UNIT

12/8sat 東田トモヒロ ACOUSTIC LIVE IN KYOTO @studio37、ぜひお越しください!

こんばんは。

11月最後の日ですね、そんな本日のUNITは先月開催しましたPt.Alfredのスーツオーダー会でご注文いただきましたスーツが完納(Sくん明日出しますね)。最初に取りに来て頂いたOさんが早速報告においでくださいまして、






やはりスッと馴染んでます。自分の体に合わせて作った洋服というのは良いものです、個人的に物全般に既製品が好きなのですが、やはりスーツは別腹です。
お師匠夫妻と相談して次回開催も予定しますね、前回逃した方も・おかわりの方も是非是非よろしくお願い申し上げます。

そういえば、スーツの時にどうるする?という話によく上がる財布問題。仕事の時はまあカバンに入れるでしょうけれど、、お出かけでスーツスタイルの時にお尻に入れるとモコっとしたり、内ポケットに入れるとモワッとしたり重かったり。
個人的には使い分けたりしてます。使い分けるのはもちろん






MARINEDAY FLAT4と、






MARINEDAY AGE3ですね。
普段はFLAT4はそのまんま財布で、AGE3は名刺入れとして使っております。そして手ぶらで出かけるときは必要最低限のモノをAGE3に入れ替えてという感じ。






なんども言っておりますが、一目瞭然の構造は本当につかいやすい。そしてシンプルな作りなので壊れるパーツも少ない。はたまた財布の価格は縫製の手間賃が大半ですので、この構造だと自ずとコストパフォーマンスに反映されて有り難い。






近頃はキャッシュレスとまではいかなくてもその方向に近づいてますので、若年層の財布はどんどん小さくなっていってるとか。少なく持つという方もこっちですよね。






もちろんこの時期にご紹介したというのはプレゼントにも人気の商品だから、特にAGE3はその実績が高いのです。
それも考慮しましてちょこっと補充しております、今期分が終わってしまったAGE CHROCOのブラウン以外は今の所ございます。

お早めにです。

ホントに。






MARINEDAY FLAT4/FLAT CHROCO ¥8,500+tax
MARINEDAY AGE3/AGE CHROCO ¥5,900;tax
通販ページその2はこちらまで(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今日は暖かいですよね、なんだか拍子抜けで困ります。そういえば、






昨夜は友人のイタリアンのお店に行ってたのですが、そういえば帰りに聖護院の前を通りながら空気がヌルいなあ〜と思ったっけ。












conacinetta(コナチネッタ)さん、プーリア州の料理とプーリア州のお酒にこだわったイタリア料理を提供してくれます。本当に味わい深い、食べると顔がほころぶ料理ばかり。聖護院近くなので、お近くの際は是非。昨日はずっと喋ってて撮るの忘れちゃったので、画像は以前のものばかりですが、、、笑

なんて小春日和な本日ですが、UNITの店内はヒエヒエ、、、。開店作業中に、あ、コレあったかそうだよな〜と思ってつい試着してしまって、脱ぎたくなくなったブルゾンを本日はご紹介。






Re made in tokyo japan Thinsulate Stand Collar Coat
以前にご紹介した時はサラッとだったので、改めて丁寧にいきます。









シンプルなスタンドカラーのブルゾンタイプ。ドリズラー的でもありライダースっぽさもあり、スマートな印象です。






シンサレートの新しい中綿を採用、柔らかくで偏りの少ない着心地の良い素材です。もちろん保温性も向上してますので脱ぎたくなくなります。






襟までしっかり入ってますので本当に暖か。ジッパーのディティールもReらしい気遣いが見られます。






フラップポケットとは別にハンドウォーマーもつけられてますので有難い、視覚的にもボリュームゾーンになりますね。






少し上につけられた袖のストラップも良いバランス。








内ポケットは左右に。






撥水性を持たせたストレッチナイロン、柔らかくてストレスを感じません。






綺麗なシルエットです、大人のスポーティといった感じ。スニーカーから革靴までバッチリ合わせてくれます。






サイドスリットが良いです、こういうところはReらしさ、UNITの好物でもあります。

作り込み過ぎず・スポーティ過ぎず・大人が軽く着る今の気分のモコモコブルゾン、探すと意外に見つからない立ち位置だと思います。

軽快に着たい方にオススメですね。

今頃欲しくなってきました、、、、笑






Re made in tokyo japan Thinsulate Stand Collar Coat  ¥36,000tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

12/8sat 東田トモヒロ ACOUSTIC LIVE IN KYOTO @studio37、ぜひお越しください!

こんばんは。






今年はおおはた雄一の京都ライブが毎月レギュラーで開催されておりまして、ボクは遅れたりしながら絵はありますが欠かさず観に行ってます。今月は今年初めてのゲストで友部正人さん、日本におけるフォークの生き証人のようなお方。歌がそのまま絵になっていくような感覚を覚える、言葉が紡がれていく気分。それがおおはたくんの逆に景色が流れるような歌と織り混ざって、物語のページがめくられてゆくようでした。こういう表現は恥ずかしいのでおおはたくんの前では言えませんが笑
ライブ後に友部さんがおっしゃった一言がとても印象的でした。なぜか頼んでしまった辛〜い四川鍋をつつきながら、あるシンボリックな助け合いの歌の話になり(もちろん素晴らしい歌ですし、ボクも作者のファンでもあります)、あんな感じはどうなんでしょ〜と言う中で、「もちろん素晴らしい歌だけど、ボクには作れない。だって誰が誰に歌ってるか分かんないじゃん。」と。

あ〜、なるほど。

なんだか頑張ろうと思いました笑
そしてニューヨークの文化の事に話が進み、その話題に上ったのがRufus Wainwright。ボクも大好きなミュージシャンなので、そのリアルな話が聞けるのは楽しかった。






ということで久々にルーファスを聴いております。






これが発売ちょっと後の2002年の様子。






これ先月みたいです、歌声に全く変化がないのがすごい。
クラシック、特にオペラの影響を大きく受けてるということなので彼の書くメロディは流麗。これはボクの私感というか想像なのですが、ブルグミュラーあたりやロマン派のピアノの練習曲をポロポロ弾いててそのままアレンジして出来ちゃった、、というような風情を彼の曲から感じます。

う〜ん、オチが着かない。。。

まあ、、音楽は良い!ということで、12/8の東田くんに是非ということで笑

といいうことで本日のご紹介に参ります、タイトル通り帽子を3型。






weac. KNIT CAP ¥5,900+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)
先ずはweac.のニットキャップ。シンプル・王道の汎用性の高い仕上がりです。縄編み・1つ折りというのはもっとも使い勝手の良いスタイルですね。柔らかい羊毛を使ってますのでおでこが弱い方でも問題無さそうです、実際ボクもすぐ痒くなるのですがコレは大丈夫でした。3色ともにコーディネイトのしやすいカラーですのでお好みでどうぞ、個人的にはグレーかなあ。。。






KEELA POLA CAP ¥5,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)
次はKEELAのPOLA CAPです。文字通りインナーにポーラテックのマイクロフリースを配したフィールドキャップ、外側につけられたシンチバックでグローブのままでも調整しやすい構造。寒い時は耳当てを下ろして、ツバには針金のフレームが入ってますので風の具合によっても調整可能、外は撥水性のある素材。ということは、自転車乗る時なんかには最適ですよね。アウトドアミックスの軽快なコーディネイトにも有用です。






ALDERNEY BASEBALL CAP ¥5,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)
最後にスコットランドの小物メーカーALDERNEYのベースビールキャップを。近頃はニュー◯ラを代表するツバが真っ直ぐのタイプが主流ですが、こういうトラディショナルなタイプは外せませんね、大人ですから。太畝のコーディロイも良い雰囲気です、後部のストラップで調整可能なので頭の小さな女性から大きめで毛量多い方まで大丈夫、深さも見た目よりしっかりなので安心感あります。

寒くなってきましたからね、頭の放熱を抑えると段違いに暖かいですし。冬のコーディネイトの味付けにも、コーディロイキャップなんかはコートと合わせるとカッコ良さそうです。詳細写真はそれぞれ通販ページにアップしてます、ホントは男前に写ってもらおうと思ってたのですが、、ついつい忘れちゃうのですよね、、、ボクですみません笑

もちろんGIFTS カテゴリーにピックアップの商品ですので、プレゼントにもどうぞ。

それではまた明日よろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今朝お店に来て明かりを点けると、奥の蛍光灯がチカチカ。交換しても点かないのでグローがダメな様子。ホームセンターも電器屋さんもちょっと距離があり買いに行く時間が無いので、






使ってなかった照明器具で応急処置をすると、ゴミ出し日程表がムーディなことに笑
自宅は暗めなのですが、お店の台所周りがこれはちょっと気持ち悪いですね。






台所といえば、結婚式にお呼ばれした夜、10年振りくらいにカウンターで洗い物をしました。新鮮だし楽しかったな〜。ちなみにUNITからそのまま行ったのでいつも通りにPt.Alfredのチノクロススーツ、洗剤の泡をたっぷりこぼしたりしましたが、帰ってお洗濯すれば平気なのでお構いなし。
20年以上お世話になっている大箱のバー、新郎新婦の依頼を受けて仲介したということもあり、お片づけのスピードアップの足しになればと。






とは言え別に良い子ちゃんにしてたわけではなく、しっかりコッソリくすねておりましたが笑





Gさん、Hちゃんおめでとう、この分しっかり買い物してね笑

そんな感じでいつもお世話になっているStudio37で、今年もギリギリ滑り込みで演ります!






東田トモヒロ ACOUSTIC LIVE IN KYOTO
2018.12.8sat
open19:00 start19:30
live charge¥2,000 &1drink order
opening act Kazuki

お問い合わせ
UNIT  tel:075−241−2832 mail:unit.kyoto@gmail.com
Sutudio37  tel:075−256−4037

楽しみです、8月にご紹介した新曲を引っ提げて全国行脚中のトモにい、今回の京都はいつもより少しリラックスした雰囲気でのライブになると思います。楽〜にお越しください、もちろんたくさんお越しいただけましたら盛り上がって楽しいですからね。
今回は桐生キャンプ場で毎年開催されてます寝待月のショーa.k.a.NEMUTAME RECORDSがサポートしてくれますのでUNITはちょっとラク笑、BTちゃんありがとう。
そしてオープニングアクトに、滋賀を中心に活動している若手シンガーソングライターのKazukiくんが歌ってくれます、ボクも直接聞いたことがないので楽しみ。

12月の始まり、グッドミュージックを肴に美味しいお酒を飲みましょ〜!!



電球切れからうまく繋がったもんだ笑


そしてUNITの店頭も大きく動いてます。
色欠け・サイズ欠けが始まってますが、それでも素敵なモノばかりだなあと、品出ししながら改めて思っております。Jackmanやcomm.arch.など新ブランドが好評ですし、ARANやReも相変わらずササ〜っと、BETTERもしっかり基礎固めしてくれています。






Jackman spectator coat、作りやデザインと比べコストパフォーマンスに優れたこのコート、案の定大人気。何度か追加したのですがすぐ無くなります。。現在ベージュのみになりましたが、個人的にはこのベージュが今年最もオシなのです。今ならまだ間に合いますよ。






ARAN SWD PARKA、昨年デビューのコート、1年越しでお待ちいただいた方もいらっしゃいました。これもホントかっこいい、男らしいオリーブもイイのですが、、見てるとベージュが欲しくなります。なんだか今年はベージュが刺さるのかもしれません笑






茶系と言えばcomm.arch. Hand Framed Crew Neck Cardiganも、なんでもバッチリ合うざっくりカーディガン、今のところ2,3サイズがありますが、もう1段階冷えるとどんどん嫁入りしそうですので、、油断のないようにです。






そしてGIFTSコーナーも着々と充実中、もちろんご自分用のストールもお忘れなくです。


このくらいの寒さが始まると俄然コーディネイトが楽しくなります。

そんなお話やご相談も是非是非お気軽に、3連休後もパリッとお待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

明日は慶事に出席の為18:30の閉店となります、ご迷惑をおかけしますが予めご了承くださいませ。

こんばんは。






湯豆腐を頼む季節になってきました。ボクが仲良くして頂いてる老舗の居酒屋さんの湯豆腐は、野菜がたくさん入ってるので嬉しくなります。

そんな鍋物を食べたくなる時期ですので、ボクもアウターを完全冬モードに準備。
というところで思い出したのが、、






引っ掛けた穴。これはARAN SWD PARKAなのですが、生地は裂けずにステッチだけ飛んでます、生地が強くて助かりました。。






自分のだし、面倒だし、、上からジャーっと縫って済ませようと思ったのですが、流石にこのコートに申し訳ない、裏地もあることだし。ということでパラパラっと解いて、






チャチャっとミシンを踏んで、






元通り。面倒臭がっちゃダメですね笑、これくらいのことだったらチャチャっとやりますので、何かあればご相談ください。

こんな襟周りの余裕のあるコートだとか、たっぷり外に見せて巻くならばストールのボリュームはあまり気にせずに使えるかもしれませんが、襟の内側に綺麗に収めたい、でもそれなりに長さも欲しい、、、なんて気分の時もあるかと。






そういう時はコレが便利なのです、LOCCHARRONのストール。






比較的薄めの素材感ですが、40cm幅ですので2つ折にすると頼りなさはありません。






裾はそのままフリンジに。






長さは優に190cm、たっぷり使えます。






ひと巻きで前で結んでこれくらい、丁度良いボリュームです。
今日は朝から余裕なくて久々の鏡越し、、、すみません。何に謝ってるのか分かんないですが笑

実際これくらいのボリューム感のストールは長い季節に使えます、秋から春までという感じでしょうか、それも考えて重くならないカラーを選んでみました。春先の夜の寒さがちょっと不安だけれど、なんて時にカバンに入れて邪魔にならないサイズです。

プレゼントに貰ったら嬉しそう、ということでコレもGIFTSに仲間入りです。クリスマスのラッピングも最近よくご利用いただけてます、こちらも是非是非ご利用くださいませ。






LOCHARRON STOLEN ¥12,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日もご来店・お問い合わせ等、皆さま有難うございました!

今日は箸休めネタ、昨日はようやくお休みらしい1日を過ごせましたので、そのお話笑

自治体の名簿からランダムに選ばれて回答するという、国民性調査の訪問員の方を午前中にお迎えした後、






北の自宅からピューっと南下して蓮華王院三十三間堂まで。途中祇園花見小路を通過したのですが、秋の京都らしい風景。






去年1001体の千手観音像の改修が終わり、今年の春に新国宝に指定された三十三間堂。中の仏像が見どころなのもさることながら、お堂自体も面白いのです。これは昭和初めまであった大屋根を支える柱の台座。






そして昨日行った本当の理由が、、、読書笑
子供の頃、小学生の頃ですね、時代小説をよく読んでました、感覚的にはヒーローもの笑。藤沢周平・海音寺潮五郎・津本陽・南條範夫あたりが好きでした、史実に法って書かれているモノも架空のモノもワクワクしながら読んでましたね。そして今回の1冊は柴田錬三郎の短編集、主人公が全員嫌われ者で性格に難があって根暗という、、、笑。それが何故か魅力的で、、柴練の文章は飾り気が無さすぎて子供心になんとなくつまんなく感じていたのですが、この短編集だけはなんだか好きで何度も読み返してました。しかし今読むと、柴練の文章が不思議と沁みます笑
そのはみ出し者5人中、もっとも気になったのが三十三間堂で行われていた”通し矢”という競技に人生を捧げた人物の話でした。
それを先日何故か思い出し、せっかくなのでロケ地で読もうと思いまして向かった次第です。アニメの聖地巡礼のような感覚なのかな笑、しかしながら実際行われていた場所でそれを読むのは中々悪くないのですよ。小説ってそういう一人遊びができるのも楽しい要素だと思います、みんなしないのかな?笑。






そしてその三十三間堂の裏側には、その名残がそのまま残っているのです。






矢が刺さって柱が壊れないようにと着けられた鉄板や、弓弦の交換の際に弓を固定する弓筈の跡、何故か1本だけ刺さったままになってる当時の矢。お堂の中にも主人公の奉納した絵馬が展示されていたりします。千手観音を見に行くことがありましたら、ちょっと思い出してみてください・・・興味ないですかね笑。

そしてそこから北に移動して、平安神宮前の国立近代美術館で






藤田嗣治展へ。






人気の画家ですので、まあボクが色々言う必要もないですよね。やはり肉筆を見られるのは良いです、でもね、いっつも残念なのが、ボクが気に入ってる作品ってグッズにならない。額装できそうなリトグラフとかを1つお土産に、なんてもうのですが、、ほとんどの展覧会で無理。なので自ずと図録を買うことになるのです、コスパ悪い。。。笑
買わずに帰って後悔することもしばしばですので、今回も購入、やらずに後悔するよりやって後悔、、ちょっと違うか笑






そして仲良くしてもらってるカフェでダラ〜っとして(特大ボカディージョ)、






夜の花見小路をもう一度通過し、






知恩院さんのライトアップに。










後1年で10年の大改修が終わる知恩院、改修中の為見るスポットが10年前よりも少ない分違うところを開放してたりするのです。特に国宝の三門、お釈迦さんと十六羅漢と中の伽藍は見応えアリですよ、京都盆地も一望です。






そして若手のお坊さんがインスタグラムなどで新しい試みをしていたり、良い雰囲気でした。顔ハメ前にもお手伝いするお坊さんが1人、なかなか微笑ましい光景でしょ笑

という感じで鴨東満喫の休日でした。


明日からの3連休、京都の名所は見頃だと思います、是非遊びにいらしゃってくださいませ。

そしてUNITにも必ずお越しくださいませ笑


それではまた明日からもよろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

都市部では全国的にそうでしょうし、特に京都はここ数年外国からの観光客が多い。UNIT周辺もいつも多国籍で、特にならびにリッツカールトンさんがある所為か、ラグジュアリーというか余裕のあるというか、そんな方が多く、他の町に比べても色んなお国の方が居るように見受けられます。
昨日フラッと入ってきた女性二人組はヒジャブを巻いたムスリム系、お一人はアヤバっぽい黒い服。ストールを1枚ずつお買い上げ頂き(どうもSTELLA ROSAの大判ストールはアヤバ代わりにになるみたい)、ちょこっとお話してると京都の秋の様子をとても楽しんでらっしゃる様子。そして帰り際にコンニチハ〜と手を振ったので、ん?と思って訊いてみたところ、thank youと勘違いしてたみたいで笑
あらやだ、ずっとそう言ってたわ〜ってな感じだったので、一緒に一通りの挨拶を練習しました笑






そうすると帰り際にUAEのチョコレートを呉れました、ありがとうございます。良い笑顔。

そうこうしてると、自転車を熱心なご様子で見ている男性が。






最初はtobiraのスペシャルモデルのtobira model-T26を目当てにお越しくださったそうなのですが、話しているうちにスタッガードの






model-Oの存在も浮上しまして、






鴨川を一回り流していただくと、乗り心地の良さにとても喜んでいただけました。
お話してる時もそういったのですが、E.B.Sのスポーツバイクと同様の手順を踏んで丁寧に作ってますので、漕ぎ出しの安定感やレスポンスがいわゆる普通のシティサイクルとは格段に違うワケです。この方も「これ、ツーリング行けますよね。。」と言ってくださいました、そう思いますボクも笑

こんな感じで日々色んな方に試していただければな〜と思います。

良い道具は期待を裏切りません、ご遠慮なく乗せろ〜っておっしゃってくださいね。


本日は冬のカットソーとしてとても頼れる存在をご紹介です、UAEの方って今の日本は寒くないのかなあ。。。








BETTER HONEYCOMB CREW NECK L/S T-SHIRT
サーマルのカットソーです、サーマルというよりもワッフルという方が良いのでしょうか。






通常の直角に編まれたサーマルとは違い、ハニカム構造ですのでルックス的にもスタイリッシュですね。柔らかい着心地も生んでいるようです。






普遍性の高いクルーネックなので使い勝手も良いです、袖口にもリブを配してますので脱ぎ着する時も扱いやすいですね。身幅も細すぎず緩すぎず、例えば・・・ダウンの下に1枚で着るなんて使い方も普通に出来ます。






良い表情でしょ?






これくらいの雰囲気になります、








今回はわかりやすく白を着ておりますが、ネイビーとブラックだともっと表舞台に出しやすいかもしれませんね。

本当にね、中に着るロンTがこんな風に暖かいモノだと結構違います。この違いをご存知だと早めにまとめ買いする方も多いです、ということでサイズが揃っているうちにお早めにですよ。


冬はインナーウェアが重要です。






BETTER HONEYCOMB CREW NECK L/S T-SHIRT ¥7,800+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

今週24日(土)、慶事に出席のため18:30閉店とさせていただきます、申し訳ございませんがあらかじめご了承くださいませ。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今朝、部屋の扉を閉めて階段を降りようとすると手すりの袖から床にかけて養生シートが張られており、ん??とソロソロと1階手前まで降りると職人さんが壁を塗ってらっしゃって、「通ってくださ〜い」と声かけてくれたので邪魔しないようにと脇に寄りつつ手すりを掴むと「あ!塗ったとこっ!」と声が、、、ベトベト、申し訳ない・・・笑
まだ暖かいので出勤時はアウターを着てないのでよかった、着てたら擦ってるはず。
うちのマンションはそろそろ築30年くらいなのでしょうか、ボクは道具が多く(自転車いっぱいでしょ、職業柄洋服ももちろん多いし、オーディオやら本やら。。)1人の割にそれなりにスペースが要るので、小さめの部屋だとちょっとしんどくて。実際ボク以外の入居者さんは若い夫婦に子供さん1人というご家庭が殆ど。
でも、かなり低家賃。ちょっと古くて北のほうですからそうなるわけですね、ボクは街と距離感がある方が良いので都合がよく助かってます。
このところ床も工事してたし、メンテの時期なのでしょうね。

そう、メンテしながら長く付き合えるモノというのは、自分とのマッチングが良ければ本当に良い関係が作ることが出来る。

本日のジャケット、UNITにとっては正にそんな感じのアウターです。






ARAN TSURING JKT






ミリタリーとアウトドアの良いところを抽出してシンプルにまとめたという感じ、これ見よがしなオシャレではなく何気無く着てるけど気が利いてる洒落感。コーディネイトにおいてもスポーティ〜革靴で合わせる時まで、かなり懐が深い。








ラグランスリーブでバランスの良いルックス、そして襟の中にフードが仕込まれていてボリューム感が良いです。急な雨の時にも安心です。






もちろんのダブルジップ。










そしてボクの好きなポイントがこのポケット。上のスリットにはすぐ出したいけど落としやすい手袋や携帯を安心して突っ込めます・ハンドウォーマーも必須ですし・フラップポケットは持ち出しがしっかりですので確実に収納出来ます。






裏地はキュプラでインナーの滑りもキープ。








同じアランさんのDENIM TROUSER-1と共に。 肩の力が抜けてて、でもち丁度良い気遣いの具合だと思います。ベーシックなコーディネイトの軸になるパターンですので、寒くなればこれにストールを追加、もっと寒くなれば中綿ベストを。個人的な感覚で言えば、、着るもの悩んだ時にとりあえずこの感じにすれば1日悪い気がしない。消極的なように聞こえますが笑、そういうポジションのコーディネイトがあるというのは安心なのです。








去年の写真ですが、スポーツとトラッドミックス。

そして重要なのが素材。






60/40コットンナイロングログラン。
今でこそゴアテックスに代表される防水素材が機能的だと言われますが、50年前の60/40は同様のポジションにいました。解釈としてはゴアのように水を弾くのではなく”水の侵入を防ぐ”方向ですね。
何よりも良いポイント、これはUNITの見解ですが、自宅で洗えます。ハイテク素材のように専用洗剤ではなく普通の洗剤で乱暴に洗っても機能が損なわれるわけでもないので、心の負担が少ない。まあ、、ゴアも家で洗うわけですし・ダウン等も理解すれば自宅でも可能なのですが、それでもちょっと気を使うでしょ?。その点コットンナイロンはポイっと洗えちゃいます。

洗えると、冬場の焼肉やお好み焼きやけむけむの居酒屋さんでも大丈夫でしょ?笑

そして化学繊維100%に比べて熱に強い、熱を受けて溶解しないので火のそばでも安心。今でもハードキャンパーがゴアを着ずにオイル引きのJKTを着るのはそこに理由があるわけです。
そしてもちろん防風性も高い、なので中にヌクヌクなのを着込んでおけばバッチリ。ミドルゲージのニットなんかとはバッチリ相性良しなのです、しっかりオシャレ出来て良いでしょ?






ボクももちろん愛用してます、このベージュはかれこれ5年以上の付き合い。おそらく1シーズンで6,7回は洗ってるので40洗くらいにはなってるはず。おかげで良い感じでパッカリング(ステッチ周りの凸凹の表情)が出てきてます、さらに愛着が湧くわけです。

飽きずに付き合えるというのはやはり理由がある、そんなJKTです。

去年の投稿を見返すと同じ時期にご紹介していて、もうかなり寒かったみたいです。今年は暖冬の長期予報が出てるとか、そうでないとか、、こういう中綿を入れないアウターはどちらにも対応してくれて良いですよね。

年間の半分強は活躍してくれるJKT、ぜひどうぞ。






ARAN TSURING JKT ¥34,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






すっかり秋の京都。
良い色になってまいりました、新緑の頃は秋より瑞々しい今の方が良いなあなんて思うのですが、やはりシーズンになると綺麗だなあと思います。

そんな色合いのパンツが入荷しました。
コレね、やっちゃいました、、、禁を犯してしまいました。。。






傳tutaee ハケツジオKD  ¥35,000tax
素材・シルエット・ディティール、全てにおいてUNITではなくボクの好みなのです。コレは分かっていただける方にぜひはいて頂きたいと思いついつい送ってもらってしまいました。ツタエは15jyugoのハウスブランドで、本来UNITでは取り扱っておりません。時折個人的に好みのモノを見つけるのですが、これまではグッと我慢でやってきておりました、しかし今回は辛抱できませんでした笑。価格もいつも意識しているラインよりもグッと上がりますので、それも禁を犯しております。
でもコレは、ほんとに素敵なパンツなのでどうしてもオススメしたかったのです。






ツタエさんのパンツは本当に愛着の湧くものが多く、このパンツは10年前UNITがスタートと同時に店頭に並べたモノ、一軍ではないですが今でも手放せません。コレは昨夜の自宅、この時期ほとんど毎日はいてますので、ひょっとしたら最もはいているパンツなのかも知れませんね。






という事でこのパンツ、ここまでの写真で違和感に気づいた方は炯眼です。






センターをずらせた前立て、ただ単にずれているという事ではなくそのまま持ち出している状態なので着物の合わせのような状態になってます。






後ろも同様。このディティールがふんわりとシルエットの全体に響き渡ってます。






カーゴポケットもボリューム感とスッキリが両立できています。






マチ付きで2枚合わせのフラップ、ここもしっかり作りこんでます。






そして何よりも素材です。






甘撚りの糸をグッとテンションをキツめに織り上げた平織り、撚りの凹凸で古布に散見される表情のようであり、少しリップストップのようなイメージも。そう考えるとカーゴパンツに使うというのはバッチリですよね。そして染めです、柿渋染を泥で後媒染したテマヒマを存分にかけたモノ。天然の定着剤としてはキハダやウコンが定番なのですが、泥染だと他にはない表情が生まれます、時間もかかる。そして製品になってからも表情の変化が楽しめます。凝るならば柿渋を買って追々染めてメンテするのも有りかもしれません、そんな奇特な方がいらっしゃいましたらご相談ください、知辺を当たってゴニョゴニョしてアレして調達します笑






裾のストラップは左右非対称で付いております、こういう一捻りも面白く服に付き合うツタエさんならでは。








良い表情でしょ?凝っているけれど、程よく奥ゆかしい変化。この雰囲気は絶妙です。

そして、コレをご紹介するにあたり、今のUNITのラインナップでどれが最も合うかな〜?と思ってチョイスしたのが、






ARAN WESTARAN ¥17,000+tax 襟を外したバンドカラーのウエスタンシャツ。あ、ウエスタンじゃなくてウエスタラン?ウエストアラン??笑、コレもある意味一捻りですね。







襟なしでグッと洒落感が増しつつ、ベーシックに着回せる落ち着きも備わってます。カーディガンやブルゾンからチラッと襟元が見えると良いワケです。ポケットもラングラータイプのあっさりしたフラップというのも好印象です。






裾は断ち切りのロック処理、伝統的なディティールでありアッサリした雰囲気も連れてきてくれます。






コーディロイというのも良い、秋冬に使いやすいのはもちろんですし、細畝なので春もバッチリ。






タックインしてこんな感じ。ブラウン系のモノトーンコーディネイトの基本形になりますね、上下ともに自然な雰囲気なのですが、どこかしら個性も見受けられる、ほんと良いバランス感覚です。






出して着るのもモチロン、少し長めな着丈が大人の矜持です。そしてパンツもシャツに覆われても腰回りの柔らかな雰囲気はしっかり醸し出されています。

ということで、このままトータルコーディネイトでご紹介です。






先日ご紹介しましたcomm.arch. Hand Framed Crew Neck Cardiganと、良いですよね。






そのまま上にARAN SWD PARKAを。ブラウンからベージュのグラデーション、落ち着きすぎずまとまりもあってUNITのオススメしたいシンプルで気の利いたコーディネイト。






SWD PARKAとの相性はとてもよろしいです。






短いブルゾンもモチロン、Re made in tokyo japan Thinsulate Stand Collar Coatと。ライダース的な雰囲気のブルゾンとカーゴパンツを合わせる場合、どうしても腰回りの表情がカーゴポケットのボリュームに負けてしまうような気分になりますが、このパンツは前立てのディティールが丁度良い塩梅で補ってくれます。
スタイリングをお見せする写真としては手のまわりにシワが出過ぎちゃいましたが、生地のストレッチ性が分かりやすいということでお許しください笑、しかしこのブルゾンは暖かい。。

という事で、UNITというよりもボクの個人的に思い入れの深いモノばかりのご紹介の回となりました。

傳tutaeeのカーゴパンツ、コレは!と思う方は迷わず入手してくださいませ。はく度に愛着が増すと思います。

そういえばこのパンツ傳tutaeeの”旅服”シリーズでした、確かにコレ着て旅に行きたくなるなあ。。。次の休みあたりはそんな気分でどこかに行って見ようか知らん。。

今日の投稿、重要です。






傳tutaee ハケツジオKD  ¥35,000tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)






ARAN WESTARAN ¥17,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日もみなさま有難うございました、なんだかゆったり良い1日でした。
そんな本日の締めくくりに、






お父さんのプレゼントを買いに、可愛いお客様がご来店笑






ボクにもプレゼントを準備していてくれまして、美味しいチョコレートと自分で集めたどんぐりと葉っぱ。お友達にはあげずカンちゃん(ボク)に拾ったそうです笑、ちょっと泣きそう。。。ん?、いや、これは末恐ろしいってやつなのか??笑
このSちゃんのお父さんは、ボクが20代の前半の頃勤めていたショップに遊びにきてくれていた高校生。ボクがぼんやり過ごしている間に可愛い2人の父になり、次はその愛娘がボクに一所懸命話してくれるのです。なんかその丁寧な話しぶりが彼の少年時代と重なって、なんだかジンワリしました。

プレゼントって嬉しいなあ、、というのを、さっきSちゃんのくれたどんぐりで改めて感じました。有難う、また遊んでね笑


そして、本日奇しくもプレゼントについてお知らせするつもりでした。なんだかそのリンクも嬉しかったりして、幸先がよろしいです笑

そろそろクリスマスの準備を考える頃ですよね、ということでウェブショップの方でもそういうご利用もあるかと思いましたので、






GIFTS
プレゼント向けの商品のコーナーを作ってみました。こちらの商品も今日から随時ボリュームアップしてゆこうと思います。






そしてラッピングも実店舗同様承ります、レギュラーのネイビーとクリスマスカラーも準備しております。ご入用の場合はコメントでお知らせくださいませ。


プレゼントって、やはり良いものですよね。

若い頃はクリスマスなんて・・ふんっ、という気分でしたが、悪くないなあと近頃は思います。 歳取ったのかな笑

それではウェブショップのUNIT・二条木屋町のUNIT共に、ますますのご利用お待ち申し上げております!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×