UNIT

こんばんは

よく使うモノの減りは感覚的に頭の隅っこにあるのですが、頻度が落ちるモノはうっかりしてしまったり。
今週のボクは紙袋の特大、重衣料の出る頃は気にしとかなければダメなのですが・・・やっちゃいました、ご迷惑をおかけした方々申し訳ございませんでした、フレキシブルにご対応頂き助かりました。。。
ということで今朝は業販店に、以前は近くで土日も開いてたのにな〜。Amaz◯nという手もあったのですが、紙袋は何故か2日後の到着で、しかも業販店より30%くらいお高いのです、実店舗運営者としては店頭で買いたいという仲間意識もあったり笑






特大・中・プレゼント用袋大。結構重いのですが大きすぎて自転車のパニアバッグに入らないので・・・重いもの程入れたいのに笑、こういう時にロングテール(後付けで荷台を長くした自転車)が欲しくなります笑

ということで、準備出来てホッとして本日も営業。

そして入荷速報です、Jackmanから3型届いております。










Jackman Jersey Coat ¥24,000+tax
特殊技術によって開発した発熱効果のある糸を高密度で編み立て、ストレッチ性、防寒性を兼ね備えたジャージーコート。高密度ゆえ縫製時の糸切れも起きやすいので通常より硬いチタン製の針を使用しゆっくりと縫っていきます。ポケットやゴムスピンドルの縁、袖口にはカン止めを打ち耐久性を持たせています。また後姿がきれいに見えるようにフードの大きさを調整、ダーツを入れることで緩やかに立ち上がる立体的なシルエットに仕上げました。2019秋冬の新色はカーキとグレーの中間色のようなAsh Khakiです。
シンプルandクリーンなデザインですのでコーディネイトしやすいです、去年も即無くなりましたので、、、なる早でお願いします。。。










Jackman Jersey Vest ¥15,400+tax
柔らかく、軽く、暖かく、シワになりにくい中綿キルティングジャージー素材を使用したベスト。保温性に優れた素材ですので、インナーダウンのようにレイヤードアイテムとしても活躍します。
万能そうですよね、絶対万能です。シャツやカットソーの上・ニットの上にも合わせましょう。








Jackman BB Shirt JK ¥22,000+tax
ウール、ポリエステル、ナイロン、アクリル、リネンの5種類糸をブレンドした独特のしっとり感ある風合いが特長の一重ジャケット。1900年初頭のスタンドカラーユニフォームからデザインしたインナーにも、アウターにも使える着回しの利くジャケットです。
これも人気のデザインです、素材も5種混の気の利いた雰囲気なので満足度の高い仕上がりになってます。

ボクも欲しいなあ、、、

Jackmanは本当に着やすくてリピーターの多いブランドです、まだ手に取ったことのない方は是非。

去年買い逃したかたも是非。

無くならないうちに是非。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

本日は昨日の続編気味な商品のご紹介、








FOB FACTORY COLD WEATHER LINNER PANTS です。
分かりやすくヌクヌクズボンです、ミリタリーのエッセンスというのは本当に万能型ですね。






腰回りは結構余裕のある感じで、裾に向買ってグッとテーパードを効かせたシルエットです。はきやすいバランスのシルエットなので、インパクトが強いわりにトップスは何でも合わせられます。いや、むしろ合わせやすいかも知れません。






片玉縁のポケットと、ドットボタンを見せた仕様のフロントボタン。適度なギミック感が良いです、ちょっとライナーな雰囲気を残している具合も良い。






バックポケットは片側のみ、全体にボリュームのあるパンツですのでスッキリさせるのは賛成です。








素材は前回のライナーコートと全く同じ、表地はウェザークロス・中綿はシンサレート、






インナーも同様にナイロンリップです。
帯は起毛素材を張ってますのでしっかり止まってくれますし、前立ての内側のトリミングが良い雰囲気ですよね。

なんというか、道具感が適度にあって良いのです。男っぽいアイテムなはずなのですが、街ゆく人を見ると逆に女性の方がこんなニュアンスを上手く取り入れてる方が多いような気がします。
実際店頭でも「もこもこで太って見えるでしょ〜」ってはいてくれない方もいらっしゃるのですが、後悔しますよ笑






ね?良いバランスでしょ??
ローカットのスニーカーでこんな感じですので、靴下で遊ぶのも楽しいと思います。トップスはcomm.arch. Hand Framed Crew Neck P/Oです、モノトーンでギュッとシンプルに。






オリーブの方はJackman Waffle Mid NeckREPRODUCTION OF FOUND CZECHO MILITARY BOOTSで、これをベースに羽織りものを重ねていくのは想像に難くないと思います。全てのアイテムがミリタリーベースだけれど、どこか柔らかい雰囲気も感じられます。

暖かくて・コーディネイトの幅が広くて・しっかりアイコンになる、大活躍だと思いますよ。

ほんとはいてみてください!!!






FOB FACTORY COLD WEATHER LINNER PANTS ¥26,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

今朝ニュースを見ていると、街行くOLさんなんかが”こう寒暖の差が激しいと対応できなくて体が疲れます・・・”なんて言ってる映像が流れていました。ボク、結構寒暖の差が好きなんですよね笑
日中は丁度良くて、夜はちょっと着込むと冷んやりした空気を楽しめる。真冬になると楽しめないでしょ笑
このところの日本は1年通してみると、寒いか暑いかのどちらかという感じなので、極端な人だとTシャツorダウン!なんてのも見聞きするのですが、やはりその中間というものは確実に存在するわけですので、重ね着というのが日本の気候には最もあっているはず。
そういえば”合い服(間服)”なんて言わなくなりました、最早死語ですよね。ボクら40半ばでも知らない人の言葉かもしれません、自分の母親あたりの団塊世代の口からは良く聞いた気がします。
季節のハザマで着るのが”あいふく”、主に薄いアウターをさすわけですが、今からの時期だと夜は薄いアウターだけじゃ寒いですよね。でも冬のアウターはまだまだ重い。

そんな時にはこれを使いましょう。








FOB FACTORY LINNER COATです。
名前の通りで軍モノのライナーをデザインソースに作られたJKTです。サープラスのリメイクなんかも安価に出回っててカッコ良かったりするのですが、やはりニューワンな状態の方が耐久性も高くガンガン着られるし、今のスタイリングにもハマります。






ボリューム感が丁度良いですよね、軍モノっぽい無骨さも残しながらスッキリさせた感じです。








トリムの仕上げもカジュアルなコーディネイトへの親和性が高いデザインですので勝手が良い。






中綿はシンサレートのエクストラソフト、今期オススメのPARKA LONDON EXPEDITION padded coat(今日の話題とは裏腹な存在ですが笑)に使われているプリマロフトもそうですが、昨今の化繊綿は本当に優秀。
完全に余談なのですが、アルパインを登る人の間でも化繊の評価が再燃しているようです。ダウンは濡れると厳しいけど化繊は扱いやすい・性能も上がっている・価格も安心、そんな理由みたいです。ボクも冬の里山に入った時、ご飯食べる時用でシェルの中に着るパッカブルのダウンを1つ使うくらいで、後は化繊の中綿ばかり使ってます。






表地は度詰めのウェザークロス、シャリ感の良いコットン。






インナーはナイロンリップ、これも軍モノ感を醸し出してます。そしてそれはフレーバーだけではなく、






リバーシブルでも着用可能、機能的にも活きてきます。
これ、メーカーオフィシャルだったかどうか忘れちゃいましたが、ボタンもリバーシブルがついてるのでそう言っても悪くないと思います笑。このリバーシブルは有用ですよ。








こんな感じ、力の抜けたミリタリー感が絶妙ですね。今時期なら中にスウェットを着てコレをアウターにという感じでも良いですし、






もっと寒くなったらコレを中間着にしてコートを着ればバッチリ、中にハイゲージのニットを着ても良い感じですし、とてもロングランで使えます。

そして冒頭のお話。
薄手のアウターを活躍させるのに丁度良い存在でもあります。せっかく持ってる軽い1枚モノのコートなんかをしっかり使い切りたいでしょ?、そうです、そういうことですね。
そしてそういうアウターは裏地が無いことが多い、そういう時にリバーシブルが大活躍。






滑りが良いナイロン地なので、ガッチリ織られた綿のコートもストレスなく着られます。

そうなると薄いアウターって便利でしょ?

寒暖の差が大きい時はやはり重ね着で対応するのがイチバンです、日本の風土にもあっています。
そして何よりも洒落てます笑、重ねたり・巻いたりしながら気候に合わせて楽しむ、そういう意味でも日本の気候を楽しめるということかも知れませんね。

せっかくなので、気温の変化も楽しんじゃいましょう。

このブルゾン、楽しめますよ。






FOB FACTORY LINNER COAT ¥25,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ストールです。
昨夜もそうでしたが、寒暖の差が大きくなってきてますよね、こういう時期はアウターを厚いモノにするか迷うところ。でも厚いと暑かったりしますよね、なんか日本語変ですね笑。そういう時に首を温めるとちょうど良かったり、また冬場でも襟元を保温するだけでも格段に過ごしやすくなったり、コーディネイト面でもアクセントにするには定番の小物でもあります。

ボク自身このあたりから毎日必ず持って出る必需品、そして毎シーズン必ずUNITに並ぶ皆さんの必需品でもあ流のが本日ご紹介のSTELLA ROSAの大判ストール。






今年は例年通り無地のタイプと共に、






ストライプもリリースされましたので、全8パターンで取り扱っております。






先ずは素材のご説明。
アクリル100%です。アクリルと聞くと”チクチクするorウールほど暖かくない”なんて印象の方も多いかと思われますが、ヨーロッパのアクリルは水を使った紡績なので日本でメジャーなお湯の紡績のようにケバ立たないのでとても柔らか。むしろ編み立てによる空気を溜める力の方が重要ですので、もちろん保温性もしっかり。
何より自宅での洗濯に気を使わなくてイイ、結構大切なポイントでしょ?、襟元に使うので直接肌に触れることの多いモノですから。ボクはネットに入れておしゃれ着用洗剤で水洗いしてます。






180cm×70cm。たっぷりサイズですので使い方も色々、ショールやひざ掛けとしても。そして、大きいサイズですが薄めなので折りたためば普通のマフラーくらいのボリューム、本当に万能です。














無地はブラック・ネイビー・フォレストグリーン・ブラウン・ベージュの5色。










ストライプはチャコール・ネイビー(ちょっと紫っぽい)・ブラウンの3色。






チョークストライプというかピンストライプというか、落ち着いた柄なのでスーツの時にももちろんOKです、アクリルには見えないエレガントさ。

着けてみますね。






そのままふわっと、






最もよくやるであろうサッと1巻き、






輪っかに突っ込んで、






ひと結び、このパターンを一通り出来れば十分いろんな状況に対応できますよね。






短めのアウターだとこれくらいの感じ、






長めだとこれくらい。
個人的にはアウターと色を揃えるのが好きです、このカラバリならば大体いけますよね。アウターの中で首から前身頃を覆えばインナーをもう1枚の効果もありますし、脱着で体温調整もしやすい。

冬のコーディネイトはストールで誤魔化してる事が多いです、洒落てる感じに見えてしまう笑
本当にね、普通のベーシックな格好でもストールを追加するだけでグッと洒落感が増します。そうなると数多く欲しくなると思うのですが、これはコストパフォーマンスも高く、大人買い出来る値段設定。

買いやすく・扱いも気を使わず・多目的。

良いでしょ??

是非どうぞ。






STELLA ROSA stole ¥5,800+tax
通販ページはコチラ






STELLA ROSA stole stripe ¥5,800+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。



季節の移ろいが毎朝感じられる時期になりました。
今朝は智恵光院通をサーっと南下して出勤、某俳優さんのご実家としても有名な酒造さんの前を。
秋晴れの日差しって独特ですよね、ちょっと乾いてて光がグッと深く入ってくるような。

本日は、今年の秋冬におけるUNITの基本のコーディネイトはどうですか?如何なものでしょう?、というご機嫌伺いをしてみようと思います。






まずアウター、ARAN SWD PARKAです。塩縮加工を施したコットンナイロンのスウェーデン軍のコートをベースにしたパーカー、軍モノのエッセンスを上手い具合に消化して大人のカジュアルコーディネイトにバッチリなスタイルに。スウェット〜タイドアップ・スニーカー〜革靴、好きなだけ合わせられます。






次はニット、comm.arch. Hand Framed Saddle B.Bですね、シーズン通して使えるちょうど良い厚さのニット。クルーネック・ラグラン・絶妙リブというのも汎用性の高いデザイン、コレも使い方は豊富ですよね。






カットソーです、BETTER MID WEIGHT CREW L/S T-SHIRT。不動の定番ですね、ラフィーコットンを使った中厚地はJKTのインナーにも・ニットの下にも中綿系重衣料の中にも使いやすいスグレモノです。






パンツは今年の気分としてはコレ、ARAN F.L PT-2です。UNITにはPt.Alfredという不動の定番チノがあるのですが、ちょっと趣向を変えたモノもたまにはね笑。

ということで、、、






こんな感じで、






前を開けるとこんな具合で。カジュアルなのですが黒の短靴で引き締め、襟元はラフに。素性の正しい肩の力の抜けた感じだと思います、とてもウチらしいと思うのですが・・・どうでしょ??笑
だいたい11月末〜12月中頃まではこんな感じで、






それより寒くなったらARAN VESTを追加、昨日チラリしたFOB FACTORY LINNER COATも良いですよね。
それにストールで襟元を守れば完璧、明日はストールをご紹介しましょうかね、コレまた毎年の必需品です。

良い意味で素晴らしく普通を実践出来るモノ達です、コレらをベースに色んな味付けをするというのは想像していただきやすいかと思ってみたり。

もちろんご協力させていただきます、アウターとパンツの強弱・色合わせ、、、是非是非ご相談くださいませ。

秋冬の醍醐味ですね。

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

三連休初日、如何過ごしでしょうか?
ボクはもちろんいつも通りUNITにおりまして、皆さんのお越しを余るくらい首を長くしてお待ちしているのですが笑、唯一たまに会う高校の同級生が息子の入試の準備に来たついでに覗いてくれまして。友達の少ないボクとしましては嬉しい限りです、そんな時は”皆立派なお父さんになってるな〜”と眺めて自分の年齢を噛み締めております笑
中学生か〜羨ましいなあ・・・なんて思ってたらこのニュースが京都新聞で発表されるタイミングに、多少ご縁のあった館ですのでなんだか寂寥感を覚えます。まあ、当時の担当・関連の皆様はそれぞれご活躍なのですが、撤退という文字はモヤっとしますね。。。

未来を見据える若者と閉まるファッションビルの対比が、胸のどこかにアレした感じ笑

なんて言ってる間に、というか言ってる暇もなく、冬の良いのがザバッと到着しております。






ウェブショップの方にはザッとアップしましたので、是非是非ご覧くださいませ。

ARANさんからは、






ARAN SWD PARKA ¥ 42,000+tax
ARAN HOODED COAT ¥ 36,000+tax
ARAN VEST ¥ 18,000+tax
ARAN POBC VIYELLA TYPE ¥ 18,000+tax
全部外せないモノばかり、、ボク自身冬にメインで使ってるのが殆どです。

FOBからは下支えしてくれそうな温〜いのが来てます。






FOB FACTORY LINNER COAT ¥ 25,000+tax
FOB FACTORY COLD WEATHER LINNER PANTS ¥ 26,000+tax
JKTはアウターにもインナーにも大活躍、パンツも雰囲気満点で保温力も抜群。

そしてコレ、






PARKA LONDON EXPEDITION padded coat ¥ 56,000+tax
今年のUNIT肝入りイチオシなアウターです、本当トータルバランスが素晴らしい。

商品詳細をご紹介するのが楽しみです、本当に。洋服屋だな〜ボク、こんな時にそう思います笑

アイテムによっては昨年から欲しいとおっしゃってた方も、是非是非お早めにチェックしてくださいませ!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






この冷蔵庫、40年くらい営業しているお店のモノなのですが、カッコ良いですよね。
でも若い頃に見た時は古くてダサいなあなんて思ってたはずで、それが20数年経つとカッコ良く見える。エイジングとかビンテージとか、勝手なものです笑

洋服も同じようなことも言えますし、流行りがなくなったとか言われつつも結構細かい流行り廃りがあったり。 とはいえその中でもほとんど左右されないモノもありますよね。

本日ご紹介のコムアーチは、その時々の空気感をしっかり捉えつつ基本的なところは踏み外さない素敵なバランス感覚を持ったブランド。中でもこのニットは、いわゆるシェットランドニット的なベーシックさと・日本人に寄り添った細部の落とし込み・かつ今の雰囲気もしっかり伝えられる、そんなポジションだと思います。










comm.arch. Hand Framed Saddle B.B
去年はチャコールとキナリをセレクトしましたが、今年はさらにグッと深い色目を。ディープフォレスト(深緑)・チャコール・バーントナット(焦げ茶)の3色です。






本当に良い色です、深みがあってちょっとくすんだニュアンスが良い。あ、後に出てくる写真は光の加減などで濃くなったり薄くなったりしてます。この写真の色目が実物に最も近いです。

南オーストラリアのビクトリア州ジロン地方で採れるジロンラム100%を、カシミヤ紡績専用の紡績機で通常の羊毛よりも細い繊維のみを集めて紡績、より繊細な肌触りを実現したセーター。
それでいてジロンラムの特徴であるバルキー感・ソフト感を残し、バランス良く表現している糸。東北地方でハンドフレーム(手横編み機)のみでニットウェアを製作している職人の手で作られた貴重なニットなのです。
本当に柔らかくてエアリーな着心地なのです。






ベーシックなデザイン。








とはいえシルエットのゆとり感も絶妙ですし、しっかり幅のあるリブの表情も素敵。リブの締まり具合も2そうそうこういうの!”と言いたくなる程よさ、上品さと軽快さが両方感じられます。
ラグランスリーブも、クルーのTシャツの上に軽く着てスニーカーというようなラフな感じにはもってこいですし・シャツに革靴でトラッドな時にも大丈夫な懐の深さ。






ということで中間をとってクルーTとフルブローグシューズで笑、パンツは前々回ご紹介したARAN F.L PT-2です。ディープフォレスト着てるのですが、、黒に見えちゃいますよね、想像力をフルパワーでお願いします笑 とはいえシルエットと全体の雰囲気の良さはお分りいただけるかと。僕で176cm65kgなのですが、この着用写真でsize4、もうちょっとピシッと着たいな〜という方はsize3でよろしいかと。
しかしこの感じ、とてもUNITっぽいなあと思います、良いモノあります笑

去年お買い上げいただいた皆様には本当に大好評でした、実際ボク自身も冬の主力、今年も変わらず不動のスタメンです。

この冬も優秀なニットをぜひ!






comm.arch. Hand Framed Saddle B.B ¥19,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

久々にコレが入荷しました。






Kepani Saguro-Ⅱ&Ⅲ
Ⅱが指全部・Ⅲが指切りです。よくよく考えると日常使いの手袋って、そんなにホカホカするモノって必要無かったりしません??、カバンやポケットの中でも結構スペースを取られたり。ハイテク素材のモノだと洗えるけれど気を使うし・革だと最早洗おうなんて気も起こらないし。値の張るモノが良いのもわかるけど中々手を出しづらいし・安いの買うと潰れるし。。。なんて感じで、ボクの思いつく限りの問題をあげてみましたが・・・いかがでしょ?笑

そんなお悩み、ケパニのグローブが全部解決してくれるんです!!・・・皆さんの予想通りの展開笑

でも本当にそうなのです、オートバイや登山はちょっと置いておいて笑、日常では風が防げるとちょうど良かったりしますよね、結構汗をかく部分でもありますし。スウェットなのでもちろんきっちり洗えます、コレも嬉しいポイントですよね。ハンカチがわりに洟を拭っても洗えるし・・・って、コレは例にしちゃダメですね笑。価格もちょうど良い、ちょっとしたプレゼントにするにも気の利いた立ち位置です。






素材はケパニさんなので安心の肌触り、アレルギーや過敏な肌の方にもいいですよね。静電気も来ないし笑








Saguro-Ⅱ、3本はスマホ対応です。しっかり防寒したい派はコチラをどうぞ。






Saguro-Ⅲ、個人的には専らコチラ。街で使うには先が無い方が勝手が良かったり。もちろんスマホはそのまま触れますし、着けっぱなしでなんでも出来ます、読書も楽々。そしてコットンなので着けっぱなしでも蒸れることも少ない。

そして、両方ともに今回はウィメンズ対応のsizeSもご用意しております。

本格的な寒さが来る前に是非ご用意くださいませ。






Kepani Saguaro-Ⅱ ¥4,500+tax
通販ページはコチラ






Kepani Saguaro-Ⅲ ¥4,200+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ようやく晴れ間が見えました本日の京都、各所で野外イベントも無事行われていた様子。このまま台風も過ぎ去って秋晴れの続く空になって欲しいものです。。

本日の商品、前回・前々回に引き続き猛プッシュしたいひと品です。






ARAN F.L PT-2
“2”という番号が振ってあるということはリモデルしたということ、既存のF.Lパンツの改良版です。昨日のマリーンデイもそうですが、こうやってリニューアルしながら作り続けられる品番というのはやはり優秀なものが多い。これは本当に汎用性の高いデザインとシルエットなので、この冬のメインボトムに据えていただいて間違いないものだと思います。






しっかりゆとりのあるシルエット、かと言って重苦しさのない綺麗なラインが出ます。






どちらかというと深めの股上に1プリーツ、腰のボリューム感が絶妙です。






バックポケットは両玉縁でフラップ付き、よく出し入れする方はフラップを格納して使いやすいワケです。






ポケットのギミックがこのパンツの特徴ですね、玉縁のポケットと切りポケットで左右合わせて4つあります。デザイン的にもちょっとヒネリがあって嬉しいですし、スマホの画面が一緒に入れた鍵などで擦れなくてすみます。機能的にも良い。






フロントはボタンフライ。






そして素材、畝の立った凹凸感のあるチノですので全体の陰影がはっきりして表情がしっかり出ます。程よい光沢感もありますし、はいてて嬉しくなるタイプの素材。






パッカリングもしっかり出ますし、ステッチワークも際立ちます。






ポケットや折り返しが並んでて・その上にステッチが走ってて・生地の具合がそれをさらに引き出す感じ、こういう写真ってホント見てて楽しい。洋服屋さんって皆こんな風に思ってるのかもしれません笑






本日は京都に帰ってきてたコーヒー坊やがモデルです、11/4に東京で初サーブだそうです、お近くの方は是非。
ということでパンツ、良い感じでしょ??黒靴との相性もバッチリですよね。白いスニーカーだとオーセンティックな感じのスポーティさも出せますし、ブーツを合わせると本来のミリタリー感もしっかり伝わる。

ミリタリーをワザとらしくなく、すんなり日常に。

そういう雰囲気の商品が多いARANさんのラインナップの中でも、このF.L PTはそれを最も表現している商品かもしれません。

これは大活躍必至ですよ、買うか買わないかを迷った時に、買っとかないと後悔するヤツです。






ARAN F.L PT ¥19,000+tax 通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






のんきに烏丸を通ろうと思ったら、本日時代祭だったのですね。早い時間から多くの人が場所取りしてらっしゃいました。天気が好転して良かったですね。

本日は昨日に引き続きバッグをご紹介です、これまた昨日に引き続きボクの思い入れの強い強いバッグです。








MARINEDAY SAILS
シンプルです、実にシンプル。そういうのをUNITが好きなのは皆様重々ご承知だと思うのですが、このシリーズ、ずっとラインナップしているのです。
“新作でしょ?”、はい正解。なのですが、ずっと続いている系譜に乗っかった品番なのです。






まずはボクも長年愛用しているSAILOR






そしてマリーンデイオリジナルの麻帆布を使用したSAILINGから続く流れなのです。セイリングといえばロット・スチュアートを思い出しそうなのですが、個人的にはクリストファー・クロスのセイリングが好みです、、まあどうでも良い話笑






真ん中で切り返しているのがアイコン的な味付け。意匠と言えるものはここだけ、素晴らしくシンプル。今までと違うのはハンドルが付いたこと、なかった時のどシンプルさも良いのですが、たったこれだけで利便性が格段によくなるというのも嬉しいことです。






ソフトレザーの優しい風合いが素敵です、肌触りが良いのでスリスリしたくなります。エイジングも楽しみな素材です。






変わったところがもう1つ、中のジップポケットにオーガナイザーがつきました。この大きめのポケットと合わせて使い勝手も向上です。








それぞれ同色系の11号帆布が内張りです、安心。






A4がポンと入るサイズ、これくらいの深さが普段使いには最適ですよね。マチも十分な幅で大きすぎない、薄めなので中で荷物も暴れないし、足らないな〜と思う手前のギリギリの絶妙なサイズ。口がガバッと空いてますので、ちょっとした上着ならゴンと突っ込めば大丈夫。






手提げのおかげて電車やバスも快適ですし、ちょっと引き寄せる時なんかも楽々。上着を脱ぎ着する時にもあったほうが楽ですよね。

個人的にはMARINEDAYのバッグのなかで最も好きなラインかもしれません、しつこいようですがこのシンプルさは本当に武器になります。コーディネイトも選ばないし、単純明快で迷いのない使い心地。ユニセックスだし、飽きもこない。

手放せないバッグになると思いますよ、ピンときた方は大正解です。






MARINEDAY SAILS ¥19,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×