UNIT

こんばんは。






これはちょっと前にあげた写真ですが、買い出しの時はこんな感じで御池通をフワフワ走ってまして。今日の午前中も足らないものが出たのをボケーっと買いに行ったのですが、、上の自転車が入院中で今乗ってるのはカバン付いてないということをすっかり失念しておりまして、左手疲れました笑(手放し運転はダメですよ)






んで店に戻ると友人のお店でお願いしてたパーツが差し入れ、ではなく刺し入れられてました。これですっきり山ライド、ありがとう。
こうやって改めて見ると、自転車部品のパッケージって結構凝ったものだったりします。洋服って、生身で店頭に並べるのがデフォルトなのでパッケージってほとんどと言って良いほど存在しません。レコードやCDだったらビニール袋で売ってる状態かもですよね、この辺りの切り口って再発見かも。。。

近頃本格的にtobiraを店頭に並べ始めましたので自転車周辺をよく話すようになったのですが、雑談ネタが増えて助かります(笑)






そんな本日はこんな感じ、なんだか自転車も国防色だし、ミリタリーオタクが小マシになったみたいな、、、(笑) ピックアップは足元のZDA CLIMBERと頭のベレー。このスニーカーのはいた感じの安定感は本当に良い、変わらずオススメです。帽子は、明日くらいにしっかりご説明いたします。





そして来週開催のPt.Alfred&tobira custom order meeting、スーツのオーダーのご予約はもうちょっとだけ隙間ありますので、悩んでらっしゃるかたはお早めにです。tobiraのカラーオーダーフェアは週末の28日(日)まで開催ですので、こちらは無制限でお待ちしております。早速「こんなハンドルとかどう〜?」なんてお話もしてくれたり。楽しみです。


そして最近の投稿分も通販ページに反映しました。






Jackman GG Sweat Crewneck ¥ 14,000+tax







Jackman GG Sweat Highneck ¥ 15,000+tax






Jackman GG Sweat Midneck ¥ 14,000+tax






Jackman GG Sweat Offneck ¥ 15,000+tax






ARAN DENIM TROUSER-1 ¥ 22,000+tax


そして上の写真でも背負っている、






NUNC Holiday BackPack ¥ 17,000+tax
も補充完了です。

是非是非ご利用くださいませ!!


それではまた明日、よろしくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

台風や雨なんかでサドルがカッスカスになってます、BROOKSのサドルってオイルか付属してたり別売りだったりでしっかりケアできるようになってるのですが、個人的にはそれはたまに使って、






普段はこのデリケートクリームというやつを使ってます、レザーシューズやバッグに使えるアリニン系の柔らかい保湿クリーム。これだとサラッと浸透するので日々のケアにもってこい、ズボンにつくかも…なんて心配もなく保湿出来ます。






乾けば何事もなかった様子。
光沢を出すというよりも状態をキープする役目です、何にでも使えて結構便利ですよ。靴屋さんや修理屋さん、ロ◯トや東急ハ◯ズでも売ってますので”お?”と思った方は。






ちなみにUNITに一通りのシューケア道具は置いてますので、”靴磨きどしよ、、、”なんてお思いの方にも少なからずアドバイスは出来ると思いますので、こちらもよろしければ。

そんなボクの毎日の足であるE.B.Sのコミューターバイク、今朝もいつも通りフル稼働。






先日の記事でも触れましたが、パニアバッグはほんと便利。紙袋中・小・小小のそれぞれ50袋と平袋の大を一気に楽々運べちゃいます、業販店が遠くなっちゃったのでコレが無ければかなり辛いところ、ありがとうパニアバッグ(笑)
この辺りのご相談も当店でご用意なり斡旋なりさせて頂きますので、ご興味ある方はどしどしお越しくださいませ。

ここまでで写真4枚使っちゃったのに、、今日は後30枚弱あります、めげずにおつきあいくださいませ(笑)






と言いますのが、秋の最盛期を迎え入荷がどしどし。ということで目新しいところをざっと一挙掲載です、週後半のご来店のご参考にお願い申し上げます!


ではまずはRe made in tokyo japanから。






Wool Flannel Cover All Jacket ¥23,000+tax
Wool Flannel Tuck Ankle PTS ¥16,800+tax
フランネルのセットアップでもバラバラでも使える、汎用性の高い2つ、冬のコーディネイトのベースにどうぞ。






Merino Wool Knit Short Zip Pull Over ¥11,800+tax
これまた使いやすそう、ハイゲージのシンプルなデザインですのでアウター・ベスト、パンツのボリューム問わずにマッチしそうです。






Wool Ring Small V Cardigan ¥13,800+tax
モヘア・ボア調のカーディガンです、ボリューム感の中に落ち着きのある色合い。個人的には太めのパンツで合わせたくなります。


次はJackmanから。






Jersey Jacket ¥20,000+tax
Jersey Trousers ¥16,000+tax
シンプルで落ち着いたデザインとキレイなシルエット、スニーカーでも革靴でも大人でラフなJKTスタイルが作れそうです。






Jersey Coat ¥24,000+tax
Jersey Vest ¥15,000+tax
上はウールジャージでしたが、こちらは化繊のジャージ。スッキリしたスポーツミックスなデザインと伸縮性のある素材で毎日着るのにノンストレス、単純に格好良いです。






Waffle Mid-neck ¥16,800+tax
肉厚のワッフルを使った、モックネックのラグランカットソー。いわゆるスウェット的な使い方になると思います、上品に着回せるデザインです。

次はManual Alphabetです。






BLOCK CHECK BD SHT ¥13,800+tax
チェックネルのBDシャツです、ヨーロピアンな雰囲気の上品なネルシャツですので色んな着回しができそうですよ。ジンワリと個人的に推しです。






O/D DRILL SHIT COAT ¥19,800+tax
ドリルを後染めにしたコート、シャツコートというネーミングですがしっかりなのでコートですね。襟のコーデュロイがアクセントです、ザクっと羽織って様になる感じ。






V-LAP REVERSIBLE QUILTED VEST ¥28,500+tax
リバーシブルで表情を変えられる中綿のベスト、程よいボリューム感ですのでアウターにもインナー使いにも。厚手のニットやスウェットと・軽いコートと、そんな感じで合わせられそうですよ。


後は5アイテム各種。






ARAN DENIM TROUSER-1 ¥22,000+tax
コレ、個人的にこっそり狙ってます(笑)。デニムのガッチリ感にトラウザーの匂いを漂わせた感じ、スニーカーとカーディガンで1ランク上のデニムスタイルに仕上がりそうです。






LOCHCARRON STOLE ¥12,000+tax
スコットランドのストールブランド、巻きモノ大好きUNITですから良いモノわかってます。品の良いチェックですので何でもないコーディネイトにひとさしすれば雰囲気出ます、ストールは素晴らしい。






MARINEDAY GLOW ¥14,000+tax
マリーンデイ定番の麻帆布でシンプルなショルダーを、実物見るとしっくりくる感じです。スタイル・サイズ、多角的にバランスのとれたバッグですよ。






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SUCK sizeM ¥4,600+tax
手回りのモノをまとめて持ちやすいサイズ感です、アウターの外にも内にもかけられるミニマルなデザインです。






NUNC Holiday Backpack ¥17,000+tax
昨日の投稿でもチラッと触れましたが、補充できております。ボクも使ってるのですが、、1日の行動にバッチリなデザインとサイズです、ぜひ店頭で確かめてください。


という感じです、良いモノがいっぱい。

ボクも楽しくなってきました(笑)、明後日もお待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨夜はみなさま無事やり過ごせましたでしょうか?今回の台風は前回ほどではなかった様子で、それぞれ対策もとっていたでしょうしボクの周りでも被害の話は耳にしません、良かった。
UNITも開店休業状態でしたが、果敢にご来店くださった方も。有難うございました!






鴨川の水位もそれ程ですし、遊歩道もすぐに乾いてました。
しかし毎度ですが台風一過の空は青い。空が青いのはレイリー散乱という現象のせい、この”レイリー散乱”という言葉の響きが昔からなんだか
お気に入り(笑)。基本的に文系脳なのですが、オーディオ関連の数字と自然現象とは子供の頃から好きで、環水平アークとか低周波ハミングとかブロッケン現象とか・・・、感じと英語が混ざると賢そうに感じたのかも(笑)。そういえばオアシスの最も売れたアルバムタイトルのモーニンググローリーも気象現象、見られることはまあなさそうですが。
そんな中でもレイリー散乱が一番好きで、名前の音のリズムとか・太陽光が細かく散っているとか・他の色ではなく青に見えるのとか、、なんだかロマンチックなモノを感じ流のかもしれません。結局文系脳な発想(笑)

そんなことより本日の商品、NUNCの今季リリースの品番です。






NUNC Useful Tote Bag
ネーミング通りとても使い勝手の良いトートバッグ、折り紙ギミックも健在で都会的な雰囲気ももちろんの良い香り。






ジッパー付きですがボタンもついてますので、閉めても開けたままでもお好みで。






持ち上げればちょっと容量増やせます。






荷物が増えれば膨らみ抜けば自然に戻る折り紙型、スマートなトートにもフィットするギミックです。






外の大きなジッパー付きポケット、ベルクロの簡易ロックはココです。






深さはだいたいA6がスッポリ収まるくらい、大口径のポケットです。






メインボックスを開けるとオーガナイザーが見えます。






裏側、そうですね例のシークレットスペースはココからアクセス、






ぱかっと開きます。メインボックスからアクセスしても使えるように上側にジッパーを配置。






13インチPCがちょどよいスリーブ、全開にしなくてもここからサッとアクセス出来ます。






内側のポケットはポケットとしての機能と共に、






キャリーバッグに固定出来るようになってます、キャリーバック持ってなくて手、、すみません(笑)






通した後にボタンを閉じると安定感もキープしてくれます、相変わらず細部まで考えてます。






ハンドルもしっかりまとめられます。








パッド入り・内側がメッシュのショルダーストラップ、ワンアクションで長さ調節できます。






これくらいのサイズ感、アウターを着ても肩から掛けられるくらいのハンドル。






グッと引っ張って短めにしてショルダーストラップを使うとこんな感じ。






伸ばして斜め掛けに、動き方・容量によって使い分けられます。

今日改めてイジると、、、ちょっと欲しくなってきました(笑)ボクはHoliday Backpackを使ってて、かなりお気に入りなのですが、、、こっちも良かったなあと思ってしまったり。

ヌンクのバッグはそれぞれのスタイル・シチュエーションに綺麗に馴染んでくれますので、結構悩ましかったり。。それだけ魅力的であるということでもあります。UNITではなるだけ多くの品番をキープするつもりですので、NUNCのご相談はお任せくださいませ!

バッグはUNITの得意分野ですからね。

ってことは、、皆さんのそれぞれ立場をちゃんと体感するのにはキャリーバッグも使わなければいけませんよね、、、。

そんなこと言ってたらヌンクからキャリーバッグがリリースされたりして(笑)







NUNC Useful Tote Bag ¥18,500+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日までのMARINEDAY TRUNK SHOW、ご覧くださって有難うございました!カバンが沢山旅立って行きました、嬉しい限り。

その連れて帰ってくれたうちの1人、友人で映像のプロのM氏と、ボクが出勤前ロケハン的に久しぶり立ち寄った御所で何気なく撮った写真を見ながら、






「素人が撮ったら、デジイチよりも最近のiPhoneの方が綺麗じゃない?」なんて話をしておりました。プロ目線からしてもやはりそのようですね、そういう話をネットやそこらで散見するので、そうなの?って思っておりまして。前にもちらっと言いましたが7月までiPhone6だったのでそれよりデジイチの方が良かったのですが、、変えると実感しました。






そして上の写真よりも更にこの1枚を撮った時に気づきました、両方で比べたら一目瞭然でした、、やはり道具というのは使いこなしてこそですね。それを時代の技術が補ってくれるのであれば、デジイチよりもスマホを使う方が素直かもしれませんね。
という事で今日からUNITの写真はiPhoneです、早速いつものセルフィー用のリモコンとマウントを用意しました(笑)

とりあえず暫定的にHP用に撮った写真で思い返した、”洋服・鞄・自転車”というUNITの3本柱。ボクが日々の生活を送る上でハズせない3つ、まあこれに音楽とお酒と読書が加わるのですがそれは別の話で(笑)

これまた数日前に先輩と話していたのですが、






昨日もご紹介しましたPt.Alfredのチノスーツ、毎日しつこい様ですが・・・笑、これはUNIT的”道具な洋服”の代表格だなあという。このスーツはいわゆる”アメトラ”的な解釈を元にデザインされ、”チノーズ”というWWⅡに於いて米軍で使われ発展した素材で製作された洋服。合理的な発想と荒い仕様に耐えうる素材、まさに道具然としてますよね、ユニフォームっぽいと言う方が伝わりやすいかも知れない。
例えば、その他のジャンルのスーツと比べた場合、タイドアップは当たり前に全てのスーツに似合うわけですが、クルーネックのTシャツをインナーにするとしましょう。クラシコイタリア系のスーツの場合、かなり色っぽく仕上がりますよね。英国トラッドの場合だと、、あれ?シャツ汚れたから脱いだの??と言う雰囲気になってしまう恐れも。それがこのアメリカントラッドなコットンスーツの場合はストンと落ち着く、それに合わせる足元がスニーカーでも革靴でも過分なテクニックが要らない。
汚れたら洗えば良い(実際ボク、昨日ベージュを汚しちゃいました笑)、洗い晒しになっていったとしてもそれも格好良い。先輩は「ポケットにガンガン物を入れて膨らんでもこのスーツなら様になる」とも言ってました、その通り。 と言いますか、、ボク自身はどちらかと言うと英国トラッド寄りの発想で育ったのでこのスーツを着て実感した部分も大きいです。
そして他の洋服も、上品でありながら道具として長く付き合えるかという目線を必須でセレクトしてます。
既出の”制服”というのもキーワードかも知れません、ワークもミリタリーもトラッドも殆どの男性の洋服にエッセンスは込められてますよね、そういう意味でも道具。

そしてバッグ。






FREDRIK PACKERS・MARINRDAY・NUNC、UNITのバッグの3本柱。
ファッショアイテムでありながら多角的に性能を吟味される存在、ファッショナブルでも使いにくければダメだし、使いやすくてもカッコ悪かったら持ちたくない。そして何よりも機能美が存在しやすいファッションアイテムだと思います。この3者の中で最も機能性に遠い存在だと思われるであろうマリーンデイでも、実際のところはトートだったりペーパーバッグだったりと、長年道具として培われてきたデザインです。そして欠かせないのがお財布のFLAT4、シンプルに作った恩恵で使いやすくて壊れにくい。まさに道具としても合格だし色んなスタイリングの邪魔もしない、両方を兼ね備えた存在です。
そしてUNITスタートと共にあり続けるパッカーズの存在感は言わずもがな、テクニカルで緻密に考えられたヌンクがブランドスタートの時に先行でUNITを選んでくれたのも、バッグに対してUNITが洋服以上に真面目に向き合ってきたのを理解してくれたからだと自負してます。

最後に自転車。
UNITの洋服、特に真冬のアウターを考える際に最もきにするのが自転車に乗る時に”不自由ない”かどうか。ココ結構大事で、”自転車に乗る為”ではなく”乗るのに不自由ない”ということ、例えば前の打ち合わせがシングルでボタンのみだと風入って寒いですよね。そういうものは必ずジッパーがついてるモノ、そうじゃない場合はダブルでストールと合わせると外気を遮られるようなモノを。意外と真面目に考えてるでしょ?(笑)
そしてUNITのパートナーシップなブランドであるE.B.Sと2ndレーベルのtobira、普段の生活に根ざした自転車ですのでレース機材ではなく、上質で長く使える道具なのです。例えば写真に出ているボクの普段乗ってる自転車にはパニアバッグがついてます、ここにカバンを入れちゃえばメッセンジャーやバックパック以外のカバンを選択できますので逆に洋服も限定されません、スーツでも格好良く出勤できます。仕事帰りにトイレットペーパーやお米だって運べてしまうし、休日に小さなカバンで出かけても買い物したものはポイっと持って帰ることも。
懐古主義の自転車ではなく伝統的な手法で今の自転車を作ってますので、スポーティなスタイル〜革靴を履くようなコーディネイトまで違和感なく寄り添ってくれますし。
そういう道具を毎日のパートナーとして考えると、やはりしっかりしたモノでなければ、高級ではなく上質。極めてシンプルにも・ボリュームアップしても乗る事が出来るtobiraとE.B.Sは、道具としてとても優秀なのです。






例えばこないだ納車が済んだtobira model-T、OSGちゃんも気に入ってくれてイイ笑顔です。160cm無い女性ですがホリゾンタルフレームに乗れる喜び、シブめのカラーに女性が乗るのも素敵ですよね。これで彼女は京都の街の宣伝部長ですので、見かけたら声をかけてください(笑)






こちらはtobira model-O’、model-Oの廉価版です。先輩の娘さんが春からの高校通学に買ってくれたのですが、半年経って益々大切に乗ってくれているそうです、おじさん嬉しいです(笑)


こんな感じで着々とリリース中、しっかりした乗り味を試しにお越しくださいませ、乗ればわかります。






余談というか、その脇にというか、本来こっちが先というか、、そもそもボクの自転車ライフはMTBからスタートしてます。ピストが流行った時でも・ロードが主流の最近もMTBでした。専用ウェアで行くこともあれば写真のようにいつものTシャツGパンでも、夏以外はほとんどGパンだな。元々山が好きで、普段着で遊べるMTBだったから続いてるのかも知れません。






さらに余談なのですが、昨夜自宅で片付けしてて、ホントにたまたま見つけた12年前のメンズクラブのボク、、、。
今とほとんど内容変わって無いでしょ?ブレない男なので安心してボクのこの提案に乗ってくださいませね(笑)

という事で少々脱線しましたが、ボクの毎日をフィルターにして快く過ごせる”道具”をUNITに集めたらこの3つが軸になったというわけです。


洋服・バッグ・自転車、同じ線上にある道具のご提案の中から、皆さんのリビングスタイルに合ったモノを抽出していただければと思います。

それ以外のボクの必需品の話はまた枝葉末節回で、最近かけてないですが(笑)

今日は雨でしたね、、明日は久々に全休ですので山に行きたかったのですが、、行けるかな。


それではまた明後日です。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

大丈夫でしたでしょうか??

こんばんは。






そんな中、空っぽの市バスが頑張って走ってました。

ボクは自転車ではなく地下鉄で出勤したのですが、北大路の駅ビルもスーパー以外は閉まってるし、通り道のお店は軒並みお休み。電車の時に通りやすいパン屋さんでフィッシュフライのサンドイッチを買おうと思ったのに、、残念。






なんて呑気なことを思いながらお店を開けると物凄いことに、扉がバンバン風で開くし、色んなもの吹き込んでくるしで。

皆さまおケガ等ありませんでしたか??

天気も悪く上手く写真の取れない日でしたので、ウェブショップにNUNCのフォローをアップしておりました。










NUNC Expand 3way ¥26,000+tax
細部まで作り込まれた3ウェイバッグ、人気商品です。








NUNC Bowl Shoulder ¥12,000+tax
絶妙なサイズ感もミニショルダー、使い勝手の良さも折り紙付きです。

在庫充実の間に是非お買い求めくださいませ!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






もくもくの積乱雲の時期ですね、






寄って撮ったらどうだろうと思いましたが、、水蒸気の固まりはベタッとした写真にしかなりませんね、でも飛行機から見る気分もしなくもないような、、、(笑)

旅行したいな〜。。。

旅行の時ってカバンを新調したくなったり、そのまた逆もあったりしますよね。本日はタイトルをご覧いただきました通りNUNCの新作です。ヌンクさんのバッグは見た目のサイズ感よりも収納力が高くて良い、トラベルバッグも機内持ち込みサイズでたっぷり入りますし。
そして本日ご紹介のHoliday Backpackもその名の通りお休みの1日にお出かけするのにちょうど良いサイズ感ながらバッチリ入ります。

ということで、






NUNC Holiday Backpack
伝統的なデイパックのデザインを叩き台にヌンクらしい姿に、小型なので女性にも持ちやすいかもしれませんね。






中空ナイロンで軽量な仕上がり、場所によって厚さを使い分けてます。






体のラインに合わせたショルダーハーネス、






チェストストラップも必要に応じて取り外し可。






コンプレッションもブラブラしないような工夫を、共通デザインですね。






ハンドルもしっかりした作り、電車の中でも楽に持てますね。










デイパックらしいメインの開口部は無論のこと、背面を完全に解放すると袋型のプライバシースペースとPC(13インチ)のスリーブが。






背面外側にはもちろんシークレットポケットを装備。






メインボックスにもポケットが1つ、細々したモノはここへ。








フロントパネルのポケットもたっぷり、例の折り紙ギミックで容量に応じて反応してくれます。ボク、タオルと財布と折りたたみの密閉式ヘッドフォンをよく出し入れするのですが、ここに全部入ってサッと取り出せそうです。






そして、そんな外側のポケットもメインボックスも安心なベルクロを使った簡易のロック機能。ジッパーのプルタブ自身がベルクロで付け根に固定出来ますので、知らない間に開けられてるという心配も減ります。
そして向かって右脇にスリーブ、








左はエクステンションがついたポケットに。

ということで、いつもと変わり映えがありませんが、、、






これくらいは余裕で入ります、腹八分目くらい。1泊程度は平気、ボクも大阪で仕事の後に実家帰るときとかも楽々です。メーカー好評で20L、感覚的にはもうちょっと入れられる気分です。






良いサイズ感でしょ?ボクの身長(176cm)でも物足りなさは感じませんし、女性でも大きく無い。






秋のツーリングやショッピングにも。






背負った時に背中側に中身が安定するようにボトムに角度がついてます、細やか。

折り紙ギミックがフロントポケットに集約されてスッキリしつつ、かえってボリュームも感じられて、個人的には好みな仕上がりです。

都会的でもありスポーティでもあり、うん、納得のデイパックです。
見ると欲しくなるパターンですよ、ボクも展示会場で一目惚れでした。

是非どうぞ。






NUNC Holiday Backpack ¥17,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨夜も結構揺れましたよね、朝もちょっときたみたいで。夜は嫌な感じでしたが朝は気付かず寝てました、、、もうちょっと敏感になれと友人に諭されましたが、、、、。

自分のことは適当になっちゃいますが、例えば実家の両親は?となると「ちょっと、、ちゃんと準備しといてよ・・」なんて思います、勝手ですよね笑

“とりあえず落ち着くまではカバンと靴は枕元に”

なんて昨日はよく目に耳にしたフレーズでした、確かにそうですね。カバンも有事の際の行動のしやすさを考えるとバックパックが良いですよね、ということでUNITでまずご提案できるのはココ。
そういう意味合いでもそうですが、単純にコレから夏のレジャーやお出かけにも必要になってくる存在。

ということでさっと使いやすそうなモノをちょっとおさらいです。






NUNC Rectangle Backpack ¥25,000+tax






NUNC Daily Backpack ¥22,000+tax
ヌンクさんのパックパック、どれも内装が充実しておりまして、収納場所を決めておけばスムーズな出し入れができます。大脳直結、いつも同じカバンを持ちたい人にはとても便利だと思います。デザインも都会的でありますのでオンオフ兼用で使えますよ。






BACH TRAVELSTAR28 ¥20,000+tax






BACH FLINTSTONE ¥13,500+tax
もはや定番ブランドの域にあるバッハ、この2品番は人気者2トップです。アウトドア本道のルックスながらオーセンティックな香りもありますので普通にカジュアルバッグとして優秀です。1000デニールのコーデュラナイロンは安心感満点です。






FREDRIK PACKERS TRAIL PACK ¥13,800+tax






FREDRIK PACKERS MISSION PACK ¥10,800+tax






FREDRIK PACKERS 70D COMUTE PACK ¥10,800+tax






FREDRIK PACKERS 500D DAY PACK ¥11,800+tax
そしてUNIT定番のフレドリックパッカーズ、やはりこの軽量でシンプルなバックパックは使いやすいです、女性にも持ちやすいデザインですよね。個人的にも最近500Dのデイパックをクロゼットから引っ張り出してリバイバル、日々使うのに丁度良いサイズ感でちょっと嬉しくなってます、何年も使って無くてごめんね〜って笑。やはり伝統的に続いてるマスターピース的デザインは理由がありますね。

ということで、バックパックのリニューアル・新調、いかがでしょうか?

施肥ご相談くださいませね。


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ということで前回の続きで新作のディティールをご紹介です。






NUNC Bowl Shoulder
休日のお出かけなんかに最適な小型ショルダーバッグです。バッグ全体にウレタンが挟み込まれてますのでタブレットの持ち歩きも安心、バッグ自体も型崩れしないので使い勝手も良いです。必要な手回り品を入れてもまだ余裕のあるサイズ感、見た目以上の収納力です。








ダブルジップで好みの開閉が可能、メインボックス内側にオーガナイザーが2つ。










外側左右にもポケット。片方はトリミングに伸縮性を持たせてます、もう一方は開閉式でメッシュでエクステンションが施されてます。このあたりはバックパックに準じたギミック。






ではフロント側のご説明。








外側のスリーブはこんな感じのサイズ感、iPhone6(もう動かなくて大変、そろそろ寿命…笑)を縦に入れても大丈夫、横だと2台分くらい、どの大きさのスマートフォンも収納可能かと思います。








試しに文庫本を挿してみました縦だとコレくらい頭が出てひねり入れるとスッポリ入ります、だいたいのサイズ感はお分りいただけるかと。






そしてコレです、何かと言いますと・・・






キーリングになってます。








ここをパチンと外すと、、






伸びます、なのでこんな感じで鍵を開けられます。毎日同じカバンで出かける方はかなり便利だと思います、マグネットが仕込まれてますのでベルトの長ざを元に戻す時にちゃんと誘導してくれたストレスありません。あ、ベロンベロンに飲む人は鍵をなくす心配がなくて良さそう(笑)






そしてショルダーベルト。このサイズで分厚すぎるとオーバースペック、ペラペラでも心許ない、なので二重にして丁度良いあたり具合にしてあります。
そしてこの手のバッグは掛ける時と下ろす時にアウターや頭でごちゃごちゃ引っかかって、もうってなったりしますよね、






ボクの場合コレくらいの長さが良いので、下ろす時は






こんな感じ。こういう窮屈さを、








バックルを外してベルトを延長で解消出来るようになってます。






ね?窮屈じゃなさそうでしょ。






逆に掛ける時もワンアクションで楽々フィット。


素晴らしい。


その他、






ボトムに厚い生地を配置して強度を確保、他は強度と重量に応じた生地を。






もちろんアイコンの三角リフレクターも。



ふ〜っ、、、今日も写真が多かった(笑)

それだけギミックだらけということですね、男心をくすぐるミニショルダーです。






NUNC Bowl Shoulder ¥12,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今朝東堀川をトロトロと走っておりましたら、






開花に遭遇、河津桜が綺麗な花を咲かせてました。

春が来てますね、目が・・・痒くて・・・ヒリヒリしてきました・・・(笑)

いや〜、春です。花粉症でどうのこうのはさて置きお出かけしたくなる季節、なので軽快なカバンをご紹介です。 昨日のBACH CHRISSIE BAG同様にコンパクトで収納性に優れたショルダーバッグがNUNCにもあります、どうしてもバックパックが目立ってしまうのですがショルダー類も秀逸。1つずつのディティールは改めてご紹介しますので、本日はラインナップをザバ〜っといきます。

では大きさ順で。








Off Tote Bag ¥12,000+tax
ヘルメットバッグをモデファイした様なデザイン、作りのミニマルさが使い勝手の良さに繋がる秀逸なモデル。実際に半年前のファーストデリバリーでは即完売でした。背広組じゃなかったら通勤でも使えそうです、スリムなので電車通勤にも向いてます。








Bowl Shoulder ¥12,000+tax
小型のショルダーバッグです。体にフィットしやすい半月型のデザイン、細かいギミックを見ると唸らされること間違いなし。コーディネイトにも組み込みやすいモデルです、コレは今季の新型です。








Musette Shoulder ¥6,200+tax
サコッシュと言って良いデザインですが、そう呼ぶには作り込まれ方が素晴らしいミニショルダーです。ベルトが完全に外せますのでバッグインバッグやクラッチ的にも使えます、隠れた人気のショルダーバッグです。








Near Here Bag ¥6,000+tax
ポーチですね、アウターの中に仕込んでも良いデザインです。コレがね、説明いっぱいしなくちゃならないバッグです、乞うご期待です。

という具合でショルダーバッグが4型揃ってます、それぞれのキャラクターがしっかりしてて良いでしょ?
それから、






Document Case ¥8,000+tax / Pouch L ¥3,200+tax
iPadが綺麗に入るA4サイズのドキュメントケース、コレも気の利いた品番です。お揃いでポーチもいかがでしょうか?、例の折り紙ギミックで収納力がしっかりです。

ということで、、、






UNITにはフルラインナップございます、自己満足・自画自賛(笑)

是非店頭でご覧くださいませ!!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

いい天気ですね、お休みの皆さんが羨ましすぎる快晴です(笑)

本日は前々回にご紹介しました






NUNC Expand 3wayの補足を、






こっちにしましょうか、まあどっちでもいいか(笑)

補足が何かと言いますと、「実際にパッキングした画像を載せなさいよ」と心の声が聞こえて来ましたのでちょっとやってみました、上の画像で既に荷物を入れてます。では開いてゆきましょう。






よく開閉するであろうフロントパネル側です。






手回りの小物・バッテリー類をメッシュポケットに、A4がスッポリ入るスリーブ。






手帳と名刺ケースを挿してみました、もっと良い使い方もあるかもしれませんね、、すみません(笑)






外側のポケット、






中に入ってるのはA6の雑誌です、単行本サイズがちょうど収まるくらいのスペースです。






反対側。






Tシャツ2枚とシャツ1枚・パンツ2枚と靴下2足・ハンカチ2枚を入れたスタッフバックとグルーミング系の小物を入れたポーチ、歯ブラシ、これらを目隠しの幌の中に。






ノートPCがこの中。フラップもついてるので安心です。






PCだけを取り出しやすいように配置してますのでもたつくこともないです。






そしてお財布は手近で安心な場所へ。

という具合です。今回使い切れていないポケットが3つほど残ってますが、その辺りはそれぞれの使い方でという感じでしょうか。実際に入れて重量が増した状態でも型崩れもありませんし、自重が軽いので軽快。入れる物の場所が決まればスムーズでもたつくことも無くなります。昨日友人が買ってくれたのですが「いいわ〜、いいわ〜」と言ってました(笑)

しかし補足でも写真多いな、、、、(笑)

ということで、NUNCの機能をシュミレーションしてみました。


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×