UNIT

こんばんは。

降りましたね〜、ボクはメチャメチャ降られた日でした。あ、紙袋無い!と思って四条烏丸まで買いに行こうと店を出てお店に着く直前で土砂降り、これだけ降ると紙袋使い物にならなくなるので無駄足ながら引き返したら・・・帰った瞬間に止む。雨の切れ目をうかがいコンビニ行こうと思って信号待ってたら土砂降り。ポストに行ったら土砂降り。

もういや笑

まあ梅雨ですからね、そういう時もある。

そしてこのところ、自分の持ち物の再確認的な気分になってます。例えば時計、ほぼ毎日のようにミリタリーウォッチを着けているのですが、ここ2週間ほどGショックを久々に使ってます。






厳密に言えばプロトレックなのですが。。これ、カシオさんのホスピタリティを感じた1本なんです。元々は2世代目のプロトレックを10年ほど愛用してました、いつもカシオに送って電池交換をお願いしてたのですが、3回目の依頼時にとうとうムーブメントではなくケースがダメになって交換パーツがなくなっていると。そっか・・・と思ってると、数千円で現行モデルに交換してくれると・・・ほ〜。その場合所有の時計は破棄しなければならないということで、ちょっと悩んだのですが使えなきゃ意味がないので交換していただきました。
結果ソーラー充電だし電波時計で快適だし、有難うございますという感じ。カシオの顧客サービスの丁寧さを感じた出来事でした。
現在進行形の機能美と言いましょうか、やはり良いのですよね。振動に強いということは自転車乗るにも良いということですし、どの環境でも安定した使い心地というのは素晴らしい。もちろん自動巻の時計の可愛さというのもあるので一概にコッチが良いなんてのは言えるわけはない、両方のよさがあるということですね。

そういう意味ではバッグも同じ、ちょっと前にバックパックはいかがでしょうか?という記事を書きましたが、、Gショックと同様に最近自分の中でリバイバル中なのが










FREDRIK PACKERSの500D DAY PACKです。
どシンプルで伝統的なデイパック、名前もそのまま。当店においてはパッカーズと言えばバイクパックのイメージで来たのですが、5年ほど前にこのデイパックが女性に人気がドカンと出始め、以来ブランドの看板商品に成り上がりました。なのでボクが言うまでもなくよさが伝わる存在となったということで、ボクはバッハのビジネスモデルを常用してました、いや、ます、かも(笑)。ほどほどの仕切りとオーセンティックな中に今っぽさを感じさせるルックスで、毎日持つのにストレスゼロのバッハ。しかし面積が広いので汗かきのボクに夏の自転車通勤で汗ボトボト。あ、いつもリアキャリアにバッグを付けたタイプの自転車で通ってて、そこにバッグを突っ込んでたのでなんでも良かったのですが、、ちょっと調子悪くて違う自転車に乗って通ってて(さっさと直せよって話なのですが)。なのでもうちょっと小振りなのにしたいな〜と思ってて、長らく使ってなかったパッカーズのデイパックを思い出し、引っ張り出し。

すると、、、、やはり人気のあるものは良いのですよね。

シンプルイズベストであることは言うまでもありませんね、単純明快な使い心地。






芯地を入れない作りであることが口の全開っぷりを応援してて中のものを突っ込みやすい。ポケット類はメインボックスにはないので小物入れを何か使うのが良いですね、因みに黒の場合は特に色の軽いポーチにした方が中身が見やすいです。仕切りがない分自分好みで使えるワケです。






外のポケットには長財布と鍵と携帯でちょうど良い気分です。
とりあえず必要そうなモノを入れて容量の約半分くらいを消費する感じ、ボクは本やらなんやら持ち物が少なくない方なので、持ち物の多い女性陣がこれを気にいるのがわかります、全体的にはコンパクトなのに十分に荷物を入れられる。






500デニールのコーデュラは安心感ありますし、






ショルダーハーネスもフィット感が良い。






ボクが背負ってこのくらい、ユニセックスなサイズ感とデザインです、電車の中でも邪魔になりにくいし。


やはりシンプルに作られていてその存在が許されるモノというのは、普遍的なよさがあるということですね。

再確認、うん。

それからボク、自分のは自分流に使いやすいようにアレンジしてます。これはパッカーズさん非公認の手術なのでここでは明記しませんが(笑)、ご希望の方がいらっしゃいましたら大きい1コインくらいの手間賃を頂いたら出来ると思います。よろしければご相談くださいませ。

カシオさんの真似っこ(笑)

本日はこの辺で。






FREDRIK PACKERS 500D DAY PACK ¥11,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






賀茂川の川べりはず〜っとこんな感じで野草に花がついております。眺めながら自転車を走らせ、思わず「恋〜はやさし〜、野辺〜の花よ〜。」という詞が口をついて出ました。”恋はやさし野辺の花よ”、今も学校で教わったりするのかな?、というかボクの頃も歌ってないかも笑。実はこれ、訳詞とオリジナルが結構違うのです。どちらも同じく花をテーマにしていることに変わりはないのですが、日本の詞は”花はすぐに散るもの、だけど夏も冬も咲き続ける私の恋心は誰にもおかせないのです”という一途な恋の表現。対してオリジナルは”愛は花の蕾のよう、ずっと見ていないと咲かないし枯れるのよ。真心なんてどっちでもいいからずっと私を見て!”という、、、バックボーンやら育ち方なんかも違いそうな女性の心・・・笑
元はボッカチオというオペレッタの1幕、ベアトリーチェ(だったかな、間違ってたらすみません)のアリアの引用で、日本語訳オペラでも恋は〜の詞で歌わない、、そりゃ話おかしくなりますんもんね。同じしなのに表情が変わる、、どの詩を乗せてもその世界観になるというのは素晴らしいメロディだということですね。
ちなみに作曲はオーストリアのスッペ、ウィンナオペレッタの父と呼ばれた人。彼の曲は素晴らしく耳馴染みの良いものが多いので、あれってそうなんだ〜ってのがあったります、ご興味あればユーのチューブで笑

件の唄は子供の頃に故藤山一郎氏が歌っていた印象が強く、どんなんだったかなと思ってボクもさっき覗いてみたら・・・スッペで調べたのでクラシック寄りの傾向で検索されたのか、京都ご出身のカウンターテナーの方が母校現堀川高校で開催されたらしいリサイタルの動画でした、素敵でびっくり。珍しい歌い手さんの中でもまれみる実力なのでは、、ちょっと追っかけてみよう。。見てるとオッフェンバッハとか聴きたくなってきた、最近引きこもりなのですが・・・こういうことやってるとそれが加速するんですよね笑



前置きが長くなりました笑、本日はちょっとだけ華やかなトップスをご紹介。








weac. CAVANI-NEO
クルーネックのプルオーバーシャツです。ベーシックに一途なUNITとしてはちょっと気分転換にどうぞといったシャツ、でもいつものボトムに取り入れやすい遊び心なので安心感もありますよ。






素材はクールマックス、これからの季節に最適。






ゆったりシルエットのバスクシャツ風味、細いパンツに合わせるのも良さそうですよね。






中央にハギをとってアクセントに、ゆったりしたシルエットですのでアクセントがついて引き締め効果。ポケットもいいですよね。






裾はサイドスリット、後ろ身頃が長くなってます。








ということでパネルでツートーンになってます。






ごく普通に、ファティーグと黒靴。








横と後ろ。
ちょっとモード的なアプローチに見えますが、実際は結構ベーシックなので普通のボトムにしっかり合います。というか、むしろそう合わせる方が大人ですよね。はき古したデニムにも良さそうですし、カーゴパンツにも合いそう。ショーツにスニーカーは無論ですよね、サンダルとなると・・・個人的にはしっかりめのソックスを履いて合わせるのがいいかなあと思います。

風通しもよくて速乾、見た目もさることながら着心地も快適なのです。

ベーシックに少しだけ遊び心を、いかがでしょうか??






weac. CAVANI-NEO ¥13,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

梅雨らしい天気がここ数日続きましたね、今日は久々に快晴。
サクッと晴れた日でしたので白いスニーカーをはきたくなります、なので本日は






ジャーマントレーナーの夏コーディネイトのサンプルを6パターン、全て店頭にあるモノでご紹介しようと思います。

まずはBETTERの定番MID WEIGHT CREW NECKで2パターン、要は普通の黒いクルーネックTで。






アランのマリンパンツディティールのEG PTでモノトーン、差し色で白いスニーカー。ラフですがパンツのパリッと感とレザースニーカーの上質感で緩みの無い印象に。最近のUNITの気分のど真ん中なコーディネイトです。






同じくアランのMCP SHORTSのコーディロイ、ディーティールと素材のボリューム感のマッチングが絶妙なショートパンツ。なのでトップスはスッキリシンプルで大丈夫、足元までグラデーションでいきましょう。






CLUB DE MERのボーダーTにアランのOVER PT、マリンテイストのボーダーにシャンブレーのボトムというのは定番のコーディネイトですが、パンツのギミックと靴のボリュームでちょっと重みを。ボーダー×シャンブレーというのはどんどん軽いイメージになっていく相乗効果があるので、サンダルなんかだとペロンとしたコーディネイトになります、さらっと爽やかも良いのですがこんな具合に少し重み出すのも悪く無いのではと。






アランのFM SHIRTとFOBのファティーグパンツ。年間常駐のこのパンツはシルエット・太さ共に丁度良い位置なのでオールマイティな存在、それにジャーマントレーナーというのは通年の基本的下半身。そこに柔らかミリタリーなノーカラーのシャツを合わせると、絶妙に肩の力の抜けた存在感が完成します。






次はReの上下、スキッパーにブラックウォッチのイージーパンツ。イージーパンツなのですがテキスタイルのお陰で落ち着いた印象・襟付きのカットソーで初対面でも悪い気のしないコーディネイトです。個人的にもコレやりたいです笑






quotidienのカノコのハーフスリーブTにReのニットデニムショーツ、スポーティなニュアンスなのでソックス長めで。スポーティですが素材の上質感で、軽快ながら大人顔に仕上がります。全体的に見てこの感じは皆さんお好きなところでは無いでしょうか?


という感じで、ざっと一通り。

落ち着きつつしっかり夏に過ごす為の快適さもクリアしたコーディネイトだと思います。その他諸々、ご相談くださいね。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

ずっとやってなかったですね、これ。。。もう少し増やします、やるって言ったのにね。。。笑

昨日は月曜の揺れで気になっていた大阪の家の様子を見に行ってきました、






ブロック塀なので気になってて。家の中のものはちょこちょこ割れていましたが外は何ともなくホッとしました、しかし、、






今朝出る前に京都の部屋の壁にヒビが出て管理の方に来ていただいてました。構造はもちろん問題なかったのですが以前の傷の上からクロスを張り替えてたみたいで、それが揺れて出て来たということで。まあ、支障ないのでそのままでいいやってことに。

関西方面の皆さまにとってはもう数日は油断しない日が続きますが、粛々といきましょう。

そして本日のネタ、いつもの商品紹介で小型のバッグ類の時に”これくらい入りますよ〜”という事例でボクの持ち物を入れてみたりしてるのですが、それについてお尋ねいただくことがちょこちょこありまして。私物なので商品と一緒にご紹介するワケにも参りませんので本日チラッとご紹介笑






最近だとFREDRIK PACKERS DUCK BOOK SHOULDERの回での写真。

まず右下の青いの、単行本のブックカバー。






fourruofのBOOK COVER、紙のような生地のペーパークロスを使った小物やバッグを中心としたブランド、そのブックカバーです。ブックカバーって中々イイのないでしょ?






革だと厚過ぎて持ちにくかったり、布モノでも妙に可愛いガラだったり。これはとてもシンプルで紙のように薄いので持ちやすい、革で薄目に仕上げるのは限界がありますし、滑りやすい仕上げだったり。スエードのもたまにありますが、滑らない代わりに薄く仕上げられないので持ちにくい。コレはサクッとしたオックスフォードなので滑りにくいし薄いので本に馴染んで逆らいません。紙じゃなくて布なので耐久性もモチロン問題なし。毎日本を持ち歩く方にはおすすめです、書店でもらうカバーよりも本の保護にもなりますしね。明るめの色を選ぶとカバンの中で見つけやすかったりもします。
サイズも豊富ですよ。






次はこれ、ご存知一澤信三郎帆布さんのペンケース。こちらのラインナップの中では結構脇役なのですが(失礼)、これとてもイイ。差し込み型のペンケースって大体2本くらい、モチロンそれ以上必要ないならベストなのですが沢山持ちたい人には足らない。じゃあジッパーで閉まるタイプとかは沢山入るじゃない?というのもそれはそれで正解なのですが、、大き過ぎたり、サッと出せなかったり。このペンケースは3つに分かれてまして、細いペンなら1パートに2本挿せます。ボクの場合は万年筆・赤サインペン・水性ボールペン・シャープペンシルをそれぞれ。
そして筒型には無いメリットがもう2つ。薄いので邪魔になりません、本や手帳と重ねてかさばらないのでカバンの中で邪魔にならないのです、小型バッグの時はほんと助かります。そしてボクの中でこれを選んだ最大の理由が他のペンと鑑賞しないのでペンに傷がつかない、大切にしたいペンをペンケース内でガラガラ言わせるのは嫌ですから。

では最後、ガラガラ言わせたく無いペン、






仙台の大橋堂さんの万年筆。とても大切なので、これの為に上のペンケースを選んだようなもの。万年筆って国内・海外問わず良いメーカーさんが沢山あって、クリップなどに特徴があってすぐ分かるのですが、写真から覗くクリップをご覧になって”これってどこの??”って方がチラホラ、皆さんよく見てますね笑
ボクはペリカンファンで、今でももちろん愛用してるのですが、父に譲り受けてからコレを使ってます。手作りで丁寧な仕事、所有する喜びもたっぷり。ペン先はセーラー社のハイグレードのものなのでカートリッジはすぐ手に入ります。ボクはコンバーターをつけて吸入で使ってます、快適ですよ。
ペン自体の程よい重量感が力を入れずに進ませてくれるので、書き味も良いのです。ボクには不相応な気もしますが、、、笑

という感じで、よくご質問いただく3つでした。



皆さんのお気に入りグッズとかも気になるな、、コレ使えるよ〜とか、また教えてくださいませ、お店でお話ししましょ、週末もお待ちしております!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

昨夜も結構揺れましたよね、朝もちょっときたみたいで。夜は嫌な感じでしたが朝は気付かず寝てました、、、もうちょっと敏感になれと友人に諭されましたが、、、、。

自分のことは適当になっちゃいますが、例えば実家の両親は?となると「ちょっと、、ちゃんと準備しといてよ・・」なんて思います、勝手ですよね笑

“とりあえず落ち着くまではカバンと靴は枕元に”

なんて昨日はよく目に耳にしたフレーズでした、確かにそうですね。カバンも有事の際の行動のしやすさを考えるとバックパックが良いですよね、ということでUNITでまずご提案できるのはココ。
そういう意味合いでもそうですが、単純にコレから夏のレジャーやお出かけにも必要になってくる存在。

ということでさっと使いやすそうなモノをちょっとおさらいです。






NUNC Rectangle Backpack ¥25,000+tax






NUNC Daily Backpack ¥22,000+tax
ヌンクさんのパックパック、どれも内装が充実しておりまして、収納場所を決めておけばスムーズな出し入れができます。大脳直結、いつも同じカバンを持ちたい人にはとても便利だと思います。デザインも都会的でありますのでオンオフ兼用で使えますよ。






BACH TRAVELSTAR28 ¥20,000+tax






BACH FLINTSTONE ¥13,500+tax
もはや定番ブランドの域にあるバッハ、この2品番は人気者2トップです。アウトドア本道のルックスながらオーセンティックな香りもありますので普通にカジュアルバッグとして優秀です。1000デニールのコーデュラナイロンは安心感満点です。






FREDRIK PACKERS TRAIL PACK ¥13,800+tax






FREDRIK PACKERS MISSION PACK ¥10,800+tax






FREDRIK PACKERS 70D COMUTE PACK ¥10,800+tax






FREDRIK PACKERS 500D DAY PACK ¥11,800+tax
そしてUNIT定番のフレドリックパッカーズ、やはりこの軽量でシンプルなバックパックは使いやすいです、女性にも持ちやすいデザインですよね。個人的にも最近500Dのデイパックをクロゼットから引っ張り出してリバイバル、日々使うのに丁度良いサイズ感でちょっと嬉しくなってます、何年も使って無くてごめんね〜って笑。やはり伝統的に続いてるマスターピース的デザインは理由がありますね。

ということで、バックパックのリニューアル・新調、いかがでしょうか?

施肥ご相談くださいませね。


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

揺れました、皆さま大丈夫でしたか??

ボクはといえば・・丁度シャワーを使っていてスッポンポンで、、我が家はなんともなさそうだったのでそのまま全部洗って部屋に戻り、ニュースを見ると結構大ごとになってて、道路が波打ったところもあるそうですね。京都に近い北摂が震源で震度5〜6、まだまだ冷静に対処できる感覚でしたが、7とか8となると雲泥の差なのだろうなと思いました。
幸い我が家は割れ物が少なかったのですが、はっ・・スピーカー転けたらどうしよ!と思いましたがそれも無く(ブックシェルフ用の重いスタンドは音の為だけでなくこういう時も信頼できるのかも)、お店に行く途中「あ、9coconoのスプレーのテスターが落ちて割れてるかも、、Yさんに頼まないといけないかもなぁ〜。」なんて考えていたのですがそれも杞憂、お陰様で全て何事もございませんでした。大阪の友人のお店に連絡したりするとやはり陶器やガラスなどの商品がやられたらしいのですが、、皆無事で何よりでした。

本震だということらしいですが、当分気を付けましょうね。

ということで本日の商品、








Re made in tokyo hjapan Suvin Gold Knit Skipper です。
シンプルでデイリーに使え、かつ大人顔なカットソー。






ゆったりでもタイトでもない、最もベーシックなシルエット。最近の傾向としてはポロシャツって気分じゃないでしょ?(ということは逆に今着るとかっこいいかも笑)、でもクルーネック一辺倒だとちょっと物足りない。もっさりせずに襟付きのカットソーをとなると、こういうのはありがたいです。






開き口は狭め、なので上品な印象です。襟がカッタウェイでスッキリしてるのもそれに一役・・どころじゃ無く三役くらい買ってるかもです。






襟付きカットソーによくある裾のサイドスリット、このスキッパーにはありません。そのシンプルさもいいのです。そしてそのディティールは袖にあしらってます、さりげない遊び心。






そして素材、高級な超長綿であるスヴィンコットンを使ったコシのある天竺。油分がしっかり残った糸ですので独特のツヤ感があります、触るとちょっと嬉しくなりますよコレ。






ということできれいめなボトムに、平服でいいけどラフだと気を遣うって時にはこんな感じだと安心。






逆にラフな感じでも大人の本分はキープです。


ショーツにさらっとスニーカーとかも良いなあ、、7分丈くらいのカーゴにビットローファーとかも心が持ち上がりそう。。

うん、襟付きカットソー、いいですよ。






Re made in tokyo japan Suvin Gold Knit Skipper ¥11,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

基本。

こんばんは。

明日から雨模様、、、って、最近天気の話ばっかですね、おっさんあるあるでしょうか笑

最近の個人的な出来事といえば、、、、あ、大きめなのがありました。ニューソウルがルーツのシンガーソングライターのコリーヌ・ベイリー・レイ、彼女のライブが先々週ハービスENTのビルボードライブ大阪でありまして、久々に世界的なミュージシャンのライブを見ました。彼女をビルボードサイズで見れるなんて、、しかもバッチリ水曜日。
本当に素晴らしいライブでした、著作権などのこともあるでしょうしご興味ある方はコチラをご覧くださいませ。コリーヌさんのアルバムはUNITでもよく流れてます。
一緒に行った友人も皆大満足、ビルボードの方も今回のはホント良かったと言ってました。ボクはと言うと、、、終始ニヤけてたそうです、おそらくスタンディングオベーションで最初に立ったのはボクかと笑




こんな雰囲気が近いかな〜(この動画、40分のうち30分近くインタビューですけど笑)、セットリスト的にはコレもニアです。
いや〜、可愛かったな〜、あんなに自然な空気でピースフルに歌う人はまあ居ないと思います。素晴らしかった。

コリーヌちゃんにしてもそうなのですが、最近自宅にこもって環境整えて自分の基本的に好きなモノを聴きなおしたりしてます、クラシックやジャズ・ブラジル音楽など。オーディオっていじり出すとハマり込んじゃいます、YOUTUBEでライブ動画観るにしてもめちゃめちゃ楽しくなる。読書にしても自分がこれまでに追っかけた作家さんのを読み直したり。

“じゃあ仕事の洋服はどうなってるのよ?”と画面に向かってツッコンだ方、ご心配なく笑






って、、、まあ普通なのですが、、ボクの基本であるベーシックなカットソー・ファティーグパンツ(ベイカーパンツ)・カントリーシューズ。UNITもそろそろ9年なのですが、このバランスに関しては全く変わってないです。って超ベーシックなのですが笑
でも、ホントにここは崩れないのです。逆に言えばここを崩さなければ応用する方向も様々ですし、他者から見れば奥にある軸を感じると思います。
・上質でシンプルなTシャツはそのまんまですよね、これに足し算するというのは容易に考えられると思います。
・ベイカーパンツ、この存在はたまに言ってると思いますが、カーゴパンツほど荒っぽくもないし・他のワークパンツほど土臭くもない、程良く落ち着きのあるワークパンツ。無論これと同じくらいチノパンの存在も大切なのですが、、これは基本パターン2でお話ししましょうね笑。
・そして黒のカントリーシューズ、イギリスの短靴としてはカジュアルな部類なのですが、同じ革の靴でもアメリカのワークブーツほどラフじゃないし・イタリア靴ほど色っぽくもない。トラッド出身カジュアル育ちなので、カジュアルを落ち着かせる役回りも出来ますし、その人の奥にトラッドがあることもお知らせする役目も負ってくれるような。

とは言えこれはUNIT、ひいてはボクの軸かも知れません。皆さんのお好みの基本もあると思います。身長・体型によっても様々、特にパンツはそうかも。ボクの場合自分のベースは太もも周りで手を全部使って一掴みできるくらいの余裕のあるシルエットが基本の好み。でもボクよりももっと脚の太い方なら同じボリュームを見せるのにフィットするパンツで十分かも知れません。

全体のバランスは人それぞれ。

というご相談もどんどんおっしゃってくださいね、多分ボク本当のことを言いますので笑

来週からは雨模様、ゆっくりお話し出来ると思いますので梅雨時期の洋服屋をご活用くださいませ笑


それではまた明日です、よろしくお願いします。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

昨日は1日しっとり雨でしたね、まさにしとしと降るというやつでした。
“しとしと”といえば昨今は雨専門の副詞ですが、大正あたりまでは”しとしと歩く”というような静かさを伝える形容動詞でも使ったそうで。”しと”が柔らかげに湿度を感じさせる言葉なのでしょうね、紫式部先輩あたりの文章で出てくる”しと”は小便のことを指していたり、なので”おしっこ”はそれを幼児言葉に転じたということになりますね、納得でしょ笑
“しと”が”しっとり”になり”しっぽり”という昔の流行り言葉になり今に伝わり、、、でも最近の”しっぽり”の乱用はちょっと気持ち悪いのですよね、イメージ的には色っぽい使い方が相当なはずなのに「じゃあ、今日は男二人でしっぽり飲みますか。。」なんて言われると、いや、、そんな、ボク女性が好きなので、、って気分に笑。

端っから脱線した笑、そんなことを言う積もりは無く、昨日はしとしと雨降りの中しとしととペースで1日通して皆さまにお越しいただき、気づくと閉店時間を過ぎておりました。雨の中遠路遥々お見えの方もいらっしゃいました、有難うございました。

転じて本日。こんな天気、理想ですね。昼間はカラッと暑くて夜は1枚羽織るくらい、って・・・ほとんど外出てませんが笑

そして本日はショーツです、Reさんのショーツはホントに使いやすい。ずーっと定番でリリースされていたカーゴショーツなんて何と合わせてもちゃんと仕上がる。本日はその後継モデルといっても良さそうなデザインです。






Knit Denim Short PTS








Linen Back Satin Short PTS






コットンのニットデニム、まあスウェットといっても良いかも。伸び止めに2%ほどポロウレタンが入ってます。






こちらはコットン70%リネン30%のバックサテン、軽い素材で夏向きですし、バックサテンはミリタリーフレーバーがしっかり出てイイ。






形は同じなのでまとめていきます。
オーソドックスなレングスにブッシュパンツのディティール、失敗するはずのないデザイン。カーゴパンツほど重みが出ずに腰回りのボリュームゾーンをキープしてくれますので、カジュアルにも・少しキレイな感じにも対応してくれます。






バックポケットはアシンメトリーで、スッキリ仕上げです。






全体にスッキリしたシルエットなのですが、小股のこの仕様のおかげで脚の動きも楽々。車の乗り降りも自転車跨ぐのもポイです。






ニットデニムの方を、靴下長めでスポーティに。






バックサテンはくるぶし見える状態で、Tシャツとスニーカーは同じものなのですが素材と靴下で結構見え方変わりますよね。コーディネイトの不思議、ご相談に乗れると思いますよ笑

これ、ホント優秀なので、そのうち短靴やスリッポンバージョンも着用例でお見せしようと思います。

って、それまでになくなるかも。。。。。お早めにどうぞ。






Re made in tokyo japan Knit Denim Short PTS ¥12,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)






Re made in tokyo japan Linen Back Satin Short PTS ¥12,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は過ごしやすい1日でしたね、久々に良い天気でした。皆様もお仕事でしょうが、週末までのお天気楽しみましょう。

本日はARANさんのシャツをご紹介です、ボク自身よく着る1枚、なのでもちろんのオススメです。








ARAN FM SHIRT






素材はコットン85%・リネン15%のウェザー、ドライタッチな着心地で快適さもありつつシャキッとした生地が清潔感もキープ。






全体にはオーソドックスなフィット具合、程よいミリタリーの味付けです。






ノーカラーは着るだけで雰囲気を作ることができます。






ポケットのサイズ感・ディティールが絶妙です、アピール度の高いポケットですがさらっとしてます。






ハーフスリーブ、ニュアンスが出やすくて良いですね。






全体的にあっさり見えるのはボタンのサイズかもしれません、小ぶりでカラーレスの襟元と合わせて印象が柔らかくなります。






こんな感じです、ショートパンツをシックな雰囲気に持ち上げてくれます。






ロングパンツと。男っぽさがありながら肩の力の抜けた雰囲気でしょ?






上の写真もそうですが、ロールアップで半袖風に。ボクはいつもこうやってます、ちょっとしたワンポイントになってポケットのボリュームとバランスが取れて良いですよ。

カラーレスのシャツはベテランすぎるイメージになりがちですが、ミリタリーの味付けと素材の軽快さで逆に爽やかな印象に仕上がってます。

これ、ほんと優秀ですよ。






ARAN FM SHIRT ¥16,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

携帯のカメラを構えると、






雨か、、、いや、こんな水滴見えるほどレンズ大きくない、、






かなり前から保護レンズが砕け散ってまして、ついに中まで埃が侵入しちゃいました、、、。
6が出た時すぐに機種変更したので、そろそろ4年、、こうやってブログを書いてると結構頼らなければならないのに、貧乏性なのか横着なのか笑。デジイチ持ち歩くほど根性もないですのでコンデジを引っ張り出そうと思ったら、、、いわゆる借りパクというやつで手元にない。はあ〜笑

流石に不便なので、、そろそろ換えましょうかね。。。

商品の写真はカメラで撮ってるので大丈夫ですよ笑、ということで本日は2点、しかも個人的に「この上下だったら、まあ大抵いつでもなんでもイケちゃうんじゃないの??」というお気に入りのカットソーとパンツです。

まずはカットソー、








quotidien half sleeve pique t-shirt






鹿の子は良いですね、肌触りも爽やかです。上質な感じがわかりやすい素材ですのでシンプルなデザインでも頼りなさがない、化繊の雰囲気が苦手な方には風通具合の良い素材としては最右翼でしょうね。






全体にゆったりめの雰囲気、鹿の子と相まってエアリーです。






緩いわけではないが詰まってもいない、程よい開放感のクルーネック、






袖口は襟と同じフライスを配してます。






サイドスリットでちょっとした味付けを、鹿の子とは相思相愛のディティールですね。






シンプル・ラフだけれど油断しているわけではない、そんな雰囲気ですよね?この具合だとボトムは何も悩まなくて良い、よっぽどのことがない限り全てのボトムに合うはずです。






クルクルっと半袖に。これもニュアンスが出て良いです、個人的にはこうやって着たい。



そしてボトム、






ARAN EASY RUGGER CM






杢調のグレーで大人らしい表情ですがクールマックス、そうですね、速乾透湿のテクニカルな素材。バッチリ快適です、でもシックなので大助かり。






腰回りの程よいゆとりからクッとテーパードを効かせたシルエット、お好きな方多いのではないでしょうか。






ファティーグ的なポケットですが貼り付けのポケットではないので、アメカジ臭さを無くしつつギミック感はキープ。






後ろはコンパクトなポケットを少し外側に振って配置、良いバランスです。






ウエストはゴムとコードで、紐の先の金ゼルも嬉しいギミック、ちらっと見えた時にも上質感を演出してくれます。






こんな具合。何もいうことはない、何も考えずにはいてシックで楽々。






ということでこのコーディネイト。ね、悪いところないでしょ?
ラフな着心地だけど見た目のゆるさはありません。大人同士で相対しても不快感を与えることもない、デートに行くにも嫌がられない、ハズ笑
靴をスニーカーから短靴に変えるともっとシックですし、逆にランニングシューズ系のモノでもいけますし。ミニマルな色合わせだけど物足りなさも無い。

と、ボクは思ってるのですけど、、、、笑

ピンと来た方、お早めに。パンツは特にお早めに。

よろしくお願いします!






quotidien half sleeve pique t-shirt ¥8,900+tax







ARAN EASY RUGGER CM ¥19,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×