UNIT

こんばんは。

本日は新レーベルの新商品です。





dsc_0875
9 coconoと読みます、これは洋服ではなく香りのご提案。





dsc_0901
植物から抽出された天然のエッセンシャルオイルをベースに、すべての原料を100%植物性で作ったファブリックスプレーとハンドクリーム。





dsc_0904
ファブリックスプレーは様々なモノに使えますよね、香水代わりにもイイし・タオルにシュッとすれば使う度に新鮮・ソファや室内にも。





img_0103
布団にもイイ、安眠に誘ってくれそうです。





img_0107
ボクは昨日からベットサイドに置いてます、着替えもココなので気分次第で服にもシュ、です。





dsc_0906
ハンドクリーム、個人的な感想で言えば、どちらも同じモノがベースなのだと思うのですがコチラの方が少し締まった匂いの印象。





img_0109
今朝も早速風呂上がりに(おっさんのでスミマセン笑)





img_0139
付けた瞬間は柑橘系が爽やかなイメージなのですが、時間が経つと奥からシブめなハーブの匂いで着地する感じ。


どちらも企業秘密で配合を教えてもらえないのですが(笑)、何と言いますか、、、大多数の方に支持される香りだと思います。



このレーベル、実は傳tutaeeさんからのリリース。15jyugoとは姉妹ブランドになるワケです。
現在の我々の周辺環境を俯瞰し考えると、シンプルであることの大切さを感じます。シンプルであれば五感は際立ち、それを大切にしてゆこうと思わされます。服を提案するブランドから「香りを羽織る」ということのご提案、心地の良いことだと思います。

コレは・・・・・ハマりそうです、そして自信あり、ご自宅用にもプレゼントにも断然オススメです。


UNITでも息の長いご提案が出来ればと思ってます、宜しくお願いします。





dsc_3490
“9” cocono 樹露 ファブリックスプレー 100ml ¥3,200+tax / ハンド&ボディクリーム 30g ¥2,500+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

きょうの京都はしっかり雨降り、しっとりしとります。。。無意識でした、下手なラップみたいになってますね、笑

本日はおすすめのストーをポロっとご紹介です。





dsc_3570
3配色のチェック、フランスのファクトリーブランドCORNILLONのストール。フランスはアクリルニットが上質、ちなみにコレはアクリル54%・ウール24%・ナイロン22%という混率です。気軽に扱えるというのは武器ですね。





dsc_3568
サイズは56×200cm、広げてたっぷり使ってもイイですし





dsc_3567
これくらいにしてもイイ、個人的には最も使いやすい大きさと厚みのストールです。
価格も程々、男女問わずプレゼントにも是非。





dsc_3573
CORNILLON チェックストール ¥7,800+tax


それからお知らせをもう1つ、セールの第3段階。

リニューアルセールの対象商品を提げ札から更に10%OFFとさせていただきます!

ますますお待ちしております、宜しくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はしっかり降りましたね〜、せっかくの日曜なのに、、、まあ、雨でしっとりゆっくりってのも悪くないかもですよね。

そんな雨でスタートした今週、ちょっと変則営業です。って、、実際のところいつもより開いてるんですけど、笑


月:通常営業
火:通常営業
水:臨時営業 19:00閉店
木:臨時営業
金:通常営業
土:慶事のためお休み頂きます


以上の予定です、宜しくお願い申し上げます!

これで終わるのも寂しいので今日のオススメ、





dsc_0862
TWEEDMILL PICNIC RUGS ¥6,900 → ¥5,520+tax
のところを、クリスマスの小物10%オフ適用なので¥4,830+taxとなります。

表がツイードで裏がナイロンオックス、野外で使いやすいです。車の中にポイっと入れとくと何かと重宝、フェスなんかにも良さそうです。こういうものって後回しになりがちですよね、安くなってる機会に是非。


それでは諸々宜しくお願いします!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は定番のベルトを。





dsc_0856
HADY&SONS
16歳の時から小さな馬具工房で働いていたオーナーが1990年に創業、家族経営にもかかわらず設計から物作りまですべての工程を自社でまかなってます。J.E.Sedgwick社から供給される最高級のブライドルレザーを使用、オールハンドメイドにて最高品質のベルトを生産しています。





dsc_0852
無骨な金具、馬具を匂わせるルックスです。
HARDY&SONSは一昨年倒産したJABEZ CLIFF(ジャベクリフ)の後継となるブランドと目されております、馬具メーカー由来のブランドはヨーロッパに多いですよね、まさに伝統のひと品。





dsc_0854
ブライドルレザー、これも英国貴族の馬具の為に開発された素材。成牛の皮の表面を時間と回数を重ねてベジタブルタンニンでなめし、ロウをしみ込ませた牛革。耐久性はもとより美しいエイジングも楽しめる素材なのです。

堅牢なステンレスのパーツと肉厚のブライドルレザーをロウ引きの糸でハンドステッチ、まさに質実剛健。長年付き合えるのは言わずもがなですね。とはいえ英国紳士の為のベルトなので粗野な空気は抑えめ、幅も4cm程度なのでJKTを着るようなスタイリングにも合わせられます。ミドルゲージのニットにダブルソールのブーツ、その腰回りのシャツの間からチラッと見える、、、なんて感じが想像できます。

こっそりあります、しっかりしたベルト。スポーツもファッションも腰は重要ポイントです、頭の片隅に記憶しておいてくださいませ。





dsc_0860
HARDY&SONS LEATHER BELT ¥11,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は手袋を。





dsc_0752
まずはボク個人にとっても冬場には欠かせないブラックシープのフィンガーレスミトン。
指先が出ていると食事のとき以外は付けっぱなしでも大丈夫だったりするのでとても重宝します、真冬に街中でブラブラする時なんかはスウェット・綿入りベスト・マフラーとの合わせ技で快適にすごせます(ボクの場合)。





dsc_1762_201410211910542d0
UNITのボクの机周りはとても冷え込みますので、冬はコレして仕事してます。





dsc_0755
Black Sheepは1960年代創業のイギリスのNORFOLKの会社、当時絶滅寸前だったブラックウォルシュマウンテンシープという黒羊を繁殖し、その性能の高い羊毛を存続させたという情熱にあふれるブランド。脂分を多く残した状態のウールが特徴で、保温性が高く水にも強い。





dsc_0756
今回はチャコールのみグローブもご用意してみました、ちょっとしたプレゼントなんかにもいいですよね。





dsc_0761
次はFrancesco Guantiのレザーグローブ。
ナポリで百数十年続く手袋専門の老舗ファクトリー、多くのブランドの生産を手がけ信頼性のあるモノ作りで評価も高い、そんな工場さんのオリジナルブランドです。





dsc_0762
外側と手の内がナッパでサイドがニット、レザーグローブとしてはカジュアルな部類のデザインですが、全体的にはキレイめのルックス。





dsc_0763
インナーはカシミアで肌触りと保温性をキープ。
クオリティとプライスのバランスが良い商品です、本域のドレス以外はこれで殆どのコーディネイトをカバーできると思います。


ということでUNITの定番グローブのご紹介でした、寒さが本格化する前にご準備くださいませね。





dsc_0764
Black Sheep fingerless mitt ¥2,500+tax / glove ¥2,800+tax





dsc_0765
Francesco Guanti Leather Glove ¥16,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はおすすめ比率でいうと女6:男4くらいのバランスのバッグを、、、いや、ボクとしては男性にも結構プッシュしてます。それは何かと言いますと、、





DSC_0877
クラッチパッグ。
大体B5程度のサイズ感です、クラッチとしてはしっかりめの大きさですね。





DSC_0881
8号頒布にプリントを。ゼブラのレインカモとタイガーのレインカモ、それぞれ銀・金のラメのバントがアイコンとなってます。





DSC_0880
ジッパーやタブはいつも通りマリーンデイらしい作り。





DSC_0883
荷物が少ない時はペタンコ、





DSC_0885
多い時はこんな感じでしっかりマチがあるので安心。





DSC_0872
一見すると女性向けなルックスに見えますがボクがもっても違和感ないでしょ?、作り自体にが安定感がありますので男性が持っても甘くなりません。これから冬に向けて色のトーンも重めになっていきますので、手元にこういう軽やかなモノがあるとイイ抜け感が出ます。テキスタイル自体もカモフラージュの変化系ですのでミリタリーライクな洋服と合わせてもカッコイイと思います、モッズコート+ジーパン+ブーツとかね。ってなると、、、ステンカラーにキレイめのパンツ+スニーカーなんて時にも軽快さのあるキレイめカジュアルでもまとまりそうです。

夫婦兼用にも出来ますし言い訳しやすいですよ(笑)、オススメです。





DSC_0875
MARINEDAY G-MAO ¥7,900+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

台風の影響でしょうね、少しひんやりで心地良いこの2日。まあこのまま涼しくなってくれるほど日本の夏は甘くないとは思うのですが、「おや?今夜は冷えるね。」なんて会話になるのもそろそろ。

なので本日はそんな頃合いに丁度良さそうなストールを。





DSC_3306
Glen Princeです。
名前やロゴから見受けられる通り英国スコットランドのファクトリーブランド、1989年スタートですので英国モノとしては若めのブランドですね。しかしながら有名ブランドさんのストールを作っていたりと実力は折り紙つき、バイヤーならば必ず知ってるブランドです。

そんなGlen Prince、本日は





DSC_3294
ピュアウール100%のタータン2色とブラックウォッチを。





DSC_3289
大判ですので使い方は幅広く。





DSC_3290
大判ですがこの軽さ、夏の名残を感じる秋の始まりから使うには丁度良い。もちろん真冬に入れば襟元の防寒に・春先には今頃と同じ感じで使えます。なんにせよこの軽さですので、「上着は要らないけどちょっと風が冷たいから風引きたくないな〜。」という今時分の夜なんかには、





DSC_3285
大きく使って、





DSC_3288
襟元をだけ欲しい時も普通に軽めのストールサイズに。

ボク自身、コットン・麻・ウールを問わずこのサイズこの生地感のストールを最も使います、とても使い勝手がイイ。そしてこういう応用度の高いモノは他をサボれるという利点も(笑)、普通にTシャツ・ジーパンでもフワッとまとわせてるだけで雰囲気出ますし、男性にありがちな首の周りだけコンパクトな巻物をタイトに巻くよりも逆に簡単。

もちろん男女問わずお使いいただけますので、女性の皆さんや奥様彼女へのプレゼントにも。

巻きモノ使える季節が来ますね〜、秋を楽しみましょう。





DSC_3310
Glen Prince ¥9,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

昨日の続きですね、それでは早速トラベルスター28のご説明を。
バッハの商品名には末尾が数字のモノが多いのですが、そのまんま容量を表してます。





DSC_1077
なのでこのTRAVELSTAR28の場合もモチロン28L。これくらいのサイズ感は旅行だけではなく日常使いでも使い易いサイズでしょ?、ルックスとそういう汎用性の高さとが人気の理由かもしれません。





DSC_1072

DSC_1073

DSC_1074
UNITではブラック・チャコール・ベージュの3色展開。





DSC_1080
ディティールのご説明は、色のメリハリでわかり易いベージュでいきます。
フロントパネルはジッパーのポケットが3つメッシュのボトルホルダーが1つ、この顔は男心をくすぐる感じですよね。





DSC_1078
左右に合計4本のコンプレッションストラップ、荷物の量に応じて内容物を安定させられます。その間にハンドル、





DSC_1079
上にもハンドル。周囲の状況での携帯や機内での取り回しも快適。





DSC_1094
メインのショルダーベルト。





DSC_1095
そして背面を開くと、





DSC_1114
ショルダーハーネスが登場。





DSC_1099
カバーはクルクルっとまとめて、、





DSC_1100
スッキリ収納。
ハーネス自体もしっかり厚みがありチェストストラップや肩を安定させるリフトストラップも完備、エルゴノミックな形状ですし信頼性の高い仕様になってます。背面内部もしっかりフレームが入ってますので安定した背負い心地。





DSC_1086
メインの荷室はもちろんドカンと開きます。





DSC_1088
”トラベル”と銘打ってますのでしっかりコンプレッション付き、





DSC_1087
フロントパネル裏もオーガナイザーを3つ、程々で使い勝手が良さそうです。





DSC_1091
肩掛けで、





DSC_1092
背負って。

なんといいますか、、とにかくルックスがいいですよね、バッハのバッグは。
ちゃんとパッキングすれば3泊くらいを軽快に過ごせそうです、もちろん普段使いにも相性良し。「カバンは同じのを毎日使いたいから。」って方は特に良さそう。



人気者です、この品番は。

御油断の無いようにお願いします(笑)





DSC_1112
BACH TRAVELSTAR28 ¥20,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

秋の序盤戦、バッハがモリモリ到着しております。





DSC_3276
壮観、歯抜けにしたくないから売れないで、、なんて思いそうになるくらい気分のイイ眺めです(笑)

ということで今回の補充の要点としましては、、





DSC_3278
個人的に最も信用しているSHIELD22、チャコールグレーが追加。





DSC_3280
こっそり人気のGATEWAY、早めに無くなりそうなのでお気をつけて。





DSC_3279
そして男性に人気の高いTRAVELSTAR28、ようやく入荷です。これまた早い者勝ちになりそう。。。



トラベルスターの詳細は明日にでも。

週末お待ちしておりますね〜!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は”UNITの”というよりも”コンサバな日本の男性の”という冠をつけたくなるスニーカー、





DSC_3275
ジャーマントレーナーを。
名前の通り、統合前の西ドイツの軍人さんがトレーニングに使っていたモデルを元にレプリカされたスニーカーです。
シンプルでありつつ靴としての存在感もしっかり、安定のデザインです。





DSC_3276
UNITでは白のみ、レースアップタイプとベルクロタイプをストックしてます。
しぼ革調の型押しとスエードのトゥ、甲も低めの設定です。アメ底と相まってヨーロッパ、、というか東欧の匂いを引き継いでますね。





DSC_3277
かかとはしっかり包んでますが履き口は開放感があります、インナーが見え隠れする感じがイイ。





DSC_3291
ボクとしてはJKTスタイルに合わせるよりも、軽いスタイルの引き締めに使いたいです。JKTでスニーカーの時はもっと軽い印象のモノを・そうでなければ革靴を、そういうバランスにしたいですね。このスニーカーは大人らしいカジュアルをスニーカーで合わせる時のまとめに使いたいです。そうですね、、、、例えば、B.Dシャツとハイゲージニットにタイで合わせる時はキャンバスのデッキシューズやテニスシューズ、ノータイの時はこのジャーマントレーナー、、そんな気分です。

あ、でもツイードのスーツのインナーにシャツじゃなくてカットソーやニットだけの場合なんかはイイなあ。。。

ま、、ボクの好みなだけかも知れないのですが・・・・・。



ということで、、、そんな感じです笑





DSC_3285
GERMAN TRAINER レース¥14,800+tax ベルクロ¥15,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×