UNIT

11月最初の週末は帽子です。

こんばんは。

本日はお知らせを。

来週は毎日申し上げておりますように、



Pt.Alfred&tobira custom order meetingです、よろしくお願い申し上げます。

そしてその翌週末にさしかかります11/1(木)を皮切りに11/4(日)までの4日間、






evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~
と題しまして、五条あじき路地のエボシさんにお越しいただき、帽子のオーダー会を開催いたします。ご記憶の方もいらっしゃるかと思います、昨年の11月にも1度開催いたしました(昨年の様子はコチラ)。

店頭でよく耳にするのが、「頭デカくて合うのがない」「頭小さいからどこの被っても大きい」という老若男女の声。そんな場合は大体ニットキャップになってしまうワケです。そういう方には必ずお喜びいただけると思いますし、もちろん平均頭蓋骨の方の、「こんな素材があればな〜」とか「他の人とカブらないのが欲しい」あ、ダジャレじゃないですよ(笑)、、なんてご希望にも寄り添えるのではないかと。と言いますか、、何より自分サイズでパシッとかぶることが出来るのはとても嬉しいです。

そして今回、エボシさんでお持ちのデザインを色々と持ってきていただくのですが、それとは別にUNITが欲しいスペシャルバージョンを作ってもらいました。毎日読んでくださってる方はもうお分かりかもしれませんが、最近の投稿でボクが被ってるベレーです。






これです、気に入りすぎて毎日被ってます(笑)






ウールのヘリンボーンとワックスコットンでサンプルを作ってみました、この2種類はオススメに違いありませんがもちろん他の素材もご用意しております。






ステッチを利かせてちょっとワーク・ミリタリーのニュアンスも感じられる雰囲気に。8枚ハギでバランスの良いデザインに仕上がってます、上品さもあるでしょ。ラフなスタイルでもJKT着てもバッチリ、色んなスタイリングにボーダレスでコーディネイト出来る最右翼かもしれません。






レディースサイズのサンプルもご用意しました。男性がかぶると無骨さが少し見え隠れしますが、女の子がかぶると不思議と可愛さが出るような。うん、良いデザインとはそういうことになります(笑)

そしてエボシさんのアイコン的な存在である






後ろのストラップも健在、かぶらない時にバッグのどこかやベルトループなんかに引っ掛けられます。デザイン的にも良い味付けですよね。






そして、ボクがベレーを作りたかった裏の理由が1つありまして、自転車乗るとき飛んでいかないでしょ。「サイクルキャップがあるじゃないのよ」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、、アレを洒落たかぶり方するのって中々の難儀な技、上手くかぶれたとしても自然なスタイリングとは言いづらい。日常の洒落感の中で自然なのがニットキャップとベレーだと思うのです。カバンにポイっと突っ込んでも型崩れしにくいのもこういうハギをとったデザインのベレーだとも言えます、丸めてポケットに入れるのだって可能。
サイクルキャップ派の方も、ウールジャージにベレーなんていうのもカッコいいと思いますよ(笑)ツイードランでもベレー着用の方は結構いらっしゃるのでは。

ということでUNITが提案するライフスタイルにしっくりくるのがベレーなのです。






このサンプルはすでに店頭にありますので、ぜひご覧ください!



ということでエボシさんのオーダー会、もちろん他の型もございますので色々と悩んでください。どうしようかなあ〜なんて考えるのも楽しい作業、女性の皆様もお待ちしておりますね。

ぴったりフィットする帽子をぜひ、お待ちしております。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×