UNIT

こんばんは。






本日はUNIT前の一之船入で高瀬川舟まつりが開催されてました。ファミリー向けの出店やコンテンツの中にチャンバラ体験、暴れん坊将軍のテーマに乗って大人をバッサリ。子供達に胃の腑を切られまくってらしたので、今夜は緊急オペでしょうね(笑)
こういう時、剣道・居合経験者の感想として、胴を抜く前の二太刀くらいの展開にちょっと無理がるなあとか、ついつい思ってしまって自分がイヤになります笑、楽しきゃ良いわけですもんね。

それでふと思ったのが色んな物事の方法論や流儀、もちろん洋服でも暗黙の了解的な着方や流行の取り入れ方、スーツなんてのはほぼ流儀といっても良いようなルールもあったり。

それで「あ・・」と思ったのがUNITの看板商品であります






Pt.Alfredのチノスーツ“のこと。軽い余所行き〜普段まで使ってくださいねといつも言ってますが、そのキモをブログではご説明してませんでした。ということでUNITでオススメしている方法を本日は。

“方法”というのは、スーツというよりもむしろパンツです。ちなみにこの内容はUNITの解釈、Pt.Alfredお師匠の免許皆伝ではないので悪しからずです(笑)






組下になる#54220 REGULAR STRAIGHT PANTSお買い上げいただく際に裾の処理をご相談します、シングル・ダブル・タタキ?どうしましょ??という感じで。しっかりとお好みがある方にはそのままご指定の仕上げを承りますが、どうしましょうかね〜という感じの場合はタタキでオススメしてます。






こんな感じの、カジュアルパンツのいわゆる普通の仕上げ、ステッチが外に出る為ドレスパンツ系の場合は本来NG。レギュラーストレートはデザインはドレスパンツで素材がチノ、う〜んと悩むところなのですが、これを逆に利用してはいかがでしょう?というのがUNITの気持ちです。一般的にカジュアルのタタキは幅を3.5cm以下にすることが多いのですが、これを4〜4.5cmくらいにします。今のダブルの主流の幅。そうすると1つ折ればフェイクでダブルに出来ます、そしてさらに使い方も増やせるのです。






ロールアップ三段活用みたいになってますね(笑)
この左側、2つロールアップしてるのですが、シングルやダブルで仕上げると裏のまつり縫いが出てきちゃいます、なのではき方が1つ決め打ちになります。せっかく幅広く着こなせるのに勿体ない、それがタタキで仕上げた場合は色々出来ちゃいます。






まずは1つ折りのダブル風できっちり目にタイドアップ、全体を1トーンにしてポケットチーフと靴下を近似値に。






個人的には最も出番の多い2つ折り、クルーネックのインナーで軽く着る場合に丁度良い。今日のようなラバーソールのレザーシューズはもちろん、ダブルソールの革靴やスニーカーもこんな感じが気分です。






そしてさらに3つ折りも、ブーツを合わせると少しカントリーサイドな空気感を作れます。ハイカットスニーカーだと更に軽快な雰囲気が作る事ができますしね。






そしてそのまんま。これ、、、ちょっと急いで撮ったのでベルト締め忘れてズレてます、ほんとはもっとスッキリですので、、、すみません。
こんな感じでパンツだけをいわゆるチノパンとして使う場合も、休日に自転車乗って出かける時なんかもスーパーチノの弾力はストレスありません。


どうでしょう、UNIT流チノスーツの4段活用。

幅広くお使いいただけると思います、時期的にも今月はよく連れて帰っていただいてます。色々なコーディネイトが可能なセットアップですので、春までずっと活用していただけると思います。是非ワードローブの一員に。



そして、






MARINEDAY TRUNK SHOwは明日までです、こちらも是非。


それでは明日もご来店お待ちしております!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は2点ご紹介、どちらも基本に使えるアイテムです。

まずはコレ、






GRANGE CRAFT COUNTRY SOCKS
アイルランドからやって来ました、無骨・・・じゃないな、素朴さがあって温かみのあるルックス。






ピュアウール100%を使ったザックリなリブソックスです。
このデザインだとドレスシューズ以外はほとんど使えそうです、レザーサンダルなんかを冬にはく方にも重宝されそうですね。

そしてウールソックスで気になるのが洗濯、通常の洗剤で水洗いをしてみました。






ウールソックスははくと伸びやすいので、これくらい横幅が縮んでちょうど良いくらい。長さが変わらないので気にせず洗いたい方も安心。コロンとしたフォルムが良い方はおしゃれ着洗いでどうぞ。






カントリーソックスなのでカントリーブーツを、鉄板の組み合わせです。






ハイカットスニーカー、真冬に軽快な印象を与えてくれる白いスニーカーですがボリュームのあるウールソックスが良い繋ぎ目になってくれると思います。それにチノとロングコートなんていうのも想像に難くありませんね。


次はブルゾン、個人的にも若い頃から外せないアイテムです。






FOB FACTORY PIQUE 3rd JK
いわゆる”ジージャン”の中でも最もプレーンで完成度の高いモデルがリーバイスの3rdタイプ、デニムもモチロン素敵なのですがこのピケも相性の良い素材。このピケはリーバイスに使われていたベッドフォードコードを再現しています。








3rdJKは何にでも合わせられると言っても過言ではありません、ベルトループを隠すだけの長さがあって細すぎず緩くもなく、チノ・軍パン・ワークパンツはモチロンウールのトラウザーにもそのまま羽織るだけでOK。そしてピケの場合はジーパンの濃淡に関係なく合わせられますので更に強者なのです。








細部も王道です、ベーシックな3rdタイプで必要のないクセも無い。






というとこで、今の気分だと太いパンツをちょっと田舎風に。このままコートを羽織れば冬もバッチリ、そうですね、冬はインナーで使えるワケです。


ウールソックスと3rdJK、ボクにとっては個人的な必需品。
皆様にも自信を持ってオススメします。






GRANGE CRAFT COUNTRY SOCKS ¥2,200+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)





FOB FACTORY PIQUE 3rd JK ¥18,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

皆様寝不足は大丈夫ですか?(笑)

惜敗でしたね、小さな差が大きな差というところでしょうかね、満足だし悔しいし、とても凝縮された試合でしたね。 個人的にはポーランド戦の終盤のパス回し肯定派なので、コレがやりたかったからだよ〜と一人でニヤニヤしてたのですが、後半15分までは(泣)

どちらにせよ、純粋に日本人が日本人の応援をして一喜一憂するというのは悪く無いことですね。

そして本日、内容もパッケージも100%国産で、小さな差が大きな差といえばコレ、






9coconoの香りシリーズ、ボディ&ハンドクリームとファブリックスプレー。
ちょっとした心遣いなのですが、有るのと無いのでは大きな違い。香りって難しいですよね、ある程度は香りを感じさせたいですが、キツすぎると自分も鬱陶しいし周りもクサイ。個人的な意見なのですが、、、インポートのフレグランス(白人の国の)、特にキツめのモノって白人の体質に合う配合だと思うのです。なので、多分日本人には日本で親しまれている素材を使った香りが合うと思います。源氏物語でも紫式部先輩が六種の薫物について書いてますが、みやこの人は季節毎に香りを合わせて楽しんでいたそうで。昔の人は”聞香”なんて言って”香りを聞く”と表現してたワケです、なんとも奥ゆかしい。”利き酒”もそうですよね、漢字を当てると違う雰囲気ですがやまとことばで言えば同じ”きく”、素敵な言葉ですね。

ボクも将来的には香りを使える大人になりたいのですが、それはのちの楽しみに置いておきまして(笑)、サッと使えて我々にも聞きやすい、使いやすいのがココノの香り。ファブリックスプレーは清涼感を味わえますし、クリームも保湿はもちろんフレグランス代わりにも使えます。
ボクの場合、スプレーは特にハンドタオルにひと吹きして使ってます。日中よく使う時期ですので結構気分良いですよ。クリームはつけ過ぎないように、体温を発しやすい所に少しずつ。






「樹露 juro」
霧の立ちこめる深い深い苔むした鬱蒼と生い茂る樹々の中で感じられる心象から、香りのイメージへと膨らませています。






「圓重 mare」
東洋と西洋が交差し、渾然一体となった港の喧騒。
そして、重なり合う濃厚な果実やハーブの甘さ。そんなイメージを組み立てた香りです。






「橘 tachibana」
青い空に碧い海、白い建物に碧い屋根のコントラストが美しい地中海の島。
燦々と照りつける太陽、そしてくっきりと現れる黒い影。
白いドレスやスーツなどすっきりとした装いが似合う静かではありますが、扇情的な香りです。

というのが9coconoさんの解説、







それぞれ原料は100%天然由来、ファブリックスプレーはサトウキビ・トウモロコシ・米から作られたベジタブルアルコールをベース、クリームはシアバターやホホバオイルなどをベースに、それぞれの香りをブレンドしたもの。内容成分は秘密なのでボク等も知らないのですが、「樹露」は後々シブめの香りになるシソっぽい感じ・「圓重」は甘い花の香りがありつつスッと鼻の奥に抜けるような・「橘」は古木の重厚感の中にほのかな蜜の香りが、という印象でしょうか。






ジュロが欠品してご迷惑をおかけしてたのですが、揃いました。今日の更新見ていただけてたら良いのですが。。。

夏のプレゼントにもイイです、並びのリッツカールトンさんにお泊まりの海外からのお客様も良くお買い上げだったりします。やはり香りが素直だという意見が多いです。

今の日本人が作った今の日本の香り、いかがでしょうか?






9cocono ファブリックスプレー 樹露juro/圓重mare/橘tachibana ¥3,200+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)





9cocono ボディ&ハンドクリーム 樹露juro/圓重mare/橘tachibana ¥2,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

このところ寝るのが早いからなのでしょう、そのまま時間が前倒しで起きるのも早い、、、加齢・・・・?(笑)
山にでも行けば良いのですが、雨降ったし、、、まあ、早くUNITに行って何やかんやしても時間があるのでちょっとお散歩と思ってUNIT周辺を散策してたのですが、






昨晩の大雨で空気がキレイになってるためか、まあ緑が鮮やか。次の休みまでは降らないで欲しいなあ、これならMTB日和になるし、なんて思いながらいつもの景色を眺めておりまして。
そんないつもの景色も時間や精神的な環境の違いで見え方が違ったり、オープンまで後2時間もあるぞ〜と思いながら高瀬川をボケ〜っと眺めていると何だか贅沢で(笑)
ブログに載せる写真はつい高瀬舟になってしまうのですが、






こんな何気無いせせらぎが心を穏やかにさせてくれます。






しかし正面を見上げると、ここで佐久間象山と大村益次郎が襲われて殺されたよ〜ってお知らせの石碑、穏やかでもないな(笑)
大河ドラマもタイムリーですし、京都散策も面白いかもしれませんね、実際大村益次郎なんて雑魚キャラ扱いですけどやってる事スゴイし。そんな感じであの時代を眺めてると、清川八郎とか小栗忠順の様なこっそりキャラに魅力を感じます。でもボク、、いわゆる”幕末”っていうの、あまり好みじゃないんですよね・・・何だか湿度が高くて(笑)

逆に本日の雨上がりの湿度はヒンヤリして心地の良い1日を過ごせました。






本日もPt.Alfredの地のスーツ、本日もこれで良いのだという安心感に包まれております。






そして今週のPt.Alfredの補充でお師匠の本が到着、今まではお読みいただいてただけですが販売分がきましたので、是非是非。以前にご希望いただいてた方はボクの方でも何となく把握しておりますのでお越しくださいませね。



そんな感じで朝をゆったり過ごしていた割に、、家用のメガネのままだし・腕時計忘れてるし・ベルトも忘れてるし・パンツ裏表反対だったし、、、、なんだコレ。


それでは明日もお待ちしております(笑)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。
昨日とは打って変わって心地の良い晴天ですね。最近6時前に目がさめるのですよね、、、、老化?。起きてしまって「なんや、、8時くらいになってるのかと思った、、、。」となり、布団出る前に時計見ろよって自分に言ってます。しかしながら今日のような昨日雨で洗い流されたキレイな空気を感じるのは非常に気持ちが良い、ベランダの窓を開けてぼーっとバナナ食べてました(笑)

本日は今すぐ使える夏のアウターをご紹介です、今日のお天気にもバッチリ合いそう。






Re made in tokyo japan Cool Max Seer Sucker Cardigan






クールマックスのシアサッカーです、透湿・速乾に優れたクールマックスに夏のイメージにフィットするシアサッカー、ベストマッチな組み合わせですね。






カーディガンにカバーオールのエッセンスを掛け合わせたイメージ、色んなボトムに合わせられそうですよ。






襟の開き具合は少し狭め、ブルゾン的なニュアンスです。






脇に巻いたポケット、この位置が見た目に大きく作用します。前身頃にベタっと貼るよりもスッキリ見えますし脇がしまって見えます、下にボリュームきますからね。






後身頃はセンターシーム。見た目のアクセントにも効果アリですし、伸縮性にも少し影響アリなので大事なディティール。






袖はゆるい筒袖、






ということでたくし上げて着るとかっこいい。
カッコイイでしょ?、ショートパンツやアウトドア系のパンツにも似合いそうです。カーディガンらしくインナーでも使えそうだし、中にシャツを着るのも良さそうだし、、着回しの幅が広いブルゾンです。


最初のイメージよりもイイ、自分も欲しくなってきました。。。

ということでお早めに(笑)






Re made in tokyo japan Cool Max Seer Sucker Cardigan ¥13,800+tax

追記:昨日のブログ、下書きで保存してしまってました、、、このまま合わせて下に進んでご覧くださいませ。
すみません、、、、(笑)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

今日明日とお仕事の方も多いのでしょうか、連休後半前のインターバルですね。そんな5月の最初の日、






Meets Regional 6月号特集”京都はしご酒。”の発売です。
京都の飲み屋さんの情報の最新アップデートされた内容で読み応えアリです、楽し夜の参考書に是非。
京都府外にお住いの方も、京都に遊びにいらっしゃる時に有用な情報が多く載ってますよ!

それから、最後にボクがポロポロっと、、、、笑
数枚ポートレートを撮っていただいてます、その中で






UNITの定番でイチオシ商品でありますPt.Alfred SUPER-CHINO SUITSや、






ボクも愛用しておりまして自信のバッグMARINEDAY BLUEBLUE等、UNITの商品も沢山着用してます、是非ご覧くださいませ。

ちょっと恥ずかしいですが、、、、笑

是非お近くの書店・コンビニで!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






桜が目立ちますが、加茂川の雪柳もなかなかのモノ。

今朝いつも通り朝の支度をしながら、「今日はアレをお知らせしなきゃな〜」なんて考えながらクローゼットをごそごそしてて(冬と春の入れ替えが全く出来ておらずぐっちゃぐちゃ・・・)、どちゃっと洋服が降ってきた時に(笑)ふと目に止まったのが






ReさんのHunting Jacket。コレはUNITを始める前にやってたお店にReのGくんがブランドスタート当初に見せてくれたアイテム、UNITのスタート時にも最初に並んだ商品でした、懐かしい・・・。Reさんは頼れるブランドです、リアルクローズだなあと思います。

そんな感じで朝にちょっとボーッとしてました(笑)、ということで本日はReの商品をご紹介、ジャストシーズンものを2つです。






まずはCotton Nylon Crew Cardiganです。
ブルゾンとカーディガンの中間にいるようなスタイル、プレーンな形なので合わせるパンツや重ね着のポジションも多様に対応してくれそうなカーディガンです。






素材はコットンナイロン、2つ前にご紹介したセットアップと同じ生地です。ドライタッチで軽快な素材感ですのでこれから長く活躍しそうです、乾きやすいのも嬉しですね。








クルーネックでダブルジップ、ブルゾンと言っても良いデザインですので中に合わせるモノもほとんど何でも、Reらしいレザーのプルタブと真鍮ジッパーで上質なイメージです。








長めのリブとハンドウォーマータイプのポケットでスポーティな印象を加味してます、全体的にもアクセントになってますね。






クルーネックのカットソーに、






ヘンリーネックのプルオーバーとB.Dシャツにも、上品なカジュアルの仕上がりです。タンクトップの上にもよさそうですよね、逆に秋以降のインナーにも使えそうです。太いパンツをスッキリまとめてくれそうですし、細いパンツの時は中に着るシャツを襟付きにしてボリュームアップするのもイイかもしれません。


次にご紹介するのも同様の使い方が出来そうな、






French Linen Cover Allです。
こちらはブルゾンとシャツの中間くらいのイメージ、ワークテイストを匂わせたデザインです。






素材はリネン100%、涼しげなイメージですのでショートパンツにもばっちり合いそうです。








スタンドカラーに同素材の包みボタン、袖と裾にはゴムテープを入れてありますのでまとまりがイイ。袖をあげやすいのでショートパンツの時期にもちょうど良いですす。








フラップ付きの胸ポケットとタタキ付けのハンドウォーマー、スッキリ見せつつボリューム感も損ないません。






カーディガンと同じようにクルーネックTで、太いパンツと細いパンツも、






ヘンリーネックも、ラフだけど大人らしいニュアンスです。なんというか、、考えなしで羽織っても様になる感じ。

それからですね、






襟を倒してショールカラー風にすると、






B.Dなどの襟元を上品にまとめてくれます、表情豊か。



ということで、ブルゾンのような・カーディガンのような・シャツのような、汎用性の高いReさんらしい2型をご紹介しました。

やはり、Re made in tokyo japanは良いでしょ?






Re made in tokyo japan Cotton Nylon Crew Cardigan ¥13,800+tax






Re made in tokyo japan French Linen Cover All ¥2,1000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






全開の満開です、気の早い木はもう葉桜になりそうです。






写真撮影順番待ちの方がいるくらいになってます、






ほぼお向かいの島津製作所の記念館でもキレイに、散策がてらにお越しくださいませ。UNITを経由すると御所も鴨川も平安神宮も、見所満載です。

こんな良い季節ですので、ボク等としては街だけにいるのはもちろん勿体無い。






お山も1年で最も快適な季節なのです、前のギャップで引っ掛けて体勢崩れてる(笑)
久々にと2人でのんびり、ゆっくり上って・たっぷり昼寝して・サラッと下って、当にジャストシーズン。次の休みは山の池で読書だな(笑)

「MTBで山行って見た〜い」って方はお気軽にお声がけくださいね、写真のとこはちょっと怖そうかもしれませんがユルいところもありますので。

ということで本題。

コレからの季節、ず〜っと使えそうな2点、というかセット。






前回にサラッとご紹介しましたReのセットアップに出来るJKTとパンツです。






コットンナイロンのドライタッチな素材感ですのでサラッとした肌触り、ドライワッシャーなので通常のコットンナイロンよりシャキッとしているのも良い。快適ですよ。






C/N Washer Cover All Jacket
すっきりした3B段返りのJKT、袖は筒なのでロールアップも可能です。












フラップ付きポケットやタタキ付けの内ポケット、チェンジボタン(ピンボケすみません)など、ワークディティールで少し味付け、軽快でキレイな印象のJKTです。






太いパンツにフワッと着てみました、なんというか・・好印象なJKTです。カーディガンのように使うというのも良さそうですし、JKTらしくもモチロンのこと。






段返りのボタンを使って襟を立てて着ても良さそうです。

カジュアルJKTの基本を押さえた有用なJKTです。

そして、






Wide Tapered Truck Ankle PTS
同じ素材のイージーパンツです。腰回のボリュームをたっぷりとってテーパードを利かせた9分丈のパンツです。










1タックでボリューム感を、バックヨークを下げ気味に配置してラフな印象に。








コレは使い勝手が良いと思います。楽々だけどパリッとした生地感の助けもあってだらしなくならない、靴もトップスもなんでも合わせられそうですよ。「コレばっかはいてしまう・・」って言ってしまう方が出てきそうです(笑)

ということで、






セットアップです。
大人らしさのあるラフな感じです。靴はUS NAVY MILITARY TRAINERで合わせてみました、バッグや時計などミリタリー系の周辺でまとめてもカッコよさそうです。結構男らしいセットかもしれません。


素材も乾きやすいものですし・着心地ラフだし・汎用性も高いし、今すぐから真夏も視野に入れて着られます。

優秀な2点です。






Re made in tokyo japan
C/N Washer Cover All Jacket ¥18,500+tax / Wide Tapered Truck Ankle PTS ¥15,800+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






ちらほら咲き始めてますね。
街を歩いてる方を見ると、日に日に春らしい装いになってらっしゃるのでイイなあと思います。
ボク自身はまだ本域の春アウターを着てません。如何せんUNIの店内は寒い、まだ寒い(笑)。それと帰りの自転車を考えるとまだ軽くとはいかない。大阪で仕事の時なんかは冬でも結構軽い出で立ちなので、先輩方には薄着の可哀想な奴扱いなのですが(笑)

そんなボクのことよりも商品のこと。この時期から初夏あたりまで、ばっちり使えるシャツのようなコートのような、そんなシャンブレーです。






UNIform shirt coat ¥17,000+tax
UNITにお越しの皆様ならお持ちの皆様も多いかと思いますが、UNIT企画のシャツコート。








名前通りシャツとコートの中間、というかどちらの顔も持っている1枚。シャツの上に着るコートとしても使えますし、Tシャツの上にシャツ代わりにも羽織れます。襟もコンパクトなので、コートの丈ですが大仰な感じにならずにラフに切られます。袖はシャツに準じた剣付きのカフスなのでシッカリ肘までまくれます、水仕事するにも都合が良いので家着や作業着にするという手も。実際シャンブレーの成り立ちはワークウェアですからね、汚れても気にならないというのも利点。






昨日は反省してましたが、今日もデニム(笑)
デニムの上でもかっこいい・・というか素直な感じがします。他のパンツに合うのは言わずもがなです、インディゴに対してはなんでも合わせるルールです。

そして襟元にフワッとかけてるストールも本日のご紹介。
暖かくなる時期だとはいえ、冷えには少し気を使うと安心だったりしますよね。首で体温調節をするのはとても有効ですし、コーディネイトのアクセントにもなります。何気ないスタイルにも巻きモノをプラスするだけでグッと素敵に見えます。






コレはSiulasというリトアニアのブランド、老舗のリネンメーカーです。







ということでもちろんリネン、質感・風合い共に馴染みやすく安心感のある上質なバランス。
ボク自身リネンやコットンのストールは良く使います、夏の始まりや夏の終わりに「ちょっと冷えるかも、でも長袖はちょっと暑いかなあ。。」なんて時にちょうど良いのです。なので現実的なことを言えば3・4・5・10月くらいはシッカリ活躍します。女性だと日除けがわりにも使えそうですので真夏もイイかもしれませんね。






キナリのストライプと無地、






ブラック無地とブラウン×グレーのストライプ。
お好みでどうぞ、キナリの2つはもちろんナチュラルなスタイリングにしっくりきますし・ブラックは万能ですし・ブラウンはカーゴパンツなんかに合わせると大人なミリタリースタイルになりそう。

プレゼントにもちょうど良さそうですよね、気が利いたプレゼントだ〜って喜ばれそう。

ということで春の2アイテム、是非どうぞ。






Siulas linen stole ¥4,900+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分












weac. SPEAKLE ¥24,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×