UNIT

こんばんは。






これはちょっと前にあげた写真ですが、買い出しの時はこんな感じで御池通をフワフワ走ってまして。今日の午前中も足らないものが出たのをボケーっと買いに行ったのですが、、上の自転車が入院中で今乗ってるのはカバン付いてないということをすっかり失念しておりまして、左手疲れました笑(手放し運転はダメですよ)






んで店に戻ると友人のお店でお願いしてたパーツが差し入れ、ではなく刺し入れられてました。これですっきり山ライド、ありがとう。
こうやって改めて見ると、自転車部品のパッケージって結構凝ったものだったりします。洋服って、生身で店頭に並べるのがデフォルトなのでパッケージってほとんどと言って良いほど存在しません。レコードやCDだったらビニール袋で売ってる状態かもですよね、この辺りの切り口って再発見かも。。。

近頃本格的にtobiraを店頭に並べ始めましたので自転車周辺をよく話すようになったのですが、雑談ネタが増えて助かります(笑)






そんな本日はこんな感じ、なんだか自転車も国防色だし、ミリタリーオタクが小マシになったみたいな、、、(笑) ピックアップは足元のZDA CLIMBERと頭のベレー。このスニーカーのはいた感じの安定感は本当に良い、変わらずオススメです。帽子は、明日くらいにしっかりご説明いたします。





そして来週開催のPt.Alfred&tobira custom order meeting、スーツのオーダーのご予約はもうちょっとだけ隙間ありますので、悩んでらっしゃるかたはお早めにです。tobiraのカラーオーダーフェアは週末の28日(日)まで開催ですので、こちらは無制限でお待ちしております。早速「こんなハンドルとかどう〜?」なんてお話もしてくれたり。楽しみです。


そして最近の投稿分も通販ページに反映しました。






Jackman GG Sweat Crewneck ¥ 14,000+tax







Jackman GG Sweat Highneck ¥ 15,000+tax






Jackman GG Sweat Midneck ¥ 14,000+tax






Jackman GG Sweat Offneck ¥ 15,000+tax






ARAN DENIM TROUSER-1 ¥ 22,000+tax


そして上の写真でも背負っている、






NUNC Holiday BackPack ¥ 17,000+tax
も補充完了です。

是非是非ご利用くださいませ!!


それではまた明日、よろしくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

久々に風邪を引きました。扁桃腺が弱いせいというのもあるのか、子供の頃からスポンと熱が上がり切るのでそこから結構長くて。木金はずっと38度あたりをキープしてました、高熱になる人にありがちなのかも知れませんが、熱でもそれなりに動けてしまうので休むという気にならない、といって1日終わって帰宅するとヘロヘロなのですが・・・あ。。だから長引くのか!?(笑)
未だ微熱を持ってはいるのですが、関節痛がなくなったので良しとします。この2日ご来店で”ボーッとしてたなアイツ”とお思いになった方がいらっしゃいましたらそういうことです、申し訳ございませんでした(笑) こういうのを実家の母などにいうと「自転車じゃ無くて電車乗って行きなさいよ!」と諭されたりするのですが、駅と家の往復で歩く方が苦痛、自転車だと半分の時間で出勤できますし。






ということで本日もコレ、久々乗ると新鮮で新たな発見もあったり。
というかね、ここからちょっと狭い話ですが、、、MTB乗りの方で10年前くらいにいち早く29erを乗ったけど、当時はほとんどクロカンバイクしか選択肢がなく、結局山遊びするにはオールマウンテンに乗り直した、、なんて方ちらほらいらっしゃるのではと。自宅に転がしてあるフレームがあるならば、700cの安価なディスクホイールを用意して36cあたりの安価なシティタイヤを履かせましょう、快適ですよ。クロスバイクよりキレがいいだろうし、スローピングだし自由度も高い、シティタイヤはエアボリュームキープしつつMTBのタイヤより格段に転がるし。使わなくなった42tあたりのチェーンリングもあるでしょう、型遅れになった68cmくらいのライザーバーも傘立てに刺さってるかも知れません(笑)、ワイドなハンドルに慣れてしまったMTB乗りが街で使うのに、今ちょうど良い感覚だと思います。

それがない方は、、




Pt.Alfred&tobira custom order meeting
tobiraのオーダーをご利用ください(笑)
スーツ着て乗るのにも、前傾し過ぎないので快適ですよ。


そして本日の商品、コレも温故知新的な気分でセレクトしました。






ARAN DENIM TROUSER-1
アランさんで以前より定番的にリリースしてらっしゃった商品ですが、UNITにはお初です。デニムって、ボクの中でハードルが高いのです。ハードルといっても、自分で設定してしまってるのですが。。
以前2社のデニムメーカーに勤務してたことがあるので、それなりに自分の納得ルールが出来上がってしまい中々手が出せない、特に5ポケット。逆に別格扱いしてしまってるのかも知れませんね、でも最も扱いたいアイテムだったりしますが(笑)
しかしながらそのハードルがカクンと下がるのがデニムを使ったトラウザータイプ。コレだと普通のパンツの気分でオーダー出来ちゃうのです。まあ、ボクの気分の話ですが、、、。






ということでこのデニムトラウザー、半年前に改めて見直すとなんだかちょうど良い塩梅だったのです、灯台下暗し。
腰回りがワークトラウザー的アプローチで、腿から下はいわゆる普通のジーパンと変わらないデザイン。シルエットも50’sくらいのちょっとゆるいストレートのすそ幅を若干広くしたような、むしろミリタリーパンツの形をベースにしているような感じです。






そしてちょうど良さを際立たせているのがおそらくこの生地、13.5ozのセルビッヂデニムです。こういうデザインは12ozくらいが主流なのですが、それより重いデニムを使うことでジーパンらしさを残しています。14oz手前というのが絶妙です。








フロントは5ポケとトラウザーの中間くらいのデザイン、バックはシンチベルトをつけ両玉縁のポケットに。なんというか、、、本当にちょうど良いのです。






ボタンフライです、個人的にはジッパーよりも修理しながらはきやすいので好き。ウォッチポケットのステッチも近茶の糸ですのでカン止めがピリッと差し色になってイイ。








パパッと4ポーズやってみました。
ジーパンだけど、どこかしら少し上品な感じでしょ?
ステンカラーに白いスニカーとかも良さそうだし、ミリタリー系のJKTとの相性も良さそう。






股上しっかり目です、落ち着いた雰囲気です。


うん、やはりデニムは落ち着く。当たり前だけど使い方次第でスパイスにもなり得るわけですし・困った時にも頼り甲斐がある。

ARANさん解釈のデニムパンツ、気になる方は是非。






ARAN DENIM TROUSER-1 ¥22,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






今日の最初の作業は到着したhttp://tobira.ebscycle.com/bicycle/model-t/の組み立て。この車体自身はプロトタイプ、サンプル車でご用意しておりますのでしっかりめの試乗可能です。これはLサイズなので大体170cm以上の方向けです、ぜひお試しください。






再来週開催のhttp://blog.unitkyoto.com/blog/pt-alfredtobira-custom-order-meeting/もご活用ください、カラーオーダー半額です!、一緒に悩みましょう(笑)






そしてボクの毎日の足であるE.B.S PIKE(廃盤)、こうやって見ると綺麗なのですが毎日の酷使でフレームの塗装がボロボロ…。それを見るたびにボスから「かんちゃん、再塗装早くしよ」と言われてたのですが、横着なボクなのでずっと放ったらかしで(笑)、、、先日ようやくお願いしました。その間の毎日の足にはこれ、






E.B.S TRIP29(これまた廃盤)、本来29インチのMTBなのですが700cで街乗り仕様に。余剰パーツでパパッと組んだのですがなかなか素敵、今回の主な加工はアルフィーネ(シマノの内装変速機)のシフターのインジケーターをヘシ折ること(笑)。レース機材じゃないので仕方ないのですが、、あの大きな目盛が手元にあるのがうっとおしくて。他のモデルならオプションでツルッとした蓋が売ってたりするのですが、これにはその選択肢が無くて、、、なのでボキ(笑)

しかしこのフレーム、改めて見直すとイイんですよね。このモデル誕生当時、1本目だからということもあってモリモリのフィレット加工で仕上げてくださって、おかげでパイプの接合部が全部ヌメヌメのツルツルに。毎日の足としても、こういうミリタリーカラーだと色んな洋服ともマッチするし、、我ながら良い色をチョイスしたもんだ(笑)

こんな素敵なフレームを作る熟練職人Sさんを筆頭とするE.B.Sの工房からtobiraは生み出されます、しつこいようですが、、オーダー会で一緒に色考えましょうね、良い色アドバイスしますよ。

そして本日の商品、前回に引き続きJackmanさんから。






GG Sweat Offneck
襟・袖・裾の開口部をカットオフにしたスウェットです、ラフなようでいてシルエットがスッキリなのでシックな感じに着られます。






小さなポケットが印象的、






オフタートル的な仕上げで襟元も素敵です。






断ち切りなので着用時に少しカールするのもイイ。






こんな感じです、カットオフの緩いイメージとスッキリしたシルエットでちょうど良いラフさです。デニムにスニーカーで勝負するのも悪くなさそうです。






次はGG Sweat Midneckです。






プレーンなスタイルなのにどこかヒネリのある雰囲気、そういうポイントがUNITの好みです。






モックタートルで上質な仕上げ、肩の処理がこうなっているということは、、






バックヨークをつけたデザインに、これまたひと手間プラスで好感触。






リブの統一感もイイですよね。






何気ないけどどこか違う、こういう洋服は息長く付き合えますね。
ちなみに珍しく顔も写してるのは頭のソレを少しアピール、楽しみなイベントが待ってます、近々おしらせしますね。

Jackmanの雰囲気、アメカジがベースにありつつどこかそれだけではない、シックな空気感も持ち合わせているような。。。

そういうポイントがUNITのセレクトにマッチするのかもしれません。

本当におすすめ、UNIT太鼓判の洋服です。






Jackman GG Sweat Offneck ¥15,000+tax






Jackman GG Sweat Midneck ¥14,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

毎回何故か連休明け1日目が忙しいUNITです、こんばんは(笑)

早速ですが本日はJackmanの2方をご紹介です。






GG Sweat Crewneck ¥14,000+tax
UNITではヘザーグレイとブラックをセレクトです。






ベーシックな前Vのスウェット…なのですが、実際のところは結構凝ったつくりだったりします。






福井県の田辺メリヤスのノウハウを生かした生地、杢の雰囲気とドライタッチでコシがありながら柔らかな肌触りが素晴らしい裏毛の天竺、素材の良さは触れば即指が理解することでしょう。






裏は起毛ではなくループの裏毛なので長いシーズンで着用可能。






リブも柔らかさを保ちつつ丈夫な雰囲気。






前Vはやはり男心をくすぐる何かがあります。








そして袖、前はセットインで後ろがフリーダムのラグラン。動きやすさとスッキリした印象を両立させるデザインワークです。






アメカジの王道ですが、なんだかそこに止まらないベーシック全般に通用する感じです。
なんだかんだで結局袖を通してしまう、、そんな存在になるかもしれませんね。






次は同じ生地のチャコールをセレクトしました、






GG Sweat Highneck ¥15,000+tax






ざっくり着るタートル、ローケージニットよりも手軽に着られて同じような雰囲気を楽しめてしまうような。






緩すぎず・キツすぎず、絶妙なリブの具合です。ボクもそうなのですが、首のチクチクに弱い方にはコットンのタートルは大きな見方。






サイドスリットの裾で洒落感が増してます。






雰囲気満点でしょ?
このままブルゾンを合わせる・コートを合わせる・ウールパンツで上品に・ワークパンツも上品に引き上げてくれそう、、羅列しているうちに益々魅力的に見えてきました、、、(笑)


そしてJackmanさん全体に言えることですが、この価格でこの作り込みは凄すぎです。
ボクもすっかり虜になってしまいました、なんと言いますか…大人の日常着として絶妙なポジションにいるブランドだと思います。

しっかりした裏打ちのある物作りに、ベーシック好きのボクらにフィットするデザイン。


とりあえず、着てください。

うん。






GG Sweat Crewneck ¥14,000+tax






GG Sweat Highneck ¥15,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨日お知らせしましたPt.Alfred&tobira custom order meeting、じわじわご予約で埋まってきております。皆さま有難うございます、お考えの方はお早めにご予約お願い申し上げます!!






そして本日は定番チノスーツをカジュアルなタイドアップで、最近茶靴をはく回数が減っててこんな感じはなんだか新鮮(笑)

そしてそして本日も新入荷の速報を。

まずはJackmanです。






Sweat Crewneck ¥14,000+tax
ベーシックな前Vのスウェット、この価格でこの作り込みは凄すぎです。素材感が良いので王道アメカジながらウールパンツなんかと合わせて上品にも着られます。






Sweat Trousers ¥15,000+tax
同様にベーシックなスウェットパンツ。シルエットが綺麗なのでこれは幅広く使えそうです、個人的にはJKTと合わせたりしたいなあと。






Sweat Midneck ¥14,000+tax
モックネックのスウェット。単純にカッコイイ、秋冬のコーディネイトのベースに使いやすいポジションだと思います。






Sweat Highneck ¥15,000+tax
同じ素材ですが、タートルで裾をスリットつきにすることでより洒落感が増しますね。中綿ベストとか合わせると良さそう。。






Knit Cap ¥4,000+tax
打ち込みのしっかりしたリブなのでニットキャップに使うのにもうってつけなのです、形もベーシックで、深く折って浅くかぶる・浅く折って深くかぶる、どちらもバッチリ。個人的にはマストです。






次はARAN WESTARAN ¥17,000+tax
軽いコーデュロイをノーカラーのウエスタンで。デザインとしても説得力もありますし、襟なしなのでストールも巻きやすい。カーディガンやアウターからチラリと襟元が見えると素敵そうです。






そしてストール、STELLA ROSA MAILA ¥6,800+tax
上質でスムースな肌触りのアクリルを使った大判ストール、これは色バリ揃えても良い価格でしょ?ボクももちろんそうします、ストール見ると冬が楽しみになります。






SUBU ¥3,400+tax
中綿入りで内がボアのウインターサンダル、フィット感もよくソールも安定してますのでしっかり使えますよ。早速2色買いの方も。


という感じで、どんどこ入荷しております。
さ〜楽しくなってきた!!(笑)

明日もお待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日暑かったですね。今日もちょっとバタバタしましたが、、ムシムシの湿度がすごい中ご来店くださいました皆さま、有難うございました!






夕方に来てくれたS氏のE.B.S FROAT451S、本日velo stand kyotoで納車、逆スローピング(トップチューブが前下がり)がカッコイイ。ボクもミニベロ欲しいなあ、というかフォールディング、出張の時楽だしなあ。。S氏はこの連休中にたくさん乗るのでしょうかね、残り2日、天気が保てば良いですね。

そして本日は昨夜ご報告しましたPt.Alfredのオーダー会の詳細をご案内です。






こんなタイトルにしてみました、同時にtobiraの受注会も開催しようと思います。
いやー、楽しみです!ちょっと前にも少し匂わせた記事を載せたりしておりましたが、日にちがはっきりしなかったので明記できませんでした、ようやく初回を迎えられます。
ではカスタムオーダーの流れをご説明します。

ご予約頂いた時間にUNITへご来店

生地を選択、ワクワクドキドキ。

サンプルになるスーツを着用していただき、それぞれ皆様の体型に合わせて細かいサイズを測定。

各パーツや付属を指定。例えば、、ラペルの幅・ゴージ位置・袖を本切羽・ボタンの種類・ポケットの位置・ポケットの形・ボタンの数・センターベントかサイドベンツか・裾はダブルかシングルか・ナローかピークドラペルか、、、その他諸々お好みを選んでください、これまた楽しい作業。

完成を楽しみに待つ(笑)

ザッとこんな感じです。
価格は最もベーシックなスタイルで¥72,000+tax〜¥112,000+taxで設定しております、それにアレンジは其々追加で料金を頂きます。ベストや組下のパンツを2本作る等もお受けいたします、3ピースも良さそうだなあ。

大凡1時間はかかる作業となりますので、アポイント制とさせて頂きます。つきましては、店頭若しくはこの記事の末尾に記載のお電話・メールにてお問い合わせくださいませ。
すでにご予約が入り始めておりますので、、、なるべくお早めにお願い申し上げます。時間が埋まり次第ご予約を打ち切ることもあります、改めてご了承くださいませ。

そしてもう一つ、






tobiraのカスタムオーダー、こちらは22日(火)〜28日(日)まで開催予定です。
各モデル詳細はこちらをご覧くださいませ。今回はカラーオーダーを通常¥15,000+taxのところを¥7,500+taxでお受けいたします。レザーサドルやその他のアップグレードももちろん承ります、






例えばこんな感じです。






以前よりご紹介しております限定生産のmodel-t26も在庫がある限り、カスタムカラーも承ります。

良いモノを自分に合わせて作る、その中でもUNITのマスターピースである2ブランドでの開催。
ぜひ多くの皆様にお運びいただければと思います。

楽しみです、ボクが一番楽しみかも(笑)
自分のスーツも新調しようかなあ。。。

ご予約お待ちしております、よろしくお願い申し上げます!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日今日と、なんだかバタバタしてブログを全く触れずにこの時間に、、、、申し訳ないです。。

そして明日改めて詳細のお知らせをいたしますが、取り急ぎ耳寄り情報を。






UNITの定番ブランド、Pt.Alfredの本江さんにお越しいただきまして、






スーツ・JKTのカスタムオーダー会を10/23水曜に行います(予備日で翌日の早い時間も考慮しております)。


ということで本当に取り急ぎではございますが、まずは速報を。

お師匠、写真勝手に使ってすみません。。。笑


では明日改めてご説明致します、よろしくお願い申し上げます!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

台風や雨なんかでサドルがカッスカスになってます、BROOKSのサドルってオイルか付属してたり別売りだったりでしっかりケアできるようになってるのですが、個人的にはそれはたまに使って、






普段はこのデリケートクリームというやつを使ってます、レザーシューズやバッグに使えるアリニン系の柔らかい保湿クリーム。これだとサラッと浸透するので日々のケアにもってこい、ズボンにつくかも…なんて心配もなく保湿出来ます。






乾けば何事もなかった様子。
光沢を出すというよりも状態をキープする役目です、何にでも使えて結構便利ですよ。靴屋さんや修理屋さん、ロ◯トや東急ハ◯ズでも売ってますので”お?”と思った方は。






ちなみにUNITに一通りのシューケア道具は置いてますので、”靴磨きどしよ、、、”なんてお思いの方にも少なからずアドバイスは出来ると思いますので、こちらもよろしければ。

そんなボクの毎日の足であるE.B.Sのコミューターバイク、今朝もいつも通りフル稼働。






先日の記事でも触れましたが、パニアバッグはほんと便利。紙袋中・小・小小のそれぞれ50袋と平袋の大を一気に楽々運べちゃいます、業販店が遠くなっちゃったのでコレが無ければかなり辛いところ、ありがとうパニアバッグ(笑)
この辺りのご相談も当店でご用意なり斡旋なりさせて頂きますので、ご興味ある方はどしどしお越しくださいませ。

ここまでで写真4枚使っちゃったのに、、今日は後30枚弱あります、めげずにおつきあいくださいませ(笑)






と言いますのが、秋の最盛期を迎え入荷がどしどし。ということで目新しいところをざっと一挙掲載です、週後半のご来店のご参考にお願い申し上げます!


ではまずはRe made in tokyo japanから。






Wool Flannel Cover All Jacket ¥23,000+tax
Wool Flannel Tuck Ankle PTS ¥16,800+tax
フランネルのセットアップでもバラバラでも使える、汎用性の高い2つ、冬のコーディネイトのベースにどうぞ。






Merino Wool Knit Short Zip Pull Over ¥11,800+tax
これまた使いやすそう、ハイゲージのシンプルなデザインですのでアウター・ベスト、パンツのボリューム問わずにマッチしそうです。






Wool Ring Small V Cardigan ¥13,800+tax
モヘア・ボア調のカーディガンです、ボリューム感の中に落ち着きのある色合い。個人的には太めのパンツで合わせたくなります。


次はJackmanから。






Jersey Jacket ¥20,000+tax
Jersey Trousers ¥16,000+tax
シンプルで落ち着いたデザインとキレイなシルエット、スニーカーでも革靴でも大人でラフなJKTスタイルが作れそうです。






Jersey Coat ¥24,000+tax
Jersey Vest ¥15,000+tax
上はウールジャージでしたが、こちらは化繊のジャージ。スッキリしたスポーツミックスなデザインと伸縮性のある素材で毎日着るのにノンストレス、単純に格好良いです。






Waffle Mid-neck ¥16,800+tax
肉厚のワッフルを使った、モックネックのラグランカットソー。いわゆるスウェット的な使い方になると思います、上品に着回せるデザインです。

次はManual Alphabetです。






BLOCK CHECK BD SHT ¥13,800+tax
チェックネルのBDシャツです、ヨーロピアンな雰囲気の上品なネルシャツですので色んな着回しができそうですよ。ジンワリと個人的に推しです。






O/D DRILL SHIT COAT ¥19,800+tax
ドリルを後染めにしたコート、シャツコートというネーミングですがしっかりなのでコートですね。襟のコーデュロイがアクセントです、ザクっと羽織って様になる感じ。






V-LAP REVERSIBLE QUILTED VEST ¥28,500+tax
リバーシブルで表情を変えられる中綿のベスト、程よいボリューム感ですのでアウターにもインナー使いにも。厚手のニットやスウェットと・軽いコートと、そんな感じで合わせられそうですよ。


後は5アイテム各種。






ARAN DENIM TROUSER-1 ¥22,000+tax
コレ、個人的にこっそり狙ってます(笑)。デニムのガッチリ感にトラウザーの匂いを漂わせた感じ、スニーカーとカーディガンで1ランク上のデニムスタイルに仕上がりそうです。






LOCHCARRON STOLE ¥12,000+tax
スコットランドのストールブランド、巻きモノ大好きUNITですから良いモノわかってます。品の良いチェックですので何でもないコーディネイトにひとさしすれば雰囲気出ます、ストールは素晴らしい。






MARINEDAY GLOW ¥14,000+tax
マリーンデイ定番の麻帆布でシンプルなショルダーを、実物見るとしっくりくる感じです。スタイル・サイズ、多角的にバランスのとれたバッグですよ。






FREDRIK PACKERS 420D UTILITY SUCK sizeM ¥4,600+tax
手回りのモノをまとめて持ちやすいサイズ感です、アウターの外にも内にもかけられるミニマルなデザインです。






NUNC Holiday Backpack ¥17,000+tax
昨日の投稿でもチラッと触れましたが、補充できております。ボクも使ってるのですが、、1日の行動にバッチリなデザインとサイズです、ぜひ店頭で確かめてください。


という感じです、良いモノがいっぱい。

ボクも楽しくなってきました(笑)、明後日もお待ちしております!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨夜はみなさま無事やり過ごせましたでしょうか?今回の台風は前回ほどではなかった様子で、それぞれ対策もとっていたでしょうしボクの周りでも被害の話は耳にしません、良かった。
UNITも開店休業状態でしたが、果敢にご来店くださった方も。有難うございました!






鴨川の水位もそれ程ですし、遊歩道もすぐに乾いてました。
しかし毎度ですが台風一過の空は青い。空が青いのはレイリー散乱という現象のせい、この”レイリー散乱”という言葉の響きが昔からなんだか
お気に入り(笑)。基本的に文系脳なのですが、オーディオ関連の数字と自然現象とは子供の頃から好きで、環水平アークとか低周波ハミングとかブロッケン現象とか・・・、感じと英語が混ざると賢そうに感じたのかも(笑)。そういえばオアシスの最も売れたアルバムタイトルのモーニンググローリーも気象現象、見られることはまあなさそうですが。
そんな中でもレイリー散乱が一番好きで、名前の音のリズムとか・太陽光が細かく散っているとか・他の色ではなく青に見えるのとか、、なんだかロマンチックなモノを感じ流のかもしれません。結局文系脳な発想(笑)

そんなことより本日の商品、NUNCの今季リリースの品番です。






NUNC Useful Tote Bag
ネーミング通りとても使い勝手の良いトートバッグ、折り紙ギミックも健在で都会的な雰囲気ももちろんの良い香り。






ジッパー付きですがボタンもついてますので、閉めても開けたままでもお好みで。






持ち上げればちょっと容量増やせます。






荷物が増えれば膨らみ抜けば自然に戻る折り紙型、スマートなトートにもフィットするギミックです。






外の大きなジッパー付きポケット、ベルクロの簡易ロックはココです。






深さはだいたいA6がスッポリ収まるくらい、大口径のポケットです。






メインボックスを開けるとオーガナイザーが見えます。






裏側、そうですね例のシークレットスペースはココからアクセス、






ぱかっと開きます。メインボックスからアクセスしても使えるように上側にジッパーを配置。






13インチPCがちょどよいスリーブ、全開にしなくてもここからサッとアクセス出来ます。






内側のポケットはポケットとしての機能と共に、






キャリーバッグに固定出来るようになってます、キャリーバック持ってなくて手、、すみません(笑)






通した後にボタンを閉じると安定感もキープしてくれます、相変わらず細部まで考えてます。






ハンドルもしっかりまとめられます。








パッド入り・内側がメッシュのショルダーストラップ、ワンアクションで長さ調節できます。






これくらいのサイズ感、アウターを着ても肩から掛けられるくらいのハンドル。






グッと引っ張って短めにしてショルダーストラップを使うとこんな感じ。






伸ばして斜め掛けに、動き方・容量によって使い分けられます。

今日改めてイジると、、、ちょっと欲しくなってきました(笑)ボクはHoliday Backpackを使ってて、かなりお気に入りなのですが、、、こっちも良かったなあと思ってしまったり。

ヌンクのバッグはそれぞれのスタイル・シチュエーションに綺麗に馴染んでくれますので、結構悩ましかったり。。それだけ魅力的であるということでもあります。UNITではなるだけ多くの品番をキープするつもりですので、NUNCのご相談はお任せくださいませ!

バッグはUNITの得意分野ですからね。

ってことは、、皆さんのそれぞれ立場をちゃんと体感するのにはキャリーバッグも使わなければいけませんよね、、、。

そんなこと言ってたらヌンクからキャリーバッグがリリースされたりして(笑)







NUNC Useful Tote Bag ¥18,500+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×