UNIT

こんばんは。

本日はショートパンツを。






夏のボトムの定番、シャンブレーです。






FOB SHAMBRAY SHORTS






シンプルなトラウザーショーツをカジュアルに、インディゴのボトムですので”ジーパンはなんでも合う”ルールが適用可です。






ダーツを1つ、適度なボリュームで腰回りのバランスが取りやすいですね、






バックも玉縁のポケットで上品に。

至ってシンプルなショートパンツです。

と、ここまでは普通なのですが、少し気の利いたディティールが。






ベルトループの付いたデザインなのですがウエスト後ろ側はゴム入り、






紐も仕込まれてますので、要はイージーパンツスタイル。

だけど、キレイめデザイン。それをシャンブレーで軽い雰囲気に。






上品さのある軽快なショーツ、大人の普段着万能型です。
スニーカーは無論のこと、レザーシューズも対応可能。これはかなりのヘビロテでいけそうですよね。

ショーツ選びにに困ったらこれですよ。






FOB CHAMBRAY SHORTS ¥12,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






爽やかな陽気に川縁のお花も喜んでいる様子。

そんな爽やかな1日でしたので、本日は春夏通して心地良くはけるパンツをご紹介しようと思います。






ARAN FATIGUE VENTILE
このモデル、個人的にも上半期に最も出番の多いパンツ、






実際本日もはいてきました、これは去年までやってたバックサテンバージョンで色も2トーンくらい薄いタイプ。もちろん気に入ってるのではありますが、、、今年のリニューアルが羨ましい。。。。








ベンタイルになりました、しかも発色が美しい。






9分丈のファーティーグ、アランさん定番のモノよりも少しシェイプしたシルエットが軽快でよろしいです。








安定のディティール、カットソー中心になるこれからの季節には万能なのではないでしょうか。






裏側につけられたコインポケット的な隠しポケット、






中を見るとベンタイルのネームがペタリ、何だか嬉しいですね。






野暮ったさを適度に残しつつスッキリ、






1つ折ってはいてみました、最初の旧型の着用写真は2こロールアップです、靴とのバランスで遊びやすいシルエットです。シャツの時は折らずに・カットソーに革靴で1つ折り・スニーカーで2つ折り、そんな感じが気分でしょうか。






ボクはつい白か黒の靴を合わせてしまうのですが、同色でいくのもシブいですよね。



やはり、ファティーグは安定の頼り甲斐です。

これからの季節の軸になること請け合いですよ。







ARAN FATIGUE VENTILE ¥16,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

このところ寝るのが早いからなのでしょう、そのまま時間が前倒しで起きるのも早い、、、加齢・・・・?(笑)
山にでも行けば良いのですが、雨降ったし、、、まあ、早くUNITに行って何やかんやしても時間があるのでちょっとお散歩と思ってUNIT周辺を散策してたのですが、






昨晩の大雨で空気がキレイになってるためか、まあ緑が鮮やか。次の休みまでは降らないで欲しいなあ、これならMTB日和になるし、なんて思いながらいつもの景色を眺めておりまして。
そんないつもの景色も時間や精神的な環境の違いで見え方が違ったり、オープンまで後2時間もあるぞ〜と思いながら高瀬川をボケ〜っと眺めていると何だか贅沢で(笑)
ブログに載せる写真はつい高瀬舟になってしまうのですが、






こんな何気無いせせらぎが心を穏やかにさせてくれます。






しかし正面を見上げると、ここで佐久間象山と大村益次郎が襲われて殺されたよ〜ってお知らせの石碑、穏やかでもないな(笑)
大河ドラマもタイムリーですし、京都散策も面白いかもしれませんね、実際大村益次郎なんて雑魚キャラ扱いですけどやってる事スゴイし。そんな感じであの時代を眺めてると、清川八郎とか小栗忠順の様なこっそりキャラに魅力を感じます。でもボク、、いわゆる”幕末”っていうの、あまり好みじゃないんですよね・・・何だか湿度が高くて(笑)

逆に本日の雨上がりの湿度はヒンヤリして心地の良い1日を過ごせました。






本日もPt.Alfredの地のスーツ、本日もこれで良いのだという安心感に包まれております。






そして今週のPt.Alfredの補充でお師匠の本が到着、今まではお読みいただいてただけですが販売分がきましたので、是非是非。以前にご希望いただいてた方はボクの方でも何となく把握しておりますのでお越しくださいませね。



そんな感じで朝をゆったり過ごしていた割に、、家用のメガネのままだし・腕時計忘れてるし・ベルトも忘れてるし・パンツ裏表反対だったし、、、、なんだコレ。


それでは明日もお待ちしております(笑)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

またまた週末にかけてグズつくお天気の顔色ですが、皆様いかががお過ごしでしょうか。

とはいえ梅雨が明ければカリッカリに暑い夏がやって来ます、その前に今年も夏の足元のご準備をどうぞ。






HENRY&HENRY FLIPPER








デザインの安定感・耐久性・コストパフォーマンスの3拍子が揃った定番サンダル、イタリアでも愛される存在です。






ベーシックなデザインで薄めなのでちょっとキレイなコーディネイトの時にも馴染んでくれます、さすがイタリア製。






履いている人は口を揃えて言うのですが、本当に減りません。とても耐久性の高いラバーを使用してます。








今年はゴールド・ホワイト・ブラックの3色でご用意しました。ブラックは当たり前に使いやすいですし、白もスニーカーのコーディネイト感覚で使えます。やはりゴールドがピックアップの色でしょうか、ケバケバしくないマットな発色なので使いやすいですよ、軍パンなんて合いそうです。

普段はもちろんビーチでも、夏の雨の日にも。価格的にも玄関と車の中に1つずつ常備しておいても良いかもしれませんね。

ボク、真っ黒が欲しくて毎年買おうと思うのですが、、、かなり前に買った黒×グレーが壊れてくれないのです、、、それくらい丈夫であるということなのですが(笑)


夏の定番ですよ。






HENRY& HENRY FLIPPER ¥2,200+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






いつも通り加茂川を南下して出勤しておりましたら出町橋が満員御礼、葵祭でしたね、皆様朝からおお疲れ様です。日中も夏日、そろそろ涼しいカットソーが欲しくなる気分です。ということで






Re made in tokyo japan French Linen T-shirt






Reらしいデザインです、ゆったりシルエットで風通しの良いルックスと着心地。






リネン100%、洗いざらしの風合いも楽しめそう、経年変化の表情も期待できます。






クルーネックにラグラン、コンパクトなリブ付きポケット。スポーティなアプローチながら上品な仕上がり、リネンのシックなイメージとのマリアージュが素敵です。






ゆるいラウンドで裾の表情も、中にタンクトップを着てチラッと見えるなんていうのも良さそうです。






ワークパンツとの相性もバッチリ、太いパンツはもちろん細身のパンツも。ショートパンツにも合わせやすいデザインですが、、、個人的には7分以上の長めのボトムと合わせるのがオススメです。


柔らかいニュアンスながら、しっかり男性的な味付けもされた1枚です。






Re made in tokyo japan French Linen T-shirt ¥7,8000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。
昨日とは打って変わって心地の良い晴天ですね。最近6時前に目がさめるのですよね、、、、老化?。起きてしまって「なんや、、8時くらいになってるのかと思った、、、。」となり、布団出る前に時計見ろよって自分に言ってます。しかしながら今日のような昨日雨で洗い流されたキレイな空気を感じるのは非常に気持ちが良い、ベランダの窓を開けてぼーっとバナナ食べてました(笑)

本日は今すぐ使える夏のアウターをご紹介です、今日のお天気にもバッチリ合いそう。






Re made in tokyo japan Cool Max Seer Sucker Cardigan






クールマックスのシアサッカーです、透湿・速乾に優れたクールマックスに夏のイメージにフィットするシアサッカー、ベストマッチな組み合わせですね。






カーディガンにカバーオールのエッセンスを掛け合わせたイメージ、色んなボトムに合わせられそうですよ。






襟の開き具合は少し狭め、ブルゾン的なニュアンスです。






脇に巻いたポケット、この位置が見た目に大きく作用します。前身頃にベタっと貼るよりもスッキリ見えますし脇がしまって見えます、下にボリュームきますからね。






後身頃はセンターシーム。見た目のアクセントにも効果アリですし、伸縮性にも少し影響アリなので大事なディティール。






袖はゆるい筒袖、






ということでたくし上げて着るとかっこいい。
カッコイイでしょ?、ショートパンツやアウトドア系のパンツにも似合いそうです。カーディガンらしくインナーでも使えそうだし、中にシャツを着るのも良さそうだし、、着回しの幅が広いブルゾンです。


最初のイメージよりもイイ、自分も欲しくなってきました。。。

ということでお早めに(笑)






Re made in tokyo japan Cool Max Seer Sucker Cardigan ¥13,800+tax

追記:昨日のブログ、下書きで保存してしまってました、、、このまま合わせて下に進んでご覧くださいませ。
すみません、、、、(笑)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

折角の週末なのによく降る1日です、夜にはあがるみたいですが・・野外イベントも始まってますし大変ですよね、、屋内仕事のボクからするとシメシメですけど(笑)

恨みつらみがひどくならないうちに商品行きます(笑)






quotidien half sleeve t-shirt
フランスの老舗工場で作られる上質なカットソーを展開するブランド、いつも通りシンプルで信用できる空気感を漂わせています。






クルーネックの5分袖です、無駄のないシルエット。






素材はしっとりした肌触りの天竺、洗濯を繰り返しても柔らかくて心地良さを損ないません。






開き具合は程々、上品なクルーネック。






袖のリブも柔軟性の高いモノ、バインダー処理のおかげでユルさのない開き具合ながら窮屈さを感じません。






どこか上品な感じに。
素材のきめ細やかさと全体のバランスでJKTインナーにも良さそうです、袖もキレイに収まってくれそうです。

結構ローテーション率の高そうな1枚ですよ。






quotidien half sleeve t-shirt ¥5,800+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

“目には青葉 山ホトトギス 初鰹”






まさにこの季語まみれの俳句そのままの青々と茂った新緑が目に鮮やかな5月です、いつもの居酒屋に行ったら上り鰹があったりするのかな。。
そして紅葉しているもみじも美しいですが、この時期の水々しい青葉のもみじは若々しさが眩しいです。

梅雨までの最高に快適な季節を楽しみましょう、そんな時期にうってつけなカットソーが本日の商品。






BETTER RUFFY PIQUE TRUCK HENLEY NECK






ドライタッチなカノコを使用した七分袖のカットソーです。






ヘンリーネックのプルオーバー、全体に少しゆったりのシルエット。






フライスなしのヘンリーでスッキリした印象、






ダーツをとってますのでドレープ感が出て少し上級なイメージに。






サイドスリットでショートパンツと合わせる時にも表情が豊か。






ほのかに漂う雰囲気の良さ。
1枚でももちろん素敵ですし、インナーとしてもニュアンスを作ってくれます。この時期の軽い羽織モノだけでなくシャツやナイロン系のウインドブレーカーにも似合います。


ジワっと人気なカットソーです。






BETTER RUFFY PIQUE TRUCK HENLEY NECK ¥9,800+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はTシャツです、夏の着回しにバッチリなベーシックで気の利いた1枚。






BETTER SUPIMA SLUB CREW NECK POCKET T-SHIRTです。






素材はスーピマコットンのスラブ、しっかりした生地なのですがスーピマの柔らかさも伴いなんともいえない落ち着く着心地。スラブ糸特有の凹凸な生地の表情が良いです。






定番Tシャツに比べ身幅が1サイズ大きいくらいのルーズフィット、ショートパンツは特に相性良さそうです。






ポケットの位置が特徴ですね、着たときにちょうど良いバランスになるのです。






こうなります、普通の位置よりもスッキリでしょ?。そしてルーズといっても程良いフィット感を残してますので自然な雰囲気、使えそうです。
それと昨日の続きでスニーカー、半端丈のゆったりめのボトムにベストマッチです。


耐久性も高い素材ですし、着込んだ風合いの変化も楽しみです。

絶妙ですよ。






BETTER SUPIMA SLUB CREW NECK POCKET T-SHIRT ¥7,800+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

こってり雨ですね、こんなに降るとは思ってなかったです。このところ何故かブラジル音楽リバイバルがボクの中で発生しておりまして、先日ブラジルからの旅行者さんがお店で流してたMOSKAの曲を聴いてとても喜んでくれました、日本のイメージアップに一役買いました(笑)。コレ、夜に部屋でチビチビ飲みながら聴くと気持ち良いのです、最近引きこもりなのでそういうシチュエーションで聴きやすいブラジル音楽を選んでるのかも。ということで雨の日に合うブラジル音楽といえば、、






やはりコレ、Nara LeaoのDez Anos Depois。ボサノバの女神ナラ・レオンが歌う名曲集、日本人の耳に馴染んでいるスタンダードも多く入ってます。ジャケットそのまんまで雨をゆったり楽しめる1枚、素敵な写真でしょ。雨といえばジョビンのChovendo Na Roseira、そのまんまのタイトルでバラに降る雨、ブラジル音楽の金字塔ですね。

そしてそんな雨の日、なんとなくご紹介したくなったのがハイカットのスニーカー、というかブーツと言う方が良いのかも。






VALCANIZER MOCK TOE WORK BOOTS、春夏にバッチリのハイカットスニーカーです。






素材が麻、通気性が良いのでハイカットにも相性が良い。






スッキリとしたモックトゥの8ホール、ワークブーツのディティールを踏襲したデザインです。






アイレットがスニーカーっぽくてシューレースはブーツ的、質感が良いです。






天然ゴムのソールをヴァルカナイズで成形、ソールも粘度が高く削れにくいですしサイドテープも剥がれにくい。耐久性の高い仕上がりです。






こんな感じです。
ボク、個人的には春夏によくハイカットを履きます。まあ、、秋冬と同じなのですがロールアップによく合います、くるぶし丈のパンツも表情も作りやすい。






このようなドローコードで絞るタイプのパンツとも親和性が高い、太いハンパ丈のパンツも足首の始末を悩まず楽にこなせます(コレはまた後日に)。

春夏になるとどうしても足元を軽くしていく方向に行きがちなのですが、しっかり目のモノを持ってくると全体のイメージがしっかりしますので結構便利なのです。それが革のブーツなんかだと暑苦しいですがスニーカーだとちょうど良いですよね。Tシャツ1枚の軽いスタイルの引き締めにもなります。全身白系のコーディネイトにこのスニーカーなんてのはとてもカッコ良さそう。






ちなみに同型の素材違いも健在です。
こっちのご紹介の時のブログ記事でも触れましたが、このスタイルは元々半世紀前のL.L.Beanで作っていた由緒正しいスニーカー、というかブーツ。。。どっちだろ(笑)

本当にオススメです、ぜひご試着くださいませ。






VALCANIZER MOCK TOE WORK BOOTS ¥12,800+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×