UNIT

こんばんは。

本日のご紹介はコレ、








Jackman GG Sweat Ankle Trousers です。






ジャックマンの誇る度詰めの裏起毛スウェット、膝の抜けも少なく縮みも起きにくい優秀な素材。田辺メリヤス伝統の機械でゆっくり丁寧に編まれたスウェットですので、信頼性・クオリティが高くなるワケです。このGGシリーズは上下ともどれかのアイテムで着用してますが、本当に型崩れが少なく助かってます。






アンクル丈で軽快なデザインに仕上がってます。以前の同モデルはもう少し長いジャストレングスだったのですが、今季はしっかりくるぶしが見える長さに。ウェストはゴムとコードの2段構えです。腰回りはバックヨークをつけてますのでしっかりフィットしてくれます、ちゃんとパンツとして作っている現れです。








前はシンプル、後ろは袋型のポケットで少しボリュームを。






裾は同じ生地でフライス仕立てに。






こんな感じです、クリーンなイメージ。ランニングシューズ・シンプルなキャンバススニーカー・ハイカットスニーカー・革の短靴、なんでも来いです。はき心地が楽々で、いわゆるスウェットパンツのようにユルユルな雰囲気もなく、JKTにだって合わせられますし、かなり優秀なパンツだと思います。コーディネイトを悩まなくていいパンツだと言っても良いかもしれません。

半袖にコレで短靴、サラッと洒落てて快適スタイル。UNITっぽいかも。

是非お試しください。






Jackman GG Sweat Ankle Trousers ¥15,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

去年くらいから30年ほど苦しめられている花粉症が軽減しはじめまして、薬も飲まず過ごせております。自転車乗る時にマスクするくらい、目はどうしても痒くなるのですが、鼻水に溺れて息がし辛くようなことは皆無。同い年・同キャリアくらいの人で同じこと言ってる人も数人います。なんでしょね、順応するのでしょうかね、30年がかりでワクチン接種したみたいですね。なので今苦しい方も待てば楽になるかもしれません、めげずに耐えましょう笑

そんなことより商品笑、本日はmillican、先日ご紹介したmillican Smith the RollPack 15L WPに続いてもう1型をご紹介です。






millican OLI The Zip Pack 15Lです。








グラファイト(チャコール)・ラスト(レッド)・ゴーズ(イエロー)・スレート(ネイビー)の4色です。








ペットボトルから再生されたリサイクルポリエステルを芯に、それをコットンで螺旋状に巻いた糸から織られたBIONIC® Canvas、表面にはパラフィンと耐久撥水加工(C6-環境対応DWR)を施しています。堅牢な趣きと安心感のある表情です、発色も落ち着きがあって普段使いしやすいです。雨蓋裏にはリサイクルのサインもしっかり、真面目に作ってます。






ショルダーハーネスは共通のデザイン、絶妙なフィット感です。こちらはタウンユースに大きく振ったデザインですのでウェストベルトは省略されています。






やはりこのハンドルはアイコンですね、ルックスだけではなく使い勝手も申し分なし。






ブタバナが1つあしらわれています。デザイン的な意味合いが大きいとは思うのですが、穴の方向的に見るとハンドルと合わせて拡張出来るような気もします。








ウェビングのないジッパーでの開閉となるトップローディング、シンプルですね。止水ジッパー採用で安心、生地がしっかりしてますのでスライドしやすいです。ジッパーの取り付け角も中にアクセスしやすいような気がします。








そしてリフレクターが織り込まれていますので、夜間の視認性も確保。普段は収納、必要な時にペロン、嬉しいですね。






中はこんな感じです。13インチPCの入るスリットとシンプルなオーガナイザー。








背面にはポケットが1つ、キーホルダーも完備。手を広げた状態で手首まで入る面積、十分なスペースです、お財布とかはココでしょうかね。






ということでコレくらい入れてみます、








まだ上部にスペースがありますので十分な容量ですね。隙間があっても生地のハリコシでぺちゃんと潰れないのが嬉しいです、トップのジッパーもその一助となってる様子。






ボクが背負ってコレくらい、物足りなさを感じないくらいのコンパクトさ。小柄な方は特に背負いやすいかもしれません。これは15Lなのですが、150cmくらいの女の子が背負った時の雰囲気は、ボクらが25〜30Lを背負った時くらいのバランスでした。写真とっとけばよかった〜、、後悔笑

個人的には初めにご紹介したスミスだと思ってましたが、、、改めて見るとこっちの存在感がムクムクと。

悩ましい・・・・・。

もちろんみなさんも是非悩んでくださいね、お付き合いしますので笑

しかし、、、おそらく普通の人より沢山カバンを持ってるはずなのですが、新しいのを見るたびに欲しくなる笑。だからUNITはカバンが多いのかも、というかカバンをお勧めするノウハウがしっかりあるということなのかも、それもあるけどボクの選択眼がナイスなのかも。

はい、すみません笑

しかし見れば見るほど真面目な物作りをしてるブランドです、是非背負いにお越しくださいませ!!






millican OLI The Zip Pack 15L ¥18,000+tax
通販ページはこちら

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

イチロー選手、引退しましたね。それほど野球が好きなワケではないですが、いつもなんとなく気になってはいました。きっちり同級生の世代なので、彼が現役でいる間は大丈夫だと漠然と思ってました、そんな同い年の人は多いのではないでしょうかね。年下のスポーツ選手が引退を迎えるニュースを聞いても殆ど心に影響はないのですが、イチロー選手はなんだかね。ずーっと現役なような錯覚もあったし、、改めて自分の年齢に気付かされ、俄然焦り始めました笑

と、珍しく時事ネタに触れました笑

そして同い年、イチロー世代のH氏のマリーンデイが本日のご紹介アイテムです。

MARINEDAY FOUR SHIP、小型のショルダーバッグです。








キナリ・ブラック・マスタードのリネンキャンバス、








キナリ・ブラックの66ナイロンの、合計5パターンです。

シンプルなスタイルのショルダーバッグ、オリジナルの真鍮ボタンでトップを閉じるパターンの、マリーンデイらしさが見えるバッグです。こちらは息の長い品番で、UNITでも要所要所のタイミングで入荷している信頼性の高いモデル。男女関係なく持ちやすいサイズ感、特に春夏シーズンは軽快に使えると思います。






文字通りの舟型、背面にリベットで固定されているのが、






オーガナイザーとしての小袋。2つ折り出来るくらいのサイズと、革紐でキュッと閉められるデザインです。先にはこれもオリジナルの金具、真鍮のキーホルダーがあしらわれています、結構便利。






底はもちろん脚付きです、毎度言ってますが笑、これがあるとバッグの痛みが軽減されます。








ナス環を留める位置でショルダーベルトの長さを調整します。








リネンキャンバスも66ナイロンも上質感のある表情です。真鍮とオイルレザーとの組み合わせも、他のブランドさんにはないシンプルさの際立つ雰囲気を醸し出してます。なんだか清涼感があるんですよね、サラッとしている具合がマリーンデイにはあるのです。






斜め掛け、スポーティなスタイリングにも66ナイロンは合いますよね。もちろんベーシックな格好にも使えます、ボクも革靴をはくコーディネイトの時にもこのタイプのマリーンデイを持つことが多いです。






肩掛けでリネン帆布を、女性だとこのパターンで持つ方が多いかもですね。こうやってみると涼しげです、リネンのシャツを着る頃なんかを想像してしまいます。

そしてショルダーの長さ調整なのですが、4段階です。いや、、う〜ん、、厳密に言えば2+α段階かも。






まずこの長さ。少し違います、5cmほどの間隔で並んで付けられたリングにそれぞれ掛けてます。






斜め掛けの時の長さ。こちらはリングと端の革のループに直接付けて長さが変わってます。 上下の写真ともに、身長さによる掛け具合や、春夏と秋冬での着る分量の違いで微調整する具合だと思っていただければいいかなあと。

かなりシンプルなディティールに見えますが、結構気遣いがあるでしょ。



MARINEDAYの中でも安定した人気で息の長い品番です、サイズ・素材・使い勝手、幅広い方にお使いいただけるバッグです。

リピーターも多いですよ、コレ。






MARINEDAY FOUR SHIP LINEN CANVAS  ¥11,000+tax
通販ページはコチラ






MARINEDAY FOUR SHIP 66NYLON ¥11,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

って言ってしまったら、もうこっそりでもなんでもなくなってるのですが笑

こんばんは。

本日の2アイテム、ボク自身切実に欲しいなあと思っているモノです。

まずはコレ、






ZDA CLIMBER LOW です。
秋の初めにご紹介したハイカットはスエードでしたが(スエードは通気性がイイので今からも実は履きやすい)、今回は王道爽やかなホワイトキャンバスです。








オーセンティックなデザインのクライミングシューズをモチーフにしたデザイン、シンプルなのですが少し武骨なニュアンスで他にない空気感です。








クライマーの名前を冠しておりますので、ソールはしっかりしたコマンドソール。これが結構歩きやすいのです、ボクも以前よりハイカットの方を愛用しているのですが、ソール自身の厚さと、見た目とは裏腹な柔らかさでかなり履き心地が良い。1日履いてからの疲れが少ない気がします。






ロゴをみると、何だか昔の山登りに思いを馳せてしまいますね。。。
このスニーカーのデザインだと、巷で人気のベーシックなキャンバススニーカーのいくつかと競合するところですが、シンプルに人と同じものがイヤだと思う方はちょうど良いと思います。UNITはバックパックの提案が多いお店なので、コーディネイトもしやすいでしょうし、これから足首が見せる季節になりますので、良いボリューム感を作ってくれると思います。個人的には、、、来冬を見越して、長めのアウターを着た時のバランスが楽しみであったりもします。そういえば、こないだコーヒー坊やが”こういうの欲しかったんです〜”と喜んでくれました。彼はデニムをよく履いているのですが、そんな人にもオススメです。






ZDA CLIMBER LOW ¥13,800+tax
通販ページはコチラ


次はコレ、






FOB FACTORY INDIGO CHECK B.D SHIRT です。








流行りに左右されない緩やかなシルエット、ボタンダウンでアイビールーツのアメカジの香り。ディティールも不可分のないバランスのよさです。






何よりもインディゴのチェックネル。正直言いますと、定番的なインディゴ以外はあまり好みじゃないのでUNITのラインナップにはデニム!とかGジャン!!とかウエスタンシャツ!!!とかってベーシックなモノがほとんどの登場人物なのですが、今回は別腹。何故かと言いますと、このチェックは”如何にもインディゴ使って遊んでます感”がありません。そういうのって、、語弊を恐れずに言いますと、妙なこだわり感の押し付けを感じるのです笑。その点このシャツ、言われなければネイビーのチェックシャツに見えてしまう、それくらい自然なのです。しかし色落ちを楽しめるワケですし、ここからブルーに変わった時のエイジング感を想像すると、コレは欲しくなるかも・・・と思ってしまうのです。軽めのネルは季節を問わず使えますし、1年中付き合えるポジションだと思います。






FOB FACTORY INDIGO CHECK B.D SHIRT ¥14,000+tax
通販ページはコチラ

ということで、、、欲しくなるでしょ??。だからこっそりしておきたかったのに、、、なんて笑笑

木曜の祝日、ご試着お待ち申し上げております!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨日はコーヒー坊やの日でした、ご来店くださいました皆様、有難うございました!
坊やは来月から東京に行ってしまうので、ポイッとサーブを頼める感じではなくなってしまうのですが、、また機会を作って来てもらおうと思います。

そして最近カバン選び放題のUNITなのですが、今季分のNUNCが揃いました。新作のご紹介も乞うご期待ですが、安定した人気の既存モデルも油断できませんのでお早めに、です。






NUNC Holiday Back Pack ¥17,000+tax






NUNC Rectangle Pack ¥25,000+tax






NUNC Expand 3way ¥26,000+tax






NUNC Useful Tote Bag ¥18,500+tax

そしてコレ、バッグと合わせてお使いいただきたい新作のベルト↓






NUNC Security Tape Type-B ¥3,200+tax
ご紹介の投稿をお楽しみにです。

宜しくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






鴨が上がってのんびりしてるな〜と思ってると、






早咲きの桜が。

そろそろ春、ここ数日また冷えてますが、これともう一回くらい我慢すると本格的な春ですよね。

春モノ、どしどし入荷しております。この土日、是非是非お越しくださいませ!






ということで明日16日(土)はコーヒー坊やのコーヒーの日です。彼、来月から東京の人になってしまうので、当分サーブしに来てくれるのもお預けなのです。なので今回は是非飲んでくださいませ、販売用の豆も持って来てくれると思います。
15時から閉店までの予定です、よろしくお願い申し上げます!!

そして春モノ、イイのがイッパイです。






Jackman Nep Skipper Shirt ¥11,000+tax
通販ページはコチラ
7分袖のプルオーバーです、これは大活躍間違いなしです。パンツも選ばないですしね、ショートパンツの時期まで使えます。






comm.arch. MIRLAN RIB SELVEDGE L/S ¥16,000+tax
通販ページはコチラ
これは欲しい、、本当にイイです。質感・着心地・デザイン、三拍子揃ったニットです。






MANUAL ALPHABET TENCEL TWILL PO SHIRT ¥12,500+tax
通販ページはコチラ
テンセルのしっとりした風合いとドレープ感を生かしたプルオーパーのラフなシャツです、少しオーバサイズなニュアンスで余裕のあるスタイリングを作ることができそうです。






MANUAL ALPHABET BIG CHECK BASIC BD SHIRT ¥12,800+tax
通販ページはコチラ
ベーシックなBDシャツに大きめのチェック、王道ですね。これは色々言うまでもないでしょう。






BETTER S/S CREW NECK T-SHIRT ¥6,800+tax
通販ページはコチラ
ベターの新定番のポケットTです、ゆったりシルエットのエアリーな感じが特徴です。ここから真夏・秋口まで手放せないモノだと思います。

と言う具合にタップリです、そして本日のピックアップはコチラ↓






FOB FACTORY UTILITY TROUSERS です。






ゆとりのあるシルエットのワークパンツです。






フロント、






バックはフラップポケットです。






素材は硫化染めのバックサテン、ワークパンツらしい素材です。








こんな感じです。同類項でファティーグを思い浮かべるところですが、フロントがあっさりしているのでワーク・ミリタリーを匂わせつつ落ち着いたコーディネイトが出来ます、このさじ加減は使いやすいのではないでしょうか。






weac. TORINO COATと合わせてみました。軽さもあって落ち着きもある感じでしょ?ショート丈のアウターにも良さそうだし、今日のように長いアウターの時もこってりしなくてイイです。

懐の深いミリタリー・ワーク系のパンツ、良い立ち位置だと思います。






FOB FACTORY UTILITY TROUSERS ¥14,000+tax
通販ページはコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ワックスコットンのかっこいいハットが入荷しているのですが、それをかぶったアメリカ人男性が「なあ、これインディジョーンズになってへん?」とお連れの女性に。「ほんまやね、インディージョーンズっぽいわ笑笑」「え〜、でもよくないこれ?」「わかるけどアンタはやめとき」、という会話が繰り広げられてました笑。日本で言えばどんな感じなんでしょうね、、ショートパンツはいて「小学生みたいじゃない?大丈夫?」というようなヤツでしょうか。もうちょっとイイ比喩がありそうですよね、、、笑

そんなことより本日のご紹介、3点です。というかワンセット、なので単品ですが是非3つまとめて着ていただきたいです。










Jackman Jersey Jacket/Jersey Vest/Jersey Trouser です。
それぞれ別にも使い勝手が良いし、3ピースであわせるとバッチリ格好良い、そしてラク。








素材はポリエステル100%のコードレーンのジャージ、とても軽やかで通気性のよい生地です。かといってユルユルな表情ではないので、大人の矜持を保てる安心素材です。






光にあてるとこれくらい透けます(もちろんスケスケにはなりませんので)、軽いでしょ。






ジャケットのシルエットはドロップの緩やかな感じですが、綺麗にまとまっているので上品な仕上がり。








ゆるいピークドラペル、筒袖、両玉縁のフラップポケット、良いバランスです。






ベストも良い。








クルーネックというのが良い、単品使いしやすいですしね。樹脂のボタンとパッチポケットでスポーティに、太いパンツにスニーカーとかすこぶる相性が良さそうです。






パンツ、ご覧の通りのキレイなシルエットです。








シンプルです、こういうジャージ系の素材にはシンプルにシルエット勝負するのが成功だと思います。






ということで、、、イイでしょ??、イイのですよ。
裾幅が細めなので、ボクとしてはスニーカーがよろしいかと思います。革靴で合わせるならロールアップしてボリュームを出したほうがバランスが良いかと思います、というかそれも良さそう笑
合わせてJackmanのニットキャップとNUNCのExpand3wayを、良い組み合わせです、仕事出来そうに見えます笑






JKTを脱ぐとこんな感じです、汎用性の高さが見て取れるのではないでしょうか。パンツはいろんなトップスに寄り添ってくれると思います。

ね、3つ一緒に欲しくなると思います、価格見るともっとそう思ってもらえるかと。絶対後悔しないのでそうしてください笑

ボクも欲しいなあ、、、どうしよーかなー、、、。






Jackman Jersey Jacket ¥20,000+tax
通販ページその2はコチラ






Jackman Jersey Vest ¥10,000+tax
通販ページその2はコチラ






Jackman Jersey Trouser ¥15,000+tax
通販ページその2はコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

雨が続きますね、この雨が終わるともう1段階暖かくなるであろうことを期待しつつ今週も頑張りましょう。

そして次の週末の3/16(土)は、






コーヒー坊やの日です。14:00頃からサーブしに来てくれると思いますので、是非美味しいコーヒーを飲みながら春物を物色してくださいませ。コーヒーに合う差し入れも大歓迎ですよ笑
坊やローストもあると思います、お気に召した方は是非、ボクも自宅では坊やの豆をカリカリしてます。

そしてご好評頂いております、






Jackman Dotsume BB Shirt ¥20,000+tax
通販ページその2はコチラ
再入荷しております、今からジャストシーズンで活躍間違いなしのJKTです。度詰め天竺は丈夫ですし風合いもよくなります、またこのデザインは冬のインナーにも使えますので年中使えます。






いいですよね、是非入手してくださいませ。


そして本日の新商品、








MANUAL ALPHABET PRODUCTDYE L/S POLO
春らしい雰囲気でしょ?、フワッと着るだけで表情が豊かに出るシャツですね。






素材はタイプライタークロス、軽さの中にハリの見える生地ですのでゆったりしたシルエットでもユルくなりませんね。それに製品染めを施してますので更に表情アップです。






こんな感じでふんわりしたシルエット。






小ぶりでプレーンな襟にジッパーのプルオーバー、スポーティなスタイリングにもイイですよね、ストレッチの効いたパンツにランニングシューズのような感じも良さそう。






袖・裾に断ち切りのリブをあしらってます、切りっぱなしですので少しカールするのがまた絶妙なワンポイントに。






ビタミンカラーは元気が出ますね、白いパンツはいたらよかった、、、笑。もちろん定番の爽やかホワイト、落ち着きネイビーはコーディネイトしやすいです。ショートパンツも合わせたいですね、カーゴパンツも良さそうですね、デニムは元祖爽やかさんになれそうです、デニムに革靴だと程々に落ち着いて良いかもしれません。

軽い生地で洗濯もしやすいでしょうし、これからの時期は優秀な存在だと思います。

お早めに、ですね。






MANUAL ALPHABET PRODUCTDYE L/S POLO ¥11,800+tax
通販ページその2はコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






FREDRIK PACKERS、NUNC、そしてmillicanと、バッグが色々選び放題な充実っぷり。この括りの陳列外にはもちろんMARINEDAYもしっかりございます、カバンは見てて本当に楽しいです。

ということで昨日の投稿の続き、






millican Smith the Roll Pack 15L です。
リサイクルのポリエステルにコットンを巻きつけた素材にパラフィン加工を施した耐久性の高い素材と、経年劣化の起こりにくいレザーとクロームの金属パーツで要所を押さえた、永く付き合える育てがいのあるバックパック。色々なスタイリングに合わせやすい伝統的なデザイン、街から郊外、サイクリングまでボーダーレスに使えます。

それでは詳細の解説です。






メインボックスのの具合です。1気室でたっぷりオーガナイザーが、13インチのPCも安定収納。






フロントポケットにも同様に、使わない場合も邪魔にならないボリューム感です。






スリットもありますのでよく出し入れするものはココでも、手袋とかちょうど良さそうですね。






どちらも開閉はウェビングのフック式、フックの掛かりも滑りも良い感じ。






サイドポケットはゴムバンドでホールド感しっかり。






背面にも収納アリです、全開できるのが向かって右側。






その40%くらいの面積で左側にも。スマホやペンなどにちょうど良いポケットとキーリングも、体側に貴重品をまとめられるのはイイですね。






ショルダーハーネスと背面のパッドは共に絶妙な柔らかさ、というか硬さ。耐久性の高さもうかがえますし、背負った時の安定感が左右される部分ですので、ここのクオリティも重要ですもんね。






チェストストラップはこんな感じで固定、良いデザイン。フラップのおかげで外れにくくなる点もイイですね。






ウエストベルトは取り外し可能です。






そしてココ、リフレクターが折り込まれてます、必要な時にパタッと押し出せばOK。こういう気遣いは嬉しいですね。






そしてハンドル、この作り込みは美しいです。実際使うと手がスッと入るのでかなり便利です。






背負った感じ。
当ブログにお越しの賢明なみなさまでしたらいつものUNITのスタイリングに相性が良いのはお分かりだと思うので、今後の商品紹介にも再登場してもらって、本日はトレッキングスタイルでパチリ。






安定感のある背負い心地です、ハーネスのフィット感もイイ。

そしてどれくらいパッキング出来るかの検証。






背負った写真の具合でこれだけ入ってます。






もう一度入れ直し。






2泊分くらいに増やしてこのくらい。






もうちょっと増やしてこんな感じ。

昨日の写真のように脱いだ上着を固定することもできますし、拡張性の高さがロールトップの強み。荷物が入ってなくてスカスカのロールトップは見栄えの良いものでは無いので、普段使いはこの15Lがバッチリなのです。

うん、こうやって書いてても良さを再確認してしまいます笑







グラファイト(灰)・モス(茶緑)・スレート(紺)・ターン(水色)の4色でご用意しております。

是非お試しくださいませ。

所有欲も満たしてくれる存在感に、良い塩梅の機能性、そして耐久性と飽きのこ無いデザイン。

良いザックです。






millican Smith the Roll Pack ¥22,000+tax
通販ページその2はコチラ

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。








相変わらずいろいろと入荷し続けております、週末のご来店お待ちしております。

今日のブログ、そもそも”本日もこんなの来てますよ〜”パターンの、洋服中心でご紹介のつもりでしたが、洋服と共にバックパックの新しい取扱ブランドが到着しましたので、そちらの自己紹介的なお知らせに絞ろうと思います、UNITにとってバッグはとても大切なコンテンツですしね。

ということで今季からUNITに仲間入りしたブランドです、






millican”ミリカン”です。

millican(ミリカン)はJorritとNickyが世界中を旅した経験と、様々な職業の仲間が旅や日常生活の中での使い勝手を反映させたバッグを提案するイギリスのブランド。
旅する人たちのよき相棒として様々な場所に連れ出し、長く付き合えるガーメンツであることをコンセプトにデザイン。
バッグの機能性や使い勝手はもちろん、長く愛用できるガーメンツとしてエイジングを楽しめるファブリックやパーツで構成し、樹脂パーツは一切採用しない徹底ぶりです。







旅人・カメラマン・登山家・サイクリスト、そんな人達の生活からインスパイアされたザック達なのです。






そしてその特徴、なによりもこの生地とパーツ類にあります。BIONIC® Canvasと名付けられた、ペットボトルから再生されたリサイクルポリエステルを芯に、それをコットンで螺旋状に巻いた糸から織られる素材なのです。表面にはパラフィンと耐久撥水加工(C6-環境対応DWR)を施しています。

アウトドアウェアをチェックしている方ならよく耳にする”DWR”加工、強度の高い撥水加工の名称の1つで”デュラブルウォーターレジスタンス”の頭文字をとってます。フッ素加工で撥水性を保たせる加工で、永くC8レベルの加工が一般的でしたが環境へのダメージが大きいとされ、現在はC6レベルの環境負荷の低い加工が施されていることが多い、ミリカンもC6ですね。しかし伝統的なワックスコーティングとの相乗効果で、強力な撥水性がしっかりキープされています。
そしてその他のパーツもレザーやクロームのパーツを使い、ナイロン系の樹脂は使ってません。

要するに、、、素晴らしく長持ちするということです、長々説明しましたけど、、これでも端折りましたけど笑

コットン系のザック、実は個人的に思い入れがありまして。
皆さんも経験があると思うのですが、ナイロン系のバッグって、使わずに置いてあるとネバネバでちょっと臭くなってたり。コレは生地の薬剤が湿気で溶けたりナイロンの加水分解で起こる現象。大事にしてたのに残念ですよね、、、(ちなみに乾燥剤を入れておくと少し寿命を長引かせることも可能ですが)。もちろんボクもしょっちゅう経験してまして、、山登り用の大型ザックなんて使用頻度も低いし・値段も高いしで、初めて臭〜くなった時はとてもショックッでした。そこで行き着いたのがニュージーランドの某メーカー、コットンベースの素材でほぼそういう悩みはありません。ニュージランドは南極手前でオゾン層に近いのでナイロンが耐えられない、日本は湿度が高いので加水分解してしまう、求める着地点が一致しているということですね。実際20年前のザックが使えます、それ以来登山用はそのメーカーばかり使うようになりました(低山とMTBと街は例外です笑)。

また長くなってしまいましたが笑、そんな自分の経験からもこのミリカンには大きな期待を寄せています。

そして今季メインでセレクトしたモデル2型、結構考えて選びました。








Smith the Roll Pack 15L ¥22,000+tax
通販ページその2はコチラ








OLI the Zip Pack 15L ¥18,000+tax
通販ページその2はコチラ

いつもなら片方は25Lくらいの中型をチョイスするところですが、今回は2デザインともに15L、欲張りませんでした。というもの、、恐らく日常使いをする方にお買い求め頂くと思いますし、そのシチュエーションではこのサイズ感がちょうど良いのです(むしろ15Lも入るので十分)。
ジップパックの方はきっちりシンプルに使いたい方にはバッチリだと思います、小柄な女性も持ちやすいサイズだと思います。
そしてロールトップの方、この仕様は拡張性が高いので実感としては22,3Lくらいの感覚で使えます。






例えばトップのウェビングベルトと本体を使って上着を固定出来ますし、そういうパーツの組み合わせで便利に使えます。中身が少ないガバガバのロールトップ型は使い勝手も見た目も悪い、デイリーユースにはこのサイズだというUNITの気持ちです。

このサイズをしっかり使い切れば、結局いわゆる中型ザックくらいの感覚で持てます。

ザックと頭は使いよう。

・・・・・・、なんだそれ、、、ボクが言えた義理ではないですね笑






そして何よりも作りがイイ、所有欲も満たしてくれます。使い込んだのちの表情も楽しみです、これもナイロン系ザックには無い楽しみ。






ということでmillican、よろしくお願い申し上げます。

週末是非試しにご来店くださいませ!!

詳細紹介、またしつこめの内容になると思いますので、これまたお楽しみにです笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×