UNIT

こんばんは。

本日も皆様有難うございました、降るのか降らないのか、、、途中雪になったり、冬っぽいお天気でしたね。

ここ数日のボクはと言いますと、、、毎日通販を沢山捌いているお店さんはすごいなあと思っております笑
おかげさまで通販セールがご好評いただいておりまして、その準備をしてると半日終わるので、沢山の量を毎日やってるお店さんはすごいなあと。
そしていつもお願いしている配送業者さんとの連携がうまくいかず、も〜それ前にも言ったし!と心の中で怒鳴りながら(ドライバーさんによりけりですが笑)、結局郵便局に持ち込んだり(なので本日出荷のお客様にはゆうパックでお送りしております)。
と、ちょっと無駄なことをを吐いてしまいましたが笑、嬉しい悲鳴ですので是非ご利用くださいませ!!






CAEGORY~SALE~(毎回同じような画像でスミマセン、、)
本日も少々追加しました、個人的に着用しようかどうしようかと思ってるのも投入、、、さらえてくださいませ。

全体的にかなりの破格ですので、この機会に是非!!です。

それでは明日もよろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日アップしました通販ページのセールコーナーですが、今朝確認しますと沢山のご注文を頂いておりました、皆様有難うございます!






こういう素早いレスポンスを頂けますと、あ〜ご覧いただけていると思って嬉しくなります。毎日一人で仕事をしておりますと結構孤独ですので笑






CATEGORY~SALE~
ということで、嬉しいついでに調子に乗って商品も追加してみました。バッグ類も追加しております、是非是非ご利用くださいませ。

それから1つお詫びがあります。
年末年始の配送業者さんの集荷受付が前日の予約制となっております、ですので御注文の翌日の発送となります。
また本日御注文頂いた分は、明日の定休日を挟みますので木曜日の出荷となります。お待たせして申し訳ございません、、、予めご了承くださいませ。


本日もグッと寒くなりました、、、お風邪などお気をつけくださいませね。
それではまた次回、よろしくお願い申し上げます!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今日からグッと寒くないですか??皆さまお風邪など召しませんようお気をつけくださいませです。

本日はちょっとお得なお知らせ。
平成最後の1ヶ月が残り3週間、UNITも平成最後のダイエットということで、最後の1点になったモノやちょっとひと休みするブランドさんのものをディスカウントしてお出ししようと思います。






CATEGORY~SALE~
今回は通販ページを優先、¥20,000以上お買い上げの方にこっそりサービスしようかなあとかも考えております。追加商品も考えておりますので是非ご利用くださいませ!

店頭でも、通販ページをご覧になったとお伝え頂きましたらご対応させて頂きます。

是非是非ご利用くださいませ、よろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は久々にMARINEDAYのバッグをご紹介です。






MARINEDAY BACKDROP
小型のショルダーバッグです。ちょっとお出かけの時に最適なバッグ、昨今小型バッグはいわゆるサコッシュ的なデザインが多くみられるようになってますが、こんなしっかりしたデザインの物もやはり欲しいところです。






コットンナイロンのツイル、ナイロンの軽快さにスムースで上品な表情です。止水ジッパーでスッキリと、防水のバッグではないのですがデザインの一体感が出るので有用な使い方ですね。そこにレザーパーツを配置するとグッと引き締まります、アイコン的な存在ですが、柔らかいボディに対してジッパーを引く際の補強にもなっていて、実用に即したパーツでもあったり。






つなぎ目にもレザーのトリミングが施してあります、こういう配慮は嬉しいところですね、全体の統一感も出てイイ。






ベルトには真鍮とレザーの付属を、上質感が漂う仕上がりです。






中はスッキリ、このサイズだとシンプルなのが一番です。






これくらいのサイズ感です、手回りの物がちょうど収まります。サブバッグ的な使い方も良さそうですね。






前に回しても邪魔にならない感じです。
というか、写真にして客観的に見ると改めてカッコよく感じます、ちょっと欲しくなってきた笑
マリーンデイのバッグはカジュアルな面とシックな表情が良い塩梅に混ざり合ったものが多い、このバッグにもそのエスプリがしっかり注入されております。


もちろんプレゼントにも最適、男性女性問わずお使いいただけると思います。






MARINEDAY BACKDROP ¥13,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






今朝、鴨川で友人家族に遭遇。このまま鴨川飛んで行けたらいいのにね笑、寒くなりましたが子供達は元気です。






お母さんも元気。子供乗せにクランプ式のバッグを固定する改造、斬新。。。ちょっとカッコ良かったです笑

グッと冷え込んできた本日、良い天気で眩しい日差しが冬の色合いです。ここからの京都は3月くらいまで冬が続くわけですが、今のUNIT的基本中の基本コーディネイトをご紹介しておこうと思います。






ニット:vitter ROUND NECK KNIT ¥8,500+tax
カットソー:BETTER HONEYCOMB CREW NECK L/S T-SHIRT ¥7,800+tax
パンツ:Pt.Alfred GRUKHA PANTS ¥18,000+tax
シューズ:GERMAN TRAINER ¥21,800+tax

とてもベーシックなパターンです。いつもならばボトムをPt.Alfredの1stアーミーにするところなのですが、それよりゆとりのあるグルカが今の気分です。ウェストのデザインが特徴的なグルカですが、それに頼らずともシルエットの良さでも勝負できます。2プリーツで腰回りが自然なゆとり感と裾もちょうど良いワイド感。 ハイゲージにハニカムで保温性の高いニット、1枚モノのアウターならばベストなんかを挟めるボリュームですし・中綿入りのアウターならばそのまま。
そしてある意味伝家の宝刀的に、ジャーマントレーナーはどのコーディネイトにも合わせられます。






ということで、ARAN SWD PARKA ¥42,000+taxと、このボリューム感いいのですよ。アウターもボトムもゆったりなので、靴はスッキリめが良いと思います。






次はショート丈でRe made in tokyo japan Thinsulate Stand Collar Coatを。個人的にはこの感じのあっさり感がかなり好みです。

ワイドパンツにシンプルニット、この感じのベースコーディネイトは本当に便利。迷いのないバランスで着られると思います。”太いパンツばっかりススメる〜”とかって言われそうですが、、、笑、太いパンツを軸にすると万能なのです。

大人の余裕。。。だと思います笑

是非お店でクルクル着替えて試してみてくださいませ。


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ここ数日は芳しくないお天気です。ご存知の方も多いかと思われますが、梅雨は6月だけではなく季節の変わり目毎にあるのですよね、差し詰め今は山茶花梅雨の時期といったところでしょうか。

好天前に、先日言っておりましたtobiraの試乗車のUNIT仕様をそれなりに良いところまで。

近頃ちょこちょこ乗っておりますが、やはりしっかりスパッと進むデイリーバイクというのは気分が良い。






そういえば、、よくお越し下さってるIさんの愛車はE.B.S VOKKA、650BのATBで悪路の走破性も高く長距離ライドも快適なオールマイティな1台。組んだ時点でもバッチリかっこよかったのですが、やはりグレードアップしたいパーツもあるご様子。自転車の楽しみってそういうとこにもありますよね。






そんなE.B.Sの設計ですから、tobiraの廉価版model-O’もスッと漕ぎ味の良い仕上がり。26インチのスタッガードですので、男性も小柄な女性も問わず乗りやすい。因みにコレは奥様用にご購入いただいてご本人も時折、良い感じの使い方だと思います。





そして某大人気コロッケ店の料理長OSGちゃんのmodel-T、女性がこういう感じの渋めカラーというのがとても素敵。
E.B.SのオリジナルハンドルにサドルがBROOKS B17のスペシャル、ブロンズの頭の大きい鋲の打たれた革サドルでクラシカルな空気を出しつつサラッとスポーティ、黒のパーツでまとまってるところがそう見せてるのでしょうね。不必要なことはせず、甘さのない仕上がりが玄人っぽい。






このmodel-T、スポーツバイク並みの設計ですので、自転車に詳しいHくんが乗ってもこんなに楽しそうな表情。






先日ご紹介した写真、小柄なNさんにもバッチリなmodel-Oも同様にグイッと走る車体、パッと見た姿では想像できないほどしっかりと走ります、ってまあ、、、当たり前か笑。もちろんこんな感じでふんわり乗る女性も楽々な懐の広さも、ボクは最近こっちの方が気になってたり。。。

そんなtobira、試乗車もどんどん遠慮なく乗って頂きたい計画で改造中なのですが、






とりあえず、入院中のボクのE.B.Sをベースに改造してみました。因みにボクの自転車にもE.B.Sのハンドルがついてるのですが、コレ本当に毎日乗るのにちょうど良いデザインです、抑えも効くし程々の前傾だし、オススメです。

ということで、





こんな感じでとりあえず。
ストック状態のパーツを交換したのが、
・ハンドル
・グリップ
・サドル
・ペダル
少しグッと踏みたいので体重が乗せやすいようにハンドルをカモメに、実用優先で荒っぽく使えるようにスポンジグリップ、サドルは・・言わずもがな、ペダルはハイクオリティで価格抑えめなミカシマ。






追加したのは、
・リアキャリア
・サドルバッグ
リアキャリアは色とデザインが気に入ればどれでも良いかと思います、自転車旅行に行く!とかだと剛性や耐久性が重要ですが、日々使う上では20kgを耐えられれば問題ないでしょうしね、お好みのデザインで。ボクは余らせてたシンプルなのがちょうどあったのでそれを、シルバーで揃えたいなあと思ったのですが、黒でフレーム同色にして結果オーライ。この辺りは皆さんの好みで変わるところですね。
サドルバッグはBROOKS、コレは外せません。クラシカルとスポーティの中間的デザインで完全防水、ロールトップで荷物の量に応じて調整出来る、ブルックスのサドルと合わせるにはコレが最良の選択肢かと思います。5年以上使ってますが、コレという不満はありません。

という感じです、カスタムの参考になればと思います。

他の改造も少し考え中、、、往復20km以内ならばシングルスピードでも不満がないのですが、もっと足を延ばすならば変速機もつけたくなるところ。

こういう取っ替え引っ替えも自転車の楽しみの大きな部分ですからね、おいおいご報告します。

そして、本当に遠慮なく”それ乗せろ〜っ!”っておっしゃってくださいませね。






そしてストックも少なくなってまいりましたが、限定生産model-T26もストックありです。

ご試乗、お待ち申し上げております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨日、お店に寄ってから京阪に乗って大阪に仕事へ向かう途中、人身事故でストップ。今年はこのパターンに遭遇するのが3回目、京阪は初めてでしょうか。タイミングが良いのか悪いのか、、と思っていると電車通勤の友人も今年は多かったと言ってました。なんだかな〜ですが、年末ですのでみなさまお気をつけくださいませね。

そして本日のご紹介、FREDRIK PACKERのラインナップの中でもスポーティさとシックな表情を持ち合わせたショルダーバッグです。冬になるとアウターで動きが制限されますので使い勝手の良いサイズとデザインのバッグが重宝しますよね。






FREDRIK PACKERS 420D SPRED SHOULDER sizeM
ユニセックスなデザインで落ち着いた雰囲気。






素材は420デニールのパッククロスナイロン、スムースな触感と光沢感がエレガントな素材。洋服に対する摩擦係数も低くてウール系のトップスやアウターにも相性の良い素材。










ブラック・オリーブ・アンティークブラス(ベージュ系)の3色でご用意しております。
このショルダー、見た目のサッパリ感と裏腹なギミックがたっぷり盛り込まれてるのです。






ではまず外側のスリーブ、たっぷり目のマチ付きですので荷物の量の変化にも対応しやすいギミック。ビジュアル的にもアイコンになってますね。






開口部はドットボタン付き、中にはポケットが2つ。






メインボックスの開口部はビスロンファスナー、コイルジッパーはグワ〜っと開く感じですが、こちらはホロホロとほどける感じで違う軽さがありますね。






開くと両側にポケットがあります、コレだとわかりにくいので、、








ひっくり返しました。外側にはコンパクトなポケット、内側にはボックスと同等の深さのスリーブ。








体が当たる側にも胴体と同じ深さのスリーブ、大体A4サイズを飲み込むくらいのサイズです。






底を見ると、折り込みのマチがそれぞれ3室にあしらわれてます。内容量に応じて開き、少ない時はスッキリ。






ということで、いつも通りボクの手荷物を入れてみました。コレくらい入れて70%くらいの感覚です、しっかり入りますね。






そしてもちろんのバックル付きなので、分厚いアウターを着る今の時期(明日から寒くなるそうですよ)にも楽にカバンを下ろせます。






こんな感じ。
ボリュームのある冬のアウターにスッキリと馴染みます、滑りの良い素材ですので扱いも楽です。
見た目のあっさり具合とは裏腹な収納力であることがこのバッグの強み。

発売以降コツコツと人気を得ております、お使いの皆さんはしっくりくる使い心地にご満足くださってますし、コレだと老若男女問わずプレゼントとしてもチョイスしやすいと思います。または”小型ショルダーで中々欲しいのが見つからない・・・”なんてお悩みの方にもオススメ。

大人顔の軽快な小型カジュアルショルダー、お気に召していただけると思います。






FREDRIK PACKERS 420D SPRED SHOULDER ¥6,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。
本日も雨の中ご来店ありがとうございました、更新が遅くなってしまいました、、、。






雨の合間を縫って、tobiraの試乗に。この女性は身長が150cmくらいでMサイズを乗っていただいてます、小柄な方でも楽に乗れる大きな車輪の自転車って良いでしょ?








Lサイズの方は少しボクの手持ちのパーツやカバンでカスタム中、実際色々といじってみようと思いますのでみなさんのご参考にしていただければと。ボクが使っている方が遠慮なくご試乗いただけると思いますので、遠慮なくガンガン乗ってみてくださいね。

いやあ、、ちょっと嬉しいことが。ホントはまだ言わないでおく時期なのですが、、年が明けてから楽しいイベントをやろうと思っておりまして。ご参加くださる方が多数なのですが、中でもボクが一目惚れした木工作家さんの参加が決定してワクワク。 詳細はもうしばらくしたらお知らせいたしますね。

そして本日の商品、コレまた嬉しいアイテム。
みなさん、というか、、ご覧くださってる中に絶対いらっしゃると思うのですが、、、ふつ〜〜〜〜〜〜〜〜〜の軍パン欲しくないです??
最近見ないでしょ?、普通の軍パン。世の中の流れ的にはあっさりしたユルい物か・細〜いのか。UNITは比較的ゆったりのパンツが多いですし、カーゴパンツ自体は必ずラインナップしているのですが、ド直球のは久々。カーゴパンツではなく軍パンじゃなきゃ出せない雰囲気というのは他では替えが効きません。5ポケットのジーパンにも同じことが言えると思います、チノは安心していただいて大丈夫笑。

というコトで、






FOBのカーゴパンツです。






不必要なことは一切ナシ、きっちり軍パンです。スッキリしたシルエットにしっかりボリューム感を残した絶妙なバランス。








フロントのポケットはフラップ等は付けずにスッキリと、バックポケットはしっかり教科書通り。









カーゴポケットのサイズ感はしっかりたっぷり、コレが大切、膝のアクションプリーツも同様に大切、裾のドローコードもモチロン大切、王道の軍パンはこれらを外すわけには参りません。






素材もしっかりコードレーン、パリッとサクッとした質感がミリタリーらしさをアピール。






はい、無論こんな雰囲気。間違いなく色んなコーディネイトにハマります。






裾を絞ってこの感じこの感じ!、という気分です。






横から、カーゴポケットが良い仕事をしてます。






中綿ベストで、ボクの通勤スタイルの定番は大体こんな具合です。ポケットのボリュームがあるのでロールアップが似合います、ブーツにロールアップのカーゴだと冬のアウターのほとんどは賄えるのではと。しかし、自転車もオリーブだし、ソフトミリタリーマニアみたいですね、、、笑






どうせならばモノトーンで、デザインもモノトーンで、というコトでRe made in tokyo japan Thin Down Winter Mods Coatと合わせてみました、存外にクドくならなくて結果オーライ、、というかボクも似た洋服でこうしようと思いました笑


いや、やはりミリタリーは良いです、トラッド・ワーク・ミリタリーは三種の神器、その一角の中の大きな部分を占めているのが軍パン。温故知新でどうぞ。






FOB FACTORY CARGO PANTS ¥17,000+tax
FOB FACTORY CARGO PANTS

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






いよいよあと1週間になりました、12/8(土)は東田トモヒロACOUSTIC LIVE INKYOTOです。今回はどんなライブになるのかなあ〜、とても楽しみです、是非是非お越しくださいませね。






本日はIさんがスーツをピックアップに、ビシッとです。「ぴったりしてるのに座って脚上げても腰回りが窮屈じゃない。」そうなんです、それがオーダースーツの良いところ。お喜びいただけて嬉しいです!

そして本日はちょっと開店が遅れまして申し訳ございませんでした、、、、。

一応・・・寝坊とかではなく、お勉強といいますか、UNITにも大切なことで。






12時の開場に合わせて鴨川を南下し向かったのは、京阪清水五条から徒歩7,8分の所にありますギャラリーの”AA”さん。目的は明日まで開催されてます”多鹿の会”。






ご覧の通りのハサミのオンパレード、壮観ですね。実に90種類近くのハサミの展示会。
兵庫県小野で四代続くTAjiKA~多鹿治夫鋏製作所~さん、日常使いのハサミからキッチンバサミ・裁縫・園芸など沢山のハサミを製造してらっしゃいます。ほんとかっこいい。。。四代目からご連絡をいただいたのでしっかり拝見してまいりました。
ボクも仕事でハサミを使う者の末席には名を連ねているかとは思いますので、少しくらいはプロ目線笑
やはりこういう本物を使いたいですね、触っているとあっという間に時間が過ぎます。






園芸用のハサミの試用、






小バサミと裁ちハサミの試用も、素敵なディスプレイで楽しくなります。






ボクが気に入ったのはコレ、”銀紙”と名付けられた着鋼の8寸。にぎりがシルバーグレーというのもカッコイイ、見た目もさることながら使い心地がほんとによい、良いということはスパッと切れるということです。切り終わりのしっとり感がいまだに忘れられない。。。
道具がピンキリなのは賢明なUNITブログ読者の皆さんなら云うに及ばないことだとは思うのですが、、、良いモノは良い。
世の中に流通している裁断用の鋏は大体3種類。安価なモノがステンレス製で樹脂パーツを合わせたもの、安くて錆びづらいのですがすぐに切れなくなる。次は全鋼のハサミ、大体高くて1万中盤くらいまでで切れ味も良いのですがモロさもあったり。そして最も高次元でバランス良いのが着鋼、ステンレスと鋼を鍛造した高剛性で切れ味の良いモノが出来ます。日本刀と同じ作り方ですね、地金に何層も鋼を巻きつけて焼いて冷却を繰り返して鍛える。そう云う意味で現代の和鋏は日本の伝統と今のハイブリッド、素晴らしいですよね。






こんなキッチンバサミも、コレなんかはまさにそんな代表格。水の濡れた状態になることが多いので、分解して保管できると接合部も安心、ワンアクションだし楽々。






型を抜いた後の屑鉄まで素敵に見えます、というか欲しくなる笑






四代目の多鹿くんは軽快に情熱的な話をするので、お話を聞いてて本当に楽しい。
ボク、たまに言うのですが、手作業で既製品を作るということがとても素晴らしいと思うのです。何千何万を同じ形に作り上げる、すごい精度の仕事だと思います。シンプルなものほど技術や思いが凝縮され、その結果機能美が生まれる。それを伝える仕事って格好良いなあと、素直に憧れてしまいます。






ボクの裁ちバサミ、実はアパレルの仕事をする前から連れ添った30年来の相棒。最近切れなくなってきたなあと、ちょうど思っていたところで。コレだってメンテすればまだまだ現役、相談しよ。
でも前出の銀紙号欲しいなあ。。。誰か買ってくれたら何でも言うこと聞いちゃいますよ、任せとけって言ってくれる奇特なお方、いらっしゃいませんか??笑

なんて軽口を言ってはおりますが、何処かのタイミングでUNITでもお見せできる機会を作れたらな〜なんてのも頭の片隅にあったり。UNITの考える洋服は道具である一面もあります、そう言う意味でも同志(というか憧れ)であるプロダクトはオススメしたくなりますからね。

皆さんも頭の片隅に置いておいてくださいませ。


それではまた次回。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×