UNIT

こんにちは。

昨日に引き続き音楽ネタ、ちょこちょこ告知しております、






東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto


あと2週間ちょっととなりました。ご予約の皆様、ご連絡ありがとうございます!
随時受け付けておりますので宜しくお願い申し上げます!

昨日はその告知も兼ねて、






展示会回りの後、FM802にお邪魔してきました。






ちょこっとお話してきました、2回噛みました。。。笑
番組ブログ

ラジコで後追いできる時代なんですよね、、よろしければ、、、恥ずかしいのでリンクはしませんが笑

土井コマキちゃん・Tさん並びにスタッフの皆様、お世話になりました、ウッチーもありがとう。



ということで、前のお知らせでも2曲貼りましたが、本日も少し。





代表曲の”アゲハ”、音源としてはもう廃盤なのですがファンはみんなこの曲がスキです。






“月が昇る頃君は”、沁みますね〜。昨日の中秋の名月つながりで笑、この曲は東田くんの亡くなった友人に向けての歌だそうです、しっとり。



ご予約どしどし受け付けております、宜しくお願い申し上げます!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

出勤すると緩衝材入りの封筒がポストに、フムフムなんだろ?と取り出しますと、、、






トモにいからでした、東田トモヒロの最新ミニアルバム「ひだまり」が。






今回の装丁はこんな感じ、東田くんの後ろに歌詞が載ってます。
リード曲「ひだまり」の動画はコチラ、ゆったり王道ロックですね。計5曲、海や山でも気持ち良さそうですし・リビングで聴いてもホッとします、是非どうぞ。

そしてまた改めて告知しますが、






10月20日(金)、[東田トモヒロ ACOUSTIC LIVE @京都]が決まりました。是非是非予定しておいてくださいませ、耳に美味しい時間です、その他も何か出来たら良いなあとかも考えてますので。

よろしくお願いします、それではまた明日です〜!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日もご来店有難うございました!!
お花見も今日でひと段落ですかね、葉桜になって参りましたし、明日は雨予報。。旅行で京都にお越しの皆様も、去年よりかはたっぷり桜を味わえたのではないでしょうか。
UNITにふらりとお越しの海外からのお客様もキョウトノサクラハキレイダとおっしゃってました笑






そんな外国の人が来ると、よくこんな感じに笑
“お、ヤマハの古いヤツじゃん、さわっていい??”といって、お連れさん待ちで楽しそうに弾いてくれます、ギター好きに国境はないということでしょうね。この人はスペインからの方でしたので、やはりそれらしいコード進行でポロポロしてました。






ミュージシャンが来た時も、まあ、、そうなりますよね。左は東田トモヒロとジャズギタリスト小沼ようすけくん、洋服選ぶ合間に何故か新曲の打ち合わせ。右のおおはた雄一氏もシャツを選ぶ合間なのか、ギターを引く合間にシャツなのか、、タイミング良ければお得な時間が過ごせますよ笑。

自分のギターをプロが弾いた時にいつも思うのが、”へー、ボクのギターってこんな音するのね”という。。。まあ、当たり前なのですが笑
そうやって考えると、ボクが同じように皆様に提供できる技術といえば、一応ミシンなのかな。。

ということで、最近あった”こんなの出来ますよ!”というパターン。

例えば、、ウォッシュ加工のデニムを買った・自分より背の高い人からユーズドのジーパンをもらった・単純にユーズドを買った、そんな時に悔しいのが裾上げ。せっかくアタリが出てるのに、ちょん切って裾上げしてノッペリ。

残念ですよね。

ということで、状況によっては移植可能です。






先ず裾を切って保護します。





必要な場合はリペア。






そして適善な丈に切った部分を挟み込んで移植、雰囲気を変えずに短くできます。






凝視すればわかりますが、それほど遜色ないですよね。

という感じでそのままのルックスで丈上げ出来ます、悪くないでしょ??
切る分量や状況によって出来無い場合もあるかと思いますが、もしお悩みでしたらご相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

自分のは、、めんどくさくて切りっぱなしにしてしまいますが・・・・・笑

もちろんそのほか通常のデニム修理もお受けしておりますので、そちらも遠慮なくご相談ください。
他のこともしたいし、いっちょミシン増やすか〜、どうしよかな〜笑


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






いよいよあと1週間になりました、12/8(土)は東田トモヒロACOUSTIC LIVE INKYOTOです。今回はどんなライブになるのかなあ〜、とても楽しみです、是非是非お越しくださいませね。






本日はIさんがスーツをピックアップに、ビシッとです。「ぴったりしてるのに座って脚上げても腰回りが窮屈じゃない。」そうなんです、それがオーダースーツの良いところ。お喜びいただけて嬉しいです!

そして本日はちょっと開店が遅れまして申し訳ございませんでした、、、、。

一応・・・寝坊とかではなく、お勉強といいますか、UNITにも大切なことで。






12時の開場に合わせて鴨川を南下し向かったのは、京阪清水五条から徒歩7,8分の所にありますギャラリーの”AA”さん。目的は明日まで開催されてます”多鹿の会”。






ご覧の通りのハサミのオンパレード、壮観ですね。実に90種類近くのハサミの展示会。
兵庫県小野で四代続くTAjiKA~多鹿治夫鋏製作所~さん、日常使いのハサミからキッチンバサミ・裁縫・園芸など沢山のハサミを製造してらっしゃいます。ほんとかっこいい。。。四代目からご連絡をいただいたのでしっかり拝見してまいりました。
ボクも仕事でハサミを使う者の末席には名を連ねているかとは思いますので、少しくらいはプロ目線笑
やはりこういう本物を使いたいですね、触っているとあっという間に時間が過ぎます。






園芸用のハサミの試用、






小バサミと裁ちハサミの試用も、素敵なディスプレイで楽しくなります。






ボクが気に入ったのはコレ、”銀紙”と名付けられた着鋼の8寸。にぎりがシルバーグレーというのもカッコイイ、見た目もさることながら使い心地がほんとによい、良いということはスパッと切れるということです。切り終わりのしっとり感がいまだに忘れられない。。。
道具がピンキリなのは賢明なUNITブログ読者の皆さんなら云うに及ばないことだとは思うのですが、、、良いモノは良い。
世の中に流通している裁断用の鋏は大体3種類。安価なモノがステンレス製で樹脂パーツを合わせたもの、安くて錆びづらいのですがすぐに切れなくなる。次は全鋼のハサミ、大体高くて1万中盤くらいまでで切れ味も良いのですがモロさもあったり。そして最も高次元でバランス良いのが着鋼、ステンレスと鋼を鍛造した高剛性で切れ味の良いモノが出来ます。日本刀と同じ作り方ですね、地金に何層も鋼を巻きつけて焼いて冷却を繰り返して鍛える。そう云う意味で現代の和鋏は日本の伝統と今のハイブリッド、素晴らしいですよね。






こんなキッチンバサミも、コレなんかはまさにそんな代表格。水の濡れた状態になることが多いので、分解して保管できると接合部も安心、ワンアクションだし楽々。






型を抜いた後の屑鉄まで素敵に見えます、というか欲しくなる笑






四代目の多鹿くんは軽快に情熱的な話をするので、お話を聞いてて本当に楽しい。
ボク、たまに言うのですが、手作業で既製品を作るということがとても素晴らしいと思うのです。何千何万を同じ形に作り上げる、すごい精度の仕事だと思います。シンプルなものほど技術や思いが凝縮され、その結果機能美が生まれる。それを伝える仕事って格好良いなあと、素直に憧れてしまいます。






ボクの裁ちバサミ、実はアパレルの仕事をする前から連れ添った30年来の相棒。最近切れなくなってきたなあと、ちょうど思っていたところで。コレだってメンテすればまだまだ現役、相談しよ。
でも前出の銀紙号欲しいなあ。。。誰か買ってくれたら何でも言うこと聞いちゃいますよ、任せとけって言ってくれる奇特なお方、いらっしゃいませんか??笑

なんて軽口を言ってはおりますが、何処かのタイミングでUNITでもお見せできる機会を作れたらな〜なんてのも頭の片隅にあったり。UNITの考える洋服は道具である一面もあります、そう言う意味でも同志(というか憧れ)であるプロダクトはオススメしたくなりますからね。

皆さんも頭の片隅に置いておいてくださいませ。


それではまた次回。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

12/8sat 東田トモヒロ ACOUSTIC LIVE IN KYOTO @studio37、ぜひお越しください!

こんばんは。

11月最後の日ですね、そんな本日のUNITは先月開催しましたPt.Alfredのスーツオーダー会でご注文いただきましたスーツが完納(Sくん明日出しますね)。最初に取りに来て頂いたOさんが早速報告においでくださいまして、






やはりスッと馴染んでます。自分の体に合わせて作った洋服というのは良いものです、個人的に物全般に既製品が好きなのですが、やはりスーツは別腹です。
お師匠夫妻と相談して次回開催も予定しますね、前回逃した方も・おかわりの方も是非是非よろしくお願い申し上げます。

そういえば、スーツの時にどうるする?という話によく上がる財布問題。仕事の時はまあカバンに入れるでしょうけれど、、お出かけでスーツスタイルの時にお尻に入れるとモコっとしたり、内ポケットに入れるとモワッとしたり重かったり。
個人的には使い分けたりしてます。使い分けるのはもちろん






MARINEDAY FLAT4と、






MARINEDAY AGE3ですね。
普段はFLAT4はそのまんま財布で、AGE3は名刺入れとして使っております。そして手ぶらで出かけるときは必要最低限のモノをAGE3に入れ替えてという感じ。






なんども言っておりますが、一目瞭然の構造は本当につかいやすい。そしてシンプルな作りなので壊れるパーツも少ない。はたまた財布の価格は縫製の手間賃が大半ですので、この構造だと自ずとコストパフォーマンスに反映されて有り難い。






近頃はキャッシュレスとまではいかなくてもその方向に近づいてますので、若年層の財布はどんどん小さくなっていってるとか。少なく持つという方もこっちですよね。






もちろんこの時期にご紹介したというのはプレゼントにも人気の商品だから、特にAGE3はその実績が高いのです。
それも考慮しましてちょこっと補充しております、今期分が終わってしまったAGE CHROCOのブラウン以外は今の所ございます。

お早めにです。

ホントに。






MARINEDAY FLAT4/FLAT CHROCO ¥8,500+tax
MARINEDAY AGE3/AGE CHROCO ¥5,900;tax
通販ページその2はこちらまで(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

12/8sat 東田トモヒロ ACOUSTIC LIVE IN KYOTO @studio37、ぜひお越しください!

こんばんは。






今年はおおはた雄一の京都ライブが毎月レギュラーで開催されておりまして、ボクは遅れたりしながら絵はありますが欠かさず観に行ってます。今月は今年初めてのゲストで友部正人さん、日本におけるフォークの生き証人のようなお方。歌がそのまま絵になっていくような感覚を覚える、言葉が紡がれていく気分。それがおおはたくんの逆に景色が流れるような歌と織り混ざって、物語のページがめくられてゆくようでした。こういう表現は恥ずかしいのでおおはたくんの前では言えませんが笑
ライブ後に友部さんがおっしゃった一言がとても印象的でした。なぜか頼んでしまった辛〜い四川鍋をつつきながら、あるシンボリックな助け合いの歌の話になり(もちろん素晴らしい歌ですし、ボクも作者のファンでもあります)、あんな感じはどうなんでしょ〜と言う中で、「もちろん素晴らしい歌だけど、ボクには作れない。だって誰が誰に歌ってるか分かんないじゃん。」と。

あ〜、なるほど。

なんだか頑張ろうと思いました笑
そしてニューヨークの文化の事に話が進み、その話題に上ったのがRufus Wainwright。ボクも大好きなミュージシャンなので、そのリアルな話が聞けるのは楽しかった。






ということで久々にルーファスを聴いております。






これが発売ちょっと後の2002年の様子。






これ先月みたいです、歌声に全く変化がないのがすごい。
クラシック、特にオペラの影響を大きく受けてるということなので彼の書くメロディは流麗。これはボクの私感というか想像なのですが、ブルグミュラーあたりやロマン派のピアノの練習曲をポロポロ弾いててそのままアレンジして出来ちゃった、、というような風情を彼の曲から感じます。

う〜ん、オチが着かない。。。

まあ、、音楽は良い!ということで、12/8の東田くんに是非ということで笑

といいうことで本日のご紹介に参ります、タイトル通り帽子を3型。






weac. KNIT CAP ¥5,900+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)
先ずはweac.のニットキャップ。シンプル・王道の汎用性の高い仕上がりです。縄編み・1つ折りというのはもっとも使い勝手の良いスタイルですね。柔らかい羊毛を使ってますのでおでこが弱い方でも問題無さそうです、実際ボクもすぐ痒くなるのですがコレは大丈夫でした。3色ともにコーディネイトのしやすいカラーですのでお好みでどうぞ、個人的にはグレーかなあ。。。






KEELA POLA CAP ¥5,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)
次はKEELAのPOLA CAPです。文字通りインナーにポーラテックのマイクロフリースを配したフィールドキャップ、外側につけられたシンチバックでグローブのままでも調整しやすい構造。寒い時は耳当てを下ろして、ツバには針金のフレームが入ってますので風の具合によっても調整可能、外は撥水性のある素材。ということは、自転車乗る時なんかには最適ですよね。アウトドアミックスの軽快なコーディネイトにも有用です。






ALDERNEY BASEBALL CAP ¥5,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)
最後にスコットランドの小物メーカーALDERNEYのベースビールキャップを。近頃はニュー◯ラを代表するツバが真っ直ぐのタイプが主流ですが、こういうトラディショナルなタイプは外せませんね、大人ですから。太畝のコーディロイも良い雰囲気です、後部のストラップで調整可能なので頭の小さな女性から大きめで毛量多い方まで大丈夫、深さも見た目よりしっかりなので安心感あります。

寒くなってきましたからね、頭の放熱を抑えると段違いに暖かいですし。冬のコーディネイトの味付けにも、コーディロイキャップなんかはコートと合わせるとカッコ良さそうです。詳細写真はそれぞれ通販ページにアップしてます、ホントは男前に写ってもらおうと思ってたのですが、、ついつい忘れちゃうのですよね、、、ボクですみません笑

もちろんGIFTS カテゴリーにピックアップの商品ですので、プレゼントにもどうぞ。

それではまた明日よろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今朝お店に来て明かりを点けると、奥の蛍光灯がチカチカ。交換しても点かないのでグローがダメな様子。ホームセンターも電器屋さんもちょっと距離があり買いに行く時間が無いので、






使ってなかった照明器具で応急処置をすると、ゴミ出し日程表がムーディなことに笑
自宅は暗めなのですが、お店の台所周りがこれはちょっと気持ち悪いですね。






台所といえば、結婚式にお呼ばれした夜、10年振りくらいにカウンターで洗い物をしました。新鮮だし楽しかったな〜。ちなみにUNITからそのまま行ったのでいつも通りにPt.Alfredのチノクロススーツ、洗剤の泡をたっぷりこぼしたりしましたが、帰ってお洗濯すれば平気なのでお構いなし。
20年以上お世話になっている大箱のバー、新郎新婦の依頼を受けて仲介したということもあり、お片づけのスピードアップの足しになればと。






とは言え別に良い子ちゃんにしてたわけではなく、しっかりコッソリくすねておりましたが笑





Gさん、Hちゃんおめでとう、この分しっかり買い物してね笑

そんな感じでいつもお世話になっているStudio37で、今年もギリギリ滑り込みで演ります!






東田トモヒロ ACOUSTIC LIVE IN KYOTO
2018.12.8sat
open19:00 start19:30
live charge¥2,000 &1drink order
opening act Kazuki

お問い合わせ
UNIT  tel:075−241−2832 mail:unit.kyoto@gmail.com
Sutudio37  tel:075−256−4037

楽しみです、8月にご紹介した新曲を引っ提げて全国行脚中のトモにい、今回の京都はいつもより少しリラックスした雰囲気でのライブになると思います。楽〜にお越しください、もちろんたくさんお越しいただけましたら盛り上がって楽しいですからね。
今回は桐生キャンプ場で毎年開催されてます寝待月のショーa.k.a.NEMUTAME RECORDSがサポートしてくれますのでUNITはちょっとラク笑、BTちゃんありがとう。
そしてオープニングアクトに、滋賀を中心に活動している若手シンガーソングライターのKazukiくんが歌ってくれます、ボクも直接聞いたことがないので楽しみ。

12月の始まり、グッドミュージックを肴に美味しいお酒を飲みましょ〜!!



電球切れからうまく繋がったもんだ笑


そしてUNITの店頭も大きく動いてます。
色欠け・サイズ欠けが始まってますが、それでも素敵なモノばかりだなあと、品出ししながら改めて思っております。Jackmanやcomm.arch.など新ブランドが好評ですし、ARANやReも相変わらずササ〜っと、BETTERもしっかり基礎固めしてくれています。






Jackman spectator coat、作りやデザインと比べコストパフォーマンスに優れたこのコート、案の定大人気。何度か追加したのですがすぐ無くなります。。現在ベージュのみになりましたが、個人的にはこのベージュが今年最もオシなのです。今ならまだ間に合いますよ。






ARAN SWD PARKA、昨年デビューのコート、1年越しでお待ちいただいた方もいらっしゃいました。これもホントかっこいい、男らしいオリーブもイイのですが、、見てるとベージュが欲しくなります。なんだか今年はベージュが刺さるのかもしれません笑






茶系と言えばcomm.arch. Hand Framed Crew Neck Cardiganも、なんでもバッチリ合うざっくりカーディガン、今のところ2,3サイズがありますが、もう1段階冷えるとどんどん嫁入りしそうですので、、油断のないようにです。






そしてGIFTSコーナーも着々と充実中、もちろんご自分用のストールもお忘れなくです。


このくらいの寒さが始まると俄然コーディネイトが楽しくなります。

そんなお話やご相談も是非是非お気軽に、3連休後もパリッとお待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日も沢山のご来店ありがとうございました!!
では、タイトル通りなので早速いきます(笑)

告知方面をまとめて4つ。




Under the Autumn moon 満月ライブ
8月末の投稿で触れましたLea Thomasのライブが来週25日(木)に安楽寺さんで開催です。良いライブになりそう、もうワクワクです、秋の空気にぴったりの音だと思います。。ボクにおっしゃってくださっても予約しますのでご興味ある方は是非!、UNITでもアルバムをお取り扱い中ですのでコチラも合わせて是非。




コチラは詳細をお伝えするのにあと数日必要なのですが、来月前半の週末で東田トモヒロのライブを京都で企画中です。新曲も楽しみです、追ってお知らせいたします。




Pt.Alfred&tobira custom order meeting
いよいよ明々後日からのスタートになります。スーツのカスタムオーダーのご予約は一応締め切りとさせていただきます、ということでバナー画像を切り替え。”滑り込みで..お願い!”という方はご連絡くださいませ。トビラは週末まで開催いたしますので是非ゆっくり色で悩みましょう。




evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
そしてその翌週がエボシさんのオーダー会、どんなの〜?とご興味持ってくださってる方の声も沢山聞くようになってきました、追加のお知らせを明日改めてしますね。

そして、入荷・補充のお知らせです。






Manual Alphabet DRILL SHT COAT ¥19,800+tax






weac. SHAWL COLOR BLOUSON ¥24,800+tax






weac. ROLA ¥18,800+tax






BETTER BOA FLEECE COAT ¥25,800+tax






BETTER MID WEIGHT CREW L/S T-SHIRT ¥5,500+tax






BETTER CREW NECK L/S T-SHIRT ¥5,500+tax

ブログで改めてコーディネイトのご紹介もしますね、通販ページも是非ご利用くださいませ。


なんだかバタバタで申し訳ございません、、、そろそろどーでもイイ話だけのブログとかも書きたいなあ(笑)

それでは明日もよろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






すっかり忘れておりまして、、、、お恥ずかしい(笑)






昨日友人が来てゴソゴソとこれを取り出して、あ・・と、いつもありがとう。
ちなみにボク、アイラ(ウイスキー)・メスカル(テキーラ)・ダークラム・ジンを与えると喜びます、ご参考までに(笑)

とまあ軽口はこの辺で、、、

本日でUNITは9周年となります、みなさま本当に有難うございます!!!
お役に立ててるのかな、、、と時折心配になります、3年目くらいまでは結構のんべんだらりとしておったのですが、やはり年々色んなことを考えるようになり、プライベートはま〜〜〜〜ったく進歩なく同じ生活を続けており(笑)、”おい、お前大丈夫??”と自分に問いかけることもあったりなかったり。
そんなUNITにお付き合いくださってるみなさまには本当に感謝でございます。

UNITの考えることというのはスタートより変わってません。

“道具たり得る洋服”

洒落てる服がいわゆる”オシャレ”なものというわけではなく、”流行ってる”服が格好良いわけでは無い。
生活の中でその人の的善を提供できる洋服。内面を引き立たせたり・コーディネイトを悩まなくても綺麗に見せられたり・その人のライフスタイルを邪魔しなかったり・心配をなくしたり・助かったり、、、快適な生活を送るために必要な”洒落”をオススメ出来ればなあと思います。

UNITにお越しくださる皆様のお役に立てることが出来れば、よろしくお願い申し上げます!

そういう意味では洋服と共にバッグと自転車もUNITにとっては大切なピースです、この3本柱が当店のバランス。10年目はこの再確認もしっかりやっていこうと考えてます。最近投稿してますtobiraやFREDRIK PACKERS・MARINEDAY・NUNCなどのバッグ達、それに追加して来春は新しいブランドも。洋服だと新しい仲間としてJackmanやそろそろお披露目になるコムアーチというニットメーカーも。スタート当初からお世話になってるブランドさん達と共にUNITを形成してくれる仲間も増えてます。

うん、良い店だ(笑)

そしてちょっとだけご紹介。
UNIT、、というかボクを形成するものとして上の3つ以外にもいくつかあるのですが、中でも皆さんにオススメできるものとしてあるのが音楽。たまにそんなお話をしたり、高野寛さんやおおはた雄一くんのことや、東田トモヒロの音源を店頭でも預かったりしてますが、また新しいオススメが仲間入りしました。

この9周年のタイミングで昨夜出会った






LEA THOMAS
ハワイで生まれ育った女性、一目惚れです。いや、ひと耳惚れか(笑)
ライブをよくやる友人のバーで有名オーディオ店のアニキと話していると、マスターがこっちに移動して話をしろと。その方がLEAちゃんの母上でした。その時まさにこのアルバムをかけていて、「誰だこれ?、後で教えてもらお〜」と思ってたタイミングで。マスターが呼んだ理由はボクが以前にこのお二人と関わりがあるかも知れないということで、、そしてお話すると本当にそうでした、ビックリ。
お喋りの感覚も心地よくすっかり話し込んでしまい、気づくとUNITでアルバムをお預かりすることになってました。

ボク、手放しで大好きな世界観なので、これは沢山の方に聴いていただきたいです。UNITもその一助となることが出来れば。







今日もずっと聴いてますが本当に心地よい、ゆったり出来たり・ちょっと心をギュッとされたり。これは当分抜け出せそうに無いです。

ご興味持っていただけると嬉しいです。


ということで、ボクとしましては良い感覚で10年目のスタートが切れました。

10年目、より一層皆様のお役に立てるよう頑張ります、一緒に”洒落てる”の追求をしてくださいませ。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

そして、いつも有難うございます。


UNIT橋口漢児

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

地蔵盆の波がブイブイいわしてる京都市街、出勤途中の路地で前を行ってた若者が踵を返しこちらに戻ってくるので、何かなあと思ったら、曲がった先のミチがパイプ椅子で埋め尽くされており、尊老の紳士淑女が星影のワルツを大合唱。早い時間に子供の為にステージを温めているということでしょうか(笑)

その隙間をかいくぐり、ニヤニヤ思い出し笑いをしてしまいながら赤信号に差し掛かると、次は左側から鼻歌が、たぶん昭和枯れすすき。即座に分かる自分も嫌なのですが(笑)、ふと見ると






あれ?こんなとこにこんな路地奥?しょっちゅうここ止まってるのに気づかなかったなあと、あまり京都にない雰囲気だし。

知ってるようで知らないことの方が多いものです。

そして、






以前ちらっとお伝えしておりました東田トモヒロの新譜”Wonderful Road”が到着しております。相変わらずトモにいらしいどストレートなタイトル、こういう真っ直ぐさは少し羨ましい。






今回のシングルカット曲のindigo blues、ロードムービー仕立てのPVが新鮮です。これ、エポックメイキングなものになりそうです、本人も大切な1曲になりそうと言ってました。

ボクはトモにいの音楽を知ってるつもりですが、これまた新しい発見があるのでしょうか。あるんだろな〜。。

ということでもちろんのオススメです、是非お求めくださいませ(Kさん、キープしときますね笑)






10月からはリリースツアーが予定されています、近いところだと大阪かな。素敵なライブだと思います、是非こちらも。


京都のライブも計画しなければ。。。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×