UNIT

こんばんは。

本日はボク自身が心待ちにしておりました商品です。






グラスゴーから届いたグレーティングカードです、いや〜素敵だ〜。グラスゴーで活動するLIBBY WALKERによるイラスト、ワクワクする絵ばかりです。

グラスゴーといえば、工業の・グラスゴースタイルを作り出した建築家のマッキントッシュ・近年はスコットランドカラーのユニフォームで中村俊輔のいたセルティックで認知されてますよね。ボクの場合・・・まずはお酒。ここからアイラ島への飛行機が飛んでます、ボクはアイラが大好きなので是非飛んでいきたい笑
そしてなによりも音楽、マンチェスターもそうですが我々40オーバーの若い頃は経済状況が悪化していた時期で、そういう鬱屈した空気の場合カッコイイ音楽が生まれますよね。80〜90年代あたりはネイアコ・ギターポップなんて呼ばれたジャンルはここからスタート、その後ブリットポップの重要な地域となり多くのロックバンドを排出。アズテックカメラ・オレンジジュース・ティーネイジファンクラブ・パステルズ、そのあとはBMXバンディツ・ベルアンドセバスチャン・プライマルスクリーム・この前来日してたフランツフェルディナンド・スノーパトロール、あ、エドウィンコリンズも。などなど、パッと思いつくポップ・ロック系の有名ミュージシャンだけでもつらつらと出てきます。いや〜、若返ってきた笑

ということで1つずつご紹介しますね、










まずは順番に1880年代・1940年代・1990年代のグラスゴーの風景の詰め合わせ、空気感が伝わってきます。






クライド湾の風景






グラスゴー市庁舎のあるフィニエストンの風景






スカイ島のイメージ






スカイ島の岬






スコットランドの人々






ユニオン運河のあるラーゾでボルダリングする人々






フクロウ、これTシャツとかあったら欲しいかも






山の風景、彼女、MTB乗るのかなあ?親近感です笑

ね?素敵でしょ??筆のタッチとか色使いとか、ずーっと眺めていたくなります。






封筒もセットです。

こんなカードでお手紙をもらえたら嬉しいですよね、素晴らしい花を添えてくれます。最近はどうしてもメールなんかで済ませてしまいますよね、大切なタイミング・何気ないタイミング、是非肉筆で思いを伝えましょう。かく言うボクもそうですし、久々に手紙を出してみようかなあと思います。ニューヨークの友人は折に触れグリーティングカードを送ってくれるのでボクもお返ししてみようかなあ、やはりキリスト教が盛んな地域ははその文化が根付いてますね。

額装するのも良さそう。

とてもとても、本当におすすめです。

ホントに

しつこいですが本当に(笑)






LIBBY WALKER greeting card 各¥600+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






お店の前、高瀬川沿いも芽吹いてきました。






辛夷も五分咲きくらいかな。
花粉症も始まってますし(笑)、具体的に春めいてまいりました。ということで、春に大活躍なカットソーをご紹介。






CLUB DE MERのBerton Shirtです。
この手のロンTって、漁師さんやフランスの海兵さんが着てたのがルーツ、いわゆる”バスクシャツ”というやつです、もともとバスク地方(フランスとスペインの中間)の漁師さん発祥の形。
バスクといえばピカソのゲルニカのところ、実際彼もバスクシャツをこよなく愛してました、ブランドさんによってはバスクシャツの商品名をピカソにしてるところも過去にありました。行ってみたいな〜、いろんな名所もあるし、バスク料理美味しそうだし。ボク、バスク近くのラングドック地方のブランダードという料理が好きなのですが、バスクのカタプラーナも食べてみたい。どちらもタラの料理、ワイン進むよな〜。
音楽も、カタルーニャフォークなんて呼ばれるジャンルも確率されてますし、そんなのを聞きながらバスクの風景とお酒と料理、、いいなあ、、そりゃピカソも気にいるわけです。

え〜、もとい(笑)

そのバスクシャツタイプのTシャツ、前後の無い形なのでどうしても首のところがサワサワしてちょっとムズムズしちゃうんですよね。気にならないよ〜って方も多いと思うのですが、その話をすると「そうそう、それ苦手なのよ。」とおっしゃる方も少なく無い。






ですがこちらの場合、クルーネックですのでそのサワサワは解消されてます。しかしバスクシャツの空気感もそこなってません。






左肩にネーム、コレもこのタイプらしい雰囲気を踏襲してます。






素材はとても肌触りの良い天竺、軽い着心地でもあります。着るとわかります、本当に良い生地。








今年はブラック・ネイビー・レッド・グリーンの4色です。
デニムにボーダーは王道だし、カーゴパンツに合わせると優しいミリタリー感が出ますし、チノパンだとちょっと上品なラフを演出できます。

着用例なのですが、






この写真がsizeL






こちらがXL。
ボクで大体175cm65kgあたりです、通常カウントでMがL・LがXLと思っていただいていいと思います。ゆったり着るならXLですね。

それから、






この写真に戻ります。クルーネックもポイントではあるのですが、ネームタグ、素敵でしょ?オイルサーディンにTシャツを見立てたデザイン。このイラスト、






実はリビー・ウォーカーさんの仕事なのです、こういうストーリーが嬉しいのです。






LIBBY WALKER greeting card 各¥600+tax
リビーさんのグリーティングカードにメッセージを添えてプレゼント、なんてのも素敵だと思います。

1人でムフフってなってます(笑)

ということで、コレから大活躍間違い無しなクラブデメールのボーダー、お早めに獲得してくださいませ。






CLUB DE MER Berton Shirt ¥8,900+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ここ2日ほどは暑いですね。冷えて〜、寒くなれ〜!!(笑)






現在のウインドウ、東田バージョンです。






こ予約もお受けしてますので是非、宜しくお願いします。

“東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto”
日時:2017.10.20(fri)
会場:studio37 京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448-17 TEL 075-256-4037
出演:東田トモヒロ
FOOD:森林食堂(カレー)
時間:open19:00 / start20:00
料金: ¥2,000+1drink
お問い合わせ:UNIT TEL 075-241-2832 / MEIL unit.kyoto@gmail.com


そして本日商談がありまして、、






こんな素敵なポストカードがやってきます、イギリス好きには楽しい絵ばかり。
どんな方が描いてるのかをお知りになりたい方は、このインスタグラムをご覧くださいませ。楽しみ。

そして本日アップした商品はこちら。






Kepani Long Sleeve T ¥7,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)






Kepani Sunset-Ⅱ ¥17,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)






ARAN BELT PANTS ¥17,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

因みに本日のボクも、






以前バージョンのベルトパンツです、すっきりはけて主張もある、本当に素敵なパンツです。

ということで、存外に盛りだくさんな内容の本日でした。

宜しくお願い申し上げます

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×