UNIT

こんばんは。

今週末追加します、通常ラインナップに無いモデルがお買い得、是非ご利用くださいませ!!!

そんなPt.Alfredですが、やはり骨子というか土台というか・・・基本はやはりチノ。
何着るか困ったなあ。。。なんて時はこの






ベージュの信頼感たるや。本日は特にそういう気分の時になんとかしてくれるアーミーチノタイプについて。

チノパンの定義は?と問われた場合、そのまま”チノクロスで作ったパンツをチノパンと呼ぶ”で済むと良いのですが、、例えばPt.Alfred REGULAR STRAIGHT PANTSをお出しすると、「それはチノパンじゃ無い、真面目なやつでしょ?」とお言葉が帰ってくる場合があります。そういう方はおそらくチノパン=綿パンというイメージなのかもしれません。化繊が混じってても綿パンと言ってしまう方もチラホラお見受けします。多分白いシャツ=Yシャツ&カッターシャツというパターンに近いのかと。
Pt.Alfred REGULAR STRAIGHT PANTSはそのカジュアルなチノでドレスパンツを作ったというハイブリッドなところが魅力なので、好みで使い分けられるのが魅力だったりします。
カジュアルに合わせられるのはもちろんですが、ドレス仕様なのでJKTを合わせやすいですよ〜というご説明をすると浮上するのが、”じゃあアーミータイプだとJKT無理なの?”という疑問。もちろんOKです、ジーパンだってOKですし、そもそも世間に溢れるチノはアーミータイプです。普通だとそうなるのですが、Pt.Alfredはチノパン屋を自負してますので、それぞれのコーディネイトに最も合う選択肢が豊富なのです。
もちろんお買い上げ頂いた後はもちろんどんな風にはいてくださってご自由なのですが、選ぶ段階で他には無い細やかな対応が出来るというのがお師匠のチノパンの懐の深さなのです。

そして折角ならばそれぞれに見合うものをはいて頂けると、”UNITで服を選ぶ人は大人として気遣いのある人なんだな〜”と、周囲から好感度がUPするのではないかという目論みです笑

そしてアーミーチノのベージュは、JKTを合わせないカジュアルコーディネイトのなかで最も汎用性の高いポジションにあると思います。






UNITでは”太い方”とお見せしている1st ARMYがコチラ。
下半身にボリュームがあるコーディネイトが気分だなあという方はコレが良いかと思います。自然なテーパードが靴を選ばず合わせられます、個人的にはあまりボリュームの無いものを合わせるのが好きです。短靴やブーツを合わせる場合は特に、ロールアップすることが多いかもしれません。
またサッカー部や野球部出身の方に多い下半身ごっつい問題、そういう方には逆に気持ち良くスッキリはけるシルエットかもしれません。






3rd ARMYがコレです、UNITでは通称”細い方”。細い方と最初は言うのですが、「いや、1stに比べると細いと言うだけで、おそらく一般的には普通の太さになると思いますので!」と焦り気味に追いかけて注釈を入れます笑
と言うことで、コチラが普通の太さです、1stに比べると腰回りのゆとりが少なくスッキリしたボリュームで、膝下のテーパードが少ないです。股上もベーシックな深さをキープしてますので、結構落ち着いた雰囲気。
個人的には1stのヘビーユーザーなのですが、最近コチラを2サイズアップとかではくのが良いかも?と思ってみたり。。。 その辺りもまたご報告します笑

そして違うのは形だけではなく、ディティールも。






ボタンやテング(中もボタン留め出来る仕様)の有無、






バックポケットのボタンの有無など。

ただ漫然と形を変えるだけではなく、そう言う遊び心もあるのです(僕らが間違わないように見分けられる意味もあったりなかったりも、、笑)。






本日は1stをはいてます、腰回りのボリュームがトップスとのバランスをコントロールしてくれますので、短めでボリュームのあるアウター〜ロングコートまで、バッチリ対応してくれます。





横から見るとこんな太さ、良い具合ですよね。
そしてベージュは普通に考えるとベタな落ち着いた色なのですが、黒いモノを合わせる場合は差し色になります。特にアウターを着る時期は、差し色にできるベーシックさというのは本当に便利。






逆に夏のトップスもしっかりサポートしてくれます、今回はベージュのオススメですがこのチャコールも登板回数が多いです。






3rdはこんな感じで。根本的に太いパンツが好きなのですが、このバランスもハマると気分良いのですよね〜。実際最も売れているのが3rdのベージュだったりします、皆さんにとって一番親和性の高いシルエットだと言うことですね。


と言うことで本日は当たり前の”ベージュのチノパン”に焦点を当ててみました。

後回しにしている方、狭間の時期の今がちょうど良いかもしれませんよ笑
もちろん年中通しての大定番ですが、春前にしっかり準備していただければと思います。






Pt.Alfred 1st ARMY & 3rd ARMY 各¥15,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

モヤモヤした天気の続く日本列島ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ボクの印象だと、去年は週末に雨が多くてUNITの定休日である週半ばは結構お天気。一昨年はその逆だったような、どちらにせよなんだかなあという気分でした笑、今年はどうなんでしょ。
一昨日の定休日は今年初のお山遊びにでも行こうかと思ってたのですが生憎の雨、、プライムビデオで無理矢理映画を2本観て読書、まあそれはそれで悪く無いのですが。
そうは言いながらでも、通常の生活の中だと雨でも晴れでもそれなりにやりくりできるのですが、旅行とか出張だと悪天候の場合は心が折れますよね、、ボクの今年の旅運はどうなんだろな〜。。

そんなことを考えながら朝に開店準備をしてて、あ〜っと思ったのが本日のご紹介。






先週末からスタートのPt.Alfredのパンツ類のセール、皆様ご利用いただきありがとうございます。
展開しているスタイルで分けると、今回は3型。全てドレス仕上げのタイプで、太いの・細いの・2プリーツなのですが、皆様通常のラインナップで馴染みの深い細いのと太いのをお選びいただくことが多いのですが、実は個人的な気分でオススメすると、2プリーツがオススメなのです。UNITの定番ラインナップにも加えたいと常々思っているのですが、スペース等のこともあり機会を伺いながらはや数年、、、笑

せっかくなので今回コレをピックアップしてみます。






素材はピーチスキン、起毛したこの時期安心感のある素材。素材の混率はコットン95%とポリウレタン5%、このPUがストレッチの役割を担っております・・・というところが先ほどの話。
誰がどうみても楽々〜〜〜で良い格好の時はジャージでお出かけすれば良いのですが、油断しすぎはダメな1泊とかスーツじゃなくても良いけど仕事で2泊とか、もちろん普段にもストレッチは有用ですよね。ストレッチでゆったりめのパンツはスパッツを中にはいても窮屈にならずストレスフリーですしね、御座敷で飲む時も関節が楽ですし笑。

元に戻ってスタイルの話。








Pt.Alfredの2プリーツは適度なテーパードが魅力、腰回りは2プリーツのおかげで自然なふくらみがあって・そこからスーっと落ちていくテーパードのラインがキレイです。ゆったりの部類に入るのですがスッキリはける絶妙な形。






最近の傾向や着やすさを考えると、トップスも少々ゆとりのあるサイズを選ぶことが多くなってると思います、腰回りのニュアンスを作ってくれるこの方は、上半身と辻褄を合わせやすいので助かりますよ。

ということでこんな感じです↓






なんというか、今の気分にちょうど良いというか、、大人らしいようなラフなような感じ。






太さも程々キープ、スニーカーも合わせやすいです。






長めのアウターも、






スポーティなボリューム系も。

実は年間通して個人的にこのシルエットは愛用してます、、してしまってます。。。
じゃあラインナップしろよオイ、というお言葉が聞こえてきそうですね笑、もちろん考えておりますので、、先ずはこの機会にお試しくださってご意見いただけると幸いです。






Pt.Alfred REGULAR STRAIGHT 2P ¥15,000+tax → 店頭にてセール価格

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

寒くなったと思ったら雨、というかこのところ月曜日は雨が多いですね。雨の日は少し暖かいのが嬉しい、でも雨はうっとおしいし笑。個人的には雨の月曜って悪い印象ではない、20台の前半はメーカー時代に百貨店で2年ほど立ってたのですが、週末明けに雨だと客足が遠のくのでじっくり書類仕事が出来て、ちょっと脳がオフモードになったのが気分を替えられて良かったのです。その後5年ほどは見回り担当だったので、雨の日に行くの面倒やん、、、ってなってましたが笑

そんな雨の月曜、晴れはもちろん雨であろうが、変わらず着られるのが先日お話ししたUNITの元祖基本形、本日はその続編です。 いや、、、続編というか、本来こっちの方が基本かも、、、笑






ARAN HOODED COAT ¥38,000+taxPt.Alfred 1st ARMY PANTS ¥15,000+taxです。前回はボトムをARAN DENIM TROUSER-1でご紹介しました、もちろんコレは定番なのですが、もっと幅を利かせている定番を忘れてはいけません笑






冗談ぽく言ってますが、この時期からも定番チノでありますPt.Alfredの注目度が再浮上、年間通してコツコツ人気ではありますが、着るものが増える時期ですのでコーディネイトの軸を再確認というのが心情なのかもしれません。実際ボクも迷った時はやはりコレ、安定感抜群です。また、程々の余裕と生地の粘りのおかげで中にスパッツを仕込むこの時期でも窮屈さを感じません、定番の底力恐るべしです。






そしてアランのフーデッドコート、60/40コットンナイロングログランですので雨の日も楽々。数十年前は今でいうゴアテックスのような存在。表面は濡れるのですが濡れたコットンが膨張してナイロンの隙間を埋め、中に染み込ませないという構造。なので雨に降られるくらいのことならばまあまあ安心、5分ほど歩くくらいならば傘差さなくても大丈夫です。個人的感想ではありますが笑、傘嫌いな方は”あ、そうそう、そんなのが丁度良い”って思いません?
そしてゴアテックス系のテクニカルな素材のように加工がなされているわけではないのでメンテナンスも楽々。UNITの判断ですが家で洗濯可能です、ボクはネットに入れておしゃれ着洗い洗剤です。ご飯食べに言って油臭い・肉臭い・タバコくさい、そういうのも楽に洗い流せます。
濡れても良い雨に強い素材っていいですね、街のアクティヴアウターとしてはバッチリな素材です。そしてアランさんのデザインですので、アクティブな印象もありつつベーシック。スーツと合わせるのだってやぶさかではありません。






そういう意味ではARAN SWD PARKAも同じキャラクター、こちらの方がちょっとゆったりでギミックがちょいマシです。お好みでどうぞ。








インナーは前回同様comm.arch. Hand Framed Saddle B.B ¥19,000+taxSTELLA ROSA stole stripe ¥5,800+taxです、こちらもまた安定感抜群。この2つもじっくりご紹介し直します。

コムアーチは2年目、ステラローザのストールはもう5,6年でしょうか、、ほんと手放せません。


やはりUNITの選択眼は間違いがないです。


それではまた明日笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はバスでお店まで来たのですが、老々介護の母娘っぽく見える女性二人が、娘「昨日頭あろたかいな?」・母「なにゆうてんの、お風呂入ったやないの。」・娘「そやった?」という会話の後、延々と病院をたらい回しになってる恨み辛みを爆音で奏でていたのですが笑、、そういえばボクも昨日の晩なに食べたかなんて殆ど覚えてないなあ〜と笑
人と食べると覚えてるのですけど、、こういうのって頭のしっかり度を測る物差しになるようですが、環境によっても変わるんじゃないの?と考えてるうちに市役所前に到着笑

ボクの中のコーディネイトの物差しといえばパンツ、中でもちょっと太めのモノが自分の基準で、それをベースにトップスを考える事が多いです。なので翌シーズンの仕入れの時は最も基準になる2型を履いて行く事が殆ど。そのうちの1本はちょっと前にご紹介しましたARAN FATIGUE PANTS、安定安心のバランス。そしてもう1つが、






Pt.Alfredの1st ARMY PANTSです、季節の変わり目のせいか最近チノのはき比べが多かったり。












UNITでは常時この4色を在庫しております、ベージュ・オリーブ・ネイビー・チャコールです。その他も木になるという方はおっしゃってくださいね、お師匠に問い合わせますので。
1stというだけにそのほかのデザインももちろんあるのですが、1st~3rdにかけてじわじわ細くなっていきますので、最も太いのがコレ。とはいえデップリしている訳ではなくちょうど良いゆとり感、裾に向かってキレイにテーパードしてます。腰回りにボリュームがあるのでウエストマークを作りやすく(腰回りのボリュームコントロールが重要というのはいつも言い過ぎですが笑)、すそ幅が落ち着いているので変にテクニックもいらないちょうど良い加減のチノパンです。










ディティールもオーソドックス、基本通りですので何の問題も無い。この何の問題も無いというのは本当に安心。






毎回言ってますが、きっちり毎回言います笑
PT.Alfredのチノの最大の魅力と言っても過言では無いのがこのスーパーチノという素材、しっかりコシがあるのですが粘りがあるのではき心地が良いのです。しっかりしててガチッとした生地はいくらでもあるのですが、しっかりしてて伸縮性を感じるチノって無いでしょ?
だからオーセンティックなかっちりチノのイメージをキープしつつはき心地も良いのです、コレが本当に。






今日のボクです。
UNITはコレくらいのバランスが好きです。こういう感じを基準にすると、流行を追っかけてるワケでもなく・置いていかれてるということもなく・だらしなくもなく・やりすぎでもない。
何だか今もさっきも無い無い尽くしですが笑、コレは不安が無いということですので本当に良いのです。

この太さだとこの先冬になってスパッツを仕込んでもストレスが無いというのも、無い無い尽くしに追加で。もうちょっとほっそりしたのがイイなあという方は3rdARMY PANTSが良いかも知れません。

Pt.Alfredのチノ、UNITでは全6型のうち4型を常時ストックしてます。他の2型ももちろんご用意できますので、何なりとおっしゃってくださいませ。

「今日から1年間パンツ1つだけしかはいたらダメ〜」って言われたら、コレかなあと思うパンツです。
いや、やっぱアランのファティーグか、、どっちだろ。。

どーでもイイか笑

それくらいUNITの信用しているボトムなのです。






Pt.Alfred 1st ARMY PANTS ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ご来店の皆様の汗の量もかなり少なくなってきました、どんどん試着しやすい気温になってきましたのでガンガン着てくださいね笑
ということですので、そろそろこれをご紹介です。








Pt.Alfred CHINO CLOTH SUITSです。
今時分から来年の夏手前、普段〜ちょっとかしこまったシーンまで、出場回数の多いチノのセットアップ。UNITの看板商品です。

秋に差し掛かりましたので、9月に入りボクも毎週着始めております。
ということで、久々に詳細をご紹介。ついついボクが”チノのスーツ”と言ってしまってますのでセット販売のスーツだとお思いの方もちらほらお見受けするのですが、これは単品売りのJKTとパンツです。パンツは大定番であります、






Pt.Alfred REGULAR STRAIGHT PANTSです、チノクロスを使ったキレイ目のトラウザー。








こんな感じでドレスメイドです、要はスーツの組下パンツのデザイン。
いわゆる世間で言う”チノパン”は軍チノをベースにしたカジュアルのパンツ、Pt.Alfredのラインナップの中では”アーミーパンツ”というネーミングで並んでいるタイプ。Pt.Alfredはキレイ目もカジュアルも両方でチノパンを作っているからこそ、チノパン=Pt.Alfredと言わしめることが出来るのです。

ちなみにUNITでは4型を常にストックしております、こちらの投稿でご紹介しております。その他のモデルもございますのでもしご入用ならご相談くださいませ。

そしてJKT、





Pt.Alfred CHINO CLOTH 3B JKTです。






ドロップ控えめなシルエットですので流行りに左右されず着られます、オーソドックスなスタイルのJKTは頼りになります。








3パッチポケット・サイドベンツで軽快な雰囲気に。もちろんアメトラベースなのですがチノで作ってるのでほのかにユニフォーム的な香りも。








内ポケットの飾り糸とトリミングの赤がイイでしょ??






フックベント的なサイドベンツの表情もグッときます。






カフスが本切羽の額縁、折り返して袖のニュアンスを作るのに嬉しいギミックです。






UNIT的定番スタイルです、クルーネックカットソーにスニーカー・胸ポケットに少し遊び心。
こんな感じで落ち着いたデイリーカジュアル・これに軽めの革靴でちょっと大人らしく・シャツタイにインナーを変えるともっと上品に・それをドレスシューズにすればちょっとした余所行きやパーティにも。

日常から大人としての矜持を求められるところまで、大人の男性の助けになってくれるセットアップです、本当になんとかしてくれますよ。

Pt.Alfredの西日本担当のUNITですので笑、なんでもおっしゃってくださいませ!






“Pt.Alfred CHINO CLOTH SUIT”
CHINO CLOTH 3B JKT ¥37,000+tax通販ページはコチラ
REGULAR STRAIGHT PANTS ¥15,000+tax通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。


伸びきった草と秋手前の雲が残暑を描き出す賀茂川。
僅かではありますが少し気温が下がったような、って言ってもまあ30度半ばまで上がったりするのですが笑
しかし先週までの息をするのも億劫なほどの暑さではなく、帰り道なんかは少し爽やかさを感じるような気もします。






そして秋も近いということで、Pt.Alfred CHINO CLOTH SUITもまたジワジワと。パンツの裾直しを「普通の仕上げなら10分いただいたらスグ出来ますよ〜」といつも言ってますが、こう見えて結構丁寧に仕上げておりますので、安心してお任せください笑

ということで、そんな安定・安心のチノスーツを作っていただいております、






Pt.Alfedのオーダースーツ受注会が明後日となりました!
まだ若干空きがございますので、ご予約承っております。是非是非お越しくださいませ。
ちょっと気になるな〜ってかたも、是非遊びに来てくださいませ。






サンプルのスーツ、生地スワッヂ、ボタン帳、準備を始めると楽しくなってまいります。

イイなあ、、ほんとボクも作りたいなあ。。。笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。


今朝の大文字、モクモクの雲で蒸し蒸しです、京都の夏がやってきました。。。笑

そんな暑い盛りがやってきた頃ではありますが、秋冬を見越したイベントのご紹介です。






お待たせしました!!Pt.Alfredさんのオーダースーツの受注会です。
8月最終週の火曜日、お渡しする頃には丁度良い時期だと思います。今年の秋のスーツを是非どうぞ。

前回の様子。
前回の様子その2。

Pt.Alfredさんの定休日を利用して来て頂くので、どうしても火曜日になってしまうのですが、、、なんとかお越しください、それだけの価値がそこにはあります。

お一人様あたり1時間強はかかりますので、事前のご予約制とさせていただきます。随時お受けしておりますのでご連絡くださいませ。
前回いけなくて残念、、、とおっしゃってた皆さまも、また作りたい!という方も。前回のスペックで生地を変えて作りたいなんて方も是非!!(こちらはスムーズだと思うので、時間も別枠でご相談いただけるかと)

そして詳細はまだ決めておりませんが、27日からその週末まで、普段UNITでセレクトしていないPt.Alfredさんの商品やその他もポップアップ的に展開予定です。こちらも追々お知らせいたします!!

楽しみです、ほんと。

それではご予約のご連絡をお待ちしております、よろしくお願い申しあげます!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はしっとり雨な1日ですね。
オープンしてすぐ、久々来店の友人が「これかけて〜」と






入ってすぐのトコに並べてるレアちゃんのアルバムを手に取ったので、それから今日はずっと流してるのですが、雨の日もイイです。その時の気分でしっとり聴こえたり、さらっと風が吹くようだったり、ナチュラルな歌声の弾き語りって趣深いです。レアちゃんもまさにそれ、これから来る蒸し暑い真夏のオアシスにも良いですよ。彼女のHPから動画サンプル音源も視聴可能です、お気に召しましたらUNITでお買い上げくださいませ。ダウンロードしかないものはアレですが、やはりアナログでもCDでも、それを機材に乗せるというのは気分がスイッチして良いものです。

気分がスウィッチすると言えば、、、あ、スイッチかスウィッチか、カタカナ表記は難しいですね・・・と言えば笑、洋服もそうです。前回は”オールラウンダーだよ〜!”ということを言ってましたが、、ある意味今日もそうなのですが、守備範囲が広くて気分も切り替えられるコレ。






Pt.Alfred CHINO CLOTH SUITS
ラフにも使えますが、やはりJKTを羽織るとある程度姿勢を美しく保てるのでスッとした気分にスイッチできます。今くらいなら、外を歩く時は脱いで・室内や夜に着て、という感じですかね。
前回の1stARMY同様、気になる方がシーズン関係なく続く商品。ぼくも本日着用です、スニーカーの時は白いTシャツ・革靴系の時はグレーのTシャツが多いかもです。

という感じでPt.Alfredさんのスーパーチノシリーズは、基本的には春夏秋冬使える通年アイテム。






CHINO CLOTH 3B JKTももちろんそういうスタンスではありますが、やはり夏は厳しいですよね。なので3シーズンアイテムのようはな立ち位置。そうなると夏でも着られるモノがあればと思うところですよね。それがこちら、






VENTILE 3B JKTです。こちらの場合はチノとは逆、春から秋の3シーズンアイテムという方向性で使えます。

根本的なデザインは共通なのですが、チノは3パッチ・ベンタイルは2パッチのポケットなので、胸ポケットの形状がそれぞれ変わります(分かりづらければ拡大してみてください笑)。チノはアウトポケット・ベンタイルは箱ポケット、ベンタイルの方が少〜しだけドレス寄りな雰囲気。確かに、生地が薄くなるのでその方が相性いいなあと思います。






色目も変わります、ベンタイルの方がワントーン軽くてつや消しのような発色。






もちろんパンツもあります、ノープリーツの細い方(写真はこちら)と太い方の両方でご用意できます。

この立ち位置のコットンスーツというのは本当に有難い、実際年中お問い合わせのある商品です。


ボクの私物含め、一通りお店に常駐しておりますので、是非是非ご相談くださいませ。

やはり基本は大切だな、、、という2連続でした!






Pt.Alfred CHINO CLOTH & VENTILE 3BJKT ¥37,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分


6/23sunはFit Insoleさんの受注会です、皆様お誘い合わせの上是非是非お越しくださいませ!!

こんばんは。
梅雨の気配が着々と、という感じに。皆様いかがお過ごしでしょうか?、夜は冷え込みますよね、体調崩しやすい時分ですのでお気をつけくださいませ。

先週の木曜日、閉店後に急いで大阪へ。






ビルボードライブ大阪で高野寛さんの30周年ライブツアーの最終日がありました、ビルボードは遅めスタートで2ステージありますので、21時スタートの2ndステージだと京都からでもちょい遅れくらいですべりこめるので助かります。
高校の頃から好きな高野さんの30周年を見られるのは感慨深いモノがありました、セットリストを見て、これが今の高野さん的ベストなのかな〜とか思ったり笑
さらに今回は高野さんがよくセッションしているミュージシャンがたっぷり、おおはたくんを始め畠山美由紀さん・坂本美雨ちゃんがそれぞれの曲を高野さんと、もちろんメインは高野さんの曲を皆で、なんというか・・・いつも通りでスペシャルなライブでした。楽しかったな〜笑

高野さんとおおはたくんは、ボクの日常に欠かせない存在。そしてUNITでも音源をお預かりしてる東田くんレアちゃんと、カナダや英米・ブラジルの好きな人達の音楽がボクの日常のベーシック。結構飾りっ気のない人達が多いかなあ〜と思います。

そうやって考えると・・・UNITの基本中の基本って、ちょっと近いかも(と勝手に寄せてみる笑)。 飾り気がない分飽きがこなくて、上質で安定感があるので心地よくって、それだけでも満足だし他と合わせるにもちゃんと機能してくれる。

その2トップといえば、、、






BETTER MID WEIGHT CREW NECK S/S T-SHIRTPt.Alfred 1st ARMY PANTS、今はお休み中ですがこの写真のような黒のフルブローグをはいて(もちろん黒スニーカーとかも)。ボクは困った時にココに逃げます、誰も不快に思わないであろう駆け込み寺的コーデ笑。シャツでもコートでも・はたまたフードパーカーでも、これに追加すればOKだと思ってます。

BETTERのミッドウェイトは半袖〜長袖で、Pt.Alfredも皆様ご存知の通り通年定番。Tシャツが今売れるのは無論なのですが、このところPt.Alfredのチノの中でも1st ARMYがよく出ています。ボクの布教の賜物なのか、、いや、お師匠の人気か笑
この品番は、UNITのラインナップ的にはいわゆる”太い方”と言ってる型です。このチノは絶妙なオンスと素材感で年中バッチリ使えます。特に太い方は夏でもぴったりしない分快適なので、ショートパンツやGパン、イージー系よりも崩れないコーディネイトを求められる時にも良いのです。






腰回りにしっかりボリュームがあり、裾にかけて素直にテーパード。トップスの強弱を問いませんし、シャツや靴との相性も全体通して卒なくこなせます。ゆるめのシルエットは単純にはきやすいですよね。






このスーパーチノは本当に素晴らしい、弾力のある織りなのでストレスが少ない。









ディティールも丁度良い。非常にシンプルなのですが、次第に表情豊かになるパッカリング・素材のの経年変化も楽しみですし・ステッチワークもシンプルで壊れにくい。







ネイビー・ベージュ・チャコール・オリーブ、安心の4色です。ボクはとくにチャコールをはくことが多いかもしれません、はいてると結構褒められます笑。色・素材・形のバランスが、ありそうに見えて実は他にあまり無いのかも知れません。

シーズン最盛期に、こういう基本のアイテムが動くのは嬉しいです。

やはり飽きないというのは正義だ笑

皆様も是非。






Pt.Alfred 1st ARMY PANTS ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

次の元号が発表されましたね、皆様の感想は如何でしょうか。
“令”は初めて、”和”で馴染みがあるのは昭和以外だと和銅・仁和あたりでしょうかね。そして初の国書からの引用だということで、まあ・・漢書と国書のどちらでもよろしいかとは思うのですが、万葉集というのはロマンティック。引用元の梅の花の歌は国文学的にも結構重要ポイントで、のちの連歌の元となった構成だそうです。うろ覚えですが、、大伴家持のお父さんである旅人主催の歌会で、筑紫から薩摩に派遣された貴族が集まった際の回し詠み。旅人さんは、梅の宴の漢詩バージョンも懐風藻に収められていますね。う〜ん、、実家に帰った時に専門家の父に講義してもらいます笑
この造語のフィーリングとか字義のバランスとか、、その他思う処は、、、ここで言うのも何だかアレなので・・・こういうのお好きな方はUNITでお話ししましょ笑

あと1ヶ月で去りゆく平成、イチロー氏の28年間の選手生活が平成の象徴とするならば、こちらも同じキャリアでありつつ、これからも益々それを積み重ねてゆくでありましょう、






Pt.Alfred 1st ARMY PANTS
UNITの定番ボトムといえば、もちろんPtアルフレッド。その中でも個人的に最も能くはくのがこの1stアーミー、色バリ所有数もいちばんだと思います。お客様に”どれが細いの?太いの?”とご下問いただいた際に”コレが太い方!”と口をついて出てしまいがちなのですが、太いと言うよりも緩やかという表現の方が的然かもしれません。






腰回りにしっかりボリュームがあり、裾にかけて素直にテーパード。トップスの強弱を問いませんし、アウターや靴との相性も全体通して卒なくこなせます。ゆるめのシルエットは単純にはきやすいですよね。夏の着用で張り付いてストレスが・・なんてのも感じにくいですし、冬にスパッツを仕込むにしても窮屈にならない。そう言う意味でも快適。






このスーパーチノは本当に素晴らしいのです。








ディティールも丁度良い。








ネイビー・ベージュ・チャコール・オリーブ、安心の4色です。






最近気になるオリーブをはいてみました、持ってないし欲しくなってきた笑






通販ページに掲載してる過去の着用写真ですが、個人的には春にこのパターンが多いかも。

なんと言いますか、、何着よう?何はこう?と困った時に、なんとかしてくれるパンツです笑

それって頼りがいあるでしょ??、ジーパン同様に不可欠なパンツ。

皆様も是非。






Pt.Alfred 1st ARMY PANTS ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×