UNIT

こんばんは。

このところ暖かいですね、、もっと寒くなってくれないと洋服屋は困ります笑

本日は新顔と継続品番と暖かいのと暖かいのをザッと4つご紹介。

まずは新顔、





dsc_3376
Manual Alphabetというシャツメーカーさん、今期スポットでいくつかお世話になってます。





dsc_3315dsc_3316
stretch flannel BASIC BD SHIRT ¥10,500+TAX
起毛仕立てのネルシャツ、BDなのでトラッドっぽい仕上がりが良いです。フリーフランネルという特殊加工で、綿100%なのですが化繊を混ぜたストレッチ的な着心地。





dsc_0785
先日Vitterのカーディガンをご紹介した時にチラッと、上品なネルシャツです。





dsc_3313dsc_3314
次は、crispy weather MILITARY SHIRT ¥14,500+tax
米軍のユーティリティシャツをリミックスしたデザイン、比翼仕立てとフラップポケットが男心をくすぐるでしょ?
上質なコットンを使ったウェザークロス、光沢感とハリコシが良いです。この素材感はアウター使いもしやすいので時期によってはそういう着方も、裾はドローコードが通ってスピンドル仕様ですのでアウターとして意識しているということが伺えます。





dsc_3317
次は暖かいのを、INVERALLAN Lumber Cardigan ¥5,5000+tax
説明不要のローゲージニットのお手本みたいなインバーアランのカーディガン、





DSC_0222
問答無用でカッコイイです。





dsc_3299
Bibury Court UK combat smock ¥68,000+tax
英軍コンバットスモックのアレンジ。表地は英国ミラレーンの6ozワックスコットンで中綿にシンサレート、ボアに覆われた襟はフードにアレンジできます。コレ、、、カッコイイんです、また改めてご紹介。



ということでザッといきました、この秋の記事を見返しながらコーディネイトを考えてみてくださいませ。

お待ちしております!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日も3アイテムご紹介です。
昨日に引き続きReから先ずは1点、





dsc_3301
Re made in tokyo japan Classic Sweat Wool zip Parka





dsc_0791
イタリア産の縮絨ウール、昨日のニットもそうでしたが肉厚に見えて着心地軽やかです。





dsc_0787
立ち襟気味になったフード・パイピングのポケット・レザーのプルタブ、Reが作り続けているディーティールですね、王道のパーカーの匂いを残しつつReらしさが。





dsc_3393
毎年おすすめコーディネートはシャツでお見せしてるのですが、カットソーの上にフワッとでも程よくラグジュアリーな感じが出てイイでしょ?

そして暖かですので、手放せない1枚になると思います。



次は入荷のお知らせ以来の登場、





dsc_0758dsc_0761
Vitter ROUND NECK / CARDIGAN
イタリア・フィレンツェにて1968年に小さな家族経営の会社として創業したニットメーカー、原料調達から生産までを全てイタリア国内で。有名ブランドのOEMも請け負った実績を持ち、優れた品質からヨーロッパ内にとどまらず世界各国に商品を提供しています。工場の電力は100%自社のソーラー発電によるものでまかなわれており、環境にも配慮しているブランド。





dsc_0777
アクリルとウールの混紡で普通に洗濯出来ます、日常使いする上ではかなりのアドバンテージ。しっかりした肌触りのハイゲージですので安心感もあり、長いシーズン使えそうです。





dsc_0775
クルー、汎用性の高さが伺えますね。





dsc_0784dsc_0785
カーディガンも王道、白いカットソーでクリーンに、同色のシャツでクレバーな感じにも、UNITとしてはそんな気分。
コストパフォーマンスの面から見てもとても優秀、ガンガン着てください。



あ。。。。





dsc_3398
今日は太いカーゴとスニーカーだったので、昨日のニットで言ってたパターンもついでに笑


ということでイタリア由来のニットを3点(4点)ご紹介しました、是非店頭で。





dsc_0797
Re made in tokyo japan Classic Sweat Wool zip Parka ¥19,000+tax





dsc_0799
Vitter ROUND NECK ¥8,800+tax / CARDIGAN ¥10,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はUNITの隠れた定番を2つ。

先ずはニットから、





dsc_3319
Jamieson’s stand collar cardigan
伝統的なフェアアイルが思いつきやすいジャミーソンですが無地もモチロンお得意、シャットランドニットを代表するメーカーの1つです。
このスタンドカラーのカーディガンは個人的にも長い付き合いで自信のひと品、シャツはもちろんのこと・タートルネックのカットソーで上品なカジュアル・クルーネックだってラフにならず・ヘンリーネックのカットソーだったらちょっとフォークロアなニュアンスも。かなりの守備範囲です。





dsc_3367
上質なシェットランドウールは適度に油分を含みしなやかで保温性も高く、レザーのくるみボタンが上品なフォーク調を表現。





dsc_3366
スタンダードのど真ん中を行くデザインです、ワードローブにコレがあると安心感が違います。



次はARANの





dsc_3320
F.CARGO





dsc_3361
今回はコットンサージを硫化染めしたもの、生地の陰影がシッカリ出る染料ですので質感に奥行きが出ます。





dsc_3387
ちなみに昨日は2年前のFカーゴでした、毎シーズンはいても飽きないパンツです。





dsc_3347
dsc_3348
シンプルなのですが手応えのある腰回り。





dsc_3352
dsc_3353
カーゴポケットはギミック感とボリューム感がイイ、胸焼けしない程度に男心をくすぐってくれます。





dsc_0753
ということで、上下で合わせてみました。
ブルゾンでもコートでも合わせやすいバランスです、ラフさ加減と落ち着きが両方あるでしょ。

どちらも安定感抜群、必須アイテムです。





dsc_3363
ARAN F.CARGO ¥18,000+tax





dsc_3370
Jamieson’s stand collar cardigan ¥25,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

日中は過ごしやすく朝晩がピリッとヒンヤリ、ボクはこのくらいが一番好きかも知れません。言ってる間に寒いだけの1日になっていきますのでね、皆さんもご準備をお忘れなくです。

本日はそんな冬のヘビロテになりそうなのを2点ご紹介です。

先ずは、





dsc_0754
GUERNSEY WOOLLENS CARDIGAN

9月頃に入荷のお知らせをしておりました、改めてご紹介。





dsc_3345
フランスとイギリスの間にあるガーンジー島伝統のニット、実際に昔の漁師が仕事着に使っていた耐久性と保温力の高いセーターなのです。無骨なようなカワイイような、、暖かさが見た目通りに伝わってくる感じかしますね。





dsc_3346
肩の編みを見ていただくとわかるのですが、ガンジーは平面で前後同じ身頃。前開きではないプルオーバーのニットの場合、モックネック状なので好みによっては首が窮屈に感じる場合も。





dsc_3344
その点カーディガンはモチロンの前下がりの襟ぐりですので、痒がりの人にも優しいのです(ボクもそうです笑) 編み変えや木製のボタンなどの風合いと、少し軽めのローゲージというニュアンスで比較的アウターも着やすい。





dsc_3290
こんな感じです、飽きそうにないですよね。スタイルもず〜っと不動ですので消費者側としても安心。

今年はグレーでオススメ。来年はどうしようかな〜なんて、今から楽しみなのです。



次はFOBのパンツ、





dsc_3322
ID BAKER PANTS





dsc_3339
インディゴ染めのサクッとしたカルゼ、風合い満点です。冬らしさとワークテイストが混ざり合った雰囲気ですので、色んなコーディネイトができそうですよ。ウール系のアウターはモチロン、ナイロン系のアウターも落ち着いたコーディネイトにしてくれそうです。





dsc_3333dsc_3336
安定のディティール、ストラップが断ち切りになってるるのが良いアクセント。





dsc_3389
ロールアップでブーツ、こんな感じが気分でしょうか。ワントーンでもノッペリしないのはウールカルゼのお陰です、悪くないでしょ?





dsc_3390
と言いつつ上の写真じゃ雰囲気掴みづらかったので外に出て、笑。

ワークスタイルをを1ランク引き上げてカジュアルで活動的だけどちゃんと大人、そんなボトムだと思います。




ということで今日の2つは確かなオススメ、じっくり冬を付き合える上下です。

よろしくお願いします。





dsc_3364
GUERNSEY WOOLLENS CARDIGAN ¥29,000+tax





dsc_3342
FOB ID BAKER PANTS ¥16,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はニット、個人的にもかなり好みなルックスな





dsc_0759
BRICKのヘンリーです。
スコットランドの新進気鋭のニットブランド、古い機材を使いつつシームレスの編み地に仕上げる温故知新を形にしたシェットランドセーターです。





dsc_0766
綺麗で少しゆとりのあるシルエット、バランスがいいです。





dsc_0764
起毛させたハイゲージは保温性も高く質感もふんわり、イギリスだけでなくイタリアからの糸も使っているそうで、素材への探究心も垣間見られます。





dsc_0767
3ボタンのヘンリーで丁度良いボリューム感、クルーネックのTシャツとの相性も良いですし





dsc_0782
シャツももちろん相性良しにきまってます。


どんなスタイルのコーディネイトにも溶け込みやすいデザインですし、濃いめのチャコールグレーは黒・紺・茶・オリーブのどれを軸にした配色にも合わせやすい、ですので今回のUNITのセレクトは潔くこの1色のみ。

本当に空気感の素敵なニットです。





dsc_0780
BRICK HENLEY ¥22,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は見るからに暖かそうなカーディガンを。





dsc_3227
NOMADICS、昨年からスタートしたポーランドのウール会社がリリースするファクトリーブランド。





dsc_0751
暖かくないワケがないルックス。





dsc_3228
100%羊毛のフリースです。
「ウールのフリース?」ってお思いの方も多いでしょうし、実際我々同業の人間でもアウトドアウェアで使われるポーラテックなどの化繊のボアのことを指すと思ってる人も多いのですが、フリースとは「羊毛もしくは羊毛状に起毛してる」という意味合い。
ですので「100%羊毛のフリース」って言い回しも長嶋監督状態なので、ちょっとへんてこりんなのですが、、便宜上(笑)

どちらにせよウールフリースの底力は素晴らしく、保温力は当たり前なのですが、化繊のフリースよりも透湿性が高いように感じます。本当に快適な冬が過ごせそう。





dsc_3229
デザインもシンプル且つ飽きない直球勝負。





dsc_3222
なんというか、、、イイでしょ?の一言で大丈夫なような。
冬のコーディネイトが楽しくなりそう、モコモコしてますがバランスの良い身頃ですので太いパンツにも細いパンツにもポイッと羽織れば問題ないかと思います。アウターの中からチラッと見える表情も良さそうですし、昨日のフィンガーレスミトンなんかと合わせるとグッとくる感じに。

そして、とてもコストパフォーマンスが高く、なんだか嬉しくなるカーディガンです。


冬のご準備、宜しくお願いします。





dsc_3232
NOMADICS WOOL FLEECE CARDIGAN ¥16,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

3連休ですね〜、予報よりも小康状態な空模様。こういう時は外に遊びに行かずに買い物に行きましょうね(笑)

いろいろ入荷しております、日々の更新が後からドンドンきてる商品の突き上げを食らっておりますのでヘッドライナーをわさっとご紹介します。

それではいきます。





dsc_0756
Bibury Court Classical Check Long Point BD ¥16,000+tax
中古風に加工したチェックがなんともイイ感じ、落ち着いた発色で程よい差し色に。





dsc_0755
ARAN WESTARAN BIO FADE ¥17,000+tax
バンドカラーのウエスタンシャツの加工色、ヒトクセがコーディネイトのスパイスになりそう。





dsc_0767
FOB CHAMBRAY CUTWAY SHIRT ¥13,000+tax
ドレス系のデザインをシャンブレーに落とし込むと大人なカジュアルシャツに、結構UNITのツボです。





dsc_0763dsc_0765
FOB MOLESKIN BAKER PANTS ¥13,000+tax
FOB RELAX NARROW EASY ¥13,000+tax
どちらもストレッチの効いたスッキリ綺麗にみえつつ楽なパンツ、色んなコーディネイトにはまりそうです。





dsc_0776
Kepani SunsetⅡ ¥17,000+tax
UNITでもこっそり人気の裏起毛のスウェットカーディガン、上品なワークテイストで合わせやすいのです。





dsc_0757
alk phenix dan tee L/S real hot ¥26,000+tax
ポーラテックを保温性の高いワッフルで挟み込んだニット、これは名前通りホントに暖かいです。





dsc_0766
RYU warmly r-neck big knit ¥19,000+tax
これもネーミング通りのニット、太いパンツで軽い靴で合わせたいところ。





dsc_0769
MARINEDAY DANS ¥16,000+tax
そんな軽い靴をマリーンデイから、女性サイズも少しご用意しました。





dsc_0753dsc_0752
MARINEDAY SAILOR ¥19,000+tax
シンプルなショルダー、シュリンクレザーの風合いとベストマッチです。





dsc_0775
MARINEDAY CHLOE ¥4,800+tax
共地のポーチも、この3種類のシュリンクシリーズはホントに秀逸な顔をしてます。





dsc_0758dsc_0761
Vitter ROUND NECK ¥ 8,800+tax
Vitter CARDIGAN ¥10,000+tax
イタリアのファクトリーブランドから堅実なニットが届いてます、コストパフォーマンスにも注目。





dsc_0754
Guernsey CARDIGAN ¥29,000+tax
ガンジーのカーディガン、冬の基本になりそうなローゲージ。早い者勝ちな気がします。





dsc_0751
NOMADICS WOOL FLEECE CARDIGAN ¥16,800+tax
ポーランドのウール屋さんの牧歌的なカーディガン、どう見ても暖かい。昨日買ってくれた黒人の方がカッコよかったので写真お願いしたらよかったです。。これも早いもの勝ちかも。。





dsc_0772
WESTERLIND FELT HAT ¥19,000+tax
アメリカのショップさんがオリジナルで作った突きのしっかりしたハット、ファッション的にもかっこいいですが傘代わりにもなる機能派。


という感じです、もちろん他にもいろいろ入荷しております。
そしてこれまとめてて気づいたのですが、、どうも今年のボクはグレー推しみたいです。ホントにグレーが多い、おそらく限定回帰な気分で「ネイビーのボトムでアウターを黒かオリーブにした場合のインナーは?」という思考回路になってるのだと思います。でも、ホントにグレーニットはカッコイイ、落ち着きも軽快さも表現できますし。

なんて思って今日の自分を見たら、、、





dsc_0778
無意識でした。。。

オチがついたところで本日はこれまで、、、、笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日の1枚、





DSC_2688 ネイビーのワントーンです。

ニット INVERALLAN Lumber Cardigan ¥5,5000+tax

シャツ eight days a weac. CASUAL DRESS SHIRT ¥16,000+tax

パンツ alkphenix shu pants ¥24,000+tax

靴 私物


ヨーロッバではネイビーワントーンがキテるらしいです、個人的には年中そうなので嬉しいです(笑)

シンプルコーディネイト、洒落感アリでしょ?結構簡単だし。

ワントーンはおすすめですよ。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日の商品、一生モノって表現で大丈夫なんじゃないかと。「長く使える」はUNITでも使う表現なのですが、「一生モノ」ってのは本来あまり言いたくないのです、、どんな耐久性の高いモノを使ってても磨耗や劣化・壊れたりというのは当然の事ですので。

ですが、、本日ご紹介するようなローゲージニットなどは着るシーズンも限定されてますし靴のように負担が大きくない、かつシッカリ作り込まれてるので余計に長持ち。なので普通に着ていれば息子に渡せるくらい長持ちなワケです。

という事で、、フィッシャーマンセーターの代名詞的な、





DSC_0233 インバーアランの、





DSC_0239 ランバーカーディガンです。

発祥はアイルランドのアラン諸島、もはや説明不要ですね。カッコイイとか流行ってるとか、、そういうのを超えた存在。





DSC_0227 ローゲージカーディガンのお手本ですね。





DSC_0228 編み模様を見るとワクワクします、インバーアランお抱えのニッターさんが日々コツコツと手作業で編んでいる、その丁寧さが伝わってきます。





DSC_0232 ウッドボタンも年々味わい深くなることでしょう。





DSC_0218 うん・・・うんとしか言いようがありません。

手に取ると結構重量を感じるのですが、着るとそれほどなんです。長年作られてきた結果で最高のバランスになってるのだと思います。





DSC_0222 本日はこんな感じ、基本はネイビーのモノトーン。近いニュアンスでマフラーがグレー、靴は黒でしめてみました。

シャツ UNIT OXFORD B.D SHIRT ¥12,000+tax

パンツ Pt.Alfred 1stアーミーチノ ¥13,800+tax

ストール HILLTOP LUM WOOL STOLE ¥12,000+tax

ブーツ 私物

モノトーンは1つ1つの質感がわかりやすくなります、上質さはUNITにあるモノたちの得意なところ。




インバーアラン・・イイです、改めて。ボクも久しぶりに引っ張り出して着てみようと思います。

みなさんも是非。





DSC_0238 INVERALLAN Lumber Cardigan ¥5,5000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

今回は、先日入荷のご案内をしたままのibexのブルゾンを。





DSC_0587 アイベックスは創業役20年、化繊のフリースの勃興期にわざわざメリノウールに着眼してスタートしたブランド。理由はもちろん機能的だから、そういう事です。

汗冷えしにくい・外気との関係性が良好なので冬暖かく夏涼しい・臭いに強い・成分分解するetc..、そのウールにベーシックで機能的なデザインを乗せる事により長く付き合えるアウトドアウェアが出来る、というワケですね。

石油系・毛糸・綿・麻、その素材を見極めると1年間快適に過ごせますよね。

という事で、アイベックスのブルゾン、





DSC_0098DSC_0100 コレですね、Scout Jura FullZipです。





DSC_0596 ニュージーランド産のメリノウールなめらかな肌触り、静電気も起きにくく・耐久性もしっかり。





DSC_0588 本当にベーシック、どこへ出しても恥ずかしくないくらいベーシック。





DSC_0597 そしてアクティビティの道具です、こういうところは抜け目なくしっかり機能に即した縫製を。





DSC_0599 ストレスのないジッパーです。





DSC_0584 安定のルックスですね、クライミングパンツと合わせればアウトドアウェアらしく見えるでしょうし・デニムやチノと合わせれば街着ですんなり。カーゴパンツだとどちらも、そんな感じがします。





DSC_0585 こうやって着ると、なかなかいい感じ。

そしてついでに昨日の続きで色を絞ってシンプルコーディネイト、今日はズボン以外真っ黒。結構簡単・楽々。こうなるとアウターの色はなんでも良くなるので更に楽々、でも洒落て見える・・らくらく(笑)

パンツ MARINEDAY D-TROUSER ¥12,800+tax

靴 ARROW FOOTWEAR BLOGUE ¥42,800+tax


こういう組み立てをスポーツウェアで出来るって面白くないですか?


長い付き合いが出来る1着だと思います。





DSC_0603 ibex Scout Jura Full Zip ¥25,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×