UNIT

こんばんは。

今日は暖かい1日でした、街も人出がグンと伸びてたようで。こう暖かくなるとなんだか白いシャツが着たくなります、という言い回しのUNITの場合だとついついオックスフォードのB.Dシャツといってしまうのですが





DSC_3721
本日はFOBのワークシャツを。
ワークシャツなのできっちりカジュアルな顔です。





DSC_3723
王道のディティール、ワークシャツはやはりワークウェアが得意なブランドが縫うとシッカリ定番な表情になりますね、餅は餅屋。





DSC_3724
そしてオックスフォードも強撚糸の素材なのでドライタッチな印象に、洗いざらし感がシッカリ出ますのでそれもワークシャツに打ってつけ。





DSC_3729
本日はちょうど5ポケットのデニムでした、このシャツがもっともニュートラルに見えるはず。

いつものUNITのおすすめするシャツよりも少し肩の力の抜けた雰囲気です、ゆったりした気分を味わってくださいませ。





DSC_3725
FOB OX WORK SHIRT ¥13,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

先ずは無駄話(笑)
この4年ほど寝かせておりました自転車を今のボクの使い勝手に合うようにと去年の夏前くらいからちょこちょこイジってまして、それが最近落ち着いてきました。温故知新といいますか、、





DSC_3689
29erのMTBフレームなのですが街で乗りやすいようにタイヤを細く、でもフレーム形状に合わせて細くなりすぎないタイヤで。かつシングルスピードで変速機は無し、メンテも楽だし街中だとかえって機敏。何よりシングルスピードっていうのが自分にとっては本来基本的なモノだったりするので、存在自体が安心(UNIT店名の由来だったりします)。というか、、めっちゃ普通ですよね(笑)

というか、シンプルなのって単純にカッコイイですよね。こうやって改めて眺めると丁寧に作られてるのが分かります、大切にしよ、、、、笑
(E.B.Sのご用命はvelo stand kyotoまで)

こうやって愛着のあるモノというのは自ずと付き合いが長くなるもので。
そういえば、、お店の中にあるモノでボクが一番付き合いの長いモノはと言いますと、皆さんのイメージにはおそらく無いモノ。それが本日のタイトルであります、





DSC_3693
RYU shirt Ⅱ
なのです。RYUはブランドスタートして12年目、、だったと思います。その当初からリリースされておりますので、それだけ安定した人気であるということですね。





DSC_3696
小さめのショールカラーに比翼の前立て・片玉縁のポケット、デザイン的には比較的主張のあるパーツなのですが、サイジングやバランスなどで絶妙にシンプルなシャツへとまとめあげてます。





DSC_3694
質感の良いツイル素材に後染めのピグメント(ホワイト以外)、繊細だけどエイジングも楽しめます、どれも捨て難い、、、、でしょ。





DSC_3701
ボトムのデザインや太さも選びませんし、合わせるアウターなんかも同様。このシャツに頼ってはき古したジーパン+スニーカーでポイッと着るのも悪く無い。



普通のシャツ、だけど普通じゃ無い。

静かに語るシャツです、きっと手放せなくなりますよ。





DSC_0937
RYU shirt Ⅱ   ¥19,000+tax
(通販ページはコチラから)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。





IMG_0858
昨日の帰りは色んな所に雪を積もらせながら帰ってました、途中スクーターや自転車・歩行者がツルッと転んでたり・・・夜にこんこん降る雪は気を付けなきゃですね。

とはいえもうすぐ春が来ます。それを臨んで今すぐ着られる、そんなアイテムを本日はご紹介します。





DSC_0788
15jyugo 16 de shirt

安定人気の継続品番、程よい軽快さとシーズンレスな生成りのプルオーバーです。
シンプルなバンドカラーと大振りのポケット、1枚で着ても・カーディガンをフワッと・ダウンJKTの下にも、、ニュアンスの作りやすいデザインですね。





DSC_0796

DSC_0793
素材はダンガリーの生成り、耳付きということは旧式力織機でゆっくり織られた風合い豊かな生地。生成りの猫目ボタンというのも味わい深いです、背中のダーツもバランスの良い意匠。





DSC_0790
15jyugoといえばアイコンの丸、ここに隠れてます。





DSC_3628
もちろんのデニム、どう考えても合わないワケが無い。





DSC_3631
ファティーグパンツ系、親和性の高いコーディネイトに。





DSC_3629
ネイビー系のパンツ、UNIT的には最も落ち着くパターン。





DSC_3633
同色のパンツを黒の靴で締めて、最近の気分だとこのパターンも推したい感じです。




見れば見るほど、着れば着るほど愛着が湧くこと間違いなしなシャツです。

ショートパンツも合わせたくなるな、、、本当に年中使えるシャツですよ。





DSC_3637
15jyugo 16 de shirt ¥17,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

昨日から今日の午前中までの京都は雨模様、今年になってから雪ばかりだったのでなんだか新鮮でした。寒くなったり暖かさが垣間見えたりしながら春になっていくワケです、先日も話してたのですが最近の寒さは結構しつこく、4月も1日くらいは雪がちらついたり。先日も「もう4月なのに〜、って毎年みんな言ってる、そろそろ覚えようよ笑」という話をしてました。

そんな体調管理的にも油断できない時期ですが、それでも春を待てない気分も。そういう頃合いにはこんな羽織モノはいかがでしょうか?





dsc_3221
UNIform shirt-coat です。
ステンカラーに近いショートコート的な使い方からオーバーシャツ的な軽やかさも。この時期ならばインナー使いでいいですね、デニムシャツの延長線上にあると考えれば色んなボトムに合わせやすい。





dsc_3276
コートとしてはコンパクトな襟でスッキリと、ボタンはコート的にボリュームのあるルックス。





dsc_3274
タタキ付けのラウンドポケット、ワークの味付けを少々。





dsc_3281
センターベントでシンプルに。





DSC_3529
こんな感じ、この写真は中にシャツとハイゲージニット・軽めの中綿ベストを着てます。これくらいのボリュームでも包み込んでくれますし、





dsc_3264
Tシャツの上にふんわりでこの感じ、汎用性の高いデザインです。

そしてこのシャツコートの大事な部分がここ、





dsc_3280
袖です、剣ボロをつけることでシャツとしての使い方が可能になるのです。





dsc_3263
腕まくりできるでしょ?
夏が近い頃も着やすくなるし・家で着る時の水仕事や作業着としても。作業着ということは・・インディゴの生地だと汚れてもカッコイイのでエイジングも楽しみになりますね。





dsc_3289
そういう意味ではインディゴのシャンブレーという生地は本当に優秀、今回は先週ご紹介したUNIformシャンブレーB.Dシャツ共生地で作ってます。ワーク然とした使い方からキレイめな使い方まで幅広い守備範囲、上品さとカジュアルを高い位置で同じ表現を出来る数少ない素材だと思います。





DSC_3535
共生地ですのでこんな感じでアンサンブルにも。


本当に幅広くコーディネイト出来るコートでありシャツ、必ず味方になってくれると思います。





DSC_3532
UNIform shirt-coat ¥17,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日の京都は雪がちらついております。毎年言ってますが、もうすぐ春物が来るって時に一番寒くなる、、、笑

この時期の洋服屋さんはセールと春の立ち上がりの狭間、皆さんも何を見ればいいのかな〜って時期ですよね。UNITももちろんそういう時期ですし・改装もしたとろころ、かえって良いタイミングなのでUNITのスタンダードアイテムをじっくりご紹介していこうと思っております。
ボク自身も「ずっとやってるし皆さんもうお分かりだよな〜。」って置きっぱなしにしてる部分もあるので、そういう意味でも一緒に再認識していただけると嬉しいです。

それでは先ず始めに、新しい商品をご紹介します。定番って言ったのにってお思いかもですが、これから定番で展開する商品なのです。





DSC_3535
UNIform CHAMBRAY B.D SHIRT
ずっと言い続けております「定番シャツ=B.D」という公式、これまではオックスフォードのB.Dを続けてきました、UNITの皆さんにとっても欠かせないアイテムになっているはず。根本的な品性というか奥行きを損なわず、よりデイリーユースにしやすいモノをと考えますと、やはりシャンブレー。





DSC_3567
インディゴのシャツというのはジーパンを上半身に置き換えるようなモノですので、どんなボトムにも合わせやすいと思います。





DSC_3539
ディティールは過不足ない落ち着いた仕様、流行りにとらわれないベーシックなデザイン。





DSC_3528
Pt.Alfred 3rd ARMY PANTSと、チノとの相性は言うまでもないことですね。





DSC_3530
MARINEDAY D-TROUSER、デニムオンデニムもシャンブレーならしやすいですよね。





DSC_3531
タイドアップでJKT、軽やかだけど上品さを損なわない。

ワードローブに欠かせない1枚になると思います、宜しくお願いします。

それから、





DSC_3537
今回はレディースをちょっとだけ作りました、同じ手間をかけた作りですが、





DSC_3569
全体のシルエットはもちろん、襟とカフスのサイズを女性らしく仕上げました。

こちらもよろしくお願い申し上げます。

奥様・彼女さんへのプレゼントにも。



ということで新定番のシャツでした、是非袖を通しにお越しくださいませ。





DSC_3574
UNIform CHAMBRAY B.D SHIRT ¥12,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

このところ暖かいですね、、もっと寒くなってくれないと洋服屋は困ります笑

本日は新顔と継続品番と暖かいのと暖かいのをザッと4つご紹介。

まずは新顔、





dsc_3376
Manual Alphabetというシャツメーカーさん、今期スポットでいくつかお世話になってます。





dsc_3315dsc_3316
stretch flannel BASIC BD SHIRT ¥10,500+TAX
起毛仕立てのネルシャツ、BDなのでトラッドっぽい仕上がりが良いです。フリーフランネルという特殊加工で、綿100%なのですが化繊を混ぜたストレッチ的な着心地。





dsc_0785
先日Vitterのカーディガンをご紹介した時にチラッと、上品なネルシャツです。





dsc_3313dsc_3314
次は、crispy weather MILITARY SHIRT ¥14,500+tax
米軍のユーティリティシャツをリミックスしたデザイン、比翼仕立てとフラップポケットが男心をくすぐるでしょ?
上質なコットンを使ったウェザークロス、光沢感とハリコシが良いです。この素材感はアウター使いもしやすいので時期によってはそういう着方も、裾はドローコードが通ってスピンドル仕様ですのでアウターとして意識しているということが伺えます。





dsc_3317
次は暖かいのを、INVERALLAN Lumber Cardigan ¥5,5000+tax
説明不要のローゲージニットのお手本みたいなインバーアランのカーディガン、





DSC_0222
問答無用でカッコイイです。





dsc_3299
Bibury Court UK combat smock ¥68,000+tax
英軍コンバットスモックのアレンジ。表地は英国ミラレーンの6ozワックスコットンで中綿にシンサレート、ボアに覆われた襟はフードにアレンジできます。コレ、、、カッコイイんです、また改めてご紹介。



ということでザッといきました、この秋の記事を見返しながらコーディネイトを考えてみてくださいませ。

お待ちしております!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

カクンと、冷えがきましたね。ようやく秋・・と申しますよりも、近頃は秋を通り越していきなり冬になってしまうような。

洋服を着るのが楽しくなってくる頃ですね。そんな時期ですので冬本番のアイテムを紹介するのはもちろんなのですが、これからUNITで定番的に一年中オススメしていきたいアイテムを





dsc_3271
こんな名前で店頭に常駐させようと思っております商品の第1弾を、本日はご紹介しようと思っております。





dsc_3221
UNIform shirt-coat
少し前のまとめ紹介の中でチラッとご紹介しておりました。





dsc_3289
シャンブレーはデニムに近い存在でありつつ更に軽やかに使える素材、通年付き合えますよね。





dsc_3276
コンパクトな襟でスッキリさせてます、ボタンも手になじみの良いサイズとリムのカタチをチョイスしました。





dsc_3274
ポケットはラウンドで、すっきり見えつつコートの雰囲気を。





dsc_3282
背面のセンターシームから





dsc_3281
センターベントに。





dsc_3264
ふわっと羽織ってこんな感じです。
そしてこのコートがシャツを冠にしてる理由が




dsc_3280
袖、結構ココがこのシャツコートのキモだったりします。剣ボロをつけることでシャツとしての使い方が可能になるのです、そうなると例えば・・梅雨時期あたりも夏の終わり頃も着やすいし・これをいんなーで着る場合も扱いやすくなる・家で着る時も水仕事をしやすかったり。仕事の作業着とかにもできますよね、インディゴの生地だと汚れてもカッコイイし。





dsc_3263
こんな感じで。



UNIform、UNITが考える日常のuniformです。皆さんのユニフォームになってくれたらなあと思います。

それからこのシャツコート、Sサイズならば女性でも大丈夫。ちょっと緩めのシャツワンピでもいけますよ、ぜひご試着してみてください。





dsc_3285
UNIform shirt-coat ¥17,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

weac. SIAM

こんばんは。

本日はガウンを。先週あたりにまとめ記事で軽くご紹介しました、





dsc_3219
ウィークのガウンです。





dsc_3247
デッドストックのチェックネルをインディゴで後染めに、風合い良く仕上がってます。





dsc_3250
深いショールカラーがガウンらしさを演出、





dsc_3252
たっぷり目のポケットと帯で腰回りの表情が程よいボリューム感。





dsc_3253
カフスの処理も古き良き時代のアメリカを少しだけ匂わせるような。





dsc_0787
ラグジュアリーな着こなしにするのもいいですが、これくらいの軽さでミックスアップするのも良いのではないでしょうか。後染めインディゴのチェックネルなのでデニムのボトムも相性バッチリだと思います。


雰囲気のある家着にも・ちょっとヒネリの効いた街着にも、ご満足いただけると思います。





dsc_3259
weac. SIAM ¥22,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

3連休ですね〜、予報よりも小康状態な空模様。こういう時は外に遊びに行かずに買い物に行きましょうね(笑)

いろいろ入荷しております、日々の更新が後からドンドンきてる商品の突き上げを食らっておりますのでヘッドライナーをわさっとご紹介します。

それではいきます。





dsc_0756
Bibury Court Classical Check Long Point BD ¥16,000+tax
中古風に加工したチェックがなんともイイ感じ、落ち着いた発色で程よい差し色に。





dsc_0755
ARAN WESTARAN BIO FADE ¥17,000+tax
バンドカラーのウエスタンシャツの加工色、ヒトクセがコーディネイトのスパイスになりそう。





dsc_0767
FOB CHAMBRAY CUTWAY SHIRT ¥13,000+tax
ドレス系のデザインをシャンブレーに落とし込むと大人なカジュアルシャツに、結構UNITのツボです。





dsc_0763dsc_0765
FOB MOLESKIN BAKER PANTS ¥13,000+tax
FOB RELAX NARROW EASY ¥13,000+tax
どちらもストレッチの効いたスッキリ綺麗にみえつつ楽なパンツ、色んなコーディネイトにはまりそうです。





dsc_0776
Kepani SunsetⅡ ¥17,000+tax
UNITでもこっそり人気の裏起毛のスウェットカーディガン、上品なワークテイストで合わせやすいのです。





dsc_0757
alk phenix dan tee L/S real hot ¥26,000+tax
ポーラテックを保温性の高いワッフルで挟み込んだニット、これは名前通りホントに暖かいです。





dsc_0766
RYU warmly r-neck big knit ¥19,000+tax
これもネーミング通りのニット、太いパンツで軽い靴で合わせたいところ。





dsc_0769
MARINEDAY DANS ¥16,000+tax
そんな軽い靴をマリーンデイから、女性サイズも少しご用意しました。





dsc_0753dsc_0752
MARINEDAY SAILOR ¥19,000+tax
シンプルなショルダー、シュリンクレザーの風合いとベストマッチです。





dsc_0775
MARINEDAY CHLOE ¥4,800+tax
共地のポーチも、この3種類のシュリンクシリーズはホントに秀逸な顔をしてます。





dsc_0758dsc_0761
Vitter ROUND NECK ¥ 8,800+tax
Vitter CARDIGAN ¥10,000+tax
イタリアのファクトリーブランドから堅実なニットが届いてます、コストパフォーマンスにも注目。





dsc_0754
Guernsey CARDIGAN ¥29,000+tax
ガンジーのカーディガン、冬の基本になりそうなローゲージ。早い者勝ちな気がします。





dsc_0751
NOMADICS WOOL FLEECE CARDIGAN ¥16,800+tax
ポーランドのウール屋さんの牧歌的なカーディガン、どう見ても暖かい。昨日買ってくれた黒人の方がカッコよかったので写真お願いしたらよかったです。。これも早いもの勝ちかも。。





dsc_0772
WESTERLIND FELT HAT ¥19,000+tax
アメリカのショップさんがオリジナルで作った突きのしっかりしたハット、ファッション的にもかっこいいですが傘代わりにもなる機能派。


という感じです、もちろん他にもいろいろ入荷しております。
そしてこれまとめてて気づいたのですが、、どうも今年のボクはグレー推しみたいです。ホントにグレーが多い、おそらく限定回帰な気分で「ネイビーのボトムでアウターを黒かオリーブにした場合のインナーは?」という思考回路になってるのだと思います。でも、ホントにグレーニットはカッコイイ、落ち着きも軽快さも表現できますし。

なんて思って今日の自分を見たら、、、





dsc_0778
無意識でした。。。

オチがついたところで本日はこれまで、、、、笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はweac.のロングシャツを。昨年も好評だったコレ、





dsc_0956
今年はこんな感じのちょっとアメリカンなチェックネルで。





dsc_0970
程よい厚みのネルです、秋口のアウターとしても使えますし・冬場にショートコート以上の丈のアウターのインナーとしてもイイ具合。着込んだのちのネルの風合いやボタンの経年変化も楽しめそうです。このボタンは”コロゾボタン”というタグワヤシ(象牙椰子)の実から作られた天然素材のボタン、艶やかで綺麗な木製ボタンは珍しいです。





dsc_0972
コンパクトカラーでスッキリ、





dsc_0975
サイドスリットでデザイン性と動きをキープ、少し大きめの腰ポケットも丁度イイ塩梅。





dsc_0957
着ると結構落ち着いた印象です、今日はチノと黒靴ですが太いデニムに白いスニーカーとか、はたまた白いパンツでインナーにハイゲージのニットとか。。なかなか楽しそうですよ。


少し遊び心が欲しい方に。





dsc_0981
weac. ROLA ¥17,500+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×