UNIT

首を長くして待っておりました、ARAN M-49。

こんばんは。


今朝お店に着いてカバンを取り出そうとして気づきました、もっと前から開き始めてたのでしょうね笑
この投稿の日付が2013年11月なので、この辺りから使ってるとしてかれこれ5年半くらい、ずっと雨風日光にさらされてますので、、、まあそりゃそうですね。現在ゴムのりで補修中、帰る頃にはくっついてるかなあ。

その補修も、ボクのことなのでまあ適当・・・のりがたっぷりはみ出してます笑
でも道具ですので使えることが肝要だし・修理して使うことも大切。”エイジング”とか”リペア”とかの感覚でいえば、まあそれもアジといえばそうだし。そういう使い手の気配を受け止めてくれる道具というのは良いモノ、しっかりしているからこそ長く付き合えますよね。

UNITの洋服はそういう観点からセレクトしているモノが殆ど。格好良い・洒落てる、そういう男の洋服は道具と言っても過言ではない。

ハズ笑

ちょっと偉そうに言う時はいつも最後にフザケてしまうのですが笑、でもそう思ってることはいつもココでお話ししてますよね。本日のパンツもそういうスタンスで長く付き合えるものです。






ARAN M-49
フランス軍のM47フィールドパンツをモチーフにして、アランさんのエスプリ(仏軍ですから仏語笑)を利かせた1本。 カーゴパンツはまさに道具としてのユニフォームからファッションアイテムに昇華した代表格ですよね、なので色あせてきたり・ちょっと汚れがついたり・破れたところを補修したり、そういうのも込みで付き合えるパンツです。






ムラ糸のサージ、耐久性の高い素材ですのでそういう長い付き合いも可能。硫化染料をつかってますので退色の雰囲気もバッチリ。

そういうスペックよりのことばかりを言ってしまいましたが、もちろんカッコヨクなかったら元も子もないわけですが、






もちろん素敵。
M47のデザインは良い意味で野暮ったい、その土臭い感じが流行りに左右されない格好良さにつながります。いつも言ってることですが、アランさんの差し引き丁度なギミック感はベストバランスで飽きがこない。






一見普通のナナメポケットですが、玉縁ナナメになってます。






後ろは大きめのフラップポケット、適度な存在感。






イイでしょ?






大ぶりのカーゴポケットも、






イイでしょ?






ダブルニー、アクセントになってますね。






裾のストラップ。やはり太いカーゴには裾のギミックは必須です、これまた自然な姿が素敵です。







文句無しにカッコイイ、この言い方は個人的な思い入れも含めてますよね笑
Tシャツはcomm.arch. DOUBLE LAYERED S/S TEE、いいでしょ?。黒いスニーカーも良いですが、GERMAN TRAINERで色を軽くしつつレザースニーカーのシックさを足すのも良さそう、今日履いてきたらよかった・・・笑






裾を絞って。雰囲気が変わってイイですね、トップスとのボリュームの相性によって変化をつけても良さそうです。自転車乗るのにも都合が良いです、助かります。

このパンツ、トップスがシンプルな場合も・多少凝ったモノでも自然とまとまりのある仕上がりになると思います。ということは、夏場のTシャツ一枚の時も(UNITは極力シンプルにしますよね)、秋冬のボリューム増の時もバッチリなのです。そうですね、素材が夏専用ではなく通年見越してはけるというのも強み。

パパッとはくだけで自然な格好良さを提供してくれるカーゴです。

長いお付き合いを是非。






ARAN M-49 ¥23,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×