UNIT

こんばんは。

大観光地の京都にあり、平安神宮と繁華街に挟まれ、リッツカールトンの並びにあるUNITですから、海外からの観光客が多くいらっしゃいます。日によっては「今日は日本語じゃなかったな〜」って時もあったり。色んな素敵な方が多くいらっしゃるのですが、昨日と今日は努力型の2組が。

昨日お越しのアメリカンカップル、結構日本語を話したいご様子で(実際かなり話してました)、「アメェリカヨリニッホンノフクゥガスキデスゥ」と言いながらマリーンデイのバッグを抱えて『シン、シンッ、シンッ!」というので、「??ブラスト^_^」と答えると「ウン、シン、、、?」、あ・・「シンチュウ?」、「イエ〜ス、シンチュウゥゥゥゥ!!」・・・・・どこで覚えてきてん(笑)。「シチャク、イイデスカ?」もしっかり言えてました。

すごい。

そして本日は満面の笑みをたたえたタイワニーズの若者、英語は全く話せないけど日本語は頑張ってるというパターン。海外旅行者向けの1週間3万円弱で新幹線乗り放題で、東京から小倉に行って京都経由で東京に戻るそうです。
「ヒアナウを見て、ここに来ようと思ってました。」「桜を見にきました、散らなくてよかった!」と、ほんとこのまんまおっしゃってました、ゆっくり話せばこちらの言ってることはおおよそ理解できそうな感じ。

素晴らしい。

逆に英語しか無理なパターンの人の良さそうなアラブ系のアメリカンがパンツを買ってくれた時、could you shoten this?と尋ねるので「もちろん」と答えると、when will it be ready?と言った気がしたので、「まあ・・10分もあれば」と答えると、ほんと助かるとめちゃめちゃ喜ぶので「そんなに?」と聞くとi wanted to changeだったみたいです。靴下も買ってたし、なんだったら靴と下着もと言われて、、、何があったのだろう。。。。(笑)

楽しい。

という具合に、楽しい旅行者さんも多くて和んでおります(笑)


3組の話をしたので、本日は3アイテムご紹介しましょう。

まずはコレ、






15jyugoの旅パンツ、別に、、旅行者の話をしたからという流れではないのですが(笑)
旅してきたのか、旅に出たくなるのか、旅に適しているのか、、想像してしまうネーミング。






ワイドシルエットの9分丈パンツです、太いパンツですがこれ見よがしではない落ち着きを感じます。






それはコットン馬布の軽快さのせいでしょうか、しかしながら安心感もある素材ですのでついついはいてしまいそう。








2タックで自然な腰回りのボリューム、バックポケットは両玉縁でクリーンな仕上がり。






裾はダブル仕様、全体のボリューム感のバランスにも合致しますし、太いパンツのユルっとしたイメージをキリッと整えてくれます。






はくだけで洒落感を生み出してくれる雰囲気です。はき心地がとても軽くてクセになりそう。上着やトップスの強弱に幅広く対応できそうですし、コーディネイトが意外に楽チン。



次はアランさん、






CZ PT、シンプルなネーミング、そのままチェコ軍のパンツのイメージですね。






これまた9分丈のパンツです、軍モノらしいディティール感と春の軽快さもアリで、購買意欲がムクムクっと。
スラブサージは親近感のある素材で軍パンにはもってこいです。軽めの素材ですがコットンの綾織りですし、太いシルエットなのでスパッツを仕込んで秋冬でも使えそうです。








シンプルな腰回り、ベルトループ無しでドローコードでウエストを絞ります。






カーゴポケットは右側、大きめのニーパッチがありますのでコレくらいが程よいボリューム。






雰囲気良いですよね、軍モノらしさがあるけれど柔らかいイメージもあるような。








そして裾がこのようにアジャスト出来ますので、






絞ったニュアンスも作れます。靴やトップスのボリュームと合わせて変化させましょう、この辺りはちゃんとご教授させていただきますよ。
何と言いますか、、何とも言えない味わいが出てきそう。気付くと手放せなくなるような気がします、個人的にはどストライクです、大好き(笑)



そして本日の着用写真全てのトップスが、






BETTER LT.FLEECE RAGLAN PULL-OVERです。






軽い裏毛のピグメント、肌触り・使い心地・耐久性と、3拍子そろった素材です。






程良いゆとりのあるシルエット、もちろんベーシックですのでどんなボトムにも合いますし、春や初夏のコーディネイトの基軸になりそうですね。








ラグランと7分袖というのは相性いいですよね、そして裾がラウンドですので腰回りのニュアンスがそのまんまでバッチリ。個人的にはこの組み合わせが大好きなので、気付くとついつい増えていってしまいます、、、(笑)






うん、文句なし。最高の褒め言葉で言うところの”普通”です。
あ、今度日本語好きそうな海外の方が来たら、”普通がかっこいい”って教えてみよ(笑)



ということで本日は3点、実はコレらはボク自身個人的に欲しいなあと狙ってる3つなのです。

なので、、、、お早めに無くしてしまってください・・・自分が買うより皆さんに持って帰ってもらう方が健全に決まってるので、、ああ、、(笑)


以上よろしくお願いします!!






15jyugo tabi pants ¥19,000+tax






ARAN CZ PT ¥21,000+tax






BETTER LT.FLEECE RAGLAN PULL-OVER ¥9,800+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は9coconoの新作をご紹介いたします。

個人的にも待望の一品でした。ちょっと前に「こんなのやらないの〜?」って傳さんにうかがったら、「実は計画中だよ」という答えをもらってまして、それがこの度入荷いたしました。






9cocono OSHIO DIFFUSER
盛り塩と樹露(juro)の香りです、ココノのスタートから続いている最もベーシックな香り、安らぎます。モチロン通常の水蒸気を使うディフューザーでもお使いいただけるのですが、






説明を読んで見ると・・・ココノさんの提案は盛り塩をした枡に、






オイルを、






数滴。
枡に染み込んだ香りがほのかに部屋を包みます、きつくない柔らかい香りなので快適です。






なんだか可愛らしいですよね。

普通のディフューザーでも使ってみましたが、やはり変わらず樹露の香りは落ち着きます。
寝室に置いておくのもよさそうですね、玄関にもよさそう、無論リビングにもよさそう。

プレゼントにもよさそう。

なんでもよさそう(笑)


お家でもリラックスタイムが楽しみになります、かな〜りオススメ。






9cocono OSHIO DEFFUSER ¥4,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

皆さん、デニムはお好きですか??ボク等以上の世代がそうなのかも知れませんが、、カジュアルパンツの3種の神器的な存在として

ジーパン・チノパン・軍パン

これだけあれば何とかなる、そう育ってきました。それに紺ジャケ用に白めのパンツを何か・チャコールのウールスラックスがあればもう完璧!

あ。。。。。

これ、例えばの話ね、もう買い物しなくていいって話では無いです、極端な話。「死ぬ前に食べたいのは?何」とか「無人島に持って行くなら?」とかに近い話ですよ。気分やTPOに合わせて色々ありますからね、流行りだって追っかけないとはいえ無視もできないし、程よく楽しむことが必要ですから!!

焦った〜、焦って言い訳いっぱいしました(笑)

と言うことで、ジーパンというのはそれくらい基本になるアイテム。まあ実際「1年間、1本しかズボンはいちゃダメよっ!」なんて言われれば、迷わずデニムを選ぶ人がほとんどのような気がします。

それだけにデニムというのは世の中に種類も出回っておりまして。ボクもデニムの会社に延10年程はおりましたし、元々ファッションに目覚めたのはデニムが好きになったから、職種としてアパレルを選んだのもデニムがきっかけ。ユーズドのヴィンテージやレギュラー、国産、海外物、とりあえず一通りははいてると思います、もちろんストレッチも(否定は無いですし、また後日ご紹介予定のものもあります)。

それだけ素材・デザイン・色など全てに於いて多種多様だったり、昨今は素材感の飛躍的な向上によりストレッチデニムの勢いが席巻してたり、、、1店舗の個人規模のセレクトショップとしては、最早どうすれば良いのか分からない(笑)。とはいえデニムブーム全盛期に育った者としてはかなり柔軟な方だと思うのですが、、、まあ、、元々デニムに対する距離が近かったので理想に頭が固まってしまってるというのもあるかも知れませんね。そのうちUNITの5ポケ、作れたら良いなあ〜。

と、愚痴ばかり言えているのは、実際のところ本日ご紹介のジーパンがUNITの最後の砦を守っていてくれるから呑気にごちゃごちゃ言えるという事でもあります(笑)

ボクが思う”UNITのデニム”というのはですね・・・

・太くもなく細くも無い、程々にテーパードしたレギュラーフィットの5ポケット
・14oz以上だと重すぎるのでそれ以下〜12oz以上
・ストレッチでは無い
・赤ミミにこだわりはないけど、出来ればあった方がいい
・腰周りはあまり細くない方がいい(ウェストに角度がほとんど入らない) ・バックポケットは低め、小さいのはダメ
・ボタンは無地
・革パッチは無し

この程度のこだわりです。が、しかしこれが探すと以外に無い、、、と言ってしまいそうなのですが、、






15jyugoのshirasu denimはキッチリとおさえてくれているのです。






13.75ozのセルビッヂ(赤ミミ)デニム、「いやいや、ほとんど14と変わんないでしょ」と言われそうですが、この差が大きい。14ozの雰囲気をキープしつつはき心地が少し優しくなります、”ゴワっとした”ではなく”コワっとした”くらいの感じ。なのでワークパンツ然としたデニムの魅力はそのまま。






シルエットはこんな感じです。腰周りに少し余裕を持たせつつ程よくテーパードした感じ、あえて言うならば501の66を少しだけ505に寄せた感じ、でしょうか。これ説明すると長くなるので、分からない世代の方はグーグル先生に聞いてみてくださいね(笑)






アルミ無地のタックボタンにユニバーサルの真鍮両爪ジッパー、シンプルで良いです。






お尻周りはこんな感じ。オフセットのベルトループがオーセンティックで良い。革パッチは無しだけどステッチで表現、そうそう、そう言う事なんです(笑)






そしてイエローと金茶のステッチをそれぞれに配置、これも嬉しいディティール。過去のジーンズの歴史上ちょうど良いバランスだった時代もそうでした(ブランドによりますが)。








そしてバックポケットの隠しリベットはもちろん、15jyugoがアイコン的に使っている丸カンドメをコインポケットに。小技が気分良いです。

そして肝心のはいた姿、






すっきりさせつつ、どこか土臭さも残したというところでしょうか。ちゃんと現在進行形の解釈なんですけど伝統的なデニムの空気も帯びている、腰を細くしすぎてない事でウェストマークが決まりやすい。






で、小さくない低めのバックポケット。「小さめで上の方にあると脚長効果がある」と思いがちなのですが、、それって、、実際はポケットの下にお尻のラインが見えるわけですよね、そうお尻が下がって見える。そして小さいポケットだとお尻のお肉がはみ出してる雰囲気に。なので、程々に大きさがあって下からお尻を包み上げてくれるスタイルの方が足が長く見えなくともスタイルはよく見えます。


古き良きを追いかけ過ぎずに、ちゃんと今のデニムなのです。

まさに温故知新を自で行く様な。

本日の様に、このワンウォッシュデニムに黒靴の下半身だと、おそらく合わないものはないと思います、、、、うん、今色んなのを想定したけど全部OKでした(笑)

やはりデニムってすごいかも。。



オーセンティックで新しいデニム、ぜひ季節の変わりめにどうぞ、気分良いですよ。






15jyugo shirasu denim ¥19,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






本日は京都マラソン。UNITはゴールの平安神宮と折り返しポイントの京都市役所、北西には京都御所がありますので毎年人通りがスッカスカ(笑)
しかも自宅前の北山通を越えることからハードルなのでまあ大変、お店直前もどの角度からも結構厳しい、写真はここを渡ればそこが店というポイントなのですが、かなりの迂回を余儀なくされるのです(笑)

そんな日曜日でしたが、4日前の水曜はバレンタインデーでしたね、直前でお返し選びに困らないようにお早目に準備しましょう。ということでUNITのバレンタインデーお返し最適商品をご紹介です。






まずはMARINEDAのPONNI






ソフトレザーのシュシュ、落ち着いた雰囲気で幅広いスタイルに合わせやすいです。マリーンデイの上質なレザーを使用してますので、ちょっとしたお返しだけどしっかりした印象を持って頂けると思います、気の利いたチョイスだと思いますよ。

次は安定人気でちょくちょく補充のお知らせをしております9coconoの香りシリーズです。






ファブリックスプレー、






ボディ&ハンドクリーム共に3種類の香り。

樹露juro
霧の立ちこめる深い深い苔むした鬱蒼と生い茂る樹々の中で感じられる心象から、香りのイメージを膨らませてます。

圓重mare
東洋と西洋が交差し、渾然一体となった港の喧噪。
そして、重なりあう濃厚な過日やハーブの甘さ。そんなイメージを組み立てた香りです。

橘tachibana
青い空に碧い海、白い建物に青い屋根のコントラストが美しい地中海の島。
燦々と照りつける太陽、そしてくっきりと現れる黒い影。
白いドレスやスーツなどすっきりとした装いが似合う、静かではありますが煽情的な香りです。


どの香りもクセのない柔らかな表情なので、きっとお気に召していただけると思います。天然成分100%なので、そういう意味でも安心してプレゼント出来ます。昨日も早速奥様へのお返しでお求めお求めの方もお見えでした。

お早目にご準備くださいね、忘れないように!(笑)






MARINEDAY PONNI ¥1,500+tax






9cocono fabric spray ¥3,200+tax






9cocono bady&hand cream ¥2,500+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

ボク、韓国料理ってほとんど行かないのですが、昨夜はなんとなくご近所のお店に顔を出しました。






お鍋の定食、美味しかったな〜。ご近所さんなので出会うとお話ししたり、先輩と飲んでる時なんかに通りかかってビールと1品くらいで失礼したりはしてたのですが、ゆっくり食べたのは初めてで、、また行こうと思いました。
そして、繁盛しているお店に伺うと何かしら発見があって面白い、最近あまり気持ちが外に向いてなかったのでちょっと反省しました(笑)

1月も本格的にスタートし始める今週、そろそろ春モノの入荷が始まります、






ちらちら届き始めていますので、ゆっくりご紹介して行こうと思います。






人気の9coconoの香りシリーズ、こちらも補充できてます。リピーターも増えてきてます、やはり良いモノってそうなるんですよね。まだお使いじゃないかたも是非お試しください、店頭では全てテスターをご用意しておりますので。 9cocono fabric spray ¥3,200+tax
9cocono body&hand cream ¥2,500+tax






そして、通販ページにもセールコーナーを設置しました。こちらも宜しくお願い申し上げます!
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

という感じで、諸々宜しくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は昨日チラッとお見せしたマリーンデイのポーチを。

と、その前に、






9coconoの香り、少し欠けてたところを補充しました。
テスターでお客様がお試しの時にフワッと良い香りが店内に、その度「やっぱイイ匂いだな〜」と思います。天然成分ですので安心して使えるのも嬉しいです、スプレーはアウターなどにも・クリームは乾燥しがちな冬のお肌に、是非。
9cocono fabric spray ¥3,200+tax
9cocono body&hand cream ¥2,500+tax

では次です、






MARINEDAY ROBIN
いろんな使い方が出来そうですよね、柔らかいけどキッチリ角のあるデザインですので女性も男性にもオススメです。






素材は綺麗になめされた柔らかい山羊革、落ち着いた雰囲気ですね。






スナップボタンと中のジッパーはもちろん真鍮、安定感ですね。






真ん中にジッパーのポケットで3室に分かれてます、仕切り具合も丁度良いですね。






手回りのモノを入れるバッグインバッグ・お財布にする人も居そう・通帳と判子用・化粧ポーチ・パソコン周辺の小物入れ、、使い方も工夫しやすいサイズ感だと思います。


MARINEDAYと9cocono、どちらもプレゼントにも良さそうでしょ。クリスマスのちょっとしたプレゼントにも是非。






MARINEDAY ROBIN ¥6,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






しかしまあ、やはりよく降ります。

昨日業界の先輩と居合わせて「Kちゃんもう短パンはいてるんや、ボクは梅雨明けてからやな〜。」って事は山鉾巡行と神幸祭が終わってからですね、うんうん京都人っぽい(笑)
でもそうなんですよね、スネにチリチリ雨が当たるのってちょっとモヤモヤする気持ちも分かります。そんな時には、






Pt.Alfred VENTILE BASIC STRAIGHT ¥15,000+tax
これですね、生地の軽さから夏のチノパンの代用としてのポジションでオススメしてるのですが、ベンタイルという生地は本来耐水性が売りなので雨の日にはちょうど良いのです。濡れるけど浸水しないという特性ですから快適に雨の日を過ごせます、化繊よりコットンが良い場合にはベストチョイスですよね。

サラッと着たい、そういう気分ならば






BETTER SUPIMA PIQUE T-SHIRT ¥6,800+tax
コレもオススメです、鹿の子を使った少しゆったりシルエットのポケットT。風通素材は点で肌に当たるのでサラッといけます、ポロだけのものにしておくのはもったいない素材ですね。






ARAN FL SHORTS-BL ¥16,000+tax
ventuno TENNIS ¥5,000+tax
ネイビーの上下、ショートパンツでも悪くないなあというのが最近の気分です。スニーカーを白くすると爽やかに楽しめます。しかしボク、この下半身ばっかりです(笑)

そして香りで爽やかになるというのも、






9cocono body&hand cream ¥2,500+tax
9cocono fabric spray ¥3,200+tax
9coconoの香りチームも補充完了、夏だからこそ良い香りをまとってくださいませ。


爽やか寄りの本日のお話でした(笑)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

ゴールデンウィークスタートです、みなさまどんなご予定なんでしょ?比較的天気も良さそうですね。ちゃんとUNITに来る日も作ってくださいませね(笑)

本日は週末なので定点観測な日なのですが、いつものパターンではなく






一極集中型でこのシャツ類をザ〜っとお知らせします、シャツ好きのUNITの今年の春夏はいつもに増してバリエーションが豊富かも。ということで順番にいきます。

まずはMANUAL ALPHABETから、










CHAMBRAY OX BASIC S/S BD SHIRT ¥9,000+tax
名前の通り定番的シャツ、オールラウンダーですね。






BINDER CHECK SHIRT ¥11,000+tax
馴染みの良いチェックの内側からトリミングがチラリ、夏らしいシャツです。








WARKER SHIRT ¥11,500+tax
程よいデザイン、ミリタリー・ワークをスッキリ取り込むコーディネイトができそうです。

次はweac.の2つ、








HENDER  ¥15,800;tax
ドレスの素材をワークに、シックなワークシャツになりました、デザインもさることながら素材がイイ。






KURUMICHAN SHIRT ¥12,600+tax
インディゴは完売ですがチェックはもうちょっとあります、合わせやすいチェックを是非。






15jyugo 16 de shirt ¥17,000+tax
コレもUNIT推しのシャツですのでしっかりあります、着心地・デザイン共にクセになります。








RYU c/m seersucker half sleeve-shirt ¥11,000+tax
クールマックスのシアサッカーでクルーネックのシャツを、リュウらしさが発揮されてます。








ARAN FM SHIRT ¥16,000+tax
シャリっとしたウェザーを使用したミリタリーテイストのシャツ、ちょっと長めの袖をロールアップするのもイイです。


という具合に良いシャツが揃っております、まだご紹介出来てないモノ・これから入荷するモノもモチロン。
連休ですのでね、ご油断のないようにと思って一挙ご紹介しました、宜しくお願いします。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






午前中は[RIDING UNIT]、快晴で新緑も美しく良い朝でした。次回はいつもより少し早めに出て朝ごはんライドにしようかなあ〜と、GW明けあたりで行きます。

あ、ちなみにそのゴールデンウイークに営業ですが、4/28(金)〜5/9(火)は休まず営業します。よろしくお願い申し上げます。

ということで今週の定点観測。

そういえば本日は朝山でした。行ってる間は山仕様なのでお店でお着替え、何かの時にとお店に常備していてる下半身の組み合わせを使ってド定番のコンサバカジュアル、






quotidien pique crew neck cardigan ¥8,800+tax
ARAN BOPD ¥17,000+tax
Pt.Alfred BASIC ST ¥13,800+TAX
ventuno TENNIS ¥5,700+tax

今年初めてくるぶしを出しました笑、暖かくなりましたね。誰にも不快感を与えないコーディネイトだと思います、ベーシック万能万歳です。

では改めて。






今週のウインドウはいつもにましてシンプルです、しかし実際着ると単純なのに印象的なコーディネイト。
quotidien loosefit t-shirt ¥6,800+tax
ARAN F.BELT PT ¥17,000+tax
Milton Keynes suede plane toe ¥19,800+tax

入荷・オススメのピックアップはと言いますと・・・






mature.haの夏用フリーハット、そろそろ出番ですよね。






半袖チームもどしどし到着中です、ARANの鹿の子カットソー、着るだけで雰囲気出ます。






manual alphabetからB.Dの半袖、王道です。






マドラスの半袖も。






15jyugoのshizuku-Tの半袖もスタンバイ。






MARINEDAYのTROUSERも今年は夏の素材。






バッグのニューモデルもそそります。

こういう新顔と共に既出のアイテムもジャストシーズンをむかえております、






UNIform shirt-coat ¥17,000+tax
カットソーの上にふんわり、パンツが軽くなってからもシャツ代わりに洒落たコーディネイトを。






FOB OX WORK SHIRT ¥13,000+tax
weac. KURUMICHAN SHIRT INDIGO OX ¥13,500+tax / NAVY CHECK ¥12,600+tax
どちらも大活躍必須。






15jyugo 16 de shirt ¥17,000+tax
CULB DE MER Berton Shirt ¥7,800+tax
15jyugoの準定番的シャツ、ショーツにも合わせたくなります。ボーダーは2,3色まとめてなんて方もチラホラ、お早めにです。


楽しい季節になってきました、お出かけ気分ですよね。「GWはココに行くんです〜」なんてお話も聞くようになってきました、GWの前にお出かけ用のおニューの洋服・もしくはGWのお買い物でのご来店、お待ちしておりますね!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






今朝の浄土寺橋周辺、こういう桜と新緑のごった煮がなんだかリアルな春を感じます。

なんてポカポカしながらお店に来たら、待ちに待ったアレが到着。






早速並べました、傳tutaee(15jyugo)の考える羽織る香り「9cocono」の香りが3種類に。3つ共ファブリックスプレーとボディ&ハンドクリームで準備しております。

ということで改めて3種類を解説。






「樹露 juro」
霧の立ちこめる深い深い苔むした鬱蒼と生い茂る樹々の中で感じられる心象から、香りのイメージへと膨らませています。






「圓重 mare」
東洋と西洋が交差し、渾然一体となった港の喧騒。
そして、重なり合う濃厚な果実やハーブの甘さ。そんなイメージを組み立てた香りです。






「橘 tachibana」
青い空に碧い海、白い建物に碧い屋根のコントラストが美しい地中海の島。
燦々と照りつける太陽、そしてくっきりと現れる黒い影。
白いドレスやスーツなどすっきりとした装いが似合う静かではありますが、扇情的な香りです。

というのが9coconoさんの解説、






それぞれ原料は天然由来、ファブリックスプレーはサトウキビ・トウモロコシ・米から作られたベジタブルアルコールをベース、クリームはシアバターやホホバオイルなどをベースに、それぞれの香りをブレンドしたもの。内容成分は秘密なのでボク等も知らないのですが、「樹露」は後々シブめの香りになるシソっぽい感じ・「圓重」は甘い花の香りがありつつスッと鼻の奥に抜けるような・「橘」は古木の重厚感の中にほのかな蜜の香りが、という印象でしょうか。






ということでテスターもそれぞれご用意しました、実際匂わないと分からないですもんね(と言いながら通販ページも更新してますが:笑)。ご自宅用にもご贈答にも、きっとご満足いただけるかと思います。ボク自身今のjuroを使い切ったら次はどちらを試そうか悩みます、スプレーとクリームを別でもいいかなあ。。。。

大人が気負わずにまとう香り、そんなニュアンスの9cocono、改めて宜しくお願い申し上げます。






9cocono ファブリックスプレー 樹露juro/圓重mare/橘tachibana ¥3,200+tax
通販ページはコチラ





9cocono ボディ&ハンドクリーム 樹露juro/圓重mare/橘tachibana ¥2,500+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×