UNIT

こんばんは(本日前置き長め・・・ですがお付き合いください、良い商品なので)。






久々に朝の賀茂川でパチリ。
カバン付車両は変わらず入院中ですので、これまた変わらずE.B.S TRIP29改で出勤しております。この数ヶ月ほど毎日乗っておりまして、距離を置いてた期間のおかげもあるのか無いのか、チャームポイントの再確認が出来て楽しい朝晩なのです。ピリっと溶接してもらったフレームなので、ダラダラ乗ってるところからクッとスピード上げたい時も反応早いですし、適当な乗り方でもスーッと真っ直ぐ行ってくれますし。
ハンガー付きのトラックエンドなので、内装変速でもテンショナーが必要無しですからスッキリ(ハブいじるの面倒でワイヤーが下向きでスッキリ手前ですが、、笑)
って感じでそろそろ10年近い付き合いになるフレームでさえ新鮮さも感じられる自転車を作るE.B.S、良い仕事なのです。






そんなE.B.Sの工房で、同様の手順を踏んで丁寧に作られているtobiraの自転車。こういう言い方するのも何なのですが、、、同じだけ丁寧に作って、E.B.Sネームならフレームを買うコストで完成車として乗る事が出来るのです。E.B.Sの本気の裏返しを是非感じてみてください、毎日が楽しくなりますよ。

  <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

という風にね、、軽快に書き始めた本日のブログですが、実は携帯でゴニョゴニョ打ってまして・・・。そうなのです、、もう耳タコだとは思うのですが、数日を経てまたお店PCが眠りに就きまして、、、流石にもう復調と思った頃に・・・油断大敵、笑
携帯入力の心の限界を迎えたのでPC復活に必要な手順を行い、待ち時間で懇意の夜ごはん屋さんで食事を摂って(まあお陰で久々にしっかり晩御飯食べられたのですが)、さあ仕切り直しと思ったところで・・・チ〜ン笑

ってなワケで自宅に帰りPCに向かっております。実は昨日も難渋して更新できなかったのですが、今日も飛ばすと明日は定休日。それはボクの精神衛生上よろしくないので更新作業がこの時間。もし更新のお知らせ機能とか使っていただいてる方がいらっしゃったら、珍しい時間でしょ?笑






でもね、やってみるとコレが結構悪くなくて。
自宅仕事が得意じゃないのでたまにしかなく、ブログは1度もありません。しかし今始めてみると気分が悪くない笑。好きな音楽を大きな音で鳴らしながら、SACRED ELEPHANTのAGARWOODを香らせ、一寸ひっかけながら(飲みながらもない)だと、、、なんだか気分がイイ。

このパターン、ハマるかも、、、、(もちろん翌日投稿の準備という事でですよ笑)

はい、愚痴ってスッキリ笑

  <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

と言う事で、ボクが展示会で一目惚れしたJackmanのアウターが本日のご紹介です。






Jackman spectator coat です。
“spectator=観客”と言う事なのですが、寒い時期の野球観戦に行くアメリカ紳士をイメージして作ったのがこのコート。そうなんです、以前の投稿で言及したかどうかわかりませんが、ジャックマンの背景にはリアルに野球のユニフォームを作っていたという歴史があるのです。いわゆるスウェットシャツなんて、60年代くらいまでなら最先端のスポーツウェアですからね。

そういう古き良き時代のエッセンスを今の時代に落とし込んでリリースしているJackmanですから、男心をくすぐるワケです。

という事で詳細、上から順番にいきます。






フードから前立てを付けずにショールカラー的に落とし込んだ襟元、ラグジュアリーなイメージとミリタリーっぽさがマリアージュしております。






レザーのガゼット付きのハンドウォーマーと2パートあるポケット、程よいギミック感と必要な機能のバランスの良さがうかがえます。






そのフラップの内側も持ち出しアリなのでしっかりパッキングできます、コレもミリタリー的なアプローチで嬉しくなるギミック。






袖のストラップも勿論です。






絶妙なボリュームの中綿、これ以上だとあり過ぎ、コレくらいだとニットとのレイヤリングがしやすいのです。

そして嬉しい追加ギミック。






脱いで乱暴に置いてしまってたからクシャクシャ・・・・・、






パンっ!






スッ・・・・

という、形状記憶加工の生地なのです。






ポリエステルのドビーツイルですが温かみのある質感ですので、この機能と相まって2度美味しいという気分に。






勿論ギミックだけではありません、シルエットも絶妙。今の時代性と程よい距離感のゆとりのあるシルエット、逆に言えば普遍的な大人のシルエットなのです。






分かりづらいかもですが、インナーとパンツを変えてみました。今っぽいロングシャツとテーパードのしっかりした短めパンツ、個人的には好きなバランスです。

いや、、イイ。商品から香る余裕がイイ。

そしてコストパフォーマンスもイイ。

早い者勝ちです。

淡々と言いますが、早い者勝ちです。






Jackman spectator coat ¥37,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

長々とお付き合いありがとうございました笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






今朝はオープン前に左京区元田中THE SITEで開催されてました”おいしい旅のマーケット”に。






“コーヒーとお菓子”をメインテーマに、色んな物作りをしてる方が沢山出店してらっしゃいました。








懇意の人・既知の方が沢山出店してるので、挨拶がてらちょっとコーヒでも飲んでから仕事に行こうかと思ったらスゴい人で、、ご紹介がてら出てる友人の写真をと思ってたのですが全く撮りきれず、邪魔になったらダメだしササッと回って終わりました笑






来場のお客さんも楽しそうでした、コーヒー愛好家の多さを再確認しました。モノ作ってるとこういうトコにも行けるのになあ、、羨ましいなあ、、オリジナル復活させたいなあ、、なんて思いながらUNITへ笑






僕はスズメ屋さんのノートを購入、1冊ずつ手作りなのです。






中にはこんなに丁寧なご挨拶が、愛情を感じますね・・・反省しました笑
上の写真でピンボケで写しちゃってる23fumiちゃんのアクセサリもそうですが、プレゼントするのに素敵なモノの多かったです。

ということで、UNITでプレゼントに喜ばれている実績の多いモノの1つでありますFREDRIK PACKERSの小型バッグがしっかり揃っておりますので、来たるクリスマスに向けての予習的に入荷情報をご紹介しておきます。
余談ですが、、、ここ数年ポシェットやミニショルダーを”サコッシュ”と呼ぶのが主流になってきてますが、、自転車側の人間としましては少なからず「んっ??」となってしまいます。。おじさん細かいよ〜と自分でも思うのですが、、ネーミングの妙と言いますか、まあ大切なところですもんね。
しかし、やはり盟友フレドリックパッカーズは同意らしく、商品名にも説明にもサコッシュを使っていない。むしろどこよりも早くそれらしいモノを作ってきているのに。嬉しい頑固さです笑

と、そんなことより商品ですね笑






420D UTILITY SACK sizeS ¥4,200+tax






420D UTILITY SACK sizeM ¥4,600+tax
ドローコードでショルダーレングスを調整するシンプルなミニショルダー、手回りのモノを十分に収納。財布や持ち物のサイズと量に合わせてどうぞ。






420D SPRED SHOULDER ¥5,500+tax






420D SPRED SHOULDER ¥6,500+tax
こちらは片方のバックルで調節、プリーツで収納のボリューム変化を受け入れるちょっとギミック感のあるショルダー。少し大人顔ですよね、個人的にはMを愛用しております。






MONKS SACK ¥5,300+tax
いわゆるサコッシュ的なデザインの封筒型ショルダー、しかしながら作り込みの良さがしっかりバッグらしい表情になってます。ボクは毎日持ってます、必要なモノをここに入れておいてそのまま大きいバッグにポン、なんて使い方が出来ちゃいます。






#8 DUCK BOOK SHOULDER sizeM ¥4,800+tax
モンクサックと同デザインですね、それを8号帆布で軽やかに。さっきネーミングのことを揶揄してましたが、ネーミングで欲しくなってしまいます笑。実際このサイズ、ボクはA6の雑誌とノート・文庫本・ペン差し・ハンドクリーム・メガネ拭き・財布を入れているのですが、まさにその通りなのです。 もちろんそれ以外で満たしてくださいね笑






#10 DUCK DAILY TOTE sizeM ¥3,200+tax






#10 DUCK DAILY TOTE sizeL ¥3,800+tax
上の8号帆布を10号帆布に軽くしてハンドルを追加したラフなショルダートート、ショルダーの調節は結んでパパッと。軽快感が良いですよね、こういうのだとカラフルなものを選びやすくてそれもイイ。


こんな感じで、サコッシュも得意なパッカーズ。UNITの皆さんには必ずお役に立てるモノがあるはずです、プレゼントにも最適ですしね。

よろしくお願いいたします!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

最近ずっと泣かされておりますMacのOS問題。前回の投稿で半収束宣言っぽいことを申し上げておりましたが、、、いやいやコレが。。。






超熟睡、、笑
ブックマークのフォルダを開くのにポチっと押しただけでこのホワイトアウトっぷり。。木曜はまあまあ動き始めてたので、昨日ノートPCを持たずに出勤するとこの体たらくでそのまま起きず。。






ということで再度2台態勢、お守り代わりに持って来るには重過ぎます、笑
ここまで書いてようやくストレスを感じないフリが出来るくらいまで動くようになってきました、どうかこのまま普通のパソコンに戻ってください。。。mojave、コレじゃあ本当に砂漠だよ。。笑

そしてタイトルのお話、アウターがパキッと入荷してきましたのでそれを早くお知らせしたかったのです。それでは順番に行きます。








Re made in tokyo japan Thinsulate Stand Collar Coat  ¥36,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)
シンプルで汎用性の高いデザインのスタンドカラーブルゾンです。
撥水性の高いストレッチナイロンのアウターとシンサレートの中綿で防寒性も高く、メンテナンスもしやすい特性もあります。








Re made in tokyo japan Thin Down Winter Mods Coat ¥56,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)
イタリアの革新的なダウン”THIN DOWN”をリモンタ社のナイロンツイルで包んだ、軽量なダウンコートです。ミリタリーを上品なデザインに昇華した、大人のモッズコートです。
シンダウンはメンテナンスも容易です。








Jackman spectator coat ¥37,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)
野球観戦の時に着るコートをイメージした、防寒性の高い作りのコートです。
前身頃は風が入りにくいダブルブレスト・ハンドウォーマーポケット・裏地に中綿キルティングを配してます。表地に素材はポリエステル100%で撥水性もある生地を使用しています、形状記憶の加工を施しており、パンっと叩けばキレイになる扱いやすい素材です。










ARAN SWD PARKA ¥42,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)
スウェーデン軍のフィールドパーカをソースにしたフーデッドコートです。
ミリタリーのエッセンスを落ち着いた雰囲気に落とし込んでいますので、カジュアルスタイルからスーツの時まで、全体に少しゆとりのあるシルエットなので厚手のニットも着込めます。塩縮加工で目の詰まった60/40のコットンナイロングログラン、防風性も高くコレ1枚あればと思わせる頼り甲斐のあるコートです。

という具合に、UNITも自信満々のラインナップ。それぞれのキャラクター・用途・コストパフォーマンス、どれも素晴らしいバランスです。本当に良いアウターばかりだな〜と自画自賛中です笑

追って詳細やコーディネイトもご紹介します!

それでは明日もよろしくお願い申し上げます。


追記:漸くサクサク動き始めました笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

ここ数日Macに悩まされておりました。。。

昨日は通販でご利用くださってた福井のお客様や、初めてお越しで盛り上がった方、他にもたくさん来て頂き嬉しい1日だったのですが、PCの書類も心配で、なんだか両極端な気分で。。。笑

なぜかUNIT、いつも月曜日が忙しいのですよね。

そして今日もPCと格闘しておりまして、、色んな対処法を試すのにうんともすんとも。。ちゃんと定石通りにやってるのに、、もしかして。。と思ったことを確かめたくて、アップルのホットラインに。そうすると、、、、やっぱコレか〜ということで、寺町のエディオンに走り有線のマウスを購入して(トラックパッドが一因でもあったので)ソフトの再インストールに至りました。。。






疲れた。。。大切な書類は更新後毎回別のメディアにコピーすることを誓います笑

アナログ、大切ですね。

ということで、ご紹介したいのが沢山あるのに遅れてることにもモヤモヤしながらこの時間を迎えてしまいました。

次回ビシッと更新します、よろしくお願いします笑

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨日まで開催しておりましたevo-seeのオーダー会、沢山のお越し有難うございました!!
出来上がりが楽しみですね。やはり帽子って得意不得意があったり・頭の形や大きさとの相性で既製のモノに不満があったりで、かぶってみたいモノを避けてたり。。そういうのを解消できるのはちょっと嬉しいことだなあと思いました、このちょっとした喜びが結構大切、生活に少し表情が出ますよね。
次の開催も楽しみです、是非またお越しくださいませ。evo-see加藤くんも4日間お疲れ様でした、またよろしくお願いします。






そしてこの週末は天気が良かったでしょ、なので鴨川は常に行く手を遮られる状態でしたので、こんな曇り空でもスカッと進める今朝は心地よく。






ですが昨日からパソコンがこの状態で、加藤くんと話しながらボケて変なとこ押してしまったのかなあ、、、






とりあえずブログ書いたりとかは持ってきたノートPCで良いのですが、、重要ですぐ必要な書類が、、、、本当にマズイ、、、本当に困る。。。。まあま半泣きです笑、、笑って言ってますが笑えなくてイライラしてます笑

そんなイライラする時にも、リラックスしている時にも、香りがあれば良い効果が生まれますよね。






UNITオススメの香りチーム、補充満タン完了です。






安定人気の9cocono body&hand cream9cocono fabric spray、しっかりスタンバイしております。






そして今回特にオススメなのがSACRED ELEPHANT pure luxury incenseです、久々にビシッと補充です。
寒くなり始める頃はお家の環境を見直しますよね、暖房や家着・布団などなど・・・、そして家で寛ぐという選択肢も増えますし。好きな音楽を聴きながらお茶やコーヒー・お酒をちょっと、そんな時に良い香りを追加するともっとゆったりした気分になります。

そこでこのSACRED ELEPHANT、本当にナチュラルな良い香りなのです。9cocono同様天然成分100%(パッケージの素材も印刷も)ですので嫌な感覚が全くありません。柔らかい香りが少し贅沢な気分にさせてくれますし、帰宅した時にほのかに香るとホッとしたり。

今回たっぷり補充しましたので、ちょっとお得なキャンペーンをしようと思います。1箱10本セットなのですが、5箱お買い上げいただいた場合に1箱追加致します。1本の燃焼時間が約45分ですので、まあ大体1晩1本でも良いかなあという気分。ですので10日分サービスです(笑)

個人的にはAGARWOODとGAURA LEELAがオススメです。最初はベーシックにSANDALWOODだな〜と思っていたのですが、試すとこの2つがしっくりきました。ということでUNITのオススメはこの2つ、もちろん他も良い香りなので色々お試しくださいませ。






お部屋に良い香りを、プレゼントにするのもセンスの良いチョイスだと思います。

11月いっぱいはこのキャンペーン期間とさせて頂きます、是非ご利用くださいませ。






SACRED ELEPHANT pure luxury incense(1箱10本入り) ¥1,000+tax
通販ページ その2はコチラ(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨日も多くのお客様にお越しいただきました、ありがとうございます!。皆様楽しく選んでくださったようで、出来上がりが楽しみです。






evo-seeさんのオーダー会は明日まで開催ですので、ゆっくり選びにお越しくださいませね、お待ちしております。

そして本日は冬支度のご案内。







SUBU winter sandalです。
あったかそうでしょ??あったかいんです(笑)






アッパーはナイロンの中にポリエステルの綿をたっぷり詰め込んでます、






インナーはベロアでフワフワ。
説明不要ですよね、見たまんま暖かいのです。






そして、見た方には”ルームシューズ??”とかって言われるのですが、ソールはしっかりしたものがあしらわれてますので、もちろんの外履き。






スポーツ系と思われがちですが、結構普通のスタイリングに溶け込みます。ウールのパンツなんか似合わせてもらっても大丈夫。もこもこしたソックスと合わせるととても良い感じ。また写真追加しますね。

ちょっとそこまで用でも良いですし、寒い事務所にお勤めの方・脱ぎ履きの多い仕事の方・キャンプサイトで・車の中にポイっと・冬のサンダルスタイルにも、、、色んな用途にお使いくださいませ。ちょっとしたプレゼントにも喜ばれるかと思います。






袋付きなので携帯しやすいですね、嬉しい心配り。

そしてコストパフォーマンスもこのサンダルの強み、とりあえず1足持っておくと便利ですよ。






SUBU winter sandal ¥3,400+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






昨日よりevo-seeさんのオーダー会がスタートしております、この週末是非お越しくださいませ!






エボシさんの全型と今回お願いしたベレー、他のハットも欲しくなってきた。。。(笑)






そしてtobiraのサンプルバイクも今のところ待機中、スタッガードは殿様位置に格上げです。
随時試乗できますので、気になる方は遠慮なくグルっと乗ってみてくださいね。

という事でここからは本日の商品です、先日ご紹介しましたコム・アーチの第2弾。






comm.arch. HAND FRAMED HALF CARDIGAN P/O
ミドルゲージで良いボリューム感のニットです。






東北地方で手横編み機(ハンドフレーム)のみでニットウェアを制作している職人の手で作られた貴重なニット。 糸はオーストラリアのジロン地方産のメリノ種の中で生後6ヶ月以内に刈り取った仔羊の毛。特に高品質な羊毛で、さらにそこから繊維の細いものを厳選し紡績した糸を使用。スーパーエクストラファインラムと呼ばれる細さだそうです、実に良い手触り。






全体的に緩すぎず・フィットしすぎず、適度なゆとりを持ったシルエット。






モックタートルでしっかりしたリブを配置、このニットの印象を決定付けるポイントですね。






袖口・裾のリブはピッチを変えて程良い締まり具合。
着込んで少し緩んでも良さそうな安心感もあります、しかし本当に良い手触り。






カジュアルだけれど上品な面持ちです、本日はわかりやすいかなあと思ってデニムとスニーカーにしてみましたが、ウールのパンツで合わせると丁度良いシックさが作れそう。スウェットパンツなんかと合わせても悪くなさそうです。

コム・アーチさんのニット、納品されてから益々好感度が上がってます。今の空気感とベーシックな頼り甲斐を持ち合わせた、UNITにとってはとてもありがたい存在になりそうです。

この週末、是非ご試着くださいませ。

もちろんevo-seeさんの帽子のオーダーもお待ちしております!






comm.arch. HAND FRAMED HALF CARDIGAN P/O ¥26,000+tax 通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨日ご紹介しましたcomm.arch.のニット、






週末見に行こうかな〜なんてお声も聞こえてきたり、ありがとうございます。






今日はHAND FRAMED SADLLE B.B.でこんな感じ、モノトーンです。ベージュはモノトーンで着たくなりますが、ニットの場合ちょっと難しいなあ〜なんて思ってました。というのが、全体の色のトーンって髪の毛の色も関わってくる問題だったり。例えばブロンドの男性ならば似合うだろうし・ロマンスグレーの紳士がベージュのカーディガンを着るもの素敵。でも真っ黒の髪の毛だと頭がちょっと重くなるかも・・・と思っていましたが、今日はあまり気になりませんでした、年齢が追いついてきたのでしょうか。






そして差し色の赤とベージュによく合うオリーブで、これ見よがしではないけれどしっかり洒落感も出せるコーディネイト。

洋服着るのが楽しい時期になって来ましたね。

そんな着こなしの重要パーツとして存在するのが帽子、防寒的にも大切ですしね。

という事でいよいよ明後日の定休日明けから4日間、






evo-see special ordaring ~秋の京都で帽子を作りませんか~のスタートです。






あ、今日着てきたのにバッチリ合う!と思ってパシャリ(笑)
このUNITリクエストで作ってもらったベレーを合わせて、今回は実に11型からお選び頂けます。好みの生地と組み合わせてお楽しみくださいませ!
“この生地で作って〜”なんて持ち込みも可能かも、、、??(勝手に言ってますが笑)

帽子と洋服のコーディネイトも楽しんでください。

11月をスタートさせるイベント、是非お越しくださいませ。

よろしくお願い申し上げます!!

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。

昨夜は久々にゆっくり自宅の掃除をしました、いつも朝する事が多く、そのままバタバタっと出勤してしまうので綺麗になった部屋を噛み締められないのですが、今日は起床直後にそれを味わえてちょっと得した気分(笑) そろそろニット類の準備も本格的にしとかなければね〜と、自分のタンスを見ながら思ったところで、本日はニットの新しい取扱ブランドを初披露。






comm.arch
1. Communication Architecture の略語
2. 日本の美しい女性、小町(KOMACHI)に基づく
3. Joe Mc のディレクションによるメンズニットウェアブランド。

comm. arch. (コム・アーチ)は2014AWからJoe Mc のディレクションによりスタートしたメンズニットウェアブランド。日本国内紡績の糸を厳選し、現存する貴重なニットデザイナーや職人の連携(communication)によりニットウェア(architecture)が製作されている。とにかく、素材、作り、プロセスにこだわり、全てが”Fully Fashioned”(成型編み)された、心地よく長く着られるニットウェアを作っている。comm.arch. のニットウェアコレクションは、いわば日本の”BORN KNITTERS”の集大成ともいえる。


堅実なモノづくりと今の空気感をしっかり融合させたブランドなので、お話を頂いた時はUNITとしましてはとても嬉しく、すぐにスタート!、、と行かないところがボクの悪いところなのかどうなのか・・・(笑)、1年経ってからようやく。昔は”ニットはインポート!”なんて暗黙のルール的、盲目的に思ってたところが我々にはあったのですが、やはり国内のニッターさんはいい仕事をしてます。






という事でUNITにも今季から並んでおります。その中から今回は






comm.arch. HAND FRAMED SADDLE B.B をご紹介です。






いわゆるシェットランドニットと呼ばれる雰囲気のシンプルなニット、馴染み深いルックスなので安心感がありますよね。しかし何処かしら新鮮なニュアンスを感じとれる、、コムアーチさんの絶妙なさじ加減。






緩すぎない適度な開きのクルーネックに自然なカーブを描くラグラン。






丁寧なリブ編みは程よい締まり具合、本当絶妙にちょうど良い。






シンプルなものは素材感がわかりやすく目立つわけですが、もちろんそこもバッチリ、というかそこが肝。
南オーストラリアのビクトリア州ジロン地方で採れるジロンラム100%をカシミヤ紡績専用の紡績機を使用し、19.5マイクロンと いう通常の羊毛よりも細い繊維のみを集めて紡績する事で、より繊細な肌触りを実現。
それでいてジロンラムの特徴であるバルキー感・ソフト感をバランス良く表現している糸になります。 東北地方でハンドフレーム(手横編み機)のみでニットウェアを製作している職人の手で作られた貴重なニットなのです。
表情がキレイなのは当たり前ですよね。






まさに上質なニット。素材感・シルエット・ディティールが高い次元でまとめられてます。見たまんま、説明不要でしょ?

ボクも早く着たくてうずうずしてます、というかもう着ればいいですよね(笑)



本当に素敵なブランドがUNITに仲間入りしてくれました。

着てくださいね、手放せなくなりますよ。






comm.arch. HAND FRAMED SADDLE B.B ¥19,000+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

こんばんは。






朝お店に着いてみると、銀杏の木からミノムシがぶらぶらしてました。我々からみると如何にも呑気な風情に見えますよね。






そうこうしてお店をオープンすると、通りすがりのご夫婦がそれを見つけパシャり。で終わると思ったら…構図なのか光の具合が思い通りに行かないのか、かれこれ10分くらいこの様子。
よく考えると、彼らミノムシは必死であの状態を保って生きてるわけです、人間様の方がよっぽど呑気だわ(笑)

そんな季節になってきましたので、そろそろここから半年近くは使うであろう、ストールの準備をしてくださいませ。






イタリアのSTELLA ROSAの大判ストールです。






素材は100%アクリルです。アクリルと聞くと”チクチクする””ウールほど暖かくない”なんて印象の方も多いかと思われますが、ヨーロッパのアクリルは水を使った紡績なので日本でメジャーなお湯の紡績のようにケバ立たないのでとても柔らか。また編み立てによる空気を溜める力の問題ですので、保温性もしっかり。
何より自宅での洗濯に気を使わなくてイイ、結構大切なポイントでしょ?、襟元に使うので直接肌に触れることの多いモノですから。






どれくらい大判かと言いますと、180cm×70cm。たっぷりですので使い方も色々、ショールとしても、出先でひざ掛けとしても。赤ちゃん寒そうだったらぐるぐる巻きにしちゃいましょう(笑)






そして編みの表裏で配色になってます、ちょっと強引ですが..ひっくり返して使うのも悪くないかも知れません。

そして本日の紹介しているタイプは、例年定番的に置いているモノよりも倍くらい厚手。






こちらが例年の普通の厚さタイプ(広げたサイズは同じです)








撮ったはいいが、、わかりづらいですよね。。。とにかく倍くらいです(笑)、同じベージュなのですが、薄いのは縦横両方の糸が同じように編まれてますので濃く仕上がり、厚いのは表裏になってるので倍くらい。






5色ご用意しました。






広げて使うとこれくらい、女性のモデルの方が良いと思うのですが、、、我慢してください(笑)






ふわっと巻いて。






定番の感じで。






アウターの中で提げるとこれくらいの長さです。ボクはよくこれで首から上半身の前をカバーしてアウターを気ます。とても暖かい。電車移動の日などは、首をストールで調整して、綿入りベストで腕を出しておけば暑くてしんどくなることもない。






そしてボク、着用例の写真だってそうなのですが、、冬のコーディネイトはストールで誤魔化してる事が多いです(笑)本当にね、普通のベーシックな格好でもストールを追加するだけでグッと洒落感が増します。そうなると数多く欲しくなると思うのですが、これはコストパフォーマンスも高く、大人買い出来る値段設定。

買いやすく・扱いも気を使わず・多目的。

良いでしょ??

是非どうぞ。






STELLA ROSA stole ¥6,800+tax
通販ページその2はこちら(クレジット決済可)

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832

営業時間 : 12:00〜20:00
定休日 : 毎週水・第3木曜日(展示会・出張等により臨時休業の場合もございます)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町461-1 ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅12号階段」徒歩5分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅2番出口」徒歩3分

×