UNIT

こんばんは。

本日はバッハの新作CHRISSIE BAGを、発案者の名前なんでしょうかね、女性に多い名前みたいなので女性向きとも言えるのかも。





DSC_0977
こういうシンプルで10L程度のショルダーバッグは、ひと昔前のアウトドアブランドは結構リリースしてたのですが、最近はあまり無いかも知れません。おじさんの昔話になっちゃいますが旧MADDENやDANA DESIGNはこの手のバッグが得意だったような記憶が。ボクもマデンのショルダーを愛用してました。
フロントパネルのデザイン、バランスがシンメトリーでディティールがアシンメトリーというのは何ともそそられます。




DSC_0986
メインの素材は1000デニールのコーデュラでスリット側のみリップストップ、デザイン的にもアクセントになっていいですね。





DSC_0985
ジッパー側はマチ付きなので細かい物をワサワサって突っ込むにも都合が良い。





DSC_0988
メインの荷室へのアクセスはダブルジッパーなのでストレスが少なく、大きめのコイルで引きも軽い。日常使いのバッグは開閉が多いのでこういうところはとても重要。





DSC_0970
メインの荷室を挟んで背面と向こう側にポケット。背面は薄くパッドを入れてますのでタブレットなんかを持ち運びやすい、反対側は小分けのポケットを追加してます。毎日同じカバンを使う人にも勝手が良さそうですね、たまに使うって場合でも過分さは感じないと思います。





DSC_0984
もちろんアウトドアなデザインがベースなのですが、結構シックな雰囲気を帯びてますのでスポーティなコーディネイトにとらわれず、ボーダレスに使えそう。キャリーバッグでの旅行の時の手回り用のバッグにもよさそうですよね、穴あきのジッパータブなので後から小型の南京錠も付けられて海外旅行にもバッチリ。





DSC_0990
スニーカー・iPhoneと比べるとこんなサイズ感です。


ほしーなー、コレ、、、あ、コスパも高いので頑張り気味のバレンタインのプレゼントにもイイかもですね。ボク、今日誕生日なので自分にご褒美しようかな。。。笑



コレ、人気でそうです。お早めに、要注意です。

WEBストアにもアップしてますので、こちらも是非ご利用くださいませ。



DSC_0998
BACH CHRISSIE BAG ¥7,500+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

今日は入荷の整理をコツコツ、中でも新作やUNIT的オススメがしっかりと届いたのはBACHから。





DSC_0950
既存の定番もしっかり、





DSC_0916
そして新作も色々届いております。
新作の猛プッシュなモデルも届いておりますが、その前に本日はUNITとして最もオススメしたいモデルを。





DSC_0939
GATEWAY
バッハ唯一のビジネスモデルですが、タウンユースとしても使い勝手の良い懐の広さを持ち合わせたモデル。ボクも愛用しておりまして、もっぱら





DSC_0936
ショルダーハーネスを出して、





DSC_0940
バックパック仕様で使ってます。





DSC_0929
背面にはキャリーバッグ様のホルダーもありますので出張にも連れて行けます。





DSC_0934
フロントパネルには大中小のポケットが3つ、それぞれのサイズバランスが丁度良い。





DSC_0931
メインボックスはフルオープンで、ノートPC用にクッションパッドを装備した38×31×4cmのオーガナイザーを装備。





DSC_0933
外側のジッパーから直接アクセスするのでもたつかなくて良い、ノートPCを持ち歩かなくても書類を入れるにも型崩れを防げて助かります。





DSC_0927
手持ち、





DSC_0928
混み合った電車の中などは縦に持つと邪魔になりません、





DSC_0937
ショルダー、





DSC_0926
バックパック。

という感じでシンプルでカテゴリーの境目の無いルックス、スタイル・シーンにとらわれず幅広く使えるのがお分かりいただけるかと思います。サイズはメーカー発表で20L、使った感覚ではもうちょっと容量が大きいように思えます。写真をご覧いただければわかる様に普段使いに大きくないサイズ感にもかかわらず、下着・シャツ程度の着替えならば2泊程の旅行でも使えました。

本当にオールマイティなバッグです、デザインも飽きないですし1年間のほとんどのシチュエーションで使えるモノだと思います。


新鮮さと安心感の同居した、秀逸なモデルです。





DSC_0948
BACH GATEWAY ¥19,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

きょうの京都はしっかり雨降り、しっとりしとります。。。無意識でした、下手なラップみたいになってますね、笑

本日はおすすめのストーをポロっとご紹介です。





dsc_3570
3配色のチェック、フランスのファクトリーブランドCORNILLONのストール。フランスはアクリルニットが上質、ちなみにコレはアクリル54%・ウール24%・ナイロン22%という混率です。気軽に扱えるというのは武器ですね。





dsc_3568
サイズは56×200cm、広げてたっぷり使ってもイイですし





dsc_3567
これくらいにしてもイイ、個人的には最も使いやすい大きさと厚みのストールです。
価格も程々、男女問わずプレゼントにも是非。





dsc_3573
CORNILLON チェックストール ¥7,800+tax


それからお知らせをもう1つ、セールの第3段階。

リニューアルセールの対象商品を提げ札から更に10%OFFとさせていただきます!

ますますお待ちしております、宜しくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はしっかり降りましたね〜、せっかくの日曜なのに、、、まあ、雨でしっとりゆっくりってのも悪くないかもですよね。

そんな雨でスタートした今週、ちょっと変則営業です。って、、実際のところいつもより開いてるんですけど、笑


月:通常営業
火:通常営業
水:臨時営業 19:00閉店
木:臨時営業
金:通常営業
土:慶事のためお休み頂きます


以上の予定です、宜しくお願い申し上げます!

これで終わるのも寂しいので今日のオススメ、





dsc_0862
TWEEDMILL PICNIC RUGS ¥6,900 → ¥5,520+tax
のところを、クリスマスの小物10%オフ適用なので¥4,830+taxとなります。

表がツイードで裏がナイロンオックス、野外で使いやすいです。車の中にポイっと入れとくと何かと重宝、フェスなんかにも良さそうです。こういうものって後回しになりがちですよね、安くなってる機会に是非。


それでは諸々宜しくお願いします!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

UNITのインポートアイテムは英国由来のモノが多くを占めます、中でも本日ご紹介の





DSC_0693
グローバーオールはユニオンジャックを冠したロゴを使用するくらい英国海軍を背負ってます。





DSC_0683
そんなGloverallのハーフ丈ダッフルが本日の商品、UNITの準定番的なアイテムです。
前の打合せが深いのも海上での波風が入りにくい様に、フードが平面なのも狭い甲板上での作業の邪魔になら無い様に。





DSC_0704
重厚な52クロスのフェルト、丈夫でグローブのまま扱いやすいトグル。





DSC_0684
ショルダーパッドも同様に必要なギミックから。





DSC_0688
トラッドなギミックは視覚的にも満足度が高い。





DSC_0695
こういうところに海軍の制服だった頃の名残が。

箇条書きにしたポイント、全て道具然としたディティールです。UNITは洋服を道具として考えたい一面もありますので当にコンセプト通りのひと品、理由のあるディティールというのは純粋に格好良いですよね。





DSC_0173
「一生モノ」っていう言葉はほとんど使わないのですが、これに関しては使っても良さそうですね。

ダッフルは大人の洋服です、じっくりお付き合いくださいませ。





DSC_0696
Gloverall Duffle Coat No.3210/52cloth ¥69,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は定番のベルトを。





dsc_0856
HADY&SONS
16歳の時から小さな馬具工房で働いていたオーナーが1990年に創業、家族経営にもかかわらず設計から物作りまですべての工程を自社でまかなってます。J.E.Sedgwick社から供給される最高級のブライドルレザーを使用、オールハンドメイドにて最高品質のベルトを生産しています。





dsc_0852
無骨な金具、馬具を匂わせるルックスです。
HARDY&SONSは一昨年倒産したJABEZ CLIFF(ジャベクリフ)の後継となるブランドと目されております、馬具メーカー由来のブランドはヨーロッパに多いですよね、まさに伝統のひと品。





dsc_0854
ブライドルレザー、これも英国貴族の馬具の為に開発された素材。成牛の皮の表面を時間と回数を重ねてベジタブルタンニンでなめし、ロウをしみ込ませた牛革。耐久性はもとより美しいエイジングも楽しめる素材なのです。

堅牢なステンレスのパーツと肉厚のブライドルレザーをロウ引きの糸でハンドステッチ、まさに質実剛健。長年付き合えるのは言わずもがなですね。とはいえ英国紳士の為のベルトなので粗野な空気は抑えめ、幅も4cm程度なのでJKTを着るようなスタイリングにも合わせられます。ミドルゲージのニットにダブルソールのブーツ、その腰回りのシャツの間からチラッと見える、、、なんて感じが想像できます。

こっそりあります、しっかりしたベルト。スポーツもファッションも腰は重要ポイントです、頭の片隅に記憶しておいてくださいませ。





dsc_0860
HARDY&SONS LEATHER BELT ¥11,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

このところ暖かいですね、、もっと寒くなってくれないと洋服屋は困ります笑

本日は新顔と継続品番と暖かいのと暖かいのをザッと4つご紹介。

まずは新顔、





dsc_3376
Manual Alphabetというシャツメーカーさん、今期スポットでいくつかお世話になってます。





dsc_3315dsc_3316
stretch flannel BASIC BD SHIRT ¥10,500+TAX
起毛仕立てのネルシャツ、BDなのでトラッドっぽい仕上がりが良いです。フリーフランネルという特殊加工で、綿100%なのですが化繊を混ぜたストレッチ的な着心地。





dsc_0785
先日Vitterのカーディガンをご紹介した時にチラッと、上品なネルシャツです。





dsc_3313dsc_3314
次は、crispy weather MILITARY SHIRT ¥14,500+tax
米軍のユーティリティシャツをリミックスしたデザイン、比翼仕立てとフラップポケットが男心をくすぐるでしょ?
上質なコットンを使ったウェザークロス、光沢感とハリコシが良いです。この素材感はアウター使いもしやすいので時期によってはそういう着方も、裾はドローコードが通ってスピンドル仕様ですのでアウターとして意識しているということが伺えます。





dsc_3317
次は暖かいのを、INVERALLAN Lumber Cardigan ¥5,5000+tax
説明不要のローゲージニットのお手本みたいなインバーアランのカーディガン、





DSC_0222
問答無用でカッコイイです。





dsc_3299
Bibury Court UK combat smock ¥68,000+tax
英軍コンバットスモックのアレンジ。表地は英国ミラレーンの6ozワックスコットンで中綿にシンサレート、ボアに覆われた襟はフードにアレンジできます。コレ、、、カッコイイんです、また改めてご紹介。



ということでザッといきました、この秋の記事を見返しながらコーディネイトを考えてみてくださいませ。

お待ちしております!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は2点。
先ずは前日来の意外にご紹介してなかった的シリーズ、






dsc_0805dsc_0806
ARAN FATIGUE PT
「アランといえば」という立場にあるパンツなのですが、、、ブログでのご紹介は久々。ファティーグパンツ・・・このデザイン、ベイカーパンツ(UNITではこちらで言うことが多い)とも言います。ファティーグは雑役という意味があって、米軍雑務作業用のパンツをそう呼んだことからのネーミング。ベイカーは文字通りパン屋さんがはいてたから、、等諸説ありますが定かじゃない。100年以内のコトなのに、歴史や名前なんてアヤフヤなもんです。
そんなコト言ってたら、「花屋さんのパンツ」とか「自転車屋さんのパンツ」とか、企画してみたいなあ〜なんて妄想がモクモクと、、好きなモノは話が長くなっちゃいますね笑

そしてこのデザイン、個人的には最も好きはワークパンツのデザインかも知れません。ボクのキャリアで考えると・・ジーパン生まれベイカー育ち、みたいな・・・・・笑。実際に以前勤務してたメーカーでもベイカーの企画をあげてたり、UNITを始めてからもコレとかコレとか、懐かしいです、、、久々見ると自分の体が今より絞まってるのがくやしい笑
話を戻しまして・・・それくらいUNIT(ボク)としては得意分野、なのでUNITのコーディネイトの軸たり得るアイテムなわけですね。ましてやARANの顔なアイテムですからオススメ間違いなしなのです。





dsc_0818

dsc_0819
全体にワイドなシルエット、太めのパンツは色んなアイテムに合わせやすくて便利です。
ファティーグの王道デザイン、過不足無く・しかし満足度も高いギミック感。




dsc_0810
硫化染バックサテンです。硫化染料は風合いの出やすいのでワークパンツとは相性がイイ、このようなネップ感のあるバックサテンならなおさらです。 ワークパンツなんだけどザックリ過ぎなくてガシガシはける、一般的なファティーグよりも太さのバランスが上品なのもイイ、、そんな感じの毎日付き合えるパンツです。



もう一つは、





dsc_3226dsc_3225
BEAVER of bolton COLLARLESS VEST
入荷のタイミングでお知らせしてたアイテムです、再掲載。





dsc_0838
ナイロンに中綿のダイヤモンドキルト、安定安心の王道素材。





dsc_0822
スナップボタン、襟無しのナローな前立て、大ぶりなポケットが左右に1つづつ。もう、何も問題の無い感じ。中にも外にも合わせるモノを選びませんね。
冬のインナーとアウターの繋ぎ手としては素晴らしいアイテムだと思います。



そんな2つを合わせると、





dsc_0864
ニット:Baxter Ratcliff crew neck ¥1,6000+tax
カットソー:BETTER MID WEIGHT CREW NECK L/S T-SHIRT ¥4,800+tax
スニーカー:ventuno TENNIS ¥5,700+tax
ストール:STELLA ROSSA DIAMANTE ¥6,000;tax

UNITの冬の基本コーディネイトが出来上がります、この組み合わせのアウターは丈が長かろうがショートであろうが殆ど悩まずに着られます。要するに、、、楽(手抜き)出来ます、それが出来るコーディネイトというのは要するに完成されてるということ、ぜひお試しください。



ということで2アイテム、必需品ですよ。





dsc_0809
ARAN FATIGUE PT ¥15,000+tax





dsc_0844
BEAVER of bolton COLLARLESS VEST ¥17,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日も3アイテムご紹介です。
昨日に引き続きReから先ずは1点、





dsc_3301
Re made in tokyo japan Classic Sweat Wool zip Parka





dsc_0791
イタリア産の縮絨ウール、昨日のニットもそうでしたが肉厚に見えて着心地軽やかです。





dsc_0787
立ち襟気味になったフード・パイピングのポケット・レザーのプルタブ、Reが作り続けているディーティールですね、王道のパーカーの匂いを残しつつReらしさが。





dsc_3393
毎年おすすめコーディネートはシャツでお見せしてるのですが、カットソーの上にフワッとでも程よくラグジュアリーな感じが出てイイでしょ?

そして暖かですので、手放せない1枚になると思います。



次は入荷のお知らせ以来の登場、





dsc_0758dsc_0761
Vitter ROUND NECK / CARDIGAN
イタリア・フィレンツェにて1968年に小さな家族経営の会社として創業したニットメーカー、原料調達から生産までを全てイタリア国内で。有名ブランドのOEMも請け負った実績を持ち、優れた品質からヨーロッパ内にとどまらず世界各国に商品を提供しています。工場の電力は100%自社のソーラー発電によるものでまかなわれており、環境にも配慮しているブランド。





dsc_0777
アクリルとウールの混紡で普通に洗濯出来ます、日常使いする上ではかなりのアドバンテージ。しっかりした肌触りのハイゲージですので安心感もあり、長いシーズン使えそうです。





dsc_0775
クルー、汎用性の高さが伺えますね。





dsc_0784dsc_0785
カーディガンも王道、白いカットソーでクリーンに、同色のシャツでクレバーな感じにも、UNITとしてはそんな気分。
コストパフォーマンスの面から見てもとても優秀、ガンガン着てください。



あ。。。。





dsc_3398
今日は太いカーゴとスニーカーだったので、昨日のニットで言ってたパターンもついでに笑


ということでイタリア由来のニットを3点(4点)ご紹介しました、是非店頭で。





dsc_0797
Re made in tokyo japan Classic Sweat Wool zip Parka ¥19,000+tax





dsc_0799
Vitter ROUND NECK ¥8,800+tax / CARDIGAN ¥10,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はUNITの隠れた定番を2つ。

先ずはニットから、





dsc_3319
Jamieson’s stand collar cardigan
伝統的なフェアアイルが思いつきやすいジャミーソンですが無地もモチロンお得意、シャットランドニットを代表するメーカーの1つです。
このスタンドカラーのカーディガンは個人的にも長い付き合いで自信のひと品、シャツはもちろんのこと・タートルネックのカットソーで上品なカジュアル・クルーネックだってラフにならず・ヘンリーネックのカットソーだったらちょっとフォークロアなニュアンスも。かなりの守備範囲です。





dsc_3367
上質なシェットランドウールは適度に油分を含みしなやかで保温性も高く、レザーのくるみボタンが上品なフォーク調を表現。





dsc_3366
スタンダードのど真ん中を行くデザインです、ワードローブにコレがあると安心感が違います。



次はARANの





dsc_3320
F.CARGO





dsc_3361
今回はコットンサージを硫化染めしたもの、生地の陰影がシッカリ出る染料ですので質感に奥行きが出ます。





dsc_3387
ちなみに昨日は2年前のFカーゴでした、毎シーズンはいても飽きないパンツです。





dsc_3347
dsc_3348
シンプルなのですが手応えのある腰回り。





dsc_3352
dsc_3353
カーゴポケットはギミック感とボリューム感がイイ、胸焼けしない程度に男心をくすぐってくれます。





dsc_0753
ということで、上下で合わせてみました。
ブルゾンでもコートでも合わせやすいバランスです、ラフさ加減と落ち着きが両方あるでしょ。

どちらも安定感抜群、必須アイテムです。





dsc_3363
ARAN F.CARGO ¥18,000+tax





dsc_3370
Jamieson’s stand collar cardigan ¥25,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×