UNIT

こんばんは。


今朝お店に着いてカバンを取り出そうとして気づきました、もっと前から開き始めてたのでしょうね笑
この投稿の日付が2013年11月なので、この辺りから使ってるとしてかれこれ5年半くらい、ずっと雨風日光にさらされてますので、、、まあそりゃそうですね。現在ゴムのりで補修中、帰る頃にはくっついてるかなあ。

その補修も、ボクのことなのでまあ適当・・・のりがたっぷりはみ出してます笑
でも道具ですので使えることが肝要だし・修理して使うことも大切。”エイジング”とか”リペア”とかの感覚でいえば、まあそれもアジといえばそうだし。そういう使い手の気配を受け止めてくれる道具というのは良いモノ、しっかりしているからこそ長く付き合えますよね。

UNITの洋服はそういう観点からセレクトしているモノが殆ど。格好良い・洒落てる、そういう男の洋服は道具と言っても過言ではない。

ハズ笑

ちょっと偉そうに言う時はいつも最後にフザケてしまうのですが笑、でもそう思ってることはいつもココでお話ししてますよね。本日のパンツもそういうスタンスで長く付き合えるものです。






ARAN M-49
フランス軍のM47フィールドパンツをモチーフにして、アランさんのエスプリ(仏軍ですから仏語笑)を利かせた1本。 カーゴパンツはまさに道具としてのユニフォームからファッションアイテムに昇華した代表格ですよね、なので色あせてきたり・ちょっと汚れがついたり・破れたところを補修したり、そういうのも込みで付き合えるパンツです。






ムラ糸のサージ、耐久性の高い素材ですのでそういう長い付き合いも可能。硫化染料をつかってますので退色の雰囲気もバッチリ。

そういうスペックよりのことばかりを言ってしまいましたが、もちろんカッコヨクなかったら元も子もないわけですが、






もちろん素敵。
M47のデザインは良い意味で野暮ったい、その土臭い感じが流行りに左右されない格好良さにつながります。いつも言ってることですが、アランさんの差し引き丁度なギミック感はベストバランスで飽きがこない。






一見普通のナナメポケットですが、玉縁ナナメになってます。






後ろは大きめのフラップポケット、適度な存在感。






イイでしょ?






大ぶりのカーゴポケットも、






イイでしょ?






ダブルニー、アクセントになってますね。






裾のストラップ。やはり太いカーゴには裾のギミックは必須です、これまた自然な姿が素敵です。







文句無しにカッコイイ、この言い方は個人的な思い入れも含めてますよね笑
Tシャツはcomm.arch. DOUBLE LAYERED S/S TEE、いいでしょ?。黒いスニーカーも良いですが、GERMAN TRAINERで色を軽くしつつレザースニーカーのシックさを足すのも良さそう、今日履いてきたらよかった・・・笑






裾を絞って。雰囲気が変わってイイですね、トップスとのボリュームの相性によって変化をつけても良さそうです。自転車乗るのにも都合が良いです、助かります。

このパンツ、トップスがシンプルな場合も・多少凝ったモノでも自然とまとまりのある仕上がりになると思います。ということは、夏場のTシャツ一枚の時も(UNITは極力シンプルにしますよね)、秋冬のボリューム増の時もバッチリなのです。そうですね、素材が夏専用ではなく通年見越してはけるというのも強み。

パパッとはくだけで自然な格好良さを提供してくれるカーゴです。

長いお付き合いを是非。






ARAN M-49 ¥23,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






9日ぶりに自転車で出勤、ゆっくりとリハビリも兼ねてですね笑。毎日だと忘れてますが、これだけ間隔が空くと気持ち良さが改めて。






鮮やかです、ちょっと見ない間に季節が進んでます。

ということで夏に活躍するシャツをご紹介です、お仕事用に良さそうですよ。






301 カノコB.D S/S SHIRTです。
こちらのブランドは老舗のドレスメーカーさんのカジュアルライン、ボクも20代の頃から着用しているブランドさん。若い頃はここのニットJKTにキャップでオーバーサイズのブーツカットデニムとオールスターなんて格好をよくしていました、その当時はアメリカのシンガーソングライター達がよくそんなスタイルで歌ってました。






有名どころだとこの人、日本デビュー前のシークレットショーケースに行ったら、彼のコスプレみたいになってて恥ずかしかったのを覚えています笑
そういえば、、20代からUNITを始める頃までトラッカーキャップをしょっちゅうかぶってました、UNIT開店最初のオリジナル商品がそうでした、写真を見返すと若い笑

脱線しました、、そんな感じでボクにとってもお付き合いの長いブランド。ベースはドレスなので、カジュアルラインといえど芯のしっかりした商品なのです。上の写真でお分かり頂けると思いますが、キレイなシルエットのシャツですよね。






素材はコットンのカノコ、上質な素材ですので肌触りはなめらか。カノコといえばポロシャツですが、ポロよりもシャツの方が爽やかだと思うのはボクだけでしょうか。なんならタイドアップも可能ですのでコーディネイトの幅も広い。






オーソドックスです、流行り廃りに左右されない無駄のないシルエット。






襟も程よくコンパクトに仕上げたボタンダウン、清潔感ありますよね。








その他もシンプル、裾は出して着るのに良いくらいのラウンド。








そしてココ、襟が開きすぎないようにもう1つボタンをあしらってます。この気遣いとちょっとしたディティール感が好感触なのです。






こんな感じ。クールビズに最適なシャツです、ネイビーも爽やか。もちろん普段使いにもよろしいです、個人的には・・・ここは何も考えずにデニムとスニーカーで合わせたいかなあと思います。

そういえば1週間まえ位の入荷情報でこのシャツもお知らせしてまして、その時に”少しわがまま聞いてもらいました”と言ってたのですが、、このシャツ、カノコで作ってとお願いして出来上がったのです。先ほども言いましたが、ポロシャツ代わりにB.Dが良いなあと思っておりまして。

オン・オフ使える夏のシャツ、ぜひお試しくださいませ。






301 カノコB.D S/S SHIRT ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

まずは昨日の補習です。






ARAN HUNTING VESTの黒を着ました、濃いデニムと黒靴にバッチリ合うでしょ?。素材感があるネイビーのボトムにとても似合うと思います、オリーブでも良さそうだし、ベージュだと白いスニーカーにすると良さそう。

うん、やはり良いです。


そして本日もARANさんのご紹介です。








ARAN OPEN LS SHIRT
ミリタリーの空気感の漂う、オーセンテティックなシャツです。いつも言いますが、、、アランさんの差し引きのバランスが好感触。






オープンカラーはあまりセレクトしないUNITですがコレは別腹、細かいことですが・・・ペタッとした襟ではなく自然にカールして少し立ち上がってるくらいのデザインならば、リゾート感も出ないかなあというのがUNITの気分です。 全体的にはゆとりのあるデザイン、緩いワケではなく締めるところはしっかりと。






トップまで閉めても良い襟ぐりです、さっきも言いましたが襟腰がしっかりしてますのでラフになり過ぎない感じです。






胸ポケットの雰囲気がミリタリー感を出してますね、スッキリしつつギミックもしっかり。






裾はスリット入り。






カフスは細めをチョイス、ワーク・ミリタリー感はここからも滲み出ています。






そして素材、コットン90%・リネン10%のキャンブリック。”キャンブリック”ってあまり馴染みのない名前かもしれませんね、コットンを使ってリネンの風合いに近づけた細番手の風通素材、ハンカチやエプロンなんかの早く乾いてほしいものによく使われています。ということで夏にはうってつけの生地、袖のロールアップをしやすいデザインと相まってこれからバリバリ活躍するロングスリーブになるのです。






太陽にかざしてるのでちょっとオーバーになってますが、これくらい軽い素材、肌触りも柔らかく着心地も良い。






ネイビーです、緑がかったネビーですので少しチャコール寄りにも見えます。






ベージュ。自分で着るならネイビーかな〜と思ってたのですが、実際着るとコッチかも・・・と思ってみたり笑
雰囲気良いでしょ?、オーセンティックな匂いもしつつ軽快さもあるのです。こってりデザインのシャツだと近いニュアンス・・例えばカーゴパンツなんかには合わせづらいですが、この具合ならば逆に相性がよくなります。本日のようにデニムやトラウザータイプにはばっちりです。

ショーツにももちろん。


大人は夏も長袖ですよ笑






ARAN OPEN LS SHIRT ¥18,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

久々の雨です、でもまだ梅雨ではないですよね?
脚も動かないので、というか最近はあまり外出していないので梅雨が始まってもまあそんなに関係ないかも笑






なので家にいるから掃除がはかどると言いそうな写真ですがそうではなく、先日友人の母上様から頂戴した隙間ブラシ。とてもオススメだとおっしゃってた通りの使い心地、オーディオラックの隙間とかスピーカーの間とか、いままで億劫だったところも楽々です、ヒーターの掃除とかに向いてるようですね。天然の材料で作ったブラシですのでルックスも良い、見た目と使い勝手が両立する道具は嬉しいですよね、使いたくなるし大切にしようとも思いますし。
有難うございました。
実はその友人とはもう会えないのですが、そうやってお母様にお気にかけて頂けてとても感謝してます。会えようが会えなかろうが、大切な友達の1人には変わりありません。先日の少年少女剣士じゃないですが、ちゃんとしなきゃな〜って思います笑

そして本日の商品、見た目と使い勝手の両立したコレです、








ARAN HUNTING VEST
これからの季節、どうしてもTシャツ1枚だけになったりしますので何だかボリューム不足に思えたり、上着を羽織らないのでポケットが足りなかったり。その物足りなさを両方解決してくれるのがベストだったりします。








ネーミング通りハンティングベストを叩き台に、その必要なディティールを残して今の気分に合うデザインに仕上げたベスト。






程よい飽き具合の襟ぐりですので、クルーネック・ヘンリーネック・シャツもばっちりです。






フラップを開くと玉縁に切ったポケットが出てきます、ポケット用に前身頃を2枚にしてないので暑くならないのが嬉しいです。










サイドのポケットは2部屋ずつ、便利だしギミック感も良いです。フラップ側のポケットの口が外巻きになってるのもモノが引っかからなくて嬉しいです。少し脇に振った感じもイイ。






背中はマップポケットを廃してすっきりとリモデル、プリーツを上下にそれぞれつけてますので快適。






素材はコットンリップストップ、ミリタリーの香りです。緩やかな経年変化も期待できます。






昨日のファティーグでさらりと。落ち着きもあって気遣いもあるコーディネイトになると思います、太いデニムも良いなあ〜、チノで革靴も良さそうだな〜。

夏の映画館とか建物の中って冷えますよね、そんな時はジッパーを閉めて体温キープ、外に出る時は開放で、そんな感じで着るのが良さそうです。秋にはアウターの中に着込んでコーディネイトのアクセントにもなりますし。
ベストを1枚追加するって、ちょっと気持ちが豊かになるような。ボクの身近な業界の大御所の皆さんも、年中ベストを素敵に来てらっしゃる方が本当に多い。

「ハードル高い〜。」という声もたまに耳にしますが・・・もちろんレクチャーさせて頂きます。帽子と同じで抵抗感なくなると本当に重宝しますよ。

まあ、取り合えず着てみてください。好きな方にはどストライクだと思いますのでお早めに笑






ARAN HUNTING VEST ¥19,000+tax
通販ページはコチラ


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ボクの松葉杖問題。「だいじょうぶですか?」と心配してくれる若者が1日1人くらいは来てくれます、有難うございます笑。あ、4歳のかわい子ちゃんが半泣きになってくれました、女性も1人笑

転じて本日、






下御霊神社のお神輿がお通りでした。祇園祭の前哨戦、今年もこの時期がきました。


ここから梅雨を挟み、秋口までメインではけるパンツが本日のご紹介です、ひょっとしたら冬も使う方もいるかもしれません。








ARAN FATIGUE VENTILE
このモデル、個人的にも上半期に最も出番の多いパンツ、






と言いましてもボクのは2年前まであったバックサテンバージョン、色も2トーンくらい薄いタイプ。もちろん気に入ってるのではありますが、去年のリニューアルを越え、今年もまだはけそうですので中々乗り換えられません。。。とはいえそれくらい飽きずにはけるということなのですが。






素材はベンタイル、コットン100%ですが水が染み込まない素材ですので梅雨時期も重宝します。軽快な素材ですので春夏にバッチリなのですが、冬のアウターにも使うことの多い生地ですのでタイツを仕込めば冬も着用可能かも、くるぶし丈ではきますので靴下をみせたりブーツ・ハイカットスニーカーと相性の良いデザイン。






ということで9分丈のファーティーグ、アランさん通年定番のフルレングスよりも少しシェイプしたシルエットが軽快でよろしいです。








安定のディティール、カットソー中心になるこれからの季節には万能なのではないでしょうか。






裏側につけられたコインポケット的な隠しポケット、






中を見るとベンタイルのネームがペタリ、何だか嬉しいですね。






少し野暮ったい感じを出しつつ、程よく男っぽさも出しつつ。ファティーグの適度なギミック感が良いのです、トップスの邪魔もしない。半端丈って、素材によってはすっきりデザインだと物足りなかったり・こってりすると子供っぽかったりするのですが、ファティーグだとちょうど良いのです。






ブラックもはきました、黒も欲しいなあ。2ポーズとも1つ折ってはいてます、ちなみに最初の旧型の着用写真は2こロールアップです、靴とのバランスで遊びやすいシルエットです。シャツの時は折らずに・カットソーに革靴で1つ折り・スニーカーで2つ折り、そんな感じが気分でしょうか。



やはり、ファティーグはコーディネイトに安定感があります。

これからの季節の軸になること請け合いですよ。






ARAN FATIGUE VENTILE ¥16,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。



一昨日の定休日は心斎橋で秋冬展示会に行った後、河内長野まで。小中は堺だったのですが、週末はいつも河内長野。高校も河内長野だったので、結構河内長野育ち。河内長野をこんなに連発したの初めて笑、京都の方にはあまり馴染みのない土地ですよね。南海高野線とか近鉄とかの沿線で、和歌山の手前・奈良の横・関空まで1時間くらい、住みやすい街大阪1位・楠木正成・爪楊枝の生産シェア95%とか、ハイキングに行く方には少し知られた山並みのあるところ。
今では京都の横だし近いなあと思う同じ大阪の高槻も、当時大会会場で行くと、え・・遠い・・・と思ってました、そこへ10数年ぶりに。

久々に何しに行ったかというと、、、






剣道です笑、防具並べる風景をみると何だか落ち着きます。多分ブログでいうの初めてですよね、小学校〜大学過ぎまで20年程続けてました、大会というのはそれです。 40歳くらいまでには再開しようと密かに思ってたのですが、5年も過ぎてしまいました笑。
それが最近、自分の気分や・先輩同期と会うタイミングも重なり、トントンと話が進んでとりあえず1回やろうということで、同期が運営している道場へ。最も仲の良いその同期は小学校時代から同じ地域の仲間で大学は一緒、彼が地元の道場を切り盛りしてまして、それで河内長野へ。
ウンチク言い始めるとあれなので割愛ですが、やはりずっと続けていた競技をすると楽しい、本当に楽しかったです。80代の先生方もバリバリ稽古している競技ですので、大人になってから始める人も多く、オススメですよ笑
それと今回何よりも感じたのが、、子供達がむちゃくちゃかわいい!。学生時代もそれなりにそう思っていたのですが、小さな体で大きな面を着けて真剣に頑張ってる姿をこの歳になって見ると、本当にかわいい。シングルのおじさんにはそれがグイグイきます笑、この子ら毎日みてたら自分の生活もちゃんとしなきゃなあと思うんだろなあとも笑。

そして一本、納得いく面打ちを!!と思って、同期の六段先生に最後の打突をした瞬間、左ふくらはぎを殴られたような違和感が。。。






はい、きっちり肉離れ。京都に帰る元気は失せ、実家でガチガチにアイシング笑
身体は動かしている方なので大丈夫だと思っていたのですが、、、あるあるの王道を行ってしまいました笑
数日は松葉杖ついてますので、それでこのご報告でした。店頭でご迷惑をおかけすることはないと思うのですが、いつもより動きが遅いので予めご了承願おうと思いまして。。でもほんとご遠慮なくお願いします、そうじゃないと困りますので笑、イジりに来てくださいね笑

当たり前ですが、同期はピリッと稽古してて悔しかったな〜、治ったらまた稽古つけてもらお。高校の時の東京遠征や合同稽古も一緒だったり・大学時代最も緒に過ごした友人で、子供時代を共有出来る唯一の友人かも知れません。久々に会っても前置き無しで普通に過ごせて心地よいものです、もちろん本人にはそんなこと言いませんが笑

ということで、イジりに来ていただくために本日の入荷案内です。個人的には良いもの目白押し、301とARANです。








301 linen S/S shirt ¥13,000+tax
ブログでのご案内は初めてのブランドですね、老舗のドレスメーカーさんのカジュアルラインです。素性正しいブランドですので商品の姿も綺麗です、シンプルなリネンシャツは夏のマストアイテム。






301 kanoko S/S B.D shirt ¥15,000+tax
上質なカノコで半袖のB.Dシャツに、実はちょっとわがまま聞いてもらいました。小技も利いてて色んなシチュエーションで着られる優秀なシャツです。








ARAN HUNTING VEST ¥19,000+tax
アランさんのギミック感の具合というか、ディティールの差し引きというか、本当にUNIT好みです。
夏の上半身はどうしても物足りなくなりますので、こういうベストを是非。手ぶら派の方はポケットの確保にもなりますよね、秋のインナーにも使えますので重宝します。








ARAN FATIGUE-46 VENTILE ¥17,000+tax
くるぶしあたり、9分丈のファティーグです。素材はベンタイル。ボク、夏はこの型をはいてる日がダントツです。ほんとに万能なのです、定番バックサテンのフルレングスのタイプより少しシャープなシルエットです。

全部捨てがたい、営業トークではなく自分自身がです。

追って詳細のご案内します、乞うご期待、欲しくなりますよ笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

九州沖縄は梅雨入り、例年より3日遅れ・昨年より12日早いのだそうで。去年よりまともな気候なのでしょうかね。

そんな直接的に濡れる梅雨時期も、これからの湿度の高い夏にもオススメなパンツです。








ARAN EASY RUGGER CM
イージーパンツですが、ちょっとキレイめな香りのする仕上がり。








杢グレーとネイビーの2色展開です。そして素材がクールマックス、大人顔だけど速乾透湿という機能素材なので、とても便利で快適。






腰回りの程よいゆとりからクッとテーパードを効かせたシルエット、お好きな方多いのではないでしょうか。






カジュアルさの出過ぎないギミック感が嬉しいです。






後ろはコンパクトなポケットを少し外側に振って配置、良いバランスです。








ウエストはゴムとコードで、紐の先の金ゼルも嬉しい、ちらっと見えた時にも上質感を演出してくれます。






ネイビーをはいてみました。爽やかですよね、濃いめのネイビーなので締まった印象もあります。コーディネイトに迷った時、とりあえずなんとかしてくれそうな頼もしさも感じられます。






杢グレーです、こっちはロールアップ。夏にもこの落ち着きは良いですよね、何でもない白や黒のTシャツを上質なコーディネイトに昇華してくれます。

靴をスニーカーから短靴に変えるともっとシックですし、シャツとの相性も良いです。逆にランニングシューズ系のモノでスポーティなトップスも。
夏の決定版かもしれません。。。

昨年はあっという間になくなってしまいました、、お早めにです。

よろしくお願いします!






ARAN EASY RUGGER CM ¥19,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

良い日和ですね、梅雨前のこの空気感は自ずと顔がほころぶような。
先日大阪の自宅に用事がありまして、そこで堺の両親と合流する前にすぐ近くの豊中私立文化芸術センターへ。全く用は無かったのですがここの建物が好きで、ふんわり建物内外を眺めてコーヒー飲んで読書して。








RM造で作られたシンプルさと内装のバランスがこれ見よがしでなくて良いのです、自然光の入り方も良いし・かといって明るすぎないし。でも芸術センターらしい格好良さがありつつ親近感もあって。だからなのかも知れませんが、おそらくご近所っぽいマダムの5人組がお茶してました。設計は中之島のフェスティバルホールやタワー、大阪ワールドトレードセンターの江副さん、フェスティバルホールもカッコイイもんな〜。でもこっちの方が体温を感じる具合が好きなんですよね、身贔屓なだけかも知れませんが笑

ワザとらしくなくて・気が利いてて・アウトラインがスッと見えるような、そんなモノが好みなので、UNITのセレクトにもそれが反映されてるかも知れません。本日のARANさんの商品も遠からずそんなニュアンスもあるような。






ARAN EG PT
カーゴパンツなのに外見はとてもシンプル、でもしっかり主張のあるデザインです。






素材はジャーマンコード、春夏のパンツなので少し軽めですがカチッとしたジャーマンコードの雰囲気はきっちり存在してます。






その素材感と相性の良いデザイン。








非常にシンプルな腰回り。








両玉縁のフラップポケットなので、カーゴポケットもすっきり。






裾にアジャスターがあしらわれてます、細いループでこれもミニマルなつくり。






ボタンフライです、もちろん全てのボタンが統一デザインなのですが、生地との色の相性がとても好みです。






ウエストはゴムが仕込まれておりまして、このボタンで調節。このディティール感も良いですね。






ループ付きで脱いだ時も便利、ベルトループがないので引っかけるのに助かります。






ボリューム感が丁度良いのです、横を向いてる写真は裾を絞ったバージョン。
トップスとのバランスも取りやすいですし、ローハイどちらのスニーカーも革靴も合いそうですよね。個人的には、、白系のトップスとスニーカーでモノトーンにしたいです、肌寒い時はベージュのシャツなんかをはおる感じ。


シンプルかつカーゴらしい主張もあるパンツ、大人のカーゴですよね。

是非はいてみてくださいませ!






ARAN EG PT ¥21,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。
やっと暖かくなってきました、日中と朝晩の気温差もかなり縮まってきましたので、夏が向こうに見え始めてきましたね。
ということで、本日は個人的にも猛プッシュなカットソーをご紹介です。








comm.arch. DOUBLE LAYERED S/S TEE
どちらも欲しい、捨てがたい。。。






シンプルです、すっきり。生地自体のドレープが綺麗に出るシルエット、ほんの心持ち袖にボリュームをもたせてるところもいいのです。何といいますか、とてもクリーンな感じがしませんか?






細いリブのクルーネックがそう見せてるというものもちろんなのですが、








袖・裾を見ればお分かりいただけるかと思います、2枚仕立てで縫製が表に出ません。この具合がキレイに見せているわけですね、2枚仕立てなので質感も良く見栄えももちろん上がっています。






高級素材であるインド綿の強撚糸をつかった細番手の天竺、ドライタッチな肌触りで着心地も良いのです。肌にまとわりつかないので夏場にいいですよ、汗の吸収も発散も2枚仕立てなので帰って良くなりますし、汗染みも表に出づらいですしね。






サンド(グレーベージュ)、涼感のある上品で爽やかな色です。ネイビーのボトムとの相性も抜群。






マッドブラウンも捨てがたいのです、、白いボトムにあわせたい。カーゴパンツにも合う色ですので、普通のカットソーよりも上品なミリタリースタイルにもできそうです。


スラックス系やリネンのパンツだとかなりシックにいけますし、夏のトップスの1番手として活躍してくれると思います。






comm.arch. DOUBLE LAYERED S/S TEE  ¥12,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

一昨日だったと思うのですが、スッと背の高い日焼けした白人系の60歳くらいのご夫婦がご来店。旅行で京都で並びのラグジュアリーなホテルに泊まってるのね〜と思いながらご挨拶すると、旦那さまがBGMに合わせて歌い始めました。




それがMaria Gadúの”Shimbalaiê”、ブラジル音楽好きなら必ず知ってる最高の女性シンガーソングライター。何度聴いても素晴らしい、旦那さまがこれをバッチリ歌い終わったあと、




Caetano Velosoの”Sozinho”が続き、これまたお気に召されたご様子で。カエターノは言わずと知れたブラジルのヒーロー、今はこんなにしっとりした格好良いオジさまですが、



約50年前、ジルベルト・ジル(大臣にもなってる)と亡命して、その時ロンドンで作ったこの最高傑作と呼ばれるアルバムはこんなにゴリゴリのファッションピープル笑。この辺りで”ボク、ブラジル人だよ〜!”と更にご機嫌が良くなり笑、




Nouvelle Cuisineの”Você Não Sabe Amar”が流れた時はもっと喜んでくれました。カルロス・フェルナンドが素朴に歌い上げるアルバムで、本当にイイ。
その後最近の若い人だとこの人も好き・日本人はブリジリアン好きな人多いの?・旅行先で耳にすると嬉しい、など話が盛り上がり、しかし奥様は特に興味無しな感じで笑

結果、何も買わずにまたね〜と帰って行きました笑笑

ボクは比較的1年中ブラジル音楽を聴くのですが、やはり夏の夜に聴くのは良いものです。これからの季節、まだ涼しい夜の窓際で好きなお酒を飲みながらゆったりと、ボクはテキーラをチビチビ飲みながらボーッとしようと思います笑

そんな季節が見えてくる頃ですので、秋口まで基本となる大定番をご紹介です。






BETTER MID WEIGHT CREW NECK S/S T-SHIRT
もはや説明不要かも知れませんね、キナリ(ほぼホワイト)の他に








グレー杢・ブラック・ダークネイビー・ブラウン、今年はこの4色です。






程々のフィット感、流行り廃りに問われない心地よいゆとりがあります。






米綿を使用した中厚地の生地、インナーにするにも1枚で着るにも万能な素材感。コシがありながらも全体的に柔らかな着心地。






しっかり伸びに強いフライス、






無駄のない袖、このスッキリ感が本当に絶妙なのです。






裾はスリットが少し、このワンポイントの味付けも丁度良い。長袖・7分袖・半袖、すべてミッドウェイトシリーズ共通のデザインですね。






今日のボクもこれを着て来ました、なんというか・・・どれだけ普通の格好やねんと言いたくなりますが笑、でもこれくらいの感じがとても落ち着きます。夏は1週間のほとんどをこのTシャツをベースにパンツを変えて過ごしてます、その合間にトップスを違うモノにしたり・・・というか、、着るモノ悩んだ時には100%このTシャツです。






本当に絶妙な適度さ、これぞ大人の日常着です。カジュアルスーツのインナーにも対応してくれますよ。






そして今年はコレ、ブラウンがボクのオススメ、良い色です。

20代の頃、50後半の大先輩が、”同じ黒のポロシャツを5枚、毎日同じ”と言ってるのを聞いて、は?何それ??と思ってたのですが、、、分かるようになってきました笑

丁度良いものを無造作に、しかし気を回して着回す、そんな感じでしょうか。

そういう安定感抜群のTシャツですよ。






BETTER MID WEIGHT CREW NECK S/S T-SHIRT ¥4,500+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×