UNIT

ARAN HOODED COAT

こんばんは。

本日は少し前に入荷のお知らせだけしてたアランのコートの詳細を。

定番商品のコレ、カッコイイです。

程々にギミックを抑え、でも作り込みの良さはしっかりアピールされたデザイン。こってりではないけど下味がしっかりしてて何度も食べたくなるような感じ、という表現になりそうなコート。





DSC_0093
DSC_0094DSC_0092 ブラック・ネイビー・オリーブ(濃いめのベージュな感じです)の3色です。





DSC_0145 素材はコットン×ナイロンの60/40グログラン、濡れても染み込まない素材。





DSC_0161 裏地はコットン×ポリエステルのオックスフォード、耐久性が高く扱いやすい素材。

この2種類の組み合わせですのでボクは家で洗濯しちゃいます、それが出来るのってイイでしょ。





DSC_0164 パーツのアッセンブルも絶妙、オールドタイプのジッパー、スナップボタン、太めで光沢のあるドローコードにレザーのストッパー。上質さを感じつつオーセンティックなアウトドアな匂いやミリタリーの味も。





DSC_0165 袖のベルトは中に通してあります、スッキリしつつギミック感も。





DSC_0166 内側のポケットはココのみ潔く、です。





DSC_0159 イイです。

中に着るモノのボリュームを問わずに着られます、ローゲージを着た時のアウターにも使えますね。でも上の写真、ちょっとピンボケ・・ベルト忘れてズボンずってるし、、





DSC_1697 去年の写真。

上よりも細いパンツ、下半身も問わずです。どちらもブーツを履いてしまってますが、太いパンツに白いスニーカーなんてのが個人的な気分です。そうもいいつつスーツの上に着てる方もいらっしゃいますし、ホントに優秀。


このコートの良さ、是非体感してくださいませ。





DSC_0172 ARAN HOODED COAT ¥36,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は非常に使い勝手の良いニットを。





DSC_0643 Baxter Ratcliff です。

イギリスのファクトリーで丁寧に作られた上質なニットウェア、メリヤス用の編機らしく肌触りがイイ。





DSC_0636 イタリア産のメリノをハイゲージで、高級感がありながら日常使いにしやすい空気感も。





DSC_0628DSC_0629 クルーネックと





DSC_0631DSC_0630 カーディガンです、それぞれチャコールとネイビーの王道色。





DSC_0640 本当にシンプル、





DSC_0639 無駄を省いた付き合いやすいフォルムですね。





DSC_0599DSC_0621 カットソーライクにも、B.Dと合わせてベーシックにも。





DSC_0623DSC_0625 そしてB.Dとカーディガンはやはり最高の組み合わせ、ぼくはボタン閉めないのが好きです。



これからは重衣料が活躍する季節、ミッドレイヤーが結構大切です。

お忘れないように。





DSC_0646 Baxter Ratcliff crew ¥16,000+tax / cardigan ¥17,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

昨日くらいからドンと寒くなりましたね、、、こんなに急だと体が対応できないですよね。なので本日は重量級の暖か〜いアウター、、、ではなく、中からしっかり。

寒くなったということは、UNITではコレの出番が来たということになります、





DSC_0130 JIGSAWのキルティングのUネックロンT、必需品です。





DSC_0131 今年はマイナーチェンジでグレーとネイビーの2色展開。





DSC_0133 保温性が高く・肌触りも良く・インナー扱いですが見せられるルックス。





DSC_0125 シャツのインナー、





DSC_0124 カーディガンやスウェットのインナーに、というかどのインナーにも。

日本の気候は重ね着が適してますので程よく暖かいこういうインナーって重宝しますよね、使い方によって様々にコーディネイト出来ます。ガンガン洗えてガンガン着られるし耐久性も折り紙つき、ボクが今日着てるのはかれこれ5年目になります。

因みに本日は、





DSC_0116 Kepani SUNSET ¥17,000+tax

Pt.Alfred 1stアーミーチノ ¥13,800+tax

HILLTOP LUM WOOL STOLE ¥12,000+tax

ブーツ私物

という感じです、全身同色系。こういうときにチラッとみえるキルティングが効果的なのではないかと思います。

冬の必需品です、よろしくお願いします。





DSC_0134 JIGSAW QUILT JAQURD L/S U-NECK PULL OVER ¥7,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は2度目のBRICKのご紹介。





DSC_05901 ボクも既に動員回数がこの秋トップかもです、このニット。

ちなみに今日着てるのが、
BRICK V-NECK KNIT ¥18,800+tax
UNIT OXFORD B.D SHIRT ¥12,000+tax
ARAN F.CARGO ¥18,000+tax
P.cornillon boader stole ¥6,000+tax
ブーツ私物

程よく上品・程よくラフに、といった感じの気分ですね。





DSC_0596 そんな上質なフォークロアを感じさせるブリックに、BALLOONERがカラー別注。





DSC_05911 キナリと、





DSC_0595 モスグリーン。





DSC_0594 こちらのモデルはエルボーパッチ付き。

ガンガン着込んでも大丈夫な息の長いニット、土臭さもありつつ都会的でもある、、バルーナーの求める世界観と合致する部分が多いワケです。

汗だくになってコレ脱いで、バックパックのフラップに挟んでMTB担いで山登って、ピークでまた着てコーヒー沸かして、、そんな情景が思い浮かびます。


活動的な大人に、そんなニットです。





DSC_0598 BALLOONER×BRICK CREW NECK ELBOWPATCH ¥23,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんにちは。

本日の商品は、結構ボクの嗜好が現れてる2つです。

先ずコレ、ほぼほぼ女性向けのアイテムだと思います、





DSC_0580 Econi ¥3,700+tax

エコバッグですね、いわゆるレジ袋のデザイン。





DSC_0583 大きさはボクが掴んでこれくらい。

アレ?小さい??と思ったのですが実際モノを入れると重みで伸びます、その辺りも計算済みなのでしょうね。バッグインバッグ・休憩バッグなんかに丁度良い、こういうデザインをスウェット地で作るのは程よい上質感があって良いな〜なんて思ってついつい入荷したのですが、、、ん?男性ってこういうの使わないか・・・と少し反省、ということで女性向けのちょっとしたプレゼントにどうぞ。

なんて思ってたら、ケパニさんではゴルフのラウンドで手回りのモノを入れるとか・お弁当袋、、男性でも大丈夫そうな使い方もご提案なさってます。その他の使い方も色々ありそう。





DSC_0570 友達がお散歩中に寄ってくれました。手回り品を入れるとこんな感じ、良い雰囲気ですね。彼女曰くスウェットの伸縮性からくる歩いている時の揺れが、自分の歩く調子と同じリズムになるので一緒に歩いてるみたいで楽しいそうです、確かに後ろ姿をみると大きく腕を振ってました(笑)


次は、、ボクの大好きなフィンガーレスグローブ。





DSC_0587 Sagaro-Ⅲ ¥3,900+tax

おそらく取扱店の少ないレアモデルだと思います。

ボク、指切りグローブ好きなんですよね。

真冬に自転車やオートバイで使うにはモチロン不向きだと思うのですが、歩いて街中で行動する時って・・よく考えれば指先無くても問題ないんですよね。逆にあると付け外しを何度もしなくちゃで結局外しっぱなしだったりするし・ボリュームのあるデザインの手袋だと邪魔になったり落としやすかったり。





DSC_0573 そういうシチュエーションでは指先出てる方が格段に便利なのです、逆に使ってる人は手放せないんじゃないでしょうかね。程々に暖を取りながら通常と同じ動作が出来る、普通の手袋だとポケットの細かいモノって取り出せないでしょ?





DSC_0574 リブの締まりもキツく無いので時計してても手首が窮屈じゃない。





DSC_0588 断ち切りって雰囲気もイイですよね。口の方だけロックしてるのもツボです、こっちはほころびやすいですもんね。ネームが両手ではなく左手だけってものクドくなくて好き。

実用に即した洒落感が出て、更に好都合。



ということで本日の2つ、





DSC_0585 どちらも小さな存在ですが、本気のオススメです。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

明日から3連休ですね、なので最近入荷したモノの中からとりあえずこの辺りに注目してください、というのをまとめて先にお知らせです、詳細は近日中に。

まずは、





DSC_0093
DSC_0094DSC_0092 ARAN HOODED COAT   ¥36,000+tax

60/40のグログラン、中に着る分量を調節しながら今〜真冬〜梅春まで。





DSC_0098DSC_0100 ibex scout jira FULL ZIP ¥25,000+tax

ピュアウールを使ったアウトドアウェアの代名詞的な存在のアイベックス、とても使い勝手の良いブルゾンです。キレイめスポーティな着こなしで。





DSC_0107
DSC_0108 WESTERLIND THE FELT HAT ¥19,800+TAX

ニューヨークのブランドです、ツキのしっかりしたフェルトハット。傘代わりにもなります、ルックスと実用性を兼ね備えた逸品。


なんだか、、、トータルコーディネイトみたいになってきましたのでこのままいきます。





DSC_0105 Re made in tokyo japan Wool Serge Relax Bottoms ¥15,800+tax

そろそろコレがはける季節です。





DSC_0102 BACH BIKE2B ¥21,000+tax

新色のチャコールです、バッハはまだまだこっそり充実中です。





DSC_0110 LUNGE Adajio ¥3,7000+tax (スエードは¥32,000+tax)

足元はスニーカーで軽やかに、でも大人のチョイスのスニーカーをどうぞ。

その他も盛り沢山。三連休、首を洗ってお待ちしております。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日は今年のUNITの気分の中心な感じのスタイル提案をしてみようかと・・なんとなく。

秋も深まり冬を迎えようとする季節、お出かけするのにも良いシーズンですよね。

こんな感じってどうでしょうか?↓





DSC_0630 Bibury court FOLDABLE FOODED COAT ¥56,000+tax





DSC_0635 weac. KURUMICHAN  ¥12,000+tax





DSC_0637 alkphenix shu pants ¥24,000+tax





DSC_0645 P.cornillon ストール¥7000+tax





DSC_0644 BACH SHIELD22 ¥20,000+tax
ここまではご紹介済み。





DSC_0632 Baxter Ratcliff crew neck ¥1,6000+tax

多用途に使えるハイゲージニット。今日のボクはシャツの中に着ましたが上に着るのもアリ、というかむしろそっちですね。





DSC_0647 Francesco Guanti Leather Glove ¥15,000+tax

レザーグローブとしてはカジュアルですが立場的にはキレイめです、ここは手軽なフリースではなく気引き締めて。

この2つは改めて詳細ご紹介します。

ということで、





DSC_0614 こんな仕上がり。(ブーツは私物)

例えば、、、お昼間に八瀬や大原まで紅葉狩りに行って、夕方に街に戻ってフラッとしてそのまま食事に行く、なんて時にこんな感じの大人らしい活動的なスタイルがどのロケーションにも溶け込むのではないでしょうかね。コレ、このままパンツをチノやウールスラックスにすればもっとキレイになります。アルクのパンツが程よくスポーツ感を出してくれてるワケですね、キリッとしたままスポーティ。





DSC_0628 今シーズンのUNIT、こういうコーディネイトがしやすいセレクトになっております。

お気軽にご相談ください(ホントに)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日はビーバー。英国ボルトンでキルティングのアウターを作り続けている工場のブランド、有名ブランドのキルティングJKT達はココ出身だったりします。





DSC_0079 2 そのキルティングで出来たコート、タイトル通りでチェスターフィールドです、





DSC_0079 個人的にはチェスターって触手が向かないのですが、キルティングにのせるとグッと好みになります。





DSC_0078DSC_0080 シンプルで良いですね、キルティングのボリューム感と丁度良い感じ。





DSC_0075 あえて、というわけではなくたまたま今日の格好がそうだったとも言えるのですが・・キルティングなので軽快さが出ます、スニーカーと合わせるのも良いでしょ?もちろんその場合はパンツをシックにしましょう。

この具合、かなり好みです。


もちろんJKTの上にもどうぞ、しっかり目のスタイルにといいうが本道ですので。


長年付き合えるコートです。





DSC_0082 BEAVER OF BOLTON WOOL TAILORED COAT ¥43,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

本日ご紹介のBRICK、初登場です。

これはUNITの新定番になるのではないでしょうか、とてもUNITの皆さんの好みにマッチしたアイテムだと思います。




DSC_0593 2009年スタートの英国のニットブランドです。伝統的なシェットランドニットの製法に今の空気を閉じ込めた、そんなセーターです。

そう、ニットって小慣れた言い方ではなく「セーター」と言いたい雰囲気。

UNITチョイスのBRICK、2型1色ずつに厳選してます。





DSC_0584 Vネックのブラック、





DSC_0585 クルーのライトグレーです。





DSC_0589DSC_0586 それなりに厚みのあるニットの場合、ラグランスリーブがスッキリみせてくれますよね。リブも肉厚でヘタらなさそう。





DSC_0592 一応ハイゲージの扱いになるのかな?、でもミドルと言って良い厚み、でもかなり軽い着心地です。

シャギーに起毛させることで保温性を高めてます、この手のニットは正直言えば毛玉が出やすいのですが、着込んでいくと出なくなるのです。長年着込めばどんどん良くなるタイプ、良い関係性をつくれますね。





DSC_0597 モノだけみるとポテッと見えるのですが、着るとすっきりでしょ?でもシャープではない。そういう牧歌的な味付けが心地良いニット、ね?セーターって感じでしょ??





DSC_0607 う〜ん、この黒のVのかっこよさをお伝えしたいのですが、、自撮りの限界、、笑。トラッドにも・スポーティにも・ちょっとストリートっぽくとか、このニットの雰囲気に黒とVネックという組み合わせはかなりツワモノセーターだと思います。



UNITの諸兄には必須アイテムですよ。

よろしくお願いします。





DSC_0591 BRICK V-NECK・CREW NECK 共に ¥18,800+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

こんばんは。

昨日の関西地方、しっかり降りましたね。

その翌日の今夜は1段階冷え込んだような、、そんな時期ですので中間着を2つ・アウターを1つ。

まずは





DSC_0632 モヘア混のニットを、混率はウール30%・モヘア25%・アクリル25%・ポリエステル20%です。

とても着心地の軽いニットです、かつ暖かい。





DSC_0091 Mohair Wool Knit Cardigan ¥15,800+tax





DSC_0629 プレーンなカーディガンのカタチです。開きは浅め、ナットボタンとチャコールのニットが良い関係性。





DSC_0636 袖口にスリット、ポケットもあり。





DSC_0634 デザインがプレーンなのでモヘアでも甘くならないでしょ?

大人の普段着に少しだけ遊びを、そんな感じです。



次は万能型のこれ、





DSC_0090 Back Velvet Warm Zip Blouson ¥15,800+tax





DSC_0628 ジャージ素材で裏をベルベット状に起毛、これも保温性が高い。





DSC_0625 スポーティなようでベーシックなブルゾンっぽい雰囲気、





DSC_0626 要所要所のパーツが雰囲気を落ち着かせてくれているワケです。





DSC_0086 ジャージなんだけど油断は無い、襟の開き具合も程よいのでタイドアップも良いと思います。



次は毎年人気のコレ、





DSC_0077
DSC_0074DSC_0075 Clasic Out Door Winter Coat ¥4,6000+tax

今年は新色でオリーブが追加されました、やはり純粋にカッコイイ。





DSC_1751_201412131839419ad 程よいワックスコーティング、経年変化も楽しめそうですね。中綿はシンサレート、安心と扱いやすさは言わずもがな。





DSC_1744_2014121318394160a クラシカルに頼りすぎず、今の感覚を併せ持った伝統的なデザインですね。





DSC_0639 せっかくなので新色を。

オリーブのアウターってパンツの色に対して靴の色を選ばなくて良いですね、デザインとの相性もモチロン。といいますか、、、ベージュもブラックもこのデザインだとどの色選んでも万能型かも、悩ましいですね。



ということでそれぞれ良い立ち位置の3種類がお待ちしております、宜しくお願い申し上げます。




DSC_0645 Re made in tokyo japan 各種

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×