UNIT

こんばんは。

昨日ご紹介しましたcomm.arch.のニット、






週末見に行こうかな〜なんてお声も聞こえてきたり、ありがとうございます。






今日はHAND FRAMED SADLLE B.B.でこんな感じ、モノトーンです。ベージュはモノトーンで着たくなりますが、ニットの場合ちょっと難しいなあ〜なんて思ってました。というのが、全体の色のトーンって髪の毛の色も関わってくる問題だったり。例えばブロンドの男性ならば似合うだろうし・ロマンスグレーの紳士がベージュのカーディガンを着るもの素敵。でも真っ黒の髪の毛だと頭がちょっと重くなるかも・・・と思っていましたが、今日はあまり気になりませんでした、年齢が追いついてきたのでしょうか。






そして差し色の赤とベージュによく合うオリーブで、これ見よがしではないけれどしっかり洒落感も出せるコーディネイト。

洋服着るのが楽しい時期になって来ましたね。

そんな着こなしの重要パーツとして存在するのが帽子、防寒的にも大切ですしね。

という事でいよいよ明後日の定休日明けから4日間、






evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~のスタートです。






あ、今日着てきたのにバッチリ合う!と思ってパシャリ(笑)
このUNITリクエストで作ってもらったベレーを合わせて、今回は実に11型からお選び頂けます。好みの生地と組み合わせてお楽しみくださいませ!
“この生地で作って〜”なんて持ち込みも可能かも、、、??(勝手に言ってますが笑)

帽子と洋服のコーディネイトも楽しんでください。

11月をスタートさせるイベント、是非お越しくださいませ。

よろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨夜は久々にゆっくり自宅の掃除をしました、いつも朝する事が多く、そのままバタバタっと出勤してしまうので綺麗になった部屋を噛み締められないのですが、今日は起床直後にそれを味わえてちょっと得した気分(笑) そろそろニット類の準備も本格的にしとかなければね〜と、自分のタンスを見ながら思ったところで、本日はニットの新しい取扱ブランドを初披露。






comm.arch
1. Communication Architecture の略語
2. 日本の美しい女性、小町(KOMACHI)に基づく
3. Joe Mc のディレクションによるメンズニットウェアブランド。

comm. arch. (コム・アーチ)は2014AWからJoe Mc のディレクションによりスタートしたメンズニットウェアブランド。日本国内紡績の糸を厳選し、現存する貴重なニットデザイナーや職人の連携(communication)によりニットウェア(architecture)が製作されている。とにかく、素材、作り、プロセスにこだわり、全てが”Fully Fashioned”(成型編み)された、心地よく長く着られるニットウェアを作っている。comm.arch. のニットウェアコレクションは、いわば日本の”BORN KNITTERS”の集大成ともいえる。


堅実なモノづくりと今の空気感をしっかり融合させたブランドなので、お話を頂いた時はUNITとしましてはとても嬉しく、すぐにスタート!、、と行かないところがボクの悪いところなのかどうなのか・・・(笑)、1年経ってからようやく。昔は”ニットはインポート!”なんて暗黙のルール的、盲目的に思ってたところが我々にはあったのですが、やはり国内のニッターさんはいい仕事をしてます。






という事でUNITにも今季から並んでおります。その中から今回は






comm.arch. HAND FRAMED SADDLE B.B をご紹介です。






いわゆるシェットランドニットと呼ばれる雰囲気のシンプルなニット、馴染み深いルックスなので安心感がありますよね。しかし何処かしら新鮮なニュアンスを感じとれる、、コムアーチさんの絶妙なさじ加減。






緩すぎない適度な開きのクルーネックに自然なカーブを描くラグラン。






丁寧なリブ編みは程よい締まり具合、本当絶妙にちょうど良い。






シンプルなものは素材感がわかりやすく目立つわけですが、もちろんそこもバッチリ、というかそこが肝。
南オーストラリアのビクトリア州ジロン地方で採れるジロンラム100%をカシミヤ紡績専用の紡績機を使用し、19.5マイクロンと いう通常の羊毛よりも細い繊維のみを集めて紡績する事で、より繊細な肌触りを実現。
それでいてジロンラムの特徴であるバルキー感・ソフト感をバランス良く表現している糸になります。 東北地方でハンドフレーム(手横編み機)のみでニットウェアを製作している職人の手で作られた貴重なニットなのです。
表情がキレイなのは当たり前ですよね。






まさに上質なニット。素材感・シルエット・ディティールが高い次元でまとめられてます。見たまんま、説明不要でしょ?

ボクも早く着たくてうずうずしてます、というかもう着ればいいですよね(笑)



本当に素敵なブランドがUNITに仲間入りしてくれました。

着てくださいね、手放せなくなりますよ。






comm.arch. HAND FRAMED SADDLE B.B ¥19,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






朝お店に着いてみると、銀杏の木からミノムシがぶらぶらしてました。我々からみると如何にも呑気な風情に見えますよね。






そうこうしてお店をオープンすると、通りすがりのご夫婦がそれを見つけパシャり。で終わると思ったら…構図なのか光の具合が思い通りに行かないのか、かれこれ10分くらいこの様子。
よく考えると、彼らミノムシは必死であの状態を保って生きてるわけです、人間様の方がよっぽど呑気だわ(笑)

そんな季節になってきましたので、そろそろここから半年近くは使うであろう、ストールの準備をしてくださいませ。






イタリアのSTELLA ROSAの大判ストールです。






素材は100%アクリルです。アクリルと聞くと”チクチクする””ウールほど暖かくない”なんて印象の方も多いかと思われますが、ヨーロッパのアクリルは水を使った紡績なので日本でメジャーなお湯の紡績のようにケバ立たないのでとても柔らか。また編み立てによる空気を溜める力の問題ですので、保温性もしっかり。
何より自宅での洗濯に気を使わなくてイイ、結構大切なポイントでしょ?、襟元に使うので直接肌に触れることの多いモノですから。






どれくらい大判かと言いますと、180cm×70cm。たっぷりですので使い方も色々、ショールとしても、出先でひざ掛けとしても。赤ちゃん寒そうだったらぐるぐる巻きにしちゃいましょう(笑)






そして編みの表裏で配色になってます、ちょっと強引ですが..ひっくり返して使うのも悪くないかも知れません。

そして本日の紹介しているタイプは、例年定番的に置いているモノよりも倍くらい厚手。






こちらが例年の普通の厚さタイプ(広げたサイズは同じです)








撮ったはいいが、、わかりづらいですよね。。。とにかく倍くらいです(笑)、同じベージュなのですが、薄いのは縦横両方の糸が同じように編まれてますので濃く仕上がり、厚いのは表裏になってるので倍くらい。






5色ご用意しました。






広げて使うとこれくらい、女性のモデルの方が良いと思うのですが、、、我慢してください(笑)






ふわっと巻いて。






定番の感じで。






アウターの中で提げるとこれくらいの長さです。ボクはよくこれで首から上半身の前をカバーしてアウターを気ます。とても暖かい。電車移動の日などは、首をストールで調整して、綿入りベストで腕を出しておけば暑くてしんどくなることもない。






そしてボク、着用例の写真だってそうなのですが、、冬のコーディネイトはストールで誤魔化してる事が多いです(笑)本当にね、普通のベーシックな格好でもストールを追加するだけでグッと洒落感が増します。そうなると数多く欲しくなると思うのですが、これはコストパフォーマンスも高く、大人買い出来る値段設定。

買いやすく・扱いも気を使わず・多目的。

良いでしょ??

是非どうぞ。






STELLA ROSA stole ¥6,800+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はボクにとってちょっと一息つくような感じの1日でした。

来シーズンのオーダーやら一昨日のオーダー会、トビラの本格導入等で、ちょっとだけ気持ちが慌ただしい感じで。そういうちょうど良いタイミングで昨夜はゆったりとしたお呼ばれに預かりました。






鹿ヶ谷の安楽寺さん、哲学の道の東側、法然院さんの近くの古刹です。
先日の投稿でお知らせしましたLea Thomasのライブにお邪魔してきました。流石に東山の高いところはこの時期になるととても寒い、その分空気が澄んで闇の美しさに輪郭を描くような。灯りのない山門を潜り、うっすら見える石畳を探り足で進み庫裏の方へ。






フルムーンの下でのライブですので、そのままのタイトル。






本当に心地の良い声をもつレアちゃん、しっとり染み入る歌声で山寺の空気感にス〜っとフィットするライブでした。新曲は音数を絞り込み、よりレアちゃんの本質に近づいた、寄り添ってくれるような曲に仕上がってました。 パートナーのジョンは映画音楽も手がけるドラマーで、すごいマニア。色んなサンプリングを取り込み、これまたシチュエーションにピタリの音を奏でていました。

癒されました。






何よりレアちゃんの笑顔と会話に癒された、というのが本当かもしれませんが(笑)。






そして新作EP”Part Of This Place“のUNIT販売分も預かってきました、リンクから少し試聴可能なので耳を傾けて見てください。ボクも一昨日からず〜っと聴いてます、寝入り端も聴きつつです、どハマり。

秋の夜長、素敵な歌声をどうぞ。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

Pt.Alfred&tobira custom order meeting、ご来店くださいました皆様、有難うございました!!






もちろんボクもPt.Alfredのチノクロススーツです。






生地・裏地・ボタンのセレクト、悩ましいけど楽しい作業です。奥様のT子さんが丁寧に採寸、綺麗なラインを表現するのに大切で細やかな作業が。






お師匠が全体のバランスを見ながらアドバイス、安心感たっぷりの風景です。

ボクも作ろうかな〜、途中考えながら仕事しようかな〜、何て考えてたのですが、、、まあそんな余裕もなくすっかり忘れてました(笑)
でもみなさん楽しみにしていただけてる様子で、ホッと一安心。プレーンなスーツからダブルのカッコイイの、3ピースもベストをダブルにしたり、色々お好みの形や着方をお選びいただけました。UNITはとても嬉しいです。
今回見送った方、次回は是非!本当に丁寧に作っていただけますので大切な1着が仕上がると思います。愛着わきますよ。
そして本江さんご夫妻、1日中フル回転で作業していただき有難うございました!!また甘えますのでよろしくお願いします!!(笑)

そして




tobiraのカラーオーダーフェアは日曜までお受けできます、こちらも是非。






店頭に並んでおりますサンプルの車体は定番のブラックと先日チラッと言いましたカッコイイ色。






ホリゾンタルフレームのmodel-T、正統派でかっこいいですよね。






安定の発色、やはりシンプルな黒はイイ。






グロスブラックとレザーサドルって、なぜこんなにも相性が良いのでしょう。






そしてスタッガードフレーム(トップチューブが下がってるタイプ)のmodel-O、大量生産では出せない上質さというか色気というか、、女性に優しいフレームですが男性だってカッコよく乗れちゃうと思います。






セイジグリーンとグレーの中間といいう感じ、カッコイイです。道具然とした雰囲気と大人っぽさもある良い色です。






明るめの茶色と相性バッチリです、スキンサイドのタイヤもビシッと決まります。

ボクのも本当にこの色にしようかなあ。。。この配色、パーツがシルバーだから決まるんですよね。ボクのは全て黒なのでちょっと地味すぎる感じになりそうだし、、でも何年後かにヤレてきた頃の色のトーンがカッコ良さそうだし、、、う〜ん。。。

なんて悩みながら色を考えるのが楽しいわけです、スーツの生地選びに近いものがあるかも。






一緒に悩みますよ、カラーチャートもご用意しております。
今回ご注文しない方でも、ぜひご相談くださいね。この2台はバリッと試乗可能なので、ぜひ鴨川や平安神宮を眺めにお散歩して見てくださいませ。






本日はご注文頂いた廉価版のmodel-O’が到着、アパレル業界歴25年の熟練した洋服屋が組み立てます(笑) なんて冗談言ってますが、しっかり組み付けしますのでご安心を。






八分組で届きますのでパパッと30分ほどで出来上がり、廉価版とはいえ美しい後ろ姿。毎日の足として大活躍してくれるでしょう、大切にしてもらうんですよ。






ということで、tobiraのラインナップは自信を持って皆様にお勧めできるものばかり。
是非是非試乗やご相談にお越しくださいませ、お待ち申し上げております!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

11/1((木))~4(金)に開催の、






evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
少しずつご質問も増え、ワクワクしております。






今朝打ち合わせで堀川五条のvelo stand kyotoに行っておりましたので、






ちょっとE.B.Sのボスに被せて見ました、良い感じ。ベレーは面長・丸顔・老若男女問わず被りやすいデザイン。

もう一度おさらいです。








今回用にデザインを卸してもらったのがこのベレー、フェルトの形成で作る1枚モノのベレーとは違い、8枚ハギなのでステッチワークが利いて道具感もあったり、カバンにポンと突っ込んでも型崩れしづらかったり。






後ろのストラップを使って、カバンやベルトループにぶら下げることも。
ボクもこのところずっと被ってるのですが、自転車でビュンと走っても飛ばされないし・トラッド〜スポーツまでハマりますし、やはりチョイスが間違ってなかったと再確認出来ております。皆様も是非お試しください。

そしてもちろん他のスタイルもご用意しております。










ハット・ワークキャップ・ベレー・キャスケット等々…頭のサイズはもちろん、ブリム(ツバ)の幅や結構細かい仕様まで聞いてくれますよ。生地もお好みのをお選び頂けるかと思います。

いやはや楽しみ。ボク、自分の分をもう作ってもらってしまってるのですが、、追加しちゃおうかなあ。。。笑






1つ1つ、自分の為に作って貰えるのって嬉しいですよね、エボシさんよろしくお願いします!!






女性サイズのサンプルを被ってくれたTちゃんも、コレ被れと言ってます(笑)

よろしくお願い申し上げます!

そして明日はPt.Alfredのオーダースーツの日。








準備完了。
“今回オーダーを見送ったけど、実は気になってたりして…”なんて思ってる方はぜひ雰囲気を見にお越しください。オーダー以外にもPt.Alfredのオリジナルシャツやタイや小物もお持ち頂いてます、普通にお買い上げいただけますので是非お越しくださいませ!!






そしてtobiraのオーダーも週末までお受けしております。
今朝スタンドに行った時に、「かんちゃんこの色良くない?」とボスに見せてもらった色がかなり良かったです、ボクの入院中のもあの色にしてもらおうかな、、、悩む・・・写真撮ってきたら良かった。。。

それでは諸々よろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日も沢山のご来店ありがとうございました!!
では、タイトル通りなので早速いきます(笑)

告知方面をまとめて4つ。




Under the Autumn moon 満月ライブ
8月末の投稿で触れましたLea Thomasのライブが来週25日(木)に安楽寺さんで開催です。良いライブになりそう、もうワクワクです、秋の空気にぴったりの音だと思います。。ボクにおっしゃってくださっても予約しますのでご興味ある方は是非!、UNITでもアルバムをお取り扱い中ですのでコチラも合わせて是非。




コチラは詳細をお伝えするのにあと数日必要なのですが、来月前半の週末で東田トモヒロのライブを京都で企画中です。新曲も楽しみです、追ってお知らせいたします。




Pt.Alfred&tobira custom order meeting
いよいよ明々後日からのスタートになります。スーツのカスタムオーダーのご予約は一応締め切りとさせていただきます、ということでバナー画像を切り替え。”滑り込みで..お願い!”という方はご連絡くださいませ。トビラは週末まで開催いたしますので是非ゆっくり色で悩みましょう。




evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
そしてその翌週がエボシさんのオーダー会、どんなの〜?とご興味持ってくださってる方の声も沢山聞くようになってきました、追加のお知らせを明日改めてしますね。

そして、入荷・補充のお知らせです。






Manual Alphabet DRILL SHT COAT ¥19,800+tax






weac. SHAWL COLOR BLOUSON ¥24,800+tax






weac. ROLA ¥18,800+tax






BETTER BOA FLEECE COAT ¥25,800+tax






BETTER MID WEIGHT CREW L/S T-SHIRT ¥5,500+tax






BETTER CREW NECK L/S T-SHIRT ¥5,500+tax

ブログで改めてコーディネイトのご紹介もしますね、通販ページも是非ご利用くださいませ。


なんだかバタバタで申し訳ございません、、、そろそろどーでもイイ話だけのブログとかも書きたいなあ(笑)

それでは明日もよろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

秋晴れってやつですね、ようやく晴天が続くようになりました。






今朝は山に言ってたのですが、なんだかんだで家に帰る時間がなくてそのまま出勤。UNITにMTBでくるのは久々、tobiraと並べるとシティサイクルとMTBってこんなに違うのねと改めて思います、同じクロモリ製なのに(笑)

思いついでにtobiraで少し散歩してみました。






古い小学校の塀、伝統の技術を現代に落とし込んだtobiraとの相性は抜群。






ご近所で知人のお土産をちょっと、こんな大きなたぬきって近頃みないですよね。






いつもお世話になってる居酒屋さんの朝、こういう背景だと実用車に見えてしまう(笑)






ホテルオークラ前、JKT着てランチに来ました、なんて気分。






お寺にも馴染みます。






生活の1ページにこんな自転車ってバッチリですよね。






今朝MTBで山を1本下った直後にtobiraに乗り変えるとどんな感覚かなあと思ってフラッとしてみたのですが、街を動くのに気分の良い取り回しの良さだなあと再確認しました。ホイールベースの長さ・丁寧に作られた剛性感とクロモリのしなやかさで、出足からスピードに乗ってもグンとまっすぐ進むのがよくわかります。ルックスが洒落た自転車は沢山ありますが、走行性の安定感も両立している物は中々ありません。パニアバッグもつけてみたいなあ〜。





Pt.Alfred&tobira custom order meeting
次のオーダー会、是非ご利用くださいね!





evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
その翌週はevo-seeさんの帽子のオーダー会、自転車に乗るのにもオシャレするにもちょうど良いモデルも沢山あります。もちろん今回用に作ってもらったベレーはバッチリです。


UNITの思う日常生活を彩るアイテム、皆さまにお喜びいただけると嬉しいです。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

やっと風邪も終わりが見えてきまして、そろそろ禊が済む気分。それと共に1ヶ月以上飼っていた鼻の下の吹き出物も、何回かのビッグバンを過ぎ、最近ようやく無くなる方向へ。

なんだか体の中に溜まってるのでしょうかね(笑)
季節の変わり目にスッキリしてちょうど良かったかもしれません。

そしてグッと寒くなってきましたここ数日。

それに合わせてRe made in tokyo japanから入荷がいっぱいですので、通販ページに先にアップしました。






Soft Thermo Warm Pull Over ¥8,500+tax






Wool Ring Small V Cardigan ¥13,800+tax






Low Gauge Wool Airy Knit ¥13,800+tax






Merino Wool Knit Short Zip Pull Over ¥11,800+tax






Long Pile Boa High Neck ¥11,000+tax

相変わらずReさんのアイテムは絶妙です、順次ブログでもご紹介しますが、、、Reさんの商品は気づくとスルッと無くなってたりしますので、お早めにどうぞ。


よろしくお願い申し上げます!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はお知らせを。

来週は毎日申し上げておりますように、



Pt.Alfred&tobira custom order meetingです、よろしくお願い申し上げます。

そしてその翌週末にさしかかります11/1(木)を皮切りに11/4(日)までの4日間、






evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
と題しまして、五条あじき路地のエボシさんにお越しいただき、帽子のオーダー会を開催いたします。ご記憶の方もいらっしゃるかと思います、昨年の11月にも1度開催いたしました(昨年の様子はコチラ)。

店頭でよく耳にするのが、「頭デカくて合うのがない」「頭小さいからどこの被っても大きい」という老若男女の声。そんな場合は大体ニットキャップになってしまうワケです。そういう方には必ずお喜びいただけると思いますし、もちろん平均頭蓋骨の方の、「こんな素材があればな〜」とか「他の人とカブらないのが欲しい」あ、ダジャレじゃないですよ(笑)、、なんてご希望にも寄り添えるのではないかと。と言いますか、、何より自分サイズでパシッとかぶることが出来るのはとても嬉しいです。

そして今回、エボシさんでお持ちのデザインを色々と持ってきていただくのですが、それとは別にUNITが欲しいスペシャルバージョンを作ってもらいました。毎日読んでくださってる方はもうお分かりかもしれませんが、最近の投稿でボクが被ってるベレーです。






これです、気に入りすぎて毎日被ってます(笑)






ウールのヘリンボーンとワックスコットンでサンプルを作ってみました、この2種類はオススメに違いありませんがもちろん他の素材もご用意しております。






ステッチを利かせてちょっとワーク・ミリタリーのニュアンスも感じられる雰囲気に。8枚ハギでバランスの良いデザインに仕上がってます、上品さもあるでしょ。ラフなスタイルでもJKT着てもバッチリ、色んなスタイリングにボーダレスでコーディネイト出来る最右翼かもしれません。






レディースサイズのサンプルもご用意しました。男性がかぶると無骨さが少し見え隠れしますが、女の子がかぶると不思議と可愛さが出るような。うん、良いデザインとはそういうことになります(笑)

そしてエボシさんのアイコン的な存在である






後ろのストラップも健在、かぶらない時にバッグのどこかやベルトループなんかに引っ掛けられます。デザイン的にも良い味付けですよね。






そして、ボクがベレーを作りたかった裏の理由が1つありまして、自転車乗るとき飛んでいかないでしょ。「サイクルキャップがあるじゃないのよ」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、、アレを洒落たかぶり方するのって中々の難儀な技、上手くかぶれたとしても自然なスタイリングとは言いづらい。日常の洒落感の中で自然なのがニットキャップとベレーだと思うのです。カバンにポイっと突っ込んでも型崩れしにくいのもこういうハギをとったデザインのベレーだとも言えます、丸めてポケットに入れるのだって可能。
サイクルキャップ派の方も、ウールジャージにベレーなんていうのもカッコいいと思いますよ(笑)ツイードランでもベレー着用の方は結構いらっしゃるのでは。

ということでUNITが提案するライフスタイルにしっくりくるのがベレーなのです。






このサンプルはすでに店頭にありますので、ぜひご覧ください!



ということでエボシさんのオーダー会、もちろん他の型もございますので色々と悩んでください。どうしようかなあ〜なんて考えるのも楽しい作業、女性の皆様もお待ちしておりますね。

ぴったりフィットする帽子をぜひ、お待ちしております。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×