UNIT

15jyugo shirasu denim

こんばんは。

皆さん、デニムはお好きですか??ボク等以上の世代がそうなのかも知れませんが、、カジュアルパンツの3種の神器的な存在として

ジーパン・チノパン・軍パン

これだけあれば何とかなる、そう育ってきました。それに紺ジャケ用に白めのパンツを何か・チャコールのウールスラックスがあればもう完璧!

あ。。。。。

これ、例えばの話ね、もう買い物しなくていいって話では無いです、極端な話。「死ぬ前に食べたいのは?何」とか「無人島に持って行くなら?」とかに近い話ですよ。気分やTPOに合わせて色々ありますからね、流行りだって追っかけないとはいえ無視もできないし、程よく楽しむことが必要ですから!!

焦った〜、焦って言い訳いっぱいしました(笑)

と言うことで、ジーパンというのはそれくらい基本になるアイテム。まあ実際「1年間、1本しかズボンはいちゃダメよっ!」なんて言われれば、迷わずデニムを選ぶ人がほとんどのような気がします。

それだけにデニムというのは世の中に種類も出回っておりまして。ボクもデニムの会社に延10年程はおりましたし、元々ファッションに目覚めたのはデニムが好きになったから、職種としてアパレルを選んだのもデニムがきっかけ。ユーズドのヴィンテージやレギュラー、国産、海外物、とりあえず一通りははいてると思います、もちろんストレッチも(否定は無いですし、また後日ご紹介予定のものもあります)。

それだけ素材・デザイン・色など全てに於いて多種多様だったり、昨今は素材感の飛躍的な向上によりストレッチデニムの勢いが席巻してたり、、、1店舗の個人規模のセレクトショップとしては、最早どうすれば良いのか分からない(笑)。とはいえデニムブーム全盛期に育った者としてはかなり柔軟な方だと思うのですが、、、まあ、、元々デニムに対する距離が近かったので理想に頭が固まってしまってるというのもあるかも知れませんね。そのうちUNITの5ポケ、作れたら良いなあ〜。

と、愚痴ばかり言えているのは、実際のところ本日ご紹介のジーパンがUNITの最後の砦を守っていてくれるから呑気にごちゃごちゃ言えるという事でもあります(笑)

ボクが思う”UNITのデニム”というのはですね・・・

・太くもなく細くも無い、程々にテーパードしたレギュラーフィットの5ポケット
・14oz以上だと重すぎるのでそれ以下〜12oz以上
・ストレッチでは無い
・赤ミミにこだわりはないけど、出来ればあった方がいい
・腰周りはあまり細くない方がいい(ウェストに角度がほとんど入らない) ・バックポケットは低め、小さいのはダメ
・ボタンは無地
・革パッチは無し

この程度のこだわりです。が、しかしこれが探すと以外に無い、、、と言ってしまいそうなのですが、、






15jyugoのshirasu denimはキッチリとおさえてくれているのです。






13.75ozのセルビッヂ(赤ミミ)デニム、「いやいや、ほとんど14と変わんないでしょ」と言われそうですが、この差が大きい。14ozの雰囲気をキープしつつはき心地が少し優しくなります、”ゴワっとした”ではなく”コワっとした”くらいの感じ。なのでワークパンツ然としたデニムの魅力はそのまま。






シルエットはこんな感じです。腰周りに少し余裕を持たせつつ程よくテーパードした感じ、あえて言うならば501の66を少しだけ505に寄せた感じ、でしょうか。これ説明すると長くなるので、分からない世代の方はグーグル先生に聞いてみてくださいね(笑)






アルミ無地のタックボタンにユニバーサルの真鍮両爪ジッパー、シンプルで良いです。






お尻周りはこんな感じ。オフセットのベルトループがオーセンティックで良い。革パッチは無しだけどステッチで表現、そうそう、そう言う事なんです(笑)






そしてイエローと金茶のステッチをそれぞれに配置、これも嬉しいディティール。過去のジーンズの歴史上ちょうど良いバランスだった時代もそうでした(ブランドによりますが)。








そしてバックポケットの隠しリベットはもちろん、15jyugoがアイコン的に使っている丸カンドメをコインポケットに。小技が気分良いです。

そして肝心のはいた姿、






すっきりさせつつ、どこか土臭さも残したというところでしょうか。ちゃんと現在進行形の解釈なんですけど伝統的なデニムの空気も帯びている、腰を細くしすぎてない事でウェストマークが決まりやすい。






で、小さくない低めのバックポケット。「小さめで上の方にあると脚長効果がある」と思いがちなのですが、、それって、、実際はポケットの下にお尻のラインが見えるわけですよね、そうお尻が下がって見える。そして小さいポケットだとお尻のお肉がはみ出してる雰囲気に。なので、程々に大きさがあって下からお尻を包み上げてくれるスタイルの方が足が長く見えなくともスタイルはよく見えます。


古き良きを追いかけ過ぎずに、ちゃんと今のデニムなのです。

まさに温故知新を自で行く様な。

本日の様に、このワンウォッシュデニムに黒靴の下半身だと、おそらく合わないものはないと思います、、、、うん、今色んなのを想定したけど全部OKでした(笑)

やはりデニムってすごいかも。。



オーセンティックで新しいデニム、ぜひ季節の変わりめにどうぞ、気分良いですよ。






15jyugo shirasu denim ¥19,000+tax


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×