UNIT

こんばんは。






京都の街路樹は銀杏が多く、この時期風がビューっと吹くと地面が葉っぱの絨毯。通り過ぎる分には良いのですがその前のお家やお店は毎日掃き掃除、UNIT前の銀杏は日当たりの具合が良いらしくいつも最後まで青々としてます、なのでいつも最後まで掃き掃除(笑)。大家さんのお手伝いをしながら毎年そんな感じです。






気づくとフードの中に、なんだか可愛く思ったりもします。

本日くらいから京都市内の最低気温も0度を下回っているようです、本気の寒さが始まりましたね。本日の商品は”ここを暖かくしたら着過ぎなくても良い”という方や、”もう1追加して暖をとりたい”という方にも。






alk phenix crank vest







スッキリした印象とギミック感が同居したような表情ですね、薄手で身幅に程々の余裕を持たせたベストなので厚手のニットやスウェットの上にも着られる優れモノ。都会的なデザインが良いです。






前立てをパラパラっと開くと半分だけジッパーが。そうなんですよね、これがちょうど良い。裾は体の動きを考えると自由度が高い方が良い、でも保温のためには風の侵入も防がなければ、というポイントをしっかりおさえてます。






襟ぐりはゆとりアリなので重ね着もしやすい、ストールも巻きやすいですね。






前立ては見頃と一体で裾は開いた状態、視覚的にもポイントになってて格好良いです。






脇から裾まで大きく開くポケットは中にもう1つポケットがあります、合理的なデザイン。ベンチレーションの意味合いもありますね。






背面にそっとリフレクターのロゴ。






そして素材、これが素晴らしい。のEPICはストレッチのリップストップ、伸縮性・透湿性・耐水性・速乾性を兼ね備えた軽量素材。裏地のエンボスダンボールニットも話題の新素材でこの薄さながら保温性が抜群に良い。要は「薄くて軽くて暖かくて快適な湿度も保てる」ということ、最高ってことですね(笑)

そういう立ち位置のベストなので、






カットソー1枚の上に着る時期から、






シャツの上、






ニットの上だって。






ニットとこのベストを着た状態でアウターを楽々着られます、コーディネイトのアクセントにも良いですよね。

実際体幹と首の温度調整で年中快適なのです、そういう意味ではこのベストは5〜9月以外の7ヶ月はレギュラー捨上できます。今の時期だと温めると着るモノが1枚減ったりもしますし、ちょっと寒いな〜って時も袖がない分丁度良かったり。
ベストの使い方が分かると楽ですよ。コーディネイト的にも全体がまとまったりもしますし、洒落感が増しますし。

個人的にはベストとバックパックにブーツというバランスが大好きだったりもします、うん、想像するだけで格好よろしい。



他では見つからない、存在・存在感のベストです。






alk phenix crank vest/EPIC X 3D urake ¥36,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

昨日は重たいお天気でしたが本日は雲の切れ間から差す日差しが嬉しい日和でした。京都は紅葉シーズンの始まりの時期、今年は寒暖の差が少なかったのでどうなんだろ、でも昨夜からグッと寒くなってきたので綺麗な色になりそうですね。しかし昨日は予想外の寒さでした、友人に持ってきてもらったアウターがなかったら震えながら帰ってたかも、、、。

前回チラ見せしたアウターに昨日入荷したモノを合わせてここ数日のラインナップをご紹介しておきます、早速ちょこちょこ動き始めてますのでお早めにです。

まずはBEAVER OF BOLTONです、キルティングで軽量ながら暖かくデザインもオーセンティックで軽快な大人のアウター。








BEAVER OF BOLTON BIG FLAP JKT ¥28,000+tax
シングルのPコート的なデザイン、トラッドなコーディネイト〜チノ+スニーカーのようなスポーティな使い方まで軽快に着られるアウター。






BEAVER OF BOLTON NO CLLAR SHORT COAT ¥24,000+tax
ショートコート丈ながら軽い印象のデザイン、リブを配した袖もアクセントになって良い表情ですね。ストールを合わせたり・タートルを着たり・パーカを中に着たり、コーディネイトでたっぷり遊べそうなコートです。






BEAVER OF BOLTON BORDER ¥36,000+tax
ロング丈でアウトドアコートのディティールを取り入れたデザインです、純粋に格好良いですよね。ワイドパンツにスニーカーなんて少し外したコーディネイトをしたくなる感じ、逆にスーツを合わせても良さそうですのでお仕事にも。


次はARANから60/40のコットンナイロンのグログランを使った2型。










ARAN TSURING JKT ¥32,000+tax
UNITの定番といっても良いこのJKT、ミドルゲージのニットを着た上にも楽に着られる余裕がありながらスッキリしたシルエットで汎用性の高さが素晴らしい。どんなスタイルにも仕上げられますので1枚あると大活躍間違いなし、雨にも強いので更に良し。






ARAN HOODED COAT ¥36,000+tax
ひと言でお伝えすると・・大人のモッズコート。JKTスタイルにも是非合わせていただきたいですし(今日のボクがそう)、ゆるいニットに細いパンツなんてカジュアルにもモチロン。ミリタリーの匂いを上手く落ち着かせたベーシックさが付き合いやすい存在にしてます。


alk phenixからはこれ、






alk phenix slope parka/epic× 3D urake ¥56,000+tax
紫外線に強く・雨にも強く・通気性もよく・静電気を防止して・保温もバッチリ、そして軽量で薄型。なんと言いますか、、、これでどうにでも出来そうなパーカです。スポーツて的JKTです絶妙なデザインでシックな外観です。個人的にはウールのパンツとスニーカーとか、そういうミックスアップをしてみたいです。
アルクのご紹介の時にいつも言ってしまいますが、、旅行に最強かも。


という感じでサクッとご紹介、平日の投稿で紹介をしっかりお伝えしますね、よろしくお願い申し上げます!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

いや〜、本日は嬉しい始まりでした。






このメガネ、2ヶ月前に無くなってたのです。お酒を頂いてフワフワ帰宅、ソファで寝転んで2時間ほどでベッドに移り朝目が覚めると、、、無い。ん?、、、どこかに忘れた??、いや、それなら見えないので帰れない。なのでそこらじゅう探したのですが・・・・無い、本当に無い。
先輩は「コンビニのATMに置き忘れたんじゃない?」なんておっしゃってましたが、行ってないし先輩方のような老眼まではまだ少し間があるら外すこともない笑
そして一旦諦め、それでも時折思い立って自宅内を探したのですが、無いものは無い。仕方ないし代わりをそのうち買いに行こうと思っておりました。

それがですね、今朝目が覚めてちょっとお仕事のことを考えてて「去年の今頃何着てたっけ?」と思い、携帯内の写真を遡ってたらそのメガネをかけてる頃の写真が出てくるわけです。やっぱこのメガネ好きだな〜と思いつつ、あそこも探したしなあ・・・と反芻しつつ、外す場合のボクの動きをシュミレートしてたのです。それで数パターン思いついたところで、、、ん?もしかして!?と探してみると・・・・あっさり出てきました笑

それが場所的には何回も何回も見たところだったのです。。。






それがココ。探さ無い方がおかしいと思うでしょ?その通り、10回は見ました。

しかしその探した”つもり”が盲点。

ソファの裏は低い本棚になってまして、その上に板を渡して小物ケース等を置いてるのですが、絵の上部の下空間があり、木箱を置いてポスターのケースや使って無い革の生地などを丸めて立てておりまして、その奥に滑り込んでたのです。それを






こちら側から探してました。しっかり見てたつもりなのですが見えてなかったのですね。んで今朝考えてて、いつもソファの左袖(最初の絵の上側ですね)に頭を置いて寝転ぶのですが、外してテーブルに置かず左手で外してポロリしたんじゃないの?ってことは、、、ひょっとしたらいつも探してた反対側(ソファの背中側)から見るともしかしたら!!!






で、こっちから見たら木箱の奥底に滑り込んでました笑
そして朝というのが良かった、ボク目が弱いので部屋の照明が暗め、夜に探してて見つからなかったという側面もあるかと。

いや〜嬉しい、本当に気に入ってたメガネなので。

モノを見る角度を変えるのは大事なことであるというのが身に沁みて分かりました、勉強になりました笑


はい、嬉しくて無駄話に気合を入れすぎました笑

では本日のお話、まずは定点観測的なのを。








毛糸モノの本格的な時期になりました、STELLA ROSSAのストールも好評、必ず連れて帰ってくださいませ。そしてGuernsey WoollensのGUERNSEY CARDIGANもここから主役になりますし、前回お知らせしたFISHERMANのCREW NECK KNITも大活躍間違いなし。






vitterのハイゲージのクルーとカーディガン、これも色んなコーディネイトに滑り込みですのでバッチリ。








そしてBEAVER OF BOLTONのアウターも揃いました、今年はいつもに増して秀逸かも。。。追い追いご紹介しますね。

そしてここから前回の補完をお話します。






FISHERMAN CREW NECK KNITですね、風合いも良くシンプル、だけどしっかり意思表示もある。汎用性の高さも魅力ですので、本日は4パターンの味付けをお知らせしてみようと思います。






まずは最も”らしい”コーディネイト。
ARAN FATIGUE PANTSVALCANIZER MOCK TOE WORK BOOTSでオーセンティックなアウトドアニュアンスなパターン、オイル引きのアウターやキルティングJKT・ゴアテックスのマウンテンパーカやアメカジ的なアプローチにも。






ベーシックな落ち着いたカジュアル。
FOBのONOF PANTSとGERMAN TRAINERで王道ベーシックを、この場合全てのアウターにマッチングすると言い切って大丈夫だと思います。これ以上説明の必要も無い笑、中にシャツを着て上品さをアップさせるのもイイ。






ということでさらに上品なイメージにしてみました。
Pt.Alfredのノープリーツレギュラーストレートとフルブローグのドレスシューズ、ベースのイメージは粗野なニットなのですがシングルソールのドレスシューズとも相性が良い、ダッフルコートなんかを着たくなりますね。もちろんダブルソールのカントリシューズは更に相性良しです。






いやいや、スポーティに合わせられなくては!という方ももちろん。
alk phenix crank pants /karu stretchFRENCH MILITARY TRAINERで、ダウンベストを合わせたりナイロン系のコートを合わせたり。新素材のコーディネイトをグッと引き戻して落ち着けるにはちょうど良い存在、風合いシッカリですがプレーンなスタイルなのでそれをしても嫌味になら無いのです。

ということでしたが、、、いかがでしょう?
本日は登場しておりませんがスウェットパンツもイイし・コーデュロイももちろんだし・デニムだって言わずもがな、本当に有用でクセになるニットです。前出のストール同様ワードローブに必須です。

そして番外編といいますか、ちょっとお節介というところかもなのですが、、、、前回「Mなら女性も着られる」と言ってたのを覚えてます?
ということは少しサイズ取りが小さめ(と感じる人もいる)かも知れません。ということで、ボク定休日の間に裏ワザを試みてきました。










という具合にちょっとサイズアップ。
これは洗濯と干し方で可能なのです、あくまでも裏ワザでネット上で大声でいうのはアレなので、知りたい方には直接お伝えします。

ニットってこういうのが可能なので便利、永く存在し続ける素材っていうのは懐が深いです。

本日長いブログになっちゃいました(前半無駄でしたね笑)、しかしながら情報濃いと思います。

それでは週末のご来店お待ちしております!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はボクの大好きなコートを。






aik phenix dome coat
欲しいけど、、、ニアなのをすでに持ってますので・・・ガマンガマン(笑)
語弊を恐れずに言い切ってしまえば・・・このコート、オールシーズン全天候型コートです。






この素材、超撥水素材EPIC使用の極薄軽量2wayストレッチリップストップナイロン、ペラペラに軽くて水に強く透湿性も高いのです、なので雨もへっちゃら。そのへっちゃら具合を更にパワーアップさせるのが襟周りとフードの形状。






正面、






後ろ、






横。






普通にかぶるとこんな感じ、収まり良くて余裕もあってツバもしっかりあって安心。そしてこの首・肩周りの独特な形状の理由がコレ↓






バックパック背負ったまま着られます、ちなみに背負ってるのはBACH SHIELD22で、結構奥行きのあるデザイン、それもしっかり飲み込んでくれます。
この感じ、嬉しくないです?もちろん斜めがけのショルダーでも良いですし、鞄を飲み込むゆとりデザインなのです。それも薄い素材だからこそなせる技、






たっぷりデザインなのに普通に着てもゴワゴワしないのは素材のお陰。






とはいえ雨具というのは側面で、しっかり普段使いのコートとして機能します。






そしてその軽さを生かしたパッカブル仕様というのも武器、旅行用のもう1枚にも連れ出せます。傘持つより快適でしょ?

アルクのコート、実際ボクも革靴と合わせて着てますし、日常使うのに問題点が見当たりません。

そしてアルクの商品、1度買った方は必ずといっても良いほどリピートします。

本当に優秀です。


そしてBACH SHIELD22、こちらもバッハがデザインを変えずに作り続けている息の長い優秀な品番。僕自身もBACHのバッグ達とは結構親密な付き合いになりましたが、これを使ってる時が一番しっくりきてるかも。。。ついでにもう一回ちなみまして、






このバックパック、京都で超人気の材木屋兼立ち飲み屋のマスターがハーレーでツーリングに出る時に愛用中、当ブログに久々のゲスト(笑)


本日の2つ、UNITとしても依怙贔屓してしまってる商品なのです。

是非お試しくださいませ!






alk phenix dome coat /EPIC ¥39,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)





BACH SHIELD22 ¥23,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

火曜の臨時休業有難うございました、家の用事で本籍地へ行っておりました。






飛行機乗ったり、







フェリー乗ったり。6つ乗り換えてやっと到着する






鹿児島の小さな島です、最近ではTVのバラエティ番組の企画で若い女性が貧乏生活をするロケ地になってる町(村)で、そのおうちが我が家からすぐのトコでした(笑)






信号が1つしかない様なのどかすぎる町。地元から全国むけてご活躍の若い実業家さんに話を聞くと、現在人口が1000人で高齢者率が50%を上回ったそうです。ボク等もどちらかというと離れる方向の作業をしに行っておりまして、一抹の寂しさを感じました。しかしながら観光客は右肩上がりなのでビジネスチャンスもありそうだという一面もあったりで、お話を聞いててちょっとワクワクもしたり。前回帰ったのがUNITをオープンする年だったので約8年振り、それだけあると色んな方向に色んな事情が変わるなあと実感しました。
鹿児島では久々に知人や従姉に合ったりで、家のこと・仕事のこと・周りのこと、自分としましては色々考えられて良い旅になりました。





帰省して祖父にひっついて村を回ってた小学生の頃を、この景色を眺めて思い出しました。脳に記憶されてる映像って不思議ですね、その時祖父が黄色のライターで火を点けてたのを思い出したり。ということは・・・やはり着るモノもそういう記憶に作用するはずですのでね、しっかり皆様のお役に立てる様に頑張ります。なので皆さんも記憶のためにUNITでしっかりお買い物してくださいね(笑)

そして今回、






1ヶ月ほど前のこの投稿でご説明してたパターンの(リンクから読んでくださいね)、BACH TRAVELSTAR28+FREDRIK PACKERS DIVISION HIP PACKで行ってきました。






鹿児島市内で約束までの空き時間の散歩はDIVISIONで、やはり快適!だったのですが、、、上の記事の掟を守らなかった結果失敗したコトが1つ。
それはBACH ISTYBISTY(荷物増えた時用のパッカブルバッグ)を持って行かなかったコト。ボクは家族と別日で入ったのですが、途中鹿児島で1泊した晩に母から「法事用のフルーツ(まあまあ多め)を買ってきて。」という指令が下り、、その晩の飲み歩きは果物を抱えてになっちゃいました。。。「魚の干物1枚分で快適だから絶対イイ。」なんて言ってたのに自分が実践しなくて大失敗(笑)






ちなみにBACH TRAVELSTAR28は機内持ち込み可能サイズなので便利です。ということで、3泊くらいの旅行には

「BACH TRAVELSTAR28 + ISTYBISTYorMASICDUFFLE + FREDRIK PACKERS DIVISIONシリーズ」

これで完璧。もう1つ足すと、alkphenixのウェアも本当に快適です。夏は正直なんでもイイと思うのですが、それ以外の3シーズンは色んな温度変化に対応してトランスフォームできる組み合わせがイイと思うのですが、そういう観点からいうと素晴らしく順応性が高い。この辺りはまた折を見てお話します。

ということで定点観測。






現在のウインドウはこんな感じ。
RYUのえこひいきアイテム3種類とマリーンデイ、実はハイテク素材のセットアップと新作のレザーバッグが良い顔をしてます。






その他の型も色々。






ARANさんからシンプルで愛着の湧き出しそうなシャツも。






カットソーも充実。






その他色々、ボクが勝手にワクワクしてます。

明日の天気は少しぐずつきそうですが、週末是非是非お越しくださいませ!

お待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日も昨日に続いてアルクのナイロンタフタで出来たアイテムを。





dsc_0880
karu MIL shirtです。





dsc_3346
品名に”MIL”とありますようにミリタリーなイメージのシャツです、ドイツ軍っぽいですね。





dsc_3328
両胸のポケットもしっかり作り込まれたアルクらしいデザイン、





dsc_3326dsc_3327
ハンドウォーマーにあたるポケットは安定のデザイン、ボク自身もこのデザインとの付き合いも長くなり、そろそろ手に馴染んできました。こういう細かいところの信頼感って大切だなあと思います。





dsc_3337
昨日のkaru shirt同様、襟下にリフレクターロゴ。





dsc_3325
今日は丁度shu pantsをはいてきてましたのでアルクのセットアップ。スエードのブーツとも相性良しです。

今日は雨、こういう時もアルクの速乾性能はとても重宝します。気温が低くなってきた時の雨は乾き辛いですからね、アルクの出番ですよ。

昨日のkaru shirt・今日のkaru MIL shirt、お好みでどうぞ。





dsc_3342
alk phenix kau MIL shirt ¥27,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

前回に引き続きアルクのアイテムを。





dsc_0877dsc_0879
karu shirtです。
”シャツ”と言ってますが軽いアウター的な雰囲気。これから秋の間、カバンにポイって入れておけるブルゾン的シャツはとても重宝しますよね。





dsc_0893
全体にミリタリー的な雰囲気を帯びたデザイン、すっきり見える小ぶりの襟と3箇所のポケットでバランスがとれてます。





dsc_0894dsc_0895
このフラップとジップポケットも最早アルクの代名詞的なギミック。





dsc_0901
後ろの襟の付け根にリフレクターのロゴマーク。





dsc_0898
製品染めのナイロンタフタ、速乾性の高い軽量な素材です。





dsc_0884
今日のボクがチャコールグレーな全身だったので黒を着てみたのですが、、、分かりづらいですよね、、、(笑)





dsc_0890
オリーブにチェンジ。
スッキリしてるのですがゆとりのあるシルエット、着心地もストレスを感じさせませんし軽やか。今日は太いパンツなのですが細いパンツも良さそう、普通の5ポケットのジーパンとスニーカーっていうので十分カッコ良さそうです。

ジワジワきそう、買ってから益々気に入りそうなシャツです。





dsc_0917
alkphenix karu shirt ¥27,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はアルクフェニックスがポポンと到着、





dsc_0891
weac.のネルシャツチームと合わさってエントランス側のラックが都会派ミリタリー&ワークに、良い眺めです。
そんなお気に入りゾーンの中から本日は、





dsc_0903
alkphenix dou pants
1stコレクションから続いてるshu pantsを基にデザインされているこのdou pants、相変わらずクセのないシルエットと程よいスポーティさで良い表情。





dsc_0899
ポケットのギミックはどの生地にもっていっても良い塩梅です、スポーティな空気感なのですがそんなにうるさくないのでトップス・靴を選ばない。





dsc_0900
前立てがないイージーパンツのディティールがshu pantsよりもさらに軽快な履き心地にさせてます。





dsc_0925
しかしながら素材感が結構シックに見えるモノですのでかえって大人っぽい。このモデルはケブラーを使用してます、引き裂き・磨耗に強い素材。さらにこの生地にはストレッチ性を持たせてますので体も動きやすい。





dsc_0898
左裾にリフレクターロゴをそっと、夜間の”歩く”の視認性を助けてくれます。





dsc_0907
アルクは”歩く”なのでテクニカルなウォーキングシューズを合わせるのも良いかと思いますが、そのあたりは想像しやすいと思いますので、ローテクなスニーカーにも合いますよ、というのを言ってみます。





dsc_0906
そしてこんな具合にカントリーブーツなんかもお手の物、去年の記事でもこのあたりのコトをお話ししました。

ボク、アルクのパンツは色違いで3色はいてるくらい自信アリなんです。この事実でオススメ具合をお分かりいただけるかと(笑) まだお持ちじゃない方は是非体験してくださいませ。





dsc_0923
alkphenix dou pants ¥2,6000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はアルクフェニックスの快適でかっこいいTシャツを。





DSC_2950
kai MILL tee
文字通りミリタリーデザインの快適なTシャツ。





DSC_2973
調温機能を持つOutlastと洗濯耐久吸水機能を持つシュアドライインフィニティーを混紡に、、快適性の追求ですね、そしてその糸でワッフルにしてますので肌触りも軽くなってさらに快適。





DSC_2978

DSC_2977
アイコンとなるポケット、シンプルにミリタリー感を演出。この部分はポリエステルのタフタでシャキッと。





DSC_2974
えりぐりは天竺でスムースな肌触り。





DSC_2979
シンプルにロゴマークを、ここは再帰反射。





DSC_2993
毎度言ってますが、スポーティにバッチリではなく普通に洒落っぽく着られるのがここの強み。

もちろん野外で本領発揮するのは間違いないのですが。




夏の休日に大活躍間違い無しです。





DSC_2970
alk phenix kai MILL tee ¥12,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はアルクのシャツを。





DSC_0817 DSC_0816 dou shirts、ロングスリーブとショートスリーブ。





DSC_0830 素材はミニギンガムの、





DSC_0831 吸湿速乾の4wayストレッチ。

ノンストレスでカラッと着られるシャツ、イイですよね。





DSC_0819 フラップ付きのジッパーのポケット、左胸と左右で3箇所のポケット。





DSC_0824 引きの軽いスナップボタンが脱ぎ着のしやすさを。





DSC_0826 台襟がジャバラ状になってます、これを伸ばすと日除けになりす。日差しの強いウォーキング時の熱中症対策に。





DSC_0837 脇のベンチレーションにリフレクターをあしらってます、必要最小限でやたらめったらピカピカさせないところがイイ。





DSC_0828 長袖の袖口はこんな具合、





DSC_0842 たくし上げたときに程よく止まってくれます。





DSC_0840 スポーティに着るのは説明不要、ジーパン+レザーシューズでもしっくりきます。しっかりデザインされた服だということを証明してますね。





DSC_0818 デザイン優秀・使い勝手も最高。

キレイめにも着られる・カバンの中に入れっぱなしでもシワにならない・すぐ乾くので旅行中の夜に洗って朝にはバッチリ、alk phenixはウォーキングをコンセプトにおいてますが日常使うにも恩恵が多い。


本当にココの洋服はクセになりますよ。





DSC_0834 alk phenix dou shirts L/S ¥18,000+tax S/S ¥17,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×