UNIT

こんばんは。

このところ暖かいですね、、もっと寒くなってくれないと洋服屋は困ります笑

本日は新顔と継続品番と暖かいのと暖かいのをザッと4つご紹介。

まずは新顔、





dsc_3376
Manual Alphabetというシャツメーカーさん、今期スポットでいくつかお世話になってます。





dsc_3315dsc_3316
stretch flannel BASIC BD SHIRT ¥10,500+TAX
起毛仕立てのネルシャツ、BDなのでトラッドっぽい仕上がりが良いです。フリーフランネルという特殊加工で、綿100%なのですが化繊を混ぜたストレッチ的な着心地。





dsc_0785
先日Vitterのカーディガンをご紹介した時にチラッと、上品なネルシャツです。





dsc_3313dsc_3314
次は、crispy weather MILITARY SHIRT ¥14,500+tax
米軍のユーティリティシャツをリミックスしたデザイン、比翼仕立てとフラップポケットが男心をくすぐるでしょ?
上質なコットンを使ったウェザークロス、光沢感とハリコシが良いです。この素材感はアウター使いもしやすいので時期によってはそういう着方も、裾はドローコードが通ってスピンドル仕様ですのでアウターとして意識しているということが伺えます。





dsc_3317
次は暖かいのを、INVERALLAN Lumber Cardigan ¥5,5000+tax
説明不要のローゲージニットのお手本みたいなインバーアランのカーディガン、





DSC_0222
問答無用でカッコイイです。





dsc_3299
Bibury Court UK combat smock ¥68,000+tax
英軍コンバットスモックのアレンジ。表地は英国ミラレーンの6ozワックスコットンで中綿にシンサレート、ボアに覆われた襟はフードにアレンジできます。コレ、、、カッコイイんです、また改めてご紹介。



ということでザッといきました、この秋の記事を見返しながらコーディネイトを考えてみてくださいませ。

お待ちしております!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はReの暖かいアウターを。





dsc_3435
Classic Sports Winter Coat
シンプルで汎用性の高いデザインです、ボリュームがありながらもスッキリみえます。





dsc_3439
シンサレートの中綿で暖か、たっぷり入ってますのでダウンにも匹敵します、扱いやすさもイイです。





dsc_3443
表地はナイロンのグログラン、細番手ですのでしっとりした風合いで上品に仕上がってます。





dsc_3437
目に馴染みの良いデザインです、





dsc_3440
金ゼル・綿テープでクラシカルなユニバーサルのダブルジップ・革のプルタブ、ディティールもばっちり。





dsc_3445
ポケットにハンドウォーマー、はずせないギミック。





dsc_3445
サイドにスリットが、このスリットが結構デザイン的に効き目ありです。個人的にはここでこのコートを気に入りました。





dsc_3432
ボリュームありですが着丈や身幅が絶妙ですのでボトムの太さも問わず合わせやすいと思います、細いパンツも合わせてみたいな〜と。


この冬、これで乗り切れそうですよ。





dsc_3448
Re made in tokyo japan Classic Sports Winter Coat ¥36,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は2点。
先ずは前日来の意外にご紹介してなかった的シリーズ、






dsc_0805dsc_0806
ARAN FATIGUE PT
「アランといえば」という立場にあるパンツなのですが、、、ブログでのご紹介は久々。ファティーグパンツ・・・このデザイン、ベイカーパンツ(UNITではこちらで言うことが多い)とも言います。ファティーグは雑役という意味があって、米軍雑務作業用のパンツをそう呼んだことからのネーミング。ベイカーは文字通りパン屋さんがはいてたから、、等諸説ありますが定かじゃない。100年以内のコトなのに、歴史や名前なんてアヤフヤなもんです。
そんなコト言ってたら、「花屋さんのパンツ」とか「自転車屋さんのパンツ」とか、企画してみたいなあ〜なんて妄想がモクモクと、、好きなモノは話が長くなっちゃいますね笑

そしてこのデザイン、個人的には最も好きはワークパンツのデザインかも知れません。ボクのキャリアで考えると・・ジーパン生まれベイカー育ち、みたいな・・・・・笑。実際に以前勤務してたメーカーでもベイカーの企画をあげてたり、UNITを始めてからもコレとかコレとか、懐かしいです、、、久々見ると自分の体が今より絞まってるのがくやしい笑
話を戻しまして・・・それくらいUNIT(ボク)としては得意分野、なのでUNITのコーディネイトの軸たり得るアイテムなわけですね。ましてやARANの顔なアイテムですからオススメ間違いなしなのです。





dsc_0818

dsc_0819
全体にワイドなシルエット、太めのパンツは色んなアイテムに合わせやすくて便利です。
ファティーグの王道デザイン、過不足無く・しかし満足度も高いギミック感。




dsc_0810
硫化染バックサテンです。硫化染料は風合いの出やすいのでワークパンツとは相性がイイ、このようなネップ感のあるバックサテンならなおさらです。 ワークパンツなんだけどザックリ過ぎなくてガシガシはける、一般的なファティーグよりも太さのバランスが上品なのもイイ、、そんな感じの毎日付き合えるパンツです。



もう一つは、





dsc_3226dsc_3225
BEAVER of bolton COLLARLESS VEST
入荷のタイミングでお知らせしてたアイテムです、再掲載。





dsc_0838
ナイロンに中綿のダイヤモンドキルト、安定安心の王道素材。





dsc_0822
スナップボタン、襟無しのナローな前立て、大ぶりなポケットが左右に1つづつ。もう、何も問題の無い感じ。中にも外にも合わせるモノを選びませんね。
冬のインナーとアウターの繋ぎ手としては素晴らしいアイテムだと思います。



そんな2つを合わせると、





dsc_0864
ニット:Baxter Ratcliff crew neck ¥1,6000+tax
カットソー:BETTER MID WEIGHT CREW NECK L/S T-SHIRT ¥4,800+tax
スニーカー:ventuno TENNIS ¥5,700+tax
ストール:STELLA ROSSA DIAMANTE ¥6,000;tax

UNITの冬の基本コーディネイトが出来上がります、この組み合わせのアウターは丈が長かろうがショートであろうが殆ど悩まずに着られます。要するに、、、楽(手抜き)出来ます、それが出来るコーディネイトというのは要するに完成されてるということ、ぜひお試しください。



ということで2アイテム、必需品ですよ。





dsc_0809
ARAN FATIGUE PT ¥15,000+tax





dsc_0844
BEAVER of bolton COLLARLESS VEST ¥17,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ベターから3アイテムです、2つは同素材で3シーズンに渡りコーディネイトの基礎になるモノ・もう1つは今から毎日使えそうな頼れるひと品。

ではまず、





dsc_3405
この裏起毛のスウェット素材、安心感ありますね。





dsc_3403
CREW NECK PULL-OVER





dsc_3401
ZIP HOODY





dsc_3394
どちらもリバースウィーブを踏襲したデザイン、すっきり見えつつ体の動きも考えられている不変のスタイル。サイジングも絶妙、ボトムの種類も問わず合わせやすそうです。着込んで自分のカタチになって益々お気に入りになりそうです。





dsc_3408dsc_3396
こんな感じ、言わずもがなですよね。


次は、





dsc_3309dsc_3307
DOWN CARDIGAN





dsc_3428
dsc_3427

三重県の河田フェザーの手がけるフランス産ホワイトダック90%・フェザー10%のダウンパックを使用、自宅での洗濯も可能です。
表地はシェルコットンで撥水加工が施されてます、こういう表面加工は生活上の汚れにも強くて助かります。





dsc_3416
“ダウンカーディガン”というネーミング通り、インナーダウンとしてのデザイン。ラウンドネックとダブルジッパー、裾はラウンドヘム気味に裁断されてます。カットソーでもシャツでも、バランスの取れたルックスです。
これに風防性の高いアウターを羽織れば快適な冬を過ごせますね。

インナーダウンの出現でアウドドアのフィールドはとても過ごしやすくなり、その恩恵で街でのオシャレ着も進化しました。冬でも軽快に過ごしたい皆さんは是非。


BETTERの3アイテム、3者3様で役立つモノたちです。





dsc_3415
CREW NECK PULL-OVER ¥10,800+tax / ZIP HOODY ¥12,800+tax





dsc_3431
DOWN CARDIGAN ¥25,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日も3アイテムご紹介です。
昨日に引き続きReから先ずは1点、





dsc_3301
Re made in tokyo japan Classic Sweat Wool zip Parka





dsc_0791
イタリア産の縮絨ウール、昨日のニットもそうでしたが肉厚に見えて着心地軽やかです。





dsc_0787
立ち襟気味になったフード・パイピングのポケット・レザーのプルタブ、Reが作り続けているディーティールですね、王道のパーカーの匂いを残しつつReらしさが。





dsc_3393
毎年おすすめコーディネートはシャツでお見せしてるのですが、カットソーの上にフワッとでも程よくラグジュアリーな感じが出てイイでしょ?

そして暖かですので、手放せない1枚になると思います。



次は入荷のお知らせ以来の登場、





dsc_0758dsc_0761
Vitter ROUND NECK / CARDIGAN
イタリア・フィレンツェにて1968年に小さな家族経営の会社として創業したニットメーカー、原料調達から生産までを全てイタリア国内で。有名ブランドのOEMも請け負った実績を持ち、優れた品質からヨーロッパ内にとどまらず世界各国に商品を提供しています。工場の電力は100%自社のソーラー発電によるものでまかなわれており、環境にも配慮しているブランド。





dsc_0777
アクリルとウールの混紡で普通に洗濯出来ます、日常使いする上ではかなりのアドバンテージ。しっかりした肌触りのハイゲージですので安心感もあり、長いシーズン使えそうです。





dsc_0775
クルー、汎用性の高さが伺えますね。





dsc_0784dsc_0785
カーディガンも王道、白いカットソーでクリーンに、同色のシャツでクレバーな感じにも、UNITとしてはそんな気分。
コストパフォーマンスの面から見てもとても優秀、ガンガン着てください。



あ。。。。





dsc_3398
今日は太いカーゴとスニーカーだったので、昨日のニットで言ってたパターンもついでに笑


ということでイタリア由来のニットを3点(4点)ご紹介しました、是非店頭で。





dsc_0797
Re made in tokyo japan Classic Sweat Wool zip Parka ¥19,000+tax





dsc_0799
Vitter ROUND NECK ¥8,800+tax / CARDIGAN ¥10,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

Reの精鋭を2.5品ご紹介、2.5っていうのも0.5のアイテムに失礼なのですが、、是非セットで着ていただきたいのです。ここまで言うともうお分かりですよね笑





dsc_3291
Milling Wool Knit 3B Jacket





dsc_3292
Milling Wool Knit Tailor Vest
そうですね、アンサンブル?セットアップでイイのかな??で着ていただきたい2品です。





dsc_0761
ウインドウペーンの縮絨、キャッチーな柄なのですが濃いめのネイビーで引き締まった印象。





dsc_0754
3ボタンで切りポケット、オーソドックスなスタイルです。





dsc_0755
総裏で台場仕立てで上質な仕上げ、





dsc_0756
センターベントで奥ゆかしく。





dsc_0758
その中に着るベストは襟の詰まったデザイン、ノータイやカットニットのインナーにも嬉しいギミックです。モチロンタイドアップで上品カジュアルもイイですよね。





dsc_0771
ということでこんな感じでJKTを羽織ってみました。
もっと太いデニムでスニーカーなんてのも良さそうですし、色々出来そう。冬を楽しめるセットですよ。





dsc_0770dsc_0767
クルーネックとタイドアップ、襟元の雰囲気次第で表情が変わります、色々楽しんでください。


次はローゲージニット。





dsc_3297
Low Gauge Wool Airy Cardigan





dsc_3379
ほどよい厚みがあってルックス的には重量感アリなのですが、エアリーという名前の通りでとても軽い着心地。





dsc_3378
デザイン的にはちょっとミリタリーを匂わせる雰囲気、カジュアルベースで落ち着きもあるのでフワッと羽織るだけで色んなスタイリングに溶け込みそうです。





dsc_0773
革靴もいいですが、太めのミリタリー系パンツとスニーカーなんていうのも気分です。

あっさりしてるようでシッカリ存在感もあるニットです、冬の強い味方になりそう。



ということで、Reから3アイテムでした。





dsc_0766
Milling Wool Knit 3B Jacket ¥38,000+tax / Milling Wool Knit Tailor Vest ¥18,00+tax





dsc_3386
Low Gauge Wool Airy Cardigan ¥19,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はUNITの隠れた定番を2つ。

先ずはニットから、





dsc_3319
Jamieson’s stand collar cardigan
伝統的なフェアアイルが思いつきやすいジャミーソンですが無地もモチロンお得意、シャットランドニットを代表するメーカーの1つです。
このスタンドカラーのカーディガンは個人的にも長い付き合いで自信のひと品、シャツはもちろんのこと・タートルネックのカットソーで上品なカジュアル・クルーネックだってラフにならず・ヘンリーネックのカットソーだったらちょっとフォークロアなニュアンスも。かなりの守備範囲です。





dsc_3367
上質なシェットランドウールは適度に油分を含みしなやかで保温性も高く、レザーのくるみボタンが上品なフォーク調を表現。





dsc_3366
スタンダードのど真ん中を行くデザインです、ワードローブにコレがあると安心感が違います。



次はARANの





dsc_3320
F.CARGO





dsc_3361
今回はコットンサージを硫化染めしたもの、生地の陰影がシッカリ出る染料ですので質感に奥行きが出ます。





dsc_3387
ちなみに昨日は2年前のFカーゴでした、毎シーズンはいても飽きないパンツです。





dsc_3347
dsc_3348
シンプルなのですが手応えのある腰回り。





dsc_3352
dsc_3353
カーゴポケットはギミック感とボリューム感がイイ、胸焼けしない程度に男心をくすぐってくれます。





dsc_0753
ということで、上下で合わせてみました。
ブルゾンでもコートでも合わせやすいバランスです、ラフさ加減と落ち着きが両方あるでしょ。

どちらも安定感抜群、必須アイテムです。





dsc_3363
ARAN F.CARGO ¥18,000+tax





dsc_3370
Jamieson’s stand collar cardigan ¥25,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

日中は過ごしやすく朝晩がピリッとヒンヤリ、ボクはこのくらいが一番好きかも知れません。言ってる間に寒いだけの1日になっていきますのでね、皆さんもご準備をお忘れなくです。

本日はそんな冬のヘビロテになりそうなのを2点ご紹介です。

先ずは、





dsc_0754
GUERNSEY WOOLLENS CARDIGAN

9月頃に入荷のお知らせをしておりました、改めてご紹介。





dsc_3345
フランスとイギリスの間にあるガーンジー島伝統のニット、実際に昔の漁師が仕事着に使っていた耐久性と保温力の高いセーターなのです。無骨なようなカワイイような、、暖かさが見た目通りに伝わってくる感じかしますね。





dsc_3346
肩の編みを見ていただくとわかるのですが、ガンジーは平面で前後同じ身頃。前開きではないプルオーバーのニットの場合、モックネック状なので好みによっては首が窮屈に感じる場合も。





dsc_3344
その点カーディガンはモチロンの前下がりの襟ぐりですので、痒がりの人にも優しいのです(ボクもそうです笑) 編み変えや木製のボタンなどの風合いと、少し軽めのローゲージというニュアンスで比較的アウターも着やすい。





dsc_3290
こんな感じです、飽きそうにないですよね。スタイルもず〜っと不動ですので消費者側としても安心。

今年はグレーでオススメ。来年はどうしようかな〜なんて、今から楽しみなのです。



次はFOBのパンツ、





dsc_3322
ID BAKER PANTS





dsc_3339
インディゴ染めのサクッとしたカルゼ、風合い満点です。冬らしさとワークテイストが混ざり合った雰囲気ですので、色んなコーディネイトができそうですよ。ウール系のアウターはモチロン、ナイロン系のアウターも落ち着いたコーディネイトにしてくれそうです。





dsc_3333dsc_3336
安定のディティール、ストラップが断ち切りになってるるのが良いアクセント。





dsc_3389
ロールアップでブーツ、こんな感じが気分でしょうか。ワントーンでもノッペリしないのはウールカルゼのお陰です、悪くないでしょ?





dsc_3390
と言いつつ上の写真じゃ雰囲気掴みづらかったので外に出て、笑。

ワークスタイルをを1ランク引き上げてカジュアルで活動的だけどちゃんと大人、そんなボトムだと思います。




ということで今日の2つは確かなオススメ、じっくり冬を付き合える上下です。

よろしくお願いします。





dsc_3364
GUERNSEY WOOLLENS CARDIGAN ¥29,000+tax





dsc_3342
FOB ID BAKER PANTS ¥16,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんにちは。

告知わすれてました〜!!!

明日は祝日ですのでオープンです!!!





2013top_10
UNITから徒歩10分の京都国立近代美術館や京都市立美術館も対象みたいですよ、紅葉前の秋の散策がてらお越しくださいませ、お待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日はニット、個人的にもかなり好みなルックスな





dsc_0759
BRICKのヘンリーです。
スコットランドの新進気鋭のニットブランド、古い機材を使いつつシームレスの編み地に仕上げる温故知新を形にしたシェットランドセーターです。





dsc_0766
綺麗で少しゆとりのあるシルエット、バランスがいいです。





dsc_0764
起毛させたハイゲージは保温性も高く質感もふんわり、イギリスだけでなくイタリアからの糸も使っているそうで、素材への探究心も垣間見られます。





dsc_0767
3ボタンのヘンリーで丁度良いボリューム感、クルーネックのTシャツとの相性も良いですし





dsc_0782
シャツももちろん相性良しにきまってます。


どんなスタイルのコーディネイトにも溶け込みやすいデザインですし、濃いめのチャコールグレーは黒・紺・茶・オリーブのどれを軸にした配色にも合わせやすい、ですので今回のUNITのセレクトは潔くこの1色のみ。

本当に空気感の素敵なニットです。





dsc_0780
BRICK HENLEY ¥22,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×