UNIT

ARAN VEST

こんばんは。

本日もアランさんの商品をご紹介です。
すでに今年も度々登場しているのですが、今日は主役でご紹介します。

UNITの主力商品であるARANさん、他のブランドにはないミリタリーのデイリーユースな解釈(ヨーロッパのミリタリーがソースの中心というのもその理由だったり)、装飾的な部分よりも生活のなかに自然に溶け込むデザイン、落ち着いた中にある絶妙なひとひねり、UNITの好きなポイントをグイグイ押さえてくれる存在であります。通年定番であるFATIGUE PANTSはもちろん、秋冬ならば前回のSWD PARKAHOODED COATなど、個人的にも必須アイテムの目白押し。5年程前はTSURING JKTを別注したりも、あのグリーンは良かった。
でも、ふと思い返すと、、最初に自分で着用したのって本日ご紹介の








ARAN VEST だったように思います。
秋冬コーディネイトには欠かせません、機能的にも丁度良いレイヤリングになります。






クルーネックで2パッチポケット、ボタンなのでベーシックにもスポーティにも見せられます。






クルーネックはインナーの襟を選ばなくて良いので楽です、プレーン・ボタンダウン・バンドカラーなどのシャツ襟、クルー・タートル・ヘンリーなどのカットニット、Vネックも悪くない。






ラウンド型のポケットが雰囲気あります、ちょっと表情が出るのも嬉しいポイント。






サイドスリット&ストラップがちょっとしたアイコンになってて、全体のイメージのクセづけに。ココにだけ金属パーツをあしらうのが良い塩梅。






襟のループもミリタリー系のライナーを彷彿とさせますし、ちょっと引っかとくのにも便利。






ナイロンオックスの表地、中綿の代わりにフリースを仕込んであります。ナイロンですがオックスフォードなので落ち着いた表情ですし、扱いやすさもキープ。中綿がフリースというのも絶妙、保温性がありつつ必要以上の厚みが出ない。なのでニットの上に着るのにもボリュームが出過ぎなくて良いのです、上着とニットの間でモコモコ主張してこない笑






ワーク&ミリタリーのエッセンスを醸し出しつつ、スッと全体に溶け込むベーシックな仕上がり。ニットとの相性が良いでしょ、カットソーやシャツももちろんです。






アウターを着てみました、ARAN SWD PARKAです。アウターとベストを同色に揃えるとまとまりが出てカッコ良く仕上がると思います、どちらもミリタリーデザインなのにコッテリしないでしょ?、これがアランさんの良いところ。この組み合わせは本当に着やすいです。

過去にこのベストを買った方も、本当に良く着てくださってます。それくらい絶妙な存在です、オマエどんな感じで着てたのよ?とお思いの方は、ブログのアーカイブやUNITのs Instagramをチェックしてみてください、結構頻繁に登場しますよ。

手放せないアイテムになると思います。






ARAN VEST ¥18,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。



賀茂川も秋の色です、ここから一気に冬の色にというのが例年の流れ。

まあ、そりゃ寒くなりますよね。毎年12月くらいは”あ〜寒いねえ、、”くらいのまだまだ寒いことが新鮮な感じなのですが、1月に入ると”んんっ、、、さむ、、、、”となり、2月には”ぐぐぐぐ、、、ざ・・ぶ・・・”みたいな感じで、4月くらいまでもう勘弁してよ〜という具合笑
この時期から春先までビシっと使えるアウターとして前回ARAN HOODED COATをご紹介しましたが、この先にメインで活躍してくれそうなアウターとして、










ARAN SWD PARKAが。
2年前から登場した、新定番的な存在です。






スウェーデン軍のアーミーパーカをモデファイしたこのコート、たっぷりしたデザインながらスッキリもしている、なんともカッコイイ大人のミリタリーコートです。







デザインもさることながら素材の風合いが印象を作り上げていると思います。60/40のコットンナイロングログランなのですが塩縮加工を施したことによって、目が詰まって・光沢が少し抜け・生地にアタリが出ている、なのでサープラス的な匂いが増してます。素材としては前回のHOODED COATと同じなのですが、目が詰まった分コチラの方がさらに防風性も向上している様な気もします(そう言いながら真冬になっても両方とも着てるのですが笑)。洗濯も容易です、ボクはオシャレ着洗いで普通に水洗いしてます。






大振りのフード、前立てにも余裕がありますのでマフラーを巻きやすかったりも。






フードの形状が納まりの良いハギを多くとったデザイン、かぶる時もそうじゃない時も良い形。






スウェーデン軍パーカの特徴的なフロントポケットはそのままのイメージで、上部はハンドウォーマー仕様ですのでポケットが2段階になっており便利。






カフスもしっかり、グローブを着けたままでも使いやすいサイズ。






もちろんダブルジップ、引きの軽いナイロンジッパーなのでロング丈でも使い心地が損なわれませんね。






裏地は身頃に耐久性の高いコットンナイロンのムラ糸オックス、袖はすべりの良いキュプラ、安心です。






内ポケは1つ、十分ですよね。ウェストにはドローコードが仕込まれてますので保温性を上げたい時はキュッと。






襟裏にループがあるのでお出掛け先で脱いだ時も便利です。






男性が好む王道を行ってますよね、ミリタリー感・大人らしさ・使い勝手(メンテナンス性も)、本当にバランスの良いデザインです。スーツの時にも使えますよ。
ARAN BELT PT-2REPRODUCTION OF FOUND CZECHO MILITARY BOOTSを合わせてます、モノトーンでこれまた王道な仕上がり。






ちょっと前にアップしたコーディネイト、comm.arch. Hand Framed Saddle B.BARAN F.L PT-2です、今年のUNITの気分です。






こんな感じも、comm.arch. Hand Framed Saddle B.Bの焦茶とJackman GG Sweat TrousersREPRODUCTION OF FOUND GERMAN TRAINER MIDでちょっとスポーティ。軽快さもあって、この感じも皆さんお好きじゃないでしょうか?

ざっくりしたニュアンスもありつつスッキリしていて、ミリタリーだけどアウトドア感もあって大人が着やすい落ち着きも、中にざっくりニットを着込む余裕もありますので今からバッチリ。

冬本番も目前です、ご準備くださいませ。






ARAN SWD PARKA ¥42,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

グッと冷え込みましたね〜、日替わりで寒暖差が出るなんて天気予報でしたが、、皆さまお風邪召したりなどお気をつけくださいませ。

そんな時にカバンに忍ばせておくと”良かった〜”ってなりそうなのが本日のご紹介。








Jackman Jersey Vest
もう1枚に最適なのがこのようなベスト、ロンTの上にも・シャツの上にも・ニットだって、なんでもバッチリ合わせられます。コーディネイトのワンポイントにも有用ですしね。






柔らかく、軽く、暖かく、シワになりにくい中綿キルティングジャージー素材を使用したベスト。保温性に優れた素材ですので、インナーダウン代わりにレイヤードしても遜色ありません。ワッフルコーンっぽい編み立ても良いですよね、生地目の柄は適度な表情がつけられて良いのです。
ワッフルコーンって書いて、もえろバッカルコーンを思い出しました。これって関西ローカルだけなのでしょうか?笑、最初あんまりだな〜と思ったのですが、見てると結構気に入った記憶が笑

すみません、もといです。






なんと言いますか、ほんと丁度良いシルエット。伸縮性があるので着心地も楽ですし、中に着る分量も様々対応してくれます。






クルーネックのベストは、インナーの襟の種類を選ばないので素敵ですよね。






大きめのポケットも全体の引き締め効果に一役買ってます。






マット仕上げのドットボタン、ラフ〜落ち着いたカジュアルまで対応してくれます。






ロンT+ニットの上からでこんな感じです、モコモコしないし・窮屈でもない、本当に絶妙なバランスだと思います。
そして合わせております商品、先日”今年の基本形です“なんて投稿をしましたが、こちらは毎年の基本形的なニュアンスです↓







・ニットはcomm.arch. Hand Framed Saddle B.B
・中のカットソーがBETTER MID WEIGHT CREW L/S T-SHIRT
・パンツにARAN DENIM TROUSER-1
という組み合わせ。ベーシックで上質、黒靴と合わせるとシックでしょ?、ひねくれた言い方をすれば・・・誰にも不快感を与えず・身だしなみの気遣いも見えつつ・デニムで襟無しなので窮屈さもないコーディネイト笑






そしてARAN HOODED COAT、大人のモッズコート。UNITの10年間のうち半分以上の冬でオススメし続けているコートです。JKTの上だって似合うし・スウェットパンツにスニーカー・ワークスタイルやアウトドアなアプローチだって、それをサラリとまとめてくれる寡黙で有能なコートです。

そんな基本形コーディネイトに、






本日のJackman Jersey VestとSTELLA ROSAのストールを追加すれば真冬もバッチリです、あまり見えてませんが・・・今日は靴下をブラウンにしたのでストールもブラウンにしてみました。こういうチラリ遊びが男性ファッションの楽しさですよね。

なんだか自画自賛っぽくなってしまってますが笑、こういう感じのコーディネイト、UNITは頑なにオススメし続けてます。

重ね着の良さって色々あります、そういう意味では重ね着の象徴的なポジションにありますベストの活用が重ね着を制するかも知れませんね。

ベスト、楽しみましょう。






Jackman Jersey vest ¥14,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは

よく使うモノの減りは感覚的に頭の隅っこにあるのですが、頻度が落ちるモノはうっかりしてしまったり。
今週のボクは紙袋の特大、重衣料の出る頃は気にしとかなければダメなのですが・・・やっちゃいました、ご迷惑をおかけした方々申し訳ございませんでした、フレキシブルにご対応頂き助かりました。。。
ということで今朝は業販店に、以前は近くで土日も開いてたのにな〜。Amaz◯nという手もあったのですが、紙袋は何故か2日後の到着で、しかも業販店より30%くらいお高いのです、実店舗運営者としては店頭で買いたいという仲間意識もあったり笑






特大・中・プレゼント用袋大。結構重いのですが大きすぎて自転車のパニアバッグに入らないので・・・重いもの程入れたいのに笑、こういう時にロングテール(後付けで荷台を長くした自転車)が欲しくなります笑

ということで、準備出来てホッとして本日も営業。

そして入荷速報です、Jackmanから3型届いております。










Jackman Jersey Coat ¥24,000+tax
特殊技術によって開発した発熱効果のある糸を高密度で編み立て、ストレッチ性、防寒性を兼ね備えたジャージーコート。高密度ゆえ縫製時の糸切れも起きやすいので通常より硬いチタン製の針を使用しゆっくりと縫っていきます。ポケットやゴムスピンドルの縁、袖口にはカン止めを打ち耐久性を持たせています。また後姿がきれいに見えるようにフードの大きさを調整、ダーツを入れることで緩やかに立ち上がる立体的なシルエットに仕上げました。2019秋冬の新色はカーキとグレーの中間色のようなAsh Khakiです。
シンプルandクリーンなデザインですのでコーディネイトしやすいです、去年も即無くなりましたので、、、なる早でお願いします。。。










Jackman Jersey Vest ¥15,400+tax
柔らかく、軽く、暖かく、シワになりにくい中綿キルティングジャージー素材を使用したベスト。保温性に優れた素材ですので、インナーダウンのようにレイヤードアイテムとしても活躍します。
万能そうですよね、絶対万能です。シャツやカットソーの上・ニットの上にも合わせましょう。








Jackman BB Shirt JK ¥22,000+tax
ウール、ポリエステル、ナイロン、アクリル、リネンの5種類糸をブレンドした独特のしっとり感ある風合いが特長の一重ジャケット。1900年初頭のスタンドカラーユニフォームからデザインしたインナーにも、アウターにも使える着回しの利くジャケットです。
これも人気のデザインです、素材も5種混の気の利いた雰囲気なので満足度の高い仕上がりになってます。

ボクも欲しいなあ、、、

Jackmanは本当に着やすくてリピーターの多いブランドです、まだ手に取ったことのない方は是非。

去年買い逃したかたも是非。

無くならないうちに是非。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今朝ニュースを見ていると、街行くOLさんなんかが”こう寒暖の差が激しいと対応できなくて体が疲れます・・・”なんて言ってる映像が流れていました。ボク、結構寒暖の差が好きなんですよね笑
日中は丁度良くて、夜はちょっと着込むと冷んやりした空気を楽しめる。真冬になると楽しめないでしょ笑
このところの日本は1年通してみると、寒いか暑いかのどちらかという感じなので、極端な人だとTシャツorダウン!なんてのも見聞きするのですが、やはりその中間というものは確実に存在するわけですので、重ね着というのが日本の気候には最もあっているはず。
そういえば”合い服(間服)”なんて言わなくなりました、最早死語ですよね。ボクら40半ばでも知らない人の言葉かもしれません、自分の母親あたりの団塊世代の口からは良く聞いた気がします。
季節のハザマで着るのが”あいふく”、主に薄いアウターをさすわけですが、今からの時期だと夜は薄いアウターだけじゃ寒いですよね。でも冬のアウターはまだまだ重い。

そんな時にはこれを使いましょう。








FOB FACTORY LINNER COATです。
名前の通りで軍モノのライナーをデザインソースに作られたJKTです。サープラスのリメイクなんかも安価に出回っててカッコ良かったりするのですが、やはりニューワンな状態の方が耐久性も高くガンガン着られるし、今のスタイリングにもハマります。






ボリューム感が丁度良いですよね、軍モノっぽい無骨さも残しながらスッキリさせた感じです。








トリムの仕上げもカジュアルなコーディネイトへの親和性が高いデザインですので勝手が良い。






中綿はシンサレートのエクストラソフト、今期オススメのPARKA LONDON EXPEDITION padded coat(今日の話題とは裏腹な存在ですが笑)に使われているプリマロフトもそうですが、昨今の化繊綿は本当に優秀。
完全に余談なのですが、アルパインを登る人の間でも化繊の評価が再燃しているようです。ダウンは濡れると厳しいけど化繊は扱いやすい・性能も上がっている・価格も安心、そんな理由みたいです。ボクも冬の里山に入った時、ご飯食べる時用でシェルの中に着るパッカブルのダウンを1つ使うくらいで、後は化繊の中綿ばかり使ってます。






表地は度詰めのウェザークロス、シャリ感の良いコットン。






インナーはナイロンリップ、これも軍モノ感を醸し出してます。そしてそれはフレーバーだけではなく、






リバーシブルでも着用可能、機能的にも活きてきます。
これ、メーカーオフィシャルだったかどうか忘れちゃいましたが、ボタンもリバーシブルがついてるのでそう言っても悪くないと思います笑。このリバーシブルは有用ですよ。








こんな感じ、力の抜けたミリタリー感が絶妙ですね。今時期なら中にスウェットを着てコレをアウターにという感じでも良いですし、






もっと寒くなったらコレを中間着にしてコートを着ればバッチリ、中にハイゲージのニットを着ても良い感じですし、とてもロングランで使えます。

そして冒頭のお話。
薄手のアウターを活躍させるのに丁度良い存在でもあります。せっかく持ってる軽い1枚モノのコートなんかをしっかり使い切りたいでしょ?、そうです、そういうことですね。
そしてそういうアウターは裏地が無いことが多い、そういう時にリバーシブルが大活躍。






滑りが良いナイロン地なので、ガッチリ織られた綿のコートもストレスなく着られます。

そうなると薄いアウターって便利でしょ?

寒暖の差が大きい時はやはり重ね着で対応するのがイチバンです、日本の風土にもあっています。
そして何よりも洒落てます笑、重ねたり・巻いたりしながら気候に合わせて楽しむ、そういう意味でも日本の気候を楽しめるということかも知れませんね。

せっかくなので、気温の変化も楽しんじゃいましょう。

このブルゾン、楽しめますよ。






FOB FACTORY LINNER COAT ¥25,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。



季節の移ろいが毎朝感じられる時期になりました。
今朝は智恵光院通をサーっと南下して出勤、某俳優さんのご実家としても有名な酒造さんの前を。
秋晴れの日差しって独特ですよね、ちょっと乾いてて光がグッと深く入ってくるような。

本日は、今年の秋冬におけるUNITの基本のコーディネイトはどうですか?如何なものでしょう?、というご機嫌伺いをしてみようと思います。






まずアウター、ARAN SWD PARKAです。塩縮加工を施したコットンナイロンのスウェーデン軍のコートをベースにしたパーカー、軍モノのエッセンスを上手い具合に消化して大人のカジュアルコーディネイトにバッチリなスタイルに。スウェット〜タイドアップ・スニーカー〜革靴、好きなだけ合わせられます。






次はニット、comm.arch. Hand Framed Saddle B.Bですね、シーズン通して使えるちょうど良い厚さのニット。クルーネック・ラグラン・絶妙リブというのも汎用性の高いデザイン、コレも使い方は豊富ですよね。






カットソーです、BETTER MID WEIGHT CREW L/S T-SHIRT。不動の定番ですね、ラフィーコットンを使った中厚地はJKTのインナーにも・ニットの下にも中綿系重衣料の中にも使いやすいスグレモノです。






パンツは今年の気分としてはコレ、ARAN F.L PT-2です。UNITにはPt.Alfredという不動の定番チノがあるのですが、ちょっと趣向を変えたモノもたまにはね笑。

ということで、、、






こんな感じで、






前を開けるとこんな具合で。カジュアルなのですが黒の短靴で引き締め、襟元はラフに。素性の正しい肩の力の抜けた感じだと思います、とてもウチらしいと思うのですが・・・どうでしょ??笑
だいたい11月末〜12月中頃まではこんな感じで、






それより寒くなったらARAN VESTを追加、昨日チラリしたFOB FACTORY LINNER COATも良いですよね。
それにストールで襟元を守れば完璧、明日はストールをご紹介しましょうかね、コレまた毎年の必需品です。

良い意味で素晴らしく普通を実践出来るモノ達です、コレらをベースに色んな味付けをするというのは想像していただきやすいかと思ってみたり。

もちろんご協力させていただきます、アウターとパンツの強弱・色合わせ、、、是非是非ご相談くださいませ。

秋冬の醍醐味ですね。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はアウターをご紹介です。








FOB FACTORY HUNTING JK
FOBの得意とするワークウェアベースの一枚モノのJKT、この手のアウターが最も年中活躍する羽織モノだと思います。






全体的にゆったりしたシルエット、アームホールも余裕がありますので重ね着もしやすいですね。






コーディロイの襟にポケット、アシンメトリーです。






左胸はパッチポケットが2重、男心をくすぐりますね。






右胸と同様に手元のツールポケットはフラップとプリーツがあしらわれています、全体的に大きめのデザインですのでダイナミックな感じが素敵です。






カフスはストラップなどはつけずにシンプルにまとめてますので、全体のバランスの引き締めにもなりますね。ワークとハンティングの中間的なニュアンスになってます。
そうそう、ワークスタイルのカバーオールと思いきやハンティングJKTというネーミングなのは、






背中に大きくポケットがデザインされてるからですね。






実用的かどうかは別として、後ろ姿の雰囲気がよくなるのは間違いなし。

なんと言いますか、ちょうど良い頃合いの男らしさと柔らかさとベーシック感があるJKTです。






こんな感じで着てみました。
tutaeeのハケツジオKDREPRODUCTION OF FOUND CZECHO MILITARY BOOTSで合わせてみました。茶色のグラデーションにオリーブを、秋らしい雰囲気ですよね。ミリタリー・ワーク・アウトドアの上品なところを集めた感じ。

そして素材なのですが、、、






肌触りの優しいオーガニックコットンを使ったチノクロス、これはちょっと前にもごお紹介しておりまして、それは何かと言いますと、






FOB FACTORY FATIGUE SLACKSの回です。このパンツとどう素材、とうことは・・・・






ということですね。セットアップって良いですよね、特にワーク系のセットアップはカジュアル時のみに着られるという趣味性の高さが良いです。本当にこういうセットアップは皆さんに試していただきたいと思います。ちなみに靴は上のコーディネイト同様のミリタリーブーツです。

全体的なゆとり感が今の気分に即したデザインですし、出自やギミック感は我々が元々大好きなモノ。

本当に良いバランス感覚を持ち合わせたJKTです。
買っといてよかった〜ってなりそうな気がします。

ボク、買えるかな、、、買えない方がお店のためになりますのでぜひそうさせてください笑






FOB FACTORY HUNTING JK ¥25,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

明日から10月、10月ってなんだか響きが良く聞こえます。
なんでだろ、、、笑
1年の中でも最も過ごしやすい月と言っても良いかも知れませんね。明日から消費税率が10%ですが、1万円につき200円なので、UNITではめげずにお買い物してください、200円分喋りますので笑

それでは本日の商品です。








Jackman Jersey Collarless
見るからに使い勝手の良さそうなブルゾンでしょ??






素材はジャックマンでも定評のあるジャージ、ハリコシと伸縮性のバランスの良い素材です。
樹脂製のドットボタンもサラッとしてて調和のとれた雰囲気。






ゆったりシルエットですが無駄のないバランスの良さが特徴ですね、必要なことをしっかりして余分なことは一切しない、潔いデザイン。






袖に角度をつけた裁断になってますので腕を動かしやすくやシワも出にくい。






クルーネックにも良いですし、タートルやシャツにもちょうど良い開き具合。






片玉縁のポケット、表情にアクセントをつけてくれて手の入りも良い。






袖はシンプル、万能です。






こんな感じです。今なら半袖Tの上、この先はロンT・シャツの上に、さらにその先はミドルレイヤーとしてアウターを羽織れるくらいのボリューム感。袖が筒なのもインナー使いする時に有利でしょ。
合わせるボトムもスウェット・ワークパンツ・カーゴ・チノ・デニム、まあ全部ですね笑。ウール系のキレイ目ボトムも大丈夫そうな落ち着きもあります。

1着でなんとかしたいな〜なんて、スタイリングを固定したい方には本当に強い味方だと思います。

コレは良い。






Jackman Jersey Collarless ¥20,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ぐっと秋めいてきたと思いきや台風が暴れてますね。
ボクは45歳なのですが、台風といえば8月でした。中学くらいまでは鹿児島の離島の祖父母宅で台風に遭い、大阪へ帰るタイミングで船や飛行機が欠航したことがちょくちょく。そういえば”台風銀座”なんてもう死語なのかな〜。
ここ数年は10月まで台風がきてますもんね、やはり秋は穏やかに迎えたいなあと思うおじさん心です笑

そして朝晩は長袖必須になっておりますので、そろそろこの辺りのご準備もお願いします↓






MANUAL ALPHABET OVER DYE DRILL SHORT COAT
シンプルなスタイルのコートは汎用性が高くてイイです、さらに厚手のコットンだとガンガン使えて着る期間も長い。






その素材のドリル、要は綿の綾織りなのですが太番手の糸を使うので丈夫で凹凸感の出る風合いが特徴、それに後染めを施してますのでエイジングも楽しみなのです。ワークスタイルをベースにしたコートには相性がよろしいですね。






シンプルなシングルのワークコートです、ちょっと落ち着いた雰囲気もありますし・カジュアルなイメージはもちろん得意。






たたきつけのポケットがワークの香りを運んでくれます。






カフスはコート然としたスタイル。






センターベント、巻き縫いのパッカリングが武骨な雰囲気です。






襟にはコーディロイがあしらわれています、この切り替えの雰囲気も気が利いてます。






BETTER L/S CREW NECK POCKET T-SHIRTARAN FATIGUE PANTSで合わせてみました。
9~10月半ばくらいまではこんな感じで、その先はシャツを足したりニットを足したり。アームホールも身幅もゆとりがありますので中にちょっと着込んでもそれ程ストレスはありません。先日ご紹介しましたREPRODUCTION OF FOUND CZECHO MILITARY BOOTSも相性が良さそうです。

ガサッと羽織る、様になる。

そんな気分のコートです、ブラックだしなおさら無造作にどうぞ。






MANUAL ALPHABET OVER DYE DRILL SHORT COAT ¥23,800+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

台風の影響なのか、またまた暑い日が続いてますね。今日取材にいらっしゃったカメラマンの方は丁度直撃を避けてこっちに来ることが出来たということで、でも新幹線の自由席はデッキまで人が立っていたとか。皆様ご苦労様です。

そんな中、物流の皆さんが頑張って運んでくれた秋物がどんどん届いております。
本日は入荷状況をご紹介です、合計9種類。

まずはMANUAL ALPHABETから。






MANUAL ALPHABET CORDUROY L/C SHIRT ¥11,000+tax
通販ページはコチラ
プレーンなスタイルのレギュラーカラーに細畝のコーディロイを、着心地軽快でしっかり秋の装いを。






MANUAL ALPHABET CORDUROY LOOSE FIT B/C SHIRT ¥11,000+tax
通販ページはコチラ
コチラは同様のシャツをバンドカラーで、カーディガンやカバーオール的JKTのインナーに良さそうです。






MANUAL ALPHABET O/D DRILL SHORT COAT ¥23,800+tax
通販ページはコチラ
ドリルのしっかりした素材感を生かしたワーク系デザインのコート、襟のコーディロイがワンポイントです。

次はFOBFACTORY。






FOB FACTORY FATIGUE SLACKS ¥16,000+tax
通販ページはコチラ
テーパードの効いたワークスタイルのパンツです、程よい腰回りのゆとりで幅広いトップスとの相性です、秀逸。






FOB FACTORY NEL WORK SHIRT ¥12,000+tax
通販ページはコチラ
ネルシャツは、チェックでワーク、王道感がイイのです。

次はJackman。






Jackman GG Sweat Trousers ¥16,000+tax
通販ページはコチラ
ジャックマン定番のGGスウェットのトラウザータイプ、バックヨークをコンパクトにして腰回りをスッキリさせたキレイなスウェットパンツ、大活躍必至。






Jackman Jacquard LS Shirt ¥10,000+tax
通販ページはコチラ
インナーにもメインにも、長くシーズンを通して使えるカットソーです。早い者勝ちになりそう、、、。








Jackman Waffle Mid Neck ¥14,000+tax
通販ページはコチラ
この形は本当にイイです、着るだけで雰囲気のあるカットソー。ワッフルの素材感がさらにニュアンスを向上させてくれます。


個人的にも外せないな〜と思うものばかり、詳細は随時更新します。
とはいえ色々早い者勝ちなモノばかりですので、ピンときたらスッと手を伸ばしてくださいませ笑

宜しくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×