UNIT

こんばんは。


今朝堀川商店街を通ると、早くからお祭りの準備でした。
秋祭りの時期ですね、最近季節がずれ込んでて昔の秋祭りの印象と少し違いますよね。ボクの育ったところはふとん太鼓(だんじりのようなもの)の子供版があって、それで町を練り歩いたのが思い出ですね、帰りにお菓子の詰め合わせの袋を貰って。今もやってるのかな〜。

ノスタルジーはさておき笑、本日はFREDRIK PACKERSのパックパック。バックパックのご紹介は久々かも知れませんね。









FREDRIK PACKERS EXPEDITION PACK
ブログでご紹介したのは2,3回目くらいでしょうか、でも実は個人的にお気に入りのモデルだったりします。カミングスーン状態のカミングスーン状態の10周年別注TRAIL PACKとコレ、迷った結果TRAIL PACKに決定したくらいのお気に入りなのです。なぜコッチじゃ無かったかの理由はネガティブな意味ではなく、






すでに420デニールという軽量でスムースな素材を使っていたから。わざわざUNITが僅かなマイナーチェンジをする必要もないなあというのが結論。
この420Dと210Dの良さはと言いますと、ツルツル素材ですので洋服との摩擦が少ないということ。コレからニットを着る季節ですので、毛玉を軽減出来るというのはかなりのアドバンテージ。
パッと見ると薄くて柔らかいので「強度は?大丈夫??」と言われることが多いのですが、そんな弱い素材ならバックパックにしませんのでご安心を。一応山遊びをかじってるUNITですのでその辺りはそれなりに心得ております笑

では詳細いきます。






フロントパネルで大きく斜めにカットされたポケット、ガバッと開いてたっぷり入ります。






プルタブがついてますので開閉も容易。






それぞれの配色に合うコードが付いてます、ちょっとアクティブな感じがイイでしょ。






メインボックスが18L、ポケットもコレだけマチを取ってますので合わせて20L強は入るかと。でもスッキリしてぽってり見えないのがパッカーズの良さ。








中にポケットがありますので、すぐに出したいものはココへ。底に溜まってゴソゴソしなきゃ〜ってことにはなりません。






メインボックス背面側にもポケットが付いてますノートや平面のものを入れると安定して使いやすそうです。






メインボックスのジッパーにはD環付きのタブ、必要であれば何かぶら下げてもOK。






ショルダーハーネスはパッド入り、ちょうど良いボリューム感。






底にループがあしらってあります。デザイン的な意匠ですが、実際使うことも可能ですから、荷物が増えやすい方はヒモを容易しておいても良いかも知れません。






男性が持つとカッコ良いし、






女性が持つとカワイイ。

均整のとれたデザインです。スポーティでもあり・都会的でもあり・しっかりアウトドアの空気感も踏襲してたり。

やっぱイイ・・・、日常使いには別注TRAIL PACKが自分の決定版だと思ってましたが、、改めて見ると迷いが、、、笑

本当に、絶妙なバランス感を持ったバックパックです!
レギュラーのUNITとしましては、当分コレ推しかも知れません笑






FREDRIK PACKERS EXPEDITION PACK ¥11,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






今朝は何故か8時半くらいにお店に来てしまいまして笑、鴨川でちょっとボーッと。
そういえばこうやって鴨川眺めるのって長らくしてなかったな〜と、川の音が心地よい。






足下を見ると鴨が一所懸命働いてました、なんだか曇り空の反射で水銀の川みたいですね。

おっさんの朝の様子はさておき笑、本日も引き続きFREDRIK PACKERSから。










FREDRIK PACKERS DWARF PACK ELEMENT sizeXS
初お目見えです、少し前にリリースされていたのですがUNITは今回から。DWARF PACKといえば、ずっとパッカーズのベーシックを支えてきたモデルで、UNITにとってもオープン以来店頭に無かったことのないモデル。いわゆるメッセンジャーバッグ型でシンプルに使いやすいバッグ。そのドワーフをもうちょっとシンプルで都会的なニュアンスにしたのが今回のモデルです。






素材は1000デニールのコーデュラ、元々のDWARFと同じです。ネームがフェルトから刺繍に変わりスッキリした印象。






大きく違うのはショルダーベルト、以前は太いワンアクションリリースのタイプでしたが、こちらは1インチの細いテープでマットな金属バックル。やはりスッキリした印象。






中の仕様は変わらず、ジッパー付きのポケットが1つ。






ベルクロでバリッと開閉するのがこのバッグの醍醐味ですね。








荷物の分量に合わせてフタの閉じ具合を変えられるのがとても便利なのです。






コンパクトですよね、でもマチのおかげでしっかり入るのが嬉しい。いわゆるサコッシュじゃ心許ないという方は良いサイズだと思います、応用力の高いデザイン。


やはり息の長いスタイルというのはしっかり理由があります。

結局この形か〜、そうだよな〜、って言わせたいです笑

と言いつつ、ミイラ取りがミイラで、ボクも欲しくなってるのですけれど笑






FREDRIK PACKERS DWARF ELEMENT sizeXS ¥7,800+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






先日所用があって大宮島原あたりに行ったのですが、地元の秋祭りの音に誘われて足が止まりました。京都は大きなお祭りが多いので、住んでるボクらもついついそちらに気をとられるのですが、こういうローカルが大切に守っている鄙びたお祭りを見ると何だか沁みます。

日々秋に向かう気候ですが、本日はコーディネイトの移行にも合わせやすいバッグをご紹介です。FREDRIK PACKERSはナイロンのイメージが強いブランドですが、この1,2年はコットンのバッグもちょこちょこリリースしております。












#8 DUCK BOOK SHOULDER sizeM/sizeL
帆布でミニマルな作りのショルダー、他のブランドさんも多く作ってるデザインですが、パッカーズが作るとちゃんとパッカーズらしい仕上がりになるのが不思議。UNITではMサイズとLサイズでご用意してます。






つや消しのバックル、






ドットボタンもオリジナルです。
この辺りのパーツチョイスがそうさせるのでしょうか、簡易なデザインでも手抜きのない作りです。他社のこの手のバッグに比べると高級感もあるような気がします。






サープラスを彷彿とさせるステンシル風のプリントの雰囲気がイイ。素材は8号帆布、固さ(柔らかさ)・厚さと丈夫さのバランスが良く、帆布の中でも最も扱いやすいですね。






sizeMのポケット、






sizeLのポケット。
この写真だと大きさの違いがわかりづらいですね。






Mサイズの場合、長財布を入れるとちょっと頭が出るくらいの大きさ、もちろんメインボックスに入れるにはスッポリですのでご安心を。






Lサイズだと長財布と一緒に他のモノも入ります、すぐに必要なものはココに入れでゴソゴソ探さないようにしましょう。






Mサイズに荷物を詰めてみました、
タオル・ペン挿し・手帳・文庫本・A5判の本・小物ポーチ・名刺入れ・長財布、こんな感じです。しっかり入るでしょ?500ml、ペットボトルも大丈夫です。






Mサイズ、









Lサイズ。
どちらもコーディネイトに溶け込みやすいデザインと素材感、とりあえず何にでも合うと言って良いかと。






ボクもお店に来るときはほとんどコレ、自転車のパニアバッグにスポッと入れてます。
気を使わずにポンポン入れられます、この手のエコバッグ寄りのシンプルトートは柔らかい生地で作ることが多いので、クタッとなってモノが入れにくかったりするのですが、これはシッカリした8号なのでヘタレなくて使いやすいですよ。
因みに2度ほど洗濯したのですが、縦に2~3cm縮みました。使用に遜色ない縮率ですので、汚れたら洗えるのも安心。

日常使いに最適のバッグ、パッカーズらしいコットンのバッグ。

魅力的ですよ。






FREDRIK PACKERS #8 DUCK BOOK SHOULDER sizeM ¥4,800+tax
通販ページはコチラ






sizeL ¥6,400+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

FREDRIK PACKERSがしっかりめに補充されました。






新入荷のものや久々に帰ってきたものなど、なかなか新鮮な感じです。
そんな中から、本日は新入荷の品番をご紹介です。






FREDRIK PACKERS 2WAY COLUMN
容量12Lの小ぶりな2WAYスタイルの筒状のバッグです、女性が持ちやすそうなサイズ感ですよね。






シートベルト織りテープを採用した握り心地のよいハンドル、バックパックとして使用する時にハンドルをまとめるスナップボタンを装備。






荷物を安定させて収納出来るように本体サイドのサイドリリースバックルで容量の調節が可能、荷物の出し入れ時はワンアクションでリリースすることで本体スペースを広くすることが可能です。






RIPSTOP NYLON 生地を使用した巾着仕様のトップ開口部。メッシュ生地の採用により荷物の取り出し時の可視性もあり、A4サイズの書籍などの収納も可能です。






上半分がメッシュ切り替え、中身を確認しやすい仕様ですね。






プリーツで容量を確保したフロントポケット、スマートフォンやキーホルダーなどの収納に便利なディテールです。






サイドポケットは収納したモノの落下を防ぐゴム口を採用しています。






本体サイド部分にメインボックスに直接アクセス出来るファスナーを装備。開口部を広く開けることが出来るので、トップを開閉しなくても荷物の取り出しが可能です。






シートベルト織りテープ1枚仕立ての馴染みのよいショルダーハーネス、手提げで持つ時も邪魔にならないですね。






こんな感じで女性が背負うと可愛らしいです。ライブに行く時とか、手ぶらになりたいし手提げでも持ちたいシチュエーションの時には特に良さそうです。






こうやって持つと軽量なことがよくわかります、バッグとしてしっかりした作りにも関わらず自重は470g、軽いカバンは負担に感じなくて嬉しですよね。

パッカーズらしいアクティブな雰囲気と、柔らかさを感じさせるイメージも持ち合わせた優秀なバッグ。 これは結構唯一無二な存在かもしれません。

ご自分用にももちろんですが、夫婦兼用や彼女にプレゼントなんていうのも。

見てるとジワジワ益々気に入ってきました笑






FREDRIK PACKERS 2WAY COLUMN ¥10,800+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

かなり過ごしやすくなったと思ったら、今日はちょっと蒸しますね、、、。とは言え確実に涼しくなってきておりますので、日中に長袖を着て外を歩けるのももうすぐ。

数日前から通勤も長袖シャツ持参になってるのですが、今朝もパンツはいてTシャツ着てシャツをカバンに突っ込んできました。






本日はPt.Alfredのスーパーチノに並ぶUNITの定番ボトム、ARAN FATIGUE PANTSです。
太さ・ディティール・素材、ベーシックに使いまわすのに絶妙なパンツ。コーディネイトに困った時もとりあえず何とかしてくれる、頼れる存在。

開店準備をしててふと棚に並んでるのを見て思ったのが、、「あれ?結構味出てきてる??」という、、、気づくの遅い、、、かれこれ4年ははいてるのかな?、そりゃあエイジングが進んで当然笑






良い感じでしょ??








新品のパリッとした雰囲気も良いですが、自分の体に馴染んだ相棒もたまらないものがあると思います。デニムにしろチノにしろ・ファティーグだって、こういう長く付き合った結果の仕上がりが更に愛着を湧かせてくれますよね、自分の日常が刻まれる感じ。






キナリ、爽やかさもありつつファティーグの程よいディティール感でのっぺりしませんし、重くなりがちな秋冬のコーディネイトにも抜きの色で大活躍。ワークパンツですのでちょっとくらい汚れても、それだって味。

こうやって改めて見直すと、やはり良いなあ、、、今年も更に頼りそうです。
まだはいたことのない方も・はきつぶして2本目をという方も、是非是非!






ARAN FATIGUE PANTS ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

そしてそろそろ到着しそうなコチラ↓






UNIT10周年記念別注 FREDRIK PACKERS 2MODELS、若干ご予約の隙間があります、検討中の方は是非ご連絡くださいませ。ご期待を裏切らない本当に良い出来だと思います!!!

それではまた次回です〜。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






UNIT10周年記念別注 FREDRIK PACKERS 2MODELS ですが、もうしばらくで入荷だと思います。ということで現在のところ、

MONKS SUCK(サコッシュ )
ネイビー←完売
ブラック←まだ若干余裕あり

TARIL PACK(バックパック)
ネイビー←まだ若干余裕あり
ブラック←お早めに

という感じです。通常のラインナップに無い組み合わせの品番と素材、我ながら上出来では?と自負しております。ぜひゲットしていただければと。本文末尾のお問い合わせ先、もしくは店頭までご連絡くださいませ!

追加情報としましては、パッカーズさんからロゴ刺繍の完成の連絡が届いております。






こんな感じ。
コーディネイトの邪魔にならない刺繍ネームにUNITロゴを追加、程よい存在感で悪く無いでしょ??

いや〜、感無量です。

昨日のブログでもお話ししましたが、UNITスタートの直接的きっかけとなったのがFREDRIK PACKERS、洋服ではなくカバンというのも何だかウチらしいような笑
パッカーズさんの勃興期、自分で言うのもアレなのですが、、FREDRIK PACKERS=UNITと言うイメージでした。その後某モデルさんのショップで500D DAY PACKが女性の間で爆発的人気になり、国内での知名度と取り扱いが増え一気にメジャーブランドに。あれは快進撃だったなあと、改めて思います。

そんな中、パッカーズさんは京都の片隅のUNITのことを忘れずに笑、






MOUNTAIN PACK,PROFESSOR PACK&PROFESSOR BUSINESSのカスタムオーダーを続けてくれました。(今でもお受け出来ますよ!!)






こんな感じで、UNITワッペンを縫い込みたいというお客様結構もいらっしゃいました。






5周年の時にはBALLISTIC DAY PACKを製作、これは今でも愛用して頂いてる方も多いです。その後オールブラックシリーズとなるきっかけになったモデルで、結構自慢だったりします笑






細かいところでいえばCOINE CASEも。実店舗ではUNITだけだったり、こういうのも嬉しいです。現在欠品中ですのでまたお願いしなければ。






そして去年は限定モデルの受注会も開催しました。この時にもTRAIL PACKのオールブラックがありましたね、他もこの時だけのモデルばかりでした。

という具合に、UNITには欠かせない・切っても切れないブランドでありますFREDRIK PACKERS。

そんなUNITが10周年の節目にリリースする2モデルですので、信頼性は折り紙つきなのです。

お悩みの方はお早めに!です。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

朝、いつも通り鴨川を走ってると(毎日言ってる笑)、後ろの方でコンッ・カラカラカラ・・・と聞こえ、ん?と振り返ると、チェーンロックが落ちでました。へ?と思ってみると、、、







この状態、2ヶ月ほど前に口が開いたのをゴム用ノリで修理したのですが、暑さのせいか、そもそもノリの選択が悪かったのか、以前の倍くらいパックリ。。
今回は瞬間接着剤でガッチリ固めました、割れないかな〜、、粘って使ってるけど、そろそろ寿命なのかなあ。。。まあ、、、イイか笑






そんなことよりです、UNIT10周年別注のフレドリックパッカーズの2モデル。
サンプルを作っていれば見たまんまなので分かりやすかったのかもしれませんが、少しでもコストダウンをと思い控えましたので、少々伝わりづらかったのかも知れません。ちょっとお声を頂きましたので、前回と順番を変えて再度解説しようと思います。

それでは、先ずは”素材”と”ネーム”です。






素材は210Dのオックスフォードナイロン、カラーはブラックとネイビーの2色です。2モデル共に中央上部にこの写真のままの刺繍ネームが入ります。そしてUNIT別注の証として、






当店ドアのウイングロゴをパッカーズロゴの下に刺繍します。
両社の文字数を全部乗っけるとウルサくなるので良いボリューム感で、その辺はご心配無く。上の写真のまま同色の刺繍ですので、スッと馴染んだデザインになると思います。

そしてカタチ、先ずは






FREDRIK PACKERS MONKS SUCK ¥5,300+tax(予価)
FREDRIK PACKERS HPの商品ページはコチラ
マチのないシンプルなサコッシュです、しかし見た目以上の容量ですので汎用性が高い。






FREDRIK PACKERS TRAIL PACK ¥13,800+tax(予価)
FREDRK PACKERS HPの商品ページはコチラ
大きく開くフロントパネル側のポケットは上部まで丸々使えます、開口部の大きいポケットはぽんぽんほうり込めて便利。メインボックスも大きく開きますので、日常使いには最適。

それぞれの使用感はどんな具合かと言いますと(上のそれぞれのリンク先と合わせてご覧いただければ分かりやすいかと)、、






MONKS SUCKの場合こんな感じ、






手回りのモノは完全に収まります。マチのない構造ですので、荷物が好きないときはもちろんスッキリ。頭は少し出ますが、画像の通り雨天時は折りたたみ傘も突っ込めます、ということは500mlのペットボトルもまあ大丈夫。

そして何故この2モデルを別注したかと言いますと、組み合わせても使いやすいから(別売りですのでお好みで)。






外のポケットにMONKS SUCKを突っ込んで(分かりやすようにTRAIL PACKの色を変えてます、この色ではありません)、






そのほかをメインボックスに入れるとこんな感じ。






中身はMONKS SUCK以外に、2日分の下着くらいの着替えパック(millican Packing Cube 18L)・パッカブルのウインドブレーカー・ノートPC。たっぷり入るでしょ?






荷物が増えたら併用スタイルで。

とはいえいつも通り芯を入れない柔らかさのおかげで、






通常のデイリーユースの場合はこれくらいコンパクトなルックス。

どうでしょ?、、これでお分かりいただけるかと。

我ながら現パッカーズ内の商品中、容量・使い勝手・コスパ、最高の組み合わせだと思います。 本日現在、MONKS SUCKのネイビーが残りわずか、その他は今のところ一応まだ大丈夫、、という感じのご予約を頂いております。とはいえ油断は禁物、、、ぜひ下記の連絡先までご予約をお願い申し上げます。

デリバリーは9月中旬、実に楽しみです!!






よろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






オープン前に京都戎神社へ。






一人ですし、時間もないので参道の露店を避けて宮川筋からアプローチ。
今年もちゃんとお札をリニューアル出来ました、風邪っぴきじゃなくお参りできるのは何年振りだろうか。。。

そんなお参りのボクの背中は








FREDRIK PACKERS 500D DAY PACKでした。
言わずもがなのUNIT定番バックパック、年明けてから結構これを見にいらっしゃるお客様が。なのでなんとなくボクも影響されて笑






芯地を入れない作りであることが口の全開っぷりを応援してて中のものを突っ込みやすい、突っ張って邪魔にならないですし。ポケット類はメインボックスにはないので小物入れを何か使うのが良いですね、因みに黒の場合は特に色の軽いポーチにした方が中身が見やすいです。仕切りがない分自分好みで使えるワケです。






外のポケットには長財布と鍵と携帯でちょうど良い気分です。
とりあえず必要そうなモノを入れて容量の約半分くらいを消費する感じ、ボクは本やらなんやら持ち物が少なくない方なので、持ち物の多い女性陣がこれを気にいるのがわかります、全体的にはコンパクトなのに十分に荷物を入れられる。






500デニールのコーデュラは安心感ありますし、大きなコイルのジッパーで引きも軽やか。






ショルダーハーネスはシートベルトと圧縮ウールの合わせ技でフィット感が良い、レザーパーツと合わせて少しクラシカルなニュアンスもあるのでコーディネイトの幅が広がります。






ボクが背負ってこのくらい、ユニセックスなサイズ感とデザインです、電車の中でも邪魔になりにくいし。


やはりシンプルに作られていてその存在が許されるモノというのは、普遍的なよさがあるということですね。
老若男女問わずお使いい頂けるバックパック。

それからボク、自分のは自分流に使いやすいようにアレンジしてます。これはパッカーズさん非公認の手術なのでここでは明記しませんが(笑)、ご希望の方がいらっしゃいましたら大きい1コインくらいの手間賃を頂いたら出来ると思います。よろしければご相談くださいませ。






FREDRIK PACKERS 500D DAY PACK ¥11,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨日、お店に寄ってから京阪に乗って大阪に仕事へ向かう途中、人身事故でストップ。今年はこのパターンに遭遇するのが3回目、京阪は初めてでしょうか。タイミングが良いのか悪いのか、、と思っていると電車通勤の友人も今年は多かったと言ってました。なんだかな〜ですが、年末ですのでみなさまお気をつけくださいませね。

そして本日のご紹介、FREDRIK PACKERのラインナップの中でもスポーティさとシックな表情を持ち合わせたショルダーバッグです。冬になるとアウターで動きが制限されますので使い勝手の良いサイズとデザインのバッグが重宝しますよね。






FREDRIK PACKERS 420D SPRED SHOULDER sizeM
ユニセックスなデザインで落ち着いた雰囲気。






素材は420デニールのパッククロスナイロン、スムースな触感と光沢感がエレガントな素材。洋服に対する摩擦係数も低くてウール系のトップスやアウターにも相性の良い素材。










ブラック・オリーブ・アンティークブラス(ベージュ系)の3色でご用意しております。
このショルダー、見た目のサッパリ感と裏腹なギミックがたっぷり盛り込まれてるのです。






ではまず外側のスリーブ、たっぷり目のマチ付きですので荷物の量の変化にも対応しやすいギミック。ビジュアル的にもアイコンになってますね。






開口部はドットボタン付き、中にはポケットが2つ。






メインボックスの開口部はビスロンファスナー、コイルジッパーはグワ〜っと開く感じですが、こちらはホロホロとほどける感じで違う軽さがありますね。






開くと両側にポケットがあります、コレだとわかりにくいので、、








ひっくり返しました。外側にはコンパクトなポケット、内側にはボックスと同等の深さのスリーブ。








体が当たる側にも胴体と同じ深さのスリーブ、大体A4サイズを飲み込むくらいのサイズです。






底を見ると、折り込みのマチがそれぞれ3室にあしらわれてます。内容量に応じて開き、少ない時はスッキリ。






ということで、いつも通りボクの手荷物を入れてみました。コレくらい入れて70%くらいの感覚です、しっかり入りますね。






そしてもちろんのバックル付きなので、分厚いアウターを着る今の時期(明日から寒くなるそうですよ)にも楽にカバンを下ろせます。






こんな感じ。
ボリュームのある冬のアウターにスッキリと馴染みます、滑りの良い素材ですので扱いも楽です。
見た目のあっさり具合とは裏腹な収納力であることがこのバッグの強み。

発売以降コツコツと人気を得ております、お使いの皆さんはしっくりくる使い心地にご満足くださってますし、コレだと老若男女問わずプレゼントとしてもチョイスしやすいと思います。または”小型ショルダーで中々欲しいのが見つからない・・・”なんてお悩みの方にもオススメ。

大人顔の軽快な小型カジュアルショルダー、お気に召していただけると思います。






FREDRIK PACKERS 420D SPRED SHOULDER ¥6,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






今朝はオープン前に左京区元田中THE SITEで開催されてました”おいしい旅のマーケット”に。






“コーヒーとお菓子”をメインテーマに、色んな物作りをしてる方が沢山出店してらっしゃいました。








懇意の人・既知の方が沢山出店してるので、挨拶がてらちょっとコーヒでも飲んでから仕事に行こうかと思ったらスゴい人で、、ご紹介がてら出てる友人の写真をと思ってたのですが全く撮りきれず、邪魔になったらダメだしササッと回って終わりました笑






来場のお客さんも楽しそうでした、コーヒー愛好家の多さを再確認しました。モノ作ってるとこういうトコにも行けるのになあ、、羨ましいなあ、、オリジナル復活させたいなあ、、なんて思いながらUNITへ笑






僕はスズメ屋さんのノートを購入、1冊ずつ手作りなのです。






中にはこんなに丁寧なご挨拶が、愛情を感じますね・・・反省しました笑
上の写真でピンボケで写しちゃってる23fumiちゃんのアクセサリもそうですが、プレゼントするのに素敵なモノの多かったです。

ということで、UNITでプレゼントに喜ばれている実績の多いモノの1つでありますFREDRIK PACKERSの小型バッグがしっかり揃っておりますので、来たるクリスマスに向けての予習的に入荷情報をご紹介しておきます。
余談ですが、、、ここ数年ポシェットやミニショルダーを”サコッシュ”と呼ぶのが主流になってきてますが、、自転車側の人間としましては少なからず「んっ??」となってしまいます。。おじさん細かいよ〜と自分でも思うのですが、、ネーミングの妙と言いますか、まあ大切なところですもんね。
しかし、やはり盟友フレドリックパッカーズは同意らしく、商品名にも説明にもサコッシュを使っていない。むしろどこよりも早くそれらしいモノを作ってきているのに。嬉しい頑固さです笑

と、そんなことより商品ですね笑






420D UTILITY SACK sizeS ¥4,200+tax






420D UTILITY SACK sizeM ¥4,600+tax
ドローコードでショルダーレングスを調整するシンプルなミニショルダー、手回りのモノを十分に収納。財布や持ち物のサイズと量に合わせてどうぞ。






420D SPRED SHOULDER ¥5,500+tax






420D SPRED SHOULDER ¥6,500+tax
こちらは片方のバックルで調節、プリーツで収納のボリューム変化を受け入れるちょっとギミック感のあるショルダー。少し大人顔ですよね、個人的にはMを愛用しております。






MONKS SACK ¥5,300+tax
いわゆるサコッシュ的なデザインの封筒型ショルダー、しかしながら作り込みの良さがしっかりバッグらしい表情になってます。ボクは毎日持ってます、必要なモノをここに入れておいてそのまま大きいバッグにポン、なんて使い方が出来ちゃいます。






#8 DUCK BOOK SHOULDER sizeM ¥4,800+tax
モンクサックと同デザインですね、それを8号帆布で軽やかに。さっきネーミングのことを揶揄してましたが、ネーミングで欲しくなってしまいます笑。実際このサイズ、ボクはA6の雑誌とノート・文庫本・ペン差し・ハンドクリーム・メガネ拭き・財布を入れているのですが、まさにその通りなのです。 もちろんそれ以外で満たしてくださいね笑






#10 DUCK DAILY TOTE sizeM ¥3,200+tax






#10 DUCK DAILY TOTE sizeL ¥3,800+tax
上の8号帆布を10号帆布に軽くしてハンドルを追加したラフなショルダートート、ショルダーの調節は結んでパパッと。軽快感が良いですよね、こういうのだとカラフルなものを選びやすくてそれもイイ。


こんな感じで、サコッシュも得意なパッカーズ。UNITの皆さんには必ずお役に立てるモノがあるはずです、プレゼントにも最適ですしね。

よろしくお願いいたします!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×