UNIT

こんばんは。

皆さん、デニムはお好きですか??ボク等以上の世代がそうなのかも知れませんが、、カジュアルパンツの3種の神器的な存在として

ジーパン・チノパン・軍パン

これだけあれば何とかなる、そう育ってきました。それに紺ジャケ用に白めのパンツを何か・チャコールのウールスラックスがあればもう完璧!

あ。。。。。

これ、例えばの話ね、もう買い物しなくていいって話では無いです、極端な話。「死ぬ前に食べたいのは?何」とか「無人島に持って行くなら?」とかに近い話ですよ。気分やTPOに合わせて色々ありますからね、流行りだって追っかけないとはいえ無視もできないし、程よく楽しむことが必要ですから!!

焦った〜、焦って言い訳いっぱいしました(笑)

と言うことで、ジーパンというのはそれくらい基本になるアイテム。まあ実際「1年間、1本しかズボンはいちゃダメよっ!」なんて言われれば、迷わずデニムを選ぶ人がほとんどのような気がします。

それだけにデニムというのは世の中に種類も出回っておりまして。ボクもデニムの会社に延10年程はおりましたし、元々ファッションに目覚めたのはデニムが好きになったから、職種としてアパレルを選んだのもデニムがきっかけ。ユーズドのヴィンテージやレギュラー、国産、海外物、とりあえず一通りははいてると思います、もちろんストレッチも(否定は無いですし、また後日ご紹介予定のものもあります)。

それだけ素材・デザイン・色など全てに於いて多種多様だったり、昨今は素材感の飛躍的な向上によりストレッチデニムの勢いが席巻してたり、、、1店舗の個人規模のセレクトショップとしては、最早どうすれば良いのか分からない(笑)。とはいえデニムブーム全盛期に育った者としてはかなり柔軟な方だと思うのですが、、、まあ、、元々デニムに対する距離が近かったので理想に頭が固まってしまってるというのもあるかも知れませんね。そのうちUNITの5ポケ、作れたら良いなあ〜。

と、愚痴ばかり言えているのは、実際のところ本日ご紹介のジーパンがUNITの最後の砦を守っていてくれるから呑気にごちゃごちゃ言えるという事でもあります(笑)

ボクが思う”UNITのデニム”というのはですね・・・

・太くもなく細くも無い、程々にテーパードしたレギュラーフィットの5ポケット
・14oz以上だと重すぎるのでそれ以下〜12oz以上
・ストレッチでは無い
・赤ミミにこだわりはないけど、出来ればあった方がいい
・腰周りはあまり細くない方がいい(ウェストに角度がほとんど入らない) ・バックポケットは低め、小さいのはダメ
・ボタンは無地
・革パッチは無し

この程度のこだわりです。が、しかしこれが探すと以外に無い、、、と言ってしまいそうなのですが、、






15jyugoのshirasu denimはキッチリとおさえてくれているのです。






13.75ozのセルビッヂ(赤ミミ)デニム、「いやいや、ほとんど14と変わんないでしょ」と言われそうですが、この差が大きい。14ozの雰囲気をキープしつつはき心地が少し優しくなります、”ゴワっとした”ではなく”コワっとした”くらいの感じ。なのでワークパンツ然としたデニムの魅力はそのまま。






シルエットはこんな感じです。腰周りに少し余裕を持たせつつ程よくテーパードした感じ、あえて言うならば501の66を少しだけ505に寄せた感じ、でしょうか。これ説明すると長くなるので、分からない世代の方はグーグル先生に聞いてみてくださいね(笑)






アルミ無地のタックボタンにユニバーサルの真鍮両爪ジッパー、シンプルで良いです。






お尻周りはこんな感じ。オフセットのベルトループがオーセンティックで良い。革パッチは無しだけどステッチで表現、そうそう、そう言う事なんです(笑)






そしてイエローと金茶のステッチをそれぞれに配置、これも嬉しいディティール。過去のジーンズの歴史上ちょうど良いバランスだった時代もそうでした(ブランドによりますが)。








そしてバックポケットの隠しリベットはもちろん、15jyugoがアイコン的に使っている丸カンドメをコインポケットに。小技が気分良いです。

そして肝心のはいた姿、






すっきりさせつつ、どこか土臭さも残したというところでしょうか。ちゃんと現在進行形の解釈なんですけど伝統的なデニムの空気も帯びている、腰を細くしすぎてない事でウェストマークが決まりやすい。






で、小さくない低めのバックポケット。「小さめで上の方にあると脚長効果がある」と思いがちなのですが、、それって、、実際はポケットの下にお尻のラインが見えるわけですよね、そうお尻が下がって見える。そして小さいポケットだとお尻のお肉がはみ出してる雰囲気に。なので、程々に大きさがあって下からお尻を包み上げてくれるスタイルの方が足が長く見えなくともスタイルはよく見えます。


古き良きを追いかけ過ぎずに、ちゃんと今のデニムなのです。

まさに温故知新を自で行く様な。

本日の様に、このワンウォッシュデニムに黒靴の下半身だと、おそらく合わないものはないと思います、、、、うん、今色んなのを想定したけど全部OKでした(笑)

やはりデニムってすごいかも。。



オーセンティックで新しいデニム、ぜひ季節の変わりめにどうぞ、気分良いですよ。






15jyugo shirasu denim ¥19,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

バタバタっと入荷がありましたので急遽お知らせ、週末ですのでとりあえずみに来てくださいというところです(笑)

まずは昨日に引き続きMARINEDAYから補充が到着です。





MARINEDAY FLAT4MARINEDAY FLAT CROCOが揃いました、お待ちいただいてた皆様よろしくお願いします!






こちらも揃いました、MARINEDAY AGE3MARINEDAY AGE CROCO、最近じわじわ人気です、このミニマム感が良いのでしょうね。名刺入れにも代用できます。



そして久々にNUNC(ヌンク)の大量入荷です。






基本の3型はもちろん、






ビジネス向けの新作、






カジュアルの新作も。

これらは改めて細か〜くご説明しますので、まずはNUNCさんのメーカーHPで予習をお願いします(笑)

取り急ぎで申し訳ございません、よろしくお願い申しあげます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






このところ、盛夏や秋冬の準備が始まり定休日は両日京都に居なかったり。
それはそれでリフレッシュになる(実際先輩友人とリフレッシュ出来る会合もあるので笑)ので、次の事を考えて気分を新たに仕事を出来流という側面もあって、休日にのんびりというわけには参りませんが悪くない。
そして最近は昔UNITで展開していたスニーカーを引っ張り出して温故知新な新鮮さを味わったりもしています、スニーカーだけでなく洋服もそんな感じで選んで着たりして「うん、今までのUNITの仕事は正しい。」と自己暗示掛けたり(笑)

って、そりゃあ信頼するブランドさんですので当たり前なのですが(笑)

そんな信頼するブランドの中でも代表的なのがMARINEDAYさん、本日はUNIT最近のお気に入りでもありマリーンデイでも色・型を増やして展開中の






66ナイロンOXフォード素材の3型めをご紹介します。








MARINEDAY CLOVER
シンプルなデザインで定評のある型を、この素材でさらにすっきりとまとめ上げたトートバッグに昇華されました。






正方形に近いバランスでミニマルな印象、このスタイルだと電車の中でも横の人に気を遣わなくていいですよね。個人的には横長のトートが好みでそればかり選んでいたのですが、電車通勤でトートを使う方に言われて目から鱗でした。
ハンドルを斜めに配置、比較的細いものを採用しているのが全体のクリーンなイメージに貢献してますね。個人的な意見を言うと、、なで肩なので太いものだとズルズル落ちるのでこの細さが有難い(笑)






奥行きもしっかりありますので見た目以上の収納力だと思います。A4書類の増える出張でも1泊くらいなら全く問題なさそうです。そして毎回言ってますが真鍮の脚付き、これで耐久性が段違い。






中にはコンパクトなオーガナイザーが1つ、細かいものはここに入れるとわかりやすいですね。






キーリングも付いてます、すっきりして流ので色々取り去ってるように見えますが、実はきっちり気配りしてるのです。






ナイロンOXと真鍮の組み合わせって、マリーンデイさん以外では無いかもしれません。






こんな感じ、男性が持っても小さくなく・女性が掛けても大きすぎない、絶妙なサイズ感です。
素材的にはスポーティなコーディネイトにも合いますし、66ナイロンOXは落ち着きもありますのでレザーシューズをはく時も。雨や汚れにも強いというのも嬉しいです。

ちなみに、






CLOVERの兄貴分のCHICKEN.JPもわずかながらございます(個人的にはこのブルーを気に入って使ってます、ベージュのコートを着るときに映えるんですよ〜)

シンプルでミニマルで、気に入ると手放せなくなりそうなトートバッグですよ。






MARINEDAY CLOVER ¥13,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

ARAN VEST

こんばんは。

今日はお店の外の方が暖かい日中でした、ここ数日は過ごしやすいですね。早く春が来ないかなあ〜、、、

という事で、本日も即戦力で春にも大活躍なARANのベストをご紹介。






シンプルで合わせるインナーを選ばない、万能型ベストです。クルーネックなのでシャツもTシャツもクルーネックニットもタートルも、なんでも対応可。






共地でトリミングしているのもワンポイント。






ラウンドポケットで慎ましやかではありますが、適度な印象があって良いですね。






サイドスリットはベルト付きでインナーのボリュームに合わせてコントロールできます、ビジュアル的にも効果アリですね。






表地はナイロンオックスで、サクッとした表情と使い勝手の良さを両立、中に薄いフリースを挟んでますので最低限の保温性とルックス的なボリューム感をキープしてます。1枚ものよりも立体的なイメージになりますね。






襟元にループをつけてますので脱いでちょっと引っ掛けて奥にも重宝します、ギミック的にもワンポイント追加。






シンプルで無駄がないのですが、なんだか匂いのある感じ、ARANさんの得意なイメージでしょ?

ベーシックで普遍的なファッションをミリタリーのフィルター越しに、それもこってりしたものではなく丁度良い味付けで。その感じがUNITの考えるアウトフィットにもしっくりマッチするのです。そしてこのベストはアランさんのラインナップでも最も息の長い品番の1つ、ボクも手放せません。

今すぐにインナーで、春〜初夏手前まではカットソーの上に、便利で洒落た1枚ですよ。






ARAN BEST ¥18,000+tax



商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今朝、ボクの目の前で何故かポロリと落し物をした方が2人も。。仕事場の入館証のようなものだったりしたのでタイミングよく拾えて良かったです、逆にボクに何かいい事ないかな、、、笑

そんな、なんだか気分の良い朝だった本日、かっこいいのをご紹介しようと思います。






Re made in tokyo japan Relax Twill A-Line Coat
久々にしっかりReさんのご紹介です、UNITスタート以来の取り扱い9年目、やはり安心感があります。
春のコートですが、今からでもインナーの調節で即戦力でも大丈夫そうです。






シンプルなチェスター的な、ショップコート的な、いいとこ取りなコートですね。






ポリエステルのツイルで伸縮性もあり軽い着心地、ちょっとした雨にも対応出来そうです。白いボタンも春らしくてさわやか。






程よい開き具合の襟元、






たたきつけの内ポケット、こっそりアクセントになってくれます。






手元のポケット大きめのデザインで少し脇にセットバックしててAラインを更に綺麗にまとめてくれてます。








襟を立てて来ても良さそうですね。






着てみました。
全体にクリーンなイメージは相変わらずReらしい雰囲気、それに少し柔らかいボリューム感を追加したニュアンスが素敵です。今日はコート以外は全部ホワイト、はっきりツートーンです、いいでしょ?。カーゴパンツにギンガムのシャツなんていうのも良さそう、デニムにボーダーTとか、スウェットパンツとOXフォードシャツとか、、うん、色々カッコイイです。






ボクの着用はクルーネックのカットソーですが、シャツだと襟元がこんな感じ。上品なカジュアルで軽快な印象です。


即戦力な春コート、いかがでしょう??
Reらしさと今の気分が良いマリアージュです、心軽やかに過ごせそうなコートですよ。






Re made in tokyo japan Relax Twill A-Line Coat ¥24,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






本日は京都マラソン。UNITはゴールの平安神宮と折り返しポイントの京都市役所、北西には京都御所がありますので毎年人通りがスッカスカ(笑)
しかも自宅前の北山通を越えることからハードルなのでまあ大変、お店直前もどの角度からも結構厳しい、写真はここを渡ればそこが店というポイントなのですが、かなりの迂回を余儀なくされるのです(笑)

そんな日曜日でしたが、4日前の水曜はバレンタインデーでしたね、直前でお返し選びに困らないようにお早目に準備しましょう。ということでUNITのバレンタインデーお返し最適商品をご紹介です。






まずはMARINEDAのPONNI






ソフトレザーのシュシュ、落ち着いた雰囲気で幅広いスタイルに合わせやすいです。マリーンデイの上質なレザーを使用してますので、ちょっとしたお返しだけどしっかりした印象を持って頂けると思います、気の利いたチョイスだと思いますよ。

次は安定人気でちょくちょく補充のお知らせをしております9coconoの香りシリーズです。






ファブリックスプレー、






ボディ&ハンドクリーム共に3種類の香り。

樹露juro
霧の立ちこめる深い深い苔むした鬱蒼と生い茂る樹々の中で感じられる心象から、香りのイメージを膨らませてます。

圓重mare
東洋と西洋が交差し、渾然一体となった港の喧噪。
そして、重なりあう濃厚な過日やハーブの甘さ。そんなイメージを組み立てた香りです。

橘tachibana
青い空に碧い海、白い建物に青い屋根のコントラストが美しい地中海の島。
燦々と照りつける太陽、そしてくっきりと現れる黒い影。
白いドレスやスーツなどすっきりとした装いが似合う、静かではありますが煽情的な香りです。


どの香りもクセのない柔らかな表情なので、きっとお気に召していただけると思います。天然成分100%なので、そういう意味でも安心してプレゼント出来ます。昨日も早速奥様へのお返しでお求めお求めの方もお見えでした。

お早目にご準備くださいね、忘れないように!(笑)






MARINEDAY PONNI ¥1,500+tax






9cocono fabric spray ¥3,200+tax






9cocono bady&hand cream ¥2,500+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

少し温んできた数日ですが三寒四温ですのでね、皆様体調くずしませんよう呉々もお気を付け遊ばせです。

ということで週末ですので、ここ最近入荷したモノを慌ててまとめてご紹介です(笑)






Re made in tokyo japan Relax Twill A-Line Coat ¥24,000+tax
ゆるやかなAラインのコート。軽やかで伸縮性に優れた化繊のツイルを1枚仕立てに、パリっとした爽快な着心地です。今からでもインナーのボリューム次第では着用可能ですし、春だけじゃなく天気の悪い日や秋にも活躍してくれる万能モデルです。






alk phenix dome coat /EPIC ¥39,000+tax
次は継続品番のアルクのレインコート、もちろん本道の使い方も良いですし・春のコートとしても雄洋です。旅行の時なんかはもう1枚+αとして・傘がわりにと、とても重宝するモデルです。






UNIform shirt-coat ¥17,000+tax
こちらも継続です、シャンブレーのシャツコート。まさに春のアウターというかんじですが、今のインナーとしても使えます。汚れに強いシャンブレーを使ってるという特性を活かして作業用の洒落た上着として使っていただけたりするのも嬉しいです。






weac. BASIC SHIRT ¥15,000+tax
ちょっと遊び心のあるベーシックなB.Dシャツ、今回はペルヴィアンピマという高級コットンを使用しています。カジュアルスタイルにこんな光沢感のあるシャツを持ってくると、グッと上質感が増しますね。






quotidien pique crew neck cardigan ¥8,900+tax
フランスのファクトリーが製作するブランド、ボクもこのカーディガンは愛用しております。クルーネックなので合わせるインナーを選びません。上品なカジュアルカーディガンですね、鹿の子というのもさらに好印象。






Re made in tokyo japan Light Waffle Pocket Pull Over ¥7,500+tax
中厚時のワッフルを採用した9分袖のカットソーです。ラグランとポケットが印象的です、ラフに着てサマになる感じですよね。春のインナーに持ってくるとアウターを引き立たせてくれそうです、アウターを脱いだ時もかっこいいし。








CLUB DE MER Original Berton shirt ¥7,800+tax
今年も到着です、クラブデメールのボーダーロンT。去年はボクのタンスに来てくれなかったので今年こそは(笑)、万能型のボートシャツですので是非連れて帰ってくださいませ。これに関してはサイドストーリーもありますのでそれもお楽しみに。










MARINEDAY LEAF ¥15,000+tax
TENDER ¥14,000+tax
キャンバスと66ナイロンとレザーを取り合わせた新鮮かつ安定感のある仕上がり、色んなコーディネイトに合わせられそうでしょ?。マリーンデイらしい落ち着きと遊び心が共存するモデルです。








MARINEDAY CLOVER ¥13,000+tax
そして今季のマリーンデイでUNITがオススメしてる66ナイロンOXシリーズ、FISHFLYBLUEBLUEに続いて到着したNOMAD。とにかくシンプル、春のコートに白いスニーカーなんてスタイリングに合わせたくなります、もちろん季節関係なく使えるポテンシャルですので今すぐ冬の装いにも。


という具合に、続々到着しております。

週末お待ちしておりますね!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今日は雪がちらついてました。夜はちょっと心細くなるほど寒いのですが、、日中はまあなんとか我慢出来るくらいなのかな。

ボクは自宅を出るのが大体10時くらい、普通のお仕事の皆さんよりも暖い時間なので余計に平気なのかも知れませんが、自転車で20分程動くとお店に着く頃にはイイ具合に温まってます。寒い時期の夜は我慢する部分も多いかもしれませんが、それ以外は結講気分転換になったり。ボクの場合は朝は仕事に向けて頭をスイッチ・帰りはその開放、そんな感じでしょうか。たまに電車やバスをつかうのですが、電車だとドアtoドアで自転車の倍・バスは自宅前が丁度停留場なのでマシですが、それでも自転車の方がロスが無い。意外と最速だったりするのです。もちろんコンパクトな距離感の生活圏内の話かも知れませんが、何かと小回りの効く自転車は便利、、というよりも程良いのです。

なんてコトを申しますとオシャレな自転車ライフを意識してるみたいなのですが(笑)、実際のところボクの自転車生活は殆どがマウンテンバイクでした、山から街まで。







休日や[RIDING UNIT]の日は大体こんな感じで自転車に乗られて上って、下りに乗せてもらってます(笑)あ、、、ライディングユニットは、毎回こんなに担がないですよ、、ゆる〜く来てくださいね(笑)








ここ数年はこの2台を気分次第で、どっちも青いし変わらないように見えますね(笑)
この北米のブランドがなんだかしっくりくるんですよね、どちらも29インチ。出始めた頃から29erを乗り継いだのですが、この5年あたりでとても普通に乗りやすい設計になってほんと快適。最初は日本人には大きいなんて言ってましたが、フレームや周辺パーツがどんどん進化して大きなタイヤ径なのにコンパクトになりました。27.5+も良さそうなのですが、、個人的には29erかなあ。。
・・・って、これは今日の話には関係ないのでストップ(笑)






そして通勤や街中、ちょっと遠出のサイクリングにはこのE.B.Sのツーリングワゴンのような自転車。イイのですよこれ、後ろのカバンで米も運べるしトイレットペーパーもスッポリだし。なんなら自転車1台括って運んだコトもあります。

と言う具合にボクの生活に自転車は欠かせない存在であることはある意味周知の事実というやつなのですが、、思うところがあり最近UNITでの露出は控えめにしてました。。
9年前にUNITをスタートしたときはもっと頻繁に自転車周辺のこともお話ししてましたし、なんならこっそりですが濃い目の車体も売ってました、普通にMTBのタイヤ並んでましたもんね(笑)
しかしながらどうしてもその濃い味が先に立ってしまい、どうても「自転車用の洋服専門店」的な印象を持たれることが多く、少し距離を置こうと思いました。
自転車に乗るためのモノを揃えたお店ではありません、UNITが考える街の生活の中でおすすめしたい「道具」の一部に自転車があって、それ”も”オススメしたいのです。そういう意味ではUNITで主力アイテムの鞄たちと同列ですし、財布や帽子とも同じ立場。そこへ行くとチノパンやB.DシャツもUNIT的には「道具」な一面もあります、このあたりはこの日の投稿やこの中にあるリンク先にもちょっと書いてますので、お時間あれば。また改めて色々いう日を作ろうと思います(笑)

そんなUNITが何故また最近ちょこちょこ自転車のことについて口を開き始めたかと申しますと、その「生活に寄り添う道具としての自転車」が今年から本格スタートするからなのです。

これ、大切です。「自転車生活のため」ではなく「生活に使う」自転車、もちろん(これは敢えて言いますが)ホームセンターで使い捨て傘のように売られている消耗品然としたモノではなく、愛着の湧く「自分の道具」として、決してエンスー度の高い”バイク”ではなくボク等の生活に密着した”ジテンシャ”を本気で作る、そういうブランドが立ち上がったのです。

ん?エンスーって死語かな??、最近の言い回しなら”コアな”とかになるのかな(笑)

それがこれからUNITで展開する「tobira」、前出E.B.Sのセカンドブランドです。
先程の話しの流れならば、E.B.Sはコアなサイクリストが選ぶブランド、tobiraはこれから自転車で街の生活を送りたい・街の生活にしっかりしたモノを選びたい、そんな立ち位置のブランドだと思います。






そのフラッグシップモデルがこの”tobira model-T“、この車体は近日中に入荷予定です、改めてご説明しますね(ボクも乗るのかな)

その前に、






すでに入荷している”tobira model-O’“で1コーナー出来てます。
実はこのmodei-O’、半年前くらいから店頭にあったのですが、敢えてブログで触れてませんでした(ボスごめんなさい笑)。なので満を辞して登場、女性にも扱い易く且つ安定感のある作りのフレーム、見た目以上にグイグイ進みます。
このO'(オーダッシュ)は”tobira model-O(オー)”の廉価版、上位2機種はE.B.S工房のハンドメイドですが、こちらは台湾製。しかしながらデザインは全く一緒なので走行性能は折り紙付き、お得なモデルです。女性がよく選んでるブランドさんだとちょっと可愛すぎたり華奢だったり、それよりももう少ししっかり道具感が漂う感じですよね。実際他社よりも走りますよ、この差は日々使う中では大きな差。

そんな普通で、しっかりした、そんな上質な「道具」としての自転車”tobira”がUNITでもスタートします、今後ともよろしくお願い申しあげます。






こんな感じでちょっとしたパーツもありますし(tobiraのカスタムももちろんご相談に乗ります)、






フロントラックにMARINEDAYなんて、素敵でしょ?買いが増えたらバッグを背負って買い物袋をラックにのせるもよし。






コーデュラナイロンのスニーカーも洒落てて相性も良いし。






BACH GATEWAYだって、電車通勤でも出張のキャリーバッグとの相性も良くって自転車通勤にもバッチリ。

ということで、皆さんが自分のための「道具」を買いにくるUNIT、新たな仲間が加わりました。

宜しくお願い申し上げます!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

寒いですね〜。去年はそれほどなかったのですが、今年は給湯器の水道管がしょっちゅう凍ります。昨日は寒かったな〜って翌朝は起きてすぐに蛇口をひねって放置しておけば30分〜1時間後にはお湯がで始めるのですが、今朝は全くうんともすんとも言わない。さらに昨日の晩はソファで寝てしまいお風呂も面倒でそのまま寝たので、、今日は気持ち悪い笑
今の部屋に住んでからこれほど続いたことがないので、今年は余程寒いのでしょうかね。でも、、、3年前に大雪だった年はもっと寒いトコに住んでたのに、、設備の違いかな?

まあ、、それくらい寒いかもねってことです。

そしてUNITも寒い。先週松阪のmonday mama marketさんにお邪魔した時は半袖の下着と厚めのロンTで快適に過ごせました、、設備の違いだな笑
外から入ると余り思わないかもですが、ずっと居るとまあ寒い。。床も高くないし、壁も断熱材入ってなさそうだし、鴨川と高瀬川の横だし、、、笑。なので、まあまあの時期まで綿入りベストとマフラーで居ると思うのですが、、それは気にせずに春物をごらんくださいませね笑

ということですので、、






もうしばらく冬物もキープします、更にお得になってるモノもこっそりあるので、買い足してくださいね。逆に春からも使い勝手の良いモノだってありますし。是非どうぞ。






そしてUNITの店内もコツコツと軽やかになってきております。






活きの良いカバンもどんどん入荷中、






安定人気の9coconoの香りも定期補充済み、これもまた新作の予感が。






自転車の件も明日くらいには少しお話しできるかな〜と思います。

その他、UNITとしては珍しいパターンのデニムも入ってきたり、Reさんの春コートがカッコ良かったり、ボーダーTが春の訪れを感じさせたり、、、。

ということで、寒さにめげずお越しくださいませね笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






というわけで、昨日は三重県松阪のmonday mama market&HUNKY DORYさんにお邪魔してきました。 出張営業は去年の10月以来、マンデーママはレディースとメンズのカジュアルセレクトショップで






ハンキードリーさんがレストランバー、イベントスタート前にオーナーの多賀先輩にコーヒーを淹れていただき小休憩。オープン前音色店の雰囲気ってなんだか素敵。そうこうしているとtoi toi brotのエリさんも到着でイベントスタート。






美味しそうなパンがいっぱい。これが瞬く間に完売、すごい人気でした。パンは大好きなので是非いただきたかったのですが、、、それだけの人気ですのでもちろんボクの口には届きませんでした・・・笑






切り替えて出張UNITに集中。
前回お越しいただいたお客様もいらっしゃたりでリラックスして仕事ができました、お越しいただいた皆様、有難うございました!!
そして是非京都のUNITにもお越しくださいませ、これから桜の季節がやってきますのでね、お花見がてらにお待ちしております。






そしてHUNKY DORYさんは毎週のようにライブやイベントを開催してらっしゃいます、monday mama marketのセレクトもかっこいいですし、ここだけで半日遊べますよ。ボクはいつもバタバタしてるので普通に遊びに行きたいなあ、お伊勢参りの途中に松阪にちょっと寄り道も楽しいと思います。ホントに素敵なお店なので京都の皆様も是非!

そしてtoi toi brotさんの出張販売も是非京都で開催してほしいなあと思っております、「食べたい〜!!」って方、ボクにプッシュしてください笑

ホントに美味しそうだったもんな〜。。。

松阪の皆様有難うございました、また出張UNIT企画します!!






しかし、近鉄特急の内装は乗るたび違ってて面白い。。。


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×