UNIT

こんばんは。
ここ数日、お店の軒先が賑やかです。






ツバメが巣作りを始めました、これって吉兆だという定説ですので嬉しいかぎり笑。
なかなか壁面が滑りやすいのか、結構苦労している様子で、、運んできた資材の9割は落としてるような。。。子育てってそれくらい大変なことなんだろうなあと想像しております、独居おじさんはこういうことからおもんばかるしかありません笑。
無事完成してほしいものです、邪魔しないようにお店の中からそ〜っと眺めてます。

そして自分の毎日もちょっと手を加えて。






自転車整備、本当に後回しになるんですよね、、、ってドロドロですが笑
毎日鴨川を通る身としては、どうせ翌日には同じ状況なので土埃の処理は放ったらかし。それよりワイヤーのの伸び、チェーンのだるだるを放逐していたのをようやく。どうせ変えるならギア板を大きくしようと思ってて、それが中々見つからなかったというのも言い訳だったりするのですが笑、本当に無いのです。如何せんボクの手持ちパーツはめまぐるしく変わるMTBの規格ばかり、古いものを使ってるとどうしても置いていかれます、改めて見るとホント寄せ集め、、、。今までより2丁歯数を増やしたいだけなのに、結局叶わずで海外通販の1丁多いのをかろうじて発見、それで妥協。
余らせてたゴールドのチェーン、オリーブには似合うから良いだろうとおもってたら、、結構ギラつきますね笑

まあともかく、これで乗り味はすっきりです。

そんな感じのリニューアル気分というのは、この時期に起こりうるものなのでしょうか。





このところお財布目当ての方がチラホラと。と言いましてもUNITはMARINE DAYの財布が一択、なので使い切って買い替えに来る方、以前からご覧になっててタイミングでコレに変えようと考えてくださってた方が多いです。






MARINEDAY FLAT4 ¥8,600+tax
MARINEDAY FLAT CROCO ¥8,600+tax
リピーターが多い第一の理由は、一目瞭然の使いやすさ。この構造は本当につかいやすい、ピッとジッパーを引くと全部見えます、小銭も出しやすい。そしてシンプルな作りなので壊れるパーツも少ない。そして財布の価格は縫製の手間賃が大半ですので、この構造だと自ずとコストパフォーマンスに反映されて有り難いですし。






MARINEDAY AGE3 ¥5,900+tax
そのまま半分のサイズにしたAGE3、近頃はキャッシュレス化が進んでますので若年層を中心に財布はどんどん小さくなってますよね。なるだけ最小限に持つという方もこっちですよね、ボクもスーツで手ぶらの時はこっちにします、普段は名刺入れでというのも使い方のひとつ。





この財布が登場したのは10何年前でしょう、、その時から使ってた初代は紛失してしまい、上のが2代目。これはエイジングサンプルとして店頭に置いてます、大体5,6年の使用でしょうか、キレイでしょ?。シンプルな物が丈夫という表れです、決してガチガチに分厚い革ではなくむしろ薄め、でも丈夫。3代目が型押し、これは2,3年といったところでしょうか、ツヤが出てきて良い感じ。

型押しは現在庫で廃盤です、気になる方はお早めに。

自転車も財布も、道具というのはシンプルな物が長寿命ですね。買い換えたとしても同じモノを持ち続ける心地よさも、UNITの洋服もそういうモノを沢山ご用意出来ればと日々思っております。


あれ・・・今日の投稿、存外に真面目な着地でした笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ここ数日は芳しくないお天気です。ご存知の方も多いかと思われますが、梅雨は6月だけではなく季節の変わり目毎にあるのですよね、差し詰め今は山茶花梅雨の時期といったところでしょうか。

好天前に、先日言っておりましたtobiraの試乗車のUNIT仕様をそれなりに良いところまで。

近頃ちょこちょこ乗っておりますが、やはりしっかりスパッと進むデイリーバイクというのは気分が良い。






そういえば、、よくお越し下さってるIさんの愛車はE.B.S VOKKA、650BのATBで悪路の走破性も高く長距離ライドも快適なオールマイティな1台。組んだ時点でもバッチリかっこよかったのですが、やはりグレードアップしたいパーツもあるご様子。自転車の楽しみってそういうとこにもありますよね。






そんなE.B.Sの設計ですから、tobiraの廉価版model-O’もスッと漕ぎ味の良い仕上がり。26インチのスタッガードですので、男性も小柄な女性も問わず乗りやすい。因みにコレは奥様用にご購入いただいてご本人も時折、良い感じの使い方だと思います。





そして某大人気コロッケ店の料理長OSGちゃんのmodel-T、女性がこういう感じの渋めカラーというのがとても素敵。
E.B.SのオリジナルハンドルにサドルがBROOKS B17のスペシャル、ブロンズの頭の大きい鋲の打たれた革サドルでクラシカルな空気を出しつつサラッとスポーティ、黒のパーツでまとまってるところがそう見せてるのでしょうね。不必要なことはせず、甘さのない仕上がりが玄人っぽい。






このmodel-T、スポーツバイク並みの設計ですので、自転車に詳しいHくんが乗ってもこんなに楽しそうな表情。






先日ご紹介した写真、小柄なNさんにもバッチリなmodel-Oも同様にグイッと走る車体、パッと見た姿では想像できないほどしっかりと走ります、ってまあ、、、当たり前か笑。もちろんこんな感じでふんわり乗る女性も楽々な懐の広さも、ボクは最近こっちの方が気になってたり。。。

そんなtobira、試乗車もどんどん遠慮なく乗って頂きたい計画で改造中なのですが、






とりあえず、入院中のボクのE.B.Sをベースに改造してみました。因みにボクの自転車にもE.B.Sのハンドルがついてるのですが、コレ本当に毎日乗るのにちょうど良いデザインです、抑えも効くし程々の前傾だし、オススメです。

ということで、





こんな感じでとりあえず。
ストック状態のパーツを交換したのが、
・ハンドル
・グリップ
・サドル
・ペダル
少しグッと踏みたいので体重が乗せやすいようにハンドルをカモメに、実用優先で荒っぽく使えるようにスポンジグリップ、サドルは・・言わずもがな、ペダルはハイクオリティで価格抑えめなミカシマ。






追加したのは、
・リアキャリア
・サドルバッグ
リアキャリアは色とデザインが気に入ればどれでも良いかと思います、自転車旅行に行く!とかだと剛性や耐久性が重要ですが、日々使う上では20kgを耐えられれば問題ないでしょうしね、お好みのデザインで。ボクは余らせてたシンプルなのがちょうどあったのでそれを、シルバーで揃えたいなあと思ったのですが、黒でフレーム同色にして結果オーライ。この辺りは皆さんの好みで変わるところですね。
サドルバッグはBROOKS、コレは外せません。クラシカルとスポーティの中間的デザインで完全防水、ロールトップで荷物の量に応じて調整出来る、ブルックスのサドルと合わせるにはコレが最良の選択肢かと思います。5年以上使ってますが、コレという不満はありません。

という感じです、カスタムの参考になればと思います。

他の改造も少し考え中、、、往復20km以内ならばシングルスピードでも不満がないのですが、もっと足を延ばすならば変速機もつけたくなるところ。

こういう取っ替え引っ替えも自転車の楽しみの大きな部分ですからね、おいおいご報告します。

そして、本当に遠慮なく”それ乗せろ〜っ!”っておっしゃってくださいませね。






そしてストックも少なくなってまいりましたが、限定生産model-T26もストックありです。

ご試乗、お待ち申し上げております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。
本日も雨の中ご来店ありがとうございました、更新が遅くなってしまいました、、、。






雨の合間を縫って、tobiraの試乗に。この女性は身長が150cmくらいでMサイズを乗っていただいてます、小柄な方でも楽に乗れる大きな車輪の自転車って良いでしょ?








Lサイズの方は少しボクの手持ちのパーツやカバンでカスタム中、実際色々といじってみようと思いますのでみなさんのご参考にしていただければと。ボクが使っている方が遠慮なくご試乗いただけると思いますので、遠慮なくガンガン乗ってみてくださいね。

いやあ、、ちょっと嬉しいことが。ホントはまだ言わないでおく時期なのですが、、年が明けてから楽しいイベントをやろうと思っておりまして。ご参加くださる方が多数なのですが、中でもボクが一目惚れした木工作家さんの参加が決定してワクワク。 詳細はもうしばらくしたらお知らせいたしますね。

そして本日の商品、コレまた嬉しいアイテム。
みなさん、というか、、ご覧くださってる中に絶対いらっしゃると思うのですが、、、ふつ〜〜〜〜〜〜〜〜〜の軍パン欲しくないです??
最近見ないでしょ?、普通の軍パン。世の中の流れ的にはあっさりしたユルい物か・細〜いのか。UNITは比較的ゆったりのパンツが多いですし、カーゴパンツ自体は必ずラインナップしているのですが、ド直球のは久々。カーゴパンツではなく軍パンじゃなきゃ出せない雰囲気というのは他では替えが効きません。5ポケットのジーパンにも同じことが言えると思います、チノは安心していただいて大丈夫笑。

というコトで、






FOBのカーゴパンツです。






不必要なことは一切ナシ、きっちり軍パンです。スッキリしたシルエットにしっかりボリューム感を残した絶妙なバランス。








フロントのポケットはフラップ等は付けずにスッキリと、バックポケットはしっかり教科書通り。









カーゴポケットのサイズ感はしっかりたっぷり、コレが大切、膝のアクションプリーツも同様に大切、裾のドローコードもモチロン大切、王道の軍パンはこれらを外すわけには参りません。






素材もしっかりコードレーン、パリッとサクッとした質感がミリタリーらしさをアピール。






はい、無論こんな雰囲気。間違いなく色んなコーディネイトにハマります。






裾を絞ってこの感じこの感じ!、という気分です。






横から、カーゴポケットが良い仕事をしてます。






中綿ベストで、ボクの通勤スタイルの定番は大体こんな具合です。ポケットのボリュームがあるのでロールアップが似合います、ブーツにロールアップのカーゴだと冬のアウターのほとんどは賄えるのではと。しかし、自転車もオリーブだし、ソフトミリタリーマニアみたいですね、、、笑






どうせならばモノトーンで、デザインもモノトーンで、というコトでRe made in tokyo japan Thin Down Winter Mods Coatと合わせてみました、存外にクドくならなくて結果オーライ、、というかボクも似た洋服でこうしようと思いました笑


いや、やはりミリタリーは良いです、トラッド・ワーク・ミリタリーは三種の神器、その一角の中の大きな部分を占めているのが軍パン。温故知新でどうぞ。






FOB FACTORY CARGO PANTS ¥17,000+tax
FOB FACTORY CARGO PANTS

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

11/1((木))~4(金)に開催の、






evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
少しずつご質問も増え、ワクワクしております。






今朝打ち合わせで堀川五条のvelo stand kyotoに行っておりましたので、






ちょっとE.B.Sのボスに被せて見ました、良い感じ。ベレーは面長・丸顔・老若男女問わず被りやすいデザイン。

もう一度おさらいです。








今回用にデザインを卸してもらったのがこのベレー、フェルトの形成で作る1枚モノのベレーとは違い、8枚ハギなのでステッチワークが利いて道具感もあったり、カバンにポンと突っ込んでも型崩れしづらかったり。






後ろのストラップを使って、カバンやベルトループにぶら下げることも。
ボクもこのところずっと被ってるのですが、自転車でビュンと走っても飛ばされないし・トラッド〜スポーツまでハマりますし、やはりチョイスが間違ってなかったと再確認出来ております。皆様も是非お試しください。

そしてもちろん他のスタイルもご用意しております。










ハット・ワークキャップ・ベレー・キャスケット等々…頭のサイズはもちろん、ブリム(ツバ)の幅や結構細かい仕様まで聞いてくれますよ。生地もお好みのをお選び頂けるかと思います。

いやはや楽しみ。ボク、自分の分をもう作ってもらってしまってるのですが、、追加しちゃおうかなあ。。。笑






1つ1つ、自分の為に作って貰えるのって嬉しいですよね、エボシさんよろしくお願いします!!






女性サイズのサンプルを被ってくれたTちゃんも、コレ被れと言ってます(笑)

よろしくお願い申し上げます!

そして明日はPt.Alfredのオーダースーツの日。








準備完了。
“今回オーダーを見送ったけど、実は気になってたりして…”なんて思ってる方はぜひ雰囲気を見にお越しください。オーダー以外にもPt.Alfredのオリジナルシャツやタイや小物もお持ち頂いてます、普通にお買い上げいただけますので是非お越しくださいませ!!






そしてtobiraのオーダーも週末までお受けしております。
今朝スタンドに行った時に、「かんちゃんこの色良くない?」とボスに見せてもらった色がかなり良かったです、ボクの入院中のもあの色にしてもらおうかな、、、悩む・・・写真撮ってきたら良かった。。。

それでは諸々よろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日も沢山のご来店ありがとうございました!!
では、タイトル通りなので早速いきます(笑)

告知方面をまとめて4つ。




Under the Autumn moon 満月ライブ
8月末の投稿で触れましたLea Thomasのライブが来週25日(木)に安楽寺さんで開催です。良いライブになりそう、もうワクワクです、秋の空気にぴったりの音だと思います。。ボクにおっしゃってくださっても予約しますのでご興味ある方は是非!、UNITでもアルバムをお取り扱い中ですのでコチラも合わせて是非。




コチラは詳細をお伝えするのにあと数日必要なのですが、来月前半の週末で東田トモヒロのライブを京都で企画中です。新曲も楽しみです、追ってお知らせいたします。




Pt.Alfred&tobira custom order meeting
いよいよ明々後日からのスタートになります。スーツのカスタムオーダーのご予約は一応締め切りとさせていただきます、ということでバナー画像を切り替え。”滑り込みで..お願い!”という方はご連絡くださいませ。トビラは週末まで開催いたしますので是非ゆっくり色で悩みましょう。




evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
そしてその翌週がエボシさんのオーダー会、どんなの〜?とご興味持ってくださってる方の声も沢山聞くようになってきました、追加のお知らせを明日改めてしますね。

そして、入荷・補充のお知らせです。






Manual Alphabet DRILL SHT COAT ¥19,800+tax






weac. SHAWL COLOR BLOUSON ¥24,800+tax






weac. ROLA ¥18,800+tax






BETTER BOA FLEECE COAT ¥25,800+tax






BETTER MID WEIGHT CREW L/S T-SHIRT ¥5,500+tax






BETTER CREW NECK L/S T-SHIRT ¥5,500+tax

ブログで改めてコーディネイトのご紹介もしますね、通販ページも是非ご利用くださいませ。


なんだかバタバタで申し訳ございません、、、そろそろどーでもイイ話だけのブログとかも書きたいなあ(笑)

それでは明日もよろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

秋晴れってやつですね、ようやく晴天が続くようになりました。






今朝は山に言ってたのですが、なんだかんだで家に帰る時間がなくてそのまま出勤。UNITにMTBでくるのは久々、tobiraと並べるとシティサイクルとMTBってこんなに違うのねと改めて思います、同じクロモリ製なのに(笑)

思いついでにtobiraで少し散歩してみました。






古い小学校の塀、伝統の技術を現代に落とし込んだtobiraとの相性は抜群。






ご近所で知人のお土産をちょっと、こんな大きなたぬきって近頃みないですよね。






いつもお世話になってる居酒屋さんの朝、こういう背景だと実用車に見えてしまう(笑)






ホテルオークラ前、JKT着てランチに来ました、なんて気分。






お寺にも馴染みます。






生活の1ページにこんな自転車ってバッチリですよね。






今朝MTBで山を1本下った直後にtobiraに乗り変えるとどんな感覚かなあと思ってフラッとしてみたのですが、街を動くのに気分の良い取り回しの良さだなあと再確認しました。ホイールベースの長さ・丁寧に作られた剛性感とクロモリのしなやかさで、出足からスピードに乗ってもグンとまっすぐ進むのがよくわかります。ルックスが洒落た自転車は沢山ありますが、走行性の安定感も両立している物は中々ありません。パニアバッグもつけてみたいなあ〜。





Pt.Alfred&tobira custom order meeting
次のオーダー会、是非ご利用くださいね!





evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
その翌週はevo-seeさんの帽子のオーダー会、自転車に乗るのにもオシャレするにもちょうど良いモデルも沢山あります。もちろん今回用に作ってもらったベレーはバッチリです。


UNITの思う日常生活を彩るアイテム、皆さまにお喜びいただけると嬉しいです。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はお知らせを。

来週は毎日申し上げておりますように、



Pt.Alfred&tobira custom order meetingです、よろしくお願い申し上げます。

そしてその翌週末にさしかかります11/1(木)を皮切りに11/4(日)までの4日間、






evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
と題しまして、五条あじき路地のエボシさんにお越しいただき、帽子のオーダー会を開催いたします。ご記憶の方もいらっしゃるかと思います、昨年の11月にも1度開催いたしました(昨年の様子はコチラ)。

店頭でよく耳にするのが、「頭デカくて合うのがない」「頭小さいからどこの被っても大きい」という老若男女の声。そんな場合は大体ニットキャップになってしまうワケです。そういう方には必ずお喜びいただけると思いますし、もちろん平均頭蓋骨の方の、「こんな素材があればな〜」とか「他の人とカブらないのが欲しい」あ、ダジャレじゃないですよ(笑)、、なんてご希望にも寄り添えるのではないかと。と言いますか、、何より自分サイズでパシッとかぶることが出来るのはとても嬉しいです。

そして今回、エボシさんでお持ちのデザインを色々と持ってきていただくのですが、それとは別にUNITが欲しいスペシャルバージョンを作ってもらいました。毎日読んでくださってる方はもうお分かりかもしれませんが、最近の投稿でボクが被ってるベレーです。






これです、気に入りすぎて毎日被ってます(笑)






ウールのヘリンボーンとワックスコットンでサンプルを作ってみました、この2種類はオススメに違いありませんがもちろん他の素材もご用意しております。






ステッチを利かせてちょっとワーク・ミリタリーのニュアンスも感じられる雰囲気に。8枚ハギでバランスの良いデザインに仕上がってます、上品さもあるでしょ。ラフなスタイルでもJKT着てもバッチリ、色んなスタイリングにボーダレスでコーディネイト出来る最右翼かもしれません。






レディースサイズのサンプルもご用意しました。男性がかぶると無骨さが少し見え隠れしますが、女の子がかぶると不思議と可愛さが出るような。うん、良いデザインとはそういうことになります(笑)

そしてエボシさんのアイコン的な存在である






後ろのストラップも健在、かぶらない時にバッグのどこかやベルトループなんかに引っ掛けられます。デザイン的にも良い味付けですよね。






そして、ボクがベレーを作りたかった裏の理由が1つありまして、自転車乗るとき飛んでいかないでしょ。「サイクルキャップがあるじゃないのよ」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、、アレを洒落たかぶり方するのって中々の難儀な技、上手くかぶれたとしても自然なスタイリングとは言いづらい。日常の洒落感の中で自然なのがニットキャップとベレーだと思うのです。カバンにポイっと突っ込んでも型崩れしにくいのもこういうハギをとったデザインのベレーだとも言えます、丸めてポケットに入れるのだって可能。
サイクルキャップ派の方も、ウールジャージにベレーなんていうのもカッコいいと思いますよ(笑)ツイードランでもベレー着用の方は結構いらっしゃるのでは。

ということでUNITが提案するライフスタイルにしっくりくるのがベレーなのです。






このサンプルはすでに店頭にありますので、ぜひご覧ください!



ということでエボシさんのオーダー会、もちろん他の型もございますので色々と悩んでください。どうしようかなあ〜なんて考えるのも楽しい作業、女性の皆様もお待ちしておりますね。

ぴったりフィットする帽子をぜひ、お待ちしております。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






これはちょっと前にあげた写真ですが、買い出しの時はこんな感じで御池通をフワフワ走ってまして。今日の午前中も足らないものが出たのをボケーっと買いに行ったのですが、、上の自転車が入院中で今乗ってるのはカバン付いてないということをすっかり失念しておりまして、左手疲れました笑(手放し運転はダメですよ)






んで店に戻ると友人のお店でお願いしてたパーツが差し入れ、ではなく刺し入れられてました。これですっきり山ライド、ありがとう。
こうやって改めて見ると、自転車部品のパッケージって結構凝ったものだったりします。洋服って、生身で店頭に並べるのがデフォルトなのでパッケージってほとんどと言って良いほど存在しません。レコードやCDだったらビニール袋で売ってる状態かもですよね、この辺りの切り口って再発見かも。。。

近頃本格的にtobiraを店頭に並べ始めましたので自転車周辺をよく話すようになったのですが、雑談ネタが増えて助かります(笑)






そんな本日はこんな感じ、なんだか自転車も国防色だし、ミリタリーオタクが小マシになったみたいな、、、(笑) ピックアップは足元のZDA CLIMBERと頭のベレー。このスニーカーのはいた感じの安定感は本当に良い、変わらずオススメです。帽子は、明日くらいにしっかりご説明いたします。





そして来週開催のPt.Alfred&tobira custom order meeting、スーツのオーダーのご予約はもうちょっとだけ隙間ありますので、悩んでらっしゃるかたはお早めにです。tobiraのカラーオーダーフェアは週末の28日(日)まで開催ですので、こちらは無制限でお待ちしております。早速「こんなハンドルとかどう〜?」なんてお話もしてくれたり。楽しみです。


そして最近の投稿分も通販ページに反映しました。






Jackman GG Sweat Crewneck ¥ 14,000+tax







Jackman GG Sweat Highneck ¥ 15,000+tax






Jackman GG Sweat Midneck ¥ 14,000+tax






Jackman GG Sweat Offneck ¥ 15,000+tax






ARAN DENIM TROUSER-1 ¥ 22,000+tax


そして上の写真でも背負っている、






NUNC Holiday BackPack ¥ 17,000+tax
も補充完了です。

是非是非ご利用くださいませ!!


それではまた明日、よろしくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日までのMARINEDAY TRUNK SHOW、ご覧くださって有難うございました!カバンが沢山旅立って行きました、嬉しい限り。

その連れて帰ってくれたうちの1人、友人で映像のプロのM氏と、ボクが出勤前ロケハン的に久しぶり立ち寄った御所で何気なく撮った写真を見ながら、






「素人が撮ったら、デジイチよりも最近のiPhoneの方が綺麗じゃない?」なんて話をしておりました。プロ目線からしてもやはりそのようですね、そういう話をネットやそこらで散見するので、そうなの?って思っておりまして。前にもちらっと言いましたが7月までiPhone6だったのでそれよりデジイチの方が良かったのですが、、変えると実感しました。






そして上の写真よりも更にこの1枚を撮った時に気づきました、両方で比べたら一目瞭然でした、、やはり道具というのは使いこなしてこそですね。それを時代の技術が補ってくれるのであれば、デジイチよりもスマホを使う方が素直かもしれませんね。
という事で今日からUNITの写真はiPhoneです、早速いつものセルフィー用のリモコンとマウントを用意しました(笑)

とりあえず暫定的にHP用に撮った写真で思い返した、”洋服・鞄・自転車”というUNITの3本柱。ボクが日々の生活を送る上でハズせない3つ、まあこれに音楽とお酒と読書が加わるのですがそれは別の話で(笑)

これまた数日前に先輩と話していたのですが、






昨日もご紹介しましたPt.Alfredのチノスーツ、毎日しつこい様ですが・・・笑、これはUNIT的”道具な洋服”の代表格だなあという。このスーツはいわゆる”アメトラ”的な解釈を元にデザインされ、”チノーズ”というWWⅡに於いて米軍で使われ発展した素材で製作された洋服。合理的な発想と荒い仕様に耐えうる素材、まさに道具然としてますよね、ユニフォームっぽいと言う方が伝わりやすいかも知れない。
例えば、その他のジャンルのスーツと比べた場合、タイドアップは当たり前に全てのスーツに似合うわけですが、クルーネックのTシャツをインナーにするとしましょう。クラシコイタリア系のスーツの場合、かなり色っぽく仕上がりますよね。英国トラッドの場合だと、、あれ?シャツ汚れたから脱いだの??と言う雰囲気になってしまう恐れも。それがこのアメリカントラッドなコットンスーツの場合はストンと落ち着く、それに合わせる足元がスニーカーでも革靴でも過分なテクニックが要らない。
汚れたら洗えば良い(実際ボク、昨日ベージュを汚しちゃいました笑)、洗い晒しになっていったとしてもそれも格好良い。先輩は「ポケットにガンガン物を入れて膨らんでもこのスーツなら様になる」とも言ってました、その通り。 と言いますか、、ボク自身はどちらかと言うと英国トラッド寄りの発想で育ったのでこのスーツを着て実感した部分も大きいです。
そして他の洋服も、上品でありながら道具として長く付き合えるかという目線を必須でセレクトしてます。
既出の”制服”というのもキーワードかも知れません、ワークもミリタリーもトラッドも殆どの男性の洋服にエッセンスは込められてますよね、そういう意味でも道具。

そしてバッグ。






FREDRIK PACKERS・MARINRDAY・NUNC、UNITのバッグの3本柱。
ファッショアイテムでありながら多角的に性能を吟味される存在、ファッショナブルでも使いにくければダメだし、使いやすくてもカッコ悪かったら持ちたくない。そして何よりも機能美が存在しやすいファッションアイテムだと思います。この3者の中で最も機能性に遠い存在だと思われるであろうマリーンデイでも、実際のところはトートだったりペーパーバッグだったりと、長年道具として培われてきたデザインです。そして欠かせないのがお財布のFLAT4、シンプルに作った恩恵で使いやすくて壊れにくい。まさに道具としても合格だし色んなスタイリングの邪魔もしない、両方を兼ね備えた存在です。
そしてUNITスタートと共にあり続けるパッカーズの存在感は言わずもがな、テクニカルで緻密に考えられたヌンクがブランドスタートの時に先行でUNITを選んでくれたのも、バッグに対してUNITが洋服以上に真面目に向き合ってきたのを理解してくれたからだと自負してます。

最後に自転車。
UNITの洋服、特に真冬のアウターを考える際に最もきにするのが自転車に乗る時に”不自由ない”かどうか。ココ結構大事で、”自転車に乗る為”ではなく”乗るのに不自由ない”ということ、例えば前の打ち合わせがシングルでボタンのみだと風入って寒いですよね。そういうものは必ずジッパーがついてるモノ、そうじゃない場合はダブルでストールと合わせると外気を遮られるようなモノを。意外と真面目に考えてるでしょ?(笑)
そしてUNITのパートナーシップなブランドであるE.B.Sと2ndレーベルのtobira、普段の生活に根ざした自転車ですのでレース機材ではなく、上質で長く使える道具なのです。例えば写真に出ているボクの普段乗ってる自転車にはパニアバッグがついてます、ここにカバンを入れちゃえばメッセンジャーやバックパック以外のカバンを選択できますので逆に洋服も限定されません、スーツでも格好良く出勤できます。仕事帰りにトイレットペーパーやお米だって運べてしまうし、休日に小さなカバンで出かけても買い物したものはポイっと持って帰ることも。
懐古主義の自転車ではなく伝統的な手法で今の自転車を作ってますので、スポーティなスタイル〜革靴を履くようなコーディネイトまで違和感なく寄り添ってくれますし。
そういう道具を毎日のパートナーとして考えると、やはりしっかりしたモノでなければ、高級ではなく上質。極めてシンプルにも・ボリュームアップしても乗る事が出来るtobiraとE.B.Sは、道具としてとても優秀なのです。






例えばこないだ納車が済んだtobira model-T、OSGちゃんも気に入ってくれてイイ笑顔です。160cm無い女性ですがホリゾンタルフレームに乗れる喜び、シブめのカラーに女性が乗るのも素敵ですよね。これで彼女は京都の街の宣伝部長ですので、見かけたら声をかけてください(笑)






こちらはtobira model-O’、model-Oの廉価版です。先輩の娘さんが春からの高校通学に買ってくれたのですが、半年経って益々大切に乗ってくれているそうです、おじさん嬉しいです(笑)


こんな感じで着々とリリース中、しっかりした乗り味を試しにお越しくださいませ、乗ればわかります。






余談というか、その脇にというか、本来こっちが先というか、、そもそもボクの自転車ライフはMTBからスタートしてます。ピストが流行った時でも・ロードが主流の最近もMTBでした。専用ウェアで行くこともあれば写真のようにいつものTシャツGパンでも、夏以外はほとんどGパンだな。元々山が好きで、普段着で遊べるMTBだったから続いてるのかも知れません。






さらに余談なのですが、昨夜自宅で片付けしてて、ホントにたまたま見つけた12年前のメンズクラブのボク、、、。
今とほとんど内容変わって無いでしょ?ブレない男なので安心してボクのこの提案に乗ってくださいませね(笑)

という事で少々脱線しましたが、ボクの毎日をフィルターにして快く過ごせる”道具”をUNITに集めたらこの3つが軸になったというわけです。


洋服・バッグ・自転車、同じ線上にある道具のご提案の中から、皆さんのリビングスタイルに合ったモノを抽出していただければと思います。

それ以外のボクの必需品の話はまた枝葉末節回で、最近かけてないですが(笑)

今日は雨でしたね、、明日は久々に全休ですので山に行きたかったのですが、、行けるかな。


それではまた明後日です。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ボクの日々の足、E.B.S PIKE。本来は29インチのマウンテンバイクのタイヤを履くモンスタークロスでありますが、






現在は700×38cのタイヤでチェーンリングも44tのみの街乗り使用、もうちょっと細くてもよかったと思ったりしてますが。 荷物を積んでロングダートを走破しちゃうよ!なんて日々を過ごしていればMTBタイヤでバリバリなのですが、通勤や街を行くのがメインですので、やはり舗装路で快適な方が良い。SUVでも問題無いですが、自分の用途としてはステーションワゴンの方がイイ、そんな感じでしょうか。

そしてE.B.Sの工房で作られている”toira”、毎日の暮らしで使いやすい自転車を丁寧に製作するレーベル。ポイントになる部分は手抜かりなく、いわゆる自転車愛好家の為ではない普通の感覚で上質なモノを選びたい人に向けて、そんな立ち位置でハンドメイドバイクをリリースするブランドです。

tobira メーカーHP

そんなトビラから限定生産のモデルが届いております、






tobira model-t26  ¥85,000+tax
26インチタイヤのホリゾンタルフレーム、写真はグロスブラックのsizeM、週末にはモスグリーンのsizeLが到着します。 コンパクトに見えますがホイールベース長がしっかりありますので安定感や巡航性も高く、ストックのシングルスピード(変速無し)でも心地よく進みます。ハンドメイドで丁寧に作られたフレームは剛性もキッチリ、クロモリ鋼の粘りと相まって乗り心地も良い。
そして26インチを採用したことにより、Mサイズならば小柄な女性でもホリゾンタル(トップチューブが水平)を選べます。これは嬉しい女性が結構いらっしゃるのではないでしょうか?
150cm台の女性、誰か試乗に来てください。写真撮りたいので(笑)


細部の画像を。











発展性を持たせたディティールです。

フロントフォーク、エンドやシートステーにはダボがありますので前カゴ・前後キャリアも装着可。
スタンドも直付け出来ますのでグラグラしてイライラしません。
ディレイラーハンガー付きなので変速化も。
ブレーキはロングアーチなのでもっと太いタイヤで泥除けも、なんて選択もできます。
プロムナードバーも他にないシンプルで直線的なデザイン、甘さ控えめなところがイイ。

という具合に、シンプルに見えて実のところ色んなことが出来る自転車です。フレームがしっかりしてますので革サドルにするだけでも高級感が跳ね上がりますよ。







そして何より、このジャンルの自転車の中では他社と比べて格段に丁寧に作られています。そういうキリッとした雰囲気が端々に出てますので高級感もありますし、ほんとにハンドメイドでこのプライスは破格です。
巷にデイリーバイクは数多く選択肢として存在しますが、やはり価格相応の甘さがあったり・ちょっと可愛い空気が抜けなかったり。。そういった甘さを抑えつつ、大人が道具として肩肘張らずに乗ることが出来る自転車です。






E.B.Sの考える、普段乗りの自転車。








街に溶け込む雰囲気が素敵です。

今回の限定モデルはぜひ小柄な女性に乗っていただきたいなあ、、ホリゾンタルフレームのパキッとした乗り味を体験してみてください。






tobira model-t26 ¥85,000+tax



商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×