UNIT

こんばんは。

本日はマリーンデイのバッグ、昨日の写真に出てましたね、






CHICKEN.JP です。
「ザ・シンプル」そんな雰囲気でしょ?






メインの素材は6号帆布、カチっとした風合いが信頼性をアップさせてます。艶のあるカーフレザーも相変わらず安定したクオリティ。






しっかり脚付きですのでカバンの寿命を延ばしてくれます、有るのと無いのとでは大違い。






マリーンデイのラインナップ中では濃いめディティールのオーガナイザー、外観のスッキリさとの対比が素敵です。チラッと見えると嬉しいですよね。






オリジナルの真鍮キーリングもモチロンです。






176cmのボクが持ってこれくらい、女性にもイイくらいのサイズです。






こういうトート、探すと意外に見つからない、、バッグレングスがほどほどあって・足らなくならない程度に幅もコンパクト・でも存在感はしっかり。


MARINEDAYらしい、シンプルを突き詰めた絶妙なバッグです。






MARINEDAY CHICKEN.JP ¥14,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

前回BACHのTRAVELSTAR28をご紹介して中2日、展示会をまわったりなんだかんだしながらモヤモヤしておりまして。と言いますのもバッグの組み合わせをお伝えしきれてないというモヤモヤ。なので今日はその補完を試みようと思います。

前回をトレースして旅行の前提として2〜3or4日、一週間以内の旅行で着替えをインナーと下着のみという縛りでの組み合わせの話です。

それでは前回「荷物が増えるならコレを〜」というふうに言っておりました、






BACH ITSY BITSY です。
この写真の状態に荷物を詰めて25L、パッカブルのザックとしては大容量だと思います。






軽いリップストップをメインに強度が必要な部分にはコーデュラを配置、






ハンドルもありますし・ハーネスもエルゴノミックなデザインかつパッド代わりの芯地が背負い心地をキープ、油断のない作り込みです。










中のポケットにグリグリ突っ込んでいくとこのサイズ、行きはこの状態でTRAVELSTAR28の底に忍ばせておきましょう。






満タン充填でこんな感じ、






実際の感じはこのくらいでしょうか。


そして行きも帰りも、手回りの物を入れておくポーチ、ここは前回言いました通りFREDRIK PACKERSにお任せいただければイイ、そしてこちらの選択肢もしっかり目に追加。前回の時点では

「出先で使うFREDRIK PACKERS BIKE PACK LIGHT、これに関しては帰りに荷物が増えるようならばBACHのITSY BITSYを、パッカブルのザックで25Lの容量ですので安心です。単純に旅だけならこのBIKEPACK LIGHTや先週ご紹介したDIVISION PACKも。」

というご紹介をしました。もちろんこのバイクパックライトとディビジョンパックをイッティビッティと併せ持ちするのも良いのですが、もっとコンパクトを目指すとなりますと






FREDRIK PACKERS DIVISION HIP PACK
という選択肢もあるなあと、昨日反省してた次第であります(笑)こちらはディビジョンパックをさらにミニマルにしたモノです、しかしながらこちらの方がギミックとしては上かも。








500デニールのコーデュラと10コイルファスナーはこのサイズになっても変わりませんが、コンプレッションベルトが付けられてたり・ヒップパックというだけに腰に回せるようにバックルも追加されてます。

さっきから「サイズが小さく」と言ってますが、どれくらい差があるかと言いますと、






DIVISION PACKでこれくらい、






DIVISION HIP PACKだとこれくらい減ります。
ボクの感覚としては、長財布を使うか使わないかでどちらかを選んでも良いかなあという具合。






斜めがけ、






ウェストに回して、こんなニュアンスです。


それぞれの重量はと言いますと、

・BACH ITSY BITSY = 240g

・FREDRIK PACKERS DIVISION PACK = 150g
・FREDRIK PACKERS DIVISION HIP PACK = 140g
・FREDRIK PACKERS BIKE PACK LIGHT = 230g

BACH TRAVELSTAR28+ITSY BITSYの組み合わせに、この140〜230gあたりのバッグ1個をプラスしてもまあたいして変わらない・・・ならば持っておいた方が賢い、ということになるでしょ??ちなみに「200g前後」で検索すると、






大きめののどぐろの干物1枚分の重さでした(どちらかのお店さん、画像拝借失礼します)、これで快適に旅できるのですから損はない(笑)


ちなみにそれぞれの併せ持ち姿、






+ITSY BITSY(お土産入り帰宅バージョン)の場合は、TRAVELSTAR28のショルダーベルトを使いましょう。






+BIKE PACK LIGHT






+DIVISION PACK






+DIVISION HIP PACK


という具合です、今日の服装からしても・・・これ、リアルにボクの旅行スタイルです笑(alk phenixの服は恐ろしく乾くスピードが速いので、ホテル室内で洗えてしまったり。)
個人的な好みだとトラベルスター+イッティビッティ+ディビジョンパックの組み合わせかなあ、、、。

というか、、、ボクどんだけ旅行目的でカバンのご紹介を続けるんでしょうね、、、現実逃避したいのかな(笑)
流れ上こういうご紹介になっておりますが、賢明な読者の皆様ならば普段使いにもどうぞ・むしろそっち・・・と、この後ボクがいうことも予想済みかと(笑)



しかしカバンって楽しいですね、道具感とファンション性が丁度半分ずつな感じがしてなんだかワクワクします。

新しい季節に是非。






BACH ITSY BITSY ¥6,500+tax FREDRIK PACKERS DIVISION HIP PACK ¥5,500+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

昼はなんだか温んできてるのですが夜はちゃんと寒い、そんな春前の儀式なような時期ですよね。花粉の気配も・・・もうグズグズきてる人もちらほら身の回りで見かけるようになりました、あああああぁぁぁヤだな〜笑

そんな花粉の飛行におののきながらですが、なんといっても春です。新しい季節ですのでカバンを新調!なんてお思いの方も多いかと。カバンが得意なUNIT、もちろん本ブログでもちょくちょくカバンをご紹介してるのですが、本日は旅行用の小型バッグを。






本日はBACHから、充実でしょ?他府県からお探しの方もお越しいただいてます。大手さんで欲しいのが無かった方、是非どうぞ(笑)
そんなBACHのラインナップの中から、2,3泊までくらいを想定した、






BACH TRAVELSTAR28 です。
名は体を表しているワケでして、旅行で大活躍な28Lサイズのバッグです。ルックスも良くトラベルという名前のわりに圧迫感のないサイズなので普段使いにも選ぶ方も多い、最近のBACHの中では人気の高いモデルだと思います。ボク自身も出張・旅行にはコレです。

では詳細、今日は写真多いです。






フロントパネルには3つのポケットとボトルホルダー、それぞれのサイズで程よく使い分けられます。






ボトルは500mlペットでちょうど良い感じ、写真のklean kanteenは473mlサイズです。








ハンドルは上部とサイドに、ショルダーベルトもしっかりバッド付き。






両サイドにはアジャスターがありますので、内容のパッキングに応じてしっかり中身を固定。








背面のジッパーをジ〜っと開けると、ショルダーハーネスが登場。背面のパッドの中にはエルゴノミックのフレームが入ってます、しっかり作られてますのでむしろコチラがメインかも。

外観はこんな感じです、必要にして十分なギミックと安定感のある雰囲気ですよね。

では内装、






フルオープンで固定用のストラップとオーガナイザーが完備、さすが旅行用です。






因みにメインのジッパーは10コイルで物の噛み込みにも優しく、丈夫で引きの軽いタイプ。そしてきっちりポイントを抑えてるな〜というのが、穴のあいたタブが隅につけられてるところ。鍵をつけられるので安心なのです、素晴らしい。








3泊を想定してパッキングしてみました。

・着替えやタオルなどを入れたスタッフバッグが3つ(赤・青・白)
・BACHのアクセサリーポーチ(後日ご紹介しますね)
・その他小物のポーチ(黄)
・パッカブルのダウンJKT(グレー)
・iPad
・傘
・デジタル一眼レフ
・その他小物類
・出先で使うFREDRIK PACKERS BIKE PACK LIGHT、これに関しては帰りに荷物が増えるようならばBACHのITSY BITSYを、パッカブルのザックで25Lの容量ですので安心です。単純に旅だけならこのBIKEPACK LIGHTや先週ご紹介したDIVISION PACKも。

ね?バッチリでしょ??






ショルダー、






バックパック。
基本的に後者派なのでいつもショルダーハーネスを外していくのですが、こうやって眺めると中々イイなあと。上で言いました荷物が増える場合、カバンが2持ちになるのでショルダーベルトは外さずに行くほうが得策です、色んな持ち方出来たほうがイでしょ。

しかし・・・旅、行きたくなりますよね。こういうこと書いてるとホントにそう思います。







是非京都へおこしやす、鴨川にポンとカバンを下ろして一服・・・・そんなロケーションもイイでしょ(笑)

なるだけ安定供給を目指しておりますが、、、、油断のないようにお願いします。






BACH TRAVELSTAR28 ¥20,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は久々にMARINEDAYのご紹介。

UNITとしましてはとても馴染みのある素材、






66オックスフォードナイロン、バリスティックナイロンといっても良いですね。UNITの場合だとFREDRIK PACKERSさんに別注する時によく使う生地、MARINEDAYさんでは去年からラインナップになってるのですが、これがまた他社さんとは違う趣きというか表情というか。。とにかく素敵なのです。






今回はこのGLIDEです。






66ナイロン・カーフレザー・真鍮、上手いマッチングですよね、スポーティに振られないのはオリジナルの真鍮パーツが良い仕事をしてるのでしょう。






シンプルな封筒型、そとのポケットはルックスのワンポイントと実用も。






中は巾着型のオーガナイザー、先にはキーホルダー、安定のギミックです。






このモデルはベルトで長さ調節できます、ルックス的にもココをボリュームアップすることで全体の引き締め効果もあるような気がします。






男女共に使い易いサイズですよね、これは使えそうだなあ。。。


こういう何気ない魅力のバッグに、何だかMARINEDAYの魅力が詰まってるような。

もちろんのオススメです。






MARINEDAY GLIDE ¥14,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日の商品はボク自身もずっとカバンに入れっぱなし、というかいろんなカバンにポンポン入れられて使いっぱなし、そんなポーチです。





DSC_1170

DSC_1168
KLEIN TOOLSのジッパーバッグを2型。
1857年にアメリカの鍛冶屋さんからスタートしたプライヤーが得意な工具メーカーです、電気工事のお仕事の方に絶大な人気を誇るブランド。そのクラインツールズのバッグ類はレザーやキャンバスの質実剛健な素材で作られてます、ご紹介するバッグも元々は絶縁キャップなんかを入れる為のモノみたいです、バッグとキャップの色を揃えて使うと作業効率が良いという感じみたいですね。実際アメリカの工具店やホームセンターでは普通にぶら下がってるみたいですよ、そして変わらずアメリカ製だというのもなんだか嬉しい気がします。





DSC_1163
真鍮ジッパーのルックスって良いですよね、そして安心感も。最初は硬いのですが使い込んで馴染ませていくのもなんとなく嬉しい。





DSC_1164
6号帆布、ガッチリ・シッカリ。





DSC_1177
マチ付きの深型は4色、





DSC_1173
封筒型は8色。





DSC_1172
ちょっとそこまで、くらいの感じならクラッチ代わりにもなります。常に必要なモノをここに入れておけばカバンを替える時にもラクです。道具の小分けにももちろん、使い方はそれぞれお好みで。女性にも人気ですのでホワイトデイのプレゼントにも。


こういう小物って、なんだか嬉しくなりますよね。





DSC_1160
KLEIN TOOLS ZIPPER BAG ¥2,200+tax





DSC_1166
KLEIN TOOLS CANVAS ZIPPER BAG ¥2,900+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

今日は寒い・・・ボクとしましてはこの冬一番かも、店内の暖房の組み合わせが今年のMAXです、笑





IMG_0991
昨夜の自宅周辺(北山のほう)はこんな感じでした、一緒に帰ってた友人も寒いを連発してました。これくらいの感じって積もるより寒いんですよね、風あるし。。。
SNSを眺めてるとリアルが充実している友人知人が沖縄その他南国に行ってたりして、まあ羨ましい。。。笑

旅行といえば・・「旅先で荷物をおいて、、じゃあ出かけるぞ〜」なんて時にも良さそうですし・普段でも「手回りの持ち物だけで軽快に出かけたい」なんて時も・もしくは「大きな鞄やいろんな鞄を持ち替えるので毎回必要なモノは小分けしたい、かつそれだけでも持ち歩けたら」なんでわがままにも付き合ってくれそうな、、、。そんなバッグが本日ご紹介の




DSC_1138
FREDRIK PACKERS DIVISION PACK です。





DSC_1144
素材は安心の500デニールコーデュラナイロン、強度・耐久性・軽さ、3拍子揃った素材。





DSC_1146
10コイルファスナーでメインボックスの開閉を、大きめのナイロンコイルは引きが軽くてイイです。背面のスリットもしっかり使える深さ。





DSC_1155
そして、なによりもこのバッグの強みになってるのがこのマチ、このおかげで見た目以上の大容量に。





DSC_1154
これ、何が入ってるかといいますと・・・





DSC_1156
携帯電話・ヘッドホン+Bluetooth・鍵束・カードケース・長財布(MARINEDAY FLAT3)・ハンドタオル・文庫本・歯ブラシ・細かい色々、、(因みにスプレーとジャー容器にはどちらも9coconoの樹露を入れてます、是非、笑)、という内容。かなりでしょ?、本当に見た目以上の力持ちです。





DSC_1159
これくらい、軽快さを十分に感じられる大きさです。

この鞄、「なんだかんだでコレ」という方も多いです。実際使い倒して2個目を購入なんて方もちょくちょくおいでです。
プレゼントにも良さそうな商品ですので、ホワイトデーにもイイかも使れませんね。


パッカーズの底力を感じられるバッグです。





DSC_3716
FREDRIK PACKERS DIVISION PACK ¥4,500+tax
(通販ページはコチラ)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は久々にFREDRIK PACKERSの補充案内です、というか基本強化月間にパッカーズをご紹介しないワケにはいかないでしょ、、、というのを先日パッカーズ氏と電話で話してて突っ込まれました(笑) とまあ半分冗談として(半分はホント)、UNITがスタートして一番最初にご紹介したブランドがパッカーズさんですので、ボクとしても思い入れはひとしおなのです。

そしてここ数年で女性人気がアップ、むしろ女性のほうが街での遭遇率も高くなってる気がします。ということで、明後日のバレンタインデーでシッカリめのプレゼントをもらいそうな男性諸氏に向けて安定の2型をご紹介します、来月の準備はお早めに(笑)

先ずは女性人気の火付け役、今も変わらず不動の人気な





DSC_1014
500D DAY PACK
いわゆるデイパックの王道を行くオーセンティックなデザインです。





DSC_2759
500デニールのコーデュラナイロンとレザーパーツ、少し大きめで引きの軽いコイルファスナー、安定した素材の組み合わせ。





DSC_2728
シートベルト素材で圧縮ウールフェルトを挟み込み、クラシカルなルックスと絶妙なフィット感。





DSC_2752
コーディネイトを選ばない、なんともちょうど良いバックパックです。


その次、UNITでは500D DAY PACKの対抗馬的な存在となっております





DSC_1013
EXPEDITION PACK
個人的にもこのバックパックの程良さが気になっております。





DSC_1043
何よりこの420デニールのOXというのが本当に使い易い、ボク自身最も多用しているOUTING PACKもこの生地、軽いのに強度もシッカリでルックスもちょうど良い光沢感で落ち着いたコーディネイトの時にも遜色ない。





DSC_1037
外側の荷室のマチもたっぷり、見た目以上の収納力。





DSC_1021
メインボックスの中にはB6の手帳が入るくらいのポケットが。そして個人的にグッとくるのが





DSC_1034
外のポケットにも小さなオーガナイザーが、ココはかなり好感度アップです、大きいポケットですのでコレが有るのとないのでは使い勝手に大きな差が出ます。





DSC_1038
ショルダーハーネスも多めのパッド入りで楽々。

500D DAY PACKに比べると都会的なデザインかもですね、アメカジの匂いを欲してない方にはこっちの方がいいかなあと思います。とはいえ500Dの王道感というのは不動の魅力、、、、悩ましいですね。



FREDRIK PACKERS、もちろん他のモデルもしっかりラインナップしております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。





DSC_1011
FREDRIK PACKERS 500D DAY PACK ¥11,800+tax
通販ページはコチラ




DSC_1012
FREDRIK PACKERS EXPEDITION PACK ¥11,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はバッハの新作CHRISSIE BAGを、発案者の名前なんでしょうかね、女性に多い名前みたいなので女性向きとも言えるのかも。





DSC_0977
こういうシンプルで10L程度のショルダーバッグは、ひと昔前のアウトドアブランドは結構リリースしてたのですが、最近はあまり無いかも知れません。おじさんの昔話になっちゃいますが旧MADDENやDANA DESIGNはこの手のバッグが得意だったような記憶が。ボクもマデンのショルダーを愛用してました。
フロントパネルのデザイン、バランスがシンメトリーでディティールがアシンメトリーというのは何ともそそられます。




DSC_0986
メインの素材は1000デニールのコーデュラでスリット側のみリップストップ、デザイン的にもアクセントになっていいですね。





DSC_0985
ジッパー側はマチ付きなので細かい物をワサワサって突っ込むにも都合が良い。





DSC_0988
メインの荷室へのアクセスはダブルジッパーなのでストレスが少なく、大きめのコイルで引きも軽い。日常使いのバッグは開閉が多いのでこういうところはとても重要。





DSC_0970
メインの荷室を挟んで背面と向こう側にポケット。背面は薄くパッドを入れてますのでタブレットなんかを持ち運びやすい、反対側は小分けのポケットを追加してます。毎日同じカバンを使う人にも勝手が良さそうですね、たまに使うって場合でも過分さは感じないと思います。





DSC_0984
もちろんアウトドアなデザインがベースなのですが、結構シックな雰囲気を帯びてますのでスポーティなコーディネイトにとらわれず、ボーダレスに使えそう。キャリーバッグでの旅行の時の手回り用のバッグにもよさそうですよね、穴あきのジッパータブなので後から小型の南京錠も付けられて海外旅行にもバッチリ。





DSC_0990
スニーカー・iPhoneと比べるとこんなサイズ感です。


ほしーなー、コレ、、、あ、コスパも高いので頑張り気味のバレンタインのプレゼントにもイイかもですね。ボク、今日誕生日なので自分にご褒美しようかな。。。笑



コレ、人気でそうです。お早めに、要注意です。

WEBストアにもアップしてますので、こちらも是非ご利用くださいませ。



DSC_0998
BACH CHRISSIE BAG ¥7,500+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

今日は入荷の整理をコツコツ、中でも新作やUNIT的オススメがしっかりと届いたのはBACHから。





DSC_0950
既存の定番もしっかり、





DSC_0916
そして新作も色々届いております。
新作の猛プッシュなモデルも届いておりますが、その前に本日はUNITとして最もオススメしたいモデルを。





DSC_0939
GATEWAY
バッハ唯一のビジネスモデルですが、タウンユースとしても使い勝手の良い懐の広さを持ち合わせたモデル。ボクも愛用しておりまして、もっぱら





DSC_0936
ショルダーハーネスを出して、





DSC_0940
バックパック仕様で使ってます。





DSC_0929
背面にはキャリーバッグ様のホルダーもありますので出張にも連れて行けます。





DSC_0934
フロントパネルには大中小のポケットが3つ、それぞれのサイズバランスが丁度良い。





DSC_0931
メインボックスはフルオープンで、ノートPC用にクッションパッドを装備した38×31×4cmのオーガナイザーを装備。





DSC_0933
外側のジッパーから直接アクセスするのでもたつかなくて良い、ノートPCを持ち歩かなくても書類を入れるにも型崩れを防げて助かります。





DSC_0927
手持ち、





DSC_0928
混み合った電車の中などは縦に持つと邪魔になりません、





DSC_0937
ショルダー、





DSC_0926
バックパック。

という感じでシンプルでカテゴリーの境目の無いルックス、スタイル・シーンにとらわれず幅広く使えるのがお分かりいただけるかと思います。サイズはメーカー発表で20L、使った感覚ではもうちょっと容量が大きいように思えます。写真をご覧いただければわかる様に普段使いに大きくないサイズ感にもかかわらず、下着・シャツ程度の着替えならば2泊程の旅行でも使えました。

本当にオールマイティなバッグです、デザインも飽きないですし1年間のほとんどのシチュエーションで使えるモノだと思います。


新鮮さと安心感の同居した、秀逸なモデルです。





DSC_0948
BACH GATEWAY ¥19,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

UNITの定番ご紹介シリーズ、本日はマリーンデイを。

MARINEDAYはブランドがスタートして10年以上、シンプルで色んなスタイルに合わせやすいユニセックスな商品を変わりなくリリースしています。デザインイメージ的にはゴツゴツした男っぽいところがないのでレディース〜ユニセックスのお店での取り扱いが多く、ひょっとしたらメンズオンリーのセレクトでの展開はUNITだけだったりして。
ブランドを手がけるH氏とは彼もボクも前職の頃からの付き合いで同い年、見てきたモノや好きなニュアンスも近かったりで気の合う仲間。シンプルなスタイルをカッコよく着こなす大人でもあり、ボクにとって欠かせない人物でもあります。
UNITをスタートした当時は、UNIT自身がどういう方向に進むか掴めない部分もあったので恐らく間違いなく受け入れていただけるであろう





DSC_0744
FLAT3とBOAD2のみの取り扱いだったのですが、気づくとすっかりトータルで展開になってました。このFLAT3と共に変わらず定番として存在し続けてますのが、





DSC_3518
本日の話題であるFISHFLYです、この配色はUNITのお願いでちょこっと作ってもらったキナリ×ブラックで





DSC_3519DSC_3520
キナリ×キャメルとエボニー×ブラックが本筋の定番。





DSC_0942
パラフィンの麻帆布とオリジナル真鍮パーツにカーフレザー、マリーンデイの黄金比率。





DSC_2325
メインの荷室を挟むポケットがこんな感じ、過不足の無い丁度良いディティール。





DSC_1762_20150127174649f66
A4も入りますし、普段使いにジャストなサイズ感。





DSC_3527
こうやってディスプレイされてる姿をみても本当にイイ空気感、売る側としても安心感のある存在なんです。

まだお持ちじゃ無い方は是非どうぞ、使い古して代替わりをお買い求めの方もいらっしゃったりします。

信頼度の高いMARINEDAYを代表するモデルだと思います。





DSC_3522
MARINEDAY FISHFLY ¥13,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×