UNIT

こんばんは。

本日は終日しとしと雨降りでしたね〜、10月のお天気は不安定ですよね。そんな日なのでUNITものんびりムード、なので今週お客様とお話した内容を思い返したりしておりまして、その中で数名の方から「あ、そっか、そうですよね!」という言葉を聞いたのが、

“Pt.Alfredのチノスーツは洗える”

というボクの軽妙なセールストークから発せられた後、笑
ブログでのご紹介の時に結構サラッと言ってしまってるのですね、自分ではオシのつもりだったのですが。

そうなんです、”スーツ”という単語を聞くとやはりそういう固定観念と言いいますか、印象で考えてしまう。しかし”チノ”、チノパン洗うでしょ?綿100%ですもんね、なのでJKTも洗ってしまって大丈夫。むしろ洗えるからガンガン着られるという感覚でお召しいただきたいのです。

キッチリ着なきゃいけない時(ちょっと改まった時等)はプレスすれば失礼のない状態ですし(多少のシワ感はアリだと思います)、普段着る時は洗濯ノのあと干す時にパンパンしたそのままでちょうど良い感じの雰囲気。

ということで、






これがUNITで皆様に連れて帰っていただくのを待ってる状態。






こっちがウチの子になった状態。
洗って・着ジワがついて、雰囲気の良さがアップしてるでしょ?チノもデニム同様その人の体に馴染むような素材と織りなので、着込んでゆけばその人のカタチになっていく、それも魅力といえます。ボクもこのJKTを育てるのが楽しみなのです。

それともう1つ、






奥が洗ったほうです、違いますよね??織りの目が詰まって陰影が出て表情に深みが出てます。実際店頭で展示してる新品をお召し頂いたあとにボクのを羽織って少し皆さん納得具合が変わるのですよね、それはやはり生地の表情が豊かになっているから。気になる方はおっしゃってくださいね、その日に着てない時でもほとんどお店に待機させてますので。

というワケでいかがでしょうかチノのスーツ、また見え方が変わるでしょ?

「洗える」と同じくらい「タイドアップでキッチリ着られる」も良く言っているのではありますが、普段着ると考えるとやはりカットソーやハイジゲージニットなどの襟元の構成になりますよね。そのラフさをキープしつつ絶妙な男の矜持をコントロールしてくれるのもこのスーツの特徴。

ラフに着る王道として






カットソー+スニーカーの組み合わせが先ず思い浮かびます。
元々がチノですのでこれは合わないワケがない、そしてこのスーパーチノは上質感がしっかり備わってますので、トラッドなデザインと相まってラフに着ても落ち着いた空気感を作ってくれます。ユルみのないカジュアルスタイル、そんなところでしょうか。

そして個人的に好きなのが、






カットソー+レザーブーツ。
例えば普通のウールギャバのスーツでこれをやった場合、「ん?お仕事明けで疲れてるのかな??シャツも脱ぎたかったのね」という雰囲気の、逆にだらしなさが前面に出てしまうような。しかしこのスーツでカットソー+ブーツを合わせると、カジュアルを上質なモノへとリフトアップしてくれます。あまり実名を出して例にするのはよろしくないと思うのですが、ポール・ハー◯ンさんのアウトフィットなんてそういう空気を全面に押し出しててカッコイイ、あちらはツイードをガンガン洗ってますが。逆にこちらの場合は洗って当たり前のモノですので自然な仕上がりだとUNITは思っております。

ということで、チノのスーツの付き合い方を、UNITなりに少し付け加えてみました。

ウチの看板商品です、是非お試しにお越しくださいませ。






Pt.Alfred SUPER-CHINO 3B JKT ¥37,000+tax






#54220 REGULAR ST ¥15,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

ストールやニット類が到着したので朝からセコセコ模様替えをしてたら、、ドツボにはまり着地が見つからずほぼ元に戻したり、、あたふたしながら金曜日を始めたUNITです。天井から吊るしているハンガーラックの場所がいまいち決まらず踏み台の上で背伸びしながら頭上でレンチを回してる時にご来店のお電話をいただき焦って大汗掻いて半袖です、秋冬だっていうのに笑

そして一昨日のラジオでお話ししたPt.Alfredのスーパーチノのスーツ、それをお目当てにご来店のお客様も雨の中ありがとうございます、嬉しいなあ〜。
ボク自身、週末は着用するようにしておりまして、その都度インスタグラムに写真をアップするようにしております。例えば、、、










という感じで。ご参考にしていただければ嬉しいです。
(UNITのインスタグラム→https://www.instagram.com/unit_kyoto/ 是非フォローしてくださいませ)

着れば着るほど愛着の湧く、素敵な洋服です。着用写真とかアップして頂いたら何か特典つけようかなあ〜、それくらいボクも思い入れがあります。是非試着にお越しください!


そしてタイトルのお話。

毛糸チームがどんどん到着しております。








UNITには欠かせないカーディガンからデイリーに使えるハイゲージ、






そしてもちろんのストール。
決して暑がりな方だとは思わないのですが(最近、先輩方からは何故か薄着キャラにされてますが笑)、都会の電車移動の場合、






もっとも寒い時期でもこんな感じです。
温める箇所をしっかり抑えれば室内・電車内と野外を対応できるという思考、下半身を温めて体幹及び首を保温する。なのでスウェットの上に中綿ベストで、外にいる時はストールを巻く、室内ではストールを外して服の前を開ける。






逆に寒い室内でも動きを制限されないために、ストールを巻いて首をキープすれば快適だったりします。

ということで、、お察しの通りストール(マフラー)をうまく使うと冬を快適に過ごせます。






ちなみに去年最終の記事でも書きましたが、このコーディネイトが去年のボクの最多出場でした(スパッツ・肌着などは割愛です)、今年もかも。アウターは防風素材で中綿などは無し・ロンTとハイゲージニットにちょっと綿入りのベスト、この場合はマフレーで首を温めるというよりかは、首から前に提げて前身頃を温める感じ。ある意味もう1枚着てる感覚なのです。自転車乗る時もバックパックで背中は熱が逃げない。

という感じで、巻きモノをしっかり使えば体温調整がしやすいのです。そして本日おすすめするストール(マフラー)は、この写真に登場している”STELLA ROSSA”のストール。






優秀なのです。これ、アクリル100%なのですがあなどるなかれ。ヨーロッパのアクリルは精度が良くチクチクないものが多い。紡績の段階でお湯を使わない工場さんが多いらしく毛羽立たない、なので見た目も触り心地もスムース。
そしてアクリルだということは、、自ずとコストパフォーマンスが高いのです。是非2色買いしていただきたいです、値段抑えめなので遠慮なくガンガン使えます。もちろん値段の事だけでなく、長さ・幅ともに十分で本当に使い勝手が良いのです。

見た目も本当に上質。

という事で、6色ご用意しているのですが、個人的に今年のおすすめは、






ブラウン。
ボク自身はブラウン1色の巻きモノはしたことがおそらくないのですが、今年は挑戦してみようかなあと。オリーブ系のアウターに巻いて、白いパンツとか。黒系のコーディネイトに差すとか。






そして定番ブラック。
ここのブラックはチャコール的な要素もありますのでキツすぎず汎用性が高いです、重くならない黒。これは欠かせないストールです。

もちろん他の4色も自身を持ってオススメです、お好みでお選びくださいませ。

本当に便利で洒落た空気感を作ってくれるストール、冬の装いはこの有無で大きく変わります。よろしければご教授させて頂きます笑

雨天で撮影できなかったので(室内でもウチの店舗は結構左右されるので)、明日通販掲載しますね。

宜しくお願い申し上げます!






STELLA ROSSA STOLE ¥4,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はPt.Alfredの蝶ネクタイです。






雰囲気良いでしょ?






素材はお得意のスーパーチノ。チノで蝶タイって、シルクなんかよりもボリュームがあって少し男らしくて良い感じです。






このピスネームもなんだかかわいいです。






こんな感じ、ちょっとしたアクセントに絶大な力を発揮するでしょう。テーラードJKT以外のブルゾンや羽織りものにサラッとつかうと良さそう、ニットを着る時期にも味付け要員ですね。








そして、まあ、、モチロンですよね(笑)
アンサンブル、、と言って良いのでしょうか、スーパーチノのスーツとをさらに強固にします。






こんな感じも、雰囲気良いでしょ?


蝶タイ、男の必須アイテムに近い存在だと思います。

是非楽しんでみてくださいませ。






Pt.Alfred bow tie ¥5,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

明日からは大きな台風だそうですね。。。お気をつけくださいね。。。

お店、大丈夫かなあ、、、一応3連休は開店予定なのでお待ちしておりますね。そんな中お越しいただける猛者にはちょっとサービスしちゃうと思います、店頭でご確認くださいませ(ホントにご遠慮なく笑)

タイフー割?とか??(笑)

ということで本日の商品はUNITの基本、定番中の定番であります






Pt.Alfred 1st ARMY PANTS です。
名前から伺えますように、チノで作ったアーミーパンツ、いわゆる「チノパン」ですね。シルエットもPt.Alfredのラインナップ中でもっとも大戦中のチノーズに近いものだと思います。






素材はもちろんのスーパーチノ、腰があるのに柔らかい素晴らしい生地です。






全体にゆとりのあるシルエットで腰周りの余裕があり自然なテーパード、トップスのボリュームの増減に対して安定して下半身をキープしてくれるカタチだと思います。










王道ディティール。






この時期のボクはこのパターンが多いです。半袖着たいけどちょっと足りないので7分丈・足首周りの素肌を晒すのは職業的に秋が始まってますので無し(笑)・ちょっとひんやり?と感じたら首を保温するのが丁度良いので軽い巻きモノ。

中にスパッツをはいても楽なパンツなので冬場も良いですよ。

下半身にボリュームを作ればトップスは比較的に楽に合わせやすくなります。ゆったり目のパンツを選んだとして、、、トップスがタイトにするのはセオリー通りですし・ロング丈のアウターにもモチロン。その際に靴のボリュームで印象が変わったりもしますので、、その辺りは台風の中お店にお越しくだされば全てお話しします・・・どれだけ濡らそうとしてるねん、って感じですよね(笑)

このパンツ、そういう意味ではホントに万能、受け皿の広いボトムです。






Pt.Alfred 1st ARMY PANTS ¥15,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

日に日に涼しくなってきてますね、今朝も窓から差す日が少し秋の赤味を増しているのを感じた時、嬉しい反面夏に名残惜しさも。
ここからグッと洗濯物が乾きにくくなるんだよな〜(笑)

しかしながら洋服を着るのにはこれから楽しくなる季節、宜しくお願い申し上げます。
ということで昨日ちらっと申しておりました、






Pt.Alfred SUPER-CHINO 3B JKT
が本日のご紹介。久々のご紹介なのですが、変わったところにお気づきいただけた方はかなりのUNIT好き、どこか患ってないかちょっと心配になります(笑)
何が違うのかと言いますと、、、ベージュもストックカラーに追加したことです。店頭ではお取り寄せでご対応してたのですが、今季からはストックすることにしました。






ドロップ控えめなシルエットですので流行りに左右されず着られます、3パッチポケット・サイドベンツで軽快な雰囲気に。もちろんトラッドベースなのですがチノで作ってるのでほのかにミリタリー(というか制服)の匂いも香ってくるような。






一重でトリミング処理です、視覚的にも嬉しいですね。内ポケットも左右に装備です。






本当に優秀なチノです、コシがありつつ柔軟・素材の表情も上質で奥行きのある光沢感。これをキープするも良し・ガンガン着て味出しするも良し。

ということで、ボトムを同じチノにすると、コットンスーツの出来上がり






昨日はカットソーでカジュアルに着てる写真をお知らせしました、本日はタイドアップ。






過去の写真で、ちょっと上品さアップなシャツタイと靴のバランス、






ニットキャップとスニーカー、パンツを太い方にしてラフさを多めに味付け。






全て組下のパンツはこの日の記事の後半2型、REGULAR STとBASIC STです。

なんと言いますか、スーツって男の代表的な洋服だという共通認識ですよね。しかしいわゆる昨今の仕事用スーツは女性のモノも増え、ジャンルが違ってきてるような。ということでオリジンの方へ温故知新したのがコットンスーツだと思うのです。僕らよりも大先輩になる皆さん(TAKE IVYやVANのリアルタイム世代)のチノスーツはベージュが王道!だと思うのですが、ネイビーも同じ位置に引き上げられるのは今の世代の特権、というか感覚の問題でしょうか。
さっきチラッと”制服”と漏らしましたが、スーツの機嫌は乗馬服でスポーツウェアだったワケです(軍服や学生服も)。それにチノという素材が交わることでミリタリー・ワークの要素もブレンドされて益々ユニフォームとしての親近感が湧く。

スーパーチノスーツ=UNITカスタマーの制服

UNITの日本征服計画です(笑)

このセットアップ(もちろん単体でも良いのですが)、本当に満足度が高いので是非体感してみてください。 これに関してはちょっと考えてるお得なサポートもありますので、追い追いお知らせしようと思っております。

それ以外にも、着こなしや小技が思いつけばインスタグラムやブログでちょこちょこアップしようと思っております。


宜しくお願い申し上げます!






Pt.Alfred SUPER-CHINO 3B JKT 37,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は15日なので京都は祇園祭の宵宵山。3連休に宵宵山〜山鉾巡行・神幸祭まではまるって珍しいパターン、雨が少ないのも珍しいパターン。こんなはずはない、、、絶対降るのが宵山付近。油断できない・・笑






なんて思いながら出勤してたら、鴨川はまあ通常運行。というか平日っぽい、逆に祇園祭だから土曜の午前中に河原から人が消えてるのかもですね。
横笛の練習の人・裸のおっさん・走り方が変なランナー・三線でハイサイオジさん弾いてるオジさん、、よく見る人たちだらけですが、やはりなんだか鴨川ですら上気した雰囲気を感じるのは祇園祭だからでしょうかね。

みなさん浴衣やなんだかんだちょっとおめかしして街に来てらっしゃるんですよね〜、では軽めのおめかし感をと思いまして、本日は2アイテムをベースにご紹介。






FOB H/S WORK SHIRT ¥11,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)
まず1つめ、シンプルなワークシャツはいろんなスタイリングに溶け込んでくれる万能アイテム、あっさりディティールのこのシャツなら尚更です。しかし、ここまでなら普通なのですが、ワークシャツにあえて、






FOB NECK TIE ¥5,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)
共地やニュアンスの近いタイを。






あくまでも軽いのですが、ちょっと気が利いてて悪くないですよね。ボトムを細めの方向に持っていくと本気感が出てニュアンスがずれますので、、、






パンツ:Pt.Alfred VENTILE BASIC STRAIGHT ¥16,500+tax
靴:Milton Keynes suede plane toe ¥19,800+tax
ベルト:ROMA BELT ERA ¥8,800+tax
こんな感じや、






パンツ・ベルトは上と同じ。
右の靴:ventuno TENNIS ¥5,000+tax
左のKeds CHAMPION OX はホワイトの27cm(細いので26~26.5くらいの方が良いかも)のみになりましたのでお早めに、本気の最後なので。
こんな感じで色が変わるだけでも違う雰囲気、






パンツ:ARAN FATIGUE PT ¥15,000+tax ベルト・靴は同じ
こういうのもイイですよね。

という具合に、ワークテイストをタイドアップしてみるのも面白いかもしれませんよ、無論タイは通年使えますしね。






もちろん正統派でいけば、






ジャケパンスタイルにも使えるタイですので。


カジュアルにもタイを楽しんでくださいませ。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

もうしばらくしましたらしっかり告知予定なのですが、とりあえず予習で






http://nunc-s.com/
こちらをご覧くださいませ、来月スタートのブランドなのですが・・・・コレはイイです、心臓鷲掴みされました。
詳細改めて、乞うご期待でございます(ご質問は随時どうぞ)。


それからウェブショップの更新は2アイテム、






Manual Alphabet BINDER CHECK SHIRT ¥11,000+tax
通販ページはコチラ
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

綿麻で軽い着心地のマドラスチェック、ザ・夏という感じですね。それをプレーンなシャツに仕立てつつ裾の内側にネオングリーンのテープでバインダー処理を、チラリズムですね。ショートパンツなんかで合わせるとスッキリしすぎちゃう場合もありますので、こういう遊び心は嬉しいですね。

そしてシャツの着用写真でも合わせているパンツがこれ、






Pt.Alfred VENTILE 半端丈 PANTS ¥16,000+tax
通販ページはコチラ
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

夏らしく・それなりに快適で・でもラフすぎない、そういうパンツって中々ないですよね。もちろんショートパンツほどの開放感はありませんが軽い素材で涼感あり、且つヴェンタイルのシャキッと感もありますので革靴を合わせても遜色がない。コレのベンタイルバージョンもありますのでセットアップにできなくもない。
かなり守備範囲の広いパンツですので一度履いてみてくださいませ、置いてるのを見ると「ふ〜ん」って感じかもですが、はくと「なるほど」と言ってしまうと思います。

京都は明日から祇園祭りのメインイベントな3日間です、是非是非お越しくださいませね。


UNIT- WEB STORE
UNIT-オンラインショップ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は大定番Pt.Alfredのパンツの夏仕様をご紹介。
って、ボク自身は真夏にも普通のチノもはきますしそういう方も多いと思うのですが、それはそれで良しとして(笑)、同じ扱いでもうちょっとサッパリはけるのがあってもいいんじゃないでしょうか?ということで、






素材をベンタイルにしてみました、というのが本日のお題です。ベンタイル自体のイメージとしては100%コットンながら耐水性の高い素材というイメージですね。それはもちろん間違いないのですが、今回は薄手のベンタイルの軽快さの方が重要。そして水蒸気を逃しやすいという透湿性も夏の蒸れを解消してくれるという、ベンタイルだからこその利点ももちろんベースになってます。






デザインはスーパーチノ同様の落ち着いたトラウザーの仕様です。






今回ご紹介するのはいわゆる太い方のBASIC STRAIGHTです、楽にはけて且つ上品にまとまりますね。






フルレングスでこんな感じ。夏専用素材というわけでは無いですので、春や秋口も活躍させてください。






やはり今時期はロールアップで軽快に。
快適ですよ、素性としてはドレス譲りのスタイルですのでちょっと乱暴にはいても上品にまとまります。


ありそうで無い立ち位置のボトムです、是非是非お試しくださいませ。






Pt.Alfred VENTILE BASIC STRAIGHT ¥15,000+tax
(通販ページはコチラ)
(通販ページその2はコチラ)


UNIT- WEB STORE
UNIT-オンラインショップ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

遅い更新になってしまいました、早速いきます。






本日はこの半端丈カーゴ、個人的には夏の定番で毎年外せない存在。個人的な気持ちですが・・・クロップドパンツってあまり得意じゃないのです、なんだか子供っぽく見えたり・なんとなく頼りなかったり。なのでボクはロールアップしてそれを代用することが多いのですが、このパンツはそのイメージを払拭してくれた1本なのです。
全体のボリューム感とシルエットのバランスが絶妙なのでとてもしっくりきます、JKTと合わせてもイイくらい(実はそのセットアップをあるブランドさんに提供してたこともありました)。






後ろはこんな感じ、程々にディティールをのせてますので腰回りのボリュームが出てトップスをうまくつないでくれます。






素材はバックサテンです、オリーブでミリタリーなデザインとこの素材は相性の疑いようがありませんね。






ぽいっとはくだけでイイ雰囲気、






フルブローグの短靴にもバッチリ。
2年前の写真を引っ張り出したのですが、やはり今の方が体がダレてる気がします、サイズは変わってないんですけどね。。。。笑

「夏だし7分のパンツはきたいけど、、なんだかうまくいかない・・」そんな風にお思いの方、是非お試しください。はきつぶしてリピートの方も少量ですのでお早めに。






Pt.Alfred 半端丈カーゴ  ¥17,000+tax
(通販ページはコチラ)
(通販ページその2はコチラ)


UNIT- WEB STORE
UNIT-オンラインショップ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






午前中は[RIDING UNIT]、快晴で新緑も美しく良い朝でした。次回はいつもより少し早めに出て朝ごはんライドにしようかなあ〜と、GW明けあたりで行きます。

あ、ちなみにそのゴールデンウイークに営業ですが、4/28(金)〜5/9(火)は休まず営業します。よろしくお願い申し上げます。

ということで今週の定点観測。

そういえば本日は朝山でした。行ってる間は山仕様なのでお店でお着替え、何かの時にとお店に常備していてる下半身の組み合わせを使ってド定番のコンサバカジュアル、






quotidien pique crew neck cardigan ¥8,800+tax
ARAN BOPD ¥17,000+tax
Pt.Alfred BASIC ST ¥13,800+TAX
ventuno TENNIS ¥5,700+tax

今年初めてくるぶしを出しました笑、暖かくなりましたね。誰にも不快感を与えないコーディネイトだと思います、ベーシック万能万歳です。

では改めて。






今週のウインドウはいつもにましてシンプルです、しかし実際着ると単純なのに印象的なコーディネイト。
quotidien loosefit t-shirt ¥6,800+tax
ARAN F.BELT PT ¥17,000+tax
Milton Keynes suede plane toe ¥19,800+tax

入荷・オススメのピックアップはと言いますと・・・






mature.haの夏用フリーハット、そろそろ出番ですよね。






半袖チームもどしどし到着中です、ARANの鹿の子カットソー、着るだけで雰囲気出ます。






manual alphabetからB.Dの半袖、王道です。






マドラスの半袖も。






15jyugoのshizuku-Tの半袖もスタンバイ。






MARINEDAYのTROUSERも今年は夏の素材。






バッグのニューモデルもそそります。

こういう新顔と共に既出のアイテムもジャストシーズンをむかえております、






UNIform shirt-coat ¥17,000+tax
カットソーの上にふんわり、パンツが軽くなってからもシャツ代わりに洒落たコーディネイトを。






FOB OX WORK SHIRT ¥13,000+tax
weac. KURUMICHAN SHIRT INDIGO OX ¥13,500+tax / NAVY CHECK ¥12,600+tax
どちらも大活躍必須。






15jyugo 16 de shirt ¥17,000+tax
CULB DE MER Berton Shirt ¥7,800+tax
15jyugoの準定番的シャツ、ショーツにも合わせたくなります。ボーダーは2,3色まとめてなんて方もチラホラ、お早めにです。


楽しい季節になってきました、お出かけ気分ですよね。「GWはココに行くんです〜」なんてお話も聞くようになってきました、GWの前にお出かけ用のおニューの洋服・もしくはGWのお買い物でのご来店、お待ちしておりますね!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×