UNIT

こんばんは。
クリスマスイブですね、若い頃は”ふっ、、クリスマスって、、”くらい冷めた目で見てたというかヒネくれてたというか、、。仏教教学のジャンルを勉強してましたので、キリストの降誕祭より釈迦の降誕会をしなさいよ、なんて風にも思っておりました笑。
小学生くらいまではケーキとプレゼントくらいはしてもらってた記憶が残っているのですが、中学生の頃には無かったことになってました笑。世間でやってることなので、幼年期には一応経験させとくか程度のことを、両親も思ってたのでしょうね。 逆に高校はプロテスタント系だったので、クリスマス礼拝が丸一日、寒い礼拝堂で長いお話を我慢する日でした。庭のデコレーションは綺麗だったな〜、女子の担当者たちがキャッキャいってるのを、裸足で竹刀抱えて通り過ぎながら眺めてました笑。
大学時代はバイト漬けで記憶無し。仕事してからはプレゼント商戦で稼ぎ時、部下は毎年交代でそれぞれの彼氏彼女とデートさせて、ボクは日頃よりも店頭に。
そして45歳のクリスマスイブは、何故か外国人観光客の”Where is the garden palace?”の案内を3つ片付けたところです、今日の御所は何かあるのかな?

UNITはご自分のものを探しにお見えのお客様が多いので、メーカーやウィメンズをやってた頃よりそういう需要はのんびりモード。
ということで本日もJackmanから自分の下半分に良さそうなモノをご紹介です、もちろんプレゼントにしてくださっても問題ございませんが笑






Jackman Jersey Trousers
ジャックマンの得意なところ、ジャージー素材で作るキレイ目なパンツです。このシリーズのパンツは、必ずといって良いほどご試着→ご購入という流れです。はいた時のキレイさとはき心地の楽さのギャップが、みなさんを笑顔にさせます。






テーパードの効いたすっきりしたシルエット、スニーカーにも革靴にも合わせやすいすそ幅です。






“トラウザー”ですので帯とベルトループをしっかり。






とはいえ楽な方向のパンツですので後ろはゴム入り、ノーベルトでもはける仕様になってます。






後ろも玉縁のポケットで上品な仕上がり。






ということでとりあえずはいてみました、シャツに薄めのニットという組み合わせ、落ち着いた雰囲気に仕上がるでしょ?






そして素材がコレ、柔らかく・軽く・暖かく・シワになりにくいの三拍子揃った中綿キルティングジャージー素材。ということは、、






以前ご紹介のJackman Jersey Vestとアンサンブルで着られます、このベストをご紹介した折にもボタンダウン+ニットと合わせるのをオススメしました。その実践な訳ですが、このパンツと合わせると、中に着るものはカットソーだけでもまとまった雰囲気になるので上品に仕上がります。着心地楽々で大人顔って、とても重宝するでしょ?






そしてそのままコートを着て、モノトーンコーディネイトの完成です。グレーベースのモノトーンってほんと落ち着いてて心地良いです。

年末年始のお出かけ、食べたり・あぐらや正座・出たり入ったりですよね。キレイで楽なパンツはバッチリですよ。






Jackman Jersey Trousers ¥17,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日もJackmanの中からご紹介です。






Jackman Quilt Owners Cardigan
Vネックのシンプルなスタイルなんですが、結構色々詰まってます。何と言いますか、、、大好き笑






まずは生地。
軽量で保温性に優れたフリースっぽい立ち位置の素材、エアリーな素材感ですので体温をしっかりキープしてくれそうです。ベースはコットンで、ポリエステルわたを糸状にしたものを特殊な編機でサンドした、独特な素材ということです。乾きも早そうで、洗濯物が乾きにくいこの時期には良さそうです。






スウェットシャツ+カーディガンという雰囲気、まあそのまま言ってるだけですが笑、、でもそのバランスがちょうど良いのです。






秋の程よいVネック、ドットボタンがアウターっぽくも見せてますので、春にブルゾンとしても使いやすいです。






リブは柔らかいものを。






ポケットもしっかりついてます。






そして隠れた特徴。肩を外側につけてますので、切り替えのないフラットなイメージになってます。






しかし後ろはラグランに、いわゆるスプリットラグランの変化形という感じ。元々伸縮性の高い生地を使用してますので動きやすいわけですが、裁断も気遣いをすることで更に向上。こういうギミックはグッときますよね。






こんな感じです、無駄のない洗練された雰囲気。
今日は白〜黒のグラデーションで、こういうまとめ方をした時にこのスウェットの程よいギミックかんが力を発揮するような。






襟元すっきりなのでストールを使いやすいですね、そういう意味でもミドルレイヤーとしてとても優秀。春まで見越すと息の長い羽織モノということになります。

あまり物言わないタイプなのですが、これは重宝すると思います。
こういう他でありそうでない感じのモノ、ちょうどその隙間をつくあたりはJackmanの守備範囲の広さを感じます。

こういうの欲しいなあ〜って、シンプルに思うタイプの商品です。






Jackman Quilt Owners Cardigan ¥18,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はコートです。








Jackman Spectator Coat
昨年も足の早かった品番です、今年も変わらず・・・と言いそうなところですが、新しい雰囲気ですよ。






デザインは不変、しかしながら生地が大きく変わりました。今年はパラフィンコットンです、より無骨と言いますか男っぽいイメージに。エイジングにも期待が持てます。






野球観戦の時に着るコートをイメージした防寒性の高い作りのコートということですが、ダブルのコートでワックスコットンというのは、やはりミリタリーな空気感が漂ってます。






襟はショールカラーからそのままフードになっているデザインです、ちょっとラグジュアリーなニュアンスもありますよね。






ハンドウォーマーとフラップポケット、ポケットは2層なので使い勝手も良くデザイン的にもボリュームアップされててフードに続いてアイコン的な役目も。






フラップ側は持ち出しありなので機能面でも安心なのです、コレのおかげでフラップの立体感も出ますので、モノ言わずともしっかり仕事をしてくれている重要なポイント。






裏地はボリュームが出過ぎない適量の中綿を仕込んだキルティングに、フロントもダブルなので防寒性もしっかり。パンパンに中綿を入れてませんのでインナーのボリュームが大きくても大丈夫です、このくらいが汎用性が高く便利ですよね。








こんな感じです。ゆとりのある身頃なのですが流行りに迎合しすぎない適度なルーズさ、こういうバランス感覚の良さがジャックマンの素晴らしいところ。長年着られるのは嬉しいです。






ショールカラーなのでストールとの相性が抜群です、軽快なのですが大人の着こなしが出来ます。

今日はスウェットパンツなのですが、ウールスラックスと合わせてシックに・カーゴパンツと合わせてミリタリーに・デニムとシャツ+ニットでプレッピーに、もちろんコーディネイトの幅が広いわけです。

トレンチとマウンテンパーカーの良いとこどりをしたようなコート、こういうと分かりやすいかもしれませんね。こう聞くとなるほどって思いません?笑

上品で軽快に使えるコートです、今から4月まで優に着られます、大活躍。

もちろんお早めにです。






Jackman Spectator Coat ¥35,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ど真ん中の建礼門あたりから快晴に映える大文字を臨み、眼下には陸上部のランニング。
今朝はなんとなく自宅から歩いて出勤、10キロ弱くらいでしょうか。途中御所を斜めに進んでちょっと短縮化を、京都は中心部以外も比較的碁盤の目なので、斜めに動くことが殆どありません、だだっ広い御所だけが植え込みなんかを使って斜めに進めます笑。






歩くと日頃考えていない事も頭に浮かんだり。それほど毎日時間に追われてるわけではないのですが、そんなボクでもやはり現代人なのでしょうね。
歩いて1時間の距離を自転車で20分で、自転車で1時間の距離を自動車で25分で。そうやって短くして効率化を図る毎日ですが、角度を変えると例えば、、そんな自動車も新幹線で移動する距離を行けば結構たっぷり時間を使いますし、峠を越えて美山まで自転車で行けばちょっとした旅、今朝のように毎日通っている道でも歩けばなんだか日常を少し宙に浮かべたような楽しみに。
時間と速度の関わりって不思議ですね。って、、、量子力学みたいな話になってきました笑
でもこの写真の砂利を見て思ったのですが、御所に砂利がひかれたのは明治以降らしいのですが、整備職員の方が足したりしつつ今に至るわけで、ひょっとしたら踏みつけてる砂利の中に100年物の古株があるのかも知れません。

ということを思った今朝は、ちょっと得したのかなあと、しっかりおっさんになった自分を感じながら本日の商品のご紹介です笑








Jackman GG Sweat Wrapneck
前回入荷のお知らせをした中から、まずはこちら。






ジャックマンオリジナルの凹凸感のある裏起毛スウェットです。
“スウェットといえば”というディティールを惜しみなくつぎ込んだデザインです。普通のアメカジにとどまらない雰囲気を纏った仕上がりでビンテージを知り尽くした世代には共感が持て、若い世代にはワンランク上の質感を体験できる素晴らしい素材。伸びの少ない復元力の高いニットなので信頼性抜群です。






それをスタイリッシュなラップネックに仕上げました。






全体的には少し余裕のあるシルエット、この辺りは今の空気を取り込みつつ流行りに振り回されていない絶妙さが垣間見られます。






そして個人的に好きなポイントがリブ。袖口はもちろんなのですが、リブを使いつつサイドスリットのデザインにしてます。そうそうこれこれ!!と個人的には諸手を挙げて喜びたい気分。リブがある感じは欲しいけどズリ上がるのは嫌だし・普通のスリットのデザインほどストンと落ちて欲しくない。そんな気分ってないです?、コレは全部盛りです笑






こんな具合。
デザイン的にも特徴がありつつ定番のスウェットの空気感も底辺から湧き上がるような、本当に絶妙。






ストールの代わりにもなりますので、機能的にも嬉しいデザイン。タートルの締め付けが嫌だけど襟元にボリュームが欲しい、そんな方にもバッチリじゃないでしょうか?、かく言うボクもそうなのですが笑
手ぶらで出かけたいので付け外しストールは持ちたくないなあ、、なんて時に着たいです。ラフなのに上品なクセ付けがしてるような気分です。

いや、良い出来です、真っ当に褒めすぎてるような気分もしてきましたが笑、自ずとそう言わせるスウェットだということですね。

ぜひどうぞ。






Jackman GG Sweat Wrapneck ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

通販先行セール開催中です、店頭でもご対応させていただきます!

こんばんは。

ちょっと慌ててアップします。
配送の時間が遅かったり・雨だったり、、わかりにくい写真になってしまってますが、とりあえず入荷のご案内です。






Jackman Jersey Trousers ¥17,000+tax
昨日ご紹介したベストと同素材のパンツです、暖かくて楽々でユルすぎないデザイン、嬉しいパンツです。もちろんベストと一緒にはくと格好良いワケです。






Jackman Quilt Owners Cardigan ¥18,000+tax
フリースのような保温性能を持つスウェットを使用したカーディガンです。この手のミドルレイヤーが使いやすいのはUNITにお越しの皆様でしたら説明不要ですよね、中間着としてこの時期に力を発揮しつつ春まで視野に入れられます。








Jackman GG Sweat Wrapneck ¥15,000+tax
ジャックマン定番の優秀なGGスウェット、コレを少しゆったりシルエットで襟元に意匠を。タートルの変化系として保温性の面からも嬉しい1着ですね。








Jackman Spectator Coat ¥35,000+tax
真打登場という面持ちですね、バッチリ格好良いダブルのフード付きコート。昨日は大人になったので多少我慢できるようになったっぽいことを言ってましたが、、、コレホシイ笑
ワックスコットンというのは何故こんなに魅力的なのでしょうね、防寒的にもワタの入り具合が絶妙。

かなりの駆け足ですが、一応通販ページにもアップ済みなのでセール共々よろしくお願い申し上げます。

イイものは早い者勝ちなので後油断のないように。。。

定休日開けに詳細ご紹介します〜!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

通販先行セール開催中です、店頭でもご対応させていただきます!

こんばんは。
先日Jackmanさんのイケメンな担当さん(ホントにとても男前)と電話で話してまして、コレやっぱ良いですよね〜となったのが本日の商品。








Jackman Jersey Vestです。
ボクももう40半ば、好きな洋服を自分が着たいというよりも皆様にオススメしたいという気持ちの方が優ってきてますので、毎シーズン良いモノを見て店頭在庫の状況を鑑みて自分の欲求をほったらかすなんてのは簡単に出来るようになってきてるのですが笑、内心で”残ったら良いのに・・・”と思うモノもそれなりにあります。このベストはまさにソレです。






柔らかく・軽く・暖かく・シワになりにくい中綿キルティングジャージー素材、コレが良いのです。担当さん曰く”展示会で行った真冬のニューヨークではコレに助けられた”と、見た目以上に暖かいというのを実証済み。
ベストって適度な保温をするのに本当に有用、体幹の温度をしっかりキープしつつ腕の自由度が高いので窮屈にならない。ん?今日って寒くなる??という時、保険でバッグに忍ばせるのにも圧迫感が少ない。

もちろんスタイリング的見地に立っても、ベストは洒落感アップの有能なアイテムです。






クルーネックなので中に着るものを選びません、よっぽどのことがない限り合わせにくいと感じないと思います。

ということでサンプル的な感覚で以下ご覧ください。






まずカットソーやスウェット、Jackmanはスウェットに強いブランドですのでもちろん抜群の相性。なんと言いますか、カットソーのラフさをコントロールしてくれるのでとても良い、ベストも柔らかいのでカットソーだけのラフな着心地はそのまま。






シャツだとこんな感じ。邪魔しないボリューム感ですし足りなくもない、このうえにJKTを着るのもやぶさかではない。






色を効かせて。素材やボトムとの色バランスの組み立て次第で楽しみ方も豊富。






そのままアウターを着た状態の襟元、ワンポイントになるでしょ?






逆にベストとシャツの間にクルーネックのシェットランドニットを。こういう着方がUNITの代表的なオススメコーディネイトですね。ニットまでは脱ぎませんよね、気温や日当たり・風のキツさなんかでアウターとベストのどちらかor両方で防寒をコントロールすると過ごしやすいワケです。

最後に念押し、本当に暖かいですよコレは。

年の瀬くらいからまたグッと冷えますよね、防寒&着回しを一気に手に入れてくださいませ笑






Jackman Jersey Vest ¥14,000tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

日を追う毎に寒さが進んでますね。これからもっと来ますよね、それを踏まえてUNITはまだエアコン点けてません。外から来る皆さんは上着のままなので今のところ何も言われませんし、まあ良いでしょ、ボクの保温スケジュールでいかせていただきます笑

そんな時期にうってつけなJKT?ブルゾン??を本日はご紹介しようと思います。






Jackman BB Shirt JK
カッコ良いですよね〜、スタンドネックのワークスタイルのJKTです。大人の矜持を保った普段着と言う佇まい。






生地の風合いがなんとも言えません。
ウール・ポリエステル・ナイロン・アクリル・リネンの5種類糸をブレンドした独特のしっとり感ある風合いが特長の生地、落ち着いた雰囲気で毎日袖を通してしまいそうな具合。






程よいゆとり感のある身頃と、こちらも程よい太さのアームホール。ゆったり感はあるけど緩くはない、それくらいの気分が我々には丁度良いですよね。






クルーでもタートルでも、もちろんシャツもこなせるスタンドネック。上にコートを着るのにも邪魔しないですし、全体の表情もスッキリまとまります。






そこにプリーツをつけた大ぶりなポケット、かといって邪魔にならないギミックも嬉しいです。






サイドスリットで表情もヨシ。袖口もいっこ折ってニュアンスを付けて着ても良さそうです。






ドットボタンで開閉もスムーズ、すっきり見える要因でもありますね。






合わせを少し多めに取ってますので、トップボタンを閉じずに着る時・ボタン全開できる時もちょっと上質感がアップして良いです。保温性にも好影響だと思います。
1900年初頭のスタンドカラーユニフォームがデザインソースらしいのですが、100年前のスポーツウェアは洒落てます。ミリタリーにしてもワークにしても、理に適ったデザインだからこそ今でも飽きずに着られるのでしょうね。






ね?深めで良いでしょ?
すっきりしてるけど物足りなさがない雰囲気です、パンツの太さ・デザイン問わず合わせられそうですよ。






全部開けてこんな感じ。インナーを同系色にするともっとシックにまとまります、今日は巻いてませんが・・ストールとの相性も良いJKTです。






そしてコートの中に着るとこんな具合。ちなみに本日は、
コート:ARAN SWD PARKA ¥42,000+tax
カットソー:BETTER MID WEIGHT CREW L/S T-SHIRT ¥ 5,500+tax
パンツ:ARAN FATIGUE-46 CORD ¥17,000+tax
というパターンです。ボクはこれで毎日でも平気笑
モノトーンコーディネイトで、それぞれの素材感が良い仕事をしている感じです。もっと寒くなったらJKTとロンTの間にハイゲージニットを足せばバッチリ。あ、それとSTELLA ROSAのストールで襟元と前身頃を温めて。長いストールはもう1まい服を着るのと同じ働きをしてくれるので助かります、ボクも今週から綿入りベストと合わせてます。腕はまだ傍観してませんが笑、それでも問題ないくらいストールっていうのは働き者なのです。

12月目前、トータルコーディネイトをオススメできるのは冬らしくて楽しいです。

その要になりそうな本日のJKT、ぜひ着てください。






Jackman BB Shirt JK ¥22,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。



賀茂川も秋の色です、ここから一気に冬の色にというのが例年の流れ。

まあ、そりゃ寒くなりますよね。毎年12月くらいは”あ〜寒いねえ、、”くらいのまだまだ寒いことが新鮮な感じなのですが、1月に入ると”んんっ、、、さむ、、、、”となり、2月には”ぐぐぐぐ、、、ざ・・ぶ・・・”みたいな感じで、4月くらいまでもう勘弁してよ〜という具合笑
この時期から春先までビシっと使えるアウターとして前回ARAN HOODED COATをご紹介しましたが、この先にメインで活躍してくれそうなアウターとして、










ARAN SWD PARKAが。
2年前から登場した、新定番的な存在です。






スウェーデン軍のアーミーパーカをモデファイしたこのコート、たっぷりしたデザインながらスッキリもしている、なんともカッコイイ大人のミリタリーコートです。







デザインもさることながら素材の風合いが印象を作り上げていると思います。60/40のコットンナイロングログランなのですが塩縮加工を施したことによって、目が詰まって・光沢が少し抜け・生地にアタリが出ている、なのでサープラス的な匂いが増してます。素材としては前回のHOODED COATと同じなのですが、目が詰まった分コチラの方がさらに防風性も向上している様な気もします(そう言いながら真冬になっても両方とも着てるのですが笑)。洗濯も容易です、ボクはオシャレ着洗いで普通に水洗いしてます。






大振りのフード、前立てにも余裕がありますのでマフラーを巻きやすかったりも。






フードの形状が納まりの良いハギを多くとったデザイン、かぶる時もそうじゃない時も良い形。






スウェーデン軍パーカの特徴的なフロントポケットはそのままのイメージで、上部はハンドウォーマー仕様ですのでポケットが2段階になっており便利。






カフスもしっかり、グローブを着けたままでも使いやすいサイズ。






もちろんダブルジップ、引きの軽いナイロンジッパーなのでロング丈でも使い心地が損なわれませんね。






裏地は身頃に耐久性の高いコットンナイロンのムラ糸オックス、袖はすべりの良いキュプラ、安心です。






内ポケは1つ、十分ですよね。ウェストにはドローコードが仕込まれてますので保温性を上げたい時はキュッと。






襟裏にループがあるのでお出掛け先で脱いだ時も便利です。






男性が好む王道を行ってますよね、ミリタリー感・大人らしさ・使い勝手(メンテナンス性も)、本当にバランスの良いデザインです。スーツの時にも使えますよ。
ARAN BELT PT-2REPRODUCTION OF FOUND CZECHO MILITARY BOOTSを合わせてます、モノトーンでこれまた王道な仕上がり。






ちょっと前にアップしたコーディネイト、comm.arch. Hand Framed Saddle B.BARAN F.L PT-2です、今年のUNITの気分です。






こんな感じも、comm.arch. Hand Framed Saddle B.Bの焦茶とJackman GG Sweat TrousersREPRODUCTION OF FOUND GERMAN TRAINER MIDでちょっとスポーティ。軽快さもあって、この感じも皆さんお好きじゃないでしょうか?

ざっくりしたニュアンスもありつつスッキリしていて、ミリタリーだけどアウトドア感もあって大人が着やすい落ち着きも、中にざっくりニットを着込む余裕もありますので今からバッチリ。

冬本番も目前です、ご準備くださいませ。






ARAN SWD PARKA ¥42,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

グッと冷え込みましたね〜、日替わりで寒暖差が出るなんて天気予報でしたが、、皆さまお風邪召したりなどお気をつけくださいませ。

そんな時にカバンに忍ばせておくと”良かった〜”ってなりそうなのが本日のご紹介。








Jackman Jersey Vest
もう1枚に最適なのがこのようなベスト、ロンTの上にも・シャツの上にも・ニットだって、なんでもバッチリ合わせられます。コーディネイトのワンポイントにも有用ですしね。






柔らかく、軽く、暖かく、シワになりにくい中綿キルティングジャージー素材を使用したベスト。保温性に優れた素材ですので、インナーダウン代わりにレイヤードしても遜色ありません。ワッフルコーンっぽい編み立ても良いですよね、生地目の柄は適度な表情がつけられて良いのです。
ワッフルコーンって書いて、もえろバッカルコーンを思い出しました。これって関西ローカルだけなのでしょうか?笑、最初あんまりだな〜と思ったのですが、見てると結構気に入った記憶が笑

すみません、もといです。






なんと言いますか、ほんと丁度良いシルエット。伸縮性があるので着心地も楽ですし、中に着る分量も様々対応してくれます。






クルーネックのベストは、インナーの襟の種類を選ばないので素敵ですよね。






大きめのポケットも全体の引き締め効果に一役買ってます。






マット仕上げのドットボタン、ラフ〜落ち着いたカジュアルまで対応してくれます。






ロンT+ニットの上からでこんな感じです、モコモコしないし・窮屈でもない、本当に絶妙なバランスだと思います。
そして合わせております商品、先日”今年の基本形です“なんて投稿をしましたが、こちらは毎年の基本形的なニュアンスです↓







・ニットはcomm.arch. Hand Framed Saddle B.B
・中のカットソーがBETTER MID WEIGHT CREW L/S T-SHIRT
・パンツにARAN DENIM TROUSER-1
という組み合わせ。ベーシックで上質、黒靴と合わせるとシックでしょ?、ひねくれた言い方をすれば・・・誰にも不快感を与えず・身だしなみの気遣いも見えつつ・デニムで襟無しなので窮屈さもないコーディネイト笑






そしてARAN HOODED COAT、大人のモッズコート。UNITの10年間のうち半分以上の冬でオススメし続けているコートです。JKTの上だって似合うし・スウェットパンツにスニーカー・ワークスタイルやアウトドアなアプローチだって、それをサラリとまとめてくれる寡黙で有能なコートです。

そんな基本形コーディネイトに、






本日のJackman Jersey VestとSTELLA ROSAのストールを追加すれば真冬もバッチリです、あまり見えてませんが・・・今日は靴下をブラウンにしたのでストールもブラウンにしてみました。こういうチラリ遊びが男性ファッションの楽しさですよね。

なんだか自画自賛っぽくなってしまってますが笑、こういう感じのコーディネイト、UNITは頑なにオススメし続けてます。

重ね着の良さって色々あります、そういう意味では重ね着の象徴的なポジションにありますベストの活用が重ね着を制するかも知れませんね。

ベスト、楽しみましょう。






Jackman Jersey vest ¥14,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は2つご紹介です。
見るからに暖か〜いモノも勿論なのですが、それを活かすモノも大切。本日はコートやニットなど冬のコーディネイトに使いやすいシャツとパンツをご紹介しようと思います。

まずはシャツ、






ARAN POBC VIYELLA TYPE
プルオーバーのバンドカラーで素材がビエラ、という品名ですね。これまでアランさんのシャツのなかでボタンダウンのプルオーバーをメインにオススメしてきましたが、今回は素材との相性が良かったのでバンドカラーをチョイスしました。






程良いゆとりのあるシルエット、いろんな太さのパンツに対応してくれますね。






あっさり目のバンドカラー、上品です。






片玉縁のポケット、これもヒトヒネリありつつ邪魔しない感じが良い。






素材はコットンビエラ。
余談になりますが、、ビエラは元々はイギリスの生地メーカーの商品名なのです。フランネル仕上げの生地に当てられたもので正式名はビエラフランネル、コットン×ウールの綾織を起毛させたものからスタートしました。
これはコットン100%、起毛の柔らかい素材で肌触りが良く、軽い着心地。なんと言いますか、ホッとする感じなのですよね。色んな形でこの生地のシャツ欲しいなあ、、ボタンダウンも作ってもらったら良かった。。。笑






こんな感じです、落ち着いた爽やかさです。大人らしさがありつつ軽快な印象も。ボトムのチョイスで表情を変えてくれる自在さがありそうです。


次はパンツ、






Jackman GG Sweat Trousers、スウェットパンツです。






独特の粗引き感のあるヘビーウェイトの生地を使用し、スウェットパンツによくある『ひざぬけ』も起こりにくくなっています。 裏面は起毛させておらず適度な厚みもある為、夏以外の3シーズン使えます。今回はチャコールを選びました、下半身に使うのに最も合わせやすい色だと思います。






ネーミング通り、トラックパンツタイプのスウェットパンツではなく、トラウザーなのでキレイ目な印象です。裾にかけてグッとテーパードを効かせてますのでスウェットのもったり感は皆無です。






小股も動きやすいギミックが。裾はスッキリなのですが腰回りは余裕なので、合わせて動きやすいデザインになってます。








トラウザースタイルなので勿論ベルトループもあります、横から後ろはゴム入りですのでベルト無しでも着用可能。








バックはこんな感じ、ポケットのデザインもはき心地の良さに繋がってます。






ラフに合わせてみました、上下スウェットでもパンツがしっかりしたデザインなのでユル過ぎないちょうど良いラフさ。






アランのPOBCとREPRODUCTION OF FOUND GERMAN TRAINER、中々の相性でしょ?






そのまま上にcomm.arch. Hand Framed Crew Neck P/Oを、クルーネックからちらっとのぞく襟の具合がいいです、気の利いた感じが伝わるような。






そしてアウターを追加、ARAN HOODED COATを。全体的に中間色的なもの重ねてますが、ぼやけずにまとまってますよね、それぞれの素材感やディティールの丁寧さ・バランスが良いからだと思います。

いや〜、良いです、我ながら良いパターンだと笑
頑張ってなくて・油断もなくて・楽で、素敵な組み合わせ、その匂いづけの基礎になってるのが今日ピックアップしたARANのシャツとJackmanのスウェットパンツ。

是非是非お試しくださいませ。






ARAN POBC VIYELLA TYPE ¥18,000+tax
通販ページはコチラ






Jackman GG Sweat Trousers ¥16,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×