UNIT

こんばんは。






昨夜は仕事の後大急ぎでMeets Regionalさん主催の酒祭に。






いつもお世話になってる竹村編集長と松尾副編集長も大忙し。
ライブやお笑いさんのトークイベントと共に美味しいお酒と食事、皆さん楽しそうでした。ボクも久々に会える皆さんやよく会う仲間と共にワイワイ出来て嬉しかったです、って呑気にしてたので会場の盛り上がってる写真を撮るの忘れてました(笑)関係者各位、有難うございました。地元にビッタリ密着したリージョナル誌だからこそのイベントだな〜と実感しました、写真の2人とは日頃適当な話しかしないのですが、彼等の仕事の奥行きが見えたような。いや、、褒めすぎだな(笑)

来月の裏なんば特集も面白いです、是非是非お近くの書店コンビニでお買い上げくださいませ!


そして本日はTinkersさんのJKTをご紹介。






Tinkers cotton duck hunting work jkt






フレンチスタイルのワークジャケットにハンティングJKTのエスプリを足したような、なんと言いますか痒いところに手が届いたようなデザイン。






伝統的なオレンジダック、しっかり洗いがかかってて見た目よりも柔らかな質感。






裏地のグリーンとのコントラストも素敵です、この配色は上品ですよね。






襟もアメリカンワークではなくヨーロッパスタイル、






ハンドウォーマー付き、ルックスも好印象になりますし使い勝手も良いですよね。







個人的には袖口が好み、内巻きのアジャスターがカッコイイ、こういう意匠を丁寧にするのは大切だなあと思います。







ゆったりシルエットのPt.Alfredのグルカパンツジャーマントレーナーで、ラフだけど落ち着きのある感じ。余裕のある雰囲気でイイです。






なんといいますか、ハンティングJKTを”ぽく”着た感じに。スウェットパンツをブーツインにしてストールで差し色を、わかりやすく特徴を引き出しましょう。






そして個人的にリアルな気分がこのコーディネイト。杢グレーのインナーにデニムトラウザー、一見ワークテイストなモノの取り合わせですが、インナーもデニムも上品なシルエットなのでちょっとアップグレードしたカジュアル感。このボトムはARANさんのですが、、個人的に大好きなパターン、近々ご紹介です。


力の抜けた大人スタイルをお求めの方、是非どうぞ。間違いなくオススメです。
根本的にはワークの王道なので汚れてもカッコつくものですし、でもデザインが程よく上品なのでシックにまとまります。

これ欲しいのですよね、、、白いパンツにも良さそうだし軍パンでコッテリいくのも良さそうだし。

一度試着してみてください、納得ですよ。






Tinkers cotton duck hunting work jkt ¥21,800+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ちょっと余裕のある朝にいつものルートと違う道を選んで、なんてのも自転車通勤の楽しさ。






なんてやってると、結構行き止まりに当たったりします(笑)






久々に気持ちの良い光がさした、気持ちいイイね。
なんて思ってると、すぐ雨が降り(笑)

中々上手く行きませんが、三度目の正直で良いことを。






9cocono(ココノ)のファブリックスプレーとハンドクリームが揃ってます。

「樹露 juro」
霧の立ちこめる深い深い苔むした鬱蒼と生い茂る樹々の中で感じられる心象から、香りのイメージへと膨らませています。
「圓重 mare」
東洋と西洋が交差し、渾然一体となった港の喧騒。
そして、重なり合う濃厚な果実やハーブの甘さ。そんなイメージを組み立てた香りです。
「橘 tachibana」
青い空に碧い海、白い建物に碧い屋根のコントラストが美しい地中海の島。
燦々と照りつける太陽、そしてくっきりと現れる黒い影。
白いドレスやスーツなどすっきりとした装いが似合う静かではありますが、扇情的な香りです。

ボク自身も常に携帯しておりまして、心地よい香りで気分転換にも。
リリースから約1年半、じわじわと人気が出て、、というよりも安定してリピートしていただいてる方が増えております。
天然成分100%ですので素直な香りと品質で安心、クリームはよく伸びて使い心地も良いと女性の友人が言ってました。

ご自宅用にも、ちょっとしたプレゼントにも良いと思います。

“香りを羽織る”

服を作る人が考える香り”9cocono”、是非どうぞ。






9cocono fabric spray ¥3,200+tax
9cocono body&hand cream ¥2,500+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日までのMARINEDAY TRUNK SHOW、ご覧くださって有難うございました!カバンが沢山旅立って行きました、嬉しい限り。

その連れて帰ってくれたうちの1人、友人で映像のプロのM氏と、ボクが出勤前ロケハン的に久しぶり立ち寄った御所で何気なく撮った写真を見ながら、






「素人が撮ったら、デジイチよりも最近のiPhoneの方が綺麗じゃない?」なんて話をしておりました。プロ目線からしてもやはりそのようですね、そういう話をネットやそこらで散見するので、そうなの?って思っておりまして。前にもちらっと言いましたが7月までiPhone6だったのでそれよりデジイチの方が良かったのですが、、変えると実感しました。






そして上の写真よりも更にこの1枚を撮った時に気づきました、両方で比べたら一目瞭然でした、、やはり道具というのは使いこなしてこそですね。それを時代の技術が補ってくれるのであれば、デジイチよりもスマホを使う方が素直かもしれませんね。
という事で今日からUNITの写真はiPhoneです、早速いつものセルフィー用のリモコンとマウントを用意しました(笑)

とりあえず暫定的にHP用に撮った写真で思い返した、”洋服・鞄・自転車”というUNITの3本柱。ボクが日々の生活を送る上でハズせない3つ、まあこれに音楽とお酒と読書が加わるのですがそれは別の話で(笑)

これまた数日前に先輩と話していたのですが、






昨日もご紹介しましたPt.Alfredのチノスーツ、毎日しつこい様ですが・・・笑、これはUNIT的”道具な洋服”の代表格だなあという。このスーツはいわゆる”アメトラ”的な解釈を元にデザインされ、”チノーズ”というWWⅡに於いて米軍で使われ発展した素材で製作された洋服。合理的な発想と荒い仕様に耐えうる素材、まさに道具然としてますよね、ユニフォームっぽいと言う方が伝わりやすいかも知れない。
例えば、その他のジャンルのスーツと比べた場合、タイドアップは当たり前に全てのスーツに似合うわけですが、クルーネックのTシャツをインナーにするとしましょう。クラシコイタリア系のスーツの場合、かなり色っぽく仕上がりますよね。英国トラッドの場合だと、、あれ?シャツ汚れたから脱いだの??と言う雰囲気になってしまう恐れも。それがこのアメリカントラッドなコットンスーツの場合はストンと落ち着く、それに合わせる足元がスニーカーでも革靴でも過分なテクニックが要らない。
汚れたら洗えば良い(実際ボク、昨日ベージュを汚しちゃいました笑)、洗い晒しになっていったとしてもそれも格好良い。先輩は「ポケットにガンガン物を入れて膨らんでもこのスーツなら様になる」とも言ってました、その通り。 と言いますか、、ボク自身はどちらかと言うと英国トラッド寄りの発想で育ったのでこのスーツを着て実感した部分も大きいです。
そして他の洋服も、上品でありながら道具として長く付き合えるかという目線を必須でセレクトしてます。
既出の”制服”というのもキーワードかも知れません、ワークもミリタリーもトラッドも殆どの男性の洋服にエッセンスは込められてますよね、そういう意味でも道具。

そしてバッグ。






FREDRIK PACKERS・MARINRDAY・NUNC、UNITのバッグの3本柱。
ファッショアイテムでありながら多角的に性能を吟味される存在、ファッショナブルでも使いにくければダメだし、使いやすくてもカッコ悪かったら持ちたくない。そして何よりも機能美が存在しやすいファッションアイテムだと思います。この3者の中で最も機能性に遠い存在だと思われるであろうマリーンデイでも、実際のところはトートだったりペーパーバッグだったりと、長年道具として培われてきたデザインです。そして欠かせないのがお財布のFLAT4、シンプルに作った恩恵で使いやすくて壊れにくい。まさに道具としても合格だし色んなスタイリングの邪魔もしない、両方を兼ね備えた存在です。
そしてUNITスタートと共にあり続けるパッカーズの存在感は言わずもがな、テクニカルで緻密に考えられたヌンクがブランドスタートの時に先行でUNITを選んでくれたのも、バッグに対してUNITが洋服以上に真面目に向き合ってきたのを理解してくれたからだと自負してます。

最後に自転車。
UNITの洋服、特に真冬のアウターを考える際に最もきにするのが自転車に乗る時に”不自由ない”かどうか。ココ結構大事で、”自転車に乗る為”ではなく”乗るのに不自由ない”ということ、例えば前の打ち合わせがシングルでボタンのみだと風入って寒いですよね。そういうものは必ずジッパーがついてるモノ、そうじゃない場合はダブルでストールと合わせると外気を遮られるようなモノを。意外と真面目に考えてるでしょ?(笑)
そしてUNITのパートナーシップなブランドであるE.B.Sと2ndレーベルのtobira、普段の生活に根ざした自転車ですのでレース機材ではなく、上質で長く使える道具なのです。例えば写真に出ているボクの普段乗ってる自転車にはパニアバッグがついてます、ここにカバンを入れちゃえばメッセンジャーやバックパック以外のカバンを選択できますので逆に洋服も限定されません、スーツでも格好良く出勤できます。仕事帰りにトイレットペーパーやお米だって運べてしまうし、休日に小さなカバンで出かけても買い物したものはポイっと持って帰ることも。
懐古主義の自転車ではなく伝統的な手法で今の自転車を作ってますので、スポーティなスタイル〜革靴を履くようなコーディネイトまで違和感なく寄り添ってくれますし。
そういう道具を毎日のパートナーとして考えると、やはりしっかりしたモノでなければ、高級ではなく上質。極めてシンプルにも・ボリュームアップしても乗る事が出来るtobiraとE.B.Sは、道具としてとても優秀なのです。






例えばこないだ納車が済んだtobira model-T、OSGちゃんも気に入ってくれてイイ笑顔です。160cm無い女性ですがホリゾンタルフレームに乗れる喜び、シブめのカラーに女性が乗るのも素敵ですよね。これで彼女は京都の街の宣伝部長ですので、見かけたら声をかけてください(笑)






こちらはtobira model-O’、model-Oの廉価版です。先輩の娘さんが春からの高校通学に買ってくれたのですが、半年経って益々大切に乗ってくれているそうです、おじさん嬉しいです(笑)


こんな感じで着々とリリース中、しっかりした乗り味を試しにお越しくださいませ、乗ればわかります。






余談というか、その脇にというか、本来こっちが先というか、、そもそもボクの自転車ライフはMTBからスタートしてます。ピストが流行った時でも・ロードが主流の最近もMTBでした。専用ウェアで行くこともあれば写真のようにいつものTシャツGパンでも、夏以外はほとんどGパンだな。元々山が好きで、普段着で遊べるMTBだったから続いてるのかも知れません。






さらに余談なのですが、昨夜自宅で片付けしてて、ホントにたまたま見つけた12年前のメンズクラブのボク、、、。
今とほとんど内容変わって無いでしょ?ブレない男なので安心してボクのこの提案に乗ってくださいませね(笑)

という事で少々脱線しましたが、ボクの毎日をフィルターにして快く過ごせる”道具”をUNITに集めたらこの3つが軸になったというわけです。


洋服・バッグ・自転車、同じ線上にある道具のご提案の中から、皆さんのリビングスタイルに合ったモノを抽出していただければと思います。

それ以外のボクの必需品の話はまた枝葉末節回で、最近かけてないですが(笑)

今日は雨でしたね、、明日は久々に全休ですので山に行きたかったのですが、、行けるかな。


それではまた明後日です。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






本日はUNIT前の一之船入で高瀬川舟まつりが開催されてました。ファミリー向けの出店やコンテンツの中にチャンバラ体験、暴れん坊将軍のテーマに乗って大人をバッサリ。子供達に胃の腑を切られまくってらしたので、今夜は緊急オペでしょうね(笑)
こういう時、剣道・居合経験者の感想として、胴を抜く前の二太刀くらいの展開にちょっと無理がるなあとか、ついつい思ってしまって自分がイヤになります笑、楽しきゃ良いわけですもんね。

それでふと思ったのが色んな物事の方法論や流儀、もちろん洋服でも暗黙の了解的な着方や流行の取り入れ方、スーツなんてのはほぼ流儀といっても良いようなルールもあったり。

それで「あ・・」と思ったのがUNITの看板商品であります






Pt.Alfredのチノスーツ“のこと。軽い余所行き〜普段まで使ってくださいねといつも言ってますが、そのキモをブログではご説明してませんでした。ということでUNITでオススメしている方法を本日は。

“方法”というのは、スーツというよりもむしろパンツです。ちなみにこの内容はUNITの解釈、Pt.Alfredお師匠の免許皆伝ではないので悪しからずです(笑)






組下になる#54220 REGULAR STRAIGHT PANTSお買い上げいただく際に裾の処理をご相談します、シングル・ダブル・タタキ?どうしましょ??という感じで。しっかりとお好みがある方にはそのままご指定の仕上げを承りますが、どうしましょうかね〜という感じの場合はタタキでオススメしてます。






こんな感じの、カジュアルパンツのいわゆる普通の仕上げ、ステッチが外に出る為ドレスパンツ系の場合は本来NG。レギュラーストレートはデザインはドレスパンツで素材がチノ、う〜んと悩むところなのですが、これを逆に利用してはいかがでしょう?というのがUNITの気持ちです。一般的にカジュアルのタタキは幅を3.5cm以下にすることが多いのですが、これを4〜4.5cmくらいにします。今のダブルの主流の幅。そうすると1つ折ればフェイクでダブルに出来ます、そしてさらに使い方も増やせるのです。






ロールアップ三段活用みたいになってますね(笑)
この左側、2つロールアップしてるのですが、シングルやダブルで仕上げると裏のまつり縫いが出てきちゃいます、なのではき方が1つ決め打ちになります。せっかく幅広く着こなせるのに勿体ない、それがタタキで仕上げた場合は色々出来ちゃいます。






まずは1つ折りのダブル風できっちり目にタイドアップ、全体を1トーンにしてポケットチーフと靴下を近似値に。






個人的には最も出番の多い2つ折り、クルーネックのインナーで軽く着る場合に丁度良い。今日のようなラバーソールのレザーシューズはもちろん、ダブルソールの革靴やスニーカーもこんな感じが気分です。






そしてさらに3つ折りも、ブーツを合わせると少しカントリーサイドな空気感を作れます。ハイカットスニーカーだと更に軽快な雰囲気が作る事ができますしね。






そしてそのまんま。これ、、、ちょっと急いで撮ったのでベルト締め忘れてズレてます、ほんとはもっとスッキリですので、、、すみません。
こんな感じでパンツだけをいわゆるチノパンとして使う場合も、休日に自転車乗って出かける時なんかもスーパーチノの弾力はストレスありません。


どうでしょう、UNIT流チノスーツの4段活用。

幅広くお使いいただけると思います、時期的にも今月はよく連れて帰っていただいてます。色々なコーディネイトが可能なセットアップですので、春までずっと活用していただけると思います。是非ワードローブの一員に。



そして、






MARINEDAY TRUNK SHOwは明日までです、こちらも是非。


それでは明日もご来店お待ちしております!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






朝はボワ〜んとした天気でしたが、昼過ぎは少し晴れ間も覗き久しぶりに空を見た気分です。






MARINEDAY TRUNK SHOWは明後日まで開催、イイもの揃えてお待ちしておりますのでぜひお越しくださいませ!!

そして本日はweb shopに2アイテム追加しております。






FOB FACTORY CORDUROY 5P ¥14,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)






FOB FACTORY CORDUROY 2nd JK ¥20,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

追って詳細をご紹介いたしますので、コーディロイ良いですよ。

それでは明日もご来店お待ちしております!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

雨続きますね、も〜ほんと、雨でも大丈夫な靴とかズボンばっかりはいてて飽きてきます。。






水曜はいつも通り展示会回りをしておりまして、久々に日中のアメリカ村。夜に通り過ぎたりライブハウスに行ったりするのはたまにあるのですが、日中に行くのはいつ以来だろ。。昼過ぎの平日に居る若者たちを見ていると自分がオッサンになったなあと再確認します(笑)

この日は晴れたたしバルコニーでの展示だったし、気持ちよかったなあ。

そして本日の商品。
ちょっとだけ全天候型のニュアンスもあり、今の羽織りモノ・この先インナーでも使えるタイプ、








MANUAL ALPHABET WAX WEATHER SHT CARDIGAN
シャツをベースデザインにノーカラーにしたカーディガン的な仕上がりです。






素材はワックスコーティングのウェザー、今日のような降ったり止んだりのお天気の時にはノンストレスな素材。ワックスということはロウ引きということなので、着込むごとにチョークマークがついて風合いがますこと間違いなしです。チャコール(ほぼ黒)とオリーブの2色。






ちょっとゆとりのあるシルエット、ダブっとし過ぎず清潔感のあるユルさ。ライダースJKT的であり少しだけコックシャツのニュアンスも感じられるような、上品なワークウェアといった面持ちですね。






トップボタンのみダブルで深めの打合せが良い雰囲気、スナップボタンでミニマルに仕上げているのも好感度が高いですね。






大振りのポケットが左右に付いてカフスのない筒袖、シンプルイズベストです。






ふわっと羽織って雰囲気バッチリでしょ?
今日は細めの部類に入るパンツですが、ワイドシルエットのパンツに合いそうなのはお分りいただけるかと。インナーに襟付きの物を持ってきても良さそうです、シャツやタートルなんか。






トップをしめて、全部開きで。表情の変化も楽しめます。

これ、ピンとくる方多いのでは?と思います。

汎用性が高くて洒落感もバッチリ。

お早めにどうぞです。






MANUAL ALPHABET WAX WEATHER SHT CARDIGAN ¥14,800+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)






そしてMARINEDAY TRUNK SHOWの2ndステージも明日からの三連休で開催です!! こちらも是非是非よろしくお願い申し上げます!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は2点ご紹介、どちらも基本に使えるアイテムです。

まずはコレ、






GRANGE CRAFT COUNTRY SOCKS
アイルランドからやって来ました、無骨・・・じゃないな、素朴さがあって温かみのあるルックス。






ピュアウール100%を使ったザックリなリブソックスです。
このデザインだとドレスシューズ以外はほとんど使えそうです、レザーサンダルなんかを冬にはく方にも重宝されそうですね。

そしてウールソックスで気になるのが洗濯、通常の洗剤で水洗いをしてみました。






ウールソックスははくと伸びやすいので、これくらい横幅が縮んでちょうど良いくらい。長さが変わらないので気にせず洗いたい方も安心。コロンとしたフォルムが良い方はおしゃれ着洗いでどうぞ。






カントリーソックスなのでカントリーブーツを、鉄板の組み合わせです。






ハイカットスニーカー、真冬に軽快な印象を与えてくれる白いスニーカーですがボリュームのあるウールソックスが良い繋ぎ目になってくれると思います。それにチノとロングコートなんていうのも想像に難くありませんね。


次はブルゾン、個人的にも若い頃から外せないアイテムです。






FOB FACTORY PIQUE 3rd JK
いわゆる”ジージャン”の中でも最もプレーンで完成度の高いモデルがリーバイスの3rdタイプ、デニムもモチロン素敵なのですがこのピケも相性の良い素材。このピケはリーバイスに使われていたベッドフォードコードを再現しています。








3rdJKは何にでも合わせられると言っても過言ではありません、ベルトループを隠すだけの長さがあって細すぎず緩くもなく、チノ・軍パン・ワークパンツはモチロンウールのトラウザーにもそのまま羽織るだけでOK。そしてピケの場合はジーパンの濃淡に関係なく合わせられますので更に強者なのです。








細部も王道です、ベーシックな3rdタイプで必要のないクセも無い。






というとこで、今の気分だと太いパンツをちょっと田舎風に。このままコートを羽織れば冬もバッチリ、そうですね、冬はインナーで使えるワケです。


ウールソックスと3rdJK、ボクにとっては個人的な必需品。
皆様にも自信を持ってオススメします。






GRANGE CRAFT COUNTRY SOCKS ¥2,200+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)





FOB FACTORY PIQUE 3rd JK ¥18,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

みなさま本日もご来店有難うございました!
夕方くらいにパタパタっとしまして、ご迷惑をおかけしたお客様もいらしゃいました。お天気もままならない感じの中お越しいただきましたのに、、申し訳ございませんでした。。。またお待ちしております!

そんな時に限ってブログのセキュリティが変に反応して時間を取られたり、、も〜笑

そうこうしながら比較的週末にボクもよく着ている






Pt.Alfredのチノスーツ、少し涼しくなってきましたのでお買い上げくださる方も増えて嬉しい限り。ボーダーレスに使えるスーツです、ぜひご相談くださいませ。

そして本日よりスタートしております”MARINEDAY TRUNK SHOW”、ボクも欲しいものがありまして「残れ〜、残ってくれ〜」と念じております、どれの事かは秘密(笑)
UNIT的に新鮮な商品がいっぱいですので、いつも見ているイメージとすこし違って見えるかもしれません。明日明後日、または来週の3連休でゆっくり見にお越しくださいませ。

ということで少しご紹介します。






SPLASH ¥29,800+tax
ソフトレザーの小型ボストン、トートバッグ感覚で使えそうです。






PROVANCE ¥23,000+tax
同じソフトレザーを使用したウィメンズのハンドトート、スカートでもパンツでも合わせやすいデザインです。女性が最も持ちやすいサイズって、この辺りなのかも知れませんね。





EYE.JP ¥18,000+tax
ポニーレザーとカーフを使ったポシェット、タッセル付きのストラップが印象的ですね。女性らしさはありますが甘すぎない感じ、ブルーグレーのスッキリした色合いもキレイです。この先冬になってマキシのフレアスカートにブーツとかでも・トレンチにスニーカーのようなカジュアルのミックスにも、ポイっと持ち出せそうです。
ウィメンズっぽいコメント書いたの何年振りだろ、、、、、(笑)

次は、






SINGLE ¥24,000+tax
こちらもポニー、小型のショルダーです。真ん中のベルトがアイコンですね、1日のお出かけにちょうど良い大きさ、ユニセックスです。






LAIDBACK ¥12,800+tax
ナイロンツイルのデイパック、UNITの場合この辺りは他ブランドで充実してますので普段セレクトしない最たる部分。こういう機会に是非(実は個人的にこっそり欲しかったりして笑)

そしてUNITセレクトの新入荷も、






SANDIEGO ¥18,000+tax
リネン帆布の中型ショルダーバッグ、縦長でポケットも多く使い勝手の良いデザイン。
こちらはまた改めてご紹介すると思います。






という感じで、その他も盛りだくさんです。

是非是非お待ちしております!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

一日中降ったり止んだりでしたね、そんな中沢山のご来店有難うございました!
この週末やちょっと先もまた雨がらみや台風の予報も、みなさま色々お気をつけくださいませね。

そして明日よりMARINEDAY TRUNK SHOWです!






今から準備です。






先日お伝えしました通り、レディースも色々到着しております。
その他ユニセックスのUNIT未展開商品が多数ございますので、是非是非。








そして秋物がたっぷり入荷中、イイものたっぷりです。

イベントも入荷も、この3連休のうちの1日にご予定くださいね。
よろしくお願い申し上げます!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はweac.から2点ご紹介します。

まずはシャツ、






weac. GOZILLA SHIRT
デザインソースはスウェーデン軍のM55、ヨーロッパの軍モノはデイリーファッションと相性が良いです。






無地のネルは素材の表情が豊かでシンプルな使い方も出来ます、プルオーバーとも相性が良いのでまとまりあるシャツに仕上がってます。








全体にゆったりしたシルエット、丈を少し短めにしてありスッキリ着られます。






ボタンを開けたり留めたりで表情も変りますね。






元ネタのM55には無いラウンドのスラッシュポケット、ミリタリーに少しワークテイストを追加。








ヨーク内とポケット裏をそれぞれ配色に、ちょっとした遊び心。






先日ご紹介したARAN EG PTZDA CLIMBERを合わせてみました、この下半身は色んなトップスに寄り添ってくれます、個人的にもお気に入りです。
もちろんこのシャツにも、チャコールや黒のモノトーンの場合ベタッとしちゃいそうですがネルのお陰で温かみのある表情。デニムや軍パンにも良さそうですし、アウトドアっぽいコーディネイトにもバッチリですよ。



次はパンツ、






weac. cook pants
古いフランスのコックパンツがモチーフです、ワークパンツですがどこかドレッシーな雰囲気も持ち合わせていますね。






全体にゆったりしたシルエット、テーパードの具合も程よい感じです。結構な太さですがパターンがしっかりしてますので自然なバランス、必要以上のゆるさは感じません。縫製をシンプルにしてますので、実はコストパフォーマンスも高い1本だったりします。






10OZ程度の軽いデニムです。個人的にはこの素材のボトムは大好き、元々ワークパンツによく使われた素材で丈夫さと動きやすさを兼ね備えてます。自ずと太いシルエットとの相性が良いのでこのパンツとも無論です。太いパンツは真冬でもスパッツを仕込みやすかったりで使い勝手も良いですしね。








腰回りはこんな感じです。
2プリーツで落ち着いた雰囲気、フランスのワークパンツは後ろにゴムが入ったものが多いのですが、このパンツはベルトループに。バップスタイルもシンプルです。






こちらもゴジラシャツとモノトーンで。
このまま冬のアウターを羽織る姿は想像に難く無いですよね、ゆったりしたトップスをそのままゆったりのニュアンスをキープしつつキレイにまとめてくれるかんじです。今はストック状態ですが、何度か洗って全体のハリが取れるともっと自然な感じになるかと。色落ちさせるのも楽しみです、その方がさらにカッコヨクなりそう。


本日ご紹介の2アイテム、どちらもミリタリー・ワークをスパイスにしてシンプルでベーシックな仕上がりに。

weac.らしさとちょっとしたヒネリを、ワードローブにぜひ。






weac. GOZILLA SHIRT ¥15,500+tax






weac. COOK PANTS ¥15,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×