UNIT

こんばんは。

昨夜も結構揺れましたよね、朝もちょっときたみたいで。夜は嫌な感じでしたが朝は気付かず寝てました、、、もうちょっと敏感になれと友人に諭されましたが、、、、。

自分のことは適当になっちゃいますが、例えば実家の両親は?となると「ちょっと、、ちゃんと準備しといてよ・・」なんて思います、勝手ですよね笑

“とりあえず落ち着くまではカバンと靴は枕元に”

なんて昨日はよく目に耳にしたフレーズでした、確かにそうですね。カバンも有事の際の行動のしやすさを考えるとバックパックが良いですよね、ということでUNITでまずご提案できるのはココ。
そういう意味合いでもそうですが、単純にコレから夏のレジャーやお出かけにも必要になってくる存在。

ということでさっと使いやすそうなモノをちょっとおさらいです。






NUNC Rectangle Backpack ¥25,000+tax






NUNC Daily Backpack ¥22,000+tax
ヌンクさんのパックパック、どれも内装が充実しておりまして、収納場所を決めておけばスムーズな出し入れができます。大脳直結、いつも同じカバンを持ちたい人にはとても便利だと思います。デザインも都会的でありますのでオンオフ兼用で使えますよ。






BACH TRAVELSTAR28 ¥20,000+tax






BACH FLINTSTONE ¥13,500+tax
もはや定番ブランドの域にあるバッハ、この2品番は人気者2トップです。アウトドア本道のルックスながらオーセンティックな香りもありますので普通にカジュアルバッグとして優秀です。1000デニールのコーデュラナイロンは安心感満点です。






FREDRIK PACKERS TRAIL PACK ¥13,800+tax






FREDRIK PACKERS MISSION PACK ¥10,800+tax






FREDRIK PACKERS 70D COMUTE PACK ¥10,800+tax






FREDRIK PACKERS 500D DAY PACK ¥11,800+tax
そしてUNIT定番のフレドリックパッカーズ、やはりこの軽量でシンプルなバックパックは使いやすいです、女性にも持ちやすいデザインですよね。個人的にも最近500Dのデイパックをクロゼットから引っ張り出してリバイバル、日々使うのに丁度良いサイズ感でちょっと嬉しくなってます、何年も使って無くてごめんね〜って笑。やはり伝統的に続いてるマスターピース的デザインは理由がありますね。

ということで、バックパックのリニューアル・新調、いかがでしょうか?

施肥ご相談くださいませね。


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

ということで前回の続きで新作のディティールをご紹介です。






NUNC Bowl Shoulder
休日のお出かけなんかに最適な小型ショルダーバッグです。バッグ全体にウレタンが挟み込まれてますのでタブレットの持ち歩きも安心、バッグ自体も型崩れしないので使い勝手も良いです。必要な手回り品を入れてもまだ余裕のあるサイズ感、見た目以上の収納力です。








ダブルジップで好みの開閉が可能、メインボックス内側にオーガナイザーが2つ。










外側左右にもポケット。片方はトリミングに伸縮性を持たせてます、もう一方は開閉式でメッシュでエクステンションが施されてます。このあたりはバックパックに準じたギミック。






ではフロント側のご説明。








外側のスリーブはこんな感じのサイズ感、iPhone6(もう動かなくて大変、そろそろ寿命…笑)を縦に入れても大丈夫、横だと2台分くらい、どの大きさのスマートフォンも収納可能かと思います。








試しに文庫本を挿してみました縦だとコレくらい頭が出てひねり入れるとスッポリ入ります、だいたいのサイズ感はお分りいただけるかと。






そしてコレです、何かと言いますと・・・






キーリングになってます。








ここをパチンと外すと、、






伸びます、なのでこんな感じで鍵を開けられます。毎日同じカバンで出かける方はかなり便利だと思います、マグネットが仕込まれてますのでベルトの長ざを元に戻す時にちゃんと誘導してくれたストレスありません。あ、ベロンベロンに飲む人は鍵をなくす心配がなくて良さそう(笑)






そしてショルダーベルト。このサイズで分厚すぎるとオーバースペック、ペラペラでも心許ない、なので二重にして丁度良いあたり具合にしてあります。
そしてこの手のバッグは掛ける時と下ろす時にアウターや頭でごちゃごちゃ引っかかって、もうってなったりしますよね、






ボクの場合コレくらいの長さが良いので、下ろす時は






こんな感じ。こういう窮屈さを、








バックルを外してベルトを延長で解消出来るようになってます。






ね?窮屈じゃなさそうでしょ。






逆に掛ける時もワンアクションで楽々フィット。


素晴らしい。


その他、






ボトムに厚い生地を配置して強度を確保、他は強度と重量に応じた生地を。






もちろんアイコンの三角リフレクターも。



ふ〜っ、、、今日も写真が多かった(笑)

それだけギミックだらけということですね、男心をくすぐるミニショルダーです。






NUNC Bowl Shoulder ¥12,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

今朝東堀川をトロトロと走っておりましたら、






開花に遭遇、河津桜が綺麗な花を咲かせてました。

春が来てますね、目が・・・痒くて・・・ヒリヒリしてきました・・・(笑)

いや〜、春です。花粉症でどうのこうのはさて置きお出かけしたくなる季節、なので軽快なカバンをご紹介です。 昨日のBACH CHRISSIE BAG同様にコンパクトで収納性に優れたショルダーバッグがNUNCにもあります、どうしてもバックパックが目立ってしまうのですがショルダー類も秀逸。1つずつのディティールは改めてご紹介しますので、本日はラインナップをザバ〜っといきます。

では大きさ順で。








Off Tote Bag ¥12,000+tax
ヘルメットバッグをモデファイした様なデザイン、作りのミニマルさが使い勝手の良さに繋がる秀逸なモデル。実際に半年前のファーストデリバリーでは即完売でした。背広組じゃなかったら通勤でも使えそうです、スリムなので電車通勤にも向いてます。








Bowl Shoulder ¥12,000+tax
小型のショルダーバッグです。体にフィットしやすい半月型のデザイン、細かいギミックを見ると唸らされること間違いなし。コーディネイトにも組み込みやすいモデルです、コレは今季の新型です。








Musette Shoulder ¥6,200+tax
サコッシュと言って良いデザインですが、そう呼ぶには作り込まれ方が素晴らしいミニショルダーです。ベルトが完全に外せますのでバッグインバッグやクラッチ的にも使えます、隠れた人気のショルダーバッグです。








Near Here Bag ¥6,000+tax
ポーチですね、アウターの中に仕込んでも良いデザインです。コレがね、説明いっぱいしなくちゃならないバッグです、乞うご期待です。

という具合でショルダーバッグが4型揃ってます、それぞれのキャラクターがしっかりしてて良いでしょ?
それから、






Document Case ¥8,000+tax / Pouch L ¥3,200+tax
iPadが綺麗に入るA4サイズのドキュメントケース、コレも気の利いた品番です。お揃いでポーチもいかがでしょうか?、例の折り紙ギミックで収納力がしっかりです。

ということで、、、






UNITにはフルラインナップございます、自己満足・自画自賛(笑)

是非店頭でご覧くださいませ!!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

いい天気ですね、お休みの皆さんが羨ましすぎる快晴です(笑)

本日は前々回にご紹介しました






NUNC Expand 3wayの補足を、






こっちにしましょうか、まあどっちでもいいか(笑)

補足が何かと言いますと、「実際にパッキングした画像を載せなさいよ」と心の声が聞こえて来ましたのでちょっとやってみました、上の画像で既に荷物を入れてます。では開いてゆきましょう。






よく開閉するであろうフロントパネル側です。






手回りの小物・バッテリー類をメッシュポケットに、A4がスッポリ入るスリーブ。






手帳と名刺ケースを挿してみました、もっと良い使い方もあるかもしれませんね、、すみません(笑)






外側のポケット、






中に入ってるのはA6の雑誌です、単行本サイズがちょうど収まるくらいのスペースです。






反対側。






Tシャツ2枚とシャツ1枚・パンツ2枚と靴下2足・ハンカチ2枚を入れたスタッフバックとグルーミング系の小物を入れたポーチ、歯ブラシ、これらを目隠しの幌の中に。






ノートPCがこの中。フラップもついてるので安心です。






PCだけを取り出しやすいように配置してますのでもたつくこともないです。






そしてお財布は手近で安心な場所へ。

という具合です。今回使い切れていないポケットが3つほど残ってますが、その辺りはそれぞれの使い方でという感じでしょうか。実際に入れて重量が増した状態でも型崩れもありませんし、自重が軽いので軽快。入れる物の場所が決まればスムーズでもたつくことも無くなります。昨日友人が買ってくれたのですが「いいわ〜、いいわ〜」と言ってました(笑)

しかし補足でも写真多いな、、、、(笑)

ということで、NUNCの機能をシュミレーションしてみました。


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はNUNC(ヌンク)さんの新商品、写真多いです、早速いきます。






Expand 3way








名前の通り3ウェイです、ビジネスユースが基本コンセプトですが、スーツ〜カジュアルまで対応してくれるデザインですね。






肩掛け、






手提げ






バックパック。
どの角度から見てもスッキリと都会的な印象ですよね。

ディティールいきます、先ずはヌンクさんといえば的な展開画像を。









Rectangle Backpackよりも簡素なの?と思ってしまいそうですが、、、いやいやそれが。






正面から開いていきますね。






先ずはフロントパネル側のポケット、パネル全面のスペースです。アイコンである折り紙風のエクステンションで収納スペースの強弱をつけてくれます。





開くとこんな感じ、ガゼットがついてるのでベロンとぶら下がりません。






パネル側にはジッパーのポケット・薄くパッドの入ったスリーブ・メッシュのオーガナイザー。






本体側との仕切りへ、ペンなどに対応したオーガナイザーを配置。






そして向かって左側のガゼットがスナップボタンでフルオープンになります、右はそのまま。なんでまた?って思いそうでしょ??、しかしこれが素晴らしい心遣い↓






バッグパックとして持つ場合、こちら側が上に。なので物の出し入れをする時にここが繋がってると不自由極まりない、だからこのギミック。痒さに気付く前に掻いてくれてる感じです(笑)






そして反対側は例の内袋、必要のない時はコンプレッションでぎゅっとペタンコにしてもOK。






その下には厚手のパッド入りのスリーブ、PCはここですね(今日はノートPC持ってなかったので、、すみません)。






そして背面側。






定番のパッドの間の隠しポケットと外側に大きめのスリット。






反対側にももう1つ、






計3つのポケットがあります。






ショルダーハーネスもしっかり、安定感のある背負い心地ですよ。






もちろんショルダーバッグ時には収納できますし、






コンプレッションがぶらぶらしないギミックも嬉しいですね。






バックパック時のハンドルはショルダー時に邪魔にならないデザインです、これも嬉しい。








NUNCのもう1つのアイコン、隠せるリフレクターももちろん装備。

そして細かいポイント。
NUNCのカバンは中空ナイロンのオックスフォードの厚みをパート毎に細かく使い分けて、耐久性と軽量化を両立させているのですが、、








上の写真がショルダー持ちした時に上部にくる側、下が底に回る側。こっそり厚みをかえているんです。

いかがでしたか??

と終わっても良さそうなのですが、実はここからが本題。






このジッパー、何なのでしょうね。引いて見ましょう、










このようにジ〜っと一周回すと、






ね、収納サイズを拡張できるのです。
普段のお仕事はスリムに、1泊の出張の時には広げて。

いや〜、至れり尽くせりでしょ。




そしてルックスばっちり。


もう色々言いません、ぜひ店頭でご覧くださいませ!!






NUNC Expand 3way ¥26,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

昨日は神戸でお仕事でした。






旧居留地。古い建物も良いのですが、混ざり合って建つ今のビルが夜に見せる佇まいも他にはない美しさがあるなあと思います。かすかに潮の残り香のする浜風が道幅の広いビルの間からスッと抜け、ライトアップしてるショップさんと眠りにつく企業ビルの陰影が混ざり合い、京都には無い空気感です。神戸に住んだらどんな感じなのだろうな〜なんて子供っぽい想像をしながら歩いたり、そういうタイミングで汽笛が鳴き更に気分が掻き立てられて(笑)

お昼間は海岸通のmature.haさんに春夏の準備をしに伺ってたのですが、以前より少し相談してたことをちょっとやってみましょうか、ということでタイトルのお話になりました。






mature.ha TRUNK SALE 8/26sat~9/10sun
2週間程の予定です、旧品番の夏や通年素材のモノをお求め安い値段でお出しします。夏物を今から?ってなりそうなところなのですが、今すぐ〜来季用に買っておいたほうが良い価格での提供ですので、本当に。

mature.haさん、本当にありがとうございます。

絶対にお越しくださいね、商品の性質上店頭のみの展開となります、内容もブログ掲載はしませんので是非是非お越しください。


次は、






NUNCのRectangle BackPackのサンプルが到着しました、また現物をご覧いただけます。9月半ばには通常販売可能になりますので是非ご予約においでください、また欠品ということも充分に考えられますので。

しかし何度見ても納得です、本当に良いバッグです。


そして本日の〆、






BACHが揃っております、新作・人気品番多数。一応お通販でお買い上げいただけるようにしました、しかしながら詳細説明はまだです、急いで追いつきますね。それまでは、、、過去ブログメーカーサイトでご確認いただけると幸いです。

BACHのお買い上げはコチラからです。

ということで以上よろしくお願い申し上げます。

週末もお待ちしております〜!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

京都は昨日で地蔵盆も終わり、秋に向けてのアイドリングタイムが始まる頃。






個人的には「こういう眺めで涼しくなる頃のビヤガーデンってのも悪くないのかなあ〜」なんて思いながら、ホテルを見上げたりしてしまいます(笑)

そんなことより、新商品を3つアップしました。






まずは前回お知らせしたNUNC Document Caseです、使い勝手の良さは昨日ご説明した通りです。
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

次は、






GERMAN TRAINER ¥19,800+tax
定番のジャーマントレーナーがリニューアルです、素材が向上して履きやすさが増しました。ルックスもさらに大人っぽくなって落ち着いたカジュアルスタイルを演出してくれます。
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

3つめは、







weac. BASIC SHIRT ¥15,000+tax
ネーミング通り、ウィークが作り続けているモデルの今季バージョン、ギザ88という高級エジプト綿を使用した上質なカジュアルシャツ。隠れたギミックも多く、しっかり作り込んだ納得のシャツです。
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

ちょっと駆け足ですが、、、通販ページも拡充していきますので是非是非ご利用くださいませ!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は個人的にお勧めのトップバッターに据えている、






Nunc Document case です。
バッグインバッグと言いますか、とりあえずココに仕事がらみのモノをまとめ入れとけばいいのでは無いでしょうか?という感じです。既存のドキュメントケースってなかなかしっくり来ないんです、きっちりしすぎてたり・無駄が多かったり。ですがこのNUNCの場合は程々感とやり切る一歩手前感が適度で良いのです。






全て開くとこんな感じです。着物の衿合わせか、はたまた封筒のようなスリットはタブレット用、ボクのiPadは初代ですので皆さんのはもっとスマートに入ると思います(笑)






メッシュポケットとカードホルダーは思い思いの内容で使えますね。






そしてココがさらに良いのです、フラップに当たる部分もポケットになっておりましてペンとかフラッシュドライブとかポイポイっと。これを細かくせずにざっくり入れられるようにしてるのが良いのです。






A4サイズの書類も挟めますので、手回りで必要なモノは収まるはず。「書類はココに入れてね」と言わんばかりのキッチキチのポケットがあるより、乗せて挟むくらいの方が現実的だし軽快でしょ。

そしてフラップの固定なのですが、






スナップボタンやベルクロ、もしくはジッパーなんでのが全く見当たらないですよね、






マグネットが仕込まれてるのです、絶妙な力加減でぱたりと閉まります。開閉の作業に手間取ることなくただただパタリ、ここ端折れるのは快適です。






これ持って会議へゴー。

とりあえず、毎日必要なモノはココに挟んどいて鞄にポイ。

そんな感じでお使いいただけるとちょうど良いのではないでしょうか。






NUNC Document Case ¥8,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんにちは。

本当に本当に、申し訳ございません!!!!

昨日お披露目のNUNC、ご覧頂きました皆様には総じてご納得いただけた様子でホッしたのですが、、好評過ぎまして・・・・バックパック類・ショルダーが完売、、、ミニショルダーとポーチだけとなってしまいました。






ということで圧縮、少し悲しそうです(笑)
それだけお気に召していただき大成功なのですが、物が無いのはダメだけど、、、メーカーの工場さんもフル回転で作ってらっしゃるので誰も悪いわけでは無いのですが、、ご覧頂けないのが心苦しく。。

ということで、来週中に昨日の






Rectangle backpackのサンプルをご用意しますので、9月半ばに追加予定分のご予約を承ります。<br>
本当に申し訳ございません、、しかしそれだけ素晴らしい商品であるという確信も得ることが出来ました。
逆に半月ほどお待ちいただけたら確実にご用意出来ますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。


嬉しいような、、、なんともはや、、、、。

では店頭でお待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

いや〜、ちょっと興奮気味です。約半年ぶりのご対面なのですが、、やはりUNITの目に狂いはございませんでした。






ということで本日より”NUNC POP-UP SOTRE”のスタートです、月内はこの体制をキープしたいのですが、既に売り切れの可能性が見えてきてますのでお早めにお越しくださいませ。

本日長いブログになります、心してご覧あそばせです(笑)
ブランドのコンセプトはコチラをご覧くださいませ。

先ずはフルラインナップのご紹介です。






Traveler’s Backpack ¥28,000+tax






Rectangle Backpack ¥25,000+tax






Daily Backpack ¥22,000+tax






Off Tote Bag ¥12,000+tax






Musette Shoulder ¥6,200+tax






Document Case ¥8,000+tax






Pouch L ¥3,200+tax / Pouch S ¥2,600+tax

旅行用〜ポーチまで、ぐっと絞り込んだ内容ながら取りこぼしのないラインナップです。

ようやく詳細解禁です、本日はおそらくこの中でもフラッグシップモデルだと言えるであろう、






Rectangle packをご紹介です、コレで大凡のNUNCの姿勢がお分かりいただけるかと。ではどこよりも早い、世界最速の詳細紹介です(笑)






このバッグが以前よりリークしておりましたこの展開写真の型です、コの字のフレームを軸に3気室の構造。






先ずはフロントパネルを開きます、オーガナイザーの配置はこの通り、必要な物がしっかり、






蓋側はメッシュのポケットが2つとその奥に全面のポケットが。この部分はフロントパネルの”折り紙”的デザインにフォローされておりまして、






内容量に応じて膨らんでくれます。
頻繁に出し入れするモノはこの部屋に入れておきましょう。







次は真ん中のスッタッフバッグ状の荷室。内容量に応じて固定出来るコンプレッションストラップもついておりますので中身が偏らなくて嬉しいですね。






軽量なリップストップの袋は中央でフルオープン、フロントパネルの中身を出し入れする際、着替えなど衆目に晒したくないモノはココに入れられます。こういう何層構造なんてギミック感は男心をグイグイ刺激するでしょ?






そして3番目の背面側、ここをフルオープンするとPC用のスリーブが出現します。






それとともにスリットのポケットとメッシュポケットの3段構え、細やかな心配りを感じます。


そして両サイド、






背負って右側はフラップ付きのミニポケット、ここも折り紙の匂いですね、アクセスしやすく落下も防げる嬉しいギミック。






左側のポケット、このジッパーを下げるとエクステンションのネットが登場しまして、





ボトルや折り畳み傘をストン。使わない時にネットがフワフワしてる感じを解消、アウトドアよりのデザインならそれも良い雰囲気なのですが、アーバンよりの場合はスッキリさせた方がスタイリッシュですよね。






ショルダーハーネスももちろん手抜かりはございません、エルゴノミックな形状でチェストストラップも当たり前。しっかりバッドも入ってるのですが、降ろした時にストンと下がる程度のボリューム。電車や街中でのスムーズな動きを考えると、ショルダーハーネスがゴリゴリ立った様なしっかりしすぎる物は扱い辛い。ちょうど良い塩梅のボリュームなのです。






上部のハンドルも使いやすいボリュームです。






背負うとこんな感じです、スッキリしつつ存在感もある素敵なデザインワークです。






提げても良い雰囲気です、やっぱりイイ。

そうそう、素材はいわゆるバリスティックナイロンと認識されてるオックスフォードのナイロンです、






ボトム・トリミングには太番手をメインには中厚の生地を、この一体感も素敵です。



そしてあと3点、個人的にグッと心を掴まれたポイントをご紹介です。






先ずはショルダーハーネスの長さ調整の部分、余ったストラップをぶらぶらさせないためのエンドの処理がゴムとクリップの2段構えなのです。どちらかだとすぐ外れたり結局ベロンとなったり、、ですが両方だと強固ですし自由度もある、嬉しい着想だと思います。






次はベルクロのお仕事、展示会場でまずグッときたのはココでした。このバッグ類を使うロケーションでガッチリとロックをかける必要はないと思うのですが(大きい方のトラベラーズパックも機内持ち込みサイズですし)、ちょっと予防線は張っておきたい。






ジッパーのプルタブをベルクロにして端っこで固定できます、わざわざ感も皆無。






リフレクター、あると嬉しいけどいつもピッカピカだとちょっと、、、、






ってそれ、隠せるんです。ね?イイでしょ??

そして最後、朝にお買い上げ頂いたお客様(世界初お買い上げありがとうございました笑)もチラッとおっしゃってたのですが「スッキリしてて良いのだけれどすぐ出したい物が。。。」、はい、そうなんです。財布とかわざわざガバッと開けるのは億劫ですよね。






ということで背面のパッドの間にポケットがひっそり、






しかもパッドの厚さ分くらいのマチもあるんです、この伸縮性がとても重要だと思います。






おかげで直ぐに改札通れます。
という最後のダメ押しでした。


ということで、、、いかがでしょうか?ボクの気合がお分りいただけたかと思います。背広組〜普段着組まで幅広く対応可ですし、かゆいところに手は届いてるし。そしてココまでやってもコストがかなり落ち着いてます。自社工場をしっかり運営してらっしゃるバッグメーカーの本気を感じます。

いや、脱帽。


バッグが得意な服屋UNITにまたバッグが増えました(笑)

末長く宜しくお願い申し上げます!!






NUNC Rectangle Backpack ¥25,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×