UNIT

こんばんは。






昨日、お店に寄ってから京阪に乗って大阪に仕事へ向かう途中、人身事故でストップ。今年はこのパターンに遭遇するのが3回目、京阪は初めてでしょうか。タイミングが良いのか悪いのか、、と思っていると電車通勤の友人も今年は多かったと言ってました。なんだかな〜ですが、年末ですのでみなさまお気をつけくださいませね。

そして本日のご紹介、FREDRIK PACKERのラインナップの中でもスポーティさとシックな表情を持ち合わせたショルダーバッグです。冬になるとアウターで動きが制限されますので使い勝手の良いサイズとデザインのバッグが重宝しますよね。






FREDRIK PACKERS 420D SPRED SHOULDER sizeM
ユニセックスなデザインで落ち着いた雰囲気。






素材は420デニールのパッククロスナイロン、スムースな触感と光沢感がエレガントな素材。洋服に対する摩擦係数も低くてウール系のトップスやアウターにも相性の良い素材。










ブラック・オリーブ・アンティークブラス(ベージュ系)の3色でご用意しております。
このショルダー、見た目のサッパリ感と裏腹なギミックがたっぷり盛り込まれてるのです。






ではまず外側のスリーブ、たっぷり目のマチ付きですので荷物の量の変化にも対応しやすいギミック。ビジュアル的にもアイコンになってますね。






開口部はドットボタン付き、中にはポケットが2つ。






メインボックスの開口部はビスロンファスナー、コイルジッパーはグワ〜っと開く感じですが、こちらはホロホロとほどける感じで違う軽さがありますね。






開くと両側にポケットがあります、コレだとわかりにくいので、、








ひっくり返しました。外側にはコンパクトなポケット、内側にはボックスと同等の深さのスリーブ。








体が当たる側にも胴体と同じ深さのスリーブ、大体A4サイズを飲み込むくらいのサイズです。






底を見ると、折り込みのマチがそれぞれ3室にあしらわれてます。内容量に応じて開き、少ない時はスッキリ。






ということで、いつも通りボクの手荷物を入れてみました。コレくらい入れて70%くらいの感覚です、しっかり入りますね。






そしてもちろんのバックル付きなので、分厚いアウターを着る今の時期(明日から寒くなるそうですよ)にも楽にカバンを下ろせます。






こんな感じ。
ボリュームのある冬のアウターにスッキリと馴染みます、滑りの良い素材ですので扱いも楽です。
見た目のあっさり具合とは裏腹な収納力であることがこのバッグの強み。

発売以降コツコツと人気を得ております、お使いの皆さんはしっくりくる使い心地にご満足くださってますし、コレだと老若男女問わずプレゼントとしてもチョイスしやすいと思います。または”小型ショルダーで中々欲しいのが見つからない・・・”なんてお悩みの方にもオススメ。

大人顔の軽快な小型カジュアルショルダー、お気に召していただけると思います。






FREDRIK PACKERS 420D SPRED SHOULDER ¥6,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






今朝はオープン前に左京区元田中THE SITEで開催されてました”おいしい旅のマーケット”に。






“コーヒーとお菓子”をメインテーマに、色んな物作りをしてる方が沢山出店してらっしゃいました。








懇意の人・既知の方が沢山出店してるので、挨拶がてらちょっとコーヒでも飲んでから仕事に行こうかと思ったらスゴい人で、、ご紹介がてら出てる友人の写真をと思ってたのですが全く撮りきれず、邪魔になったらダメだしササッと回って終わりました笑






来場のお客さんも楽しそうでした、コーヒー愛好家の多さを再確認しました。モノ作ってるとこういうトコにも行けるのになあ、、羨ましいなあ、、オリジナル復活させたいなあ、、なんて思いながらUNITへ笑






僕はスズメ屋さんのノートを購入、1冊ずつ手作りなのです。






中にはこんなに丁寧なご挨拶が、愛情を感じますね・・・反省しました笑
上の写真でピンボケで写しちゃってる23fumiちゃんのアクセサリもそうですが、プレゼントするのに素敵なモノの多かったです。

ということで、UNITでプレゼントに喜ばれている実績の多いモノの1つでありますFREDRIK PACKERSの小型バッグがしっかり揃っておりますので、来たるクリスマスに向けての予習的に入荷情報をご紹介しておきます。
余談ですが、、、ここ数年ポシェットやミニショルダーを”サコッシュ”と呼ぶのが主流になってきてますが、、自転車側の人間としましては少なからず「んっ??」となってしまいます。。おじさん細かいよ〜と自分でも思うのですが、、ネーミングの妙と言いますか、まあ大切なところですもんね。
しかし、やはり盟友フレドリックパッカーズは同意らしく、商品名にも説明にもサコッシュを使っていない。むしろどこよりも早くそれらしいモノを作ってきているのに。嬉しい頑固さです笑

と、そんなことより商品ですね笑






420D UTILITY SACK sizeS ¥4,200+tax






420D UTILITY SACK sizeM ¥4,600+tax
ドローコードでショルダーレングスを調整するシンプルなミニショルダー、手回りのモノを十分に収納。財布や持ち物のサイズと量に合わせてどうぞ。






420D SPRED SHOULDER ¥5,500+tax






420D SPRED SHOULDER ¥6,500+tax
こちらは片方のバックルで調節、プリーツで収納のボリューム変化を受け入れるちょっとギミック感のあるショルダー。少し大人顔ですよね、個人的にはMを愛用しております。






MONKS SACK ¥5,300+tax
いわゆるサコッシュ的なデザインの封筒型ショルダー、しかしながら作り込みの良さがしっかりバッグらしい表情になってます。ボクは毎日持ってます、必要なモノをここに入れておいてそのまま大きいバッグにポン、なんて使い方が出来ちゃいます。






#8 DUCK BOOK SHOULDER sizeM ¥4,800+tax
モンクサックと同デザインですね、それを8号帆布で軽やかに。さっきネーミングのことを揶揄してましたが、ネーミングで欲しくなってしまいます笑。実際このサイズ、ボクはA6の雑誌とノート・文庫本・ペン差し・ハンドクリーム・メガネ拭き・財布を入れているのですが、まさにその通りなのです。 もちろんそれ以外で満たしてくださいね笑






#10 DUCK DAILY TOTE sizeM ¥3,200+tax






#10 DUCK DAILY TOTE sizeL ¥3,800+tax
上の8号帆布を10号帆布に軽くしてハンドルを追加したラフなショルダートート、ショルダーの調節は結んでパパッと。軽快感が良いですよね、こういうのだとカラフルなものを選びやすくてそれもイイ。


こんな感じで、サコッシュも得意なパッカーズ。UNITの皆さんには必ずお役に立てるモノがあるはずです、プレゼントにも最適ですしね。

よろしくお願いいたします!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

台風や雨なんかでサドルがカッスカスになってます、BROOKSのサドルってオイルか付属してたり別売りだったりでしっかりケアできるようになってるのですが、個人的にはそれはたまに使って、






普段はこのデリケートクリームというやつを使ってます、レザーシューズやバッグに使えるアリニン系の柔らかい保湿クリーム。これだとサラッと浸透するので日々のケアにもってこい、ズボンにつくかも…なんて心配もなく保湿出来ます。






乾けば何事もなかった様子。
光沢を出すというよりも状態をキープする役目です、何にでも使えて結構便利ですよ。靴屋さんや修理屋さん、ロ◯トや東急ハ◯ズでも売ってますので”お?”と思った方は。






ちなみにUNITに一通りのシューケア道具は置いてますので、”靴磨きどしよ、、、”なんてお思いの方にも少なからずアドバイスは出来ると思いますので、こちらもよろしければ。

そんなボクの毎日の足であるE.B.Sのコミューターバイク、今朝もいつも通りフル稼働。






先日の記事でも触れましたが、パニアバッグはほんと便利。紙袋中・小・小小のそれぞれ50袋と平袋の大を一気に楽々運べちゃいます、業販店が遠くなっちゃったのでコレが無ければかなり辛いところ、ありがとうパニアバッグ(笑)
この辺りのご相談も当店でご用意なり斡旋なりさせて頂きますので、ご興味ある方はどしどしお越しくださいませ。

ここまでで写真4枚使っちゃったのに、、今日は後30枚弱あります、めげずにおつきあいくださいませ(笑)






と言いますのが、秋の最盛期を迎え入荷がどしどし。ということで目新しいところをざっと一挙掲載です、週後半のご来店のご参考にお願い申し上げます!


ではまずはRe made in tokyo japanから。






Wool Flannel Cover All Jacket ¥23,000+tax
Wool Flannel Tuck Ankle PTS ¥16,800+tax
フランネルのセットアップでもバラバラでも使える、汎用性の高い2つ、冬のコーディネイトのベースにどうぞ。






Merino Wool Knit Short Zip Pull Over ¥11,800+tax
これまた使いやすそう、ハイゲージのシンプルなデザインですのでアウター・ベスト、パンツのボリューム問わずにマッチしそうです。






Wool Ring Small V Cardigan ¥13,800+tax
モヘア・ボア調のカーディガンです、ボリューム感の中に落ち着きのある色合い。個人的には太めのパンツで合わせたくなります。


次はJackmanから。






Jersey Jacket ¥20,000+tax
Jersey Trousers ¥16,000+tax
シンプルで落ち着いたデザインとキレイなシルエット、スニーカーでも革靴でも大人でラフなJKTスタイルが作れそうです。






Jersey Coat ¥24,000+tax
Jersey Vest ¥15,000+tax
上はウールジャージでしたが、こちらは化繊のジャージ。スッキリしたスポーツミックスなデザインと伸縮性のある素材で毎日着るのにノンストレス、単純に格好良いです。






Waffle Mid-neck ¥16,800+tax
肉厚のワッフルを使った、モックネックのラグランカットソー。いわゆるスウェット的な使い方になると思います、上品に着回せるデザインです。

次はManual Alphabetです。






BLOCK CHECK BD SHT ¥13,800+tax
チェックネルのBDシャツです、ヨーロピアンな雰囲気の上品なネルシャツですので色んな着回しができそうですよ。ジンワリと個人的に推しです。






O/D DRILL SHIT COAT ¥19,800+tax
ドリルを後染めにしたコート、シャツコートというネーミングですがしっかりなのでコートですね。襟のコーデュロイがアクセントです、ザクっと羽織って様になる感じ。






V-LAP REVERSIBLE QUILTED VEST ¥28,500+tax
リバーシブルで表情を変えられる中綿のベスト、程よいボリューム感ですのでアウターにもインナー使いにも。厚手のニットやスウェットと・軽いコートと、そんな感じで合わせられそうですよ。


後は5アイテム各種。






ARAN DENIM TROUSER-1 ¥22,000+tax
コレ、個人的にこっそり狙ってます(笑)。デニムのガッチリ感にトラウザーの匂いを漂わせた感じ、スニーカーとカーディガンで1ランク上のデニムスタイルに仕上がりそうです。






LOCHCARRON STOLE ¥12,000+tax
スコットランドのストールブランド、巻きモノ大好きUNITですから良いモノわかってます。品の良いチェックですので何でもないコーディネイトにひとさしすれば雰囲気出ます、ストールは素晴らしい。






MARINEDAY GLOW ¥14,000+tax
マリーンデイ定番の麻帆布でシンプルなショルダーを、実物見るとしっくりくる感じです。スタイル・サイズ、多角的にバランスのとれたバッグですよ。






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SUCK sizeM ¥4,600+tax
手回りのモノをまとめて持ちやすいサイズ感です、アウターの外にも内にもかけられるミニマルなデザインです。






NUNC Holiday Backpack ¥17,000+tax
昨日の投稿でもチラッと触れましたが、補充できております。ボクも使ってるのですが、、1日の行動にバッチリなデザインとサイズです、ぜひ店頭で確かめてください。


という感じです、良いモノがいっぱい。

ボクも楽しくなってきました(笑)、明後日もお待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日までのMARINEDAY TRUNK SHOW、ご覧くださって有難うございました!カバンが沢山旅立って行きました、嬉しい限り。

その連れて帰ってくれたうちの1人、友人で映像のプロのM氏と、ボクが出勤前ロケハン的に久しぶり立ち寄った御所で何気なく撮った写真を見ながら、






「素人が撮ったら、デジイチよりも最近のiPhoneの方が綺麗じゃない?」なんて話をしておりました。プロ目線からしてもやはりそのようですね、そういう話をネットやそこらで散見するので、そうなの?って思っておりまして。前にもちらっと言いましたが7月までiPhone6だったのでそれよりデジイチの方が良かったのですが、、変えると実感しました。






そして上の写真よりも更にこの1枚を撮った時に気づきました、両方で比べたら一目瞭然でした、、やはり道具というのは使いこなしてこそですね。それを時代の技術が補ってくれるのであれば、デジイチよりもスマホを使う方が素直かもしれませんね。
という事で今日からUNITの写真はiPhoneです、早速いつものセルフィー用のリモコンとマウントを用意しました(笑)

とりあえず暫定的にHP用に撮った写真で思い返した、”洋服・鞄・自転車”というUNITの3本柱。ボクが日々の生活を送る上でハズせない3つ、まあこれに音楽とお酒と読書が加わるのですがそれは別の話で(笑)

これまた数日前に先輩と話していたのですが、






昨日もご紹介しましたPt.Alfredのチノスーツ、毎日しつこい様ですが・・・笑、これはUNIT的”道具な洋服”の代表格だなあという。このスーツはいわゆる”アメトラ”的な解釈を元にデザインされ、”チノーズ”というWWⅡに於いて米軍で使われ発展した素材で製作された洋服。合理的な発想と荒い仕様に耐えうる素材、まさに道具然としてますよね、ユニフォームっぽいと言う方が伝わりやすいかも知れない。
例えば、その他のジャンルのスーツと比べた場合、タイドアップは当たり前に全てのスーツに似合うわけですが、クルーネックのTシャツをインナーにするとしましょう。クラシコイタリア系のスーツの場合、かなり色っぽく仕上がりますよね。英国トラッドの場合だと、、あれ?シャツ汚れたから脱いだの??と言う雰囲気になってしまう恐れも。それがこのアメリカントラッドなコットンスーツの場合はストンと落ち着く、それに合わせる足元がスニーカーでも革靴でも過分なテクニックが要らない。
汚れたら洗えば良い(実際ボク、昨日ベージュを汚しちゃいました笑)、洗い晒しになっていったとしてもそれも格好良い。先輩は「ポケットにガンガン物を入れて膨らんでもこのスーツなら様になる」とも言ってました、その通り。 と言いますか、、ボク自身はどちらかと言うと英国トラッド寄りの発想で育ったのでこのスーツを着て実感した部分も大きいです。
そして他の洋服も、上品でありながら道具として長く付き合えるかという目線を必須でセレクトしてます。
既出の”制服”というのもキーワードかも知れません、ワークもミリタリーもトラッドも殆どの男性の洋服にエッセンスは込められてますよね、そういう意味でも道具。

そしてバッグ。






FREDRIK PACKERS・MARINRDAY・NUNC、UNITのバッグの3本柱。
ファッショアイテムでありながら多角的に性能を吟味される存在、ファッショナブルでも使いにくければダメだし、使いやすくてもカッコ悪かったら持ちたくない。そして何よりも機能美が存在しやすいファッションアイテムだと思います。この3者の中で最も機能性に遠い存在だと思われるであろうマリーンデイでも、実際のところはトートだったりペーパーバッグだったりと、長年道具として培われてきたデザインです。そして欠かせないのがお財布のFLAT4、シンプルに作った恩恵で使いやすくて壊れにくい。まさに道具としても合格だし色んなスタイリングの邪魔もしない、両方を兼ね備えた存在です。
そしてUNITスタートと共にあり続けるパッカーズの存在感は言わずもがな、テクニカルで緻密に考えられたヌンクがブランドスタートの時に先行でUNITを選んでくれたのも、バッグに対してUNITが洋服以上に真面目に向き合ってきたのを理解してくれたからだと自負してます。

最後に自転車。
UNITの洋服、特に真冬のアウターを考える際に最もきにするのが自転車に乗る時に”不自由ない”かどうか。ココ結構大事で、”自転車に乗る為”ではなく”乗るのに不自由ない”ということ、例えば前の打ち合わせがシングルでボタンのみだと風入って寒いですよね。そういうものは必ずジッパーがついてるモノ、そうじゃない場合はダブルでストールと合わせると外気を遮られるようなモノを。意外と真面目に考えてるでしょ?(笑)
そしてUNITのパートナーシップなブランドであるE.B.Sと2ndレーベルのtobira、普段の生活に根ざした自転車ですのでレース機材ではなく、上質で長く使える道具なのです。例えば写真に出ているボクの普段乗ってる自転車にはパニアバッグがついてます、ここにカバンを入れちゃえばメッセンジャーやバックパック以外のカバンを選択できますので逆に洋服も限定されません、スーツでも格好良く出勤できます。仕事帰りにトイレットペーパーやお米だって運べてしまうし、休日に小さなカバンで出かけても買い物したものはポイっと持って帰ることも。
懐古主義の自転車ではなく伝統的な手法で今の自転車を作ってますので、スポーティなスタイル〜革靴を履くようなコーディネイトまで違和感なく寄り添ってくれますし。
そういう道具を毎日のパートナーとして考えると、やはりしっかりしたモノでなければ、高級ではなく上質。極めてシンプルにも・ボリュームアップしても乗る事が出来るtobiraとE.B.Sは、道具としてとても優秀なのです。






例えばこないだ納車が済んだtobira model-T、OSGちゃんも気に入ってくれてイイ笑顔です。160cm無い女性ですがホリゾンタルフレームに乗れる喜び、シブめのカラーに女性が乗るのも素敵ですよね。これで彼女は京都の街の宣伝部長ですので、見かけたら声をかけてください(笑)






こちらはtobira model-O’、model-Oの廉価版です。先輩の娘さんが春からの高校通学に買ってくれたのですが、半年経って益々大切に乗ってくれているそうです、おじさん嬉しいです(笑)


こんな感じで着々とリリース中、しっかりした乗り味を試しにお越しくださいませ、乗ればわかります。






余談というか、その脇にというか、本来こっちが先というか、、そもそもボクの自転車ライフはMTBからスタートしてます。ピストが流行った時でも・ロードが主流の最近もMTBでした。専用ウェアで行くこともあれば写真のようにいつものTシャツGパンでも、夏以外はほとんどGパンだな。元々山が好きで、普段着で遊べるMTBだったから続いてるのかも知れません。






さらに余談なのですが、昨夜自宅で片付けしてて、ホントにたまたま見つけた12年前のメンズクラブのボク、、、。
今とほとんど内容変わって無いでしょ?ブレない男なので安心してボクのこの提案に乗ってくださいませね(笑)

という事で少々脱線しましたが、ボクの毎日をフィルターにして快く過ごせる”道具”をUNITに集めたらこの3つが軸になったというわけです。


洋服・バッグ・自転車、同じ線上にある道具のご提案の中から、皆さんのリビングスタイルに合ったモノを抽出していただければと思います。

それ以外のボクの必需品の話はまた枝葉末節回で、最近かけてないですが(笑)

今日は雨でしたね、、明日は久々に全休ですので山に行きたかったのですが、、行けるかな。


それではまた明後日です。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






FREDRIK PACKERS 限定モデル受注会、本日も鋭意開催中でございます。






やはりこのSTRAGE BOX ¥34,000+taxがチラチラ目に入ります。この手の3WAYって、UNITでも色々と扱ってきましたし市場でも豊富に出回っておりますが、やはりパッカーズだからこその色気がありますし、ブランドの流行り廃りとも一線を画すパッカーズのブランディングと存在感がしっかり。

ホントにオススメですよ。

そして本日のご紹介、FREDRIK PACKERのラインナップの中でもスポーティさとエレガントさを両立させた小型ショルダーです。






FREDRIK PACKERS 420D SPRED SHOULDER
ユニセックスなデザインで落ち着いた雰囲気のショルダーバッグです。






素材は420デニールのパッククロスナイロン、スムースな触感と光沢感がエレガントな素材。洋服に対する摩擦係数も低くてウール系のトップスやアウターにも相性の良い素材。









ブラック・オリーブ・アンティークブラス(ベージュ系)の3色でご用意しております。
このショルダー、見た目のサッパリ感と裏腹なギミックがたっぷり盛り込まれてるのです。

今日も写真多いです笑






ではまず外側のスリーブ、たっぷり目のマチ付きですので荷物の量の変化にも対応しやすいギミック。ビジュアル的にもアイコンになってますね。






開口部はドットボタン付き、中にはポケットが2つ。






メインボックスの開口部はビスロンファスナー、コイルジッパーはグワ〜っと開く感じですが、こちらはホロホロとほどける感じで違う軽さがありますね。






開くと両側にポケットがあります、コレだとわかりにくいので、、








ひっくり返しました。外側にはコンパクトなポケット、内側にはボックスと同等の深さのスリーブ。








内側にも胴体と同じ深さのスリーブ、大体A4サイズを飲み込むくらいのサイズです。






底を見ると、折り込みのマチがそれぞれ3室にあしらわれてます。内容量に応じて開き、少ない時はスッキリ。






ということで、いつも通りボクの手荷物を入れてみました。






コレくらい入れて70%くらいの感覚です、しっかり入りますね。






そしてもちろんのバックル付きなので、分厚いアウターを着る頃にも楽にカバンを下ろせます。






こんな感じ。
今のようなショートパンツの時期にも爽やかに持てますし、ブーツを履くような季節にトラッドよりなカジュアルスタイルを選ぶ時にもしっかり使えます。

何より見た目がスッキリ、それに対して裏腹な収納力であることがこのバッグの強み。

ジワ〜っと人気が続きそうなバッグです、コレだと老若男女問わずプレゼントとしてもチョイスしやすいと思います。または”小型ショルダーで中々欲しいのが見つからない・・・”なんてお悩みの方にもオススメ。


グッときますよ。






FREDRIK PACKERS 420D SPRED SHOULDER ¥6,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今週は暑さが戻りましたね、、言い飽きたし聞き飽きてるかとは思いますが・・・あ〜暑い。。

定休日はいつも通り大阪で動いていたのですが、JRの事故の時間にぴったりハマってしまい、、炎天下の中JR長岡京から阪急の長岡京まで歩かされました、、、汗だく。。。

そんなことより本日から






FRERIK PACKERS 限定モデルの受注会がスタートです。
暑い中初日にお越しくださいました皆さま、ありがとうございます!

この土日にご予定してくださってる方もいらっしゃるかと思います、暑いでしょうしお気をつけてお越しくださいませ。

数に限りのあるモデルもあります、ぜひお早めに!です、ホントに。。。。笑

個人的には「お、予想外にコレが人気なのかも、なるほど〜。」と、蓋を開けてみるとそんな感想。

実際見ると皆様やはりグッとくるご様子、やっぱパッカーズ良いですね〜なんてお話したり。



ということで素敵な4型と一緒にお待ちしておりますね!



明日はレギュラーのパッカーズの入荷のご案内です、コレまた良いのですよ。。。。笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

この2日、ご来店の皆さんや会う人に「どうした?疲れてる??」って言われたのですが、、、睡眠も足りてるし別にいつも通りなので変だな〜って思ってて今朝気づいたのが・・・多分ですが、家用のメガネだったのかなあと。あ、替えるの忘れた〜まあ良いや〜って出てたのですが、それかなあと。。。ホントに疲れ顔なのかな笑

まあそんなおっさんの顔のことより、パッカーズ受注会のお話の続き。
本日は4モデルのご説明です、ただいつものようにディティール全てを載せると長〜〜〜〜〜くなってしまいますので、仕様的な部分はパッカーズさんのHPにお任せして、通常モデルと違う部分をメインにご紹介します。

と言ってもそれでも多いのですが、、、笑

ではまずTRAIL PACKから。






メーカー商品ページ
フロントポケットが大容量のシンプルなバックパック、500Dデイパックの1回り大きいバージョンという感じのオーセンティックなデザイン。








違いはココ、基本的な素材は全て同じなのですが、レザーパーツの部分をブラックに統一して通常モデルよりもソリッドな感じに仕上げてます。






素材は1000Dのコーデュラです。






こんな感じ、小柄な方でも持ちやすい大きめのタイプ・男性陣ならばちょうど良いサイズ、そんな感じです。


次は500D DAY PACK ミリタリー仕様、






メーカー商品ページ
もはやパッカーズの看板モデルの500Dバックパック、軽量でシンプルなところが女性にも人気です。






今回も素材は500Dですが、全体的にヘビーデューティな作りに。








見た目にわかりやすい部分でテープやベルトをカーキに・パッドを圧縮ウールからウレタンに・D環をクロームから樹脂に、アーミーのバックパックを彷彿とさせるディティールです。そして見えないところで違うのが、






通常モデルは裏地を付けず軽量に仕上げたものですが、今回は裏地をつけて丈夫さを優先。






こんな感じ、男心をくすぐるルックスですが、女性がボーイッシュに持つのもイイですね。


次は3WAY DRAWER、






メーカー商品ページ






通常モデルは500Dのコーデュラですがバリスティックに、そしてシッパータブとネームをレザーに変更してシックな仕上がりにグレードアップしてます。






背負うとこんな感じ。ボクがこのバッグを見て良いな〜と思うのが、縦型に絞ってデザインしてますので、ショルダーベルトをつけたまま背負っても邪魔になりません。









あとはこんな感じ。毎日の電車通勤でも邪魔にならずにしっかり入る、結構大本命なデザイン。言葉数少なめでですが、実際にはコレ一番欲しいかも。。。


そして次は今回の4品番中最も作り込んでいるSTRAGE PACKです、






メーカー商品ページ コレはスペシャルモデルでは無いので変更点はナシ。なのですが・・・メーカーHPのみの販売商品ですので、実際の商品を手にとって見ることは出来ないのです。なので是非ゆっくりご覧になってくださいませ、触ると欲しくなること必至。ボクもリリースしてからずっと気になってまして、でもオーダーは出来ないし、、先日パッカーズのショールームでI氏に「あれ見せてよ〜、欲しいよ〜。」と言うと「じゃあ受注して作ろうよ」と提案してもらいました。嬉しいことです。。。 そしてコレに関しては少しお願いが。生産規定数に達しない場合はドロップとなります、なので奮ってご注文頂けますようお願いしたいのです。

ホントにイイ。

毎日使うのに大きくないのに2泊程度ならば使えてしまう、オールマイティな逸品。パッカーズさんの詳細写真でも充分なのですが、いつも通りボク流のコレだけ入るよ写真を載せておきます。






コレくらいの量を入れて大体腹7.5分目くらいの余裕。






メインの荷室はこんな感じ、






背面のスリットにPCと書類ファイルなんかを収納できます。






背負った感じはコレくらい、結構コンパクトでしょ?






手持ち、






ショルダーベルトを使って。

良いですこれ、






それぞれのパートにあう素材を使い分けてるので総合的に丈夫で軽量に仕上がってます、純粋にかっこいい顔をしてますし。

やっぱり、FREDRIK PACKERSはかっこいいしUNIT好みなポイントを押さえるなと、この4つで再確認した次第です。

うん、自信満々。

そして昨日お伝えし忘れたのですが・・・今回の受注に関しまして、現金でお支払いの場合は5%還元させていただきます。こちらも是非ご活用くださいませ。

それ<では是非是非お越しくださいませ、宜しくお願い申し上げます!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






台風一過の空は綺麗ですね。昨日の午前中は外に出るたびに雨にあいドボドボ、、今年の夏の雨との相性はそんな感じ笑
そんな快晴の夏空がやってきたところで、楽しいお知らせをドンっ、です。






今週8月3日の金曜日からFREDRIK PACKERSの限定モデルの受注会を行います。
先日東京行ってきたよ〜っていう投稿の時にチラッとほのめかしておりましたのはコレ、やはり会って話すと色々思いつくものですね。パッカーズI氏と久々に会い、「最近どうよ〜。」「いや〜そっちは〜?」「コレ好きよボク」「じゃあコレは?」なんて話をしながらスルスルっと、じゃあ受注会しようかねとなりまして。

今回粒揃いです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

びっくりマークが20個並ぶくらいです、ホントに。
ということで4品番のサンプルをお預かりしてます、それぞれ良いのですよ・・・ボクも欲しいのでどれにしようか悩み中。と言うか、限定数の品番もありますので、もちろん皆さま優先です笑

ではざっとご紹介。






FREDRIK PACKERS TRAIL PACK ¥13,800+tax
レザーパーツを限定カラーで製作したタイプです、通常モデルのブラックよりも落ち着いたトーンに見えます。






FREDRIK PACKERS 3WAY DRAWER ¥18,300+tax
コレはパッカーズwebページの商品なのですが、更にバリスティックナイロン仕様にしてパワーアップしてます。






FREDRIK PACKERS 500D DAY PACK ¥15,800+tax
ミリタリー仕様の500Dデイパック、細かいところも特別バージョンになってます。






FREDRIK PACKERS STRAGE BOX ¥34,000+tax
コレは現行商品の中でもトップクラスのモノの部類に入ります、現物を見て注文できる数少ない機会です、全てがスペシャル。


と言うことで、本日は顔だけ。
明日各モデルの大事なポイントを解説いたします、乞うご期待!!!!

よろしくお願い申し上げます!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

降りましたね〜、ボクはメチャメチャ降られた日でした。あ、紙袋無い!と思って四条烏丸まで買いに行こうと店を出てお店に着く直前で土砂降り、これだけ降ると紙袋使い物にならなくなるので無駄足ながら引き返したら・・・帰った瞬間に止む。雨の切れ目をうかがいコンビニ行こうと思って信号待ってたら土砂降り。ポストに行ったら土砂降り。

もういや笑

まあ梅雨ですからね、そういう時もある。

そしてこのところ、自分の持ち物の再確認的な気分になってます。例えば時計、ほぼ毎日のようにミリタリーウォッチを着けているのですが、ここ2週間ほどGショックを久々に使ってます。






厳密に言えばプロトレックなのですが。。これ、カシオさんのホスピタリティを感じた1本なんです。元々は2世代目のプロトレックを10年ほど愛用してました、いつもカシオに送って電池交換をお願いしてたのですが、3回目の依頼時にとうとうムーブメントではなくケースがダメになって交換パーツがなくなっていると。そっか・・・と思ってると、数千円で現行モデルに交換してくれると・・・ほ〜。その場合所有の時計は破棄しなければならないということで、ちょっと悩んだのですが使えなきゃ意味がないので交換していただきました。
結果ソーラー充電だし電波時計で快適だし、有難うございますという感じ。カシオの顧客サービスの丁寧さを感じた出来事でした。
現在進行形の機能美と言いましょうか、やはり良いのですよね。振動に強いということは自転車乗るにも良いということですし、どの環境でも安定した使い心地というのは素晴らしい。もちろん自動巻の時計の可愛さというのもあるので一概にコッチが良いなんてのは言えるわけはない、両方のよさがあるということですね。

そういう意味ではバッグも同じ、ちょっと前にバックパックはいかがでしょうか?という記事を書きましたが、、Gショックと同様に最近自分の中でリバイバル中なのが










FREDRIK PACKERSの500D DAY PACKです。
どシンプルで伝統的なデイパック、名前もそのまま。当店においてはパッカーズと言えばバイクパックのイメージで来たのですが、5年ほど前にこのデイパックが女性に人気がドカンと出始め、以来ブランドの看板商品に成り上がりました。なのでボクが言うまでもなくよさが伝わる存在となったということで、ボクはバッハのビジネスモデルを常用してました、いや、ます、かも(笑)。ほどほどの仕切りとオーセンティックな中に今っぽさを感じさせるルックスで、毎日持つのにストレスゼロのバッハ。しかし面積が広いので汗かきのボクに夏の自転車通勤で汗ボトボト。あ、いつもリアキャリアにバッグを付けたタイプの自転車で通ってて、そこにバッグを突っ込んでたのでなんでも良かったのですが、、ちょっと調子悪くて違う自転車に乗って通ってて(さっさと直せよって話なのですが)。なのでもうちょっと小振りなのにしたいな〜と思ってて、長らく使ってなかったパッカーズのデイパックを思い出し、引っ張り出し。

すると、、、、やはり人気のあるものは良いのですよね。

シンプルイズベストであることは言うまでもありませんね、単純明快な使い心地。






芯地を入れない作りであることが口の全開っぷりを応援してて中のものを突っ込みやすい。ポケット類はメインボックスにはないので小物入れを何か使うのが良いですね、因みに黒の場合は特に色の軽いポーチにした方が中身が見やすいです。仕切りがない分自分好みで使えるワケです。






外のポケットには長財布と鍵と携帯でちょうど良い気分です。
とりあえず必要そうなモノを入れて容量の約半分くらいを消費する感じ、ボクは本やらなんやら持ち物が少なくない方なので、持ち物の多い女性陣がこれを気にいるのがわかります、全体的にはコンパクトなのに十分に荷物を入れられる。






500デニールのコーデュラは安心感ありますし、






ショルダーハーネスもフィット感が良い。






ボクが背負ってこのくらい、ユニセックスなサイズ感とデザインです、電車の中でも邪魔になりにくいし。


やはりシンプルに作られていてその存在が許されるモノというのは、普遍的なよさがあるということですね。

再確認、うん。

それからボク、自分のは自分流に使いやすいようにアレンジしてます。これはパッカーズさん非公認の手術なのでここでは明記しませんが(笑)、ご希望の方がいらっしゃいましたら大きい1コインくらいの手間賃を頂いたら出来ると思います。よろしければご相談くださいませ。

カシオさんの真似っこ(笑)

本日はこの辺で。






FREDRIK PACKERS 500D DAY PACK ¥11,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨夜も結構揺れましたよね、朝もちょっときたみたいで。夜は嫌な感じでしたが朝は気付かず寝てました、、、もうちょっと敏感になれと友人に諭されましたが、、、、。

自分のことは適当になっちゃいますが、例えば実家の両親は?となると「ちょっと、、ちゃんと準備しといてよ・・」なんて思います、勝手ですよね笑

“とりあえず落ち着くまではカバンと靴は枕元に”

なんて昨日はよく目に耳にしたフレーズでした、確かにそうですね。カバンも有事の際の行動のしやすさを考えるとバックパックが良いですよね、ということでUNITでまずご提案できるのはココ。
そういう意味合いでもそうですが、単純にコレから夏のレジャーやお出かけにも必要になってくる存在。

ということでさっと使いやすそうなモノをちょっとおさらいです。






NUNC Rectangle Backpack ¥25,000+tax






NUNC Daily Backpack ¥22,000+tax
ヌンクさんのパックパック、どれも内装が充実しておりまして、収納場所を決めておけばスムーズな出し入れができます。大脳直結、いつも同じカバンを持ちたい人にはとても便利だと思います。デザインも都会的でありますのでオンオフ兼用で使えますよ。






BACH TRAVELSTAR28 ¥20,000+tax






BACH FLINTSTONE ¥13,500+tax
もはや定番ブランドの域にあるバッハ、この2品番は人気者2トップです。アウトドア本道のルックスながらオーセンティックな香りもありますので普通にカジュアルバッグとして優秀です。1000デニールのコーデュラナイロンは安心感満点です。






FREDRIK PACKERS TRAIL PACK ¥13,800+tax






FREDRIK PACKERS MISSION PACK ¥10,800+tax






FREDRIK PACKERS 70D COMUTE PACK ¥10,800+tax






FREDRIK PACKERS 500D DAY PACK ¥11,800+tax
そしてUNIT定番のフレドリックパッカーズ、やはりこの軽量でシンプルなバックパックは使いやすいです、女性にも持ちやすいデザインですよね。個人的にも最近500Dのデイパックをクロゼットから引っ張り出してリバイバル、日々使うのに丁度良いサイズ感でちょっと嬉しくなってます、何年も使って無くてごめんね〜って笑。やはり伝統的に続いてるマスターピース的デザインは理由がありますね。

ということで、バックパックのリニューアル・新調、いかがでしょうか?

施肥ご相談くださいませね。


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×