UNIT

こんばんは。

本日は暦の上でハロウィンの当日、昨今はバレンタインデーかクリスマスだかを凌ぐ人気イベントになってるようですね、昭和世代にはピンとこない笑、そのうちイースターなんかもはやり始めるのでしょうか。

自転車店を営む友人が自身のブログでも言及してましたが、我々世代でちょっと音楽好きだったら必ず聞いたことのあるのが”ハロウィン”、ボク等はこっちのほうがハロウィンのイメージ笑 ハードロック・ヘヴィーメタル(ビはダメ、ヴィね笑)界では1993〜1994年が最後の豊作年なんて言われたその年、ずっとメインボーカルを張っていたマイケル・キスクが脱退してピンククリーム69(今思うとすごい名前笑)のアンディが加入、その直前に発表されたカメレオンというアルバムの出来不出来が物議を醸し、ハロウィン人気が影を差し始めるのです。しかしながら今振り返ると本当に豊作、
・ANGRAの1st
.イングヴェイの7th sign
.元ジューダス・プリーストのロブがFIGHTを結成
.ガンズのスパゲッティ・インシデント?
.ディジーミズリジーの1st
.Mr.Big大ブレイク
パッと思いつくあたりでこれだけある、、その他盛り沢山は省略。

イギリスだと、、
・ブラーの2nd
・レディオヘッドのパブロハニー
・スエードの1st
・オアシスデビュー
・マッシヴ・アタックの名盤プロテクション
細かく言えばもっとあるのですが、この辺りからトレインスポッテイングへの布石となってたのですよね。
とか言いながら、この年はアメリカのミートローフがUKチャート年間1位、こっち系の最後の盛り上がりだったのかも。

スウェーデンではカーディガンズのプロデューサーのトーレ・ヨハンソンがブイブイ言い始めた頃だし、そのあおりで米国のトゥイーポップと言われたネオアコ・ギターポップが圧され衰退を始めた頃(日本ではそのエッセンスをフリッパーズやカジヒデキが吸収)、ネオアコの代名詞的存在のエブリシングバットザガールはマッシヴのプロテクションで1曲コラボしてます、そういう流れだったのだなあと後になると分かる。

アメリカは、、、ジャンルごとに大量なので割愛笑。ホイットニーのボディーガードのやつとか、マライヤ、スノー、UB40、ジャネット・ジャクソンが人気だった頃。ロクセットとかどうしてるのだろ。。。

Xのhideちゃんのソロが93年、カート・コバーンの自殺が94年。

ボクは何が好きだったかといえば、、、全部聞いてたかも、、、。
高校〜大学にかけての年頃だったので手当たり次第聴いてましたね、、色々サボってレコード屋さん行ってたな〜。 上に挙げたミュージシャンは1部を除きみんな好きなのですが本当に好きなのは内緒笑、ご興味あればお店で笑
これくらいの頃、スウェーデンのアトミック・スウィングというバンドの大阪のライブにアラニス・モリセットのTシャツ着ていったらでっかい白人にめちゃ褒められた思い出があります、ビールおごってもらった笑

メタルの話で始まったので〆にそっちに話を戻すと、、、93年のボクにとってのハードロック・ヘヴィーメタルシーンのエポックメイキングは、、、モトリー・クルーのバンド名を冠したアルバム”モトリー・クルー”、モトリーファンの評価は結構低いですが笑
ヴィンス・ニールが解雇されで元スクリームのジョン・コラビがボーカルになったのがこのアルバム、以前より音が厚くなってボーカルもブルージーでかなり聴き込みました、フォークやカントリーサイドからのアプローチも取り込まれてていまだに年に1回くらい聴きたくなる。ヘヴィー系の中だと軽め扱いなのですが、同種ならスキッド・ロウあたりも今聞くと新鮮。

って、・・・・・ハロィンから暑苦しい話になってしまいました笑、しかしああいう音楽が認められる時代って豊かな証拠だったのではないかなあと思います。日本に元気を!!、そのためにもUNITでお買い物をどうぞ笑

本日の話から連想すると、ロック小僧(死語?)はバンドTにスウェットパーカとコンバースかバンズあたりが定番スタイルでした。そのままだとちょっとこそばゆいかもしれないので、本日は大人になった我々の為の、現代の定番スウェットパーカをご紹介です。






BETTER ZIP HOODY






裏起毛の重厚なスウェットなので重そうに見えがちですが、軽い着心地でストレスありません。






少しゆとりを持たせたシルエット、でもスッキリするところはしっかりおさえてます。着心地とルックスを両立してます。






ベーシックなフード、






安定感のあるリブ、






もちろんのダブルジップで裾がまごつくこともありません。






そして脇の処理がリバースウィーブのエッセンスを取り入れたデザインに、意匠的にも機能的にもバランスのとれた仕上がりになってます。






これくらいの余裕ありなシルエットです。ラフ・スポーティにも解釈出来ますし、ベーシックな組み合わせにも溶け込んでくれます。昨今のアウトフィットだと、ぴたぴたのパーカよりも少し余裕のある感じですし時代性にもマッチしてます。 今日は太いパンツに合わせてますが、個人的には細いデニムに赤いスニーカーとか合わせたいなあなんて思ったり。。結局そっち笑

ベーシックなパーカ、あると思ってたら以外にタンスに見当たらなかったり。長い付き合いができると思います、ましてやベターさんですから信頼度もバッチリ。

大活躍間違いないしです。

今日はギラギラしそうだったのでお話の内容の画像などはナシにしました、ベターさんに迷惑かかりませんように。。。笑




BETTER ZIP HOODY ¥13,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

1段階寒くなりましたね、買い物しなきゃですよ(笑)

そんなところで前回おすすめしてたRYUのロングニットをご紹介です、丈が長いので腰回りが暖かくて良いですよ。








RYU boucle over knit
ユニセックスなデザインですね、しかしながら甘くなら過ぎずバランスの良いニット。






ウール34%・アクリル34%・ポリエステル32%の混率です。質感も上質で軽く、ロングですが肩がこることもないし化繊が混ざって扱いやすい。






Uとクルーの間くらいの襟元、ダラっとした印象になりません。






ハンドウォーマーつき、実用性もさることながら、こういうニットはポケットに手を突っ込めたほうが手元不如意にならずに済みますからね笑








前回もコーディネイトはコレ、ゆるいボトムに合わせてリラックスした感じ。シンプルながら洒落た感じに仕上がります、ハーフ〜ロングコートとの相性の良いコーディネイトが出来ます。






逆に細いボトムとベーシックなスニーカーを、若々しいニュアンスです。これだとちょっと裾が出るくらいのアウターを持ってきても良さそうですし、巻きモノでバランスを整えても良し。






そしてalk phenixのパンツとハイテクスニーカーでスポーティな感じもOK、意外なほど懐の深い万能選手なのです。

こういうニットは女性のほうが得意なイメージですよね、でも女性のみなさんもパンツと合わせることのほうが多いはず。ということは、、パンツしかはかない(であろう)男性陣に取り入れるのも当たり前のように良い結果が生まれます。

まあ、、、単純に着るだけでオシャレさん出来上がりですから笑

是非ご試着してくださいませ、コーディネイトは補助しますので。






RYU boucle over knit ¥24,840
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

先週のような荒くれ天気ではございませんでしたが、本日は終日雨降りでしたね。
雨にもかかわらずご来店くださいました皆様有難うございました!、なんとなくバタバタしながらの土曜日でした。

天候に左右される店内の照明ですので、本日はブツ撮りなしで久々にコーディネイトを何枚か見ていただこうかと思います。






もちろん本日もチノスーツで皆様をお迎えしておりまして、ブログをご覧の通りのベーシックなお店ではありますが、それ以外にも勿論シーズン毎のスパイスになるようなモノ・変化球ではあるけれどもUNITのアイテムと相性の良いモノ、セレクターであるボクが好んでいるモノも少し、そんな中から選んで着てみました。






Manual Alphabetの半袖中綿ブルゾンにBETTERのミッドウェイトロンT、ARANのストレッチコーデュロイイージーパンツ。スポーティになる一歩手前な感じです、イージーパンツといえど上品な仕上がりで短靴と合わせてシックに。






アウターをFOBのデニムステンカラーに変えて、こちらもラフなような落ち着いたような。柔らかいデニムにウールのライナーがついて暖か、カバーオールをステンカラーにアップデートしたような、大人のデニムウェアです。






次はweac.の極太イージー。ゆるゆるですがグレーのピンストライプでシックな表情、トップタイトでスニーカーのボリュームを抑えめにすればスッキリ。






トップスをRYUのルーズニットに変更すれば今っぽい気分に。かといってだらしなくなるわけではなくシックな雰囲気は変わらずです、このニットは細いパンツにも合います。






そのまま上にalk phenixの全天候型コートをポイッと、かっこいいでしょこのコーディネイト。着てて楽・でも洒落てて・大人らしさも損なわず、このバランスは街に溶け込みつつ「お?」と思わせるニュアンス。ふつーに着れば洒落た雰囲気になる典型的なバランスです。

駆け足ですが、こんな感じのコーディネイトもUNITのおすすめ、このほかのコンビネーションもたっぷりです。最近コーディネイトのご相談が以前より少ないのでボクとしては手持ち無沙汰、、、笑

是非ご相談くださいね、ぶっ飛ばない程よい感じをお伝えできると思います笑

それではまた明日です!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。




昨日から晴れの京都、本日はさらに雲ひとつ無い秋の高い空が見えました。久しぶりの晴れは気分がイイですね、そんな爽快な朝を迎え「さ〜、写真撮ろ〜。」と思いカメラをセットしようと思うと、電池切れ。

はいはい、交換しましょ、、、ん?、、あ。先週のライブの時にポケットいれたまま帰って、予備が無い。。。あ〜、充電するか〜。

・・・・・・2時間後・・・・・・

ちょっと撮るくらいは充電できたでしょ。。ん?、、、へ??、、これ、壊れてるやん。。。。。

はい、終了です、、、、笑

ということで気を取り直して、OSをアップデートしてしまってから起動が毎回嘘のように遅くなったiPhone6で撮影笑、早めにご報告しとかなきゃなのをチラっと。






暖かそうなミットレイヤーです、これは具合が良さそうです。その前はARANのストレッチコーディロイのイージーパンツ、綺麗に見えるのに楽々。






mature ha.のフリーハット、これもそろそろ本格的なシーズンイン。ポロポロ動き始めてるので色欠けする前にお越しくださいね。






とてもとてもお待たせしておりました、BETTERのミッドウェイトのロンT。入荷しております、今年の分の買い足し宜しくお願いします。






同じくベターのスウェット達も入荷です。これに関しては少しお得情報を追加しますので頭の片隅に置いておいてくださいませね。





FOBからは冬顔で落ち着いた雰囲気ながら、扱いやすくはいて楽なパンツが揃ってます。困った時の頼れる1本です、こちらも是非ご試着に。


今日は半袖で歩いてる人も多かったのですが、夜になるとやはりヒンヤリ。


風邪などお召しにならないように、冬の準備をお忘れにならないように、、どちらもお気をつけくださいませ!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

台風一過でグンと冷え込んできましたね、、こんな仕事をしておきながらボクは対応しきれておらずでちょっと寒めの格好、、、笑
なので店頭で暖かそうなのが羨ましくなり、本日のご紹介はこれに決定。






Guernsey Woollens GUERNSEY CARDIGAN
フランスとイギリスの間にあるガーンジー島伝統のニット、実際に昔の漁師が仕事着に使っていた耐久性と保温力の高いセーターなのです。無骨なようなカワイイような、、暖かさが見た目通りに伝わってくる感じかしますね。






フィッシャーマンですので伝統的な前後同じ形の身頃、






しかしながらカーディガンにアレンジしている分クルーネックになり襟元が前下がりでゆとりが出ています、着やすいですよね。






ポケットもシンプル、木製のボタンも経年変化が楽しみです。






ゴテゴテした編み変えではなくポイントで必要なところにあしらってあります、ベーシックなコーディネイトには嬉しいおしとやかさです。






油分がしっかり残っているのを感じられながらサラッとした肌触り、程よい肉厚ですのでアウターを合わせるのにもゴワゴワ感はありません。








シンプルです、何にでも合わせられそう。”何にでもあわせられる”って、なかなか簡単に言っちゃダメなきがするのですが、これに関しては本当にそう思います。トラッドなカジュアル〜スポーティなモノまで、ボーダレスなカーディガン。 着込んで行った時に自分の形になってくれるのもこういうガッチリ系のニットの良さ、でもサラッとした見た目と着心地。



マスターピース的ニットです、是非ワードローブへ。レートの関係で昨年より少し安くなってるのも嬉しいです。

そろそろ本格的に冬の準備ですよ。






Guernsey Woollens GUERNSEY CARDIGAN ¥24,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

ということでロウロウさんのポップアップ、台風直撃前の土日で大盛況で終わることが出来ました、インスタで拝見していると皆様楽しんでいただけたご様子でホッとしております。
台風迫る悪天候の中ご来店いただきました皆様、ネット上で興味をお持ちいただけた皆様、本当に有難うございました!!






本日より通常運転でRawLow Mountain Worksの商品がUNITしております、引き続き宜しくお願い申し上げます!!






ぼくも自分の普段乗りのバイクにセットしてみました、どこか行きたくなる雰囲気です。ドロップハンドルに変えて・・・・いや、ないないないない、ボクのドロップはない笑

早く山で使いたいなあ〜、次の定休日も両方仕事だなあ、、、う〜ん。。。笑






ということで2日間UNITで丁寧に接客していただいたリョータローさん、本当に有難うございました!久々にゆっくり話せて楽しかったな〜、飲みに行くのも3,4年ぶりくらい。。初日が朝までコースになってしまったので、昨日はご飯食べて1,2杯飲んでシメましょねって感じで、新幹線の時間をみつつ楽勝楽勝〜ってお見送りしたのですが、、、、車中で台風直撃、京都〜名古屋間なんて30分で着くところを・・・・・車内で8時間、結局そのまま朝を迎え。。。。なんだか申し訳ないです、、、、。

またUNITでのポップアップを企画しますね、今回お越しになれなかった皆様も是非次回は!

宜しくお願い申し上げます!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






昨夜の東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto にご来場くださいました皆様、まことに有難うございました。おかげさまで沢山の方のにお越しいただき、東田くんも楽しく歌えたと大満足でトヨタロックフェスに向かいました。

ご報告はまた改めて枝葉末節の日に。


そして翌日の今日はRawlow Mountain Works POP UP STOREがスタート、










いい雰囲気でスタートしました。






雨の中熱心なお客様に沢山ご来店いただき、良い1日目を終えることが出来ました。すでにお持ちのリピータターの皆様を拝見すると、Rawlowの商品への信頼度がさらに分かり、UNITとしても自信になるイベントとなりました。

明日から月曜にかけて台風が本番なんですよね、、、と不安になるところなのではありますが、デザイナーのリョータローさんもしっかり常駐です。企画意図や思いがけない使い方など聞けるのはポップアップならではのこと、気になる方は是非おこしくださいませ!!(くれぐれもお気をつけて。。。)

ということで、明日もお待ちしております、宜しくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。






明日から2日間、Rawlow Mountain Works POP UP STOREを開催です、見逃せない商品ばかりですので是非お運びくださいませ!!

そして前回の告知で”朝10時に集合して鴨川をポタリングしましょう”とお伝えしておりましたが、天候が読めませんのでそれ自体は中止とさせていただきます。しかしながら自転車は展示いたしますので、小雨程度ならばお店の周りをさらっと乗っていただくのは可能です。是非バッグと自転車をお試しくださいませ!!

楽しみです、是非お越しくださいませ!!!!

楽しみといえば、今からライブの準備に行ってきます、






トモにいも入洛、このギターはボクのなのですが実はお揃い笑、出る音がお揃いじゃないのが悔しい限り笑

ライブの模様もご報告いたします、今回お越しになれなかった方もまた是非!!


諸々
宜しくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

10/20friは 東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto です当日UNITは17:00閉店とさせていただきます。予めご了承くださいませ。


こんばんは。

まずはじめに昨日に引き続き






“Rowlow Mountain Works POP UP SHOP in KYOTO”の追加情報です。ちなみに京都開催は初めてだそうです、嬉しいなあ。。。

ということで、イベントの目玉を2つ。






NEW MODEL “Bambi”の先行予約をお受けします。最大容量約25〜27Lのデイハイクから小屋泊、ちょっと頑張ればテント泊までの永く使えるタフでベーシックな小型バックパック。街で使うにも程よいサイズ感だと思います、先行予約って嬉しいですよね。






そしてPOP UPイベント会場のみでしか入手できないスペシャルなTABITIBI Tote native editionもご用意してくださってます、通常では手に入らないバッグですので是非ご覧くださいませ。






いや〜、楽しみでワクワクしますね。お天気保ちますようにお祈りしてください笑

それと、使い心地と試乗を兼ねて”CRAZY SHEEP”から何型か試乗車を持ってきてもらいます。






1日目の21日(土)はブランドオーナー高松健二も参加ですので、鴨川をみなさんでふんわりポタリングしましょう。バッグの使い心地・それぞれの自転車のコンセプト等もご質問くださいませ。

10時UNIT集合でゆるっと鴨川を流し、ちょっとコーヒブレイクで午前中を過ごせたら良いなあと思ってます。午後からはたっぷりお買い物をどうぞ笑

期間中自転車はUNITに常駐しておりますので、サイクリングイベントは初日スタート時のみですが、試用・試乗は随時お受け出来ます!

まあ、、、ぼくがイチバン楽しみかも。。。前日のライブで飲みすぎないようにしなければ。。。笑

ということで”Rawlow Mountain Works POP UP SHOP in KYOTO”、宜しくお願い申し上げます!!!!


次は雑誌掲載のお知らせ。
って普通に言ってますがボク、夕方まで知りませんでした、ゲリラ掲載笑






今週発売号の週刊朝日10・27号の”観光名所を避ける 外しの京都”というコラムにUNITのことを書いていただいております。これを寄稿なさっている方が、元「週刊住宅情報」編集長で現「マンション評価ナビ」主宰の大久保恭子さん。著書には、






マンション選びは「立地」がすべて(河出書房新社)

があります。関連商品で他の著作も出てきます、ボクも読み直そ。公私ともにご夫婦でお世話になってる大恩人なのですが、、まさかのサプライズ。ご本人は勝手に載せたのでヒヤヒヤしちゃった、、なんておっしゃってましたが、本当に嬉しく思っております。もっと頑張らなければ!

こういう風にお気にかけていただけるのは本当に感謝しかございませんし、日々ブログをご覧いただいてる皆様、お店にお越しの皆様のおかげでUNITは細々ながら9年目を進行出来ております、皆様ありがとうございます!!

でも、、今日来はったアメリカ人のおじさん、「ウ〜ン、、ビューティフォーショップ、、」とジワ〜っと連発して帰らはりました。西洋の方はだいたい褒めて帰ってくれるのですが、、、びゅーでほーの10連発みたいのは初、真意を知りたい笑


ということで、諸々宜しくお願い申し上げます!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

10/20friは 東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto です、当日UNITは17:00閉店とさせていただきます。予めご了承くださいませ。

ということで金曜日は東田トモヒロのライブです、是非お誘い合わせの上河原町今出川”studio37″までお越しくださいませ!

そしてその翌日から2日間、急遽イベント決定です。






10/21(土)22(日)、”Rowlow Mountain Works POP UP SHOP”を開催します。
ロウロウ・マウンテンワークスはバッグデザイナーとして20年以上のキャリアを持つ2人のクリエイターが2015年に立ち上げた新しいマウンテンギアのブランドです。
山・自転車・街、色々なロケーションで使いやすいシンプルで軽量なバッグを中心に構成されています。

UNITのスタンスにニアな存在なのが”TABITIBI TOTE”と”BikE’n Hike Bag”です。










“TABITIBI TOTE”
街歩きのメインバッグとして・旅行のサブバッグとして・ハイキングの補給用バッグとして・自転車のフロントバッグとして・はたまたカメラバッグなんかにも、使い方次第で多種多様に変化する”TABITIBI TOTE(タビチビトート)”。高機能サコッシュというニュアンスて良いかもしれません、素材はコーデュラナイロンをメインにしてますので安心感も。姉妹商品の”TIBITIBI TOTE(チビチビトート)”は小さなお子様でも持てるサイズ、親子でお揃いなんて可愛いですよね。










“Bike’n Hike Bag”
名前通り、バイクとハイクの両方の顔を持つバッグです。バックパックとしてもサドルバッグとしても使える、オンロード・オフロード問わず活躍します。マウンテンバイクの上りはサドルに固定で発汗を抑え・アグレッシブな下りはバックパックとして。オンロードやグラベルなど長距離の場合はサドルに、自転車を留めて歩いて散策の場合は背負って、、そんな感じでタイミングに合わせて寄り添ってくれます。


ファッション・バッグ・クライミング・自転車、全てに造形の深いお二人のブランドですのでとても完成度が高いのです。「いろんなシーンで使える」といううたい文句のバッグって中途半端になるか・要素のどれか1つに引っ張られがちなのですが、素晴らしいバランス感覚で高次元で対応します。






本当に面白いバッグです、もちろんこのほかにも色々モデルがありますし、ポップアップ限定商品なんていうのも隠れてたりします。絶対ご覧になった方が良いブランドです!
Rowlow Mountain Works HP
Rowlow Mountain Works instagram


自分でいうのもなんなのですが、、ぼくも山登りとMTBをかじってて、洋服屋さん20年やって、UNITには”FREDRIK PACKERS””MARINEDAY””BACH””NUNC”と、優秀なバッグブランドが集結してます。そんなお店が納得のゆくブランドですので・・・間違いがあるわけがないでしょ?笑


そしてそれと合わせて、






CRAZY SHEEPの試乗会も開催します。






ブランドオーナーでありMTB界を牽引し続けるライダー高松健二もBike’n Hike Bagを使ってロングライドを経験済み。この写真の彼の右横のバッグがそう。






そしてCRAZY SHEEP “BIG HORN”をご試乗いただくというのも今回の需要なコンテンツ、鴨川の川べりを軽く流してみてください、それだけでもバイクの快適さを実感していただけるかと。もちろんその際にバッグも使い心地もチェックしてみてください、試用・試乗のダブルイベントです。
CRAZY SHEEP HP
CRAZY SHEEP instagram
高松健二 instagram


2日間開催です、期間中はRowlowデザイナーも常駐しておりますので是非お越しくださいませ、コーヒでも飲みながらゆっくりお楽しみくださいませ。ボクも久々にお店にMTB乗ってこよ笑


UNITの今週末は楽しい事が目白押し、宜しくお願い申し上げます!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×