UNIT

今日もJackmanの2型です。

こんばんは。






今日の最初の作業は到着したhttp://tobira.ebscycle.com/bicycle/model-t/の組み立て。この車体自身はプロトタイプ、サンプル車でご用意しておりますのでしっかりめの試乗可能です。これはLサイズなので大体170cm以上の方向けです、ぜひお試しください。






再来週開催のhttp://blog.unitkyoto.com/blog/pt-alfredtobira-custom-order-meeting/もご活用ください、カラーオーダー半額です!、一緒に悩みましょう(笑)






そしてボクの毎日の足であるE.B.S PIKE(廃盤)、こうやって見ると綺麗なのですが毎日の酷使でフレームの塗装がボロボロ…。それを見るたびにボスから「かんちゃん、再塗装早くしよ」と言われてたのですが、横着なボクなのでずっと放ったらかしで(笑)、、、先日ようやくお願いしました。その間の毎日の足にはこれ、






E.B.S TRIP29(これまた廃盤)、本来29インチのMTBなのですが700cで街乗り仕様に。余剰パーツでパパッと組んだのですがなかなか素敵、今回の主な加工はアルフィーネ(シマノの内装変速機)のシフターのインジケーターをヘシ折ること(笑)。レース機材じゃないので仕方ないのですが、、あの大きな目盛が手元にあるのがうっとおしくて。他のモデルならオプションでツルッとした蓋が売ってたりするのですが、これにはその選択肢が無くて、、、なのでボキ(笑)

しかしこのフレーム、改めて見直すとイイんですよね。このモデル誕生当時、1本目だからということもあってモリモリのフィレット加工で仕上げてくださって、おかげでパイプの接合部が全部ヌメヌメのツルツルに。毎日の足としても、こういうミリタリーカラーだと色んな洋服ともマッチするし、、我ながら良い色をチョイスしたもんだ(笑)

こんな素敵なフレームを作る熟練職人Sさんを筆頭とするE.B.Sの工房からtobiraは生み出されます、しつこいようですが、、オーダー会で一緒に色考えましょうね、良い色アドバイスしますよ。

そして本日の商品、前回に引き続きJackmanさんから。






GG Sweat Offneck
襟・袖・裾の開口部をカットオフにしたスウェットです、ラフなようでいてシルエットがスッキリなのでシックな感じに着られます。






小さなポケットが印象的、






オフタートル的な仕上げで襟元も素敵です。






断ち切りなので着用時に少しカールするのもイイ。






こんな感じです、カットオフの緩いイメージとスッキリしたシルエットでちょうど良いラフさです。デニムにスニーカーで勝負するのも悪くなさそうです。






次はGG Sweat Midneckです。






プレーンなスタイルなのにどこかヒネリのある雰囲気、そういうポイントがUNITの好みです。






モックタートルで上質な仕上げ、肩の処理がこうなっているということは、、






バックヨークをつけたデザインに、これまたひと手間プラスで好感触。






リブの統一感もイイですよね。






何気ないけどどこか違う、こういう洋服は息長く付き合えますね。
ちなみに珍しく顔も写してるのは頭のソレを少しアピール、楽しみなイベントが待ってます、近々おしらせしますね。

Jackmanの雰囲気、アメカジがベースにありつつどこかそれだけではない、シックな空気感も持ち合わせているような。。。

そういうポイントがUNITのセレクトにマッチするのかもしれません。

本当におすすめ、UNIT太鼓判の洋服です。






Jackman GG Sweat Offneck ¥15,000+tax






Jackman GG Sweat Midneck ¥14,000+tax

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×