UNIT

こんばんは(本日前置き長め・・・ですがお付き合いください、良い商品なので)。






久々に朝の賀茂川でパチリ。
カバン付車両は変わらず入院中ですので、これまた変わらずE.B.S TRIP29改で出勤しております。この数ヶ月ほど毎日乗っておりまして、距離を置いてた期間のおかげもあるのか無いのか、チャームポイントの再確認が出来て楽しい朝晩なのです。ピリっと溶接してもらったフレームなので、ダラダラ乗ってるところからクッとスピード上げたい時も反応早いですし、適当な乗り方でもスーッと真っ直ぐ行ってくれますし。
ハンガー付きのトラックエンドなので、内装変速でもテンショナーが必要無しですからスッキリ(ハブいじるの面倒でワイヤーが下向きでスッキリ手前ですが、、笑)
って感じでそろそろ10年近い付き合いになるフレームでさえ新鮮さも感じられる自転車を作るE.B.S、良い仕事なのです。






そんなE.B.Sの工房で、同様の手順を踏んで丁寧に作られているtobiraの自転車。こういう言い方するのも何なのですが、、、同じだけ丁寧に作って、E.B.Sネームならフレームを買うコストで完成車として乗る事が出来るのです。E.B.Sの本気の裏返しを是非感じてみてください、毎日が楽しくなりますよ。

  <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

という風にね、、軽快に書き始めた本日のブログですが、実は携帯でゴニョゴニョ打ってまして・・・。そうなのです、、もう耳タコだとは思うのですが、数日を経てまたお店PCが眠りに就きまして、、、流石にもう復調と思った頃に・・・油断大敵、笑
携帯入力の心の限界を迎えたのでPC復活に必要な手順を行い、待ち時間で懇意の夜ごはん屋さんで食事を摂って(まあお陰で久々にしっかり晩御飯食べられたのですが)、さあ仕切り直しと思ったところで・・・チ〜ン笑

ってなワケで自宅に帰りPCに向かっております。実は昨日も難渋して更新できなかったのですが、今日も飛ばすと明日は定休日。それはボクの精神衛生上よろしくないので更新作業がこの時間。もし更新のお知らせ機能とか使っていただいてる方がいらっしゃったら、珍しい時間でしょ?笑






でもね、やってみるとコレが結構悪くなくて。
自宅仕事が得意じゃないのでたまにしかなく、ブログは1度もありません。しかし今始めてみると気分が悪くない笑。好きな音楽を大きな音で鳴らしながら、SACRED ELEPHANTのAGARWOODを香らせ、一寸ひっかけながら(飲みながらもない)だと、、、なんだか気分がイイ。

このパターン、ハマるかも、、、、(もちろん翌日投稿の準備という事でですよ笑)

はい、愚痴ってスッキリ笑

  <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

と言う事で、ボクが展示会で一目惚れしたJackmanのアウターが本日のご紹介です。






Jackman spectator coat です。
“spectator=観客”と言う事なのですが、寒い時期の野球観戦に行くアメリカ紳士をイメージして作ったのがこのコート。そうなんです、以前の投稿で言及したかどうかわかりませんが、ジャックマンの背景にはリアルに野球のユニフォームを作っていたという歴史があるのです。いわゆるスウェットシャツなんて、60年代くらいまでなら最先端のスポーツウェアですからね。

そういう古き良き時代のエッセンスを今の時代に落とし込んでリリースしているJackmanですから、男心をくすぐるワケです。

という事で詳細、上から順番にいきます。






フードから前立てを付けずにショールカラー的に落とし込んだ襟元、ラグジュアリーなイメージとミリタリーっぽさがマリアージュしております。






レザーのガゼット付きのハンドウォーマーと2パートあるポケット、程よいギミック感と必要な機能のバランスの良さがうかがえます。






そのフラップの内側も持ち出しアリなのでしっかりパッキングできます、コレもミリタリー的なアプローチで嬉しくなるギミック。






袖のストラップも勿論です。






絶妙なボリュームの中綿、これ以上だとあり過ぎ、コレくらいだとニットとのレイヤリングがしやすいのです。

そして嬉しい追加ギミック。






脱いで乱暴に置いてしまってたからクシャクシャ・・・・・、






パンっ!






スッ・・・・

という、形状記憶加工の生地なのです。






ポリエステルのドビーツイルですが温かみのある質感ですので、この機能と相まって2度美味しいという気分に。






勿論ギミックだけではありません、シルエットも絶妙。今の時代性と程よい距離感のゆとりのあるシルエット、逆に言えば普遍的な大人のシルエットなのです。






分かりづらいかもですが、インナーとパンツを変えてみました。今っぽいロングシャツとテーパードのしっかりした短めパンツ、個人的には好きなバランスです。

いや、、イイ。商品から香る余裕がイイ。

そしてコストパフォーマンスもイイ。

早い者勝ちです。

淡々と言いますが、早い者勝ちです。






Jackman spectator coat ¥37,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

長々とお付き合いありがとうございました笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

最近ずっと泣かされておりますMacのOS問題。前回の投稿で半収束宣言っぽいことを申し上げておりましたが、、、いやいやコレが。。。






超熟睡、、笑
ブックマークのフォルダを開くのにポチっと押しただけでこのホワイトアウトっぷり。。木曜はまあまあ動き始めてたので、昨日ノートPCを持たずに出勤するとこの体たらくでそのまま起きず。。






ということで再度2台態勢、お守り代わりに持って来るには重過ぎます、笑
ここまで書いてようやくストレスを感じないフリが出来るくらいまで動くようになってきました、どうかこのまま普通のパソコンに戻ってください。。。mojave、コレじゃあ本当に砂漠だよ。。笑

そしてタイトルのお話、アウターがパキッと入荷してきましたのでそれを早くお知らせしたかったのです。それでは順番に行きます。








Re made in tokyo japan Thinsulate Stand Collar Coat  ¥36,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)
シンプルで汎用性の高いデザインのスタンドカラーブルゾンです。
撥水性の高いストレッチナイロンのアウターとシンサレートの中綿で防寒性も高く、メンテナンスもしやすい特性もあります。








Re made in tokyo japan Thin Down Winter Mods Coat ¥56,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)
イタリアの革新的なダウン”THIN DOWN”をリモンタ社のナイロンツイルで包んだ、軽量なダウンコートです。ミリタリーを上品なデザインに昇華した、大人のモッズコートです。
シンダウンはメンテナンスも容易です。








Jackman spectator coat ¥37,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)
野球観戦の時に着るコートをイメージした、防寒性の高い作りのコートです。
前身頃は風が入りにくいダブルブレスト・ハンドウォーマーポケット・裏地に中綿キルティングを配してます。表地に素材はポリエステル100%で撥水性もある生地を使用しています、形状記憶の加工を施しており、パンっと叩けばキレイになる扱いやすい素材です。










ARAN SWD PARKA ¥42,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)
スウェーデン軍のフィールドパーカをソースにしたフーデッドコートです。
ミリタリーのエッセンスを落ち着いた雰囲気に落とし込んでいますので、カジュアルスタイルからスーツの時まで、全体に少しゆとりのあるシルエットなので厚手のニットも着込めます。塩縮加工で目の詰まった60/40のコットンナイロングログラン、防風性も高くコレ1枚あればと思わせる頼り甲斐のあるコートです。

という具合に、UNITも自信満々のラインナップ。それぞれのキャラクター・用途・コストパフォーマンス、どれも素晴らしいバランスです。本当に良いアウターばかりだな〜と自画自賛中です笑

追って詳細やコーディネイトもご紹介します!

それでは明日もよろしくお願い申し上げます。


追記:漸くサクサク動き始めました笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日も沢山のご来店ありがとうございました!!
では、タイトル通りなので早速いきます(笑)

告知方面をまとめて4つ。




Under the Autumn moon 満月ライブ
8月末の投稿で触れましたLea Thomasのライブが来週25日(木)に安楽寺さんで開催です。良いライブになりそう、もうワクワクです、秋の空気にぴったりの音だと思います。。ボクにおっしゃってくださっても予約しますのでご興味ある方は是非!、UNITでもアルバムをお取り扱い中ですのでコチラも合わせて是非。




コチラは詳細をお伝えするのにあと数日必要なのですが、来月前半の週末で東田トモヒロのライブを京都で企画中です。新曲も楽しみです、追ってお知らせいたします。




Pt.Alfred&tobira custom order meeting
いよいよ明々後日からのスタートになります。スーツのカスタムオーダーのご予約は一応締め切りとさせていただきます、ということでバナー画像を切り替え。”滑り込みで..お願い!”という方はご連絡くださいませ。トビラは週末まで開催いたしますので是非ゆっくり色で悩みましょう。




evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
そしてその翌週がエボシさんのオーダー会、どんなの〜?とご興味持ってくださってる方の声も沢山聞くようになってきました、追加のお知らせを明日改めてしますね。

そして、入荷・補充のお知らせです。






Manual Alphabet DRILL SHT COAT ¥19,800+tax






weac. SHAWL COLOR BLOUSON ¥24,800+tax






weac. ROLA ¥18,800+tax






BETTER BOA FLEECE COAT ¥25,800+tax






BETTER MID WEIGHT CREW L/S T-SHIRT ¥5,500+tax






BETTER CREW NECK L/S T-SHIRT ¥5,500+tax

ブログで改めてコーディネイトのご紹介もしますね、通販ページも是非ご利用くださいませ。


なんだかバタバタで申し訳ございません、、、そろそろどーでもイイ話だけのブログとかも書きたいなあ(笑)

それでは明日もよろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨夜は仕事の後大急ぎでMeets Regionalさん主催の酒祭に。






いつもお世話になってる竹村編集長と松尾副編集長も大忙し。
ライブやお笑いさんのトークイベントと共に美味しいお酒と食事、皆さん楽しそうでした。ボクも久々に会える皆さんやよく会う仲間と共にワイワイ出来て嬉しかったです、って呑気にしてたので会場の盛り上がってる写真を撮るの忘れてました(笑)関係者各位、有難うございました。地元にビッタリ密着したリージョナル誌だからこそのイベントだな〜と実感しました、写真の2人とは日頃適当な話しかしないのですが、彼等の仕事の奥行きが見えたような。いや、、褒めすぎだな(笑)

来月の裏なんば特集も面白いです、是非是非お近くの書店コンビニでお買い上げくださいませ!


そして本日はTinkersさんのJKTをご紹介。






Tinkers cotton duck hunting work jkt






フレンチスタイルのワークジャケットにハンティングJKTのエスプリを足したような、なんと言いますか痒いところに手が届いたようなデザイン。






伝統的なオレンジダック、しっかり洗いがかかってて見た目よりも柔らかな質感。






裏地のグリーンとのコントラストも素敵です、この配色は上品ですよね。






襟もアメリカンワークではなくヨーロッパスタイル、






ハンドウォーマー付き、ルックスも好印象になりますし使い勝手も良いですよね。







個人的には袖口が好み、内巻きのアジャスターがカッコイイ、こういう意匠を丁寧にするのは大切だなあと思います。







ゆったりシルエットのPt.Alfredのグルカパンツジャーマントレーナーで、ラフだけど落ち着きのある感じ。余裕のある雰囲気でイイです。






なんといいますか、ハンティングJKTを”ぽく”着た感じに。スウェットパンツをブーツインにしてストールで差し色を、わかりやすく特徴を引き出しましょう。






そして個人的にリアルな気分がこのコーディネイト。杢グレーのインナーにデニムトラウザー、一見ワークテイストなモノの取り合わせですが、インナーもデニムも上品なシルエットなのでちょっとアップグレードしたカジュアル感。このボトムはARANさんのですが、、個人的に大好きなパターン、近々ご紹介です。


力の抜けた大人スタイルをお求めの方、是非どうぞ。間違いなくオススメです。
根本的にはワークの王道なので汚れてもカッコつくものですし、でもデザインが程よく上品なのでシックにまとまります。

これ欲しいのですよね、、、白いパンツにも良さそうだし軍パンでコッテリいくのも良さそうだし。

一度試着してみてください、納得ですよ。






Tinkers cotton duck hunting work jkt ¥21,800+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






本日はUNIT前の一之船入で高瀬川舟まつりが開催されてました。ファミリー向けの出店やコンテンツの中にチャンバラ体験、暴れん坊将軍のテーマに乗って大人をバッサリ。子供達に胃の腑を切られまくってらしたので、今夜は緊急オペでしょうね(笑)
こういう時、剣道・居合経験者の感想として、胴を抜く前の二太刀くらいの展開にちょっと無理がるなあとか、ついつい思ってしまって自分がイヤになります笑、楽しきゃ良いわけですもんね。

それでふと思ったのが色んな物事の方法論や流儀、もちろん洋服でも暗黙の了解的な着方や流行の取り入れ方、スーツなんてのはほぼ流儀といっても良いようなルールもあったり。

それで「あ・・」と思ったのがUNITの看板商品であります






Pt.Alfredのチノスーツ“のこと。軽い余所行き〜普段まで使ってくださいねといつも言ってますが、そのキモをブログではご説明してませんでした。ということでUNITでオススメしている方法を本日は。

“方法”というのは、スーツというよりもむしろパンツです。ちなみにこの内容はUNITの解釈、Pt.Alfredお師匠の免許皆伝ではないので悪しからずです(笑)






組下になる#54220 REGULAR STRAIGHT PANTSお買い上げいただく際に裾の処理をご相談します、シングル・ダブル・タタキ?どうしましょ??という感じで。しっかりとお好みがある方にはそのままご指定の仕上げを承りますが、どうしましょうかね〜という感じの場合はタタキでオススメしてます。






こんな感じの、カジュアルパンツのいわゆる普通の仕上げ、ステッチが外に出る為ドレスパンツ系の場合は本来NG。レギュラーストレートはデザインはドレスパンツで素材がチノ、う〜んと悩むところなのですが、これを逆に利用してはいかがでしょう?というのがUNITの気持ちです。一般的にカジュアルのタタキは幅を3.5cm以下にすることが多いのですが、これを4〜4.5cmくらいにします。今のダブルの主流の幅。そうすると1つ折ればフェイクでダブルに出来ます、そしてさらに使い方も増やせるのです。






ロールアップ三段活用みたいになってますね(笑)
この左側、2つロールアップしてるのですが、シングルやダブルで仕上げると裏のまつり縫いが出てきちゃいます、なのではき方が1つ決め打ちになります。せっかく幅広く着こなせるのに勿体ない、それがタタキで仕上げた場合は色々出来ちゃいます。






まずは1つ折りのダブル風できっちり目にタイドアップ、全体を1トーンにしてポケットチーフと靴下を近似値に。






個人的には最も出番の多い2つ折り、クルーネックのインナーで軽く着る場合に丁度良い。今日のようなラバーソールのレザーシューズはもちろん、ダブルソールの革靴やスニーカーもこんな感じが気分です。






そしてさらに3つ折りも、ブーツを合わせると少しカントリーサイドな空気感を作れます。ハイカットスニーカーだと更に軽快な雰囲気が作る事ができますしね。






そしてそのまんま。これ、、、ちょっと急いで撮ったのでベルト締め忘れてズレてます、ほんとはもっとスッキリですので、、、すみません。
こんな感じでパンツだけをいわゆるチノパンとして使う場合も、休日に自転車乗って出かける時なんかもスーパーチノの弾力はストレスありません。


どうでしょう、UNIT流チノスーツの4段活用。

幅広くお使いいただけると思います、時期的にも今月はよく連れて帰っていただいてます。色々なコーディネイトが可能なセットアップですので、春までずっと活用していただけると思います。是非ワードローブの一員に。



そして、






MARINEDAY TRUNK SHOwは明日までです、こちらも是非。


それでは明日もご来店お待ちしております!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は2点ご紹介、どちらも基本に使えるアイテムです。

まずはコレ、






GRANGE CRAFT COUNTRY SOCKS
アイルランドからやって来ました、無骨・・・じゃないな、素朴さがあって温かみのあるルックス。






ピュアウール100%を使ったザックリなリブソックスです。
このデザインだとドレスシューズ以外はほとんど使えそうです、レザーサンダルなんかを冬にはく方にも重宝されそうですね。

そしてウールソックスで気になるのが洗濯、通常の洗剤で水洗いをしてみました。






ウールソックスははくと伸びやすいので、これくらい横幅が縮んでちょうど良いくらい。長さが変わらないので気にせず洗いたい方も安心。コロンとしたフォルムが良い方はおしゃれ着洗いでどうぞ。






カントリーソックスなのでカントリーブーツを、鉄板の組み合わせです。






ハイカットスニーカー、真冬に軽快な印象を与えてくれる白いスニーカーですがボリュームのあるウールソックスが良い繋ぎ目になってくれると思います。それにチノとロングコートなんていうのも想像に難くありませんね。


次はブルゾン、個人的にも若い頃から外せないアイテムです。






FOB FACTORY PIQUE 3rd JK
いわゆる”ジージャン”の中でも最もプレーンで完成度の高いモデルがリーバイスの3rdタイプ、デニムもモチロン素敵なのですがこのピケも相性の良い素材。このピケはリーバイスに使われていたベッドフォードコードを再現しています。








3rdJKは何にでも合わせられると言っても過言ではありません、ベルトループを隠すだけの長さがあって細すぎず緩くもなく、チノ・軍パン・ワークパンツはモチロンウールのトラウザーにもそのまま羽織るだけでOK。そしてピケの場合はジーパンの濃淡に関係なく合わせられますので更に強者なのです。








細部も王道です、ベーシックな3rdタイプで必要のないクセも無い。






というとこで、今の気分だと太いパンツをちょっと田舎風に。このままコートを羽織れば冬もバッチリ、そうですね、冬はインナーで使えるワケです。


ウールソックスと3rdJK、ボクにとっては個人的な必需品。
皆様にも自信を持ってオススメします。






GRANGE CRAFT COUNTRY SOCKS ¥2,200+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)





FOB FACTORY PIQUE 3rd JK ¥18,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

皆様寝不足は大丈夫ですか?(笑)

惜敗でしたね、小さな差が大きな差というところでしょうかね、満足だし悔しいし、とても凝縮された試合でしたね。 個人的にはポーランド戦の終盤のパス回し肯定派なので、コレがやりたかったからだよ〜と一人でニヤニヤしてたのですが、後半15分までは(泣)

どちらにせよ、純粋に日本人が日本人の応援をして一喜一憂するというのは悪く無いことですね。

そして本日、内容もパッケージも100%国産で、小さな差が大きな差といえばコレ、






9coconoの香りシリーズ、ボディ&ハンドクリームとファブリックスプレー。
ちょっとした心遣いなのですが、有るのと無いのでは大きな違い。香りって難しいですよね、ある程度は香りを感じさせたいですが、キツすぎると自分も鬱陶しいし周りもクサイ。個人的な意見なのですが、、、インポートのフレグランス(白人の国の)、特にキツめのモノって白人の体質に合う配合だと思うのです。なので、多分日本人には日本で親しまれている素材を使った香りが合うと思います。源氏物語でも紫式部先輩が六種の薫物について書いてますが、みやこの人は季節毎に香りを合わせて楽しんでいたそうで。昔の人は”聞香”なんて言って”香りを聞く”と表現してたワケです、なんとも奥ゆかしい。”利き酒”もそうですよね、漢字を当てると違う雰囲気ですがやまとことばで言えば同じ”きく”、素敵な言葉ですね。

ボクも将来的には香りを使える大人になりたいのですが、それはのちの楽しみに置いておきまして(笑)、サッと使えて我々にも聞きやすい、使いやすいのがココノの香り。ファブリックスプレーは清涼感を味わえますし、クリームも保湿はもちろんフレグランス代わりにも使えます。
ボクの場合、スプレーは特にハンドタオルにひと吹きして使ってます。日中よく使う時期ですので結構気分良いですよ。クリームはつけ過ぎないように、体温を発しやすい所に少しずつ。






「樹露 juro」
霧の立ちこめる深い深い苔むした鬱蒼と生い茂る樹々の中で感じられる心象から、香りのイメージへと膨らませています。






「圓重 mare」
東洋と西洋が交差し、渾然一体となった港の喧騒。
そして、重なり合う濃厚な果実やハーブの甘さ。そんなイメージを組み立てた香りです。






「橘 tachibana」
青い空に碧い海、白い建物に碧い屋根のコントラストが美しい地中海の島。
燦々と照りつける太陽、そしてくっきりと現れる黒い影。
白いドレスやスーツなどすっきりとした装いが似合う静かではありますが、扇情的な香りです。

というのが9coconoさんの解説、







それぞれ原料は100%天然由来、ファブリックスプレーはサトウキビ・トウモロコシ・米から作られたベジタブルアルコールをベース、クリームはシアバターやホホバオイルなどをベースに、それぞれの香りをブレンドしたもの。内容成分は秘密なのでボク等も知らないのですが、「樹露」は後々シブめの香りになるシソっぽい感じ・「圓重」は甘い花の香りがありつつスッと鼻の奥に抜けるような・「橘」は古木の重厚感の中にほのかな蜜の香りが、という印象でしょうか。






ジュロが欠品してご迷惑をおかけしてたのですが、揃いました。今日の更新見ていただけてたら良いのですが。。。

夏のプレゼントにもイイです、並びのリッツカールトンさんにお泊まりの海外からのお客様も良くお買い上げだったりします。やはり香りが素直だという意見が多いです。

今の日本人が作った今の日本の香り、いかがでしょうか?






9cocono ファブリックスプレー 樹露juro/圓重mare/橘tachibana ¥3,200+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)





9cocono ボディ&ハンドクリーム 樹露juro/圓重mare/橘tachibana ¥2,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

このところ寝るのが早いからなのでしょう、そのまま時間が前倒しで起きるのも早い、、、加齢・・・・?(笑)
山にでも行けば良いのですが、雨降ったし、、、まあ、早くUNITに行って何やかんやしても時間があるのでちょっとお散歩と思ってUNIT周辺を散策してたのですが、






昨晩の大雨で空気がキレイになってるためか、まあ緑が鮮やか。次の休みまでは降らないで欲しいなあ、これならMTB日和になるし、なんて思いながらいつもの景色を眺めておりまして。
そんないつもの景色も時間や精神的な環境の違いで見え方が違ったり、オープンまで後2時間もあるぞ〜と思いながら高瀬川をボケ〜っと眺めていると何だか贅沢で(笑)
ブログに載せる写真はつい高瀬舟になってしまうのですが、






こんな何気無いせせらぎが心を穏やかにさせてくれます。






しかし正面を見上げると、ここで佐久間象山と大村益次郎が襲われて殺されたよ〜ってお知らせの石碑、穏やかでもないな(笑)
大河ドラマもタイムリーですし、京都散策も面白いかもしれませんね、実際大村益次郎なんて雑魚キャラ扱いですけどやってる事スゴイし。そんな感じであの時代を眺めてると、清川八郎とか小栗忠順の様なこっそりキャラに魅力を感じます。でもボク、、いわゆる”幕末”っていうの、あまり好みじゃないんですよね・・・何だか湿度が高くて(笑)

逆に本日の雨上がりの湿度はヒンヤリして心地の良い1日を過ごせました。






本日もPt.Alfredの地のスーツ、本日もこれで良いのだという安心感に包まれております。






そして今週のPt.Alfredの補充でお師匠の本が到着、今まではお読みいただいてただけですが販売分がきましたので、是非是非。以前にご希望いただいてた方はボクの方でも何となく把握しておりますのでお越しくださいませね。



そんな感じで朝をゆったり過ごしていた割に、、家用のメガネのままだし・腕時計忘れてるし・ベルトも忘れてるし・パンツ裏表反対だったし、、、、なんだコレ。


それでは明日もお待ちしております(笑)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。
昨日とは打って変わって心地の良い晴天ですね。最近6時前に目がさめるのですよね、、、、老化?。起きてしまって「なんや、、8時くらいになってるのかと思った、、、。」となり、布団出る前に時計見ろよって自分に言ってます。しかしながら今日のような昨日雨で洗い流されたキレイな空気を感じるのは非常に気持ちが良い、ベランダの窓を開けてぼーっとバナナ食べてました(笑)

本日は今すぐ使える夏のアウターをご紹介です、今日のお天気にもバッチリ合いそう。






Re made in tokyo japan Cool Max Seer Sucker Cardigan






クールマックスのシアサッカーです、透湿・速乾に優れたクールマックスに夏のイメージにフィットするシアサッカー、ベストマッチな組み合わせですね。






カーディガンにカバーオールのエッセンスを掛け合わせたイメージ、色んなボトムに合わせられそうですよ。






襟の開き具合は少し狭め、ブルゾン的なニュアンスです。






脇に巻いたポケット、この位置が見た目に大きく作用します。前身頃にベタっと貼るよりもスッキリ見えますし脇がしまって見えます、下にボリュームきますからね。






後身頃はセンターシーム。見た目のアクセントにも効果アリですし、伸縮性にも少し影響アリなので大事なディティール。






袖はゆるい筒袖、






ということでたくし上げて着るとかっこいい。
カッコイイでしょ?、ショートパンツやアウトドア系のパンツにも似合いそうです。カーディガンらしくインナーでも使えそうだし、中にシャツを着るのも良さそうだし、、着回しの幅が広いブルゾンです。


最初のイメージよりもイイ、自分も欲しくなってきました。。。

ということでお早めに(笑)






Re made in tokyo japan Cool Max Seer Sucker Cardigan ¥13,800+tax

追記:昨日のブログ、下書きで保存してしまってました、、、このまま合わせて下に進んでご覧くださいませ。
すみません、、、、(笑)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今日明日とお仕事の方も多いのでしょうか、連休後半前のインターバルですね。そんな5月の最初の日、






Meets Regional 6月号特集”京都はしご酒。”の発売です。
京都の飲み屋さんの情報の最新アップデートされた内容で読み応えアリです、楽し夜の参考書に是非。
京都府外にお住いの方も、京都に遊びにいらっしゃる時に有用な情報が多く載ってますよ!

それから、最後にボクがポロポロっと、、、、笑
数枚ポートレートを撮っていただいてます、その中で






UNITの定番でイチオシ商品でありますPt.Alfred SUPER-CHINO SUITSや、






ボクも愛用しておりまして自信のバッグMARINEDAY BLUEBLUE等、UNITの商品も沢山着用してます、是非ご覧くださいませ。

ちょっと恥ずかしいですが、、、、笑

是非お近くの書店・コンビニで!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×