UNIT

4/4satは松阪MondayMamaMarketで出店です!

こんばんは。


二条木屋町、一の舟入の桜は五分咲きといったところでしょうか。雨に濡れてしっとりした表情です。
桜を愛でる人も例年のようにはいかず、桜も寂しそうです。。。なんてセンチメントな感じになっておりましたら、、、待ちに待った商品が到着。

本日はFREDRIK PACKERSの新作のご紹介です。






FREDRIK PACKERS TAHO
ボクの言い回しからの予想と違うかも、なんてお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが笑、これは中々ですよ。パッカーズの、いわゆる”エコバッグ”がついに登場です。個人的にはエコバッグ以上の存在感、もうこのルックスだけで嬉しくなります。
一般的なエコバッグよりもツール感というか、ミリタリー&サープラスなニュアンスも漂ってますよね。いや、エコバッグというよりはパッカブルトートorパッカブルサコッシュというニュアンスかもしれません。






時計回りに、こんな感じでグイッとオープン。






時計回りに、幅を合わせて短冊にしてから三つ折り、そのまま袋をひっくり返せば元どおり。










良い雰囲気です、個人的にはメインのバッグとして使いたいくらい好みの佇まい。






素材は軽量で耐久性・速乾性に優れたTRILOBAL、表面にはシワ加工が施され光沢のある生地感です。この素材も武器です、ルックスの良さにもつながってます。高温の蒸気だからというのもありますが、撮影用にシワとりでスチームをあてたのですが、見る見る乾きました。






ショルダーとハンドルの2wayになってます、手抜かりなしです。








ディティールも同様、この手のバッグにはあまり見かけないインナーポケット付き、気が利いてるでしょ?






展開時、収納バッグはひっくり返った状態でハンドル下に固定されてます。これもしっかりトリミングされててモケモケも出ない、丁寧な仕事。






手提げ、






斜めがけ。








きゅっと一つ縛って、






ショルダーに。






急に荷物が増えた時、帰りに買い物をするとき。ボクも結構この状態のことが多いのですが、これからは楽しくなりそう。






ちなみに今日のUNITのinstagramに投稿した本日のボクなのですが(顔切るの忘れた、、笑)、この数年”ソフトミリタリー”なんてキーワードを耳にすることが多くなりました。特に女性はそういうミリタリーの取り入れ方が当たり前になりましたよね。まさにこのバッグはそんなニュアンス、女性男性共に使いやすいと思います。






こんな感じのアンサンブルでカバンの中に常備する、日常の中でちょっとした喜びに。

そこでタイトルのもう一つ。
コロナへの対応、本日から東京もグッと厳しいモノになりました、全国的にも影響しますよね。
かく言う京都も静まりかえってます、UNITもこんな時期だからこそ!と毎日ブログ更新してますが、とても寂しい毎日です。UNITでちょっとでも何か出来ることをと思いまして、、

4月末までは通販の商品を全て送料無料にします。

通常1万円以上は無料でお送りしておりますが、1万円未満のご注文も全て無料にします。


なので、本日のTAHOのみのご注文もお気軽にお願いします。
生活必需品のお買い物は外せないですし、そんな時に新しいエコバッグで少しでも新鮮な気分を味わっていただければと思います。
是非是非ご利用お待ちしております!!

そのついでにUNITにも元気をください…ご注文で頑張れます笑。


それではまた明日です!!






FREDRIK PACKERS TAHO ¥3,700+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

春の初めって何故か軽快系のバッグの需要が高まるような、毎年そう思います。
最早市民権を得た”サコッシュ”というニュアンスの小型バッグですね、数年前までミニショルダーとかポーチなんて言ってた物も皆、サコッシュに乗換完了した様子笑。いやらしく”サコッシュ”の正体を暴いてしまいますと、、

サコッシュとは、仏語でsacoche=英語でsuck=日本語で袋、以上です笑。ついでに、サコッシュ≒サッチェルですね。

最近通念化した”サコッシュ”は、自転車ロードレースで、監督の乗ってる車にある水やエナジーの補給をするのに、1人のライダーがチーム分を抱えて往復する、その時に使っていた簡易バッグ。用が済んだサコッシュは道端にポイするのですが、それをファンが拾うわけです、ファンサービスにつながる。実際はそのバッグのことは元々”ミュゼットバッグ”と呼んでいました。その”ミュゼット”、これはバグパイプに似た楽器のことで、それに似た形状だからミュセットバッグが生まれました。
そんなミュゼットバッグがいつしかサコッシュに変化して今に至ります。例えると、、、友達の家で、「そこのコンビニ行くからビーチサンダル借りるね〜。」というところを、「セッタ貸して〜」と言ってる、そんな感じでしょうか。
あ、、スリッパ的な意味合いでセッタ(雪駄)を使うのは、関西限定なのでしょうか。。。笑

そのサコッシュ、皆さんご存知のように、四角の平たい袋に簡易なショルダーベルト(紐)が付けられたモノ。これをデザインソースにしたミニマルなミニショルダーが、ノームコアからのシンプルなライフスタイルや、カードメインになった小さな財布とスマホだけを持ちたい最近の流れにぴったりフィットした結果、、ドン!。ネーミングが変ると新鮮に感じるので、マーケティングの波に乗っかって更にドンっ!!

だいたいこんな感じ、ロードレースで使用された〜なんて文言を散見しますが、要は小袋のこと。なんて揶揄しつつ、、当初頑なに”小型ショルダー”言ってたボクですが、時代の流れに逆らえず、、、私のような木っ葉は時流に飲まれるばかりです笑。

ということでサコッシュ、大きい声でサコッシュ!ですが笑、もちろんフレドリックパッカーズの得意分野ですよね。自転車用のバックパックからスタートしたブランドですから、サコッシュに適するデザインのノウハウがない訳が無い。

本日ご紹介する420D UTILITY SACKはサコッシュ然とした姿ながら、バッグとしてしっかりしたディティールを兼ね備えた、このジャンルの中では頭ひとつ抜けた存在だと思います。カバンとしての満足度の高い存在です。






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SACK sizeS






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SACK sizeM






今頃はこんな具合、アウターの中に仕込んで。アウターと色を揃えるのも素敵でしょ?







夏もこんなふうに、前掛けしやすいので背中が暑く無いですし、年間通してよく使うモノに素早くアクセスできます。
フィットして邪魔にならないので、体から離さず使えるというのも利点、忘れ物もしなくて済みます。






素材は420でニールのパッククロスナイロン。






シンプルな中にギミック感を蓄えたルックスですね。






特徴のショルダーベルト、調整も楽々です。






内側(体側)と真ん中はスリット、






表側はジッパーです。






ペタンコに見えるのですがマチがしっかりなので意外な容量を飲み込みます、財布程度の見た目なのに。








マチを活かしてコレくらい入ります。








sizeMに財布を長くしてハンカチをプラスしてこんな感じ、それでもsizeSよりやはりまだ余裕あり。








ピタッと体に沿わせればブラブラ邪魔になりませんので、自転車で散歩なんて時にも前に掛けやすくて嬉しいのです(もちろん後ろに掛けても良いですよ)。






ここから、






ピューっと伸ばして、






スッとアクセス。縮める時もこの逆で楽々。


パッカーズらしいギミック感とインプルさの同居した、満足度の高い小袋です、サコッシュです笑。
バックパックやトートや、大型ショルダーやキャリーケース等を使う旅行にも、併用しやすいのも特徴。バッグインバッグで、親のカバンを置いて動く時にも。

良いサコッシュです。






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SACK sizeS ¥4,200+tax
通販ページはコチラ






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SACK sizeM ¥4,600+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。


このところはっきりしないお天気が続いてましたので、雲がありながらでも晴れ!と言えるのは久々な気がします、カラスがヒョイっと映り込むのも許せてしまいます笑
昼間にみたカラスですが、なんだかふと明烏を連想してしまいました。浄瑠璃で生まれた後、落語の代表的な演目になったお話で、ご存知の方も多いかと思います。艶笑噺の中でも1,2を争う有名なネタですが、好みの落語家さんの型には少ない演目なのであまり見ないのですが、ちょっとさらってみようかな。
こんな感じの郭話や、不倫やお忍び・逃亡中、そんな昔の話を見聞きしてると、袂で顔を隠したり・ほっかむりで手拭いを結んだり歯で噛んだり、そうやって人目を忍ぶシーンが多い。民族的な習性として人との接触を避けたい場合、日本人は口元を隠したがり西洋人は目を隠すそうです。確かに外国人の方がサングラスを常用しますよね、一昔前の日本だと失礼だと言われそうな笑






そんな日本人の大好きなマスクが例の話で売り切れて、その余波がトイレットペーパーやティッシュペーパーにも及んでいるとニュースで散見する中、昨夜無くなり買いにいったらこの有様、オイルショックならぬコロナショック笑

こんなご時世ではありますが、遊びにきてくださいませね。いつもよりゆっくりお話し出来ますし、どこ行くにしてもややこしそうですし。こう言う時はおっさんが1人でやってる洋服屋も安全ですよ笑笑

本日はフレドリックパッカーズのバックパックをご紹介です。
先日、トスカーナ料理の名店”イル・カントデルマッジョ“のT氏もこれを気に入ってくれました(リアルなイタリア料理、本当に美味しいので是非!)。
T氏とは同い年のジレンマを、焼酎の愚痴割りで流し込む仲なのですが笑、そんな我々世代のおじさん達にも、女性や若者にも、毎日でも休日でも使い勝手の良いオススメの品番です。










FREDRIK PACKERS EXPEDITION PACK






420デニールの軽量でスムースなナイロンオックス素材。ツルツル素材で摩擦が少ないので洋服を痛めませんし、ラフな印象も少ないのでレザーシューズを履くようなコーディネイトにも使えます。もちろん強度も問題ございません、薄すぎない安心感のある素材です。






フロントパネルで大きく斜めにカットされたポケット、ガバッと開いてたっぷり入ります。






プルタブがついてますので開閉も容易。






それぞれの配色に合うコードが付いてます、ちょっとアクティブな感じがイイでしょ。






メインボックスが18L、ポケットもコレだけマチを取ってますので合わせて20L強は入るかと。でもスッキリしてぽってり見えないのがパッカーズの良さ。








中にポケットがありますので、すぐに出したいものはココへ。底に溜まってゴソゴソしなきゃ〜ってことにはなりません。






メインボックス背面側にもポケットが付いてますノートや平面のものを入れると安定して使いやすそうです。






メインボックスのジッパーにはD環付きのタブ、必要であれば何かぶら下げてもOK。






ショルダーハーネスはパッド入り、ちょうど良いボリューム感。






底にループがあしらってあります。デザイン的な意匠ですが、実際使うことも可能ですから、荷物が増えやすい方はヒモを容易しておいても良いかも知れません。






前述のT氏とも話してたのですが、40前後あたりから身に付ける物に黒を選びがちで。それが最近違う色にしたいなあという欲求が、ということで個人的にはこのベージュ。 そんなことを言いながらキッチリ黒を着ているのですが笑、ベージュとブラックのコンビネーションって良いですよね。ベージュ自体が親和性の高い色ですので、バックパックで選ぶ色としてもオススメです。

均整のとれたデザインです。スポーティでもあり・都会的でもあり・しっかりアウトドアの空気感も踏襲してたり。

本当に、絶妙なバランス感を持ったバックパックです!






FREDRIK PACKERS EXPEDITION PACK ¥11,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

2/15土&16日は”MAKE A NOISE 展 by lifetime”です、ご来場お待ちしております。
こんばんは。

本日の商品、結構前からお店にもウェブショップにもあるのですが、ブログでのご紹介は初めてです。
厳密にいえば14ヶ月前に登場しているのですが、入荷のまとめのタイミング。お座成りにしていたつもりは無いのですが、、チョコチョコ売れていたりしながらずっとUNITのカバンコーナーを堅守してくれてましたので、ボクの中で消化されてしまってました。。。反省。

何故今のタイミングかと申しますと・・・シンプル、最近ずっとボクが気に入って使ってるから笑
ということで本日はコレ、








#10 DUCK DAILY TOTE sizeMです。
sizeLも取り扱いなのですが本日はsizeMが主役、というかソロでご紹介したいので。
正直に告白しますと、、、少しナメてました。こういう需要はきっとあるだろうし、ボクらよりもむしろ女性に合う商品なので自分では持たないし、、、扱うべき”商品”だけど、ボク自身の道具では無いなあ〜という感じで。

ところがどっこいです、ひょんなことから使ってみるとまあ使いやすい。。。






本体は、横幅31.3cm・高さ 36.0cm・マチ幅 2.5cm、いわゆるサコッシュと呼ばれるあたりよりも大きくて、いわゆる小型のショルダーバッグよりも小さい。とはいえ布1枚で作ってるので内側に余分な分厚さの無い分、見た目の雰囲気以上の容量なのです。






素材は10号帆布です、帆布の中では薄手の部類ですが、柔軟性があって使いやすいし何より軽い。極力パッキングを少なくしたい旅行の時のサブバッグとして忍ばせるのにも適していますね。プリントもサープラスっぽくて良いですよね。






そしてテープを使わず同じ生地のショルダーベルトにしてありますので、長さを調節するのに結びやすい。こういうところもシンプルイズベストです。






スナップボタンもしっかりしたサイズなのでピシッと使えます。






インナーのポケットは横幅21cm・高さ18.6cm、の長財布スッポリサイズ、これだけあれば鍵や財布等すぐ出すモノをキープしやすいです。

本当これ、毎日使うのに本当に絶妙なサイズなのです。








実際にボクが入れてるのがこんな感じです。
ちなみにオレンジには弁当箱が入ってます、それと一緒にコレだけ入ればバッチリですよね、エコバッグ的なパッカブルバッグを併用すれば急な買い物も対処できますし。

そしてボクがコレを重宝して居るポイントが、、






このサイズでハンドル付きであるということ。
このサイズ・この生地感のバッグでハンドル付きというのは少ないと思いますし、このサイズでハンドルがあるというのは本当に使いやすい。バスや電車の中でも扱いやすいですし、自転車の前カゴに入れるときや車の中で助手席や後部座席から引き寄せるのにも、有るのと無いのでは使い勝手が全く違います。

そしてボクの毎日の場合、






自転車のバッグに荷物を入れて移動しているのですが、パニアバッグ(自転車に固定するバッグ)に荷物を出し入れするのって、まあまあ面倒なんです。大きめのカバンだと引っ掛かりが多くなるのでジワジワ入れなきゃいけません。小型のショルダーバッグを入れる場合も、長いショルダーベルト(それがしっかりしたモノだと余計引っ掛ったり)やなんやかんやでもたつくと言えなくもない。






この#10 DUCK DAILY TOTEの場合、ベルトもペラペラ・メインボックスもシンプルで引っ掛かりがほとんどなく、ハンドルを持てば安定させて入れやすい。

ということで、パニア付きシティバイク愛好家の皆様にもオススメですよ、特にロールトップのパニアの口ってってワナワナするでしょ笑






ショルダーを短くしてこんな感じ、






ハンドル持ってこんな具合。

性別・年齢問わずバッチリな、デイリーで軽快でシンプルなトートです。

いや本当に、足元しっかり見なきゃと思いました。

とてもとてもオススメです!!!






#10 DUCK DAILY TOTE sizeM ¥3,200+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日今日と雨ですね、関東方面はかなり寒いようで、、急な寒暖の変化ですので風邪・インフルエンザ等お気をつけくださいませ。まあ、、ここまで暖かすぎなんですけどね。。。
とは言えまだまだ重衣料が手放せない、4月くらいまでは綿の無い冬用アウター等が必要ですよね。あ、重衣料って死語なんですかね・・・笑
そんな季節から暑い夏だって、バッチリ活躍してくれるのが本日ご紹介のバッグです。






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SACK sizeS






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SACK sizeM
いわゆるサコッシュと呼ばれる部類のミニショルダーですが、感覚的にはボディバッグと呼びたい存在。






今頃はこんな具合、アウターの中に仕込んで。








夏もこんなふうに、前掛けしやすいので背中が暑く無いですし、年間通してよく使うモノに素早くアクセスできます。
因みにパッカーズのI氏と飲んだ時、「コレ無いとダメっす、酔っぱらうと忘れ物するのでコレに全部入れて掛けたまま飲んでます。」と言ってました笑。確かに安心ですね。






素材は420でニールのパッククロスナイロン。






シンプルな中にギミック感を蓄えたルックスですね。






特徴のショルダーベルト、調整も楽々です。






内側(体側)と真ん中はスリット、






表側はジッパーです。






ペタンコに見えるのですがマチがしっかりなので意外な容量を飲み込みます、財布程度の見た目なのに。








マチを活かしてコレくらい入ります。








sizeMに財布を長くしてハンカチをプラスしてこんな感じ、それでもsizeSよりやはりまだ余裕あり。








ピタッと体に沿わせればブラブラ邪魔になりませんので、自転車で散歩なんて時にも前に掛けやすくて嬉しいのです(もちろん後ろに掛けても良いですよ)。






ここから、






ピューっと伸ばして、






スッとアクセス。縮める時もこの逆で楽々。

ボク、いつもA5サイズの雑誌を持ち歩くのでコッチを使ってばかりなのですが(10th限定もラスト1ずつありますよ、ボクは我慢してますが笑)、明日の定休日はコレ持って歩こうかな。

やはりパッカーズは持って嬉しいバッグを作ってくれます。






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SACK sizeS ¥4,200+tax
通販ページはコチラ






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SACK sizeM ¥4,600+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

前回はモノトーンコーディネイトのお話をしました際に、差し色のこともちょこっと触れました。
本日の商品、とても差します、グサッと差します笑






FREDRIK PACKERS SILVER RIP DAY PACK LIGHT
ね?鋭利な色をしてるでしょ??、とまあ冗談はさておき笑、クリスマスプレゼントにもバッチリな小型バックパックです。女性が持つとかわいいですよね。






素材はシルバーリップ、スペーシーな雰囲気がありつつリップストップの質感が道具感も出してて良いバランスです。






プレーンなデイパックのデザインです、使い勝手の良い王道スタイル。
幅目一杯のサイズでつけられたポケット、たっぷり入りますので全体はコンパクトですが収納力を補ってくれてます。








マットシルバーのタブがついたナイロンコイルジッパー、確実な動きで上品な雰囲気。






ウレタンパッドを仕込んだショルダーハーネスですので、背負い心地も良好。






ウエストベルトも付属です。






背面側に刺繍ブランドロゴを、これ見よがしではなく奥ゆかしいところが大人に優しいデイパックたる所以です。






モデルを頼める女性が来なかったので、おっさんが持ってて申し訳ないのですが笑、、女性にも男性にも良いサイズ感。しっかり主張をするのですが邪魔をしない感じ、トラッドなコーディネイトのハズしにも良さそうですし、スポーティなコーディネイトをちょっと引き上げるのにも。

なんて言ってますが、、ぜひ女性にプレゼントしていただきたいな〜笑

ディティール・素材・縫製はパッカーズなので安心、それをキャッチーな雰囲気で楽しめるのは嬉しいことです。

たまにはキラキラしたUNITのセレクトをぜひ笑






FREDRIK PACKERS SILVER RIP DAY PACK LIGHT ¥11,500+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日も前回に引き続きFREDRIK PACKERSのご紹介です。
そういえば今日の商品を見てて思い出したのですが、、、パッカーズのアトリエでI氏にUNITの別注なんかを頼む時に、「ねえねえ、自転車の荷台に固定できて、降りた時に背負って歩けるようなの作ろうよ〜。」なんて話を持ちかけた時に、「いや、ウチは背負って乗るのがコンセプトなんで。」と即却下されました笑笑。
でもブレないって大切ですね。

実際ボクも本日のカバンは、例えば・・・自転車で京都駅まで行って、そこから電車で大阪行脚する、そんな時によく使うモデルだったりします。自転車乗る距離が10kmあたりの距離以上になると、カバンがフニャフニャ動くとストレスなんですよね。そしてスポーティな格好じゃなくても持ちやすい、乗ってなくても収まりの良いデザインのモノが嬉しい。










FEDRIK PACKERS UTILITY TOTE LIGHTは、そんなポジションで日常使い出来るバッグだと思います。






ガーデニングのツールバッグや工具入れをモデファイしたような親みのあるデザイン、共にスタイリッシュさもしっかり感じられます。ショルダーベルトとハンドルの2wayのトートは使いやすいですよね。






メインボックスの容量もしっかりあって、






外のポケットもたっぷりサイズが2つ、良いバランスです。ポケット1つでもサコッシュ的なものと同等の収納力、でもスッキリ持てる嬉しさ。






トップは持ち出しがついてドットボタンで安定させられます。”トートにジッパーが欲しい”なんてお声もよく耳にしますが、、個人的にもこのダイレクト感が使いやすさにつながってると思います。ジッパーって、思ってる以上にガリガリ引っかかって出し入れのスムーズさを妨げてるのです。なのでこの1ストラップのあおり留めくらいがベストバランス。
MARINEDAもそうですが、UNITのバッグはジッパー無しが多いかもしれません笑






中にも小さなポケットが1つ、細かいモノはここに。






上質感をアップするレザーハンドル、滑り止めの意味合いもありますね。








ショルダーストラップもしっかり、要らない分量は丸めてバンドで固定、ブラブラさせなくて良いフックも付いてます。もちろんワンアクションで閉めたり緩めたり。






素材は1000デニールのコーデュラナイロン、耐久性・質感のバランスがバッグのデザインにマッチしてます。






ショルダーベルトを短くして肩掛け、






長くして斜め掛け、






ハンドルで肩掛け、






手提げ。
この4パターンを自由に出来るのは色んなシチュエーションで感覚的にスムーズな動きを取れるのでありがたいのです。

ほんとよく出来たカバンです。
アウトドア・スポーツ・ベーシック、キメキメのスーツ以外ならどのコーディネイトもこなしてくれます。

このバッグを見ると、パッカーズの奥深さを感じます。

これからの時期、厚みのあるアウターを着る機会が増えますので、持ち方が選べるバッグは重宝すると思います。夏は夏で、背中が開けやすいので汗対策にもなりますし。

考えれば考えるほどオススメなバッグです、いやほんとに笑






FREDRIK PACKERS UTILITY TOTE LIGHT ¥12,800+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

街に出てないので実感はないのですが、クリスマス気分ですよね?世界は。
とひねくれてみましたが笑、クリスマスって純粋に心が弾むわけです。我々おじさん世代の子供の頃のように、昔話っぽいTV番組とかやってほしいなあ〜、ああいうのって老若男女共通で精神衛生の保全に効果があると思います。

とはいえプレゼントの授受がメインイベントといえば、そうですよね笑
なのでUNITもちょいちょい小物のご紹介などをと思っております、そういうことで本日はバッグ。






パッカーズのブランドスタートから変わらずリリースされているドワーフパック、王道のメッセンジャースタイルです。ドワーフ=小人、そういうイメージなのでしょうかね、長い付き合いですが確認した事なかった…笑

ほんと偶然、というかこういう発信をするつもりはなかったのですが、思い出したので言っちゃいます。
ドワーフといえば、馴染み深いのがロードオブザリングのギムリ、ドワーフ族の戦士ですね。友人の某シンガーソングライターがどハマりしてて、ボクも追っかけで観て多少ストーリーを覚えてるのですが、そのギムリと後に仲良くなるエルフの王子様のレゴラス役のミスターO.Bが先日ご来店。。。。。
途中で気付いてびっくりしました、服屋やって20年以上になりますが、初めてミーハー写真を求めてしまいまして笑。そうやってお越しの皆さんはプライベートなので、これまでノータッチを努めてたのですが、、、彼のことは大好きだったのでお願いしてしまいました(ホントに好きなのは他の作品ですが笑、エリザベスタウンが最もオススメかも)。
何枚か付き合ってくれたし、ちょっとお話もしてくれたし、、とてもナイスガイでした!
実物の方が数倍増しにカッコイイ生写真を閲覧ご希望の方は、店頭でボクに”召還魔法、レゴラス!”と言ってください、写真出します笑

今年のラッキー使い果たしたな、、、もう1ヶ月切ってるし、まあいいか。
O様、またのお越しをお待ちしております笑

ということで本題に戻ります。






サイズ展開は2サイズ、XSとSですが、感覚的には一般のSとMで良いのかと思います。ドワーフ自体がかなりのサイズ展開でスタートしましたので、それに準じたサイズ表記ということになりますね。
このDWARF PACKは”ELEMENT”というサブタイトルがつけられておりますが、元来のドワーフとは細部が若干違ってます。






ベルトがシンプル化されました、オリジナルは自転車での使い勝手が良いようにワンアクションでベルトを緩めて締めて出来るようにしておりましたが、こちらはシンプルに普段使いで邪魔にならないように。その分パッドブラックの金属パーツで上質感がアップ。






中のジップポケットは継続のディティールです。






素材は変わらず1000デニールのコーデュラナイロンです、丈夫で安心。ブランドネームがフェルトのワッペンから刺繍でスッキリしているのも変更点ですね。








ブラック








オリーブ








ベージュの3色です。








XSのサイズ感、








Sのサイズ感。ガバッと開けてスッとアクセス、感覚で使いこなせるのが良いですね。

そしてフラップ付きの特徴が、内容の量によって自在に対応してくれるということ。例えばをsizeSでやってみます。






手回りのモノを入れて出かけましょ。そんな具合だとこれくらいのボリューム。






買い物しちゃった。






また良いの見つけてしまって、ついつい、、、。という感じでその都度しっかり包み込んでくれます。






上着を挟むとかも。
いちいちジッパーを開けて閉めては面倒、なんて方にも良いですよね、パタンとすればベルクロがひっついてくれますし。

そして何よりも、長年熟成されたメッセンジャーのスタイルというのはやはり黄金比と言いますか、安定・信頼のデザインです。

やはり基本は良いです。
そして逆に新鮮さも感じられるELEMENTバージョン。シンプルイズベストです、まさに。

プレゼントにも、ご自分用にも是非是非。
エルフパックとか作ってくれないかな〜、ミスターOにオススメするのに笑





FREDRIK PACKERS 1000D DWARF PACK ELEMENT sizeXS ¥7,000+tax
通販ページはコチラ






FREDRIK PACKERS 1000D DWARF PACK ELEMENT sizeS ¥9,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

フレドリックパッカーズの補充が到着です。



早速通販ページにもアップしましたのでぜひご覧ください、プレゼントの時期ですからね〜。






FREDRIK PACKERS SILVER RIP DAY PACK LIGHT ¥11,500+tax
ということでクリスマス時期に限定生産の品番が入荷です、可愛カッコいい。コンパクトなサイズですので女性へのプレゼントにいかがでしょうか?、このシルバーリップは他の型でも予定してますので乞うご期待。











FREDRIK PACKERS 1000D DWARF PACK ELLEMENT sizeS ¥9,000+tax やはり定番は良い、先日ボクもドゥワーフの旧タイプを久々に使ったのですが、このダイレクトな使い心地は他に代え難いものがあります。
ちなみにsizeSという表記ですが、一般的にはMくらいの感覚です。小型メッセンジャーという風情。






FREDRIK PACKERS 1000D DWARF PACK ELLEMENT sizeXS ¥7,800+tax
ということでsizeXSと比べるとこんな感じ、コチラも補充完了です。










FREDRIK PACKERS UTILITY TOTE LIGHT ¥12,800
長年に渡り信頼しておりますユーティリティトートも補充です、今回はこの3色。個人的にはリリース当初から変わらずコヨーテ×ブラックがオススメ、と言いつつ他の色も捨て難い。。。笑






FREDRIK PACKERS 500D ARC ¥7,000+tax
なんやかんやで確実に需要のあるのがコチラ、通年で考えるとコツコツ旅立ってます。半月型のジッパータイプは邪魔にならず安心感のある使い心地ですので、納得です。

やはりUNITにはFREDRIK PACKERS、パッカーズさんはどう思ってるのかは知りませんが笑
ほんとついつい使ってしまうブランドです、1型毎に必要なディティールをしっかり吟味しているのがよくわかります。

コツコツ補充しますのでいつでもどうぞ。

というのも本音ですが、スッと身を引く品番もあったりしますので、これは??と思ったらお早めにお願いします。

クリスマスですしね、気の利いたプレゼントにも。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

バッチリです、素晴らしい仕上がりです!!
手前味噌ですが、、UNITがパッカーズをよく知ってるからこその出来栄えだと言っても許されるのではないかと自画自賛です。
UNITがスタートして以来10年、ずっとFREDRIK PACKERSを続けてこられて良かったなあと思います。
かなり遅れてしまいましたので、、ご予約頂いてた皆様にはご迷惑をおかけいたしました、、、。
ということで!








210D TRAIL PACK








210D MONKS SUCK

この2モデルを選んだ理由はコチラコチラをご覧くださいませ、この10年でボクが最も使いやすかった2モデルが相性の良い組み合わせだったのです。








両モデル共に、パッカーズらしさもあってシックな雰囲気もあって。スーツの時にも持てそうだし・スポーティなスタイリングには当たり前に合わせられますし、モードっぽいのが好きな方でも気に入っていただけそう。






レザーパーツをブラックにしてもらったのも大正解。








UNITロゴも綺麗に馴染んでます、何回も別注しましたがロゴを入れたのは初めて、なんだか感慨深いものがあります笑






今のところ世界でUNITだけで販売中です笑、ごくごく僅かですが店頭分がございます。
軽くて・合わせやすくて・他の人とは一味違う、是非是非お早めに。

(また制作をお願いしたいな〜とか思ったりもするのですが笑)






UNIT10th LIMITED EDITION FREDRIK PACKERS 210D TRAIL PACK ¥13,800+tax
通販ページはコチラ






UNIT10th LIMITED EDITION FREDRIK PACKERS 210D MONCKS SUCK ¥5,300+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×