UNIT

こんばんは。

いや〜、ちょっと興奮気味です。約半年ぶりのご対面なのですが、、やはりUNITの目に狂いはございませんでした。






ということで本日より”NUNC POP-UP SOTRE”のスタートです、月内はこの体制をキープしたいのですが、既に売り切れの可能性が見えてきてますのでお早めにお越しくださいませ。

本日長いブログになります、心してご覧あそばせです(笑)
ブランドのコンセプトはコチラをご覧くださいませ。

先ずはフルラインナップのご紹介です。






Traveler’s Backpack ¥28,000+tax






Rectangle Backpack ¥25,000+tax






Daily Backpack ¥22,000+tax






Off Tote Bag ¥12,000+tax






Musette Shoulder ¥6,200+tax






Document Case ¥8,000+tax






Pouch L ¥3,200+tax / Pouch S ¥2,600+tax

旅行用〜ポーチまで、ぐっと絞り込んだ内容ながら取りこぼしのないラインナップです。

ようやく詳細解禁です、本日はおそらくこの中でもフラッグシップモデルだと言えるであろう、






Rectangle packをご紹介です、コレで大凡のNUNCの姿勢がお分かりいただけるかと。ではどこよりも早い、世界最速の詳細紹介です(笑)






このバッグが以前よりリークしておりましたこの展開写真の型です、コの字のフレームを軸に3気室の構造。






先ずはフロントパネルを開きます、オーガナイザーの配置はこの通り、必要な物がしっかり、






蓋側はメッシュのポケットが2つとその奥に全面のポケットが。この部分はフロントパネルの”折り紙”的デザインにフォローされておりまして、






内容量に応じて膨らんでくれます。
頻繁に出し入れするモノはこの部屋に入れておきましょう。







次は真ん中のスッタッフバッグ状の荷室。内容量に応じて固定出来るコンプレッションストラップもついておりますので中身が偏らなくて嬉しいですね。






軽量なリップストップの袋は中央でフルオープン、フロントパネルの中身を出し入れする際、着替えなど衆目に晒したくないモノはココに入れられます。こういう何層構造なんてギミック感は男心をグイグイ刺激するでしょ?






そして3番目の背面側、ここをフルオープンするとPC用のスリーブが出現します。






それとともにスリットのポケットとメッシュポケットの3段構え、細やかな心配りを感じます。


そして両サイド、






背負って右側はフラップ付きのミニポケット、ここも折り紙の匂いですね、アクセスしやすく落下も防げる嬉しいギミック。






左側のポケット、このジッパーを下げるとエクステンションのネットが登場しまして、





ボトルや折り畳み傘をストン。使わない時にネットがフワフワしてる感じを解消、アウトドアよりのデザインならそれも良い雰囲気なのですが、アーバンよりの場合はスッキリさせた方がスタイリッシュですよね。






ショルダーハーネスももちろん手抜かりはございません、エルゴノミックな形状でチェストストラップも当たり前。しっかりバッドも入ってるのですが、降ろした時にストンと下がる程度のボリューム。電車や街中でのスムーズな動きを考えると、ショルダーハーネスがゴリゴリ立った様なしっかりしすぎる物は扱い辛い。ちょうど良い塩梅のボリュームなのです。






上部のハンドルも使いやすいボリュームです。






背負うとこんな感じです、スッキリしつつ存在感もある素敵なデザインワークです。






提げても良い雰囲気です、やっぱりイイ。

そうそう、素材はいわゆるバリスティックナイロンと認識されてるオックスフォードのナイロンです、






ボトム・トリミングには太番手をメインには中厚の生地を、この一体感も素敵です。



そしてあと3点、個人的にグッと心を掴まれたポイントをご紹介です。






先ずはショルダーハーネスの長さ調整の部分、余ったストラップをぶらぶらさせないためのエンドの処理がゴムとクリップの2段構えなのです。どちらかだとすぐ外れたり結局ベロンとなったり、、ですが両方だと強固ですし自由度もある、嬉しい着想だと思います。






次はベルクロのお仕事、展示会場でまずグッときたのはココでした。このバッグ類を使うロケーションでガッチリとロックをかける必要はないと思うのですが(大きい方のトラベラーズパックも機内持ち込みサイズですし)、ちょっと予防線は張っておきたい。






ジッパーのプルタブをベルクロにして端っこで固定できます、わざわざ感も皆無。






リフレクター、あると嬉しいけどいつもピッカピカだとちょっと、、、、






ってそれ、隠せるんです。ね?イイでしょ??

そして最後、朝にお買い上げ頂いたお客様(世界初お買い上げありがとうございました笑)もチラッとおっしゃってたのですが「スッキリしてて良いのだけれどすぐ出したい物が。。。」、はい、そうなんです。財布とかわざわざガバッと開けるのは億劫ですよね。






ということで背面のパッドの間にポケットがひっそり、






しかもパッドの厚さ分くらいのマチもあるんです、この伸縮性がとても重要だと思います。






おかげで直ぐに改札通れます。
という最後のダメ押しでした。


ということで、、、いかがでしょうか?ボクの気合がお分りいただけたかと思います。背広組〜普段着組まで幅広く対応可ですし、かゆいところに手は届いてるし。そしてココまでやってもコストがかなり落ち着いてます。自社工場をしっかり運営してらっしゃるバッグメーカーの本気を感じます。

いや、脱帽。


バッグが得意な服屋UNITにまたバッグが増えました(笑)

末長く宜しくお願い申し上げます!!






NUNC Rectangle Backpack ¥25,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんにちは。

昨夜は五山の送り火でした、ご先祖様気をつけてお帰りくださいませ。






いつもは営業日に当たるので、大文字の横っ面を二条大橋あたりから眺めるのですが、今年は定休日だったので所用を済ませ帰宅して、自宅からそのまま北山通りを東に行って妙の字を間近で。低いし遮蔽物の少ないのでよく見えますし、やはり大文字より観光の方も少ないので楽に見られます。
ふらっと一人で、形見の腕時計を壊してごめんなさいと祖父に謝ってきました(笑)

祇園祭と送り火、京都の夏の2大イベントだと思うのですが、個人的には送り火のほんわかした感じが心地よい。幼少期に鹿児島の祖父母の家でお盆を迎える時の気持ちを思い出します、そして商業イベント然とした状況でなく市民のみなさん各々が普通に参加している気分になれる様な。なんでしょね、法事的などこか厳粛な気分と花火を愛でるような心地が共存してる具合が良いのかもしれませんね。

ということで8月も折り返し、ということは・・・・・






明日18日(金)からはNUNCのPOP-UPがスタートです!!!!
期間中は全ラインナップをご覧いただけます、新進気鋭のブランドです、ぜひお越しくださいませ。
最近のNUNCについての投稿はこちらです

って、ボが一番楽しみなのかも知れませんが(笑)


宜しくお願い申し上げます!!!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はMARINEDAYの新作を。新作なのですが、これには10年続いた先代の”OMF”という存在がありましてそのリモデルというのが正解かも知れません。そんな優秀なDNAを引き継いだ






MARINEDAY OCEANS が本日の商品です。
一般的にはバケツ型といわれるタイプですが、もうちょっと上品というか、、カジュアルですが少し大人っぽいイメージ。 縦長なので電車で座るのにも邪魔になりませんし、見た目以上に容量もあります。お弁当持っていく人にも良さそうな作りです(笑)






表の素材はオリジナルの麻帆布、軽くて丈夫で表情良しの3拍子そろい踏みの素材。






内張りは8号帆布、安心感のある素材ですよね。






オリジナルの真鍮パーツ、印象的ですね。使い込んだ後の変化も楽しみです。ショルダーベルトは厚手のカーフ、マリーンデイは調整機能を付けずにシンプルに見せるのも特徴、絶妙な長さにしてますので一般男性の斜めがけが可能ですし・小柄な女性でも肩掛け可能です。






脚付きですのでボトムの耐久性も考えてます。






肩掛け、






斜め掛け。



個人的には横長のバッグが好きだったのですが、最近縦型が気になるんですよね。

なんといいますか、良い塩梅のバッグです。老若男女問わずお勧め出来るモデルです。






MARINEDAY OMF ¥13,800+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


UNIT- WEB STORE
UNIT-オンラインショップ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今週は天気が崩れる様子で、、祇園祭同様の送り火あるある、、笑

一昨晩から結構過ごしやすい気温になってきてますので秋の訪れを感じない訳ではないのですが、まあそんなにすんなり許してくれる日本の夏な訳もなく、まだ残暑というには時期尚早。

ですがお買い物するにも、そろそろ秋を見越したものが欲しいなあ・・・・そんなお気持ちもわかります、ということで






WEAC. HENRY
本日はこれをご紹介。






ストレッチナイロンテンセル、この素材は涼感のある通気性の高い素材ですのでこの時期からでも着られます。






全体的にはプレーンなイメージ、ヘンリーネックのプルオーバーシャツは不思議と上品なイメージになりますよね。素材の柔らかさと全体のゆとり感が合わさってエアリーな印象です。






ビンテージのドレスワークシャツに見られる前立ての下のプリーツもドレープ感を作ってくれます。






ショーツと合わせても、






もちろんロングパンツ、ワイドパンツでルーズな感じ西てみました。






カーディガンも相性良しです、冬場でもこのシャツの通気性は使い勝手がいいと思います、厚手のニットなんかだと意外に蒸れたりしますのでこういうシャツをインナーにすると却って良さそうです。

というか、このテロっとしたイメージが雰囲気満点で良い、上着を合わせるにも幅広く馴染むと思います。

存外手放せないひと品になると思います。






waec. HENRY ¥14,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


UNIT- WEB STORE
UNIT-オンラインショップ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は入荷の情報をまとめてご紹介、詳細はまた明日から順次いきます。

まずはManual Alphabetさんから2型です。






MANUAL ALPHABET LOOSE FIT REGULAR COLLAR SHIRT ¥9,000+tax
ゆったりしたシルエットのシャツです、柔らかい素材感も相まって雰囲気の良い仕上がり。カーディガンを合わせた時のドレープ感も良さそうです。






MANUAL ALPHABET SUEDE VIERA BASIC BD SHIRT ¥10,500+tax
スエード調の起毛したネルのボタンダウンシャツです、落ち着いたデザインに秋冬らしい素材の組み合わせが絶妙です。


次はweac.から3型です。






weac. BASIC SHIRT ¥15,000+tax
高級素材GIZA88を使用した優しい風合いのストライプシャツ、細部のディティールも丁寧に作られた上品なカジュアルシャツです。






weac HENRY ¥14,000+tax
ストレッチレーヨンテンセルで、この時期でも涼しく着られます。すこしゆとりのあるシルエッットとストレッチのおかげでストレスなく着られます。今すぐショーツに・もちろんロングパンツにも。






weac. RELAX PANTS ¥13,800+tax
ポリエステルとレーヨンのシワになりぬくい素材、ワイドでイージなので楽々なはき心地ですが、シックなストライプですので上品です。






次は ARAN BR-T ¥9,800+tax
上質なコットンの天竺で少しゆとりのあるシルエット、モックタートルのニュアンスが着るだけで雰囲気を作り出してくれます。

最後にスニーカーを3つ。






GERMAN MILITARY TRAINER ¥19,800+tax
定番ジャーマントレーナーを上質なレザーで、とてもはき心地が良いです。インソールの質も向上しております。






FRENCH MILITARY TRAINER ¥12,800+tax
仏軍のトレーニングシューズを500デニールのコーデュラナイロンで生産、テフロン加工で撥水性も向上しており道具としても優秀。男性的なルックスもいいですよね。






MOCK TOE WORK BOOTS ¥12,800+tax
アウトドアビンテージに見られるコットンのブーツを再現してます、リブ付きのパンツなどにも相性が良さそう。他では中々見られないスニーカーです、実は猛プッシュです。


という感じで、駆け足ですがこんな感じで入荷がどしどし。追って通販サイトも更新しますので宜しくお願い申し上げます!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

最近のブログの鞄ネタは、






8/18(金)の NUNC POP-UP STORE のお知らせに終始しております、ボクも楽しみでワクワクしております。

しかしながらUNITには自慢のバッグメーカーが他にもあります、中でもMARINEDAYは色んなコーディネイトにとけ込みやすく男女問わず好評いただいております。

そんなMARINEDAYの新作が続々到着しております、そんな中からまずは2型ご紹介です。






その2型はどちらもハンドルとボトムに66ナイロン(いわゆるバリスティック)・メインには6号帆布を使用してます、ありそうで無い組み合わせ。オールブラックでシックなのですが少し軽快な印象になります、耐久性の面でもバランスの良い配置かもしれませんね。






まずはTENDER。
ほどほどに大きめなサイズ感、毎日使うにも無造作に詰められますし・1泊程度の旅行ならば楽々こなします。






レザーベルトのアイコンも良い雰囲気。






中の補強のキナリの帆布がそのままオーガナイザーになっております、わざわざ感もなく合理的でスッキリ。






肩にかけるとこんな感じです。

次は、






LEAF、これも息の長いモデルです。






こちらは片側にオーガナイザーを、このバッグのサイズだと片側がちょうど良いということですね。






アイコンにもなってるレザーハンドル、






こもカシメを使うと、






ダーツになってバッグの雰囲気が変わります、コンパクトに使いたい場合は良いですね。






1日のお出かけにもってこいのサイズです。

どちらもウールのコートを着るようなコーディネイト〜スニーカースタイルまで、良い表情で付き合ってくれると思います。

いや、秋冬が楽しみです。






MARINEDAY TENDER ¥14,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)





MARINEDAY LEAF ¥15,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)



UNIT- WEB STORE
UNIT-オンラインショップ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

京都市内は15時頃に晴れ間が見え始めました、少なからず被害もあったようですがとりあえず快晴。






昨日はちょっと歩くだけでもボトボトでした・・・・・が!、このパンツならば快適なのです、何かと言いますとalk phenixのshu pants。ナイロンタフタ製ですぐに乾いてしまいますので本当に便利、と言っても便利なだけではなくシルエットやデザインも洗練されおり、思いの外万能選手なのです。

ということで本日はこのshu pantsのDNAを受け継ぐ、






crank pants と crank MIL shirt のご紹介です。






どちらも耐久撥水のナイロンタフタ、前出のボクのパンツは撥水ではなかったので更に強化されてます。2wayストレッチなので着心地も楽々。








crank pantsは腰回りに適度なゆとりがありつつ裾にかけてテーパードしたすっきりはけるデザインです。






大ぶりのバッックポケットとフラップつきのフロントポケットの一連性のあるデザインがギミック感をもたせつつシンプルな仕上がりに、腰回りのボリューム感が絶妙なんですよね。






ウエストはイージーパンツライクなドローコードのみです、さっぱりしますね。






アルクの素晴らしいところはレザーシューズと合わせても遜色ないところだと、UNIT的には思っております。スポーツ系でこれをサラッと出来るのって中々無いのですよね、本当に優秀。

その感覚はシャツになっても同じです、






crank MIL shirtもウールのパンツにトリッカーズなどのカントリーブーツを合わせるととてもかっこよく仕上がります。










男心をくすぐるディティールですよね、胸ポケットはギアループがついてますのでペンなどもしっかりホールド出来ます。ハンドポケットも大容量ですし通気性もしっかり。






通気性といえば脇のベンチレーションがレーザーカットのパンチングに。






アルクのアイコン「歩」も同様に、こっそり洒落感があって素敵です。






キレイなシャツでしょ?でもアウトドア要素もあって・ミリタリーデザインで、バランスの良い仕上がりには脱帽です。 春先と秋口のアウター・冬のインナー、万能です。パンツもそうです、冬にスパッツをはくのも一般化してると思うのですが、その組み合わせではくとこの素材の軽さが真冬でもちょうど良いのです。あ、セットアップで着るっていうのも良いなあ。。。。

そして今回のカラーですが、








ネイビーとブラックの2色なのです。このネイビーがまたね、深い深いネイビーで暗いところで見るとわかりません(笑)、実際届いた時に発注数?ん??あれ??黒ばっか倍届いた???ってなりました(笑) そかしこの微妙な差がかなり大きな差だと思います、是非実際の商品をご覧くださいませ。通販をご利用の方は、、3番目の写真が現物に近いかと、左がイビー・右がブラックです。例えて言えば・・・ブラックはそのままで問題ないと思います。ネイビーは、、そうですね、万年筆のインクのブルーブラックよりも濃い感じ。茄子のヘタの方じゃなくて先の方って黒いでしょ?でも茄子紺でしょ?そんな感じ。日本海側の海の色って濃いでしょ?そんな感じ。

で大丈夫でしょうか(笑)

ということで個人的にも猛プッシュなalk phenix、今年のデリバリーが始まりました。是非着てくださいね、きっと虜になりますよ。






alk phenix crank pants /karu stretch ¥29,000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)





alk phenix crank MIL shirt /karu stretch ¥2,7000+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)



UNIT- WEB STORE
UNIT-オンラインショップ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






堀川では恒例の「京の七夕」が開催中です、晴明神社もナイター営業中です・・・って、台風直撃の本日は大変でしょうね。東山五条でも陶器市が本日からですし。UNITも商品の写真を撮ろうと朝から張り切って出てきたのですが暗くてまともなのが撮れずで、、、(笑) 二条木屋町も歩いてる人が皆無。

そして本日もまずはこの話題、8/18(金)からのNUNC POP-UP、皆様じわじわご興味湧いてきてると嬉しいのですが・・いかがでしょう?






本日も少しお話ししようと思います。
昨日お伝えしましたバックパック3型以外にもショルダーバッグなんかもラインナップしてるのですが(メーカーサイトはコチラ)、UNITとしましてはその中でも






この右下、Document caseが特にオススメなのです。昨日もポロリしたのですが、、本日も、、まあ、、メーカーサイトにも上がってますし良いと思うので(笑)






バッグと同じデザインソースを引き継いでます、内部もゴチャゴチャせずにすっきりスマート、しかもストレスのない使い心地なのです。タブレットと筆記具を併用する方はとても嬉しい内容だと思います、って・・最近の皆さんはこのパターンが多いですよね。

NUNC、益々自信満々の乞うご期待です。


次の話題、秋物の入荷がスタートしております。






シックな色合いが増えると秋感が増して嬉しく思います、個人的には秋は洋服を楽しむ一番好きな季節、春も良いのですが花粉が飛ばない分秋に軍配が上がります(笑)






立ち上がりなのでシャツの勢力が強め、逆に言えばこの時期のシャツは豊富だとも言えます。






万能コートも入荷しております。






香りチームもしっかり在庫してます。

MARINEDAYのバッグもコツコツ入荷中・素敵な靴下もご紹介予定・スニーカーも楽しみ。
そして明日は本日ご紹介出来なかったalkphenixを予定、アルクフェニックスは益々進化してます。

セールも引き続き開催中です、マークダウンもしますので是非ご利用くださいませ!

それではまた明日です、宜しくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ということで本日もNUNC(メーカーHPはコチラ)について。

ヌンクの主力になってるのはバックパックです、バックパックが好きなUNITとしてはとても嬉しいブランド。






旅行用に作られた NUNC Traveler’s Backpack






ビジネス対応可の NUNC Rectangle Backpack






最もカジュアルに使える NUNC Daily Backpack
この3型となっております。
フロントパネルは共通デザインですが旅行用モデルのみ収納できる、大容量な設計。最もカジュアルなDailyがバックパックらしい立ち姿、UNITとしましては最も本命は真ん中のRectangleなのかなあと予想しております。

そしてなによりも共通デザインである、






この構造。左手前はすぐに出す物をメインに収納させるデザイン、オーガナイザーも細かく配置されています。真ん中の荷室は内袋になっておりまして、あまり見せたくない物(着替えなど)を保護できたり・パッキングを安定させてくれたりという意味合いも。どちらもそれぞれを使う際に独力でフルオープンしますのでとても使い勝手が良い。そして背面側のショルダーハーネスの合間にPC用のスリーブが、これもフルオープン。 全てのモノがアクセスしやすいデザインなのです、画期的・・というかよく考えたなあと思います。






そして先週もこの写真を掲載してますが、ベルクロ遣いがとても秀逸、メーカーサイトではまだ細かなところまで言及しておりませんので多くは語れないのですが、






こっそり、展示会でボクが撮ったこの写真だけ。。。

そしてプライスもまだ未発表ですので暫時お待ちくださいませ、なのですが・・・細部までギミックを投入して作られているのにかなりもコストパフォーマンスだと思います、バリスティックを使った都会型のバッグをリリースする競合他者の商品と比べると、圧倒的に親切な価格設定です。NUNCさんの母体は大手バッグメーカーなのですが、「本気出したらここまでできるのね、怖いなあ・・・」なんて思ってしまいます。

いや〜、もっと全開で色々ご説明したいです、モヤモヤする〜(笑)
ボクもますます早く見たくなってきてます。

NUNC、乞うご期待です!!


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

夏真っ盛り、そんな気候になってきましたね。






数日前に通った伏見のお稲荷さん、夜に人の気配を感じるのが夏っぽくて。こういう神社の夏の空気がそこらじゅうにあるのも京都らしさですね。







まだまだ夏ですのでセールも引き続き継続しております、是非ご利用くださいませ。






それと共に晩夏・秋物が少しずつ到着しております、こちらもアップしてゆきますので乞うご期待です。






そして本日、MONT LIVREさんからシルバーと石系のアクセサリーがたっぷり到着しました。
日曜まではポップアップとして店頭に全て置いております、夏の襟元・手首・足首を彩ってくださいませ。¥6,800~¥39,800で程々に手に取りやすい価格設定だと思います、是非お試しにお越しください。

〜MONT LIVRE Jewels〜
西部開拓時代のイメージに代表されるアメリカンインディアン、70年代にアメリカンインディアン運動が起きた頃にはヒッピー文化にも影響を与え、80年代ではラルフローンブームを筆頭に復刻されたカウボーイやワーク系のウェアとワイルドウエストのカルチャー的グッズなどが流行、90年代にもそれは続きました。
そんな”TRU-WEST, GO-WEST, WILD WEST, SOUTH-WEST” のデザインをもっと気軽に…すぐに手の取れるところにある、もっともっとみじかで楽しい “WILD-WEST” を MONT LIVRE は復刻・表現します。
その中からVintage Indian Jewelry, OLD PAWN Jewelry, と呼ばれているインディアンジュエリーの礎となるデザインに、ひと手間工夫したレプリカジュエリーです。











ざっとこんな感じです、石のネックレスは2重巻き・3重巻きにすればブレスレットやアンクレットにも出来ます、ラピスもターコイズも綺麗ですね、シンプルなモノからサザレのボリュームのあるものまで。

ボクも欲しくなってきました(笑)

よろしくお願い申し上げます!





MONT LIVRE Jewels pop-up 日曜まで


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×