UNIT

こんばんは。

本日もご来店・ブログをご覧いただき有難うございました、大晦日なのに有難うございます。
2019年の業務はお客様への発送を終えて終了です、普段寡黙な佐川の担当さんがとても素敵な笑顔で年末のご挨拶をしてくださり、とても印象的でした。






年始は1/6(月)からです、初売り並びにセールの開催となります。寒さの本番は今からかも知れませんね、是非ご利用くださいませ。
ウェブショップのセールも引き続き開催です、追加並びにほとんどのセール商品がマークダウンしておりますので、コチラも引き続きよろしくお願いします。なお、正月休み中にご注文頂いた商品の発送は1/7(火)からとなります、予めご了承くださいませ。

ということで、、、いつも程々型式通りのご挨拶をして終わってますので笑、今年は個人的(といってもここで言えるジャンル内で笑)に印象に残ったベスト5を振り返りです。






まず、今年は珍しく大吉スタートでした。全力で大吉だったのか、大吉だから程度が軽くすんだとかもあるのか、、神のみぞしる笑






そして春、20年ぶりくらいに剣道に復帰した途端ふくらはぎ断裂笑






夏の仁和寺。観音堂壁画の特別公開、気になりつつではありますが暇つぶしくらいの感覚で伺ったつもりが、、とても脳裏に焼きつきました。






そして秋、FREDRIK PACKERSのUNIT10周年別注。オープン以来苦楽を共にしたブランドですので感慨深いものがありました。






その10周年で開催したライブ、本当何の準備も前振りもなく引き上げられ、、、笑。どうせなら3人お揃いでGibson抱えてやりたかった、先に言ってよ笑。まあそれは冗談として、ミュージシャンで最も仲良しのおおはた雄一と東田トモヒロと3人並んで歌えたのは、何とも言えない楽しい瞬間でした。

なんて言ってると雨降ってきた、、、連休に自転車置いて帰るのイヤだなあ、も〜笑

ということで締りのない感じで終わるのもUNITらしいかと思いますのでコレにて笑

来年も引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

毎年のことですが、クリスマスを終えた瞬間からの年の瀬感って、津波のように気づくとそこに来ていますね笑
しかしながら例年と少し様子が違うなあと思うのが外国人観光客さんの数、日本で年を越そうという方がいつもより少し多いように感じられます。
そんな皆さんがUNITでお買い物する際、やはり多いのが”コレって日本製??”というご質問。そうやって眺めると、当店のラインナップはメイドインジャパンが多いですね。そんな中でも洋服の中に日本の香りを纏わせるのを得意とするのが傳tutaee(15jyugo)。本日はボクがとてもお気に入りで、変わらず店頭を守ってもらっているコチラをご紹介。






傳tutaee ハケツジオKD
ほんと、ツタエさんらしいパンツです。コレを初めて見た瞬間にツタエさんに連絡を入れ、すぐ送って!とニヤニヤしていた商品です。






ブラウン1色展開のシンプルなカーゴパンツ、程よくゆとりがあってテーパードしているけれど本当に絶妙に自然なラインで、シルエットのキレイなパンツ。ちょっとドレッシーにさえ見えてしまうような気もします。

とまとめてしまいそうなところですが、しっかりクセありなのです。








センターはあってるのですが、少し生地を持ち出して着物の前合わせのようなデザインに。






抑揚のついた表情がよろしいです。






裾もヒトクセ。ストラップを左右でアシンメトリーに配置してます、一見間違い?と思わせる遊び心も楽しいです。








カーゴポケットはラウンドしたデザインを採用、作り込みがしっかりしてますので可愛くならないところがイイ。






そして何よりも素材。






甘撚りの糸をグッとテンションをキツめに織り上げた平織り、撚りの凹凸で古布に散見される表情のようであり、少しリップストップのようなイメージも。そう考えるとカーゴパンツに使うというのはバッチリですよね。そして染めです、柿渋染を泥で後媒染した、存分にてまひまかけたモノ。天然の定着剤としてはキハダやウコンが定番なのですが、泥染だと他にはない表情が生まれます、時間もかかる。そして製品になってからも表情の変化が楽しめます。






こんな感じです。何とも言えないクセの感覚、ゴテゴテたっぷりというわけでなく、ワンポイントのボリューム感で表現できているのが素敵です。






普通のスウェットと普通のスニーカー、このパンツの絶妙な味付けで雰囲気抜群なのです。


他には出来ない素敵なバランス感覚、傳tutaeeのセンスが凝縮されたパンツです。
はいてて嬉しくなりますよ。






傳tutaee ハケツジオKD ¥35,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分



こんばんは。

毎度ご利用いただき、まことに有難うございます。



年末年始の営業日のお知らせです。

年末は12/31日(火)18:00まで、年始は1/6(月)からとなります。

よろしくお願い申し上げます!




商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。
クリスマスイブですね、若い頃は”ふっ、、クリスマスって、、”くらい冷めた目で見てたというかヒネくれてたというか、、。仏教教学のジャンルを勉強してましたので、キリストの降誕祭より釈迦の降誕会をしなさいよ、なんて風にも思っておりました笑。
小学生くらいまではケーキとプレゼントくらいはしてもらってた記憶が残っているのですが、中学生の頃には無かったことになってました笑。世間でやってることなので、幼年期には一応経験させとくか程度のことを、両親も思ってたのでしょうね。 逆に高校はプロテスタント系だったので、クリスマス礼拝が丸一日、寒い礼拝堂で長いお話を我慢する日でした。庭のデコレーションは綺麗だったな〜、女子の担当者たちがキャッキャいってるのを、裸足で竹刀抱えて通り過ぎながら眺めてました笑。
大学時代はバイト漬けで記憶無し。仕事してからはプレゼント商戦で稼ぎ時、部下は毎年交代でそれぞれの彼氏彼女とデートさせて、ボクは日頃よりも店頭に。
そして45歳のクリスマスイブは、何故か外国人観光客の”Where is the garden palace?”の案内を3つ片付けたところです、今日の御所は何かあるのかな?

UNITはご自分のものを探しにお見えのお客様が多いので、メーカーやウィメンズをやってた頃よりそういう需要はのんびりモード。
ということで本日もJackmanから自分の下半分に良さそうなモノをご紹介です、もちろんプレゼントにしてくださっても問題ございませんが笑






Jackman Jersey Trousers
ジャックマンの得意なところ、ジャージー素材で作るキレイ目なパンツです。このシリーズのパンツは、必ずといって良いほどご試着→ご購入という流れです。はいた時のキレイさとはき心地の楽さのギャップが、みなさんを笑顔にさせます。






テーパードの効いたすっきりしたシルエット、スニーカーにも革靴にも合わせやすいすそ幅です。






“トラウザー”ですので帯とベルトループをしっかり。






とはいえ楽な方向のパンツですので後ろはゴム入り、ノーベルトでもはける仕様になってます。






後ろも玉縁のポケットで上品な仕上がり。






ということでとりあえずはいてみました、シャツに薄めのニットという組み合わせ、落ち着いた雰囲気に仕上がるでしょ?






そして素材がコレ、柔らかく・軽く・暖かく・シワになりにくいの三拍子揃った中綿キルティングジャージー素材。ということは、、






以前ご紹介のJackman Jersey Vestとアンサンブルで着られます、このベストをご紹介した折にもボタンダウン+ニットと合わせるのをオススメしました。その実践な訳ですが、このパンツと合わせると、中に着るものはカットソーだけでもまとまった雰囲気になるので上品に仕上がります。着心地楽々で大人顔って、とても重宝するでしょ?






そしてそのままコートを着て、モノトーンコーディネイトの完成です。グレーベースのモノトーンってほんと落ち着いてて心地良いです。

年末年始のお出かけ、食べたり・あぐらや正座・出たり入ったりですよね。キレイで楽なパンツはバッチリですよ。






Jackman Jersey Trousers ¥17,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日もJackmanの中からご紹介です。






Jackman Quilt Owners Cardigan
Vネックのシンプルなスタイルなんですが、結構色々詰まってます。何と言いますか、、、大好き笑






まずは生地。
軽量で保温性に優れたフリースっぽい立ち位置の素材、エアリーな素材感ですので体温をしっかりキープしてくれそうです。ベースはコットンで、ポリエステルわたを糸状にしたものを特殊な編機でサンドした、独特な素材ということです。乾きも早そうで、洗濯物が乾きにくいこの時期には良さそうです。






スウェットシャツ+カーディガンという雰囲気、まあそのまま言ってるだけですが笑、、でもそのバランスがちょうど良いのです。






秋の程よいVネック、ドットボタンがアウターっぽくも見せてますので、春にブルゾンとしても使いやすいです。






リブは柔らかいものを。






ポケットもしっかりついてます。






そして隠れた特徴。肩を外側につけてますので、切り替えのないフラットなイメージになってます。






しかし後ろはラグランに、いわゆるスプリットラグランの変化形という感じ。元々伸縮性の高い生地を使用してますので動きやすいわけですが、裁断も気遣いをすることで更に向上。こういうギミックはグッときますよね。






こんな感じです、無駄のない洗練された雰囲気。
今日は白〜黒のグラデーションで、こういうまとめ方をした時にこのスウェットの程よいギミックかんが力を発揮するような。






襟元すっきりなのでストールを使いやすいですね、そういう意味でもミドルレイヤーとしてとても優秀。春まで見越すと息の長い羽織モノということになります。

あまり物言わないタイプなのですが、これは重宝すると思います。
こういう他でありそうでない感じのモノ、ちょうどその隙間をつくあたりはJackmanの守備範囲の広さを感じます。

こういうの欲しいなあ〜って、シンプルに思うタイプの商品です。






Jackman Quilt Owners Cardigan ¥18,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はコートです。








Jackman Spectator Coat
昨年も足の早かった品番です、今年も変わらず・・・と言いそうなところですが、新しい雰囲気ですよ。






デザインは不変、しかしながら生地が大きく変わりました。今年はパラフィンコットンです、より無骨と言いますか男っぽいイメージに。エイジングにも期待が持てます。






野球観戦の時に着るコートをイメージした防寒性の高い作りのコートということですが、ダブルのコートでワックスコットンというのは、やはりミリタリーな空気感が漂ってます。






襟はショールカラーからそのままフードになっているデザインです、ちょっとラグジュアリーなニュアンスもありますよね。






ハンドウォーマーとフラップポケット、ポケットは2層なので使い勝手も良くデザイン的にもボリュームアップされててフードに続いてアイコン的な役目も。






フラップ側は持ち出しありなので機能面でも安心なのです、コレのおかげでフラップの立体感も出ますので、モノ言わずともしっかり仕事をしてくれている重要なポイント。






裏地はボリュームが出過ぎない適量の中綿を仕込んだキルティングに、フロントもダブルなので防寒性もしっかり。パンパンに中綿を入れてませんのでインナーのボリュームが大きくても大丈夫です、このくらいが汎用性が高く便利ですよね。








こんな感じです。ゆとりのある身頃なのですが流行りに迎合しすぎない適度なルーズさ、こういうバランス感覚の良さがジャックマンの素晴らしいところ。長年着られるのは嬉しいです。






ショールカラーなのでストールとの相性が抜群です、軽快なのですが大人の着こなしが出来ます。

今日はスウェットパンツなのですが、ウールスラックスと合わせてシックに・カーゴパンツと合わせてミリタリーに・デニムとシャツ+ニットでプレッピーに、もちろんコーディネイトの幅が広いわけです。

トレンチとマウンテンパーカーの良いとこどりをしたようなコート、こういうと分かりやすいかもしれませんね。こう聞くとなるほどって思いません?笑

上品で軽快に使えるコートです、今から4月まで優に着られます、大活躍。

もちろんお早めにです。






Jackman Spectator Coat ¥35,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ど真ん中の建礼門あたりから快晴に映える大文字を臨み、眼下には陸上部のランニング。
今朝はなんとなく自宅から歩いて出勤、10キロ弱くらいでしょうか。途中御所を斜めに進んでちょっと短縮化を、京都は中心部以外も比較的碁盤の目なので、斜めに動くことが殆どありません、だだっ広い御所だけが植え込みなんかを使って斜めに進めます笑。






歩くと日頃考えていない事も頭に浮かんだり。それほど毎日時間に追われてるわけではないのですが、そんなボクでもやはり現代人なのでしょうね。
歩いて1時間の距離を自転車で20分で、自転車で1時間の距離を自動車で25分で。そうやって短くして効率化を図る毎日ですが、角度を変えると例えば、、そんな自動車も新幹線で移動する距離を行けば結構たっぷり時間を使いますし、峠を越えて美山まで自転車で行けばちょっとした旅、今朝のように毎日通っている道でも歩けばなんだか日常を少し宙に浮かべたような楽しみに。
時間と速度の関わりって不思議ですね。って、、、量子力学みたいな話になってきました笑
でもこの写真の砂利を見て思ったのですが、御所に砂利がひかれたのは明治以降らしいのですが、整備職員の方が足したりしつつ今に至るわけで、ひょっとしたら踏みつけてる砂利の中に100年物の古株があるのかも知れません。

ということを思った今朝は、ちょっと得したのかなあと、しっかりおっさんになった自分を感じながら本日の商品のご紹介です笑








Jackman GG Sweat Wrapneck
前回入荷のお知らせをした中から、まずはこちら。






ジャックマンオリジナルの凹凸感のある裏起毛スウェットです。
“スウェットといえば”というディティールを惜しみなくつぎ込んだデザインです。普通のアメカジにとどまらない雰囲気を纏った仕上がりでビンテージを知り尽くした世代には共感が持て、若い世代にはワンランク上の質感を体験できる素晴らしい素材。伸びの少ない復元力の高いニットなので信頼性抜群です。






それをスタイリッシュなラップネックに仕上げました。






全体的には少し余裕のあるシルエット、この辺りは今の空気を取り込みつつ流行りに振り回されていない絶妙さが垣間見られます。






そして個人的に好きなポイントがリブ。袖口はもちろんなのですが、リブを使いつつサイドスリットのデザインにしてます。そうそうこれこれ!!と個人的には諸手を挙げて喜びたい気分。リブがある感じは欲しいけどズリ上がるのは嫌だし・普通のスリットのデザインほどストンと落ちて欲しくない。そんな気分ってないです?、コレは全部盛りです笑






こんな具合。
デザイン的にも特徴がありつつ定番のスウェットの空気感も底辺から湧き上がるような、本当に絶妙。






ストールの代わりにもなりますので、機能的にも嬉しいデザイン。タートルの締め付けが嫌だけど襟元にボリュームが欲しい、そんな方にもバッチリじゃないでしょうか?、かく言うボクもそうなのですが笑
手ぶらで出かけたいので付け外しストールは持ちたくないなあ、、なんて時に着たいです。ラフなのに上品なクセ付けがしてるような気分です。

いや、良い出来です、真っ当に褒めすぎてるような気分もしてきましたが笑、自ずとそう言わせるスウェットだということですね。

ぜひどうぞ。






Jackman GG Sweat Wrapneck ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

通販先行セール開催中です、店頭でもご対応させていただきます!

こんばんは。

ちょっと慌ててアップします。
配送の時間が遅かったり・雨だったり、、わかりにくい写真になってしまってますが、とりあえず入荷のご案内です。






Jackman Jersey Trousers ¥17,000+tax
昨日ご紹介したベストと同素材のパンツです、暖かくて楽々でユルすぎないデザイン、嬉しいパンツです。もちろんベストと一緒にはくと格好良いワケです。






Jackman Quilt Owners Cardigan ¥18,000+tax
フリースのような保温性能を持つスウェットを使用したカーディガンです。この手のミドルレイヤーが使いやすいのはUNITにお越しの皆様でしたら説明不要ですよね、中間着としてこの時期に力を発揮しつつ春まで視野に入れられます。








Jackman GG Sweat Wrapneck ¥15,000+tax
ジャックマン定番の優秀なGGスウェット、コレを少しゆったりシルエットで襟元に意匠を。タートルの変化系として保温性の面からも嬉しい1着ですね。








Jackman Spectator Coat ¥35,000+tax
真打登場という面持ちですね、バッチリ格好良いダブルのフード付きコート。昨日は大人になったので多少我慢できるようになったっぽいことを言ってましたが、、、コレホシイ笑
ワックスコットンというのは何故こんなに魅力的なのでしょうね、防寒的にもワタの入り具合が絶妙。

かなりの駆け足ですが、一応通販ページにもアップ済みなのでセール共々よろしくお願い申し上げます。

イイものは早い者勝ちなので後油断のないように。。。

定休日開けに詳細ご紹介します〜!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

通販先行セール開催中です、店頭でもご対応させていただきます!

こんばんは。
先日Jackmanさんのイケメンな担当さん(ホントにとても男前)と電話で話してまして、コレやっぱ良いですよね〜となったのが本日の商品。








Jackman Jersey Vestです。
ボクももう40半ば、好きな洋服を自分が着たいというよりも皆様にオススメしたいという気持ちの方が優ってきてますので、毎シーズン良いモノを見て店頭在庫の状況を鑑みて自分の欲求をほったらかすなんてのは簡単に出来るようになってきてるのですが笑、内心で”残ったら良いのに・・・”と思うモノもそれなりにあります。このベストはまさにソレです。






柔らかく・軽く・暖かく・シワになりにくい中綿キルティングジャージー素材、コレが良いのです。担当さん曰く”展示会で行った真冬のニューヨークではコレに助けられた”と、見た目以上に暖かいというのを実証済み。
ベストって適度な保温をするのに本当に有用、体幹の温度をしっかりキープしつつ腕の自由度が高いので窮屈にならない。ん?今日って寒くなる??という時、保険でバッグに忍ばせるのにも圧迫感が少ない。

もちろんスタイリング的見地に立っても、ベストは洒落感アップの有能なアイテムです。






クルーネックなので中に着るものを選びません、よっぽどのことがない限り合わせにくいと感じないと思います。

ということでサンプル的な感覚で以下ご覧ください。






まずカットソーやスウェット、Jackmanはスウェットに強いブランドですのでもちろん抜群の相性。なんと言いますか、カットソーのラフさをコントロールしてくれるのでとても良い、ベストも柔らかいのでカットソーだけのラフな着心地はそのまま。






シャツだとこんな感じ。邪魔しないボリューム感ですし足りなくもない、このうえにJKTを着るのもやぶさかではない。






色を効かせて。素材やボトムとの色バランスの組み立て次第で楽しみ方も豊富。






そのままアウターを着た状態の襟元、ワンポイントになるでしょ?






逆にベストとシャツの間にクルーネックのシェットランドニットを。こういう着方がUNITの代表的なオススメコーディネイトですね。ニットまでは脱ぎませんよね、気温や日当たり・風のキツさなんかでアウターとベストのどちらかor両方で防寒をコントロールすると過ごしやすいワケです。

最後に念押し、本当に暖かいですよコレは。

年の瀬くらいからまたグッと冷えますよね、防寒&着回しを一気に手に入れてくださいませ笑






Jackman Jersey Vest ¥14,000tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。


開催中のウェブショップ先行セールのご利用、まことに有難うございます。店頭でもお申し出いただき、皆さんブログ読んでくださってるんだな〜と、改めて感謝しております。
売り切れもチラホラ出てきておりますが、まだまだ良いモノ盛り沢山です。ニット類も破格ですし、デンツの手袋もあの値段では買えないですし、、本当にボクが買っちゃおうかとジリジリしております笑

引き続きよろしくお願い申し上げます!

そして本日はコレをご紹介です。






PARKA LONDON EXPEDITION padded coat
時期ですよ、寒さがいよいよ本格的になってきております。
しっかり防寒出来る中綿たっぷりのコート、UNITには珍しいラインナップだと思います。UNITはレイヤリングをメインでオススメしがちなお店ですので、コレ一枚で冬を乗り切れ!的なアウターを扱うことって結構少ないかもしれません。
それが久々に、おっ?コレは良いかも・・・と思ったのは、








すばりデザインです。
ご覧のように米軍のパイロットJKTであるN3-Bをモチーフにしたデザインですが、よくあるものと違いあっさり目のディティール、フードにコヨーテも付けてないし、テカテカした表地でもない。どちらかというとマウンテンパーカっぽいアプローチですね。ミリタリーとアウトドアの良いとこ取りの雰囲気に仕上がってます。






表地が60/40コットンナイロンというのも決め手、UNITが街のアウターとして最も好んでオススメしている素材です。たとえばARANさんからセレクトしているアウターなんてほぼ全てコレ、濡れや引っ掛けに強くて防風性もある、超軽量ではありませんが普段使いに抜群の信頼性のある素材。






インナーはスムーズなポリエステルですので着心地も楽々。






その中に収められてる防寒素材はプリマロフトです、ここ数年の化繊ワタは本当に進化しました、最早ダウンの有用性が危ういレベルです。実際お手入れに気を使わなくて良いというのも利点です。ボクが個人的に好きなアウトドアブランドは濡れに弱いダウンの使用を数年前に全てやめたりしているくらい。






そして大きな特徴の一つがフード、取り外し可能なボア付きのインナーフードと2重構造です。襟元・首回り・頭を温めるのは重要ですよね、状況に応じて付け外しして使えます。






ちなみに本国サイトではこんな感じの写真もありました、こうやってかぶるのかはあなた次第笑。とまあ茶化しちゃいましたが、、悪くないと思いますよ。






ということでオレンジ、問答無用でデニムに合います。茶系のコーディネイトやネイビー系にも良い相性だと思います。レンガや軽い茶色に通ずるオレンジですので、アウトドア的なアプローチのコーディネイトにしっくりくるのではないでしょうか。






そして少し前のモノトーンコーデの回にご紹介した写真はオリーブを着用してました。コレも説明いらずのミリタリー感です。オリーブのアウターは男性ならば使いこなせないわけがありませんよね。どんなコーディネイトにも合わせちゃってください。

なんと言いますか、大人ミリタリー。やりすぎ感のないシックなミリタリーテイスト・フレーバーとしてアウトドアをほんのり、そんな感じですのでUNITにお越しの皆様には強い味方だと思います。落ち着いた雰囲気ですのでタイドアップだってこなしててしまいますよ。

N3-Bタイプのコート、10代の頃から着てましたし、この20数年折に触れ取り扱ってきましたが、やはり研ぎ澄まされたデザインです。そしてこのコート、ダウンのことを考えると半分以下で手に入る高コスパというのも嬉しいところ。

頼り甲斐ありますよ。






PARKA LONDON EXPEDITION padded coat ¥56,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×