックが要らない。
汚れたら洗えば良い(実際ボク、昨日ベージュを汚しちゃいました笑)、洗い晒しになっていったとしてもそれも格好良い。先輩は「ポケットにガンガン物を入れて膨らんでもこのスーツなら様になる」とも言ってました、その通り。 と言いますか、、ボク自身はどちらかと言うと英国トラッド寄りの発想で育ったのでこのスーツを着て実感した部分も大きいです。
そして他の洋服も、上品でありながら道具として長く付き合えるかという目線を必須でセレクトしてます。
既出の”制服”というのもキーワードかも知れません、ワークもミリタリーもトラッドも殆どの男性の洋服にエッセンスは込められてますよね、そういう意味でも道具。

そしてバッグ。






FREDRIK PACKERS・MARINRDAY・NUNC、UNITのバッグの3本柱。
ファッショアイテムでありながら多角的に性能を吟味される存在、ファッショナブルでも使いにくければダメだし、使いやすくてもカッコ悪かったら持ちたくない。そして何よりも機能美が存在しやすいファッションアイテムだと思います。この3者の中で最も機能性に遠い存在だと思われるであろうマリーンデイでも、実際のところはトートだったりペーパーバッグだったりと、長年道具として培われてきたデザインです。そして欠かせないのがお財布のFLAT4、シンプルに作った恩恵で使いやすくて壊れにくい。まさに道具としても合格だし色んなスタイリングの邪魔もしない、両方を兼ね備えた存在です。
そしてUNITスタートと共にあり続けるパッカーズの存在感は言わずもがな、テクニカルで緻密に考えられたヌンクがブランドスタートの時に先行でUNITを選んでくれたのも、バッグに対してUNITが洋服以上に真面目に向き合ってきたのを理解してくれたからだと自負してます。

最後に自転車。
UNITの洋服、特に真冬のアウターを考える際に最もきにするのが自転車に乗る時に”不自由ない”かどうか。ココ結構大事で、”自転車に乗る為”ではなく”乗るのに不自由ない”ということ、例えば前の打ち合わせがシングルでボタンのみだと風入って寒いですよね。そういうものは必ずジッパーがついてるモノ、そうじゃない場合はダブルでストールと合わせると外気を遮られるようなモノを。意外と真面目に考えてるでしょ?(笑)
そしてUNITのパートナーシップなブランドであるE.B.Sと2ndレーベルのtobira、普段の生活に根ざした自転車ですのでレース機材ではなく、上質で長く使える道具なのです。例えば写真に出ているボクの普段乗ってる自転車にはパニアバッグがついてます、ここにカバンを入れちゃえばメッセンジャーやバックパック以外のカバンを選択できますので逆に洋服も限定されません、スーツでも格好良く出勤できます。仕事帰りにトイレットペーパーやお米だって運べてしまうし、休日に小さなカバンで出かけても買い物したものはポイっと持って帰ることも。
懐古主義の自転車ではなく伝統的な手法で今の自転車を作ってますので、スポーティなスタイル〜革靴を履くようなコーディネイトまで違和感なく寄り添ってくれますし。
そういう道具を毎日のパートナーとして考えると、やはりしっかりしたモノでなければ、高級ではなく上質。極めてシンプルにも・ボリュームアップしても乗る事が出来るtobiraとE.B.Sは、道具としてとても優秀なのです。






例えばこないだ納車が済んだtobira model-T、OSGちゃんも気に入ってくれてイイ笑顔です。160cm無い女性ですがホリゾンタルフレームに乗れる喜び、シブめのカラーに女性が乗るのも素敵ですよね。これで彼女は京都の街の宣伝部長ですので、見かけたら声をかけてください(笑)






こちらはtobira model-O’、model-Oの廉価版です。先輩の娘さんが春からの高校通学に買ってくれたのですが、半年経って益々大切に乗ってくれているそうです、おじさん嬉しいです(笑)


こんな感じで着々とリリース中、しっかりした乗り味を試しにお越しくださいませ、乗ればわかります。






余談というか、その脇にというか、本来こっちが先というか、、そもそもボクの自転車ライフはMTBからスタートしてます。ピストが流行った時でも・ロードが主流の最近もMTBでした。専用ウェアで行くこともあれば写真のようにいつものTシャツGパンでも、夏以外はほとんどGパンだな。元々山が好きで、普段着で遊べるMTBだったから続いてるのかも知れません。






さらに余談なのですが、昨夜自宅で片付けしてて、ホントにたまたま見つけた12年前のメンズクラブのボク、、、。
今とほとんど内容変わって無いでしょ?ブレない男なので安心してボクのこの提案に乗ってくださいませね(笑)

という事で少々脱線しましたが、ボクの毎日をフィルターにして快く過ごせる”道具”をUNITに集めたらこの3つが軸になったというわけです。


洋服・バッグ・自転車、同じ線上にある道具のご提案の中から、皆さんのリビングスタイルに合ったモノを抽出していただければと思います。

それ以外のボクの必需品の話はまた枝葉末節回で、最近かけてないですが(笑)

今日は雨でしたね、、明日は久々に全休ですので山に行きたかったのですが、、行けるかな。


それではまた明後日です。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






本日はUNIT前の一之船入で高瀬川舟まつりが開催されてました。ファミリー向けの出店やコンテンツの中にチャンバラ体験、暴れん坊将軍のテーマに乗って大人をバッサリ。子供達に胃の腑を切られまくってらしたので、今夜は緊急オペでしょうね(笑)
こういう時、剣道・居合経験者の感想として、胴を抜く前の二太刀くらいの展開にちょっと無理がるなあとか、ついつい思ってしまって自分がイヤになります笑、楽しきゃ良いわけですもんね。

それでふと思ったのが色んな物事の方法論や流儀、もちろん洋服でも暗黙の了解的な着方や流行の取り入れ方、スーツなんてのはほぼ流儀といっても良いようなルールもあったり。

それで「あ・・」と思ったのがUNITの看板商品であります






Pt.Alfredのチノスーツ“のこと。軽い余所行き〜普段まで使ってくださいねといつも言ってますが、そのキモをブログではご説明してませんでした。ということでUNITでオススメしている方法を本日は。

“方法”というのは、スーツというよりもむしろパンツです。ちなみにこの内容はUNITの解釈、Pt.Alfredお師匠の免許皆伝ではないので悪しからずです(笑)






組下になる#54220 REGULAR STRAIGHT PANTSお買い上げいただく際に裾の処理をご相談します、シングル・ダブル・タタキ?どうしましょ??という感じで。しっかりとお好みがある方にはそのままご指定の仕上げを承りますが、どうしましょうかね〜という感じの場合はタタキでオススメしてます。






こんな感じの、カジュアルパンツのいわゆる普通の仕上げ、ステッチが外に出る為ドレスパンツ系の場合は本来NG。レギュラーストレートはデザインはドレスパンツで素材がチノ、う〜んと悩むところなのですが、これを逆に利用してはいかがでしょう?というのがUNITの気持ちです。一般的にカジュアルのタタキは幅を3.5cm以下にすることが多いのですが、これを4〜4.5cmくらいにします。今のダブルの主流の幅。そうすると1つ折ればフェイクでダブルに出来ます、そしてさらに使い方も増やせるのです。






ロールアップ三段活用みたいになってますね(笑)
この左側、2つロールアップしてるのですが、シングルやダブルで仕上げると裏のまつり縫いが出てきちゃいます、なのではき方が1つ決め打ちになります。せっかく幅広く着こなせるのに勿体ない、それがタタキで仕上げた場合は色々出来ちゃいます。






まずは1つ折りのダブル風できっちり目にタイドアップ、全体を1トーンにしてポケットチーフと靴下を近似値に。






個人的には最も出番の多い2つ折り、クルーネックのインナーで軽く着る場合に丁度良い。今日のようなラバーソールのレザーシューズはもちろん、ダブルソールの革靴やスニーカーもこんな感じが気分です。






そしてさらに3つ折りも、ブーツを合わせると少しカントリーサイドな空気感を作れます。ハイカットスニーカーだと更に軽快な雰囲気が作る事ができますしね。






そしてそのまんま。これ、、、ちょっと急いで撮ったのでベルト締め忘れてズレてます、ほんとはもっとスッキリですので、、、すみません。
こんな感じでパンツだけをいわゆるチノパンとして使う場合も、休日に自転車乗って出かける時なんかもスーパーチノの弾力はストレスありません。


どうでしょう、UNIT流チノスーツの4段活用。

幅広くお使いいただけると思います、時期的にも今月はよく連れて帰っていただいてます。色々なコーディネイトが可能なセットアップですので、春までずっと活用していただけると思います。是非ワードローブの一員に。



そして、






MARINEDAY TRUNK SHOwは明日までです、こちらも是非。


それでは明日もご来店お待ちしております!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×