UNIT

襟巻編集室”よむ処方箋01 失恋”

こんばんは。

昨日も今週の定休日で神戸に居た話をしておりましたが、仕事と共にもう1つ目的がありまして。元町の本屋さんに伺いたくて。
“1003”というお名前のインディペンデント系の古本屋さん、ビールやコーヒーも提供していただける(人見知りなので頼めませんでしたが笑)2階の小さなお店、UNITと同じくらいの広さでしょうか。
そちらで予めお願いしてた本がコレ↓



襟巻編集室”よむ処方箋01 失恋”
失恋は水辺が似合います笑
コレを入手するのが今回の目的でした。愛媛の襟巻編集室から春に出版されたリトルプレス、友人が装丁のデザインをしたこともあって早く入手したかったのですが、2ヶ月経てようやく。

“わたしを空腹にしないほうがいい”のくどうれいんさんを皮切りにDJミズモトアキラさんの失恋ソング選曲まで、”失恋”ときくと湿度が高いように思われそうですが笑、風通し良くさらりと楽しめます。ボクもかなりiお気に入り。

失恋って、、どうなんでしょね、皆に経験のあることなのでしょうか。ボクの友人の中に高校時代からお付き合いをして結婚というパターンも何組かありますが、ある意味失恋を経験していないかも知れませんよね、端から”失恋”というモノに失恋していると言えなくもない笑。

意中の男女に対してでなくても、憧れのミュージシャンや選手・お店や旅先の街にも失恋したり。
この世にもういない人の日記を見て恋をする、なんて小説もあったような。
あの失恋があったからこそ今がある・思い返すとあれは失恋だったと気づく、そんなことも。

大人になって「この歳でしつれんなんて・・」と思う方も、過去のそれを思い返して何か気づくこともあったり。失恋という心の電気信号は中々侮れないモノがありますよ笑

折角なのでUNITでもお取り扱いさせていただきました。長野の栞日さんや東京の本屋B&Bさんなど、全国の素敵な本屋さんで並んでます。


夜の窓辺は過ごしやすい季節です、好きなお酒やコーヒーを片手にいかがでしょ。


失恋か〜、どんなのだったっけ笑






襟巻編集室”よむ処方箋01 失恋” ¥1,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×