UNIT

補充です、お待たせしました!!

こんばんは。

皆様寝不足は大丈夫ですか?(笑)

惜敗でしたね、小さな差が大きな差というところでしょうかね、満足だし悔しいし、とても凝縮された試合でしたね。 個人的にはポーランド戦の終盤のパス回し肯定派なので、コレがやりたかったからだよ〜と一人でニヤニヤしてたのですが、後半15分までは(泣)

どちらにせよ、純粋に日本人が日本人の応援をして一喜一憂するというのは悪く無いことですね。

そして本日、内容もパッケージも100%国産で、小さな差が大きな差といえばコレ、






9coconoの香りシリーズ、ボディ&ハンドクリームとファブリックスプレー。
ちょっとした心遣いなのですが、有るのと無いのでは大きな違い。香りって難しいですよね、ある程度は香りを感じさせたいですが、キツすぎると自分も鬱陶しいし周りもクサイ。個人的な意見なのですが、、、インポートのフレグランス(白人の国の)、特にキツめのモノって白人の体質に合う配合だと思うのです。なので、多分日本人には日本で親しまれている素材を使った香りが合うと思います。源氏物語でも紫式部先輩が六種の薫物について書いてますが、みやこの人は季節毎に香りを合わせて楽しんでいたそうで。昔の人は”聞香”なんて言って”香りを聞く”と表現してたワケです、なんとも奥ゆかしい。”利き酒”もそうですよね、漢字を当てると違う雰囲気ですがやまとことばで言えば同じ”きく”、素敵な言葉ですね。

ボクも将来的には香りを使える大人になりたいのですが、それはのちの楽しみに置いておきまして(笑)、サッと使えて我々にも聞きやすい、使いやすいのがココノの香り。ファブリックスプレーは清涼感を味わえますし、クリームも保湿はもちろんフレグランス代わりにも使えます。
ボクの場合、スプレーは特にハンドタオルにひと吹きして使ってます。日中よく使う時期ですので結構気分良いですよ。クリームはつけ過ぎないように、体温を発しやすい所に少しずつ。






「樹露 juro」
霧の立ちこめる深い深い苔むした鬱蒼と生い茂る樹々の中で感じられる心象から、香りのイメージへと膨らませています。






「圓重 mare」
東洋と西洋が交差し、渾然一体となった港の喧騒。
そして、重なり合う濃厚な果実やハーブの甘さ。そんなイメージを組み立てた香りです。






「橘 tachibana」
青い空に碧い海、白い建物に碧い屋根のコントラストが美しい地中海の島。
燦々と照りつける太陽、そしてくっきりと現れる黒い影。
白いドレスやスーツなどすっきりとした装いが似合う静かではありますが、扇情的な香りです。

というのが9coconoさんの解説、







それぞれ原料は100%天然由来、ファブリックスプレーはサトウキビ・トウモロコシ・米から作られたベジタブルアルコールをベース、クリームはシアバターやホホバオイルなどをベースに、それぞれの香りをブレンドしたもの。内容成分は秘密なのでボク等も知らないのですが、「樹露」は後々シブめの香りになるシソっぽい感じ・「圓重」は甘い花の香りがありつつスッと鼻の奥に抜けるような・「橘」は古木の重厚感の中にほのかな蜜の香りが、という印象でしょうか。






ジュロが欠品してご迷惑をおかけしてたのですが、揃いました。今日の更新見ていただけてたら良いのですが。。。

夏のプレゼントにもイイです、並びのリッツカールトンさんにお泊まりの海外からのお客様も良くお買い上げだったりします。やはり香りが素直だという意見が多いです。

今の日本人が作った今の日本の香り、いかがでしょうか?






9cocono ファブリックスプレー 樹露juro/圓重mare/橘tachibana ¥3,200+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)





9cocono ボディ&ハンドクリーム 樹露juro/圓重mare/橘tachibana ¥2,500+tax
通販ページその2はコチラ(クレジット決済可)


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

×