UNIT

こんばんは。

本日は暦の上でハロウィンの当日、昨今はバレンタインデーかクリスマスだかを凌ぐ人気イベントになってるようですね、昭和世代にはピンとこない笑、そのうちイースターなんかもはやり始めるのでしょうか。

自転車店を営む友人が自身のブログでも言及してましたが、我々世代でちょっと音楽好きだったら必ず聞いたことのあるのが”ハロウィン”、ボク等はこっちのほうがハロウィンのイメージ笑 ハードロック・ヘヴィーメタル(ビはダメ、ヴィね笑)界では1993〜1994年が最後の豊作年なんて言われたその年、ずっとメインボーカルを張っていたマイケル・キスクが脱退してピンククリーム69(今思うとすごい名前笑)のアンディが加入、その直前に発表されたカメレオンというアルバムの出来不出来が物議を醸し、ハロウィン人気が影を差し始めるのです。しかしながら今振り返ると本当に豊作、
・ANGRAの1st
.イングヴェイの7th sign
.元ジューダス・プリーストのロブがFIGHTを結成
.ガンズのスパゲッティ・インシデント?
.ディジーミズリジーの1st
.Mr.Big大ブレイク
パッと思いつくあたりでこれだけある、、その他盛り沢山は省略。

イギリスだと、、
・ブラーの2nd
・レディオヘッドのパブロハニー
・スエードの1st
・オアシスデビュー
・マッシヴ・アタックの名盤プロテクション
細かく言えばもっとあるのですが、この辺りからトレインスポッテイングへの布石となってたのですよね。
とか言いながら、この年はアメリカのミートローフがUKチャート年間1位、こっち系の最後の盛り上がりだったのかも。

スウェーデンではカーディガンズのプロデューサーのトーレ・ヨハンソンがブイブイ言い始めた頃だし、そのあおりで米国のトゥイーポップと言われたネオアコ・ギターポップが圧され衰退を始めた頃(日本ではそのエッセンスをフリッパーズやカジヒデキが吸収)、ネオアコの代名詞的存在のエブリシングバットザガールはマッシヴのプロテクションで1曲コラボしてます、そういう流れだったのだなあと後になると分かる。

アメリカは、、、ジャンルごとに大量なので割愛笑。ホイットニーのボディーガードのやつとか、マライヤ、スノー、UB40、ジャネット・ジャクソンが人気だった頃。ロクセットとかどうしてるのだろ。。。

Xのhideちゃんのソロが93年、カート・コバーンの自殺が94年。

ボクは何が好きだったかといえば、、、全部聞いてたかも、、、。
高校〜大学にかけての年頃だったので手当たり次第聴いてましたね、、色々サボってレコード屋さん行ってたな〜。 上に挙げたミュージシャンは1部を除きみんな好きなのですが本当に好きなのは内緒笑、ご興味あればお店で笑
これくらいの頃、スウェーデンのアトミック・スウィングというバンドの大阪のライブにアラニス・モリセットのTシャツ着ていったらでっかい白人にめちゃ褒められた思い出があります、ビールおごってもらった笑

メタルの話で始まったので〆にそっちに話を戻すと、、、93年のボクにとってのハードロック・ヘヴィーメタルシーンのエポックメイキングは、、、モトリー・クルーのバンド名を冠したアルバム”モトリー・クルー”、モトリーファンの評価は結構低いですが笑
ヴィンス・ニールが解雇されで元スクリームのジョン・コラビがボーカルになったのがこのアルバム、以前より音が厚くなってボーカルもブルージーでかなり聴き込みました、フォークやカントリーサイドからのアプローチも取り込まれてていまだに年に1回くらい聴きたくなる。ヘヴィー系の中だと軽め扱いなのですが、同種ならスキッド・ロウあたりも今聞くと新鮮。

って、・・・・・ハロィンから暑苦しい話になってしまいました笑、しかしああいう音楽が認められる時代って豊かな証拠だったのではないかなあと思います。日本に元気を!!、そのためにもUNITでお買い物をどうぞ笑

本日の話から連想すると、ロック小僧(死語?)はバンドTにスウェットパーカとコンバースかバンズあたりが定番スタイルでした。そのままだとちょっとこそばゆいかもしれないので、本日は大人になった我々の為の、現代の定番スウェットパーカをご紹介です。






BETTER ZIP HOODY






裏起毛の重厚なスウェットなので重そうに見えがちですが、軽い着心地でストレスありません。






少しゆとりを持たせたシルエット、でもスッキリするところはしっかりおさえてます。着心地とルックスを両立してます。






ベーシックなフード、






安定感のあるリブ、






もちろんのダブルジップで裾がまごつくこともありません。






そして脇の処理がリバースウィーブのエッセンスを取り入れたデザインに、意匠的にも機能的にもバランスのとれた仕上がりになってます。






これくらいの余裕ありなシルエットです。ラフ・スポーティにも解釈出来ますし、ベーシックな組み合わせにも溶け込んでくれます。昨今のアウトフィットだと、ぴたぴたのパーカよりも少し余裕のある感じですし時代性にもマッチしてます。 今日は太いパンツに合わせてますが、個人的には細いデニムに赤いスニーカーとか合わせたいなあなんて思ったり。。結局そっち笑

ベーシックなパーカ、あると思ってたら以外にタンスに見当たらなかったり。長い付き合いができると思います、ましてやベターさんですから信頼度もバッチリ。

大活躍間違いないしです。

今日はギラギラしそうだったのでお話の内容の画像などはナシにしました、ベターさんに迷惑かかりませんように。。。笑




BETTER ZIP HOODY ¥13,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

1段階寒くなりましたね、買い物しなきゃですよ(笑)

そんなところで前回おすすめしてたRYUのロングニットをご紹介です、丈が長いので腰回りが暖かくて良いですよ。








RYU boucle over knit
ユニセックスなデザインですね、しかしながら甘くなら過ぎずバランスの良いニット。






ウール34%・アクリル34%・ポリエステル32%の混率です。質感も上質で軽く、ロングですが肩がこることもないし化繊が混ざって扱いやすい。






Uとクルーの間くらいの襟元、ダラっとした印象になりません。






ハンドウォーマーつき、実用性もさることながら、こういうニットはポケットに手を突っ込めたほうが手元不如意にならずに済みますからね笑








前回もコーディネイトはコレ、ゆるいボトムに合わせてリラックスした感じ。シンプルながら洒落た感じに仕上がります、ハーフ〜ロングコートとの相性の良いコーディネイトが出来ます。






逆に細いボトムとベーシックなスニーカーを、若々しいニュアンスです。これだとちょっと裾が出るくらいのアウターを持ってきても良さそうですし、巻きモノでバランスを整えても良し。






そしてalk phenixのパンツとハイテクスニーカーでスポーティな感じもOK、意外なほど懐の深い万能選手なのです。

こういうニットは女性のほうが得意なイメージですよね、でも女性のみなさんもパンツと合わせることのほうが多いはず。ということは、、パンツしかはかない(であろう)男性陣に取り入れるのも当たり前のように良い結果が生まれます。

まあ、、、単純に着るだけでオシャレさん出来上がりですから笑

是非ご試着してくださいませ、コーディネイトは補助しますので。






RYU boucle over knit ¥24,840
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

先週のような荒くれ天気ではございませんでしたが、本日は終日雨降りでしたね。
雨にもかかわらずご来店くださいました皆様有難うございました!、なんとなくバタバタしながらの土曜日でした。

天候に左右される店内の照明ですので、本日はブツ撮りなしで久々にコーディネイトを何枚か見ていただこうかと思います。






もちろん本日もチノスーツで皆様をお迎えしておりまして、ブログをご覧の通りのベーシックなお店ではありますが、それ以外にも勿論シーズン毎のスパイスになるようなモノ・変化球ではあるけれどもUNITのアイテムと相性の良いモノ、セレクターであるボクが好んでいるモノも少し、そんな中から選んで着てみました。






Manual Alphabetの半袖中綿ブルゾンにBETTERのミッドウェイトロンT、ARANのストレッチコーデュロイイージーパンツ。スポーティになる一歩手前な感じです、イージーパンツといえど上品な仕上がりで短靴と合わせてシックに。






アウターをFOBのデニムステンカラーに変えて、こちらもラフなような落ち着いたような。柔らかいデニムにウールのライナーがついて暖か、カバーオールをステンカラーにアップデートしたような、大人のデニムウェアです。






次はweac.の極太イージー。ゆるゆるですがグレーのピンストライプでシックな表情、トップタイトでスニーカーのボリュームを抑えめにすればスッキリ。






トップスをRYUのルーズニットに変更すれば今っぽい気分に。かといってだらしなくなるわけではなくシックな雰囲気は変わらずです、このニットは細いパンツにも合います。






そのまま上にalk phenixの全天候型コートをポイッと、かっこいいでしょこのコーディネイト。着てて楽・でも洒落てて・大人らしさも損なわず、このバランスは街に溶け込みつつ「お?」と思わせるニュアンス。ふつーに着れば洒落た雰囲気になる典型的なバランスです。

駆け足ですが、こんな感じのコーディネイトもUNITのおすすめ、このほかのコンビネーションもたっぷりです。最近コーディネイトのご相談が以前より少ないのでボクとしては手持ち無沙汰、、、笑

是非ご相談くださいね、ぶっ飛ばない程よい感じをお伝えできると思います笑

それではまた明日です!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。




昨日から晴れの京都、本日はさらに雲ひとつ無い秋の高い空が見えました。久しぶりの晴れは気分がイイですね、そんな爽快な朝を迎え「さ〜、写真撮ろ〜。」と思いカメラをセットしようと思うと、電池切れ。

はいはい、交換しましょ、、、ん?、、あ。先週のライブの時にポケットいれたまま帰って、予備が無い。。。あ〜、充電するか〜。

・・・・・・2時間後・・・・・・

ちょっと撮るくらいは充電できたでしょ。。ん?、、、へ??、、これ、壊れてるやん。。。。。

はい、終了です、、、、笑

ということで気を取り直して、OSをアップデートしてしまってから起動が毎回嘘のように遅くなったiPhone6で撮影笑、早めにご報告しとかなきゃなのをチラっと。






暖かそうなミットレイヤーです、これは具合が良さそうです。その前はARANのストレッチコーディロイのイージーパンツ、綺麗に見えるのに楽々。






mature ha.のフリーハット、これもそろそろ本格的なシーズンイン。ポロポロ動き始めてるので色欠けする前にお越しくださいね。






とてもとてもお待たせしておりました、BETTERのミッドウェイトのロンT。入荷しております、今年の分の買い足し宜しくお願いします。






同じくベターのスウェット達も入荷です。これに関しては少しお得情報を追加しますので頭の片隅に置いておいてくださいませね。





FOBからは冬顔で落ち着いた雰囲気ながら、扱いやすくはいて楽なパンツが揃ってます。困った時の頼れる1本です、こちらも是非ご試着に。


今日は半袖で歩いてる人も多かったのですが、夜になるとやはりヒンヤリ。


風邪などお召しにならないように、冬の準備をお忘れにならないように、、どちらもお気をつけくださいませ!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

台風一過でグンと冷え込んできましたね、、こんな仕事をしておきながらボクは対応しきれておらずでちょっと寒めの格好、、、笑
なので店頭で暖かそうなのが羨ましくなり、本日のご紹介はこれに決定。






Guernsey Woollens GUERNSEY CARDIGAN
フランスとイギリスの間にあるガーンジー島伝統のニット、実際に昔の漁師が仕事着に使っていた耐久性と保温力の高いセーターなのです。無骨なようなカワイイような、、暖かさが見た目通りに伝わってくる感じかしますね。






フィッシャーマンですので伝統的な前後同じ形の身頃、






しかしながらカーディガンにアレンジしている分クルーネックになり襟元が前下がりでゆとりが出ています、着やすいですよね。






ポケットもシンプル、木製のボタンも経年変化が楽しみです。






ゴテゴテした編み変えではなくポイントで必要なところにあしらってあります、ベーシックなコーディネイトには嬉しいおしとやかさです。






油分がしっかり残っているのを感じられながらサラッとした肌触り、程よい肉厚ですのでアウターを合わせるのにもゴワゴワ感はありません。








シンプルです、何にでも合わせられそう。”何にでもあわせられる”って、なかなか簡単に言っちゃダメなきがするのですが、これに関しては本当にそう思います。トラッドなカジュアル〜スポーティなモノまで、ボーダレスなカーディガン。 着込んで行った時に自分の形になってくれるのもこういうガッチリ系のニットの良さ、でもサラッとした見た目と着心地。



マスターピース的ニットです、是非ワードローブへ。レートの関係で昨年より少し安くなってるのも嬉しいです。

そろそろ本格的に冬の準備ですよ。






Guernsey Woollens GUERNSEY CARDIGAN ¥24,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は終日しとしと雨降りでしたね〜、10月のお天気は不安定ですよね。そんな日なのでUNITものんびりムード、なので今週お客様とお話した内容を思い返したりしておりまして、その中で数名の方から「あ、そっか、そうですよね!」という言葉を聞いたのが、

“Pt.Alfredのチノスーツは洗える”

というボクの軽妙なセールストークから発せられた後、笑
ブログでのご紹介の時に結構サラッと言ってしまってるのですね、自分ではオシのつもりだったのですが。

そうなんです、”スーツ”という単語を聞くとやはりそういう固定観念と言いいますか、印象で考えてしまう。しかし”チノ”、チノパン洗うでしょ?綿100%ですもんね、なのでJKTも洗ってしまって大丈夫。むしろ洗えるからガンガン着られるという感覚でお召しいただきたいのです。

キッチリ着なきゃいけない時(ちょっと改まった時等)はプレスすれば失礼のない状態ですし(多少のシワ感はアリだと思います)、普段着る時は洗濯ノのあと干す時にパンパンしたそのままでちょうど良い感じの雰囲気。

ということで、






これがUNITで皆様に連れて帰っていただくのを待ってる状態。






こっちがウチの子になった状態。
洗って・着ジワがついて、雰囲気の良さがアップしてるでしょ?チノもデニム同様その人の体に馴染むような素材と織りなので、着込んでゆけばその人のカタチになっていく、それも魅力といえます。ボクもこのJKTを育てるのが楽しみなのです。

それともう1つ、






奥が洗ったほうです、違いますよね??織りの目が詰まって陰影が出て表情に深みが出てます。実際店頭で展示してる新品をお召し頂いたあとにボクのを羽織って少し皆さん納得具合が変わるのですよね、それはやはり生地の表情が豊かになっているから。気になる方はおっしゃってくださいね、その日に着てない時でもほとんどお店に待機させてますので。

というワケでいかがでしょうかチノのスーツ、また見え方が変わるでしょ?

「洗える」と同じくらい「タイドアップでキッチリ着られる」も良く言っているのではありますが、普段着ると考えるとやはりカットソーやハイジゲージニットなどの襟元の構成になりますよね。そのラフさをキープしつつ絶妙な男の矜持をコントロールしてくれるのもこのスーツの特徴。

ラフに着る王道として






カットソー+スニーカーの組み合わせが先ず思い浮かびます。
元々がチノですのでこれは合わないワケがない、そしてこのスーパーチノは上質感がしっかり備わってますので、トラッドなデザインと相まってラフに着ても落ち着いた空気感を作ってくれます。ユルみのないカジュアルスタイル、そんなところでしょうか。

そして個人的に好きなのが、






カットソー+レザーブーツ。
例えば普通のウールギャバのスーツでこれをやった場合、「ん?お仕事明けで疲れてるのかな??シャツも脱ぎたかったのね」という雰囲気の、逆にだらしなさが前面に出てしまうような。しかしこのスーツでカットソー+ブーツを合わせると、カジュアルを上質なモノへとリフトアップしてくれます。あまり実名を出して例にするのはよろしくないと思うのですが、ポール・ハー◯ンさんのアウトフィットなんてそういう空気を全面に押し出しててカッコイイ、あちらはツイードをガンガン洗ってますが。逆にこちらの場合は洗って当たり前のモノですので自然な仕上がりだとUNITは思っております。

ということで、チノのスーツの付き合い方を、UNITなりに少し付け加えてみました。

ウチの看板商品です、是非お試しにお越しくださいませ。






Pt.Alfred SUPER-CHINO 3B JKT ¥37,000+tax






#54220 REGULAR ST ¥15,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

水曜日はかねてからご連絡しておりました通り、






松阪へ。
“MARTER Autumn Tour 2017″のセミファイナルにポップアップショップで参加してきました。会場HUNKY DORYさん、manday mama marketというセレクトショップと二枚看板で松阪のおしゃれな皆さんが集うカッコイイ大人のスポット。
こちらはボクの先輩のお店、毎週のようにライブを開催しつつ洋服を売り、毎週水曜は大阪で商談リサーチを、、、という止まると死ぬタイプの方(笑)。ボクも水曜は大阪にいることが多いのでいつもお供しているのですが、精力的な先輩の後ろ姿を見てもっと頑張らなきゃな〜とお尻をペンペンされる気分。
そんな先輩のお店で好きなマーテルのライブがあって出店をしろと言われ、それが水曜なら行かないわけがない!






ということで広いお店の前でこんな感じに。
大阪”COFFEE BIKE EDENICO&jabon edenico”さん、たこ焼き屋さんだけど洋服もあったりする大阪の”たこ焼きしんちゃんパート2″さん・松阪の雑貨屋さんの“General Store”さん、それから我等かE.B.S新作の自転車、そしてUNIT、楽しい皆さんで構成です。
ライブオーガナイズは関西の音楽シーンを牽引してきたダブハウスさん、オープニングアクトは桐生キャンプ場で開催される“寝待ち月のショー”のオーガナイザー尾藤ちゃん。
日頃から仲良くして頂いてる方や、初めてでも楽しくおなしして頂いた松阪の皆さんのおかげでリラックスして過ごせました。

といいつつ、UNITの写真はゼロ。。。。笑
実は開店準備から沢山お客様にお越しいただき、ライブ中は・・・・観ますよね笑、ライブ後もご来店いただきで、撤収終わったのが深夜1時過ぎ。それで「あ、、、全く写真撮ってない。。。」と気づいた時には後の祭り、まさにの祭り笑






ライブは言うまでもなく最高でした。MARTERのライブはいつも繊細で美しい音で満ちる感じ、ボク自身選曲させていただく機会には必ず選んでます。遠くない時期に京都でまた、、、観られる、、、ような気が。。。。ここから先はくちチャック笑

松阪の皆様、本当にありがとうございました!是非京都にも二条UNITにもお越しくださいませ!!


そしてそして!
あと1週間となりました。我らがアニキ、東田トモヒロですよ。








“東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto”
日時:2017.10.20(fri)
会場:studio37 京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448-17 TEL 075-256-4037
出演:東田トモヒロ
FOOD:森林食堂(カレー)
時間:open19:00 / start20:00
料金: ¥2,000+1drink
お問い合わせ:UNIT TEL 075-241-2832 / MEIL unit.kyoto@gmail.com






最新作”ひだまり”のPVです。熊本出身熊本在住の彼が熊本大地震のあと故郷への想いを書き下ろした1曲です。



前回UNITの6周年だったのでパーティ的な雰囲気になってますが、2年前のsutudio37さんでのライブの雰囲気はこんな感じ↓






広いお店なのでゆったりご覧いただけると思います。






そして毎回助けてくれる森林食堂さんのカレーもお楽しみに。


良い音楽があれば、お酒もご飯も美味しい。
ご予約も順調にいただいております、もちろんまだまだ受付中です!!!

是非皆様のご来場をお待ちしております、宜しくお願い申し上げます。


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

10/20friは 東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto です。

こんばんは。

今週前半の快晴続きから降ってるのかどうなのかぐずついたお天気の本日ですね、いかがお過ごしでしょうか。 ちょっと肌寒いですね、ようやくといったところです、服買いましょう(笑)

なので本日はボクもこれを着て来ました、






Kepani Great Smoky






ベーシックなフルジップブルゾンのスウェットシャツですね。






裏起毛のラフィーコットン。肌触りの柔らかい素材で着心地も良く、程よい伸縮性も魅力。






使われているフライスは軽めながらなシッカリめの質感、柔らかいけど伸びすぎない感じが絶妙。






ユニバーサルの真鍮のジッパー。実はジッパーでスウェットのイメージが左右されます、ナイロン系だとシッカリスポーティだし・アルミだとミリタリー、この真鍮の場合はオーセンティックで上質感が出ますね。






ラグランスリーブとスタンドカラーでスッキリ、






ポケットの雰囲気もいいですよね、全体のイメージの引き締め効果と手の入れやすさも配慮されてると思います。






身幅自体は少し余裕があって・アームはタイトめ、この感じだと中にシャツを着た時に窮屈ではないけどスッキリした見た目をキープできます。






安心感のあるデザインですので、スニーカーもいいのですがレザーブーツ・短靴に合わせたくなります。オリーブ系の軍パンに黒靴なんてもの王道感があってイイ、ニットタイを合わせたりするのも良いですね。


夏以外、肌感覚では22度以下だったらいつでも活躍しそうな気分です。
是非ワードローブの安心材料にどうぞ。





Kepani Great Smoky ¥17,000tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

BACH GATEWAY

10/20friは 東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto です。 こんばんは。

明日の準備だなんだでギリギリの投稿です。






ということで、明日は”MARTER Autumn Tour 2017″ @松阪ハンキードリーさんの併設ポップアップショプに参加してきます、松阪の皆様宜しくお願い申し上げます!!

ということで泊まりの用意を持っていくのですが、旅行といえばいつもなら






BACH TRAVELSTAR28の出動なのですが、今回は1泊なのでそれほど荷物がございません。なので普段通りの






BACH GATEWAYで。この3WAYのバッグ、普段から1泊くらいは楽々こなします。そしてそれ以上の旅行でスーツケースで行く出張の場合も、






このショルダーハーネスを、






収納して、






ここにスーツケースのハンドルを差し込んで移動できますのでね、多角的に万能選手。






使い勝手の良い外側のポケット、






シンプルな内装、






パソコンは外からアクセスです。
先日いらっしゃったお客様が16インチのパソコンが入るバッグを探してらっしゃって、GATEWAYをお選びになりました。最近は13インチしか選択肢がなかったりしますもんね、このバッグはそういう強みもあったりします。






3WAYです、いろんなニーズに応えます。

なんだかんだでボクもこのバッグが落ち着いたりするのですよね、ルックスもスポーティなようなクラシカルなような。。どんなスタイルにも溶け込むバックパック、ショルダー?、ビジネスバッグ??

それくらい毎日持って不満の出ないバッグです。

バッグって言い方に落ち着いたか。。。笑






BACH GATEWAY ¥19,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

10/20friは 東田トモヒロ Acoustic Live in Kyoto です。


こんばんは。

本日も皆様ありがとうございました。






明後日水曜は松阪ハンキードリーさんのMARTER Autumn Tour 2017に伴うポップアップショップに出店、その準備で朝からゴソゴソ発送準備をしてたのですが、祝日の集荷時間ってのをすっかり忘れてました、、慌てた〜笑

松阪の皆様、明後日は宜しくお願い申し上げます!!そしてライブ!!、楽しみだ〜。秋に聴くマーテル氏のプレイはいいだろうなあ。。。

ここ数日日中は少々蒸しますが夜は過ごしやすく、ボクは自宅を網戸にしてふんわり過ごしております。ボクは2階の部屋に住んでまして、1階はテナント・上の親子は先日引っ越ししたのでちょっと大きめで音楽かけても大丈夫そうなので、そんな感じで窓際で寝る前の時間にボケボケしてます。そんな時には






これなんです、SACRED ELEPHANTのインセンス。落ち着くのですよね、本当に優しい香り。






なんとなく今日から中身を出して展示してるのですが、それだけでもほのかに香りがして良い気分。






・AGARWOOD 純粋なアッサム沈香オイルの香り
・CEDAR 心の集中をもたらすとされた男性的な香り
・CINNAMON SPICE 甘くスパイシーで香ばしい、リラックスできる香り
・Ç サフランと琥珀をブレンドした爽快で活発なイメージの香り
・SANDAL WOOD 白檀の伝統的な香り
・SAYALI JASMINE 夜に咲くと言われるサヤリジャスミンの甘い香り

UNITでは6種類を常備しています、天然成分100%なので本当に嫌みのない香りなのです。

今夜は、、GAURA LEELAにしよっかなあ〜、誰も興味ないなあコレ〜笑


秋の夜長、ゆったり自宅で好きなお酒を片手に本でもパラパラめくって。良い香りもお供にいかがでしょうか?






SACRED ELEPHANT pure luxury incense ¥1,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×